FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:36:15.52 ID:BOfSDTNp0
アスナ「私ね、ユウキの事が好きになったの…だから別れてキリト君…」

キリト「女同士の恋愛だって…?まぁお前がそうしたいならそうしろよ。今までありがとうなアスナ」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:37:18.43 ID:BOfSDTNp0
アスナ「え…その…少しは動揺したりしないの…?」

キリト「なんで?お前がそうしたいから俺に別れを切り出したわけで…」

アスナ「そうじゃなくて…キリト君は嫌じゃないの?」

キリト「別に?」

アスナ「」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:38:01.48 ID:BOfSDTNp0
キリト「まてまて、崖から飛び降りようとするな…で、同性愛者になりたい理由は?」

アスナ「…」

キリト「黙ってないで答えろよアスナ…」

アスナ「キリト君てさ…私と別れたかったわけ…?」

キリト「いや俺の質問に答えろって…ユウキは女の子だ。俺も友達として彼女は好きだけど、アスナはそれ以上の感情を持ってるんだろ?」

アスナ「キリト君はやきもちとか焼いてくれないの!?ユウキに私をとられちゃうんだよ?何か思わないの???」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:38:45.03 ID:BOfSDTNp0
キリト「思うことか…気持ち悪い」

アスナ「キリト君私死ぬわ」

キリト「だからなんでそーなんだよ!別れたいったり死にたいっていったり…」

アスナ「だって…そういえばキリト君がやきもち焼いてくれるってある人が教えてくれたの…」

キリト「ある人?」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:39:37.18 ID:BOfSDTNp0
悟空「ああ、オラだぞ。」

キリト「またあんたか!そろそろいい加減にしろよ!アスナの態度が怪しいと思ってそっけない態度で感情を隠してたんだ!」

悟空「そぉ固ぇ事言うなよ~!オラさ、おめーらの愛を確かめたかったんだぞ?」

キリト「そんな天秤にかける真似をしなくても俺とアスナは愛し合ってます!貴方にどうこう言われる問題じゃあない!」

悟空「じゃあそれが本当ならまずはオラのあそこを舐めろ」

アスナ「な…何をいってるんですか!?まさか貴方…最初からキリト君の体が目的で…!」

悟空「今更きづいたのかー。おめーもアホだなぁまあみてろよ!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:40:37.65 ID:BOfSDTNp0
スルスル

キリト「な…!俺のズボンを!」

悟空「うっひょー!おめー男なのに女みてーな肌してるなぁ!れろれろれろ」

キリト「うっ…や…やめ!///」

ナレーション:悟空の高度なテクによりキリトは感じてしまった。悟ってしまったのだ…「気持ち良い…と」

CM:はごろもふーず
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:42:23.18 ID:DFnlwUdW0
あれ?なにこれ?
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:41:31.57 ID:BOfSDTNp0
アスナ「お願い…やめて…!キリト君。正気を取り戻して!」

悟空「往生際がわりーぞアスナ…おめーこの気持ちよがってるキリトをみてわかんねーんか?これが結果なんだ!」

キリト「悟…悟空さん…俺もうそろそろ…」

悟空「ああ、たくさん出せ!おめーの全力を見せてみろ!」

キリト「はい!…い…イグぅぅぅ!」


………

……
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:42:26.64 ID:BOfSDTNp0
アスナ「キリト君…」

キリト「アスナごめん…アスナの事は好きだよ…でも悟空さんの責めが凄すぎて…もう戻れないの…」

アスナ「そんな…ひぐ…私…さっきの事は取り消すから…戻ってきてよキリトくん…ぐす」

悟空「おめーじゃ無理だ」

アスナ「死んでやる…自殺してやる!」<タッタッタッ

キリト「まってくれ…アスナ!」

悟空「でーじょーぶだ。あいつが死んでもドラゴンボールで生きけーれる」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:43:22.30 ID:BOfSDTNp0
キリト「そっか。それならいっか」

悟空「それよりさ。オラもっとおめーとしてーぞ!」

キリト「実は俺もなんです悟空さん…でもやりすぎてお腹がへっちゃって…」

悟空「そーだな。オラも腹減っちまった!何か食おうぜ!」

キリト「料理はしたいんですが、俺ではたいしたもの作れないし、肝心のアスナは泣いて出て行ったし…」

ガラガラ!
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:44:20.47 ID:BOfSDTNp0
アスナ「甘いわね…!キリト君を取り戻すためなら私は何だってするのよ!」

キリト「アスナ…その格好…!?」

悟空「いぃぃぃ!?女体盛!?」

アスナ「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」

キリト「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」

アスナ「やん!そこは乳首よ!」

悟空「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」

アスナ「やん!そこはあそこよ!」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:45:18.16 ID:BOfSDTNp0
キリト「アスナ…むらむらしてきた…!」

アスナ「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」

悟空「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」

キリト「ええ!悟空さんならアスナとする権利があると思います!」

アスナ「やん!誰もいいから早くいれて!」

悟空「ああ!じゃあさっそく」

ズボ

悟空「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:46:47.38 ID:BOfSDTNp0
アスナ「もっとしてー!たまらないわー!」

キリト「悟空さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」

悟空「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」

アスナ「もっとー!」

悟空「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」

パァン!!!

悟空「あ…」

キリト「アスナーーーーーーー!!!」

悟空の界王拳のパワーでアスナは粉々に破裂したのだ
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:48:01.57 ID:BOfSDTNp0
悟空「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」

キリト「どうするんですか…!アスナが死んじゃったじゃないか!」

悟空「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」

キリト「それならよかった…」

そして数日後アスナはドラゴンボールで生き返った。

悟空「シェンロン!女体盛アスナを生き返らしてくれ!」

シェンロン「たやすい願いだ」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:50:21.44 ID:BOfSDTNp0
悟空「アスナも無事に生き返ったしよかったな!」
キリト「ええ、女体盛のまま生き返らしてよかったですね記憶も爆発する前のものです」
アスナ「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」
キリト「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」
アスナ「やん!そこは乳首よ!」
悟空「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」
アスナ「やん!そこはあそこよ!」
キリト「アスナ…むらむらしてきた…!」
アスナ「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」
悟空「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」
キリト「ええ!悟空さんならアスナとする権利があると思います!」
アスナ「やん!誰もいいから早くいれて!」
悟空「ああ!じゃあさっそく」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:51:33.33 ID:BOfSDTNp0
ズボ
悟空「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
アスナ「もっとしてー!たまらないわー!」
キリト「悟空さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」
悟空「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」
アスナ「もっとー!」
悟空「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」
パァン!!!

悟空「あ…」

キリト「アスナーーーーーーー!!!」

悟空の界王拳のパワーでアスナは粉々に破裂したのだ
悟空「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」
キリト「どうするんですか…!アスナが死んじゃったじゃないか!」
悟空「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」
キリト「それならよかった…」
そして数日後アスナはドラゴンボールで生き返った。
悟空「シェンロン!女体盛アスナを生き返らしてくれ!」
シェンロン「たやすい願いだ」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:53:15.87 ID:BOfSDTNp0
悟空「アスナも無事に生き返ったしよかったな!」
キリト「ええ、女体盛のまま生き返らしてよかったですね記憶も爆発する前のものです」
アスナ「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」
キリト「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」
アスナ「やん!そこは乳首よ!」
悟空「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」
アスナ「やん!そこはあそこよ!」
キリト「アスナ…むらむらしてきた…!」
アスナ「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」
悟空「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」
キリト「ええ!悟空さんならアスナとする権利があると思います!」
アスナ「やん!誰もいいから早くいれて!」
悟空「ああ!じゃあさっそく」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:54:13.11 ID:BOfSDTNp0
悟空「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
アスナ「もっとしてー!たまらないわー!」
キリト「悟空さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」
悟空「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」
アスナ「もっとー!」
悟空「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」
パァン!!!

悟空「あ…」

キリト「アスナーーーーーーー!!!」

悟空の界王拳のパワーでアスナは粉々に破裂したのだ
悟空「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」
キリト「どうするんですか…!アスナが死んじゃったじゃないか!」
悟空「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」
キリト「それならよかった…」
そして数日後アスナはドラゴンボールで生き返った。
悟空「シェンロン!女体盛アスナを生き返らしてくれ!」
シェンロン「たやすい願いだ」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:55:12.67 ID:BOfSDTNp0
悟空「須郷も無事に生き返ったしよかったな!」
キリト「ええ、女体盛のまま生き返らしてよかったですね記憶も爆発する前のものです」
須郷「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」
キリト「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」
須郷「やん!そこは乳首よ!」
悟空「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」
須郷「やん!そこはあそこよ!」
キリト「アスナ…むらむらしてきた…!」
須郷「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」
悟空「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」
キリト「ええ!悟空さんならアスナとする権利があると思います!」
須郷「やん!誰もいいから早くいれて!」
悟空「ああ!じゃあさっそく」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:56:37.71 ID:BOfSDTNp0
悟空「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
須郷「もっとしてー!たまらないわー!」
キリト「悟空さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」
悟空「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」
須郷「もっとー!」
悟空「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」
パァン!!!

悟空「あ…」

キリト「須郷ーーーーーーー!!!」

悟空の界王拳のパワーで須郷は粉々に破裂したのだ
悟空「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」
キリト「どうするんですか…!須郷が死んじゃったじゃないか!」
悟空「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」
キリト「それならよかった…」
そして数日後須郷はドラゴンボールで生き返った。
悟空「シェンロン!男体盛須郷を生き返らしてくれ!」
シェンロン「たやすい願いだ」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:58:40.60 ID:BOfSDTNp0
須郷「須郷も無事に生き返ったしよかったな!」
キリト「ええ、女体盛のまま生き返らしてよかったですね記憶も爆発する前のものです」
須郷「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」
キリト「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」
須郷「やん!そこは乳首よ!」
須郷「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」
須郷「やん!そこはあそこよ!」
キリト「 須郷…むらむらしてきた…!」
須郷「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」
須郷「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」
キリト「ええ!悟空さんなら 須郷とする権利があると思います!」
須郷「やん!誰もいいから早くいれて!」
須郷「ああ!じゃあさっそく」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 12:59:59.74 ID:BOfSDTNp0
須郷「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
須郷「もっとしてー!たまらないわー!」
キリト「悟空さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」
須郷「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」
須郷「もっとー!」
須郷「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」
パァン!!!

須郷「あ…」

キリト「須郷ーーーーーーー!!!」

須郷の界王拳のパワーで須郷は粉々に破裂したのだ
須郷「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」
キリト「どうするんですか…!須郷が死んじゃったじゃないか!」
須郷「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」
キリト「それならよかった…」
そして数日後須郷はドラゴンボールで生き返った。
須郷「シェンロン!男体盛須郷を生き返らしてくれ!」
シェンロン「たやすい願いだ」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:01:08.25 ID:BOfSDTNp0
須郷「須郷も無事に生き返ったしよかったな!」
須郷「ええ、女体盛のまま生き返らしてよかったですね記憶も爆発する前のものです」
須郷「ふふふ・・・悟空さん?貴方にキリト君は渡さない。でもお腹がすいてるなら私の体に乗ってるご馳走食べてください。」
須郷「じゃ…じゃあ俺は胸についてるソフトクリームを」
須郷「やん!そこは乳首よ!」
須郷「ひゃっほー!じゃあオラはあそこについてる貝を…!」
須郷「やん!そこはあそこよ!」
須郷「 須郷…むらむらしてきた…!」
須郷「私も箸でつままれるたびに濡れてきちゃったわよ!」
須郷「おらもおっ立ってきたぞ!なぁキリト!オラからいれていいか?」
須郷「ええ!須郷さんなら 須郷とする権利があると思います!」
須郷「やん!誰もいいから早くいれて!」
須郷「ああ!じゃあさっそく」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:02:37.99 ID:BOfSDTNp0
須郷「おほ!こりゃたまんねー!じゃあ動かすぞ!」
須郷「もっとしてー!たまらないわー!」
須郷「須郷さん…なんて激しい動きなんだ…これがサイヤ人の潜在能力…」
須郷「オラ!気持ち良いかアスナぁぁぁ!うらぁぁぁ!」
須郷「もっとー!」
須郷「よぉし…ちんこに気をためて…界王拳でピストンだぁぁぁぁ!」
パァン!!!

須郷「あ…」

須郷「須郷ーーーーーーー!!!」

須郷の界王拳のパワーで須郷は粉々に破裂したのだ
須郷「悪りぃ悪りぃ!つい力んじまって…!」
須郷「どうするんですか…!須郷が死んじゃったじゃないか!」
須郷「でーじょーぶだ。ドラゴンボールで生き返ぇれる」
須郷「それならよかった…」
そして数日後須郷はドラゴンボールで生き返った。
須郷「須郷!男体盛須郷を生き返らしてくれ!」
須郷「たやすい願いだ」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:06:25.99 ID:BOfSDTNp0
何年経っただろう。起きるとそこは病院だった。

須郷「そうだ全ては僕の自作自演だったのだ」

友達も居ない、会社はクビになり家族からは縁を着られ

俺は架空の人間を妄想することで一つの小説を書いていたのだ。

そうそれが「ソードアートオンライン」だった。

そんなものは当然存在しないしあるわけが無い。

そう…この話こそがソードアートオンラインの原点であり全て

須郷「ふ、太陽がまぶしいぜ…退院してフィギュアでも買いに行こう」



ソードアートオンライン~zero~  完
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:07:56.69 ID:BOfSDTNp0
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実はキリトやアスナの現実世界を考えたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
この妄想をを無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、キリト達のみんなへのメッセジをどぞ

キリト「アスナ臭い」

シリカ「アスナさん臭い」

リズ「アスナ臭い」

キバオウ「アスナ臭い」

エギル「アスナ臭い」

シノン「・・・臭」ファサ

ユウキ「くっさ」

では、

キリト、シリカ、リズ、キバオウ、エギル、シノン、悟空「アスナ臭い!」



アスナ「」
改めまして、ありがとうございました!

本当の本当に終わり
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:14:44.30 ID:BvTn7+Pr0
頭がおかしい
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 13:25:57.21 ID:YKc8kkjh0
理解が追い付かない感覚を久々に味わいました

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング