FC2ブログ

カヲル「僕がホモだという風潮」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:22:21 ID:BhdxqBYY

シンジ「え?違うの?」

カヲル「違うよ、誤解しているよ君は」

カヲル「僕は今までに100人の女の子を抱いているんだよ?」

シンジ「え!?す、凄い……」

カヲル「そんな大の女好きがホモだと思うかい?」

シンジ「ううん……ごめんカヲル君……僕今までカヲル君の事そっち系だと思ってたよ」

カヲル「いいのさ、これから接し方を変えてくれれば」

シンジ「うん、これからはカヲル君の事をホモだなんて思わないよ」

カヲル「ありがとうシンジ君」

カヲル「というわけで一緒にこのあまり人の来ない倉庫に行こうか」

シンジ「……待ってよ!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:25:24 ID:BhdxqBYY

カヲル「何故だいシンジ君」

シンジ「……」

カヲル「僕と一緒に行動するのは嫌かい?」

シンジ「そんな事ないけど……」

カヲル「それならいいね、じゃあ一緒にこのあまり人の来ない倉庫に入ろうか」ニッコリ

シンジ「あ、あのさ」

カヲル「なんだい?」

シンジ「何を……するの?」

カヲル「何をって何が?」

シンジ「このあまり人の来ない倉庫で、何をするのかなって……」

カヲル「……」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:26:02 ID:BhdxqBYY

カヲル「何をって、楽しくピロ……トークをするんだよ」ニッコリ

シンジ「トーク?話すんならここでもいいじゃないか……」

カヲル「このあまり人の来ない倉庫の方が周囲を気にする事なく話せるだろう?」

シンジ「それはそうだけど……」

カヲル「じゃ、行こうか」

シンジ「……」

カヲル「シンジ君?どうしたんだい?ふんばって」

シンジ「……」

カヲル「……シンジ君」

カヲル「君は悪魔のような人だね」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:26:31 ID:BhdxqBYY

シンジ「え!?」

カヲル「やれやれだよ……」

シンジ「な、何でそうなるんだよ?」

カヲル「だって君は僕に対して嫌悪感を向けているじゃないか」

シンジ「え?」

カヲル「君は僕の事をホモだと思っているんだろう?だから一緒にこのあまり人の来ない倉庫に入りたがらないんだ」

シンジ「そんな事……」

カヲル「では何故一緒にこのあまり人の来ない倉庫に入りたがらないんだい?」

シンジ「……」

カヲル「……君が僕をどう思っているかはもう分かったよ」

シンジ「待って!」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:27:17 ID:BhdxqBYY

カヲル「え?」

シンジ「……入る」

カヲル「入る?」

シンジ「僕、カヲル君と一緒にこのあまり人の来ない倉庫に入るよ」

カヲル「シンジ君……ありがとう……」

シンジ「そもそもそんな拒絶する事ないしね、カヲル君は大の女好きなのに」

カヲル「そうさ、僕は大の女装好きさ」

シンジ「え?」

カヲル「ああ間違えた、僕は大の女好きさ、あはは、まるで僕が可愛い男の子に女装させるのが好きみたいじゃないか」

シンジ「そうだよね、ははは、もうカヲル君ったら」

カヲル「じゃあ行こうか」

シンジ「うん!」

リツコ「待って」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:28:15 ID:BhdxqBYY

シンジ「リツコさん?」

カヲル「チッ、何か用ですか?赤木博士」

リツコ「今までのあなた達の会話は聞かせてもらっていた、そのうえでの助言なんだけど」

リツコ「シンジ君、そのあまり人の来ない倉庫に入ったら食われるわよ」

シンジ「え?」

カヲル「何を言っているんですか?ホントに何を言い出すんですか?」

カヲル「僕がこのあまり人の来ない倉庫にシンジ君を連れ込んだ瞬間にシンジ君に女装させるって言うんですか?」

リツコ「そこまでは言っていないわ」

カヲル「!」

リツコ「シンジ君これで分かったでしょ?カヲル君がやましい気持ちをもってあなたを誘った事が」

シンジ「カ、カヲル君はそんな……」

カヲル「いや、彼女の言う通りだよ」ニッコリ
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:44:50 ID:BhdxqBYY

シンジ「え!?」

カヲル「やれやれ、邪魔が入らなければ今頃僕はシンジ君の……いや、言っても始まらないね」

リツコ「諦める気になったの?」

カヲル「そうですね、今日の所は諦めますよ、じゃあねシンジ君」スタスタ

シンジ「カヲル君!待ってよカヲル君!」

リツコ「そっとしておいてあげなさい」

シンジ「カヲル君……ホモだったんだ……」

リツコ「ショックでしょうね、友達だと思っていた人が実は自分の体目当てだっただなんて」

シンジ「ううう……」

リツコ「泣きなさい、男の子だって泣きたい時は泣いてもいいのよ」

リツコ「このあまり人の来ない倉庫でね、さあ行きましょうか」

シンジ「……待ってよ!」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:45:29 ID:BhdxqBYY

リツコ「え?」

シンジ「……」

リツコ「どうしたの?シンジ君」

シンジ「あ、あの……」

リツコ「え?まさか私があなたに対して卑猥な真似をすると思っているの?」

シンジ「い、いえ……」

リツコ「馬鹿ね、大人の私があなたみたいな若くてピチピチの男の子に興味を持つわけがないでしょう?」

シンジ「そうですよね、ははは、ナルシストみたいだ、僕」

リツコ「自分に自信を持つのは良い事よ、さ、入りましょうか」

シンジ「はい」

ミサト「待ちなさい!」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:46:21 ID:BhdxqBYY

シンジ「ミサトさん」

リツコ「チッ、何?ミサト」

ミサト「シンジ君!リツコに付いてっちゃ駄目!食べられちゃうわよ!」

シンジ「え?」

リツコ「いきなり何言うのミサト、そんなわけないじゃない」

ミサト「嘘おっしゃい!」

リツコ「嘘なんかついてないし、検査目的で入手したシンジ君の精液を保存してもいないわよ」

ミサト「そんな事してたの!?」

リツコ「!」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:46:57 ID:BhdxqBYY

ミサト「これで分かったでしょシンジ君!リツコに付いていったら危険よ!」

リツコ「ふぅ、仕方ない、またねシンジ君」スタスタ

シンジ「リツコさんが……そんな……」

ミサト「シンジ君、簡単に人の言うことを信じちゃ駄目よ」

シンジ「はい……」

ミサト「あなたは騙されやすい所があるわ、自覚して直すよう努力しなさい」

シンジ「はい……」

ミサト「こんな所で説教もなんだからこのあまり人の来ない倉庫に入りましょ」

シンジ「待ってよ!」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:47:38 ID:BhdxqBYY

ミサト「な、何よ?上官に逆らう気?」

シンジ「いえ……」

ミサト「ますます説教しなきゃ!ちょっちこっち来なさい!」

シンジ「ま、待って下さい!」

ミサト「抵抗しない!抵抗するならがっちり拘束してからにしなさい!」

シンジ「え!?」

ミサト「抵抗するなら拘束して連行するわよって事!さあ!」

シンジ「離して!離してミサトさぁん!」

加持「何してるんだよ葛城」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:48:23 ID:BhdxqBYY

シンジ「加持さん」

ミサト「チッ、何よ?何か用?」

加持「シンジ君に何をするつもりなのかは知らんがやめておけ、犯罪だぞ」

ミサト「ったく、邪魔して、じゃあねシンジ君」スタスタ

加持「大丈夫かい?まさか葛城がこんな真似をするとはな」

シンジ「ミサトさん……悪い人じゃないと思っていたのに……」

加持「仕方ないさ、シンジ君はあまりにも魅力的だからね」

シンジ「え?」

加持「どうだい?これから俺と」

シンジ「な、何言っているんですか!?僕男ですよ!?」

加持「愛に性別は関係ないさ、さ、このあまり人の来ない倉庫へ……」

シンジ「わーーー!!!」

冬月「何をしている」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:52:39 ID:BhdxqBYY

シンジ「副司令」

加持「チッ、良いところだったのに」

冬月「碇の息子に何をするつもりだったのかは知らんが碇が呼んでたぞ」

加持「そうですか、呼び出しならば行かねばなりませんね」

加持「それじゃ悪いなシンジ君、また今度までお預けだ」スタスタ

冬月「大丈夫か」

シンジ「は、はい」

冬月「あの男にそういう趣味があったとはな……」

シンジ「あの、僕もう帰……」

ビビッ!

シンジ「!?」バタリ

冬月「……スタンガンを携帯していて正解だったな」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:53:10 ID:BhdxqBYY

あまり人の来ない倉庫内

冬月「よいしょっと……」

シンジ「」ズルズル

冬月(ふぅ、重くはないが俺ももう歳か、腰にくるな腰に)

冬月(ま、これからもっと腰にくる事をするんだがな)

シンジ「」

冬月「可愛い寝顔しおって」

冬月(ん?何かあるな)

ゴソゴソ

冬月「拘束器具に女装セット、天祐か」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:54:13 ID:BhdxqBYY

冬月「……よし」

シンジ「」

冬月「おお……ユイくんだ……拘束されたユイくんではないか……」

ムクムク

冬月「いかん、年甲斐もなく熱膨張してきおった」

冬月「仕方ない、俺の想いを全て受け止めてくれるな?ユイくん」ニッコリ

ガラッ

冬月(誰か来た!?)

冬月(いかん、こんな所部下に見られようものならネルフに俺の居場所が無くなる)

冬月(チッ、ここは一旦逃げるとするか、また今度なユイくん)コソコソ

マヤ「誰かの気配が……きゃあ!?シ、シンジ君!?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:55:01 ID:BhdxqBYY

マヤ「どうしたのシンジ君!?どうしたのこの格好!?」ユサユサ

シンジ「ん……マヤ……さん?」

マヤ「良かった気がついて!」

シンジ「え?……わあっ!?な、何で僕がこんな格好を!?うわっ!体が動かない!?」

マヤ「い、今ほどいてあげるからね!」

シンジ「僕なんでこんなとこでこんな……」

マヤ「……」

シンジ「マヤさん?」

マヤ「……」

シンジ「あの……ほどいてくれるんじゃ……」

マヤ「あっ!そ、そうね!今ほどくから!」

シンジ「ありがとうございます」

マヤ「……」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:55:29 ID:BhdxqBYY

シンジ「誰がこんな……アスカかな……」

マヤ(あれ……どうしたんだろ私……)

マヤ(男の人には興味がないはずなのに……そうか、今のシンジ君は女の子でもあるから……)

シンジ「あの、早くほどいてくれませんか?」

マヤ「う、うん……」

シンジ「……マヤさん?」

マヤ「……」

シンジ「?」

マヤ「……シンジ君」

シンジ「はい?」

マヤ「ごめんねっ!」

シンジ「はい!?はいぃぃぃぃぃぃいいいい!!!?」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 18:59:04 ID:BhdxqBYY

ネルフの廊下

シンジ「ううう……」

マヤ「ご、ごめんなさいシンジ君!でも可愛すぎるシンジ君が悪いのよ?」

マヤ「じゃあ私は仕事があるから!今の事は内緒にしててね」タタタ

シンジ「マヤさん……ひどいや……」

シンジ(大人はみんなこうなんだ!大人は薄汚いんだ!大人はみんな僕の体を狙っているんだ!)

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「父さん」

ゲンドウ「今からちょっと付き合え」

シンジ「!?」
22: 無断転載禁止 ◆MutIeDmrIg 2012/12/08(土) 19:01:21 ID:BhdxqBYY

シンジ「な、何で!?」

ゲンドウ「いいから黙って付いてこい!」

シンジ(父さんもだ!父さんも僕の体目当てなんだ!)

シンジ「うわああああああああ!!!」ダッ!

ゲンドウ「シンジ!?何故逃げる!?」

ゲンドウ「シンジ……一緒に釣り……」

ゲンドウ「……したい」ションボリ

おわり
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 19:03:24 ID:BouQPF.U
相変わらず大人がダメすぎる…
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 00:52:37 ID:Ef0PpCK.

ゲンドウかわいい

関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング