FC2ブログ
822: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:40:54.29 ID:kJ7hCUNQo
専務「いいえ、今すぐ離しなさい」

武内P「私も、そうしたいのは山々なのですが……」

楓「その話、お受け出来ません」

ぎゅうう!

武内P「……離してくれないのです」

楓「お話することは、ありません」

専務「……」
823: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:43:08.68 ID:kJ7hCUNQo
専務「キミ達は、プロデューサーとアイドルだろう」

武内P「はい、その通りです」

楓「それが、何か?」

専務「手を繋ぎ続けるというのは、許されない」

武内P「はい、私もそう思います」

楓「……腕を組めと、そう、仰るんですか?」

専務「違う。そうではありません」
824: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:45:57.87 ID:kJ7hCUNQo
専務「イメージに傷がつくだろう」

武内P「本当に、その通りだと思います」

楓「まあ……私、傷物にされてしまうんですか?」

専務「そういう意味では無い」

武内P「アイドルが男性と手を繋ぎ続けるのは良い事ではありません」

楓「そんな……握手会も、やってはいけないんですか?」

武内P「そういう意味ではありません」
825: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:49:01.95 ID:kJ7hCUNQo
専務「そもそも……何故、キミ達が手を繋いでいる?」

武内P「私にも、よくわかりません」

楓「とても大きい手で、握っていると安心出来ます」

専務「彼の手の感想を聞いているのではない」

武内P「高垣さんの手は……とても柔らかいと、そう思います」

楓「……///」

専務「イチャつくのはやめなさい」
826: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:51:33.34 ID:kJ7hCUNQo
専務「いつからだ?」

楓「わかりません……気付いていたら、でしょうか」

専務「高垣くんは黙っていたまえ」

武内P「お互い専務に用があると話していて、気付いたら……」

専務「手を繋がれていた、と」

楓「貴女のおかげです」

専務「私のせいにするのはやめなさい」
827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:54:01.27 ID:kJ7hCUNQo
専務「まあ良い、強引にでも引き離しなさい」

武内P「待ってください! それは――!」

専務「キミの意見は聞いていない」

楓「貴女とは、目指す場所が違う」

専務「キミの意見はもっと聞いていない」

武内P「……わかりました。努力は、してみます」

楓「!?」

専務「よろしい」
828: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 14:56:46.11 ID:kJ7hCUNQo
武内P「高垣さん、手を離してください」

楓「その話、お受け出来ません」

武内P「……!」

ぐいぐいっ!

楓「一緒に階段を登っていきたいんです!」

バシバシッ!

武内P「ぶっ!? へぶっ!? 顔は! 顔は叩かないでください!」

楓「笑顔で!」

武内P「……と、このようになるのです」

専務「笑顔どころか、涙目ではないか」
829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:00:37.16 ID:kJ7hCUNQo
専務「なるほど……事態は、理解できた」

武内P「わかって、いただけましたか」

専務「顔を叩かれても我慢しなさい」

武内P「待ってください! それでも――」

専務「キミの意見は聞いていない」

楓「お仕事に、大きいも小さいもありません」

専務「今、その話は全く関係が無い」
830: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:03:40.23 ID:kJ7hCUNQo
武内P「高垣さん、手を離してください……!」

ぐいぐいっ!

楓「笑顔! 笑顔!」

バシバシッ!

武内P「うぐぐっ……!」

…ぱっ!

専務「よし、手は離れましたね」

楓「一緒に!」

ぎゅううっ!

武内P「い、いけません! 抱きつかないでください! いけません!」

専務「ふむ、状況が悪化するとは思わなかった」
831: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:07:42.65 ID:kJ7hCUNQo
  ・  ・  ・

武内P「……おわかり、いただけましたか」

専務「よくわかった。彼女は、キミから離れる気がないらしい」

楓「おわかり、いただけましたか」

専務「ぶっとばすぞ」

武内P「手を繋いだ状態が一番マシと、そう、考えます」

専務「……そのようですね」


ガチャッ

凛「――待って」


専務「渋谷凛くん、ノックぐらいしなさい」
832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:14:08.18 ID:kJ7hCUNQo
凛「この状況は何なの? 説明して」

専務「今は大事な話をしている。出ていきなさい」

武内P「渋谷さん、今は……」

凛「アンタが私のプロデューサー」

ぎゅっ!

武内P「あの……何故、手を握ってくるのですか?」

凛「ふーん。悪くないかな」

専務「良くありません」
833: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:18:05.65 ID:kJ7hCUNQo
専務「キミ達は何だ? 仲良し三人組か?」

武内P「誤解です!」

楓「はい、それは誤解です」

凛「うん。仲良し二人組が二つあるだけ」

楓・凛「ねー」

専務「私は、あまり気が長い方ではない」ギロッ!

武内P「あの、私を睨むのは何故ですか!?」
834: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:20:45.00 ID:kJ7hCUNQo
専務「三人で、ユニットデビューでもするつもりか?」

武内P「待ってください! それは、あまりにも!」

楓「私と貴女の進む道は違う」

凛「だけど……分かり合えることは出来る」

楓「共に、歩んでいこうと思います」

凛「私達三人から、目を離さないでよね」

武内P「乗り気にならないでください!」
835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:24:32.57 ID:kJ7hCUNQo
専務「しかし、キミ達も理解しているはずだ」

楓・凛「?」

専務「彼は、両手が塞がってしまっている」

武内P「途轍もなく不便だと、そう、思います」

専務「キミ達は、彼を困らせたいのか?」

楓・凛「……」

専務「ようやく、話が通じるようになりましたね」
836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:28:27.18 ID:kJ7hCUNQo
専務「選びなさい」

専務「彼を困らせ続けるか……」

楓・凛「……」

専務「自らその手を離し、困らせるのを辞めるか」

楓・凛「……どっち?」

武内P「私が、選ぶのですか……!?」

楓・凛「どっちを選ぶ?」

武内P「これは……どっちの手を離すか選ばせていますね!?」

楓・凛「……」

武内P「……!」
837: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:35:47.55 ID:kJ7hCUNQo
武内P「……とりあえず、利き手が自由になった方が」

凛「ふ、ふーん?」

武内P「……申し訳ありません、手を離して頂けますか」

凛「アンタ……私と手を繋ぐの、嫌なんだ」

武内P「あっ、いえ! そういう訳では!」

凛「そういう事でしょ? それ以外考えられない」

武内P「そ、そうではなく……!」

凛「良いよ、わかった。手、手を……は、離せば、い、良いんでしょ!」グスッ!

武内P「……!?」
838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:40:51.74 ID:kJ7hCUNQo
武内P「あ、あの……渋谷さん、話を!」

凛「話すことなんかない!」

楓「――そうよ、離すことなんかないわ」

凛「楓さん……?」

楓「自分に正直に、しっかりと握らないと」

楓「うふふっ、手を離すのは、悪手だと思うの♪」

凛「……うん、そうだね」

ぎゅううっ!

武内P「……申し訳ありません、恋人繋ぎにされました」

専務「まさか、状況が悪化するとは私も思っていなかった」
839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:47:23.93 ID:kJ7hCUNQo
専務「……仕方がない」

武内P「この状況を見過ごす、と?」

楓・凛「……」

ぎゅううっ!

専務「そうではない。だが、時間が解決してくれるだろう」

武内P「そう、でしょうか?」

専務「考えてもみたまえ」

武内P・楓・凛「?」

専務「トイレに行く時は、どうする?」

武内P・楓・凛「!」
840: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 15:54:30.66 ID:kJ7hCUNQo
武内P「成る程……それなら、手を離さざるを得ないですね」

専務「手を離した瞬間、その場から離れなさい」

武内P「わかりました。専務の、仰る通りにします」

楓・凛「……」


凛「ちゃんと見ててよね。手を離したら、承知しないから」


武内P「何を言ってるんですか!?」


楓「一緒に……笑顔で!」


武内P「あの、さすがにそれは! 落ち着いて下さい、お二人とも!」

武内P「わかりました! 逃げませんから!」


武内P「離れませんから、手を離してください!」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング