FC2ブログ
536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:12:58.13 ID:hM2/6zoso
武内P「もう、お気持ちは十分伝わりました」

文香「……」

武内P「舞踏会の時のお礼は、はい、もう結構です」

文香「……」

武内P「もう、官能小説を私のデスクに置かないでください」

文香「……」
537: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:15:30.32 ID:hM2/6zoso
武内P「あの、本当にお願いします」

文香「……」スッ

武内P「……普通、このタイミングで官能小説を差し出しますか?」

文香「……」ス・・・

武内P「そうですね、違いますよね」

文香「……」スッ

武内P「フェイントじゃないんですから、差し出さないでください」
538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:17:11.52 ID:hM2/6zoso
武内P「本の差し入れを辞める事は、出来ませんか?」

文香「……」フルフル

武内P「そう、ですか。出来ませんか」

文香「……」スッ

武内P「受け取りませんからね」

文香「……」ガーン!

武内P「……そんなにショックを受けないでください」
539: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:19:14.06 ID:hM2/6zoso
武内P「内容が、官能小説でなければまだ、受け取れたのですが」

文香「……」ガーン!

武内P「何故、官能小説だけなのでしょうか」

文香「……」ガガーン!

武内P「ショックを受ける時間が長すぎます!」

文香「……」ズガガーン!

武内P「……手強い……!」
540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:21:15.27 ID:hM2/6zoso
武内P「私は受け取りません。いえ、受け取れません」

文香「……」ズガビガーン!

武内P「あの、どうしてこの世の終わりの様な顔を……」

文香「……」ガガズガビガガーン!

武内P「……ありがとう、ございます」

文香「……!」パアッ!

武内P「良い、笑顔です。……やりにくい……!」
541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:24:56.21 ID:hM2/6zoso
武内P「わかりました。百歩譲って、受け取るとしましょう」

文香「……」ニコニコ

武内P「しかし、鷺沢さん。これは、無いと思います」

文香「?」キョトン

武内P「この付箋です。なんですか、『ヌキ所!』とは」

文香「そこが……ヌキ所だと、その……わかりやすく」

武内P「その気遣いをもっと他の所に回していただきたかったです」
542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:28:49.96 ID:hM2/6zoso
武内P「そしてですね、最も問題なのが」

文香「……」

武内P「鷺沢さん、貴女の水着写真が挟まっている事です」

文香「文章だけだと……寂しいかと……」

武内P「貴女は、ご自分の言っている意味がわかっていますか?」

文香「美波さんが……そうしたら良い、と」

武内P「今、全ての線が一本に繋がりました」
543: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:31:03.07 ID:hM2/6zoso
武内P「想定していた中でも、最悪のケースです」

文香「男の人は、喜ぶんですよ……ね?」

武内P「私は、プロデューサーです」

文香「……」

武内P「……」

文香「……使いましたか?」

武内P「使ってません!」
544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:34:18.24 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、もっと自分を大切になさってください」

文香「……大切にしている、つもりです」

武内P「ならば、こういった事はやめましょう」

文香「感謝の気持ちに大切なものを差し出すのは……」

武内P「……そうですね、その心がけ自体は素晴らしいと思います」

文香「……」スッ

武内P「これは水着写真……って、橘さんの写真じゃないですか!」

文香「大切な……お友達です」

武内P「感謝の気持ちが大きすぎます! 押しつぶされそうです!」
545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:37:12.32 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、もうお気持ちは十分に伝わりましたから」

文香「……」

武内P「官能小説だけ受け取りますから、写真はやめましょう」

文香「……」

武内P「これらの写真はお返しします」スッ

文香「……では、代わりにこれを」スッ

武内P「また水着写真……はい、新田さんのですね」ポイッ
546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:41:01.53 ID:hM2/6zoso
武内P「しかし……何故、官能小説だけを?」

文香「どんな本が趣味に合うか……わからなかったので」

武内P「それで……あの、何故、官能小説だけを?」

文香「……」

武内P「何か、理由があるのですね」

文香「みなm」

武内P「はい、繋がった線が太くなりました」

文香「……あっ///」

武内P「鷺沢さん、毒されすぎです」
547: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:45:28.23 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、あまり新田さんの言う事を真に受けないでください」

文香「そう……なんですか?」

武内P「はい」

文香「……本当は、違うものでお礼をしようと思っていました」

武内P「! やはり!」

文香「ですが……美波さんに言われて、官能小説に」

武内P「新田さん……本当に、厄介ですね」

文香「最初は……体でお礼をしようと」

武内P「すみません新田さー――ん!」
548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:50:13.75 ID:hM2/6zoso
武内P「体でお礼……あの、仕事のお手伝い等、ですよ、ね?」

文香「いえ……私の体を差し出そうと」

武内P「誤解であって欲しかったです」

文香「……そう、本に書いてありました」

武内P「そういうシーンにばかり付箋がありました、ね」

文香「……///」

武内P「……鷺沢さんのご趣味でしたか」
549: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:53:21.48 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん」

文香「……」

武内P「あまり、人の言う事や、本に書いてある事を鵜呑みにしてはいけません」

文香「……」

武内P「良いですね?」

文香「……」

武内P「……今の言葉は鵜呑みしてください」
550: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 21:59:36.70 ID:hM2/6zoso
  ・  ・  ・

武内P「鷺沢さん、この間私が言った言葉を守ってくれていますね」

文香「……」コクリ

武内P「はい、官能小説の差し入れもやめてくださいました」

文香「……」コクリ

武内P「ですが……あの、何故DVDを置くように?」

文香「自分で考えて……間を取ってみました」

武内P「……中身を確認する前で良かったです」

文香「!?」ガーン!

武内P「そんな顔をされても見ませんからね!?」
551: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:04:10.93 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、これは完全に危険物ですから」

文香「!?」ガガーン!

武内P「頑張ったのに、という顔をしないでください」

文香「!?」ズガガーン!

武内P「くっ……!」

文香「!?」ズガビガーン!

武内P「本当に、手強い……!」
552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:08:01.50 ID:hM2/6zoso
武内P「うぐお……ぱ……」

文香「!?」ガガズガビガガーン!

武内P「パワーオブスマイル!」

文香「!」

武内P「……正気に、戻られましたか」

文香「……」コクリ

武内P「鷺沢さん。私は、貴女の笑顔はとても素敵だと思います」

文香「……」

武内P「なので、貴女のそんな顔は……見て、いられません」
554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:13:30.56 ID:hM2/6zoso
武内P「私は、貴女が笑顔で見られれば、それで十分なのです」

文香「……」

武内P「貴女の感謝の気持ちは十分に伝わりました」

文香「……」コクリ

武内P「! わかって、いただけましたか」

文香「……」スッ

武内P「いえ、あの……何故、DVDを差し出すのでしょうか?」

文香「笑顔で……撮りました」ニコリ

武内P「……良い、笑顔です」


武内P「助けてください、千川さ――ん!」



おわり
510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 08:18:24.65 ID:0VWF6D8PO
そろそろホラーもいってほしい
556: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:22:14.29 ID:hM2/6zoso

 わたしのプロデューサーさんは、とっても優しいです。


「緒方さん、お疲れ様です」
「はい……ありがとう、ございます」


 引っ込み思案だったわたしがここまで頑張れたのも、かな子ちゃんや杏ちゃん、
それに、この人が居たら、です。
 こんな事恥ずかしくて言えないけど、この気持ち、伝わってると良いな。


「……なんて」
「? どうか、しましたか?」
「あっ、いえ……何でもありません」


 いけない、声に出ちゃってた。
 うぅ……変な子に思われちゃったりしてないかな。
 もしそう思われてても……えへへ、きっと、大丈夫。


 ――この人は、わたしを見捨てない。


 だって、見捨てないって言ったもんね。
 わたしがアイドルとして頑張る限り、見捨てないって。
 だから、わたしはいつも頑張ってます。
557: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:30:53.42 ID:hM2/6zoso

 わたしのプロデューサーさんは、とっても忙しいです。


「……それでは、私は次の現場に」
「はい……あの、頑張ってください」

 
 わたし以外にも、担当しているアイドルがいっぱい居ます。
 だから、ずっとわたしに付きっきりという訳にはいきません。
 だけど、必ず現場には顔をだしてくれます。


「はい。緒方さんも、頑張ってください」
「はい。約束……」


 しましたもんね、頑張るって。


「? あの、何か?」
「い、いえ……何でもないです」


 いけない。
 こういうおまじないって、口に出したら効果を失っちゃうんだよね。
 だから、約束の事は大切に心にしまっておかなくちゃ。


 ――そうでないと、見捨てられちゃう。


 よし、今日も頑張ろう。
558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:36:08.01 ID:hM2/6zoso

 わたしのプロデューサーさんは、とっても責任感が強い。


「……すみません、今日は現場には向かえそうにありません」
「だ、大丈夫ですよ。忙しいから……しょうがないです」


 二期生の事で、前よりももっと忙しそうにしてます。
 だから、最近はこういう事が多くなってきました。
 その度にこうやって謝ってくれるけど、逆に申し訳ない気持ちになっちゃいます。


「申し訳ありません」
「へ、平気です。頑張ります!」
「緒方さん……」


 本当は、ちょっぴり寂しい。
 でも、ワガママなんか言ったらダメだよね。


 ――見捨てられちゃうかもしれない。


「はい……頑張ってください」


 頑張って、見捨てられないようにしないと。
559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:43:15.98 ID:hM2/6zoso

 わたしのプロデューサーさんは、とっても不器用。


「緒方さん……すみません」
「い、いえ……気にしないでください」


 今日は、お仕事に一緒に言ってくれるはずだったんです。
 けれど、二期生の子達の方でトラブルがあったみたい。
 それで、プロデューサーさんが行かなきゃいけないみたいなんです。


「トラブルですから、しょうがないです」
「ですが……」
「も、もう行かないとですよ!」
「……はい、申し訳ありません」


 えへへ、わたしはワガママなんか言いませんよ。
 安心して、他の子の所に行っても良いですよ。


 ――だけど、見捨てないでくださいね。


「緒方さん、頑張ってください」
「はい。頑張ります」


 だって、こんなに頑張ってるんだもん。
560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 22:53:49.66 ID:hM2/6zoso

 プロデューサーは、大嘘つき。


「担当を……変わる?」


 どうして?


「緒方さんは、人気、実力共にトップアイドルの仲間入りを果たしました」


 はい、だって、智絵里、頑張りました。


「しかし、現状……私は、貴女のプロデューサーとして相応しくありません」


 なんで?


「スケジュール的な事も含め、貴女の専属プロデューサーを会社では――」


 なんで?


 あれだけ必死に、言われたとおり、 ワガママ言わずに頑張ってきたのに。


「――緒方さん……?」


「なんで、私を見捨てるんですか?」
561: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 23:04:15.97 ID:hM2/6zoso

「いえ……見捨てるわけではなく……」


 やっぱり、智絵里は見捨てられちゃうんだ。
 約束したのに、えへへ、見捨てられちゃうんだぁ。


「見捨てるんですよ?」
「っ!? それは……」
「プロデューサーは、智絵里を見捨てるんです」
「……申し訳、ありません」


 やっぱり、見捨てるんだ。


「ですが、これは貴女がアイドルとして、今以上に――!」


 そんなの!


「そんなの、一度も、言わなかったです!」
「っ!?」
「頑張れって言うから頑張った! 寂しいけどワガママも言わなかった!」
「緒方さ――」
「なんで? なんで? 智絵里をどうして見捨てるの? なんで? なんでなんでなんで!?」


 見捨てないで、って!


 智絵里は、それしかお願いしなかったのに!
562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 23:13:24.01 ID:hM2/6zoso

「……申し訳ありません」


 モウシワケアリマセン。


 何を……言ってるんだろう?
 智絵里は、どうして見捨てるのかを聞いてるのに。


 だって、それがわからないと、また見捨てられちゃう。
 言われた通りに頑張ったのに見捨てられるなら、どうすればいいか教えてよ。


「ねえ、なんで? なんで見捨てるの?」
「……私の、力不足です」


 ……なーんだ、そうだったのか!


 プロデューサーさんは、わたしを見捨てたくて見捨てるわけじゃないんだ!


「――えへへ、良かった! それなら、安心です!」
「緒方さん……? あの、何を――」


「――頑張ってください」


 わたしは、頑張りましたよ?
563: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/22(金) 23:23:26.34 ID:hM2/6zoso

 わたしのプロデューサーさんは、とっても優しくて、


「プロデューサーさん。お願い、聞いてくれますよね?」


 とっても忙しくて、


「忙しくても、頑張ってください」


 とっても責任感が強くて、


「ワガママ言わずに、頑張ってください」


 とっても不器用。


「引っ込み思案だったわたしでも出来ました。だから、きっと出来ます」


 すごく驚いてるけど、そうすれば見捨てずに済みますよ!
 わたしも、見捨てられず、とっても嬉しいです!


「緒方さん……!?」


 だから、約束しましょう。
 えへへ、おまじないですよ、プロデューサーさん。


「私は、約束通り頑張ります。だから、プロデューサーさんも頑張ってくださいね」


「幸せの――お呪い」


おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング