FC2ブログ

シャア「ええい!金がない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 03:41:15.41 ID:2qdsQwHgO
シャア「パチンコですってしまった・・・」

シャア「とりあえずアムロの所に行くか」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 03:44:07.02 ID:+kuPdRbi0
ハマーンに養ってもらえ
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 03:55:48.23 ID:2qdsQwHgO
ピンポーン

アムロ「はい。・・・ってシャア!?どうしたんだこんな時間に?」

シャア「すまん、しばらく泊めてくれ」

アムロ「泊めてくれって、自分の家があるだろう?」

シャア「実は、パチンコで金を使い果たしてしまってな」

アムロ「それがどう関係あるんだ?」

シャア「アパートの水道、電気、ガスが払えなくて止められているのだよ」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:01:44.36 ID:2qdsQwHgO
アムロ「止められているってお前、僕達MS(モビルスーツ)工場でつい最近給料を貰ったばかりだぞ?まさか全部使ったのか?」

シャア「パチンコで大当りがあるとおもってな。つい全部使い果たしてしまった」

アムロ「20万円もあったんだぞ!!」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:06:12.95 ID:WjCXw+UpO
工場勤務かよ
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:08:26.33 ID:2qdsQwHgO
シャア「頼む、アムロ!こんな冬の季節にストーブもなしに生活してたら凍死してしまう」

シャア「次の給料の時まででいい、頼む!」

アムロ「・・・仕方がないな。僕達の仲だ。しばらく泊めてやるよ」

シャア「すまない、アムロ」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:18:57.94 ID:2qdsQwHgO
アムロ「ところでシャア、僕が最近貸したAV『コロニーレーザー、みんなまとめてぶっかけるぜ』そろそろ返してくれないか?」

シャア「すまん、アムロ、弁当代のためにブック○フに売ってしまった」

アムロ「何!?それじゃあまさか『発動させるぞ!!あの娘のイケない月光蝶』も売ったのか?」

シャア「すまん、お腹が空いてたんだ」

アムロ「出てけ!あれは僕のお気に入りだったんだぞ!」

シャア「貴様今泊めてやるとアムロ「それとこれとは話が別だ!お前なんか知るか!消えろ!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:20:04.49 ID:n3xYukfo0
すごいAVだ
見てみたい
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:22:58.90 ID:cfklwXYI0
そのタイトル付けた奴すげぇなwww
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:26:29.57 ID:2qdsQwHgO
シャア「クソ、アムロめ、なんて奴だ。あの男はいつか痛い目に会うぞ」

シャア「まあいい、今度はカミーユの家だ」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:35:42.17 ID:2qdsQwHgO
ピンポーン

カミーユ「はい。あ、先輩じゃないですか?どうしたんです?こんな夜中に」

シャア「実はなカクカクシカジカで」

カミーユ「駄目ですよ。今日はファと一緒に家でイチャイチャするんですから」

カミーユ「それに、それってはっきり言って自業自得じゃないですか。先輩は一度痛い目にあって反省するべきですよ」

シャア「貴様、先輩の言うことが聞けないのか?」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:41:20.95 ID:2qdsQwHgO
カミーユ「とにかく、家には入れませんよ。帰って下さい」

シャア「ええい!女みたいな名前をしてこのリア充が」

カミーユ「名前は関係ないだろぉ」バキィ

シャア「グヘェ」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 04:47:53.81 ID:2qdsQwHgO
シャア「全く、カミーユの奴、上下関係の何たるかをまるで理解していないな。これだから坊やは」

シャア「あいつは社会で孤立するタイプだな」

シャア「・・・・・」

シャア「出来れば行きたくはなかったが・・・、やむを得ん」

シャア「ハマーンの家に行くか」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 05:39:41.05 ID:2qdsQwHgO
ハマーン宅

シャア「・・・相変わらずでかい屋敷だな。いったいMSがいくら作れると思ってるんだ?」

シャア「チャイムを鳴らすか」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 06:43:37.61 ID:2qdsQwHgO
ピンポーン

ハマーン「どちらさまでしょうか?・・・な、シャア!?貴様、どうしてここにいる?」

シャア「ハマーン、折り入って頼みがある」

シャア「実はカクカクシカジカで」

ハマーン「・・・フン、赤い彗星も堕ちるとこまで堕ちたな」

シャア(くっ、何も言えん)

ハマーン「貴様がどうなろうと知らん!野垂れ死ぬがいい!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 06:53:08.71 ID:2qdsQwHgO
シャア「ハマーン、頼む!もう頼れるのはお前しかいないんだ!」

シャア「お前が駄目となると私はどうすればいい?お前が私の唯一の救いの女神なんだ!頼む!このシャア・アズナブル、誇りなど捨ててやる!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 06:53:09.30 ID:RMrcCZNU0
俗物が!
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 06:55:53.09 ID:wReISpCoO
恥を知れ!
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 06:57:55.33 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「ええいっ、こんな所で土下座をするな!みっともない」

ハマーン「ま、まあ、私が貴様の救いの女神だというのならば・・・、こ、今夜くらいなら泊めてやってもいいぞ」

シャア「本当か?ハマーン?」

ハマーン「ああ」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:05:46.42 ID:2qdsQwHgO
シャア「ありがとう!本当にありがとう!」

ハマーン「よ、よよよ寄せ、泣くことではないだろう」カァァ

シャア「この恩は一生忘れないぞ!ハマーン!」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:11:40.53 ID:2qdsQwHgO
翌朝


シャア(・・・ハマーンと一夜を過ごしてしまった)

ハマーン「シャア・・・」

シャア「ん?」

ハマーン「貴様の通常の三倍の速さの腰の振り、中々よかったぞ」

ハマーン「その調子なら百年経っても大丈夫そうだな」

シャア「フッ、君のオールレンジ攻めには敵わんさ」

ハマーン「・・・バカ者が///」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:13:42.22 ID:hWH4zP6jO
うとうとしてたのにオールレンジでやられたwwwwwwww
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:24:53.88 ID:2qdsQwHgO
シャア「助かったよ。ハマーン」

ハマーン「礼などいらん」

ハマーン「それとシャア、これを持っていけ」

シャア「これは・・・、50万円ではないか!貰っていいのか?ハマーン」

ハマーン「もう飢え死にするなよ。シャア」

シャア「ハ、ハマーン」ブワァ

ハマーン「さ、さっさと行け。し、仕事があるのだろう?」

シャア「ありがとうハマーン、また会おう」

シャア(ハマーン、君のおかげで真っ直ぐな人生を歩めそうだ・・・)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:32:19.63 ID:2qdsQwHgO
三日後

シャア「・・・ハマーンの有り金をキャバクラに全部使ってしまった」

シャア「・・・・・」

シャア「またハマーンに頼ろう」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:41:06.14 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「・・・で、また一文無しになったと?」

シャア「すまない」

ハマーン「フフ、フフフ、フハハハハハ」

シャア「ひぃ」ビクッ

ハマーン「パチンコならまだ土下座して謝れば許してやったが、今度はキャバクラだと?」

ハマーン「ふざけるな!よくも私の想いを踏みにじってくれたな!!」

シャア「ハ、ハマーン、すまない反省していハマーン「貴様など知るか!もう二度と私の前にその姿を現すな!」

ハマーン「貴様は地球の重力に縛られた人生がお似合いだ!失せろ!」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:50:18.39 ID:2qdsQwHgO
シャア「ハマーン・・・」トボトボトボ

ハマーン「・・・・・」

ハマーン「ちょっと言い過ぎたかもしれん」

ハマーン「あ、あいつが悪いんだ。あいつが私の想いを踏みにじったから・・・」

ハマーン「・・・・・」

ハマーン「・・・シャア」グスン
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:53:08.65 ID:2qdsQwHgO
シャア(・・・こればかりは自業自得だな)

シャア(若さ故の過ちだな)

シャア(給料日まであと半月。どうする?)

シャア(・・・こっそりバイトするか)
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 07:57:59.66 ID:2qdsQwHgO
シャア「さて、色々探して見たがどれもこれも金額が魅力的じゃない」

シャア「何か良いバイトは・・・!!これは『二十歳以上なら誰でもOK!働いたその場で三万円』!?」

シャア「これにするぞ!!」ピポパポ
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:05:51.40 ID:2qdsQwHgO
翌日

シャア「この建物か」

シャア「あのー、この前電話したシャア・アズナブルですけどー」

ブライト「アズナブルさんですね。3階まで案内します」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:08:26.25 ID:2qdsQwHgO
シャア「あのー、それでいったいどんなバイト何ですか?」

ブライト「こちらです」コンコン

???「入っていいよ」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:15:37.57 ID:2qdsQwHgO
ブライト「リボンズさん、彼がシャア・アズナブルです」

リボンズ「君かい?へぇ、中々良い『素材』だね」

シャア「素材?(こいつ、アムロに声が似てるな)あのー、それでバイトは」

バタン、ガチャ

シャア「え?」

リボンズ「君にはある撮影の手伝いをして欲しい」

シャア「ある撮影?」

リボンズ「ゲイビデオさ」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:17:11.14 ID:NCFHC5YK0
これは酷いwww
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:20:40.93 ID:2qdsQwHgO
シャア「・・・は?」

リボンズ「君にはある三人の男と4Pをしてもらうよ。君達、彼がシャア君だ」

ラッセ「いい男じゃねえか」

グラハム「ほう・・・」

ヒロシ「こいつは久々にヤリがいがあるじゃないですか、大将」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:27:47.31 ID:2qdsQwHgO
シャア「ま、待て、そんな話は聞いてないぞ」

リボンズ「おや?そのチラシにちゃんと書いてある筈だよ。ほら、そのチラシの下の所、ちゃんと見てみなよ」

シャア「何?これは・・・、『尚、仕事の中には性を含むものがある場合があります。責任は一切問いません』ふざけるな!こんな小さな字に気付く訳ないだろう」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:39:15.81 ID:2qdsQwHgO
リボンズ「それは自己責任だよ。とにかく撮影はやってもらうよ」

シャア「ええい!私は帰るぞ!・・・な、何故だ、何故開かない!?」

リボンズ「ああ、ここのドアは関係者じゃないと開かない仕組みになってるんだ。『素材』が逃げない様にね」

ラッセ「捕まえたぜ」ガシッ

シャア「ええい!離せ!貴様らこんなことしてただで済むと思ってるのか?」

リボンズ「随分強気だね。でも無駄だよ。この撮影が終わったらこのビデオは君を脅すには最適だからね」

シャア「貴様」

リボンズ「それじゃあ撮影始めるよ」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:47:56.37 ID:2qdsQwHgO
ラッセ「見ろよ、こいつのコックピット。ヒクヒクしてるぜ」

グラハム「これは・・・」

ヒロシ「楽しめそうだぜ!!」

シャア「やめろ!気持ち悪い!」

リボンズ「ハハッ、中々の拒みっぷりだね。でもそれで良い。なんせこのビデオのタイトルは『イヤよイヤよも好きの内!ヤレば理解りあえるさホランザムバースト』なんだからね」
ラッセ・グラハム・ヒロシ「ホランザムライザアァァァァァ!!」

シャア「ラ、ララァァァァァ!!」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 08:54:19.24 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「待て」バン

リボンズ「!?」

ブライト「リ・・・リボンズさん」

シャア「ハマーン!?貴様、どうしてここに?」

ハマーン「話は後だ。おいリボンズ、その男は私の知り合いだ。返してもらうぞ」

リボンズ「これはこれはハマーン様。ですが私達も仕事なのでそういう訳にはいきません」

ハマーン「私と戦争する気か?」

リボンズ「・・・・・・」

ハマーン「・・・・・・」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:01:29.80 ID:2qdsQwHgO
リボンズ「・・・わかりました。君達、今日の撮影は中止だ。解散だ」

ラッセ「せっかくいい男だったのによ」

グラハム「興冷めだ」

ヒロシ「大将がそう言うんじゃしょうがねえな」

リボンズ「君、命拾いしたね」

シャア「た、助かった」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:09:35.47 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「全く、本当に世話のやける男だ」

シャア「すまない。しかし、何故この場所が分かった?」

ハマーン「実はな、貴様を追い出した後、貴様の事が気になって執事のマシュマーに貴様の行動を監視してもらう様に頼んだんだ」

ハマーン「そしたら貴様がリボンズが所有してる建物に入ってくのを見たってマシュマーから連絡が入ってな、急いで貴様を助けに行ったというわけだ」

シャア「ハマーン・・・」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:16:03.77 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「リボンズ・アルマーク、あの男は裏の世界では有名でな。麻薬、人身売買、MSの密売、ありとあらゆる事をやっている」

ハマーン「ゲイビデオもその中の一つに過ぎない」

ハマーン「実を言うと私は裏の世界にも顔が通じてな、それなりの権力は持っている」

シャア「だからリボンズを追い払う事が出来たのか」

ハマーン「奴も私と対立したくないだろうしな」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:22:33.85 ID:2qdsQwHgO
シャア「ハマーン、君がいなかったら危うく私のコックピットは貫かれていたところだろう」

シャア「ありがとう」

ハマーン「そ、そうだ!貴様は散々私に迷惑をかけたんだ。それなりの責任は取ってもらうぞ」

シャア「な、何だ?」

ハマーン「わ、わ、わ、私と同棲しろ!」

シャア「!!!」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:26:01.34 ID:2qdsQwHgO
ハマーン「き、貴様は私がいなければダメ人間なんだ!放ってはオケン!そ、それで許してやる!」カァァ

シャア「ハ、ハマーン」ブワッ






END
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:26:20.03 ID:MFFiqSvDO
ハマーン様かわいい
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:40:38.44 ID:KO69Aub30
ハマーン様が幸せそうなのでよかったです
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/29(月) 09:32:54.64 ID:WjCXw+UpO
だがアムロのAVは借りパクされたまま

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング