FC2ブログ

エレン「ミカサが中二病に…」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:08:11.05 ID:htI/cOMb0





エレン「ミカサとアルミンおはよう」



アルミン「あ、エレンおはよー」



ミカサ「フッ、やっと目覚めたのね…。勇敢なる狩人<イェーガー>」



エレンアルミン「!?」









注目記事





2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:13:40.68 ID:htI/cOMb0

エレン「お、おいミカサ…!?」



アルミン「どうしたの?何か悪いものでも食べた…?」



ミカサ「フッ、任務<ミッション>の為とはいえ…演技は疲れるわ…」



アルミン(どういう設定なんだろう…)



エレン(素直にうざい。そして口調きもい)



ミカサ「フッ」






3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:22:40.91 ID:htI/cOMb0

対人格闘



エレン「アニ!一緒に組もうぜ!」



アニ「…わかった(エレンの匂い嗅ぎたい)」



アルミン「あ、ライナー!良かったら組まない?」



ライナー「おう、たまにはアルミンとやりたかったしな(アルミンに抱きつきたい)」







ベルト「…えっと……ミカサ?」



ミカサ「…私はミカサではない。神から使命を授けられた妖精<フェアリ>」



ベルト(なにこれ)



ミカサ「フッ」



ミカサ「あなたと組んだのは他でもない、あなたの正体を知ってるから」



ベルト「!?(まさか…十巻で明かされる事を知ってるのか?)」



ミカサ「あなたの正体…それは…」



ベルト「なっ…!」



ミカサ「悪魔王<サタン>の息子!」



ベルト「は?」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:26:31.28 ID:htI/cOMb0

ミカサ「忌まわしき悪魔の一族…!許さない!」



ベルト「えっちょっと」



ミカサ「妖精の怒り<フェアリフレイム>!!」ドゴォ



ベルト「うわああああかっこつけてるけどただの蹴りだああああああそしてかっこわりいいいいいい」ドサッ



ミカサ「フッ」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:33:12.13 ID:htI/cOMb0

夕食



ベルト「痛…」ズキズキ



アルミン「ベルラリア…大丈夫かな」



エレン「大丈夫じゃなさそうだな」



コニー「あのときのミカサの蹴り、スゴかったな…。ベーコンの奴、そのせいで午後の訓練出れなかったし」



ユミル「まぁベルトルさんがどうだろうがあたしにゃ関係ないが、あの時のミカサ…何だっけ?フェアリ?フレイム?」ダハハハ



クリスタ「ちょっとユミル!人の事を笑っちゃ駄目でしょ!」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:33:48.70 ID:pXcSgJqOo

クソ痛可愛い



期待



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:38:41.17 ID:htI/cOMb0

クリスタ「で、その…さっきアルミンが言ってた…中二病、だっけ」



アルミン「ああ、中二病?それならエレン…勇敢なる狩人サンに聞いた方がいいかもよ?」プププ



エレン「おいアルミン!それは言うなって」



サシャ「勇敢なる?確か、朝食の時にミカサがいってましたね」



アルミン「それね、考えたのはミカサじゃなくて…」



エレン「…俺が子供の時、そんな事を言ってたんだ……」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:44:46.06 ID:htI/cOMb0

エレンアルミン以外「…あー」



エレン「何だよ!?」



ユミル「いや、エレンがそうなのってこう…何て言うか」



クリスタ「似合ってるっていうか…」



サシャ「しっくりきますね」



エレン「うわあああああああああああ!!!!やめろおおおおおお!!!」



コニー「女子からの3段コラボ…」



アルミン「これはきつい」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:48:54.04 ID:htI/cOMb0

クリスタ「その話聞かせて!もっと聞かせて!」キラキラ



エレン「やめてくれ…」



アルミン「…で、ミカサがああなったのも多分エレンの影響だと思うんだ。多分思い出したか何かで」



ユミル「随分てきとーだな」



クリスタ「で!?神って具体的にどんなことをしてるの!?」キラキラ



エレン「うわああああああああああああああ!!!そこまでは考えてなかったんだああああああ!!!!」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 18:49:28.70 ID:htI/cOMb0

クリスタ「その話聞かせて!もっと聞かせて!」キラキラ



エレン「やめてくれ…」



アルミン「…で、ミカサがああなったのも多分エレンの影響だと思うんだ。多分思い出したか何かで」



ユミル「随分てきとーだな」



クリスタ「で!?神って具体的にどんなことをしてるの!?」キラキラ



エレン「うわああああああああああああああ!!!そこまでは考えてなかったんだああああああ!!!!」



20 :>>13ごめん… :2013/08/11(日) 19:41:51.16 ID:htI/cOMb0

サシャ「それで、ミカサはどうするんですか?」



アルミン「うーん…今はそっとしてあげたほうがいいかな…。エレンは3ヵ月くらいで治ったし、ミカサもそんぐらいで治ると思うから」



コニー「あれ…そういえばどのテーブルにもミカサ居ねえな」



アルミン「ああ、神に近状報告をしに行くらしいよ?」



ユミル「なんのだよ…」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 19:49:30.22 ID:htI/cOMb0

屋外



ミカサ(神よ、聞こえますか?)ブツブツ



ミカサ(こっちはだいぶ上手くやれています)ブツブツ



ミカサ(なんと、悪魔王の息子を見つけました!)ブツブツ



想像神(フェアリよ…よくやってくれた)モヤモヤ



ミカサ(ありがとうございます…これで私の罪も許されるでしょうか)ブツブツ







ミーナ(あー、走らされたからお腹減った…あんなにふざけなきゃ良かった)



ミーナ(あ、あれは…ミカサ?)



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 19:57:10.24 ID:htI/cOMb0

ミカサ「神よ…」



ミーナ(なんだあいつこわい)



ミカサ(ふう、そろそろご飯食べよ…喋りっぱなしで口疲れた)トボトボ



ミーナ(どうしよ…こっち来る!)ガタッ



ミカサ「? 物音が」



ミーナ(殺される!何かよくわかんない神の信者に殺されるううううう)ガタガタ



ミカサ「…ミーナ? …いいえ破滅の魔道師<カロライナ>。なぜこんな所に」



ミーナ(終わった。終わった。人生終わった…って)



ミーナ「破滅の魔道師って何!?」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:04:03.44 ID:htI/cOMb0

ミカサ「…そう」



ミーナ「へ!?」



ミカサ「あなたも正体を隠しているのね。大丈夫、私はあなたの敵ではない」



ミーナ「い、いや…私は魔道師なんかじゃ」



ミカサ「ええ、確かにあなたのしたことは許されることではない」



ミーナ(ミカサの中の私なにしてんの!?)



ミカサ「大丈夫、私も協力する…実は私も罪を犯していて…」ブツブツ



ミーナ「」ボーゼン



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:12:33.08 ID:htI/cOMb0

ミカサについての会議



アルミン(教官達の会議室を借りることが出来ました)



アルミン「それでは第一回、中二ミカサをどうするか会議を始めます」



アルミン「…」



エレン「…」



ジャン「…」



サシャ「…」



コニー「…」



ライナー「…」



ベルト「…」



マルコ「…」



アニ「…」



ミーナ「…」



クリスタ「…」



ユミル「いや誰か何か言えよ」



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:18:57.19 ID:7KD2LYE+0

ジャンがんばれ!



ミカサが好きなんだろ!!!



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:25:07.68 ID:htI/cOMb0

アルミン「この一週間でミカサがしたことを纏めてみました」



ユミル「うわ急にしゃべったよこいつ」



アルミン「これです」



●皆にニックネーム?を付ける

例:破滅の魔道師<カロライナ> 右に秘めた心臓<スプリンガーハート>



●神への近状報告



●訓練サボる、教官に反抗的態度を示す

名言:「私にはこんなもの必要ないの…神に与えられた力さえあれば」



●フッ



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:33:52.43 ID:htI/cOMb0

アルミン「改めて見るとアレですね…」



エレン「近状報告って…俺でもそんなことはしなかったぞ」



クリスタ「あ、他はやってたの!?」キラキラ



エレン「やめろ」





アルミン「ジャン、ミカサに好意を抱いてる人としてこれをどう思う?」



ジャン「いやあの…えっと…」



マルコ「やっぱりだめ?」



ジャン「いや…ダメじゃないが…その」



アルミン「あ、ニックネームが嫌だったの?」



ジャン「!!!!!!! いや、そうじゃなくてだな」



ユミル「あー、なんだったっけ」ニヤニヤ



クリスタ「確か…」ニヤニヤ



アニ「馬面の指揮者<キルシュタイン>だっけ」



ジャン「うわああああああああああぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:34:38.22 ID:hxmP4+At0

ひでぇwww



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 20:51:40.35 ID:LTzlcAv30

馬面www



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 21:08:59.04 ID:htI/cOMb0

アルミン「じゃあ、皆気を付けようと言う事で」



エレン「適当に纏めやがったこいつ」



ライナー「会議する意味あったのか?」



ジャン「…どうせ馬面だよ……」シクシク





翌日朝



エレン「おはようアル…古ぼけた歯車<アルレルト>」



アルミン「(これ絶対おかしいだろ…なんで古ぼけてるんだよ)おはよう、勇敢なる狩人」



ミカサ「フッ」



アルミン(あれから皆はミカサのニックネームで呼びあうことになった)



アルミン(会議ではそんなことを決めた覚えは無いけど…いつの間にかそうなってしまった)



アルミン(勿論教官だって例外では無い)



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 21:18:01.78 ID:htI/cOMb0

立体起動訓練



キース「今日は班を分け、巨人模型の討伐数を競い合う!」



キース「最下位の班は晩飯抜きとグラウンドを60周だ!!」



サシャ(晩飯抜き!?鬼…)



ハンナ(フラン…命を狩る死神と一緒の班になりたいな///)



ミカサ(班?私は単独行動する。夜空に吠える一匹雌狼…これ採用しよ)フッ



キース(フェアリ訓練兵…また何かを考えているな)



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 21:26:13.53 ID:htI/cOMb0

勇敢なる狩人<イェーガー>班



エレン「よろしくな!(ミカ…フェアリいなくてよかった)」



トーマス「ああ、こちらこそ」



クリスタ「よろしく! ついていけるかな…」





物陰に潜む影<ボット>班



マルコ「僕が班長か…よろしく(フェアリいるどうしよ)」



ミカサ「……(ご飯食べれないのは嫌だな)」



コニー「おう!よろしくなマルコ、ミカ…あっ」



ミカサ「…」ジロッ



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 21:35:24.61 ID:htI/cOMb0

結果



1位 馬面の指揮者班

2位 勇敢なる狩人班

.

.

.

.

最下位 物陰に潜む影班(ミカサが単独行動した為)



マルコ(はぁ…誰かパン分けてくれるかな)



コニー「サシ…食欲の塊<ブラウス>!頼むからパンを少し…」



サシャ「嫌です!例えコニーが死にそうでもパンは絶対あげません!!」



ミカサ(…どうしよ)オロオロ



ミカサ(明らかに孤立してる)



ミカサ(分けてくれと頼めない…)



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/11(日) 22:04:14.69 ID:htI/cOMb0

ジャン「しょーがねーな、半分分けてやるよ」



マルコ「ありがとう馬面の指揮者!」



ジャン「やっぱりやらん」



マルコ「あー、ごめん!謝るからー!」



サシャ「…仕方がない」チッ



サシャ「半分、どうぞ」つ1/4



コニー「半…分…? まあいいや!助かるぜ!」





ミカサ(お腹減った…)



45 :>>1です :2013/08/12(月) 12:30:09.60 ID:QHgUbXtH0

アルミン「ミカ…フェアリ?」



ミカサ「! …どうしたの古ぼけた歯車」



アルミン「(だからなんなのそれ)あ、お腹が空いてるんだったら僕たちのをあげるよ…?」



ミカサ「(アルミンありがとおおおおお)…フッ、私にはそんなもの必要ない。しかし、周りを安心させるのも私の使命。なのでどうしてもというなら貰おう」



アルミン「あ、そうなの…(今考えただろそれ)」



ジャン「フェ、フェアリ!良かったら俺のも」



ミカサ「必要ない」



ジャン「」



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/12(月) 12:36:26.33 ID:QHgUbXtH0

1ヵ月後・女子寮



ミカサ「……」ジョキジョキ



クリスタ「ミ…フェアリ、何してるの?」



ミカサ「…羽を作っている」ジョキジョキ



クリスタ「は?」



ミカサ「天界から人間界に来る際に、元の羽は壊れてしまった」ジョキジョキ



ミカサ「ので」ジョキジョキ



ミカサ「今、代わりを作っている」ジョキジョキ



クリスタ「そうなんだ…(段ボールで?)」



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/12(月) 12:45:03.64 ID:QHgUbXtH0

夜・図書室



ミカサ(~♪ 沢山セリフ思い付いた♪)ノートカキカキ



ノート(やだこの子痛々しい)



ミカサ「う~ん、訓練の時の決め台詞は…」カキカキ



廊下



サシャ(そろそろ本格的に座学が分からなくなってきました…。図書室に行って勉強しようかな)テクテク



図書室



ミカサ「『地獄で自分の過去を思いだし、悔やむことね…』っと」



ノート(ねーよ)



図書室のドア「バタン!!!!!!」



ミカサ「!」ビクッ



サシャ「あ…」



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/12(月) 12:53:01.94 ID:QHgUbXtH0

サシャ「…えーと」



サシャ「あー…」



ミカサ(ヤバイ恥ずかしい穴があったら入りたい)



サシャ「な、なにしてるんですか…?」チラッ



ミカサ「何でもないわ。そう、ただのにげんには教えられらいよな…」ブツブツ



サシャ(元々ブツブツ言ってる上に噛んでるから余計聞きづらい)



ミカサ「(もぅやだ…リスカしょ…やっぱやめた)はぁ、面倒臭い事ばっかり私に押し付けて…天界に戻ったらどうしようか」ブツブツ



ミカサ(よし!天界の住民キャラ作れました!)



ミカサ「私はもう睡眠を取る… (寝るって言わない私カコイイ) さよなら」



ドア「バタン!!!!」



サシャ「」ポカーン



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/12(月) 13:13:16.13 ID:QHgUbXtH0

女子寮・サシャ、クリスタ、ユミルの部屋



サシャ「あ…あ…」ガタガタ



ユミル「どうした芋女、屁でも出そうなのか」



クリスタ「ちょっと女神の盾<ユミル>!女の子がそんな事言っちゃだめだよ! で、どうしたの食欲の塊」



サシャ「もう…ミカサがミカサじゃ無いです」ガタガタ



ユミル「そりゃフェアリ(笑)だもんな」



サシャ「図書室で…何かノートに書いてニヤニヤしてました」ガタガタ



ユミル「次の訓練で言うセリフでも考えてたんだろ」



サシャ「あの表情…なんかもうトラウマです」ガタガタ



ユミル「あいつがニヤニヤ笑ってるのを想像したら確かに怖いな」



サシャ「えーん…ゆみ…女神の盾ぇ」グスグス



ユミル「はいはい」ナデナデ



クリスタ「こ、これが大人の対応…!!」



58 :1です :2013/08/31(土) 18:28:06.98 ID:FPgGzWqp0

数年後・訓練兵団卒業まで2カ月



アルミン「ふー、もうそろそろ卒業かあ…」



ミカサ「大変だった」



アルミン「そうだね、あはは…(お前の3カ月のほうが大変だったわボケ)」



アルミン「それでさ、やりたいことがあるんだ」



ミカサ「?」



アルミン「皆で倉庫の整理。私物を置いてる人とかも居たし、3年間お世話になったからね」



ミカサ「それは良い。明日は休日だから、皆を集めてやろう」



アルミン「うん」



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/31(土) 18:38:14.99 ID:FPgGzWqp0

翌日・倉庫



アルミン「よし、皆集まったね」



エレンミカサジャンコニーサシャクリスタユミルライナーベルトルトアニマルコミーナトーマスミリウスナックサムエルダズ「わいわいがやがや」



アルミン「許可も貰えたし、早速始めよう」



エレンミカサジャンコニーサシャクリスタユミルライナーベルトルトアニマルコミーナトーマスミリウスナックサムエルダズ「おー」







エレン「あ、懐かしいなこれ」ヒョイ



トーマス「あ、エレンが入団した時に買った服だっけ」



アルミン「サイズが小さくなっちゃったけど、どうすれば良いか分かんないからここに置いたんだよね」







ライナー「…あ、エロ本」



ベルトルト(僕のじゃん…なんでここに)



ジャン(俺が盗んだジャン…)



ベルトルト(お前かよクソ)



ジャン(こいつ直接脳内に…!)



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/31(土) 18:45:12.89 ID:FPgGzWqp0

ミカサ(私の物はあるだろうか)キョロキョロ



ミカサ(このノート…『持ち主:アッカーマン』……って)



ミカサ(これわ!!!!!!!!!!)ビックウウウ



ミリウス「どうしたミカサ」



ミカサ「いや、いやいやなんでもないいいいいいぃ」アタフタ



ミリウス「? 変な奴…」



ミカサ(危なかった…しかし)



ノート「やあ」



ミカサ(どうしよう)



61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/31(土) 18:54:02.52 ID:FPgGzWqp0

クリスタ「あれ、この段ボール…何か見覚えが」



サシャ「それ、ミカサが作ってた奴じゃないですか?」



ユミル「あーあー、あの羽か」ニヤニヤ



クリスタ「フェアリ…だっけ?」ニヤニヤ



ミカサ「」



コニー「お、ミカサが持ってるそのノート何だ?」ヒョイ



ミカサ(来んな馬鹿あああぁあぁああぁああぁ)ガクガク



コニー「えーと…『使命の記録』? 持ち主はアッカーマン…ミカサか?」



ミカサ「こ、こにーそれおいますぐかえし」



コニー「『▲月◎日 今日は、あの悪魔王の息子をみつけ』…」



ミカサ「あー!わー!わーわー!」



クリスタ「…」ニヤニヤ



ユミル「…」ニヤニヤ



62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/31(土) 18:57:52.22 ID:FPgGzWqp0

クリスタ「ミカサ…」



ユミル「ミカサ…」



ミカサ「な…何?」



クリスタユミル「フッ」



ミカサ「いやああああああああああああっああ!!!!!!!!!!!」



みんな「!?」











コニー「ま…みちし…?おい、『魔道師』って何て読むんだ?」








63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/31(土) 19:06:47.24 ID:FPgGzWqp0

痛々しいミカサが書きたかった。それだけです

ちなみに初SS







フッ








 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

面白かった 乙!

とあるSSのイエェェェガアァァァ

ミカサ ー生の後悔的なw
エレンの話しも見てみたいです←
乙乙!

じゃんある

古ぼけた歯車……wwどういうことだwww
馬面の指揮者は、間違ってはないよなww
吹いた

ブラック・ゼヴィリラット

フッ

✨リヴァイ✨

普通が一番だよ

新世紀エレンゲリオン

ベルトルのエロ本の時のジャンとの会話がw

リ…とあるSSの訪問者

症状が薄い奴がウチのクラスに一人いる。

馬面

チーん


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。