FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:08:15.98 ID:0xaiDgLBo
【モバマスSS】です

アイドル達の出番はあまりありません

自己解釈が強いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387897695
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:08:49.24 ID:0xaiDgLBo
 ここCGプロ秘密会議室に、深夜密かに集まる複数の影がありました。

???「本日は、緊急の集まりに応じて貰って感謝している」

???「なに、普段は寡黙かつ悠然と構えている君が緊急に我々を集めたんだ。それなりのことがあったのだろうと推察は出来るさ」

???「アンタがそこまで慌ててオイラ達を集めるってことは、やっぱり彼女のことなのかい?」

???「あ、あの、ボクも及ばずながらお力になりますよ!」

???「ロボも力を貸すウサ」

???「水臭いねぇ、あたしらの仲じゃないか」

???「姉御の言うとおりッス!」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:09:17.48 ID:0xaiDgLBo
???「……すまんな。ヒョウくん、カブト、アッキー、ウサミンロボ、ハナコ、わんこ」

ヒョウ「ふっ、気に病むことはない。我らは一蓮托生ではないかね、我が友ブリッツェンよ」

???「ごきげんよう、遅れてごめんなさい」

???「ごめんにゃさい」

ロボ「ぺロとたくみんネコが来たウサ」

ブリッツ「では、早速だが本題に入らせて貰おうか」

 一同を見回して、

ブリッツ「クリスマスライブの話を聞いているかね?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:09:44.85 ID:0xaiDgLBo
ヒョウ「うむ、小春に聞いているぞ。なんでも24、25と二日間のライブだとか」

カブト「莉嘉っちもなんか言ってたな、美嘉姉と一緒の仕事だって」

アッキー「ボクも聞いたことあるよ。優ちゃんがリハーサルしてたし」

ハナコ「そういやあ、凛ちゃんが言ってたような気がするねぇ」

わんこ「聖來も楽しみだって言ってたッス」

ぺロ「私は聞いていませんわ」

たくみん「知らにゃい」

ロボ「ロボは知ってるウサ。菜々ママと博士のお仕事ウサ」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:10:12.34 ID:0xaiDgLBo
 おほん、とブリッツェンの咳払い。

ブリッツ「私のご主人様である、イヴ・サンタクロースも出演するようだ」
ブリッツ「ご主人様は断るつもりだったのだ」
ブリッツ「しかし、プロデューサーや他アイドル達の執拗な懇願についに折れてしまってな」
ブリッツ「昼の間のライブということで承知したのだが……」

ヒョウ「待ちたまえ。君のご主人というのは確か、イブの夜にはどうしても外せない所用があると聞いていた気がするのだが」

ロボ「サンタウサ! ロボは知ってるウサ!」

ぺロ「ロボ、五月蠅くてよ」

 ぺロがジャンプしてウサミンロボの頭に乗ると、前足でぺしぺしと叩きます。

ロボ「うう、御免なさウサ……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:10:39.33 ID:0xaiDgLBo
たくみん「お姉さまの言うとおりニャ。ロボはうるにゃい」

 たくみんネコも容赦がありません。
 そんな二匹と一機の応酬を無視して、ブリッツェンはヒョウくんの疑問に応えました。

ブリッツ「うむ。一応ご主人様もフィンランドの本部にお伺いを立ててな」
ブリッツ「以前のトラブルに対する慰労の意味も含め、今年の任務は免除されることとなった」

ヒョウ「ふむ。それは良かったじゃないか。本部というのも粋なことをしてくれるものだな」

ハナコ「ちょっと待ちなよ」
ハナコ「それじゃあ、万々歳でお仕舞いじゃないか。アタシ達を集めたからにはそれ相応の理由があるんだろう?」

ブリッツ「その通りだ。話はこれで終わりではない」
ブリッツ「ご主人様は、既にプレゼントを準備していたのだ」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:11:06.10 ID:0xaiDgLBo
アッキー「ちょ、ちょっと待ってよ。配るアテのないプレゼントなんて、そんなのおかしいよ」
 
ブリッツ「配るアテはあるのだよ、アッキー」

わんこ「よくわかんないッスねぇ。今年の任務は免除なんでしょう?」

カブト「オイラにもよくわからないよ」

ロボ「みんなに配るウサ!」

ぺロ「ですから、配るアテがないとアッキーさんが……」

ハナコ「いや、だから今年は……あ」

わんこ「姐さん?」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:11:32.33 ID:0xaiDgLBo
ハナコ「もしかして、任務とは別に、個人的に配るつもりかい?」

ブリッツ「うむ、そういうつもりらしいのだ、ご主人様としては」

たくみん「イヴにゃん、お金持ちニャ?」

ブリッツ「高価なものではない、ハンドメイドのちょっとした記念品さ」

ヒョウ「ああ、なるほど。そういうことかね」

ブリッツ「そういうことだ」

ハナコ「ちょっとちょっと、アンタ達だけ勝手に納得してるんじゃないよ、これだから年寄りは」

ヒョウ「と、年寄り……待て、私は」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:11:58.82 ID:0xaiDgLBo
カブト「ブリッツェンさんはガチおじさんだけどさ、ヒョウくんさんは年の割にはおじさんっぽいよね」

ぺロ「くすくす……小父さまですわ」

ヒョウ「君たちなぁ……」

ロボ「ヒョウくんさん、歳誤魔化してるウサ?」

ヒョウ「他ならぬ君にだけは言われたくなかったな」

ロボ「ウサ?」

ハナコ「それで、どうなんだい。ちゃんと話してくれなきゃわからないじゃないかい」

ブリッツ「すまんな。実は、ご主人様が事務所の皆にクリスマスの記念品を配る予定だったらしくてな」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:12:27.18 ID:0xaiDgLBo
わんこ「お仕事が入って配れなくなったッスね」

ブリッツ「うむ。それで私が代わりに配ることを考えたのだが」

たくみん「おっちゃん一人にゃ、無理にゃ」

カブト「オイラたちに手伝って欲しいって訳だね?」

ブリッツ「当日に家を抜け出せない者に無理を言う気はない、できる者だけでいいんだ」

ハナコ「記念品……プレゼント配るったって、どうする気だい?」

ブリッツ「ご主人様のソリを借りて、ワシが牽く」

アッキー「ボクも一緒に牽きます!」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:12:53.17 ID:0xaiDgLBo
ブリッツ「気持ちは嬉しいが、空を飛ばなきゃならんのでな、運ぶのではなく配る方を手伝っておくれ」

ロボ「ウサミンジェットスクランダーを使うウサ」

ブリッツ「手伝ってくれるか、ロボ」

ハナコ「じゃあ、アタシらは配る方を手伝おうか」

わんこ「俺も行くッスよ!」

カブト「及ばずながらオイラも!」

ぺロ「及ばずながら私も。たくみん、貴方はまだ小さいから駄目よ。素直に睡眠をとりなさい」

たくみん「わかったにゃあ、お姉さま」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:13:20.40 ID:0xaiDgLBo
ヒョウ「飛べるのが二人で大丈夫か? ブリッツェン、確か君の神通力はイヴがいてこそではなかったのか?」

ブリッツ「少しはワシ一人でも使えるさ。それに、他にも助っ人は呼んでいる」

ヒョウ「なに?」

ブリッツ「そろそろ来る頃だ」

???「お呼ばれしてきたなの~~!!」

???「だりぃーっ、なんで俺まで……」

???「あー、聖夜とやらに俺っちがいてもいいのかねぇ?」

???「ほーっほっほっほっほっ。この悪姫の力が必要なりしと聞いて、グリモワールより顕現せし」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:13:47.15 ID:0xaiDgLBo
ブリッツ「来てくれたか」

ヒョウ「……ウサコ、杏ぐるみ、あの子に……」

???「ストップ!」

ヒョウ「ん?」

ブリュン「我が名は傷ついた悪姫ブリュンヒルデ。気高き龍よ、みだりに我が名を喚ぶものではないぞよ」

ヒョウ「自分で言ってるような気がするがね」

???「わいもおるで」

ハナコ「いたのかい、ぴにゃこら太」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:14:14.03 ID:0xaiDgLBo
アッキー「なんですか、この人達」

ブリッツ「私はどちらかと言えば君たちより彼らに近い存在だ。幻想種とでも言うべきかな」

わんこ「あー、俺らはなんだかんだ言っても動物ッスからねぇ」

ロボ「ウサ?」

ぺロ「ロボさんはよくわかりませんわね」

ロボ「ロボは博士の作ったウサちゃんロボを、ウサミン科学で改造したロボウサ。賢いウサ」

ヒョウ「付喪神の類とも違うのだな」

杏ぐるみ「そりゃあ、俺だ」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:14:40.88 ID:0xaiDgLBo
ウサコ「アタシも付喪神なの~」

こら太「わいもやで」

あの子「……俺っちだけ、ガチ亡霊?」

ブリュン「我は傷ついた……」

カブト「あ、そういうの、もういいんで」

ブリュン「」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:15:11.11 ID:0xaiDgLBo
 そして当日

 ブリッツェン、ウサミンロボ、ブリュンヒルデ、あの子、ウサコによって牽かれるソリ。
 乗っているのはヒョウくん、ぺロ、アッキー、ハナコ、わんこ、杏ぐるみ、ぴにゃこら太。
 なお、カブトムシは自力で飛んでいます。

アッキー「これ、記念品なの?」

ハナコ「……サイズからして、手帳かね」

杏ぐるみ「なんだ、飴じゃないのかよ」

ヒョウ「君は、双葉杏の影響を受けすぎているような気がするんだが」

杏ぐるみ「まあ、俺ら物の怪組は基本そんな感じだわな」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:15:37.97 ID:0xaiDgLBo
ブリッツ「ほら、第一の目的地に着くぞ」

ロボ「窓があるウサ、あそこから入るウサ」

ハナコ「この近くまで来たことがあるよ、たしか、薫ちゃんの家だね、ここは」

杏ぐるみ「こら太、言ってこい」

こら太「え? わい? おっ? なんや背中に括り付けられとるんやけど」

杏ぐるみ「よし、飛べ」

こら太「はいっ?!」

ハナコ「早く行きなよ」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:16:04.47 ID:0xaiDgLBo
 ぴにゃこら太を蹴り飛ばすハナコ。

こら太「じぇろにもーーーーーっ!!!!」

あの子「おー、気張ってこいやー」

ブリッツ「次は市原仁奈の家だな」

杏ぐるみ「じぇろにもーーーーっ!!!!」

ロボ「きの子の家ウサ」

ウサコ「じぇろにもなのーーーーーーーっ!!!!」

 クッション代わりに放り出されるぬいぐるみ部隊。
 プレゼントを置くと、あの子やブリュンヒルデに回収されて戻ってきます。
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:16:31.59 ID:0xaiDgLBo
 そして再び投下です。

「じぇろにもーーーーっ!!!!」
「じぇろにもーーーーっ!!!!」
「じぇろにもなのーーーーっ!!!!」

 次々と投下するプレゼントとぴにゃこら太、杏ぬいぐるみ、ウサコ。

 みるみるうちにプレゼントの山は小さくなって、やがて最後の一個が投下されました。

ヒョウ「終わったな」

ブリッツ「ああ、皆、ありがとう」

ブリュン「魂の還る約束の地へと舵を切りましょう」(事務所に帰りましょうか)
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:16:58.80 ID:0xaiDgLBo
 役目を終えたソリは事務所へと向かいます。
 その途中、

ハナコ「あ」

わんこ「どうしたスか? 姐さん」

ハナコ「下、見てご覧よ」

わんこ「??? ……あ」

凛「ハナコーっ? ハナコー」

聖來「何処に行ったんだろう、わんこ……」

莉嘉「あれ、カブトムシ何処行ったんだろ」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:17:30.04 ID:0xaiDgLBo
優「アッキー? アッキー?」

雪美「ぺロ……どこ?」

亜里沙「困ったわ、ウサコちゃん、何処に片付けたかしら」

小梅「!!??」

涼「どうした? 小梅」

小梅「あ、あの子が……いない」

小春「ヒョウくーん、ペロペロしてあげるから出てきてー」

蘭子「!!!!!」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:17:56.45 ID:0xaiDgLBo
モバP「何走り回ってるんだ、蘭子」

蘭子「!!!???」

モバP「なんか凄く焦ってるな。まるでお気に入りのイラスト帳でもなくしたみたいな」

蘭子「!!!!」

モバP「マジか」

杏「きらり、杏のぬいぐるみ知らない?」

きらり「知らないよ?」

杏「あっそ……」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:18:23.65 ID:0xaiDgLBo
きらり「……」

杏「……」

きらり「一緒に捜してあげゆね」

杏「……ありがと」

穂乃香「ぬいぐるみが消えちゃった……」

忍「よし、一緒に捜そう!」

菜々「晶葉ちゃん! ロボが……ロボが……」

晶葉「ちょっと待て、今、強制帰還コマンドを試してみるから」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 00:18:50.21 ID:0xaiDgLBo
 皆それぞれのご主人様の下へ帰っていきました。

 最後にただ一頭、ブリッツェンが事務所裏の無人の駐車場に降り立ちます。

ブリッツ「さて、皆帰ったし、私も……」

イヴ「お帰りなさい、ブリッツェン」

 ぶも、ぶもーっ

イヴ「うん、わかるよ。よく頑張ったね、えらいね」

 ぶももももっ

 真っ赤なお鼻じゃないけれど、ブリッツェンたちはとっても頑張ったのでした。
25: ◆NOC.S1z/i2 2013/12/25(水) 00:20:04.53 ID:0xaiDgLBo
以上お粗末様でした

「じぇろにもーーーっ!」が書きたかった

あと、この時間に間に合わせたかった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング