FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:28:34 ID:ZPoSd6ayO
黒子「ボーッとしていて上の空だったり」

黒子「端末を執拗に何度も見たり」

黒子「何より常時ニヤニヤしてますの…」

黒子「これはお姉さまに何かあったに違いませんわ!!!」

黒子「この白井黒子、責任を持って調べさせていただきますわ!!!」キラーン
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:29:49 ID:ZPoSd6ayO
黒子「まずはお姉さまを監視するのが一番!!!」ハァハァ

美琴「黒子~?出掛けてくるわね~♪」

黒子(おっ、お姉さまの鼻歌っ!?)ハァハァ

黒子「ハッ、こんなことをしている場合ではありませんの!!!」

黒子「お姉~~~さま~~~」ガチャ バタン ダダダダダ
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:34:14 ID:ZPoSd6ayO
美琴「♪~♪~」テクテク

黒子(ああ、なんと麗しい…)チラ

美琴「?」チラ

黒子「!」バッ

美琴「気のせい…かな?」スタスタ

黒子「ふー…。危なかったですの…」ドキドキ

黒子「休日とはいえ相手はお姉さま、気を抜いてはいけませんわね…」ゴクリ

??「お~い、御坂~」

黒子「!?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:41:20 ID:ZPoSd6ayO
黒子「この声…!?」

御坂「あ、おまたせ~」テクテク

上条「おう」

黒子「あの類人猿ン゛ン゛ン゛ン゛ン゛!!!」ブチッ

黒子「休日にわたくしに内緒でお姉さまとデート……」

黒子「いい度胸ですわね……」

黒子「ここは下手に動かずに様子を見ていた方が良さそうですわね…」

上条「じゃ行くか~」

美琴「うん!」

ワイワイ キャッキャッ

黒子「こんなに仲が良いとは…」

黒子「生き地獄ですの~!!!あ~!お姉さまー!」ダダダダダ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:48:58 ID:ZPoSd6ayO
カァ カァ カァ

美琴「じゃ、また明日ね~」

上条「おう。気を付けて帰れよ~」

美琴「うん///」

黒子「」ゼェハァゼェハァ

~常磐台女子寮~

黒子「」ゲッソリ

美琴「ど、ど、ど、どうしたの!?黒子!?」

黒子「いいですわね…お姉さまは…」ハァ

美琴「え?」

黒子「時を同じくするお相手がいて…」

美琴「な、ななな、何いってんのよ、あ、あんた!」ビクッ

黒子「その反応、間違いないみたいですわね…」ウウ…

美琴「う…バレちゃ仕方ないわね…」

黒子「ぐぐぐ…やはりあれは事実でしたの…」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 11:54:37 ID:ZPoSd6ayO
美琴「やっぱり気持ちを言葉にするのは大事よね~」

美琴「今までがバカみたい」クスッ

黒子「わたくしはいつでもお姉さまへの愛を伝えてますのに!!!」ガタッ

美琴「あ、あはは…」

黒子「笑って誤魔化さないでくださいまし!!!」ジロッ

美琴「そういえば黒子の言ってることをまともに聞いたことなかったわね~」

黒子「」ガーン
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:04:15 ID:ZPoSd6ayO
黒子「わたくしはいつでもお姉さまのことを思って生活していますの!!!」

美琴「う、うん…」

黒子「部屋の中はもちろん、学校、ジャッジメント、街の中、お風呂、そして…ベッドの中///」

美琴「へ、へぇ~」

美琴(あれから黒子の私に対する愛を延々と語られたわ…)ガックリ

黒子「お姉さま、まだ終わってませんわよ!」

美琴「えぇ!?」

黒子「夜は寝かせませんわ!!」

美琴「いや~!!」

寮監「うるさいぞお前ら!!!」バンッ
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:07:21 ID:mfOvF9QYi
禁書内で1番かわいいのが黒子だと言うのは確定的に明らか
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:08:08 ID:UZ1D95rm0
あの好意が男に向いた時の破壊力は相当だろうな、黒子は
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:10:06 ID:ZPoSd6ayO
黒子(あのあとじっくりしごかれましたわ…)

美琴「まったく…踏んだり蹴ったりだわ…」ハァ

黒子「お姉さま、今晩も覚悟しておいてくださいまし」

美琴「か、勘弁してー!」ガックリ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:18:59 ID:ZPoSd6ayO
~ジャッジメントですの~

初春「白井さん、はやく書類を片付けないと帰れませんよ~?」

黒子「あぁ、お姉さま…」クチュ

初春「って白井さん!?何やってるんですか!?」

黒子「んぐ…むぅ…」クチュクチュ

初春「わわっ…ダメですよ白井さん!こんなところで…」アセアセ

黒子「んん…むぐぐ…」クチュクチュビクッ

初春「はわわ、誰か来ちゃいますよ~」

黒子「ん゛ん゛ん゛!」ビクッ ビクッ ビクッ
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:23:47 ID:ZPoSd6ayO
黒子「はぁ…はぁ…」

初春「白井さん、ダメですよ~知覚過敏なんですから、モンダミンなんかしちゃ」

黒子「はぁ…はぁ…でも今日は大切な日ですの…」ハァハァ

初春「大切な日…?」

黒子「そう!今日はわたくしとお姉さまが結ばれる日ですの…」キラキラ

初春「そ、そうなんですか~」アハハ…

黒子「そうと決まったらさっさと片付けますわよ!」サササッ

初春「はいはーい」ガサガサ
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:28:47 ID:ZPoSd6ayO
黒子「意外と疲れましたわ…」ゼェハァ

初春「お疲れさまです、白井さん」ニコ

黒子「ハッ!こんなことをしている暇はないんですの!!」

黒子「では初春、ごきげんよう!」ヒュン

初春「白井さん、元気じゃないですかw」ハハッ

初春「あ、いけないいけない…」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:35:04 ID:ZPoSd6ayO
黒子「お姉~~さま~~」ヒュン

シーン

黒子「おや?お姉さま?いらっしゃらないんですの?」

黒子「まさか…またあの類人猿と?」メラメラ

黒子「ん?置き手紙ですわね」チラ

『美琴「もうすぐ帰るわ」』

黒子「やはり出掛けていますの…」

黒子「ん…?」

黒子「置き手紙なのにすぐ帰るなんておかしいですわね…」

黒子「まさか誘拐…?」ハァハァ
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:38:41 ID:ZPoSd6ayO
ガチャ バタン

黒子「おや?帰ってきましたの?」

黒子「お姉~~さま~~」ダダダ

御坂「………」シーン

黒子「お姉さま…?」

御坂「なんですか?とミサカは尋ねます」

黒子(なんだかお姉さまの様子がおかしいですわね…)
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:39:24 ID:UZ1D95rm0
これは…まさか…
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:45:17 ID:ZPoSd6ayO
御坂「…………」

黒子「…………」

御坂「あの…」

黒子「な、なんですの…?」

御坂「部屋に入ってもよろしいですか?とミサカは尋ねます」

黒子「そ、そうですわね…」

~ベッドに座る~

御坂「…………」

黒子「…………」

黒子(絶対ニセモノですわね…。)

黒子(どうにかして真相を突き止めないと…)
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:50:21 ID:ZPoSd6ayO
黒子「あの…ひとつよろしいですの?」

御坂「なんですか?とミサカは聞き返します」

黒子「お姉さまはどこへ…?」

御坂「…………」

黒子(迷っている…?それとも言葉を選んでいるんですの…?)

御坂「お姉さまは…」

黒子(お姉さま…?)ゴクリ
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 12:59:16 ID:ZPoSd6ayO
美琴「ちょっと待ったァー!!!」ドタタタ

黒子「お、お姉さま!?」

御坂「…………」チラ

黒子「あなた…やはりニセモノでしたの…?」

美琴「ちょっと!あんたたちスルーしないでよ!」

黒子「お姉さま?これはどういうことか説明してくださいまし」

美琴「アンタ!なんでここにいるのよ!」ビシ

御坂「何か問題でも?とミサカは答えます」

美琴「問題ってアンタ、アリアリよ!」

黒子「訳がわからないですのー!!!」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:03:29 ID:ZPoSd6ayO
美琴「いいから出てって!話は後でじっくり聞いてあげるわ!」

御坂「……では失礼します……とミサカは名残惜しそうに去ります」

美琴「ふー…」

黒子「お・姉・さ・ま?」ジロッ

美琴「ひっ!?」

美琴「わ、わかったわよ!説明するからそれ以上近づかないで!」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:09:06 ID:ZPoSd6ayO
黒子「ふむ…つまりあの方はお姉さまの妹さんですの…」フムフム

美琴「そ、そうよ」

黒子「どうりでよく似ていましたわ」

美琴「でも…アンタよく見た目だけでわかったわね」

黒子「わたくしが何年お姉さまを見てきていると思っているんですの!?」ガタッ

美琴「あははー、そうだったわね…」

黒子「今日も続きを聞いてもらいますわよ!」フンス

美琴「」ガックシ
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:13:16 ID:ZPoSd6ayO
~放課後~

黒子(今日はジャッジメントの仕事はお休みですの)

黒子「少し街をブラブラしますの」スタスク

黒子「上手くいけばお姉さまとも会えそうですし」スタスタ

黒子「ん?」

黒子「あれは…お姉さまの妹さん…?」


※御坂妹が御坂 御坂美琴は美琴で分けられています

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:17:41 ID:ZPoSd6ayO
黒子(しかし言われてみればお姉さまと瓜二つですわね…)フムフム

御坂「…………」チラ

黒子「!」

黒子「こっちに気付いたみたいですわね…」

黒子「あの…妹さん?」

御坂「なんでしょうか?とミサカは尋ねます」

黒子「立ち話もなんですし、お茶でもいかが?」

御坂「…………」

黒子「」ドキドキ

御坂「いいですよ、とミサカは了承します」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:23:01 ID:ZPoSd6ayO
~喫茶店~

黒子「………」ズズズ

御坂「………」チョコン

黒子「あの…」

御坂「……?」

黒子「なぜそんなにお姉さまと似ているんですの?」

御坂「…………」

御坂「ミサカはお姉さまの妹だからです、とミサカは無難に答えます」

黒子(イマイチ答えになっていない気がしますの…)
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:28:19 ID:ZPoSd6ayO
御坂「ここじゃ聞きたいことも聞けないですし、場所を変えませんか?とミサカは提案します」

黒子「そ、そうですわね…」

~御坂妹ん家~

御坂「どうぞ」

黒子「お邪魔しますの…」

黒子「……」チョコン

御坂「……」チョコン
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:33:32 ID:ZPoSd6ayO
黒子(雰囲気は違うとはいえ見た目はお姉さまそっくり…)

黒子(何か一線越えてしまいそうで自分が怖いですわ…)ハァ

御坂「どうかしましたか?とミサカは不安そうに尋ねます」

黒子「だ、大丈夫ですの…」ビクッ

黒子(最近お姉さまは腐れ類人猿とデートばかりしてわたくしに構ってくれませんの…)ハァ

黒子(足らないお姉さま分が爆発しそうですわ…)ヒィヒィ

御坂「…………」

御坂「どうぞミサカを好きに使ってください、とミサカは許可を出します」

黒子「!?」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:37:26 ID:ZPoSd6ayO
黒子「それは……どういう意味ですの……?」ハァハァ

御坂「そのままの意味です、と御坂は即答します」

黒子(じ、自分から誘ってくるなんて…)

黒子(も、もう我慢の限界ですの…)ハァハァ

黒子「お姉~~さま~~」ダキッ

スリスリムニムニグッグッモミモミ

御坂「……………///」ポッ
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:41:57 ID:ZPoSd6ayO
黒子(ああっ!お姉さまに構ってもらえないとはいえ、妹さんにまで手を出すとはっ!)ハァハァ

黒子(でもやめられませんの…!体が火照って…止められないんですの…!)ハァハァ

御坂「…………」ダキ

黒子「!?」ハァハァ

黒子「お姉さま…?」

御坂「私はなんと呼べばいいのでしょうか?とミサカは尋ねます」

黒子「っ!」ドキドキ

黒子「黒子…」

黒子「黒子と呼んでくださいまし…!!」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:45:52 ID:ZPoSd6ayO
御坂「黒子…」

黒子「お姉さまっ!」

御坂「黒子…」

黒子「お姉さまっ!」

黒子(ああ…お姉さまをめちゃくちゃにしたい…!その欲望を妹さんにぶちまけるなんて…)

黒子(わたくしは最低な人間ですわっ!でも…それでも!)

黒子「お姉さま!大好きですわ!」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:53:20 ID:ZPoSd6ayO
黒子(あの日から妹さんとの関係は続いていますの)

黒子(幸いお姉さまも気付いてないようですし)

黒子(でもいつか、本当にお姉さまと結ばれたいですわね…)

黒子(この思いが届くのはいつになるのか…)

黒子(わたくし白井黒子、楽しみに待っていますわ)


真・完
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 13:59:23 ID:ZPoSd6ayO
黒子「ただいまですの」ガチャ

黒子「お姉さま?」

美琴「」シクシク グスン

黒子「おおおおお姉さま!?どうされましたの?」ビク

美琴「とーまがね…」グスン

黒子「あの腐れ類人猿…今度会ったらただじゃおきませんの…」メラメラ
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:03:23 ID:ZPoSd6ayO
黒子「よーしよしよしお姉さま、落ち着いてくださいまし~」ナデナデ

美琴「ありがと…黒子」グスン

黒子(久し振りのお姉さまとの魅惑的な絡みッ!見逃すわけにはいきませんのっ!)

黒子「落ち着くまでそばにいてあげますわ」ギュッ

美琴「うん…」シクシク

黒子(おっと…妹さんとのクセで抱き着いてしまいましたが…何も言ってこないとはラッキーですの!)ハァハァ
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:07:07 ID:ZPoSd6ayO
黒子「いいこですわねー」ナデナデ

美琴「……」ウルウル

黒子(なんてかわいい泣き顔…!)キュン

黒子(犯したくなってしまいますわ!!)ハァハァ

黒子(まずはお姉さまの意思を確認しますわ…)

黒子(それっ)オシリ ナデナデ

美琴「………」ウルウル

黒子(キタ…!待ちに待ったときが来ましたわ!!!)
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:11:27 ID:ZPoSd6ayO
黒子(ちゃんとした手順を踏まないとお互い楽しめませんもの…)

黒子(まずはベッドに押し倒す!)ドサッ

美琴「」ビクッ

美琴「黒子…?」ビクビク

黒子(くぅー!堪りませんわ!その怯えた表情!)

黒子(次は下着だけ残して脱がす!)バババッ

美琴「ひぁっ」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:16:22 ID:ZPoSd6ayO
黒子(んむぅ…なんてエロイ格好なんですの…)ハァハァ

美琴「黒子ぉ…?」チラ

黒子(ぐっ!待っていてくださいましお姉さま!今いただきますわ!)

黒子(手始めに胸を攻めますの…)モミ

美琴「キャッ」ビクッ

黒子(んーブラ越しだと分かりづらいですわね…)

黒子(脱がしちゃえ!)ヒョイ

美琴「あっ…」

黒子(手で隠そうとしないとは…完全にイケますわね…)
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:22:25 ID:ZPoSd6ayO
黒子(では遠慮なく…)モミ

美琴「ふぁっ…」

フニフニモミモミプニプニ

黒子(ん~…柔らかくて最高ですわ…)

美琴「はぁ…はぁ…」

黒子(お次は…)コリッ

美琴「ひゃうっ!」ビクッ

黒子(いい感度ですわ…!クセになりますの…!)ハァハァ

美琴「はうっ!んあっ!」ビクビク

黒子(そろそろですわね…)

黒子「お姉さま、腰を浮かせてくださいまし」

美琴「」ヒョイ

黒子(既に黒子の言いなり…堪りませんわ!)
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:29:22 ID:ZPoSd6ayO
黒子「もうこんなに濡れてますわ…」

黒子「もしかしておひとりで慰めていたのでは?」ニヤニヤ

美琴「そっ…そんな…」プイ

黒子(うはぁ!もう手加減は無用ですの…!)メラメラ

ピト…

美琴「んっ…」

クチュ

美琴「ふわぁ…」

クチュクチュクチュ

美琴「んっ!あっ!やぁっ!」

黒子「聞いてくださいましお姉さま!このお姉さまのいやらしい愛液の音っ!」クチュクチュクチュクチュ

美琴「そっ!んなっ!ことっ!いわないでぇ!」ビクッビクッ
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:34:51 ID:UZ1D95rm0
百合百合
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:34:59 ID:ZPoSd6ayO
黒子(なんと淫らなお姉さま…)クチュクチュクチュクチュ

美琴「はうっ!んあっ!」ビクン

ピタ…

美琴「…???」ハァハァ

黒子「まだまだ序の口ですわよ?お姉さま」ニヤリ

美琴「黒子…何を…ひぁっ!」ビクン

黒子「ん…クチュ…レロ…」ペロペロ

美琴「黒子ぉ!それ、やば、やっ!」ビクッビクッ

黒子「お姉さま、わたくしにもっとかわいい顔を見せてくださいまし」ペロペロペロペロ

美琴「はっ、やっ、んあっ!んああああ!!!」ビクッ ビクッ ビクッ
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:43:06 ID:ZPoSd6ayO
美琴「」ビクン ビクン

黒子「お姉さまったら…豪快にイってしまいましたわね…」クス

黒子「今度はわたくしもきもちよくさせてくださいまし」ヌギヌギ

美琴「黒子…」ハァ ハァ

黒子「いきますわよ…」ピト

美琴「うん…」ドキドキ

クチュクチュジュポジュポ

黒子「んあっ!アソコとアソコが!擦れてっ!」ビクッ

美琴「はあっ!んあっ!」ハァハァ

黒子「お姉さま…!」ハァハァ

美琴「黒子…!」ハァハァ

黒子「あぁっ!感じますわ!お姉さまをっ!」ビクン

美琴「あたしもっ!きもちいいっ!よぉっ!」ビクッ

黒子美琴「「ふぁあぁぁあぁあ!!!」」ビクンビクンビクン
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:47:55 ID:ZPoSd6ayO
━━━━━
━━━━
━━━
━━


黒子「お姉さま…」チュッ

美琴「黒子ぉ…」レロ

ン…クチュ…チュパ…レロ…プハァ

黒子「大好きですわ…お姉さま」

美琴「私も好き…黒子」
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 14:59:14 ID:ZPoSd6ayO
~御坂妹ん家~

御坂「なぜ来てくれなかったのですか、とミサカは問い詰めます」ジト

黒子「それは…その…なんといいますの…」アセアセ

御坂「…………」

黒子「ですから…その…」

御坂「黒子」

黒子「はいいっ!」ビクッ

御坂「お姉さまと何かあったのですか?とミサカは核心をつきます」

黒子「うぐっ…実は…」

━━━━
━━━
━━


黒子「というわけなんですの…」
御坂「…………」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 15:00:27 ID:ZPoSd6ayO
御坂「つまり…」

黒子「……?」

御坂「ミサカは必要なくなったというわけですね」
黒子「そ、そうは言ってな…」

御坂「いいえ、わかります。お二人の幸せそうな姿が…とミサカは理解を示します」

黒子「妹さん…」

御坂「どうかお幸せに、ミサカは自分にできる精一杯のことをします」

御坂「でも…」

黒子「でも…?」

御坂「お別れではないですから、とミサカは念を押します」

黒子「!」

黒子「そうですわね…」

黒子「またいつか、会えますわよね…?」

御坂「ええ、きっと」

2人が眺めた夕焼けの街並みは、出会いと別れが表裏一体であることを津々と告げていた。
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 15:01:53 ID:ZPoSd6ayO
終幕
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09 15:05:21 ID:L/SURit40
ああ終わりか

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ