FC2ブログ
718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:16:35.67 ID:HgDs+jhjo
専務「そうだ。この度、私のオフィスの前に設置することとなった」

武内P「あの……目的は、何でしょうか?」

専務「そうだな。我が社の人間との距離を縮めるため、と言った所だ」

武内P「なるほど。良い、試みだと思います」

専務「……何故か、社内の人間は私に距離を取っているからな」

武内P「はい。私が言うのも何ですが、見た目が怖いので」

専務「何か言ったかね?」

武内P「いえ、何も」
719: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:20:53.40 ID:HgDs+jhjo
  ・  ・  ・

専務「さて、投書はあるかね?」

武内P「そう、ですね……匿名ですが、はい」

専務「匿名か。まあ、始めは仕方ないだろう」

武内P「ですが、投書はあった。これは、大きな一歩だと、そう、思います」

専務「名もなき者による大きな一歩、か」

武内P「新境地を開いて行く者は、常に名も無き者です」

専務「切り開いた後に、名が残る……良いでしょう」

武内P「……」コクリ
720: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:23:44.09 ID:HgDs+jhjo
専務「キミに、一つ頼みがある」

武内P「私に出来る事でしたら、はい」

専務「投書の内容は、包み隠さず読み上げなさい」

武内P「……宜しいのですか?」

専務「構いません。目を逸らしては、ボックスを設置した意味がない」

武内P「専務……はい、わかりました」

専務「私にも、覚悟くらいはある」

武内P「……」コクリ
721: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:28:14.77 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、まず一枚目から、読み上げます」

専務「……」


武内P「『死ね!!』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「……と、それだけ書いてありますね」

専務「キミに、私を抱きしめて頭を撫でる許可を出します」

武内P「気を取り直して、次に行きましょう」

専務「私は、あまり心の耐久値が高い方ではない」

武内P「ガンバ、と、そう思います」
722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:33:27.49 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、二枚目を読み上げます」

専務「……」


武内P「『担当アイドルが、乳首を狙って困っている』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「どうやら、プロデューサーの悩みのようですね」

専務「マリア・シャラポワが使用していたのと同じ付け乳首をP全員に配布しなさい」

武内P「! よろしいのですか!?」

専務「私は城を守る。そして、そこで働く者達もまた同様です」

武内P「専務……!」
723: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:40:12.47 ID:HgDs+jhjo
武内P「では! 三枚目を読み上げます!」

専務「フッ、どうした? 妙に機嫌が良いようだが」


武内P「『お年玉って、何でごぜーますか?』」

武内P「……あっ」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「申し訳ありません……その、三枚目にも関わらず、闇を……」

専務「キミ、売店にダッシュで行き、スティックノリを買ってきなさい」

武内P「待ってください! まさか、ポチ袋を自作するおつもりですか!?」

専務「必要ならば、私はそうします」

武内P「専務……!」
724: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:46:12.89 ID:HgDs+jhjo
  ・  ・  ・

武内P「では、四枚目を読み上げます」

専務「やはりキミは優秀だ。30秒でお使いを済ませるとは」


武内P「『くたばれ!!』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「……と、それだけ書いてありますね」

専務「キミに、私を膝枕し頑張ったと褒める許可を出します」

武内P「! 待ってください、まだ、続きが!」

専務「ほう?」


武内P「『二度くたばれ!!』」


専務「二度、か。難しい注文だな」ジワッ…
725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:49:17.73 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、五枚目を読み上げます」

専務「346ボックス、中々盛況ではないか」


武内P「『周囲の人間が、よく脱糞します』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「どうやら、プロデューサーの悩みのようですね」

専務「待ちたまえ。何故、プロデューサーのものだと?」

武内P「イタズラか何かかと。脱糞など、有り得ませんから」

専務「ふむ……それもそうですね」

武内P「……セーフ、ですね」ボソッ
726: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:54:49.37 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、六枚目を読み上げます」

専務「もう、死ね系統は勘弁して貰いたいものだな」


武内P「『家族が揃っても会話が無く、とても静かです』」

武内P「『私は、居ても居なくても変わらないのかと思います』」

武内P「『いつか、誰からも見捨てられないかと、不安です』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「申し訳ありません……また、闇が……」

専務「社内の全員に、マカビンビンを1ダース支給しなさい」

武内P「待ってください! それは、あまりに強引すぎる解決方法です!」

専務「心開けば股開く。ならば、その逆もまた然りです」

武内P「専務……!」
727: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:00:33.71 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、七枚目を読み上げます」

専務「験を担ぐ方ではないが……ラッキーセブン、期待しています」


武内P「『専務は変わった! 専務が一番格好良いよ!』」


専務「!……!?……!?」ダバダバ!

武内P「落ち着いてください! あの、小躍りはやめてください!」

専務「……!……!」ダバダバ!

武内P「あの……まだ、続きが……」

専務「!?」


武内P「『ハハハハ! ウーソーだーよー!』」

武内P「『専務なんていらないよー! いらないいらない!』」

武内P「『帰ってプレステやろ!』」


専務「……プレステ相手なら、仕方無いか」
728: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:06:52.55 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、八枚目を読み上げます」

専務「八は再生を意味する数字でもある」


武内P「『担当アイドルからのアプローチがきつすぎる』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「殴り書き、ですね。何かに追われながら書いたようです」

専務「佐久間まゆ君には、私が直接説教をしよう」

武内P「それで……彼女が止まるとは思わないのですが」

専務「押して駄目なら引いてみろ。駆け引きが重要だ」

武内P「専務の口からでは、説得力に欠けると、そう、思います」

専務「何か?」

武内P「いえ、何も」
729: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:17:45.69 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、九枚目を読み上げます」

専務「本当に盛況だな。皆、悩みを抱えているということか」


武内P「『物心付く前から芸能界に居ました』」

武内P「『なので、本当に自分がこの仕事をやりたいのかわかりません』」

武内P「『いつか、わかる時がきますか?』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「これは……芸能界に潜む闇、ですね」

専務「こういった問題は、大先輩に聞くのが一番だ」

武内P「待ってください! 真の闇に触れるには、まだ!」

専務「ふむ……今回は、キミの意見を尊重しよう」
730: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:27:34.25 ID:HgDs+jhjo
武内P「では、十枚目を読み上げます……これで最後ですね」

専務「十枚か。始めにしては、上出来だろう」


武内P「『妖怪七光りポエムババァ』」


専務「ふむ、なるほど」

武内P「……と、それだけ書いてありますね」

専務「キミに、飲み屋で私の愚痴に付き合う許可を出します」

武内P「待ってください。続きが」

専務「……続き?」


武内P「『私を付き合わせるのはやめてください』」

武内P「申し訳ありません。今、書き足させて頂きました」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング