FC2ブログ
732: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:38:34.64 ID:HgDs+jhjo
アーニャ「イズヴィニーチェ、間違えてしまいました」

武内P「今日の私は休日出勤。仕事中では、ありません」

アーニャ「ダー。パーパは、とっても頑張りやさん、です」

武内P「はい。娘の貴女のためならば」

アーニャ「パーパ……!」

武内P「アーニャスタシアさん……」


凛「待って。この状況は何なの?」
733: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:41:50.13 ID:HgDs+jhjo
武内P「! すみません、渋谷さん」

凛「良いから、説明して」

アーニャ「リン。パーパは悪くない、です」

凛「ねえ、その呼び方、何?」

武内P「アーニャスタシアさんの呼び方に、何か問題でも?」

凛「アーニャスタシアさん、って明らかに変だから!」

武内P「?」


凛「……ちょっと、詳しく聞かせて貰うから」

アーニャ「シトー?」
735: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:44:44.80 ID:HgDs+jhjo
  ・  ・  ・

凛「ねえ、さっきのプロデューサーは何?」

アーニャ「? リンは、何もしてないのですか?」

凛「何もするわけないでしょ」

アーニャ「ニェート。そうではない、です」

凛「?」


アーニャ「シンデレラパワー・オブ・スマイルを使ってないのです、か?」


凛「……」

凛「は?」
736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:49:32.33 ID:HgDs+jhjo
凛「ねえ……誤魔化そうとしてない?」

アーニャ「そんな事は無い、です!」

凛「というか……何? それ」

アーニャ「アー、口で説明するのは、とても、難しい」

凛「……私をからかおうとしてる?」

アーニャ「……私は、リンをとても大切な仲間だと思っています」

アーニャ「そんな事は、しない、です!」

凛「……ごめん」

アーニャ「ダー。わかってくれて、私も嬉しい♪」
737: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:55:19.07 ID:HgDs+jhjo
凛「その、シンデレラパワー・オブ・スマイルって……何なの?」

アーニャ「リンは、アー、当然知ってると思ってました」

凛「ねえ、教えて。それを使えば、プロデューサーを――」


蘭子「煩わしい太陽ね」


アーニャ「蘭子!」

蘭子・アーニャ「闇に飲まれよ!」

凛「仲いいね……おはよう」

アーニャ「! そうです、蘭子のを見れば、すぐわかります!」

凛・蘭子「?」
738: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:03:11.68 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

蘭子「わ、我が力を開放した姿を見せよ、と……!?」

アーニャ「ダー。蘭子は、力の使い方がとても、アー、上手♪」

アーニャ「やっぱり、シンデレラガールの力は凄い、です!」

蘭子「……ふっふっふ! 我が友よ、汝も十分な魔力を秘めている!」

蘭子「内より漏れ出るその輝きは、冠こそ無いが我に迫るが如し!」

凛「えっと……シンデレラガールの蘭子なら、もっと凄い、って事?」

アーニャ「ダー♪ 蘭子が、私に教えてくれました♪」

蘭子「友に翼を授けるのも、堕天使の私の務め……」ビシッ!
739: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:09:33.28 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

蘭子「――しかと見るが良い! 我が魂の輝きを!」

アーニャ「リン、まずは見て、アー、感覚を掴みましょう」

凛「でも……その、蘭子の言の葉? のが、参考になるかな……?」

アーニャ「ニェート、違います」

凛「?」


ガチャッ!

蘭子「おとう(↑)さ(↑)ーん(↑)!」


凛「イントネーション、おかしくない!?」

アーニャ「熊本弁、です」

凛「!?」
740: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:15:19.15 ID:RYegwfqRo
武内P「おかえりなさい、蘭子」

蘭子「ただーいまっ♪」

ぎゅっ!

武内P「っ、こらこら」

蘭子「私、お仕事頑張ったと! 偉い? ねえ、偉い?」

武内P「ええ……とても」

蘭子「えへへっ♪ おとうさーん♪」

ぎゅ~っ!


凛「何あれ!? 何あれ!?」

アーニャ「あれが、シンデレラの放つ、シンデレラパワー・オブ・スマイル、です」

凛「……!?」
741: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:23:26.10 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

蘭子「……うぅ、見られてるのに、ついいつもの感じで……///」

アーニャ「蘭子。自分に素直になるのが、一番でしょう?」

蘭子「そう……でなければ、力の影響が薄れてしまう」

アーニャ「プロデューサーは、意思が強い、です」

蘭子「我が友を、我が父とするのにどれだけの時間を要したか……!」

アーニャ「私も、かなりパーパに出来てきました♪」

凛「……」


凛「ねえ、とりあえず土下座すれば良い?」
742: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:28:35.08 ID:RYegwfqRo
アーニャ「リン!? どうして、アー、土下座を!?」

凛「土下座すれば、詳しく教えてくれるかな、って」

蘭子「そ、そんな事しなくても教えるから!」

凛「……ありがとう。それじゃあ、土下座するね」

アーニャ「ニェート! いけません、リン!」

凛「感謝の気持ちを表すには、これが一番かな、って」

蘭子「そ、其の想い、然と受け取った! 面を上げよ!」

凛「うん、わかった」

蘭子・アーニャ「……ホッ」
743: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:33:19.83 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

蘭子「まず、始めに忠告しておくわ」

凛「……」

蘭子「これは秘儀……大勢の目に触れてはならない!」

凛「どうして?」

アーニャ「アー、取り分が、減ってしまいます」

凛「わかった。誰にも言わない」

蘭子「もしも! この秘儀が他に漏れてしまった時は――」

凛「うん、始末する」

アーニャ「リン? 仲間に引き入れる、ですよ?」
744: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:38:50.94 ID:RYegwfqRo
凛「でも……取り分が!」

蘭子「力の効果はそう長くは保たない……」

蘭子「これも、我が友の魂の強さによるもの」

アーニャ「一回、五分程度なので、アー、もう少しだけ仲間を増やせます」

凛「だけど、増やしすぎるわけにはいかない……か」

アーニャ「ダー♪ だから、内緒ですよ?」

凛「うん、約束する」
745: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:46:39.04 ID:RYegwfqRo
凛「でも……どうやったこんなのに気付いたの?」

蘭子「……あれは、正に運命であった」

蘭子「我が魂が無防備な、その一瞬!」

蘭子「その一瞬、我が友と、我が父の名を違えてしまった!」

蘭子「灼熱の業火に焼かれる思い……しかし!」

蘭子「炎の中から、大いなる翼持つ不死鳥が飛び立った!」

アーニャ「呼び間違ったら、アー、偶然見つけた、です」

凛「解説、ありがとう」
746: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:55:41.47 ID:RYegwfqRo
蘭子「不死鳥となった我が友が、舞い降り、告げた……」

蘭子「な、なな、なん……なんだい、蘭子……って///」

蘭子「優しい感じで、おとうさんみたいに……///」

アーニャ「笑顔で、アー、パーパを呼ぶようにすれば良い、です」

凛「それだけで良いの?」

蘭子「いっぱい甘えても、ぜ~んぶ受け止めてくれるとよ!?///」

アーニャ「私も、早くそうなりたい、です」

アーニャ「シンデレラのリンなら、私より早いかも、です♪」

凛「……ふーん、そう……かな」
747: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 01:03:49.69 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

凛「……スーッ……ハーッ」

アーニャ「リン、頑張ってください!」

蘭子「此処で見守っているわ……貴女の魂の輝きを!」

凛「二人共……うん、ありがとう」

蘭子「儀式が成功した暁には……私達は、門を閉じるわ」

アーニャ「せっかく、です。最初は二人っきりで」

蘭子「門には、結界を張ろう。そう! 我々こそが、守護結界となる!」

アーニャ「誰も入らないよう、アー、見張っておきます」

凛「何から何まで……本当に、ありがとう」
748: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 01:10:22.89 ID:RYegwfqRo
凛「行くよ――蒼い風が、駆け抜けるように!」

ガチャッ!


凛「お――」


未央「あっ! おはよー、しぶりん!」


凛(なんで未央がここに!?)

凛「――っさん!」


未央「……」

凛「……」

未央「……おっさん?」


武内P「……」
749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 01:15:01.72 ID:RYegwfqRo
未央「えっと……今のって、プロデューサーの事……?」

凛「いや、今のは違――!?」


武内P「おっさん、ですか……」ショボン


未央・凛「……!?」

武内P「あ、いえ……確かに、そう呼ばれてもおかしくないな、と」ショボン

未央「そっ、そんな事無いって!」

武内P「いえ……大丈夫です」ショボン

凛「プロデューサー! い、今のは間違いだから!」

武内P「……」ショボン
750: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 01:22:47.39 ID:RYegwfqRo
未央「し、しぶりん頑張って!」

凛「頑張ってって言われても……!?」


武内P「……」ショボン


凛「い……今のは、その、未央が居たから……」

未央「私!?」

凛「は、恥ずかしくて……お、おっさんって言っちゃっただけで」

未央「私が居ると恥ずかしくて!?」

凛「未央! ちょっと静かにしてて!」


武内P「……」ショボン
751: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 01:31:12.91 ID:RYegwfqRo
  ・  ・  ・

武内P「……」ショボン

武内P「……」

武内P「……? 何故だろう……とても、悲しい事があったような」

武内P「まるで、娘におっさんと呼ばれ、職業名でしか呼ばれない……」

武内P「……そんな、悲しい出来事があった気が」

武内P「……」

武内P「いえ……そんな事が、ある筈は無いですね」


ガチャッ!


楓「お父さーん♪」


武内P「高垣さんは、流石に無理があります」



おわり
関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング