FC2ブログ
1: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:52:28.51 ID:nBK24gqb0
~事務所~


P「……なあ美玲」

早坂美玲「んー? どうかしたか?」

P「あ、いや、ただの雑談だからそのまま台本は読んでてくれていいんだけど」

美玲「もう読み終わったから今は雑誌だぞ」

P「まあどっちでもいいよ」

美玲「それで?」

P「いや、その……」

美玲「?」

P「まゆって……かわいいよな」

美玲「……」

P「……」

美玲「……またその話か」

P「えっ俺そんなにこの話してる?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1582469548
2: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:53:05.97 ID:nBK24gqb0

美玲「口を開けばマユがかわいいマユがだいすきマユがマユがマユが……いい加減聞き飽きたぞッ!」

P「違うんだよ、美玲もかわいいんだよ。幸子も乃々も輝子も小梅も加蓮も李衣菜も美穂も智絵里も日菜子もありすもかわいいんだけど……まゆなんだよ」

美玲「何が”違うんだよ”だったんだ……」

P「かわいいだけじゃないんだよ。優しくて料理もできて努力家で周りのこともよく見てて……かわいいんだよ」

美玲「帰っていいか?」

P「しかも、俺の勘違いでなければ、俺に好意を向けてくれている……」

美玲(どう見てもそうだろ)

P「あんな完璧な存在、この地球には他にいないと思うんだ」

美玲「本人に言ってあげればいいのに」

P「それはダメだ。特定の誰かに肩入れはできないからな。俺はプロだ」

美玲「じゃあウチにも言わないでくれ……」

P「でも!!!!!」

美玲「うわッ!? い、いきなり大きい声を出すなよッ」

P「たまに不安になるんだ……本当にまゆは俺のことを好きでいてくれているんだろうかと」

美玲「めんどくさっ……」

P「聞こえてるぞ」

美玲「聞こえるように言ったんだよ」

3: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:53:36.13 ID:nBK24gqb0
P「俺は……まゆの愛を試したくなってしまったんだ……! 俺は最低だ……」

美玲「うん……普通にやめた方が……」

P「やっぱりそうだよな……いや、でもちょっとだけなら……」

美玲「そうそう、男らしくが一番だと思うぞッ!」

P「男らしく……そうだな……!」

美玲「うんうん」

P「男らしく、後でちゃんと謝れば大丈夫だな……!!!」

美玲「……ぉう!?」

4: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:54:08.10 ID:nBK24gqb0
美玲(へ、ヘンな声出ちゃった……)ドキドキ

P「ちょっとだけならいいか……!」

美玲「い、いや、ウチが言いたいのはそういうことじゃなくて……」


ガチャ


佐久間まゆ「お疲れさまです」トコトコ

P「まゆ!」

美玲「うげ!」

まゆ「はい♪ あなたのまゆですよぉ。美玲ちゃんも、お疲れさ……まゆの顔になにかついてますか?」

美玲「い、いや、なんでもない……ケド」

まゆ「そうですか?」ニコニコ

P「まゆ」

まゆ「どうかしましたか? プロデューサーさん?」

P「いつも頑張ってくれて、本当にありがとう。まゆのプロデューサーとして誇りに思うよ」

まゆ「……うふっ、急にどうしたんですか? そんなこと言われたらまゆ……嬉しい……うふふふふ」

P「まゆの想い、ちゃんと届いているからな」

まゆ「! そ、それって……」

P「ところでまゆ……」

まゆ「は、はいっ」

P「俺……実は……」

まゆ(こ、この流れって……もしかして……)

まゆ「み、美玲ちゃんもいるのに……まゆ、恥ずかしいで」

P「実はマイカーが軽自動車なんだ」

まゆ「……」

P「……」

美玲「……」

まゆ「え……? あ、はい……?」

美玲(地味だな!!!!!!!!)

5: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:54:38.17 ID:nBK24gqb0
美玲(このカミングアウトで愛試せてるか!? 個人の趣味嗜好は人それぞれだぞッ!?)←寛容な美玲ちゃん

P「幻滅したよな……」

まゆ「え……いえ、特に……」

美玲(どう考えてもマユはそういうタイプじゃないだろ……)

まゆ「まゆはPさんの助手席に乗れるなら、車の種類なんて気にしないですけど……」

美玲(ほら)

P「しかもな、まゆ。俺、実は……」

美玲(重ねるのか……)

まゆ「は、はい……」

P「カップアイスのフタの裏をペロペロしちゃうタイプの人間なんだ……!」

まゆ「あ……はい……」

美玲(どうでもいい!!!!!!!!)

6: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:55:11.90 ID:nBK24gqb0
美玲(なんなら軽自動車よりどうでもいい!!! そういう小さなことを幸せに思うことも大切だと思うぞッ!!!)←理解のある美玲ちゃん

P「幻滅したよな……」

まゆ「ええと……むしろかわいらしいと思いますけど……」

美玲(ほら見ろ……マユも困ってるじゃんか……)

P「……そうか、まゆは優しいな」

美玲(むしろその2件で嫌われるかもって思ってるプロデューサーの方がかわいいと思うけど)

7: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:55:43.97 ID:nBK24gqb0
P「ごめんなまゆ、このやり取りのことは忘れてくれ……」

まゆ「ま、まゆの方こそ、よくわからなくてごめんなさい……」

P「俺は自分が恥ずかしいよ……まゆはこんなに俺のことを想ってくれてるのに」

まゆ「と、とにかく、プロデューサーさん、ようやくまゆの愛に気が付いてくれたんですねぇ……!」

P「ああ、きっとまゆにとっては、俺が年上趣味だったり、髪の長い娘が好きだったりすることなんて関係ないんだよな……! ありがとうまゆ!」

まゆ「え゛っ!? ちょっ、ち、ちょっと待ってください……!!!」

美玲(そっち先に言えよ!!!!!!!!!)

8: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:56:21.71 ID:nBK24gqb0
美玲(試せてるし!!! 現在進行形でマユが苦悩の表情を浮かべてるし!!!!!)

P「おかげですっきりしたよ!」

美玲(ひとりで勝手にすっきりするな!!!!)

まゆ「す、少し時間をもらえますかぁ……?」

P「ん? どうした?」

まゆ「ええと……プロデューサーさん」

P「あ、そうだまゆ」

まゆ「は、はい」

P「ごめんな、さっきの、ウソなんだよ」

まゆ「ぷ、プロデューサーさん……よかった……」

美玲(なんだ……ウソだったのか……! ってことは、このタイミングで言ったのも戦略だったんだな……見くびってたぞ……)

P「ああ、自家用車は軽じゃないし、アイスのフタも舐めないよ」

美玲(そっちじゃないだろッ!!!!!!)

9: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:56:48.07 ID:nBK24gqb0
美玲(今この部屋でその設定を問題視してるヤツ誰一人いなかっただろッ!!!!!!)

まゆ「す、好きな女性のタイプは」

P「年上で髪の長い人だな」

まゆ「ふぇぇ……」

美玲(何も解決してない……)

まゆ「どうしよう……どうしよう……プロデューサーさんに嫌われちゃう嫌われちゃう嫌われちゃう」ブツブツブツブツ

美玲(一瞬で空気が……)ビクビク

P「でも、本当にまゆには感謝しなきゃな」

まゆ「……はい?」

P「だって、自分が思ってた好みのタイプなんて、実際に誰かを好きになったら何の参考にもならないって、教えてもらえたんだから」

まゆ「そ、それって……」

P「……これ以上は言えないな、俺はプロデューサーだから。でも、まゆが今、思ってる通りだ」

まゆ「プロデューサーさん……!!!」

美玲(ええ……なんだこの展開……?????)

10: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:57:17.36 ID:nBK24gqb0
まゆ「まゆは本当に幸せ者です……アイドルになってよかった……」

P「これからも、”パートナーとして”よろしくな」

まゆ「はいっ!」

美玲(と、ともあれよかった……のか?)

P「じゃ、仕事に……」

まゆ「……」

P「ん? まゆ、どうかしたか?」

まゆ「あの……」

P「どうした? 何でも言っていいんだぞ」

まゆ「まゆも、プロデューサーさんに言わなきゃいけないことがあって……」

P「え?」

美玲(?)

まゆ「まゆ、実は……」

P「おいおいまゆ、さっきも言ったけど俺はプロデューサーだから、想いを直接受け取るわけには……」

まゆ「実はさっき、ランチのご飯をおかわりしちゃったんです……」

P「……」

まゆ「……」

美玲「……」

P「え……? お、おう……」

美玲(お、おう……)

11: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:57:49.22 ID:nBK24gqb0
美玲(え? 急にどうした?)

まゆ「はしたないですよね……幻滅しましたか……?」

P「いや、別に……」

美玲(むしろプロデューサー、めちゃくちゃ「お前らそんなんで足りるのか?おかわりするか?こっちの唐揚げ食べていいぞ?」って言ってくるタイプだし……)

まゆ「しかもまゆ、実は……」

P「おう……」

まゆ「事務所に来るとき”横断歩道の黒いとこに落ちたらアウト”って頭の中で考えながら来ちゃいました……もうお姉さんなのに……恥ずかしいです……」

P「えっと…? ええと……?」

美玲(かわいい以外の感想がないぞ)

12: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:58:17.73 ID:nBK24gqb0
まゆ「……」モジモジ

P「???」

美玲(なんだかマユの様子がおかしいような……えっと、さっきまで一緒にレッスンしてたのは……ノノか!)ポチポチ

『ノノ! さっきまでマユと一緒にいたよな!?』

『え……? そ、そうですけど……』ピコン

『マユ、何か変なこと言ってなかったか?』

『へんな……? あ、確か、さっき……』ピコン


~~~~~~~~~~


~少し前:休憩室~


森久保乃々「うぅ……今日もハードなレッスンでした……つかれくぼ……」グデー

まゆ「乃々ちゃん、お疲れ様です。はい、お茶どうぞ」

乃々「あ……まゆさん……ありがとうございます……」

まゆ「……」ニコニコ

乃々「……」ゴクゴク

まゆ「……」ニコニコ

乃々「……まゆさんは」

まゆ「はい?」

乃々「まゆさんはすごいです……もりくぼ、自分のことでせいいっぱいで……」

まゆ「そんなことないですよ? まゆは、まゆにできることしかできませんから」

乃々「それがもりくぼにとってはすごいことで……ええと……」

まゆ「うふ。乃々ちゃんの気持ち、伝わってますよ。ありがとうございます」

乃々「そ、そんな……」

まゆ「でもまゆは、プロデューサーさんに笑顔になってもらいたいだけ。そのためには、みんなと一緒に、アイドルとして頑張らなきゃいけないから……なんて、ズルい子かも」

乃々「いえ……まゆさんの献身というか、すごいと思います……きっとプロデューサーさんにも……」

まゆ「……」

乃々「……まゆさん?」

まゆ「例えば、乃々ちゃんにも、きっとまゆたちには見せていない、違った一面があると思うの。それはまゆも同じ」

乃々「へ……?」

まゆ「この想いがプロデューサーさんに届いたとして、そういう仲になれたとして、いつか、まゆのどこかの一面、プロデューサーさんが快く思わない一面があるかもしれなくて、それを見せた時に、それでもプロデューサーさんはまゆの方を向いていてくれるのか。不安になっちゃう……」

乃々「まゆさん……」

まゆ「今はまだ、まずはプロデューサーさんに想いを届けて、答えを聞きたいって思ってるけど、いざそうなったら、まゆは……確かめたくなっちゃうのかも……」

乃々「……」

まゆ「ふふっ。ひとりごとだから、気にしないでくださいね……♪」

乃々「は、はいっ……!」


~~~~~~~~~~


美玲(似たもの同士か!!!!!!!!!!!)

13: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:58:51.50 ID:nBK24gqb0
美玲(いろいろ前置きはあったけどつまりマユもプロデューサーの愛を確かめたかったとかそういうアレじゃんか!!!)

美玲(そして出てきたのがおかわりと横断歩道か!!!! 軽自動車とアイスのフタと変わらないぞッ!!!!!)

美玲(まあプロデューサーの方はウソだったから、マユもウソをついて試してる可能性はあるけど……この際どうでもいい……)

美玲(ああ……叫びたい……!!! バーカッ!!!!! って叫んでこの空間から避難したい……!!!!!)

まゆ「しかもまゆ、実は”大さじ一杯”を目分量で入れちゃうんです……」

美玲(どうでもいい!!! むしろそれで美味しく作れるならもはや長所!!!)

P「まゆすき」

美玲(本音出てるッ!?!?!?)

まゆ「幻滅しましたよね……」シュン

美玲(肝心なとこを聞いてない!!!)

14: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:59:19.44 ID:nBK24gqb0
まゆ「ごめんなさい……でも、知っておいてほしくて……」

P「まゆ……ありがとう。勇気を出してくれたんだな。嬉しいよ」

まゆ「プロデューサーさん……」

P「お互い、隠し事はやめにしないか?」

まゆ「……はい」

P「俺も少し、怖い。でも俺は、まゆを信じている!」

まゆ「まゆも、プロデューサーさんを信じます……!」

P「……俺、たまに左右で違う靴下を履いてきちゃうことがあるんだ」

まゆ「まゆ、授業中にうとうとしちゃった時に、前日がオフでも『お仕事が忙しくて……』って言っちゃうことがあります……」

P「俺、歯磨き粉を最後まで使い切らずに買い替えちゃうことがあるんだ」

まゆ「まゆ、自動ドアが開かなくてシャドーボクシングみたいな動きしてたらタッチするタイプのドアだったことがあります……」

美玲(なんか始まったけど全部どうでもいい……!!!!!)

15: ◆5AkoLefT7E 2020/02/23(日) 23:59:49.84 ID:nBK24gqb0
P「仕事中に見るYoutubeが一番面白いと思ってる」

美玲(いや働けよ)

まゆ「”1人1枚ね”って書いてある差し入れのクッキーが美味しくて、2枚食べちゃいました」

美玲(食べ物関連多いけどマユって食いしん坊なのか?)

P「借金が400万ある」

美玲(この流れで言える重さじゃないぞッ!?!?!?)

まゆ「レシピをメモする時に『鶏むね肉の薄切り』って書こうとして『鶏むね肉の裏切り』って書いちゃって5分くらい自分の部屋で笑って動けなかったことがあります」

美玲(想像するとかわいいけども)

P「借金はウソだけど車のローンがしんどい」

美玲(知るかッ!!!!!)

まゆ「美玲ちゃんの眼帯をこっそりつけて『がおー』って言ってみたことがあります」

美玲(何やってんだッ!?)

P「あ、俺もやったことある」

美玲(何やってんだッ!!!!!)

16: ◆5AkoLefT7E 2020/02/24(月) 00:00:29.33 ID:4sENax7K0
美玲(こ、これは何の時間なんだッ……!!!)

P「でも……!」

まゆ「だけど……!」

P「俺が……!!!」

まゆ「まゆが……!!!」

P「まゆを好きな気持ちにウソはないっ!!!!!」

まゆ「プロデューサーさんを想う心にウソはありません……っ!!!!!」

P「まゆ!」ギュー

まゆ「プロデューサーさん!」ギュー

P「まゆ……」ギュー

まゆ「プロデューサーさん……」ギュー

美玲「……」

美玲「……」

美玲「……」

美玲「もう勝手にしてくれ……」

17: ◆5AkoLefT7E 2020/02/24(月) 00:00:59.65 ID:4sENax7K0

『ノノ』

『どうかしましたか?』ピコン

『こっち来るとき、ブラックコーヒー買ってきてくれ』

『いいですけど……美玲ちゃん、ブラック飲みましたっけ……?』ピコン

『そういう気分なんだよ今は』



おわり



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/24(月) 00:06:57.68 ID:fuRrU5pDO
まゆすき……乙

関連スレ:

この書き手のSS


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング