FC2ブログ

八幡「似合ってんな黒髪」黒髪あーし「はぁぁ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:12:16 ID:YDdynFnfO

八幡「(ヤベッ・・・マジで可愛くて思わず口に・・・人生最大の失態・・・)」

あーし「ア、アンタに言われても嬉しかないんですけどー!」

八幡「そうだろうな聞かなかったことにしてくれや(よし・・・向こうが平常対応してくれて助かったぜこれでこっちも流せる)」

あーし「・・・なあ・・・ホントに・・・似合ってるか・・・?」

八幡「(なぜ蒸し返した・・・)」



注目記事




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:18:34 ID:YDdynFnfO

八幡「え・・・いや・・・えと(やべえ予想外の事態で頭が・・・頑張れ俺)」

あーし「・・・」

八幡「ぁう・・・(こっち凝視すんなよ!なんでお前らってんな風に毅然とメンチ切れちゃうの・・・?)」

八幡「似合ってる・・ぜ?」

あーし「・・・なんかさっきとチガクね?」

八幡「(なんだろうとてつもなく面倒くさいぞ)」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:25:50 ID:YDdynFnfO

八幡「(いやいかん・・・空気に飲まれるな・・・気圧されるな・・・)」

八幡「(平常心だ平常心・・・いつもの俺を思い出せ・・・向かうところ敵無しの捨て身ボッチ!!)」

八幡「別にぃ・・・変わんなかったと思いますけど?」ヘラッ

あーし「」イラッ

八幡「まぁ、ホントか?って聞かれたからつられてなんとなく語尾に?ついちゃっただけで」

八幡「似合ってるから素直に似合ってるっつただーけだし」ヘラッ

あーし「」ドキッ

八幡「(よし来い・・・罵声来い・・・)」

あーし「・・・ホントに似合ってるんだよ・・・ね?」

八幡「(なにこれバグゲー?システム担当さーんループってますよー)」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:32:01 ID:YDdynFnfO

あーし「どうなのさ」

八幡「(気のせいか?さっきより面構えが乙女してらっしゃるんだが・・・)」

あーし「・・・」

八幡「(やめろその眼!さっきの尖ってた頃のがよっぽどお前らしかったから!)」

八幡「何べん言わせんだよ・・・だから・・・似合ってるっつってるだろ」

あーし「・・・からかって言ってんじゃ、ないよな・・・?」

八幡「(声から張りが消え艶が出とる・・・)」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:42:53 ID:YDdynFnfO

八幡「(つかマジでどうすりゃいいの?どうすりゃこれ脱け出せるの?)」

あーし「・・・」

八幡「・・・」

八幡「(あーこれはヤバイ空気がヤバイ・・・こうなるとマジただの一言すら開口がすげー重くなる・・・早くなんとかしないと)」

八幡「当たり前だろ俺がお世辞なんか言えると思うか?そんな器用な真似出来たならボッチなんかしてねーよ」ヘッ

八幡「(皮肉自虐を織り混ぜながらの返答!これで三浦もさすがにあーやっぱコイツ面倒くせぇ切り上げよってなるだろ)」

あーし「・・・そっか・・・似合ってるか・・・フフッ」

八幡「・・・かわいい・・・」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:52:17 ID:YDdynFnfO

あーし「へっ!?」

八幡「へ?」

八幡「・・・・・・・・・」

八幡「(あぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!バグってんのは俺の神経回路ぉぉぉ!!脳ミソ仕事しやがれぇぇぇぇ!!!)」

あーし「きょ・・・今日のアンタさぁ・・・なんかおかしくね?」

八幡「べ・・・別に普通じゃね?(その澄んだ感じの声でその口調すげー違和感・・・)」

あーし「あーしに対してさ・・・別に普段から喋ったりしないのに、んなか・・・かわ◎%・・・とか」

八幡「(やめて言うならかわいいくらいシャキッとお願いしますこっちまでますます恥ずかしくなるからっ)」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 13:58:57 ID:YDdynFnfO

八幡「・・・と、とにかくもういいだろ?金から黒に劇的ビフォ-アフターしてたら誰だって気付くし」

八幡「気付いたら一言添えるくらいは、なんつーか礼儀じゃね?」

八幡「似合ってるから正直に似合ってるっつったまでだしな」

八幡「つーか葉山とか801とか、いつもつるんでる連中だって会ったら言ってくれたろ?似合ってるって」
八幡「(秘技(?)捲し立て!)」

八幡「(これで勢いに任せ相手の同意を得たところですかさずじゃあな!と有無を言わさず離脱する・・・)」

八幡「(比企谷八幡究極のエマージェンシーツール!)」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:06:36 ID:YDdynFnfO

あーし「・・・言われはしたけどさ・・・・・・なんか違うんだよね・・・」

八幡「・・・・・・はぃぃ?」

あーし「アンタにも言われて分かったんだ・・・」

あーし「言われるまでは、その・・・なんてーかさ、隼とかが褒めてくれた言葉に普通に嬉しさ感じてたんだけどさ・・・」

あーし「アンタの聞いて・・・違うことに気付いたかも・・・うまく言えねーんだけど・・・」

八幡「???・・・えと・・・何が・・・・・・デショウカ?」

あーし「だから・・・その・・・あの・・・・・・・・・うぅ」

八幡「(うぅ!?全っ然キャラじゃない!俺の知ってた三浦がもう原型留めてないいろんな意味で!)」

あーし「ア、アンタに言われたのが・・・一番嬉しく思っちゃったってことだよぉっ!!」

八幡「エー」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:20:42 ID:YDdynFnfO

八幡「何言ってんのお前!?」

あーし「だ、だってホントにそう思っちゃったんだもん!」

八幡「おも・・・ちゃったんだもん!て・・・(いよいよ世紀末ならぬ三浦末・・・)」

あーし「あ、あーしだって思ったことしか口に出来ないタイプだしっ・・・!思っちゃったら口に出さなきゃいられないもんっ・・・!」

八幡「(そしてこの涙眼である・・・成る程合宿の件といいマジで実は打たれ弱いすぐ泣くっ娘かこいつ・・・)」

八幡「(・・・いや訂正。雪ノ下にガチでこてんぱんにされたら多分俺も泣きますハイ・・・)」

八幡「それは気のせいだっつの三浦・・・世辞で言ったつもりは無くとも他の連中と気持ちは指して変わらねーよ」

八幡「単に慣れない相手からの不意打ちで頭が処理慣れしてないだけだ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:27:40 ID:YDdynFnfO

あーし「・・・ヴァ・・・バカにしてるでしょ・・・!?」

八幡「(もう口調ぐちゃぐちゃだなこいつ・・・・・・)」

あーし「マジで全然違ったし!」

八幡「(由比ヶ浜混じりだしたな・・・)」

八幡「はぁ・・・何がどう違うってんだよ・・・?」

あーし「・・・アンタのは・・・なんていうか・・・スッ、と来た」

八幡「(由比ヶ浜に勝るとも劣らない残念語彙!!)」

あーし「・・・なんつーかさ、裏が無いって言うか・・・すっきりしてたって言うか・・・?」

八幡「いやそこ疑問系で向けられてもわかんねーよお前の気持ちなんだから」

八幡「つかさっきも言ったが思った通り言っただけだからそりゃ裏なんかねーよ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:35:04 ID:YDdynFnfO

八幡「てか、じゃあ葉山とか他の連中はどうだったって言うんだよ?」

あーし「えーと・・・なんてーか・・・軽かった」

八幡「なにそれ俺のは重いっていうわけ・・・?」

あーし「ちがーし!だからアンタのは重いとか言うわけじゃない(なんかグッとは来たけど・・・)」

あーし「さっき言ったっしょ?あんたのはスッと来たって!」

八幡「いやだってそれじゃ重かった軽かったはわかんねーし・・・・・・スッと鉄球が来たのかもしんねーじゃん」

あーし「すっきりしてたとも言ったよね?」

八幡「鉄球でビルとかぶち壊された跡はすっきり更地になるぜ?」

あーし「なんの話だよ」

八幡「デスヨネー」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:44:24 ID:YDdynFnfO

あーし「とにかくなんか軽かったんだよ!」

八幡「軽いねぇ・・・(まあ実際世辞ならそれが当たり前っちゃ当たり前だわな)」

八幡「(てかこいつ今になって軽い軽いって・・・今までそういう類いのやり取りどう受け取ってたんだ?)」

八幡「(まさか全部本気のガチガチで言ったり受け取ったりしてきたのか・・・?)」

八幡「てか、軽い以外に他になんか言い様ねーのかよ?・・・つか葉山とかに言われりゃ普通に嬉しくねーか?」

あーし「葉山のはさ・・・なんか、軽い上に・・・」

あーし「乾いた感じがする」

八幡「(うぉぅ・・・・・・)」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 14:52:11 ID:YDdynFnfO

あーし「もちろんさ、言われたその時はなんとも思わなかったんだけど」

あーし「アンタの聞いたあと改めて思い返すとなんか・・・乾いた感じするんだよね・・・」

あーし「それになんか・・・綺麗すぎた・・・スッキリとは違う、なんかすっごい色んなもの通したあとの水・・・?えと」

八幡「ひょっとしてフィルター通した浄水を言いたいのか?」

あーし「あーそれ!そんな感じたぶん」

八幡「(おーい葉山ー・・・こいつ結構センシティブだぞー・・・なんかお前の本質見透かされかけてるぞー)」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:00:24 ID:YDdynFnfO

八幡「(つーかよく考えりゃ俺の不用意な発言が原因かこれ・・・・・・)」

八幡「(まさかこんな形で三浦の何かを刺激し葉山の方にマイナスが及びそうになるとは・・・)」

八幡「(これが原因であのグループに不協和音が生じたりなんて・・・まさか・・・ないよな?)」

八幡「(ないよなー!さすがに世辞云々ごときでそんな・・・ね?)」

八幡「(・・・・・・・・・)」

あーし「ねぇ、あーしの言いたいこと今ので分かった?」

八幡「!おぅ、何となくだが分かった、分かった気がする」

あーし「・・・ふーん・・・ならイーケド」

八幡「(これ以上三浦にこの件について思慮させるのは危険だ・・・)」

八幡「(気づかなくていいことに、気づかないほうが幸せなことに続く扉に手を伸ばしちまいかねん)」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:09:46 ID:YDdynFnfO

あーし「つーかさ、アンタ普通にお喋り出来んじゃん」

八幡「え?当たり前だろお前俺をなんだと思ってたの・・・?」

あーし「友達いない奴」

八幡「はぐぅ・・・!・・・ドストレートだなおぃ・・・」

あーし「だって事実っしょ?」

八幡「ええはい純然たる事実ですよはい。三浦さんのように広い交友関係はございませんよ」

あーし「たぶんアンタが思ってる以上にあーし広いよ?」フフン

八幡「ならせめてその交友関係達者な腕でもうちょいオブラートに包んだ見本見せて欲しいとこでしたね」

あーし「なーんかねちっこい言い方ー」

八幡「よく言われるよ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:15:37 ID:YDdynFnfO

あーし「・・・・・・へー・・・・・・友達いないしボッチなのに誰に?」

八幡「・・・お前・・・」

あーし「ひょっとして結衣とかあと・・・雪ノ下・・・とか・・・?」

八幡「あ・・・・・・おぅ・・・まぁそこらへんだな・・・・・・」

あーし「ふーん・・・・・・結衣たのしそーだもんね・・・アンタと喋ってるとさ・・・」
八幡「・・・そうかぁ?」

あーし「バカにしてる?そんくらい分ーかるんだけど?」

八幡「・・・(我ながらさすがに今のは下手すぎた)」

八幡「あいつは誰にでもあーじゃね?もちろんいい意味でな」

あーし「それもわかってーし」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:25:05 ID:YDdynFnfO

あーし「・・・ただそれでも・・・」

八幡「?」

あーし「アンタんとこに行く理由、なんとなくちょい分かった気がするわ」ニコッ

八幡「(なんだよその笑顔は)」ドキッ

あーし「・・・あーしそろそろ行こっかな・・・・・・うわ、なんだかんだ結構時間たってーし!」

八幡「・・・おぅ・・・んじゃな・・・」

あーし「あ、ちょ!」

八幡「・・・まだ・・・何か?」

あーし「メアドと番号交換しね?」

八幡「・・・・・・マジで?」

あーし「うわー・・・なーにその露骨に嫌そうな顏・・・」

八幡「だって交換したって活用する機会なくねーか?お前、自分が俺と直接やりとりする機会想像出来るか?(俺はまったくない!)」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:31:17 ID:YDdynFnfO

あーし「はぁー・・・だーからアンタはボッチなんだろ」

八幡「ぐ・・・・・・」

あーし「べーつに使う機会あろーがなかろーが、使う気が更々なかろうがさー」

あーし「こーゆう時は黙ってただ交換しときゃいーんだよっ!・・・ん!」

八幡「・・・!」

あーし「それにもしかしたらなんかん時になんかで使うかもしんねーじゃん?」

あーし「絶対ねーなんて、アンタ言えんの?」

八幡「・・・そら言えねーな俺は予言者じゃねーし」

あーし「だったらそーいうことっしょ!・・・ほら!」

八幡「・・・おぅ」

赤外線ビビビ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:42:27 ID:YDdynFnfO

あーし「んじゃ」

八幡「おぅ」


―――

八幡「(三浦優美子・・・ああして喋ってみてわかる)」

八幡「(あいつにもまた雪ノ下や由比ヶ浜とは別の力強さがあるんだな・・・)」

八幡「(言いたいことをはっきりと言う力・・・思ったことを即行動に出来る力・・・)」

八幡「(それは・・・時には直情的であったり、時には軽率であったり、時には無神経だったりもするのだろう・・・)」

八幡「(けれどそれでも・・・それはそれ以上に誰かを助け支えているのだろう・・・)」

ピロリロリーン


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 15:54:48 ID:YDdynFnfO

八幡「・・・」

from:三浦
sub:言い忘れてた

八幡「三浦・・・」


『改めていちおーな

髪褒めてくれてありがと!
マジ嬉しかったからさ・・・

PS
な?さっそく奏功したっしょ!?』



八幡「こんな間抜けな奏功があっかよ・・・」


八幡「・・・・・・フフッ」


【終】

元スレ:八幡「似合ってんな黒髪」黒髪あーし「はぁぁ!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371874336/
 

注目記事!




関連記事
 

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

良かった。


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。