FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 22:17:39.14 ID:Z+ZcL0Ap0
 鬱蒼とした森の中。幼女の隣を、腹を空かせたオオカミが歩く。
 1人と1頭の他には誰も居ない。木々の間に響く音も、1人と1頭が歩く音。
 そしてコツ、コツとした、杖の音だけだ。



幼女  「オカさん、案内、ありがとう。独りぼっちで寂しかったトコなの」

オオカミ「なに、道が同じだっただけだ。その瞳では大変だろう」



 目が悪いのか、幼女は道を探るように杖をついていた。
 魔物ひしめく迷いの森で、多少、肉付きが悪くとも、柔らかい肉はごちそうだ。
 オオカミが、盲目の幼女を引き裂くのに、三秒とかかるまい。
 込み上がる飢餓感は、その細首に喰らいつけと牙に命ずる。だが、オオカミは、そうしない。

 生きるために喰う。そこに、ためらいは無い。

 問題は、幼女が右手に持つ忌まわしき拳銃だ。
 かつて、オオカミの親兄弟達は、皆あの道具に殺された。

 それに、あの左手の杖で骨を折られたら、オオカミの今後にひびく。
 手負いで生き残れるほど、魔物は甘く無い。



オオカミ「お前のような娘に、右手の鉄は重かろう。俺は自分の倍ある獲物を担ぎ、この森の端から端まで走れるほど力持ちだ。どれ、そいつを持ってやろう」

幼女  「ありがとう。でもこれは村長から預かった大切な物なの」



オオカミ「では、左手の杖はどうだ。俺の鼻は危険を嗅ぎ分け、どんな目よりも役に立つ。どれ、俺がお前の目になろう」

幼女  「ありがとう。でもこの杖は羽根より軽く、ずっと私の目となってくれた自慢の杖だよ」



 幸いにして、幼女はオオカミを人間と思い込んでいたが、思いの外に頑固だった。
 そして幸運な娘だと、オオカミは思った。

 ここは護神が去った後に残された、迷いの森。
 どこまでも変わらぬ景色に、大抵の人間どもは発狂するが、幼女の瞳には、森もオオカミも映らない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379942258
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 22:22:05.79 ID:Z+ZcL0Ap0
オオカミ「疲れたろう。今日はここらで、一休みを入れないか?」


 幼女がコクリ頷くと、オオカミは唇を舐めた。
 所詮は、ひ弱な人間。丸一日歩いた今、その横顔には、疲労が滲む。
 疲れ切った娘が、銃を手放して眠るまで、あと少しだろう。
 だがオオカミも、空腹で目眩を覚えていた。
 何日も飲まず食わずだ。思い出したかのように、腹の虫が鳴く。


幼女  「お腹が、空いているの?」

オオカミ「気にするな。もうすぐ、とびきりのご馳走にありつける」

幼女  「でも辛そうだよ。そうだ、これを食べなよ」


 差し出されたのは、残り半分も無いパンだ。そんな物、普段は喰えたものじゃない。
 だが囓ったそれは、それほど悪く無かった。
 さらに水筒を飲み干して、やっと腹の心地が付く。


オオカミ「お前は、腹が空かないのか」

幼女  「うん、森に入る前、たっぷり食べたから。まだ、お腹空いてないの」


 こっちは飢え死に間近なのに、随分と良い身分らしい。
 すると、幼女が銃を手放していることに、気づいた。
 ――しめしめ、狩るならば今だ。
 オオカミは、その大きな口を開け、牙の先端が白い喉元に、近づいていく。
 娘が唇を開いたのは、その時だ。


幼女「ふふ、オカさんは、私のお兄ちゃんみたい」


 オオカミは、牙を引いた。自分も誇り高きオオカミの端くれ。
 最期の言葉くらいは、聞いてやろう。それが強者の作法だ。


幼女  「お兄ちゃんは、とても優しかったんだ。目がダメな私のために、ご本とか、読んでくれたんだよ」

オオカミ「そうか、それは俺と違って、良い兄だ。だからお前はこんなにも急いているのか。早く兄の元へ帰りたかろう?」

幼女  「……それも、悪く無いかな。私も早く、お兄ちゃんに会いたい」

オオカミ「ならば早く、用事を済ませて帰ることだ」


 どこか娘の言葉が引っ掛かるが、どうせ帰すつもりは無いの。
 だから、些細なことだと、オオカミは特に深くは考えなかった。

 疲労に負けた少女が目を閉じると、オオカミは口を開いて、ふと思い直す。
 まずいと思っていたパンが、空腹だとそれなりに感じたのだ。
 もっと腹を空かせてからなら、少女の肉も、さぞ旨く感じるだろう。
 滅多に無いご馳走だ。どうせなら贅を尽くしたく、それは我ながら名案に思えた。

 娘が体を震わせた。毛皮に覆われたオオカミと違って、薄いケープしか羽織らぬ娘に、森の冷気は堪えるらしい。
 死んで固くなった肉は旨くない。オオカミはその巨体で寄り添うと、驚いた幼女が毛皮を掴む。
 ――しまったと、オオカミは思った。


幼女  「これはこれは、まるでオオカミの毛皮みたいに、力強い毛皮だね」

オオカミ「そ、そうだとも。これはオオカミの毛皮だ」

幼女  「それに温かい。まるでこの毛皮がまだ、生きているみたい」

オオカミ「そ、それは俺は暑がりで、俺が着ていた物には、いつまでも体温が残るのだ」

幼女  「そんな温かい物を借りたら、オカさんが寒いでしょう?」

オオカミ「言っただろう。俺は暑がりなんだ。この程度の冷気、むしろ心地が良い」


 納得したのか、娘は再び眠りにつくと、今度は深い寝息を立てる。
 やれやれと、オオカミは息をついた。
 危なかった。もし娘の瞳が僅かでも見えていれば、今の間に撃たれたことだろう。
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 22:23:35.14 ID:Z+ZcL0Ap0
 翌日も一人と一頭は歩いた。
 太陽が再び沈みかける頃、森が急に開けたその場所に、朽ちた神殿が現れる。


幼女  「ありがとう。ここまで来れば、大丈夫。これで私も、お役目を果たせるよ」

オオカミ「それは良かった」


 これで、こちらも心置きなく喰えるものだ。
 胃袋がキリキリ痛む。もう限界だ。
 少女の柔らかい肉も、そろそろ食べ頃だろう。

 どこから喰ってやろう、考えるだけで涎が零れる。
 すると、少女が唐突に問うた。


幼女 「右足で良い? それとも腕の方が好みかな?」


 一体、何を言っているのかと、オオカミは呆気にとられた。
 そして娘は寂しそうな表情を浮かべ、オオカミを見つめた。

 視線を合わせて、しっかりと、オオカミを〝凝視〟したのだ。


幼女  「ごめんね。実は少しだけなら、見えるんだ。オカさんが狼だということは、最初から知ってたの」

オオカミ「……狼と知って何故、俺を撃たなかった」

幼女  「この銃に込められた、一発だけの銃弾は、こう使うからだよ」


 娘が撃鉄を上げた銃口を、自らのこめかみに付けると、オオカミは絶句した。


幼女  「魔物に家族を殺され、村の荷物でしかない私は、神への供物に選ばれました。どうぞ私の一部を引き裂き、お持ち下さい。それがオカさんへのお礼です」

オオカミ「待て、ならばお前は、命を捨てるために、ここまで生きたのか」

幼女  「はい。お兄ちゃんに似たオカさんのお陰で、ちょっぴり懐かしかったよ。それじゃ、ばいばい。いつまでも元気でね」


 銃が吼えて血飛沫が飛ぶと、握られた銃口から硝煙が昇る。
 その赤い雫を頬で受けた娘が狼狽しながら見上げると、右耳を吹き飛ばされた狼が、少女を組み敷いていた。


オオカミ「おい小娘、勘違いをするな。俺がお前を喰いたいのは、憎いからでは無い。お前の命で、俺の命を繋ぐためだ。繋ぐ前に、絶ってくれるなよ」

幼女  「ならどうすれば。村は私を、疎み、蔑み、暴力を振るい、私は誰が私を犯したのかも判らない。もう嫌だよ。私はやっと楽になれる。兄にも会える。それなのに――オカさんが、私を殺してくれる?」

オオカミ「馬鹿者が。命は生きようとするから、価値がある。見ろ、この先をさらに三日進めば、外の世界だ。人の感覚では無理だろうが、俺が案内すれば、抜け出せる」

幼女  「私を、食べてくれないの?」

オオカミ「俺は誇り高きオオカミだ。お前みたいな粗末な命を喰って生きながらえるほど、落ちぶれちゃおらん。お前がどこでのたれ死ぬのは、勝手だ。だが、この森では死ぬな。ここに生きる者は皆、誇り高い。お前の亡骸で、汚してくれるな」


 激痛は後からやって来た。鼓膜も一緒に破れ、右は完全に聞こえない。
 だが自分は誇り高きオオカミだ。死ぬために差し出された餌を貪る畜生では無い。
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 22:24:55.46 ID:Z+ZcL0Ap0
 それから再び、一人と一頭は歩き出した。
 娘が、杖を手放し倒れ込むと、オオカミが娘を背負って歩いた。

 たらふく喰ってきたなど、嘘だろう。
 あのパンも、最後の食料だったに違いない。

 背中の娘が、狼に捕まりながら呻いた。


幼女  「……オカ、さん」

オオカミ「何だ」

幼女  「ありがと、う」

オオカミ「礼を言うくらいなら、もっと気の利いた物をよこせ。そうだな、パンが良い。お前の命を繋ぐあのパンを、森を出たら、俺にも、しょっちゅう持ってこい」


 本当はあんなまずい物が喰いたいわけじゃない。
 だが少女が他に、何を食べたことがあるのか、オオカミは知らなかった。
 そして一歩、一歩を歩くごとに、体が軋んでいくのが解る。


幼女  「もう、もう良いよ、オカさん。私を食べて。これ以上はもう、貴方自身の体が」

オオカミ「俺を誰だと思っている。俺は恐ろしい人食いオオカミだ。お前なんぞの痩せぽっちを担いだ所で、鳥の羽を体に身につけるのと、さほど変わらん」


 オオカミは焦った。
 自分の体力以上に、段々と少女の命が尽きかけているのが、背中越しに伝わるからだ。

 オオカミは昼夜を問わず、少女を背に載せて走り続けた。
 既に自分も空腹と疲労で限界に近い。吹き飛ばされた右耳を中心に、満身創痍だった。

 だがそれ以上に彼を動かすのは、捕食者の誇りと、命を冒涜する人族への憤りだ。

 オオカミにとって命とは繋ぐ物。
 それ以外の理由で奪い取るなんぞ、例え相手が神であったとしても、決して許されない。

 それがオオカミのオオカミたる誇りであった。

 そしてついに、森の端が見えてくる。
 あまり、この辺りまで来たことは無いが、この先には、確か人里があったはずだ。
 森を抜けて、その近くでこの娘を捨てれば、運が良ければ生き残れるだろう。


オオカミ「見ろ、あれが出口だ! 今、あそこから再び、お前の命は産声を上げる!」


 光り輝く森の切れ目が迫ってくると、オオカミは雄叫びのように吠えた。
 だが度重なる疲労と空腹と、何よりも片耳を失い、そっちから聞こえていたはずの気配を聞き逃した。

 ズドンと、遠くで火薬が吼えた。
 狼がこめかみに激痛を感じたか否か、少女を背負った巨体が急に失速し、少女の体を宙に投げ出して動かなくなる。
 狼は、もう二度と動かなかった。

 それから猟師によって呪いの森から救出された少女は、猟師がその日に仕留めた獲物のスープを食べて、命を繋いだ。
 よっぽど腹が空いていたのか、その娘は泣きながらスープを平らげた。
 そして、かつて少女だった女は猟師との間に子を成して、その子孫達は、狼を象った祠に、毎日パンを捧げ続けた。


 おしまい。
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 22:52:34.97 ID:yboWSFpN0
いい話じゃないか
たまにはこういうssもいいのもだ
心から乙

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年12月29日

    幼女を少女、オカさんをあなたと記述していたら完璧だった

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング