FC2ブログ

P「小鳥さんって処女ですよね?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:22:54.46 ID:BQSxJWZi0
小鳥「え?私は非処女ですよ」

P「またまたご冗談を!」

小鳥「高校生の時に海でナンパされて、そのままシャワールームで初めてあげちゃいました」

P「またまた」

小鳥「あはは、懐かしいですねー…あの頃はまだ若かったというか…」

P「」

小鳥(まぁ嘘ですけどね、でもこういう所で上司としての余裕を見せておかないと!)

P「」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:27:30.93 ID:BQSxJWZi0
P「み゙ぎぃぃぃいいいいいい!!!!」

美希「うわっ、ハニーどうしたの?」

P「ヴッ…グスッ…」スリスリ

美希(大人が本気で泣いてる所、初めて見たの)

美希「よしよし、いい子いい子なの」

P「ウェッ…ヒグッ…ヴェェ…」スリスリスリスリ

美希「いい加減胸から離れろなの」

P「すまん、取り乱した」

美希「ハニー、目が真っ赤に晴れてる…なにか意地悪でもされた?」

P「いや、これは他人に話していいのかどうか……」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:31:55.93 ID:BQSxJWZi0
美希「なんで?」

P「プライバシーに関わるというか」

美希「ふーん、なんだか複雑だね」

P「まぁ大丈夫か……実は小鳥さんが非処女らしいんだ」

美希「へぇー」

P「興味無いのか?」

美希「うん、だってハニーの事じゃなかったし」

P「そうか……でもこれは俺だけの問題じゃない……とても重要な事なんだ!!」

美希「でも小鳥が非処女かぁー……ミキ、そうは思えないけど」

P「だろ!?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:40:22.75 ID:BQSxJWZi0
美希「あ、じゃあそっち関係の質問をしてみれば?」

P「そっち関係?アダルトな質問か」

美希「もしかしたらあの小鳥だし、ボロが出るかもしれないの」

P「一理あるな……」

美希「でも、小鳥の年齢で処女のほうが異常だと、ミキは思うな」

P「……」

美希「そうなの?小鳥って元アイドルだし、見た目も悪くないから」

美希「全盛期の小鳥ならいい男がワラワラ群がってたと思うの」

P「くっ……でも俺は諦めないぞ!初陣は敗れたが、音無さんの処女認定を必ずしてやる!」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:52:38.42 ID:BQSxJWZi0
P「音無さん、今お時間よろしいですか?」

小鳥「あ、プロデューサーさ…って、目が真っ赤ですけどどうしたんですか!?」

P「はは、ちょっと目にでっかいゴミが入ってしまいましてね」

小鳥「そ、そうですか……大丈夫なんですか?」

P「ええ、応急処置でどうにかなりました」

P(さて、どうやって質問しよう……質問するにしても自然にしなくては……)

P「……」

P「音無さんって、好きな体位とかあります?」

小鳥「え…体位ですか?」

P「はい、体位です」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 17:57:48.72 ID:BQSxJWZi0
小鳥「そうですねー、最初のうちは正常位が楽でいいなぁって思いましたけど」

P「なるほど」

小鳥「騎乗位もいいですよね、上から感じてる男の子の顔を見るのもまた一興というか」

小鳥(薄い本で見た限り、私の感想はこんな感じかしら)

P「あはは、別に無理しなくてもいいんですよ」

小鳥「無理?」

P「もう暴露しちゃいましょうよ、処女だって」

小鳥「え?だから非処女だって言ってるじゃないですか」

P「またまた」

小鳥「私くらいになると、コンドームを口で付けられますからね」

P「」

小鳥(そういう薄い本があったわね)
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 18:02:39.30 ID:BQSxJWZi0
P「ぢはや゙ぁぁぁあああああああああ」

千早「うわっ、ビックリした……」

P「ヴッ…ウェッ…」ゴリゴリ

千早「ちょ、プロデュ」

P「ズズッ…ヴヴ……」ゴリゴリゴリゴリ

千早「いい加減離れてください、歌詞カードが見えないです」

P「少じ俺に背中を貸しでぐれ……」ゴリゴリゴリゴリ

千早「……」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:35:53.66 ID:VCpepe3Ii
P「というわけなんだ」

千早「わかりました。それなら私とセックスしましょう」

P「なんで?」

千早「音無さんが非処女ならプロデューサーも経験済みなら問題ありません」

P「そうなのか?」

千早「はい」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:40:56.63 ID:VCpepe3Ii
千早「プロデューサーは音無さんが経験済みなのに対して、自分が童貞であることに不安を抱いているのです」

P「いやいや、俺は小鳥さんが俺以外の誰かに抱かれたことが悲しくて…」

千早「プロデューサーは童貞である自分が、音無さんを満足させられるか不安に駆られて泣いてしまったのです」

P「そ、そうなのか?」

千早「はい。というわけで私で練習してから音無さんを抱けば、満足させられるはずです」

P「あ~、確かにそうかもしれないな」

千早「それじゃあ私とセックスの練習を…」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:46:15.02 ID:VCpepe3Ii
P「(なんか言いくるめられた気がするが。そもそも千早は…)なぁ千早は」

千早「さぁレッスンです。プロデューサーは駅弁をご存知ですか?」

P「駅弁?」

千早「はい。今の状態からこうして…」

千早「このように、向かい合って女性を男性の膝の上に乗せる体位のことです」

P「なるほど、駅弁を食べるように女性を食べるわけだ!」

千早「はい(本当は知りませんが)」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:48:41.76 ID:l7U0VGST0
かつて日本の鉄道駅構内では、帯の付いた長方形の盆状か高さの低い箱状の容器に弁当や茶のボトルを入れた売り子(販売員)が、
容器を前方に出す形で首から下げてホーム上を歩きながら列車内外の客へ弁当を販売する「立ち売り」が頻繁に行われていたため、
男性が女性を駅弁売りのように前に抱えて陰茎を挿入することを駅弁と称するようになった。(Wiki参照のこと)
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:53:38.22 ID:VCpepe3Ii
千早「>>39だそうです」

P「わざわざスマホ片手にありがとう」

千早「この状態で挿入して…」

P「なるほど!それじゃあ早速!!」

小鳥(えぇぇぇ!二人が何か知らないけれど、駅弁の体位で抱き合ってます!!)

千早「待ってください」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 19:58:14.98 ID:VCpepe3Ii
千早「そのギンギンにしたものをとりあえず閉まってください」

P「ど、どうしてですか?」

千早「このまま動いてもプロデューサーの情けないソレは確実に暴発します」

P「正直苦しい」

千早「女の子に抱きついて腰を振り、パンツに射精するみじめなプロデューサーを急に見たくなりました」

P「おぉぉぅ」

千早「プロデューサーは誰のものか体に教えてあげます」

小鳥(あわわわ…千早ちゃんとプロデューサーさんが駅弁でセックスを…!!)
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:03:05.40 ID:VCpepe3Ii
小鳥「う゛ぁぁぁぁぁん!!律子ざぁぁぁぁん!!」

律子「小鳥さん!ちょっといきなり抱きつかないでください!!」

小鳥「プロデューサーさんがぁっ!!千早ちゃんに寝取られましだぁぁぁん!!」

律子「はい?」

小鳥「そこのソファーでぇ…ヒッグヒッグ……」

千早「プロデューサー、どうです!気持ちいですか!!」ギシアンギシアン

P「はぁはぁっ!気持ちいです!千早様!!」ギシアンギシアン

律子「Oh…」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:09:35.03 ID:VCpepe3Ii
小鳥「どうじまじょ~」

律子「これはいったい何があったんですか?」

小鳥「」カクカクシカジカ

律子「見栄を張った結果、プロデューサーが千早に寝取られたと」

小鳥「はい…」

律子「小鳥さん、寝取られたっていう言葉は付き合っている異性に使う言葉ですよ」

小鳥「はぅぅぅっっ!!」ズキュゥゥゥゥゥゥン!!

律子「あれ?そもそも付き合うって何かしら?」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:13:44.62 ID:VCpepe3Ii
小鳥「セックスをすることでずよぉぉぉ」

律子「確かに…でも、あれはセックスと言えるのかしら?」

千早「ほら、プロデューサー。私のあそことプロデューサーのあそこが布越しにキスしてますよ」

P「お願いします!生で!生でやらせてください!」

千早「ここにゴムがあります」

P「それならできないじゃないかっ!いますぐつけるから!」

千早「使い物にならなくなりました」ハサミデチョキン

P「ぁぁあっ!!」

千早「イクならご自分のパンツにぶちまけてください」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:16:54.46 ID:VCpepe3Ii
小鳥「挿入していない!!」

律子「でもブッカケもセックスに入ります。つまり」

小鳥「プロデューサーさんを射精させた人が彼女になれる!!」

美希「あほらしくて付き合ってられないの」

小鳥「それならイク瞬間をおさえれば!」

律子「プロデューサー!!」

千早「きゃぁっ!!」

P「律子!これは!」

律子「どきなさい!!この泥棒猫!!」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:24:38.40 ID:VCpepe3Ii
千早「絶対には・な・し・ま・せ・ん!!」ダイシュキホールド

律子「このぺったん娘!プロデューサーの彼女になるのは私だけ!!」

小鳥「……はっ!私もこの戦いに参加しなくちゃ…でも、恥ずかしいっ!」キャッ

P「お願いします、もう誰でもいいからイカせてください。お願いします!限界です!」

千早「ローソン店員が客に手をあげていいと思っているんですか!」

律子「うるさいっ!プロデューサー殿!いまイカせて差し上げます!」

P「はぁはぁ律子ぉ頼むよぉ」

律子「よし!」ヒキハガシセイコウ<<キャー!
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:29:05.13 ID:VCpepe3Ii
春香「プロデューサーさん!クッキー焼いてきました~ってはわわわっ!」

千早「させるか!」

春香「ふごぉっ!!」パタン

変態「誰かイカせてくれよぉ~」

小鳥「はぅぅぅ~でも、プロデューサーさんの彼女に…」

社長「音無君、ここで諦めたら…終わりですよ」

小鳥「社長!わたし!目が覚めました!プロデューサーさんを必ずイカせます!」

律子「プロデューサーのあれまであと一歩!!」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:31:54.42 ID:VCpepe3Ii
小鳥「店員さん~これお願いします」←アマゾンの受け取り票

律子「はい、少々おまち…って!!」

小鳥「プロデューサーさん!!いま!いま!イカせて差し上げます!」

変態「はぁはぁ小鳥さん」

小鳥「イッけえぇぇぇぇぇ!!」

キンタマワシヅカミ

P「……」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:36:50.76 ID:VCpepe3Ii
P「あぁぁぁぁぁっっ!!オチンポ汁イッちゃう~らめぇぇぇぇぇぇ~」

小鳥「そうだっチャックを!!」

P液「ドピュッビュルルルルルルルルルッ!!」

小鳥「はわわわ顔に!温かい…これがプロデューサーさんの」ペロッ

小鳥「苦い…」

P「小鳥さん…」

小鳥「プロデューサーさん、私嘘をついていましたっ!」

P「わかってます。さっきの小鳥さんの顔を見れば、わかります」

小鳥「プロデューサーさん、ぐすっ…」

P「これでお互い初体験ですね」

小鳥「はい…(カァァッ」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 20:39:48.88 ID:VCpepe3Ii
律子「負けた…」

千早「プロデューサーをゆっくり調教する計画が」

春香「そんなこと考えていたんだ」

P「さて、律子、千早、春香。お前らなんで恥ずかしがらなかったんだ?」P息子(コンニチハ)

律子「その前にそのしぼんだものを閉まってください」

P「まだ小鳥さんのお掃除フェラの途中だから、やだ」

小鳥「はむぅちゅぱぁ…また大きくなってきました」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:17:19.75 ID:VCpepe3Ii
P「本当に処女なのか?どうなんだ?」

律子「この年になって処女なわけないでしょ!プロデューサー殿と一緒にしないでください!」

千早「女子高生にもなって初体験まだとかいじめの対象ですよ」

春香「私はまだ…ゴフゥツ」

千早「抜け駆けは許さないわ」

P「そうだったのか、まあ俺には小鳥さんがいるからどうでもいいわ。ほら帰った帰った」

小鳥「はむぅちゅぱぁ…プロデューサーさん、もう私、我慢できません」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:19:48.85 ID:VCpepe3Ii
千早「うぇ゛ぇぇぇぇぇぇぇん!!美希ぃぃぃぃ」

美希「うっとうしいの!」

律子「うぇ゛ぇぇぇぇぇぇぇん!!寝取られた~」

美希「言っていることが矛盾しているの!」

社長「ふむ、これで765プロも当分安泰だな」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:23:11.34 ID:VCpepe3Ii
小鳥「見てください」@P家風呂

P「すごいどろどろですね…」

小鳥「プロデューサーさんのために広げて見せているんですよ。見えますか?」

P「あぁ、しっかり見えてる」

小鳥「いまからプロデューサーさんのこれがここに入るんですよ」

P「指入れてもいいですか?」

小鳥「いいに決まっているじゃないですか」

P「うわ、愛液があふれてきますね」

小鳥「いちいち口に出さないでください」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:27:05.29 ID:VCpepe3Ii
小鳥「はぁ、安心したらおしっこしたくなってきました」

P「ここでするんですか?」

小鳥「お風呂でおしっこってしませんか?」

P「小鳥さんって結構変態だったんですね」

小鳥「プロデューサーさんに言われたくありません。寸止めされて誰でもいいからイカせてほしいなんて…」

P「すいません。でも最初は小鳥さんとセックスしたかったんですよ。だからあんな質問を」

小鳥「分かってますよ」

一人でもなんくるないさ…
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:31:04.83 ID:VCpepe3Ii
小鳥「しちゃっていいですか…」

P「いいですけれど…」

小鳥「こんな変態が彼女でごめんなさい」

P「ゴクリ」

小鳥「顔を近づけてもいいんですよ」

P「え?」

小鳥「プロデューサーさんのしてほしいことはわかりますから」

P「……それじゃあ失礼して」

小鳥「あぁ、出ちゃい…ますっ…」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:35:32.80 ID:VCpepe3Ii
P「温かい…」

小鳥「だから口にしないでください~」

P「(顔を隠す小鳥さんが可愛すぎる。それなら…)」

小鳥「プロデューサーさんっ!飲んじゃだめですっ!」

P「らいひょうぶれひゅ」

小鳥「汚いですって!見るだけに……!きゃぁっ!」

P「」

小鳥「(直接飲んでる!!恥ずかしすぎて死にそう!)」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:39:01.78 ID:VCpepe3Ii
小鳥「(私プロデューサーさんにおしっこ飲ませてる…)」ゾクゾクッ

P「(思ったより勢いあるなぁ。ジョッキ持って来ればよかったかなぁ)」

小鳥「もう吸っても出ませんよ…」

P「じゃあ俺がきれいにしますよ」

小鳥「それって愛撫ってやつですか」

P「はい」

小鳥「プロデューサーさん!舌入ってますって!」

P「いれてりゅんれひゅ」

小鳥「」ガシッ

P「(両太ももで顔面を挟まれた)」

小鳥「悪いプロデューサーさんにはお仕置きが必要みたいですねぇ」

P「」ゾクッゾクッ
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:46:32.88 ID:VCpepe3Ii
P「(しょっぱいし臭いし苦いし…でもくせになりそう)」

小鳥「プロデューサーさんは女性に主導権を握られるのがお好きみたいですね」

P「はい」

小鳥「それじゃあプロデューサーさんは寝転がってください」

P「はい」

小鳥「準備はもうできていますから」

P(うわぁ、下から見上げた小鳥さんの…真っ赤になっててエロすぎる…)

小鳥「いまからプロデューサーさんのそれが…私のなかにはいりますよ」

P(おっぱい下から見上げると迫力あるなぁ)モミュ

小鳥「ひゃぁっ!!」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 21:50:34.32 ID:VCpepe3Ii
P「小鳥さんのおっぱい、とっても柔らかいですね」

小鳥「あ、あたりまえです!千早ちゃんや律子さんとかのはおっぱいっていいません!まな板です」

P(変なところでいじ張るんだなぁ…かわいい!)

小鳥「乳首ばっかりいじって、プロデューサーさんは本当に赤ちゃんみたいですね」

P「だってぇ」

小鳥「いいですよ、吸ってもらっても」

P「はむぅ」

小鳥「ふふっ、プロデューサーさんは彼氏じゃなくて私の赤ちゃんだったんですね」

P(あぁ、この感じ、幸せすぎる)

小鳥「それじゃあ、入れますよ」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:03:35.65 ID:VCpepe3Ii
小鳥「ふふっ、失礼します…プロデューサーさんの、大きく反り返って、気持ちいです」

P「初めてなのに大丈夫なんですか?」

小鳥「私は大人の体なんですよ。プロデューサーさんが生意気いっちゃいけませんよ」

P「す、すみません」

小鳥「大丈夫ですよ、それじゃあゆっくり奥まで…」

P「すごい、絡みついてくる…温かい」

小鳥「はい、りました…グスッ」ポロポロ

P「小鳥さん、泣いてるんですか」

小鳥「だってうれしいじゃないですか。憧れの人と結ばれたなんて」

P「俺もうれしいです」

小鳥「それじゃあ動きますよ。プロデューサーさんは動かないでくださいね。ここは、お姉さんにまかせてください」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:08:13.49 ID:VCpepe3Ii
小鳥「プロデューサーさんおっぱいの触り方がエッチすぎます」

P「小鳥さんがエロすぎるのがいけないんです」

小鳥「だってぇ、気持ち良すぎて止まらないんですぅ」

P「俺だってもっと固くなっていく感覚ありますし」

小鳥「プロシューサーさん、一緒に気持ち良くなりましょう」

P「はい」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:10:34.43 ID:VCpepe3Ii
小鳥「プロデューシャーしゃん~」

P「ろれつが回ってないですよ」

小鳥「だってぇ、止まらないんだもん」

P「俺も、さっきまで我慢してた分、すごく気持ちいです」

小鳥「一緒にイキましょう」

P「はい、一緒に…」

小鳥「ふぁっ…ぁぁぁ……」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:13:22.61 ID:VCpepe3Ii
小鳥「だめですっ…これ、刺激が強すぎて…ダメッ…あっ!」

P「小鳥さん、俺もそろそろ限界です」

小鳥「まだイッちゃ嫌ですぅ!!あと少しで、あっ!」

P「小鳥さん、これならどうですか!?」

小鳥「プロデューサーさん!動かないでっ!突き上げないでください!」

P「小鳥さんの奥が感じられます」

小鳥「当たってます!ちょうど!そこなのぉ!」

P「俺たち体の相性もいいみたいですね」

小鳥「はいっ!あぁっ…プロデューサーさん!意地悪しないで!早く!ください!」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:16:40.02 ID:VCpepe3Ii
P「イきますよ!」

小鳥「キてくだしゃい、奥に!プロデューシャーシャンの全部、注ぎ込んでください!」

P「小鳥さん!」

小鳥「あふぅっ!!」

ドピュッビュルルルルルルルルルッ!!

小鳥「あっ!プロデューシャーしゃん!いま動いちゃだめです!イッたばっかりで敏感に!」

P「すいません!気持ち良くてとまらなくて!」

小鳥「ああっ…ひゃぁあああ…ま、また…いっちゃいましたよ」

P「すいません」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:16:56.46 ID:1TreCag30
18f5a601167e6ee8f73408589ac01974.png
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/12(月) 22:20:53.42 ID:VCpepe3Ii
P家@ベッド

小鳥「プロデューサーさん…」

P「どうしたんですか?」

小鳥「幸せです」

P「俺もです。大好きな人と結ばれて…」

小鳥「ずっと好きでした」

P「俺もです」

小鳥「>>94みたいに、夢じゃないですよね?」

P「夢じゃないですよ。たまには夢じゃないスレがあってもいいと思います」

小鳥「抱きしめてもらえますか…」

P「はい。これからずっと…ずっと、いつでも抱きしめますよ」

小鳥「ありがとうございます」

P「俺の方こそ、ありがとうございます」

小鳥&P「ふふっ…おやすみなさい」

END

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング