FC2ブログ

エレン「なんで膝の上に座るんだよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 14:53:31.70 ID:37jbYVbv0
エレン「降りろよ! 飯が食べづらいだろ!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 15:05:35.51 ID:37jbYVbv0
ミカサ「大丈夫。私がたべさせてあげるから」

エレン「なんでだよ俺のペースで食べさせろよ!」

ミカサ「ダメ。エレンは偏った食べかたしかしないから」

ミカサ「私が矯正させてあげる」

ミカサ「はい、あ~ん」

エレン「や、やめろよ…みんな見てるだろ//」

ジャン「  」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 15:51:27.98 ID:37jbYVbv0
ミカサ「ちゃんとごっくんしなきゃだめでしょ?」

エレン「ぁぅ…ミカサァ…」トローン

ミカサ「いい子ねエレン。はいたくさんたべて強くなろうね」

エレン「んむっ!? んぅうぐ……」

エレン「や、やめろー!」

エレン「えふっ、お前の唾液で味がわかんなくなるだろ!」

ミカサ「おいしい?」

エレン「だから味わかんねーって言ってるじゃん…」


ジャン「  」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 15:54:35.00 ID:37jbYVbv0
エレン「お前さぁ、100歩譲って俺に食べさせるのはわかるけど」

エレン「俺のベロを吸うのはやめろよ」

エレン「なにがしたいんだよ、軽く引くって……」

クリスタ(そんなの見せつけられる私たちのほうがドンビキだよ…)

サシャ(口移しってどんな味になるんでしょう)

エレン「なぁアルミン? お前からもなんか言ってやれよ」

アルミン「僕に振らないでよ殺すよ」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 15:58:40.46 ID:37jbYVbv0
エレン「お、おまえ…」

ミカサ「アルミンがこうすればいいって教えてくれた」

エレン「はぁ!?」

エレン「あ、アルミン…?」チラッ

アルミン「…」無視

エレン「どういうこ…はむぅ!? ング…チュ」

ミカサ「ちゅ…っんむっ、ん」

ミカサ「食べやすい?」

エレン「アルミン、お前なんてこと言うんだよ」

アルミン「……」

エレン「おいなんとか言えよアルミン!」

アルミン「僕、疲れたんだよね……」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:04:23.03 ID:37jbYVbv0
アルミン「エレンは知らないと思うけどさぁ」

アルミン「ミカサは毎日エレンがーエレンがーって僕に相談にくるんだよ」

アルミン「正直さ、僕も暇じゃないからね」

アルミン「エレンを落とすには直接的な手段にでるしかないよって言っちゃったんだ」

エレン「なんだよそれ…」

エレン「俺を落とすってなんのことだよ!?」

ミカサ「…エレンの鈍感」

アルミン「ほらね……みんなもいい加減わずらわしいもどかしいって思ってたでしょ?」

クリスタ「そ、そうだよね……ちょっとミカサがかわいそうだと思ってた」

ユミル「だな」

アルミン「さっさとミカサとエレンをくっつけてしまえば僕らは平穏な生活を取り戻せるんだ」

ライナー「あぁ。一理アルミン」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:08:50.69 ID:37jbYVbv0
エレン「お前ら…俺を売ったのか!?」

クリスタ「……」

エレン「アルミン! 友達の俺を売ったのか!!」

アルミン「……」

アルミン「違うよ」

エレン「じゃあなんで」

アルミン「僕はなによりも友達の幸せを願っているんだよ」

エレン「……!」

ミカサ「ありがとうアルミン」ニコッ

アルミン「よかったねエレン、ミカサ。これからもずっと一緒にいられるよ」

アルミン(だからもう僕をめんどくさいことに巻き込まないでね)

アルミン「コングラッチュレーション…コングラッチュレーション…」

パチパチパチ…

パチパチパチパチパチパチ!

ライナー「うおおお!めでたいなエレン! おめでとうミカサ!!!」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:09:47.80 ID:Y6ZqI0cP0
おめでとう
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:09:48.23 ID:IrJP6RjZ0
おめでとう
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:11:22.22 ID:vnYKfsSoP
おめでとう
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:12:40.47 ID:37jbYVbv0
エレン「なんだよ…お前らなに勝手に拍手してんだよ!!」

アルミン「以下祝辞」

ベルトルト「二人はお似合いだと思うよ。おめでとう」

クリスタ「ミカサ、思いが通じてよかったね。これからもお幸せに」

ユミル「でもガキ作るのは卒業してからにしろよな!」

ライナー「これでもう痛い思いをしなくてすむんだ!」

ジャン「  」

コニ「え? 今日は全員ケーキくっていいのか!?」

サシャ「おかわりもありますよ!」

ミカサ「ありがとう…ありがとうみんな」グスッ
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:18:06.10 ID:37jbYVbv0
ガチャ…

教官「いま盛大なスタンディングオベーションが聞こえたようだが?」

クリスタ「…やばいよ」

ライナー「……ゴクリ」

ミカサ「私とエレンが挙式をあげた音です」スッ

教官「…………そうか…おめでとう!!」パチパチパチ パチパチパチパチパチパチ!!!!

教官「貴様ら! 今日は無礼講だ!! 食料庫の肉を開放する!!」

ライナー「うおおおおお!!!」

サシャ「やっったああああああああああ!!」

エレン(なんだ…どうなってるんだ。なんでまだミカサは膝にのっているんだ)

ミカサ「エレン…いま私幸せです///」

エレン「お、おう!?」


アルミン「そして二人は隊を辞めて生産者になった」

ジャン「終わり」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 16:20:43.94 ID:eZqcamzL0
どうしてこうなったwww

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング