FC2ブログ
663: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:35:30.36 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「あっ、もうそんな時間ですか?」

武内P「はい。お手数ですが、よろしくお願いします」

ちひろ「わかりました」

武内P「では、準備が整い次第LINEします」

ちひろ「はーい」

ガチャッ…バタン


未央・卯月・凛「……」

未央・卯月・凛「……!?」
664: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:37:21.35 ID:RpGx4DLXo
未央「ちっ、ちひろさん?」

ちひろ「? どうかしたの、未央ちゃん?」

卯月「いやいや! どうかしてるのは、二人がですよ!?」

ちひろ「二人……未央ちゃんと、凛ちゃん?」

凛「違うから! プロデューサーと、ちひろさんがおかしいの!」

ちひろ「……あの、何が?」

未央・卯月・凛「!?」
665: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:39:27.69 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「私達がおかしい……仕事の事かしら?」

未央「じゃなくて! さっきのやりとり!」

ちひろ「さっきって……ああ、射精管理の事?」

卯月「どうしてそんな何でもない感じなんですか!?」

ちひろ「だって、当たり前の事だもの」

凛「いやいや! 明らかにおかしいから!」

ちひろ「? 射精させてあげないと、大変でしょう?」

未央・卯月・凛「!?」
666: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:41:28.00 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「射精させないと、ずっとオナ禁する事になっちゃうもの」

未央「おっ、おお、オナ禁!?」

ちひろ「そうよ。だから、定期的に出してあげるの」

卯月「だ、出してあげるって……///」

ちひろ「これも、事務員の立派な仕事なのよ」エッヘン

凛「そんな事務作業、聞いたことないから!」

ちひろ「あら、言ってなかったかしら?」

未央・卯月・凛「……!?」
667: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:44:52.54 ID:RpGx4DLXo
ヒュポンッ♪

ちひろ「あっ、プロデューサーさん、トイレに着いたみたい」

未央「と、トイレって……えっ、本当に!?」

ちひろ「『OK?』っと」

卯月「なんですか! そのスタンプ、何を聞いてるんですか!?」

ちひろ「えっ? 射精させていいかを聞いてるんだけど……」

凛「この距離で、何をする気なの!?」

ちひろ「それは勿論、P射精スイッチを押すのよ」

未央・卯月・凛「……!?」
669: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:47:24.17 ID:RpGx4DLXo
ヒュポンッ♪

ちひろ「『GO!』ね。はーい、それじゃあスイッチ――」

未央「ストップストーップ! その手のスイッチ、何!?」

ちひろ「? P射精スイッチだけど……?」

卯月「そ、それを押すとどうなるんですか?」

ちひろ「当然、プロデューサーさんが射精するわ」

凛「当然って何!? 頭がおかしくなりそう!」

ちひろ「えいっ」

ポチッ!

未央・卯月・凛「!?」
670: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:50:30.08 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「まずは一回、と」

未央「今ので、その……何!? 何が起こったの!?」

ちひろ「それは言うまでもなく、射精よ」

卯月「そ、そのスイッチを押すと、その、出ちゃうんですか!?」

ちひろ「ええ。二回目は、少し時間を空けてあげるの」

凛「い、今まで、そんな事してたって言うの!?」

ちひろ「これも、お仕事ですから」

未央・卯月・凛「……!?」
671: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:53:32.41 ID:RpGx4DLXo
ヒュポンッ♪

ちひろ「『GO!』? あらあら、今日は元気ですね」

未央「ちょ、ちょっとそのスイッチ見せて!」

ちひろ「? 良かったら、押してみる?」

卯月「へうぅ!? だ、だって、押したら、出るんですよね!?」

ちひろ「ええ、出るわよ」

凛「スイッチで出るわけないでしょ!? こんなので――」

ポチッ!

未央・卯月「! 押した!?」
672: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:56:29.62 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「凛ちゃん、プロデューサーさんを射精させちゃったわね♪」

凛「有り得ない。二人してからかってるんでしょ?」

ちひろ「そんな事ありません。私達は、真面目ですよ」

未央「スイッチ一つで射精なんて、聞いたこと無いよ!」

ちひろ「プロデューサーというお仕事は、大変なんですよ」

卯月「!? ぷ、プロデューサーになると、まさか……」

ちひろ「全員、射精はスイッチ式になります」

未央・卯月・凛「!?」
673: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 19:58:52.63 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「だって、そうでないと困っちゃうでしょう?」

未央「困るって何が!?」

ちひろ「プロデューサーが、アイドルに手を出して……」

卯月「そういう次元の話じゃなくなってると思います!」

ちひろ「もしも妊娠なんてしたら!」

凛「だから……スイッチで、その、定期的に出してるって事?」

ちひろ「さすが凛ちゃん。一回スイッチを押しただけはあるわね♪」

凛「その褒め方やめて!」

未央・卯月「……」
674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:03:01.91 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「プロデューサーになると、その人専用スイッチが作られて」

未央「こんな事が、私達がアイドルやってる裏で起こってたなんて!」

ちひろ「定期的に射精させるよう、事務員に渡されるの」

卯月「その……何回か、出させないといけないんですか?」

ちひろ「そうね、プロデューサーさんは一回につき四発ね」

凛「す、すご……じゃなくて! おかしいと思わないの!?」

ちひろ「? 何が?」

未央・卯月・凛「……!?」
675: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:05:36.29 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「射精管理は、事務員の大切なお仕事の一つです」

未央・卯月・凛「……!」

ちひろ「プロデューサーになると、オナニーも禁止になりますから」

未央・卯月・凛「……!?」

ちひろ「だから、ちゃんとスイッチを押して、出させてあげないと、ね♪」

未央・卯月・凛「……」

ヒュポッ♪

ちひろ「あっ、次の準備が整ったみたい」

未央・卯月・凛「!」
676: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:08:43.15 ID:RpGx4DLXo
未央「はい! はいはーい!」

ちひろ「? どうしたの、未央ちゃん?」

未央「私にも! 私にもスイッチ押させて!」

卯月「ず、ずるいです未央ちゃん! 私も、押してみたいです!」

ちひろ「ふ、二人共?」

凛「待って。私も、もう一回押さないと気がすまない」

未央「しぶりんは一回押したじゃん!」

卯月「そうですよ! 凛ちゃん、私達にも押させてください!」

ちひろ「えいっ」

ポチッ!

未央・卯月・凛「!?」
677: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:12:03.38 ID:RpGx4DLXo
未央「ちひろさん、なんで押しちゃうの!?」

ちひろ「え、だって……待たせても可哀想じゃない」

卯月「チャンス、残り一回しかなくなっちゃったじゃないですか!」

ちひろ「え、ええっ!? そんな事言われても……!?」

凛「ちひろさん。スイッチ、こっちに渡してよ」

ちひろ「!? ダメです!」

未央・卯月・凛「……」

ちひろ「さ、三人共……!? あの、落ち着いて……!?」

未央・卯月・凛「……」
678: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:16:05.11 ID:RpGx4DLXo
未央「私さ、バスの停車ボタンとか押したくなっちゃうんだよねー」

ちひろ「ど、どうして今その話を」

卯月「あっ、それなんとなくわかります」

ちひろ「ふ、二人共……!?」

凛「ジャーンケン……」

ちひろ「! ジャンケンで、誰が押すか決めるのね!?」

未央・卯月・凛「ポンッ」

ちひろ「……だ、誰に決まったの?」

未央・卯月・凛「生ハムメロン、で」

ちひろ「掛け声を決めるジャンケン!?」
680: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:18:54.05 ID:RpGx4DLXo
ヒュポッ♪

ちひろ「『GO!』って! もう、なんでこのタイミングで!?」

未央「三人! 三人同時に押すから!」

ちひろ「ほ、本当に!?」

卯月「はいっ♪ 島村卯月、頑張ります♪」

ちひろ「信じて……良いのね?」

凛「ちゃんと見ててよね」

ちひろ「それじゃあ……一回よ! 一回だけよ!」

未央・卯月・凛「はいっ!」ニコッ

ちひろ「……良い、笑顔ですね」
681: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:21:56.73 ID:RpGx4DLXo
未央「生!」

ポチポチポチポチポチポチ!


ちひろ「押しすぎ! 押しすぎいいいっ!?」


卯月「ハム!」

ポチポチポチポチポチポチ!


ちひろ「死んじゃう! 死んじゃいますから!」


凛「メローン!」

グッ…………


ちひろ「せめて離してあげて! 出っぱなしになっちゃうから!」

ちひろ「ぷ……ぷ……」

ちひろ「プロデューサーさああああああん!」
683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 20:27:13.24 ID:RpGx4DLXo
  ・  ・  ・

武内P「死ぬかと、思いました」

ちひろ「……すみませんでした」

武内P「死ぬかと、思いました」

ちひろ「はい……はい……申し訳ありませんでした」

武内P「今回の事で、射精管理の問題点について会議がありました」

ちひろ「……」

武内P「そして、管理する人間も、管理される側の人間の立場を理解しなければならない、と」

ちひろ「はい……あの、それは……どういう……?」



武内P「そろそろ絶頂の時間ですね」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング