FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/22(金) 23:46:05.26 ID:QWDSp+fS0
麦野沈利がドジっ娘で臆病になります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1340376365(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/22(金) 23:50:21.27 ID:QWDSp+fS0
過去作:

 一方通行「オレがもしもヘタレだったら」

http://ss-navi.com/blog-entry-15998.html




垣根「クックック…俺がもしも完全に厨二病だったら」

http://ss-navi.com/blog-entry-16001.html




御坂「私がもしもクズだったらぁっあっはっはっはっは!!!!」

http://ss-navi.com/blog-entry-16002.html


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 00:05:35.39 ID:T1yqLSbD0
麦野「あぁ…ああ…」オドオド…


絹旗「超窒素アッパー!」ドゴォ!


スキルアウトA「うっひー!」ピョーン


フレンダ「結局、アンタは私の獲物になるって訳よ!」ドガッ!


スキルアウトB「みゃああ!」ピョーン


麦野「どうしよう…どうしよう…」オドオド…


滝壺「むぎの、北西30メートルに敵が居る」


麦野「え?あ、え、えい!」バシュウ!


絹旗「今日も超絶好調でry」


ゴォオオオオオ!


絹旗「みぎゃあああああああ!!!」


フレンダ「絹旗ぁああああああああああああ!!!」


麦野「あぁ!ごめんなさい!絹旗さん!」


絹旗「窒素装甲が無かったら超即死でした…」コォオオ…
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 05:19:14.19 ID:T1yqLSbD0
麦野「ごめんなさい、絹旗さん…」


絹旗「超謝ればいいってもんじゃないですよ!」プンスカ


絹旗「何で、超目を瞑って撃つんですか!」プンスカ


絹旗「能力を作動してなかったら超どうしてくれるんですか!」プンスカ


麦野「うぅう……」


フレンダ「まぁまぁ、許してやりなよ」


滝壺「きぬはた、むぎのも悪気は無かったんだよ?」


絹旗「そうは超言いますがねぇ…!」


滝壺「きぬはた」


絹旗「うっ…分かりましたよ…超すみません麦野、言いすぎました」


麦野「………」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 05:29:11.92 ID:T1yqLSbD0
大通り


麦野「はぁ…私、何をやっても駄目だ…」


麦野「依頼主の研究所を木っ端微塵に吹き飛ばすわ、護衛してる時にトイレ行って

たスキに護衛対象が誘拐されたり……」


麦野「そして何より、暗部に入って誰一人も殺してない」


麦野「うぅ…このままだとみんなに迷惑をかけちゃう…」


麦野「私がしっかりしなきゃ!『アイテム』のリーダーなんだから!」


カー、カー


ベチャッ


麦野「うぅ…カラスの糞が、肩に付いたぁ…」プルプル…
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 05:42:09.43 ID:T1yqLSbD0
『アイテム』アジト


フレンダ「結局、鯖が最強って訳よ」


絹旗「鯖の骨を喉に超刺さって、死んでください」


ガチャッ


絹旗「あぁ、麦野超おかえ…るぃ!?」


麦野「うぅ……」ヨロヨロ…


絹旗「ぎゃあああ!超汚い!近寄らないでください!」バッ!


麦野「!?」


フレンダ「絹旗!」喝ッ!


滝壺「きぬはた、それは言い過ぎ」


絹旗「いや…だって…」


バタンッ!


絹旗「あ!ちょっ!麦野!」


フレンダ「絹旗!結局、アンタはどこまで私の計画を水の泡にすれば気がすむ訳!?」


フレンダ「一緒にお風呂に入って、麦野を慰めながらチュッチュする計画が…!」


フレンダ「結局、絹旗は最悪のクズ野郎って訳よ!!!」


絹旗「そんな計画超立てた、変態のあなたに言われる筋合いは無いですよ!」


フレンダ「ぐっはぁ!」


滝壺「二人共、むぎのを探しに行くよ」


絹旗「言われなくても超そうしますよ!」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 05:53:35.92 ID:T1yqLSbD0
麦野「……ハァ…ハァ…!」タッタッタッ


ガッ


麦野「きゃあ!」


ズテーン!


麦野「痛い…」ムクッ


麦野「うぅう…絹旗さんに嫌われちゃった…」


麦野「もう駄目…私…あそこには戻れない…」


麦野「もういっその事…」


キィキィイイイイイイイイイイイイイ


麦野「あの黒いキャンピングカー、コッチに向かって…」


垣根「そいつを乗せろ!」キィッ


麦野「え!?何!?やめ…!」


バタンッ
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 06:03:35.98 ID:T1yqLSbD0
車内


ゴーグル君「コイツがそうなんッスか?」


麦野「あぁ…あわわわ…!」ガクガク…


心理定規「間違ってたら、ただの拉致犯よ」


麦野「あわわ…わわわ…!」ガクガク…


垣根「安心しろ、俺が間違える訳が無いだろ」


垣根「よぉ、お前は…『アイテム』のリーダーでいいんだよな?」


麦野「は…はひぃ……!」ガクガク…


垣根「ちょっとばっかし聞きてえ事があるんだよ」


麦野「な…何ですか…!?」ガクガク…


垣根「お前ら、○×研究所の資料を…ん?」


ジョロロロロロ………


垣根「あ」


ゴーグル君「」


心理定規「あーあ…失禁しちゃった…」


麦野「………!………!」ガクガク…
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 06:10:26.64 ID:T1yqLSbD0
心理定規「ごめんね、そんな大した事じゃないから普通にコンタクトを取ればいいのに」


心理定規「ウチのリーダーが『拉致って尋問した方がカッコイイだろ!』とか言うもんだから」


心理定規「こんな手間の掛かる事をしたの」


垣根「おい、それを言うなよ」


麦野「…………!」ガクガク…


心理定規「大丈夫、怖がらないで、リーダーは怖いかもしれないけど、私は凄く優しいから」


垣根「お前だってこの間、スキルアウトの爪を剥いでたじゃねぇか」


麦野「!?」ビグッ!


心理定規「あんたねぇ…余計に聞きにくくなったじゃない…」


垣根「悪い、ついつい…」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 06:50:56.32 ID:T1yqLSbD0
麦野「………」フラフラ…


絹旗「あ!麦野!超見つけました!」


麦野「き、絹旗さん…」ビクッ!


絹旗「さっきは超失礼な事を言ってすみませんでした!」ドゲザ


麦野「えぇ!?そ…そこまでしなくても…いいんですよ?」オロオロ…


絹旗「いくらでも超土下座しますから!」


絹旗「お願いします!超戻って来て下さい!」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 06:54:56.88 ID:T1yqLSbD0
『アイテム』アジト


麦野「今、帰りました…」ガチャ


フレンダ「わーい!麦野が戻ってきた!」ビョーン!


麦野「わっ!フレンダさ…」


絹旗「どーうっ!」ボゴォ!


フレンダ「げぺぇ!」ズザァ!


絹旗「麦野、コイツにあまり超話し掛けない方がいいですよ」


麦野「な…なんで…?」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 19:41:11.15 ID:T1yqLSbD0
明日


絹旗「次行きますよ次!」


フレンダ「結局、このまま一気に攻め込むって訳よ!」


スキルアウトC「びゃああああああああああ!!!!」ビョーンッ


スキルアウトD「にぎゃああああああああああ!!!!」ピョーンッ


麦野「ああ…あうぅ…」オロオロ…


スキルアウトE「スキありーーーー!」ガシッ!


麦野「いやぁああああああ!!!」


フレンダ「し、しまったー!おのれ、このクズ野郎!!何て羨ましい事を!!!」


滝壺「ふれんだ、目が充血してる」


スキルアウトE「ハッハー!大人しくしろー!さもねぇとコイツの命がどうなってもいいのか!」


麦野「た、助けて…」ビクビク…


絹旗「クッ…!」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 19:48:54.29 ID:T1yqLSbD0
ビルの屋上


砂皿「ん?アレは…」


垣根「どうした砂皿、美人なお姉さんの着替えシーンでもあるのか」


砂皿「黙れ変態、アレ、お前が言っていた『アイテム』じゃないのか?」


垣根「おお?お、本当だ」


垣根「おやおや、何かピンチみたいだな」


砂皿「どうする?」


垣根「お任せする、俺にはどうでもいい事だからな」


砂皿「……………そうさせてもらうさ」チャキッ


タァンッ!
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 19:55:33.95 ID:T1yqLSbD0
スキルアウトE「ハッハー!降伏しろ!コイツの首をへし折ry」


バスッ!

砂皿の撃った弾は見事にスキルアウトの脳天に当たった。


スキルアウトE「」ベチャッ!


絹旗「!?な…何が…」


フレンダ「麦野!」


麦野「あ…あぁ…!」プルプル…


麦野の衣服には大量の返り血が付着していた。


麦野「…………」バタッ


絹旗「わぁあああ!麦野が超気絶しました!」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 20:06:05.78 ID:T1yqLSbD0
『アイテム』アジト


絹旗「超大丈夫ですか、麦野」


麦野「ごめんなさい…こんなに迷惑かけてしまって」


絹旗「そ、そんな事超無いですよ!」


絹旗「麦野は、仕事内容を超間違えたり、ファミレスでドリンクバーからジュースを超運んでる

途中で超転んで、ジュースを思いっきりぶちまけて、とある高校生の読書感想文を超ビショ濡れ

にさせてるけど、麦野は超最高の策士です!」フンス!


麦野「褒めてる…んですか?それ…」


絹旗「超褒めてます!」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 20:27:26.92 ID:T1yqLSbD0
麦野「ふわぁ…」


絹旗「麦野、そろそろ超眠くなって来ましたか?」


麦野「ごめんなさい…ちょっと、疲れて…」


絹旗「じゃあ、超お休みなさい」


麦野「あ、待ってください!」


絹旗「はい?何です?」


麦野「で、出来れば、一緒に寝てくれ…ませんか」モジモジ…


絹旗「…………え?」


絹旗(今、超何が起きたんですか?どうして地球は超丸いんですか?)


麦野「嫌…ですか?」


絹旗「い、嫌なんて超とんでもない!むしろ大歓げry」


フレンダ「待ったぁ!」バターンッ


麦野「!?」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 20:58:24.10 ID:T1yqLSbD0
フレンダ「結局、麦野は私と寝るって訳よ!」


絹旗「何ぃ!?」


フレンダ「絹旗ばっかりおいしい思いをさせる程、甘くは無いって訳よ!」ギャー!ギャー!


絹旗「超黙って下さい!麦野は私を超指名しましたから!」ギャー!ギャー!


麦野「け…ケンカしないで…」オロオロ…


滝壺「じゃあ、私と寝よっか」


麦野「え?で、でも」


バタンッ


フレンダ「」


絹旗「」


絹旗「この馬鹿フレンダ!!!超無能の金髪野郎!!!あなたが居なかったら今頃私は

エデンの園に超居たんですよ!!!」ギャー!ギャー!


フレンダ「黙れ黙れ!一人で甘い思いをした罰って訳よ!」ギャー!ギャー!
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 21:10:04.10 ID:T1yqLSbD0
フレンダと絹旗は薄暗い部屋でテレビを見ていた。


『浜面容疑者は女性にバニーガールの衣装を無理矢理着させた後、性的暴行を行なった

容疑として、逮捕されました』


『浜面容疑者は『自分の性欲を抑えきれなかった』と述べており―――』



絹旗「超どうしょうもない人間ですね」


フレンダ「結局、コイツはキモいって訳よ」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 21:37:28.41 ID:T1yqLSbD0
明日


滝壺「えへへ…」


絹旗「昨日は超お楽しみでしたね」


麦野「そ、そんな事してませんよ…///」


フレンダ「え?そんな事ってどんな事?え?ちょっと詳しく」


麦野「そ…そんな事言える訳、ないじゃないですか…///」ゴニョゴニョ…
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 21:41:55.26 ID:T1yqLSbD0
某ファミレス店


麦野「じゃあ、メロンソーダー持ってきますね」


滝壺「大丈夫かな…むぎの…」


絹旗「超頑張って下さい…!」ググッ…


フレンダ「私が行ってあげてもいいのに…!」ググッ…



麦野「きゃあ!」ズテーン!


御坂「みゃあああああああああああああああ!!!」



絹旗「あーあ…」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 21:53:02.20 ID:T1yqLSbD0
麦野「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!」ペコペコ


御坂「う、うん、そんなに謝らなくてもいいのよ?気にしてないから!」アセアセ


麦野「でも、衣服が濡れてしまって…ううっ…また人を傷つけてしまった…」ポロポロ…


御坂「傷ついてない!傷ついてない!大丈夫だって!直に乾くから!ほら、今日こんなにいい天気…」


ザァァァ―――…


麦野「雨が…もう駄目…私、もう生きていけない…」


御坂「うん大丈夫!どうせ濡れるんだし!傘持ってないし!もう雨で服洗っちゃえー!そーれー!」


麦野「あ…!外に…」


御坂「ほら!服が綺麗になったよ!?アンタの御陰で雨の素晴らしさというものを知ったわ!ありがとう!」


麦野「え?」


御坂「だから、そんなに落ち込まないで…ね?」


御坂「それじゃあね」


麦野「……ありがとう、か」


麦野「えへへ…」テレッ
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 21:57:26.86 ID:T1yqLSbD0
絹旗「どうしたんですか?妙に超ご機嫌ですね」


麦野「何でもないですよ♪」


絹旗「は…はぁ…」


フレンダ「やはり、麦野にドリンクバーは任せられないね」


麦野「面目ない…」


滝壺「じゃあどうするの?」


絹旗「やっぱこの仕事は下部組織の人間が超する事ですね」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 23:20:45.62 ID:T1yqLSbD0
『アイテム』アジト


絹旗「えー…それでは超審査を始めます」


フレンダ「ドリンクバーに往復するだけの簡単な仕事って訳」


部下A「なんだよそれー!」


部下B「雑用じゃないかー!」


絹旗「超黙れ!クズ共が!」


絹旗「ギャラは超払いますから」


「「「「おおおおっっっっっ!!!!」」」」


フレンダ「さーて…最高の雑用に抜擢されるのは…?」


浜面「…………」ドキドキ…


絹旗「どうやってここに超来れたのですか?」


浜面「刑務所から抜け出して来ました!」


フレンダ「絹旗、コイツでいいんじゃないの?」


絹旗「ええ~…コイツ超何したか思い出してくださいよ…」


浜面「ありがとうございます!!!」
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 23:31:20.46 ID:T1yqLSbD0
某ファミレス店


絹旗「じゃあ早速、超働いてもらいます、私はメロンソーダーで」


フレンダ「絹旗と同じ」


滝壺「……南南東から信号が来てる」


麦野「じゃ、じゃあ私はオレンジジュース…お願いします」


浜面「イエッサー!」


浜面(『アイテム』の上部組織が女の子ばっかりとか、これなんてエロゲ?)


浜面(ギャラを払うって言ってたな…ギャラは全員バニーガール姿になって…)


浜面(うへへへへへへへへへ……………)


食蜂(……………汚れてるわ)
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 23:44:51.08 ID:T1yqLSbD0
浜面「全部持って来ました!」


絹旗「超ご苦労さまです」


浜面「で、ギャラは?」ワクワク


絹旗「一回だけとか超抜かしてんじゃねぇですよ!まだまだ、働いてもらいますから!」


浜面「了解しました!」



絹旗「八千年前の人類の遺骨を探しに、二人のベトナム人が地の果てに行く映画ですか…

う~んどことなくC級映画の臭いが超します」



フレンダ「確かショボイ戦闘シーンとかあったらしいよ、浜面、コーラ」


浜面「了解しました!」



麦野「あれ?おかしいな…この鮭、前と食べたのと違う…」


絹旗「えー?超一緒じゃないんですか?浜面、オレンジジュース」


浜面「かしこまりました!」


麦野「そう、ですかね?あ、お茶をお願いします」キョトン


浜面「イエス!マイロード!」


滝壺「はまづら、おろし大根の和風ハンバーグ」


浜面「オッケー!」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 23:48:48.40 ID:T1yqLSbD0
浜面「ぜぇ…ぜぇ…」


絹旗「はい、超ご苦労さん、じゃあ帰りますか」


フレンダ「そうね」


浜面「え?」


麦野「え、ちょっと…」


絹旗「いいんですよ、ほら超行きますよ麦野」


浜面「初めっからオレにギャラを払わせるつもりはなかったのか…!」


浜面「この野郎!」ガシッ←麦野の胸を後ろから鷲掴み


麦野「いゃああああああああああああ!!!!」


絹旗「!!!」


フレンダ「!!!」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/23(土) 23:54:20.52 ID:T1yqLSbD0
浜面「おふぅう…これは…」モミモミ


麦野「いやぁ…!離してぇ…!」ポロポロ…


絹旗「そンな事して…超生きて帰れると思ってるんですかァ!?」


フレンダ「ぶっ殺す!このクソ変態野郎!!!」


浜面「黙れ!お前らも大人しく胸を揉まれたら離してやる!」


絹旗「この、超変態のクソ野郎がァ…!」ギリッ


フレンダ「絹旗は後ろに回って!私は前からあの馬鹿をナイフで刺す!」チャキッ


絹旗「その作戦、超乗ります!」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 05:27:49.24 ID:CIyoq/I10
フレンダ「結局、お前は私を本気にさせた訳ね…!」チャキッ


絹旗「このクソ野郎…超覚悟してください!」ジリッ


浜面「クッ…なら少しの間でもこの胸の感触を…!」


麦野「ヒッ…やめてぇえええ!!!」ズバシュウ!バシュウ!


無差別にビームを撃ちまく麦野


フレンダ「みゃあ!危な!」


絹旗「ちょっ!超止めて下さい!」


浜面「な、何だこれは!」


浜面「どうすれば止まるんだ!?胸か!?胸を揉みまくるのか!?」



一方通行「あァ?」


一方通行「ンだァ?ありゃ…ってどわァ!」ピッ


一方通行はすかさず能力を起動させ、麦野のビームを反射した。



浜面「うわ!何か一つ戻ってきた!」バッ!


麦野「助かった…」



絹旗「窒素ドロップキック!!!」メシッ!


浜面「ゴホッ!」ズザザザッ!


フレンダ「結局…あんたは血祭り確定って訳よ」


浜面「ま、待ってくれ!そんな物で刺されたら俺は死んじまう!なっ!?なっ!?」


フレンダ「黙れ!」ビュッ!


ザクッ!
50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 05:44:37.80 ID:CIyoq/I10
浜面「」ピクピク…


フレンダ「よし、今度はこの鞭で…」


麦野「あ、あの…もう許してあげてください…」


絹旗「はぁ!?何を超寝言を言ってるんですか!?」


フレンダ「コイツは麦野に何したかもう忘れたの!?再現してあげようか!?」


麦野「い、いや、もう、私…気にしてないんで、浜面さんも…お金が貰えなかったから

不満、だったのかなー、て…」


絹旗「お金貰えなかっただけで超×××すると思いますか!?」


滝壺「きぬはた、下品」


麦野「で、でも、浜面さんも一応『アイテム』のメンバーでしゅ……」


麦野「…………」プルプル…


絹旗「あ、舌を噛んじゃいましたか?」


滝壺「大丈夫、痛くないよ」ナデナデ


麦野「ありがとう……」


フレンダ「何か、興も冷めちゃったし、麦野に免じてキモ面を救ってやる」


浜面「ありがてぇ…!ありがてぇ…!」


滝壺「反省してる?」


浜面「してるよ!もう、こんな事になるんだったらしなきゃ良かった!」
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 05:53:06.43 ID:CIyoq/I10
明日


麦野「あ、あなたは…」


一方通行「よォ、第4位か」


一方通行「昨日はマジで死にかけたぜ、オマエのビームがコッチ向かって来たからよォ」


麦野「ええっ!?ま、まさか…」


一方通行「安心しろ、しっかりと反射した」


麦野(そうか…あの時、一つだけ戻って来たのは一方通行さんの御陰か…)


麦野「あの、お礼だけはさせてください!」


一方通行「あァ?オレ何かに礼を言われる様な事したかァ?」


麦野「ハイ!あなたは、恩人です!だからせめてお金だけでも…」ゴソゴソ…


一方通行「いや、いいって…」


麦野「あ……」


一方通行「………財布忘れたのかァ?」


麦野「………」コクッ


一方通行「はァ…」
54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 06:33:43.17 ID:CIyoq/I10
一方通行「いらねェよ、そもそもオレはオマエを助ける為にやった訳じゃねェし」


麦野「そうですか?」


一方通行「あァ、だからオレは礼なンざされる事なンて、してねェから」


一方通行「それに、何でもかンでもいろンな奴にペコペコしてンじゃねェ、超能力者第四位の

名が泣くぞォ」


麦野「でも…」


一方通行「あン?出来ねェってか?」


麦野「はい……」
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 06:39:46.04 ID:CIyoq/I10
一方通行「そう言えばオマエ、暗部だったよなァ」


麦野「そうですけど?」


一方通行「何でンな性格なのに、暗部に堕ちたンだァ?」


麦野「えっと…アルバイトをするつもりだったのですけど、手続きを間違えて…」


一方通行「どう間違えたらそうなるンだァ!?」
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 06:48:19.77 ID:CIyoq/I10
一方通行「まァとにかく、そンな性格じゃァとうてい暗部で生きていけねェ」


麦野「じゃ、じゃあどうすれば…」


一方通行「よし、教えてやろう」


麦野「お願いします!」


一方通行「取りあえず暴言を使う事だなァ」


麦野「そ、そんな、出来ませんよぅ…」


一方通行「やってみなきゃ分ンねェだろォ、試しにオレに暴言吐いてみろ」


麦野「な、なんで、そんな酷い事を…」


一方通行「出来ねェって言うならお前の組織は終わりだァ」


麦野「…………」ビクビク…


一方通行「怒らねェから」


麦野「一方通行さんの…おたんこなすぅー!!!」(><)


一方通行「」
58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 07:17:17.81 ID:CIyoq/I10
麦野「あの…一方通行さん…?」


一方通行「何だこの可愛い生物は(ン?まァまァじゃねェの?)」


麦野「か…可愛いって、そんな…///」テレテレ…


一方通行(ヤベェ、テンパリ過ぎて逆になった)


一方通行「オレが言ったって誰にも言うなよ…」


麦野「はい!」


一方通行(何でこンなに喜ンでるンですかねェ)


一方通行「だけどアレは駄目だ、逆に喜ばれる」


麦野「そ…そうですか…?」
59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 07:28:37.37 ID:CIyoq/I10
一方通行「もっと別のヤツで」


麦野「このタコがー!いってまうどー!」


一方通行「そンなビビリながら言うンじゃねェ!」


麦野「おっちゃん!ラーメンに煙草入っとるで!」


一方通行「それは暴言じゃねェ!」



50分後


麦野「ぜぇ…ぜぇ…」


一方通行「全然駄目だなァ…よし、特別だいい暴言を教えてやろう」


麦野「お願いします!」


一方通行「『テメェのお粗末な×××を潰してやろうかァ!』はい、どうぞォ」


麦野「ええっ!?」
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 07:32:51.16 ID:CIyoq/I10
一方通行「はい、それをアイツに言ってこい」


ステイル「…………」テクテク…


麦野「無理ー!」


一方通行「やってみなきゃわかンねェだろ!」


一方通行「アイツが何かやったらオレが血流逆流してやっからよォ」


麦野「で…出来ればそれだけは…」
61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 08:35:33.11 ID:CIyoq/I10
麦野「やっぱり無理です…」


一方通行「まァ、いきなりこの暴言は高度すぎたな」


麦野「スミマセン…」ショボン


一方通行「おっと、悪ィが、もうそろそろ帰らなきゃなンねぇ」


麦野「え!?そ…そうなんですか…」


一方通行「また、会う機会があったらその時に練習だな」


麦野「はい!ありがとうございました!」


一方通行「おうよ」
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 10:17:35.32 ID:CIyoq/I10
翌日


麦野「だから、暗部のリーダーとしてどんな風にしてればいいのか聞きに来ました!」


心理定規「いや、聞きに来ましたって…私達あなたを一回誘拐したんだけど…」


麦野「もう手段を選んでる余地はないのです!『アイテム』の崩壊の危機なんです!」


心理定規「ねぇ、どうする?」


垣根「確か…麦野沈利って言ったかな…」


麦野「はい!」


垣根「暗部のリーダーってのはな…部下に舐められない事だ……」


心理定規「何か語りだした」
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 10:30:12.83 ID:CIyoq/I10
心理定規「てゆうかあなたも、私に舐められまくってるじゃん」


垣根「そりゃあお前は、代理リーダーって言うか…同僚って言うか…」


垣根「取りあえず、下部組織の人間には甘く見られない方がいい」


垣根「上部組織までとは言わない…」


垣根「下部組織の連中に対しては、ある日は厳しく!ある日は優しく!」


垣根「そうする事によって、暗部は存命出来る」


麦野「ほぅほぅ…」メモメモ…


垣根「下部組織が抜けてしまえば、仕事のスピードは落ちるし、後始末が面倒だし

様々なデメリットがある」


垣根「お前が知らない所で、下部組織の連中は頑張ってるんだ!」カッ!


垣根「……って感じの事が猟犬部隊の資料にあった」


心理定規「結局あなたの考えじゃないのね…」


垣根「フフッ、どうだ、参ったかこのやろう!」エッヘン!


心理定規「うわーやられたー」ズコー


麦野「ありがとうございます!勉強になりました!」


垣根「礼はいいぜ…ただ俺はお前に教えただけだからな」キリッ


心理定規(うぜぇ…)
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 13:24:38.49 ID:CIyoq/I10
翌日


麦野「よくやりました、浜面さん」


浜面「へへ、ありがとでごんす」


麦野「やっぱ浜面さんは凄いです!」


浜面「そうか?ならばもう一回ry」


絹旗「大変です麦野!『メンバー』がコッチに超向かってきました!」


麦野「じゃあ浜面さん、私達は撤退しますから、後はよろしくお願いします」


浜面「え?」


絹旗「鬼だ…鬼が超ここに居ます…!」ガクガク…
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 14:26:07.22 ID:CIyoq/I10
病院


麦野「うぅ…」


フレンダ「浜面が『メンバー』の連中にフルボッコにされてICUに入っちゃったね」


麦野「私の判断のせいで浜面さんが…!」


滝壺「大丈夫だよむぎの、はまづらは不死身だから」


麦野「やっぱり私…厳しくなんて出来ないよう…」


絹旗「確かに、あの判断は超鬼そのものでしたが、浜面が絡んで来ることはないでしょう」


麦野「それだけは……嫌だ…」


麦野「厳しくする度に、みんなが離れて行くと思うと…」


麦野「一人ぼっちは嫌だよ……!」


絹旗「大丈夫ですよ!私達は麦野から超離れません!」


フレンダ「むしろくっつきたいぐらいよ!」


滝壺「ずっと一緒だよ、むぎの」


麦野「みんな…!ありがとう…!」
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 14:45:49.30 ID:CIyoq/I10
そして翌日


絹旗「ハッハー!やっぱり麦野の策は凄いです!」


スキルアウトF「うわー!後ろから来たー!」


フレンダ「逃げた先にはトラップがあるって訳よ!」


スキルアウトF「にゃああああああああああああああ!!!」ボンッ!


滝壺「むぎの、北の方角に大量の能力者が来る、多分『メンバー』だと思う」


麦野「フレンダさん!お願いします!」


フレンダ「え?わ、わかった!」


滝壺「南の方角に、『ブロック』の主砲が来る」


麦野「絹旗さん!お願いします!」


絹旗「え?ちょ、超任せて下さい!」
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 14:59:43.24 ID:CIyoq/I10
3時間後


絹旗「ぜぇ…ぜぇ…」


フレンダ「コヒュー…コヒュー…」


麦野「お疲れ様、二人共!」


絹旗「…………」バタッ


フレンダ「……………」バタッ


滝壺「」


麦野「」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 15:07:07.12 ID:CIyoq/I10
絹旗「!」ガバッ


フレンダ「!」ガバッ


滝壺「あ、起きたの?二人共」


絹旗「こ…ここは…?」


滝壺「キャンピングカーの中」


フレンダ「そう言えば麦野は?」


滝壺「先に帰ったよ」


絹旗「はぁ…麦野…超鬼軍曹です…」


フレンダ「これが超能力者の定めって訳か…」


絹旗「まさか、あんな超滅茶苦茶な指示を出すとは夢にも思いませんでした」


フレンダ「ん?後ろのアレ、『ブロック』の車だ!」


バシュウウウウッ!


絹旗「ロケットランチャー!?」


フレンダ「当たるぅーーーーー!!!」


滝壺「さよなら、みんな」


ズガァアアアアアアアアアアン!!!!
73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 17:54:03.18 ID:CIyoq/I10
『アイテム』アジト


麦野「絹旗さんとフレンダさんには悪い事したなぁ…」


麦野「やっぱり私のやり方でやって行こう…」


麦野「せめて頑張った二人に何か料理を作ろう!」


麦野「そうと決まれば早速、料理開始~♪」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 18:11:45.76 ID:CIyoq/I10
再び高速道路


絹旗「演出超ご苦労!!!」ゴォオオ!


フレンダ「死ぬかと思ったじゃん!何してくれんの!?」


滝壺「緊急脱出装置が無かったら即死だったよ」


黒色の車から『ブロック』の手塩恵未が降りてきた。


手塩「『アイテム』、始めて会うわね、私達は、『ブロック』」


手塩「本当は、こんな、危ない事を、したくなかったけど…」


絹旗「あぁ?何?何なんですかぁ?その超義理と人情に溢れたセリフはぁ?」


滝壺「それは、きぬはたじゃない」


手塩「今なら、逃がしてやっても、構わない、そもそも私達は、『警告』、に、来ただけだから」


フレンダ「結局…撃ち逃げはさせないって訳よ」


絹旗「超その通りです!帰られなくなった私達の身にもなってください!」
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 18:16:31.73 ID:CIyoq/I10
再び『アイテム』アジト


麦野「さーて、と、早速卵を…」


麦野「わぁああああ!卵を落としちゃった!」バチョッ!


麦野「ひぃいいい!酸とみりん間違えちゃったー!」


麦野「ぎゃあああああ!火が!火が!」


麦野「にゃあああああ!間違ってリモコン揚げちゃった!」パチパチッ
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 19:30:15.21 ID:CIyoq/I10
再び高速道路


手塩「私には、私が偶然、開発した、能力妨害装置が、ある」


手塩「コレに、撃たれたら、君たちは、能力が、使えなくなる」


絹旗「クッ…!」


滝壺「万事休す」


手塩「喰らえ」ポンッ!


ズガァアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!


手塩「………これ、グレネードランチャー、だった」


絹旗「何超間違えてるんですか!?」


滝壺「大丈夫だよ、私はそんなあなたを応援してる」


フレンダ「死ぬかと思ったよ!」
80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 19:35:25.49 ID:CIyoq/I10
手塩「今度こそ、能力妨害装置だ、今度は、間違わない」チャキッ


フレンダ「そうはさせないって訳よ!」バギッ


手塩「あ」


絹旗「おおっ!超よくやりました!」


手塩「…………、制作費の、一千億五十万…」グスンッ


フレンダ「すんませんでしたぁあああああああああああ!!!!」ドゲザ


絹旗「何を超謝ってるんですか!?」
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 19:50:49.08 ID:CIyoq/I10
フレンダ「スミマセン!弁償は勘弁してください!!!」


フレンダ「私、今年乗り越えるかどうか怪しいんです!!!」


手塩「一千億…、一千億…、」ポロポロ…


フレンダ「ごめんなさい!ごめんなさい!」ペコペコ


絹旗「何ですか…この超シュールな光景は…」
84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 20:24:59.57 ID:CIyoq/I10
『アイテム』アジト


フレンダ「いや~、まさか『ブロック』に送迎されるとは思わなかった訳よ」


絹旗「私もこんな事超始めてです」


滝壺「何とか、帰って来れたね」ガチャッ


麦野「あ!お帰りなさい!


フレンダ「あれ?どうしたの?(エプロン姿の麦野可愛い!)」


麦野「みんなの為に料理作ってたの!」


絹旗「ほぅ、それはそれは…」



肉の様なもの「よぉ」


絹旗「」

フレンダ「」

滝壺「」
85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 20:38:04.58 ID:CIyoq/I10
肉のような物「よく帰ってきた、まぁ食え」


絹旗「な、何ですかこの超おぞましい物は…」


麦野「何言ってるんですか、ハンバーグですよ♪」


フレンダ「ま、まぁ…肉の原型があるだけマシって事ね…」


肉の様なもの「早く食えよ、どうした?警戒してるのか?」
86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 20:50:03.01 ID:CIyoq/I10
絹旗「フレンダ、超食ってください!」


フレンダ「お、おう!分かってるよ!」


フレンダ「いただきます!」パクッ


肉の様な物「おっふぅ」


フレンダ「ぬぅおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」


フレンダ「ぎゃああああああああああ!!!死ぬぅうううううううううう!!!!」


麦野「そんなに美味しいのですか?嬉しいです!」


絹旗「一口で超食べるから…」
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 21:21:49.52 ID:CIyoq/I10
麦野「さ、絹旗さんと滝壺さんも」


絹旗「あ、あの…超いいですか?」


麦野「はい?」ニコニコ


絹旗「ずっと…超思ってたんですけど…このデジタル時計と…あのカレンダー…」


絹旗「ちょっと超おかしくないですか?」


麦野「はい?」


絹旗「確か昨日は、9月30日なのに…」


絹旗「ほら…9月1日に超戻ってます…」


フレンダ「ほ、本当だ…」


絹旗「しかも…このカレンダーに至っては…」


絹旗「全部9月のページしかありません…」


フレンダ「け、結局どういう事って訳よ…」
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/24(日) 21:39:18.70 ID:CIyoq/I10
麦野「た、多分、カレンダーを作り間違えたんでしょう」


絹旗「そ、そうだといいんですが…」


麦野「は、はは…ホ、ホラ!もうこんな時間ですし…」


フレンダ「う、うん、知らぬが仏って言うしね」


絹旗「じゃ…じゃあ、超寝ましょう!」



0時31分 9月1日 (KIHARA day)
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 00:40:02.51 ID:9OAwwTUy0
明日


麦野「う~ん…何で9月に戻ってるんだろう」


ヘルメットの男「う~ん、そろそろあの赤髪ロン毛を捕まえに行こっかなー」


麦野「きゃあ!」ドンッ


ヘルメットの男「どわっ!」


フルフェイスのヘルメットを被った白衣の男の手に持っていた、スマートフォンが落ちる。


麦野「ごめんなさい!怪我は無いですか!?」


ヘルメットの男「馬鹿野郎!コレが壊れたら俺が『戻れなくなる』だろーが!!!」


麦野「ごめんなさい!ごめんなさい!」ペコペコ


ヘルメットの男「たっく…『暇潰し』で死んでたまるかっつーの」


麦野「………不思議な人だったなー…」
91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 00:51:35.06 ID:9OAwwTUy0
フレンダ「た…大変だよ!滝壺が誘拐された!」


麦野「え!?」


フレンダ「スキルアウトの連中が攻め込んで来て、滝壺を拉致られたんだよ!」


麦野「どこに行ったの!?」


フレンダ「例のスラム街よ!」
92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 00:55:10.89 ID:9OAwwTUy0
フレンダ「麦野!そっち違う!」


麦野「あ、待ってry」ギュムッ


犬「バウバウバウ!!」


麦野「ヒィイイイイ!!!」ダダダ…
93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:01:17.57 ID:9OAwwTUy0
フレンダ「ぜぇ…ぜぇ…」


麦野「はぁ…はぁ…」


絹旗「な、何でもう超ボロボロなんですか?」


麦野「た、滝壺さんは?」


フレンダ「あの、建物の中って訳よ…」


絹旗「表の敵は私達が超やります!」


フレンダ「そのスキに麦野は滝壺を!」


麦野「はい!」
94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:04:36.17 ID:9OAwwTUy0
麦野「わっ!」


スキルアウトG「何だお前!」


麦野「むぎのんタックル!」ドゴッ!


スキルアウトG「げぺっ!」バタッ


スキルアウトG「あがが…」ピクピク…


麦野「だ、誰も聞いてないよね…///」
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:11:09.06 ID:9OAwwTUy0
スキルアウトH「何だ?下から何か聞こえたぞ」


スキルアウトI「見てこい」


麦野「…………」


スキルアウトH「何だ?誰も居なry」


麦野「むぎのんタックル零式!!!」ドゴォッ!


スキルアウトH「なはっ!」ズザァァ!


スキルアウトI「うわぁ!何だそのむぎのんt」


麦野「むぎのんキック!!!///」デゴォッ!


スキルアウトI「まぎっ!」ドサッ


麦野「早く滝壺さんを助けなきゃ…!」
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:33:05.27 ID:9OAwwTUy0
麦野「滝壺さん!」


滝壺「むぎの!」


スキルアウトJ「く、来るんじゃねぇ!」


スキルアウトJ「コイツがどうなってもいいのか!?」


麦野「…………!」
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:37:32.42 ID:9OAwwTUy0
スキルアウトK「安心しろ、確かコイツは能力は使えなかった筈だ」


スキルアウトJ「そ、そうなのか?」


スキルアウトK「あぁ、そうだ、おい、早くこの女を運べ」


スキルアウトL「へい!」


スキルアウトK「お前はアイツを見張ってろ」


スキルアウトK「おっと、妙な行動は取るなよ、変に動くとコイツの命が無い」


麦野「滝壺さん……」
98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:48:50.97 ID:9OAwwTUy0
麦野「私だって…」


スキルアウトK「あ?」


麦野「私だって…能力を使える…!」


滝壺「むぎの!」


スキルアウトK「何だと!?」


麦野(もう目を瞑って撃っちゃえ!)


バシュウッ!


スキルアウトJ「じゃの!」ジュッ


麦野「あ…当たった……」
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 01:57:44.15 ID:9OAwwTUy0
スキルアウトJ「ぎゃああああああああ腕がぁあああああああ!!!!」バタバタッ


麦野「………ッ!こ、今度は…あなたです!」


スキルアウトK「くっ…!コイツがどうなっても…」グイッ


スキルアウトL「そうはさせるか!」バッ!


スキルアウト「ぐわぁ!て…テメェ…!」


浜面「滝壺が捕まったて聞いたから、すっ飛んで来たぜ」


滝壺「はまづら!」


麦野「浜面さん!」
100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:02:19.64 ID:9OAwwTUy0
スキルアウトK「や…やべぇ…!」


麦野「これで…終わりです!!!」


ドバシュウウウウウウウウウ!!!!


スキルアウトk「ぐわぁああああああああああ!!!」


ジュッ


ステイル「わっ!何d」


ステ/イル「」ベチャッ
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:07:41.54 ID:9OAwwTUy0
麦野「うわぁああん!怖かったですよぉおおお!」


絹旗「麦野は超よくやりました!」


滝壺「むぎの、ありがとう」


フレンダ「何はともあれ、一件落着って訳よ!」


麦野「みんな…ありがとう!」


部下D「何やってんだ浜面!とっとと死体を片付けろ!」


浜面「フッ…雑用上等…!」
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:11:31.66 ID:9OAwwTUy0
ヘルメットの男「何もしなくても死んだなコイツ」

ステ/イル「」


ヘルメットの男「第三位の時は拉致って殺したけど……」


ヘルメットの男「自然に死んだし、まーいっか!!」


ヘルメットの男「さてと、そろそも戻る時が来たか」


ヘルメットの男「ここまで手間を掛けたんだから、最後まで暇潰しを楽しまなきゃな」
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:16:45.82 ID:9OAwwTUy0
麦野「ヴぇちゃヴぇあ!」


絹旗「わっ!急に超どうしたのですか!?」


麦野「………!?」


麦野「絹…旗…さん?」


絹旗「な、なんで超「さん」付けなんですか!?」


麦野「………夢?」
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:26:54.72 ID:9OAwwTUy0
麦野「私は確か…研究所から貰った錠剤を飲んで…それから…」


麦野「う~ん…思い出せない」


滝壺「どんな夢見てたの?」


麦野「え?」


フレンダ「だって、麦野凄い幸せそうな顔してたもん」


麦野「ッッッ!!!!」


絹旗「で、どんな夢を超見てたんですか!?」


麦野「…………だよ」ボソッ


フレンダ「はい?」


麦野「私が臆病者の上ドジっ娘になっていた夢だよ!!!!!!」
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/06/25(月) 02:33:21.02 ID:9OAwwTUy0
以上です。

今回も短くてスミマセン。


続いては食蜂操折のもしもの話です。


全てやりきったら、今までのもしもの話しの超能力者を全員出す予定です。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング