FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:27:30.57 ID:6XHNZ68o0
立て直しました!

・【注意!!】性描写が出てきます
・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません

凛父「男ってやつは・・・」


の後日談になりますが、見なくても影響はありません
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:40:21.57 ID:6XHNZ68o0
― 事務所 ―

楓P(以下、P)「お疲れ様です」

凛P「おー・・・お疲れさーん」

P「あれ、凛Pさん一人ですか?」

凛P「今日凛はオフだし、他のPは仕事、ちひろさんも買い出しに行ってるんだ」

P「そうでしたか」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:40:52.48 ID:6XHNZ68o0
凛P「楓さんはどうしたんだ?」

P「あぁ、なんか借りたいDVDがあるとかでそのまま直帰されたんですよ」

凛P「ふぅ~ん、DVDねぇ・・・」

P「そういえば最近映画とか見てないなぁ・・・」

凛P「・・・」

P「さて、仕事するか・・・」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:41:19.60 ID:6XHNZ68o0
凛P「・・・なぁ」

P「はい?」カタカタ・・・

凛P「これはとある方から聞いた話なんだがな・・・」

P「はぁ」カタカタ

凛P「」キョロ、キョロ

凛P「【いけないアイドル】っていうシリーズで、楓さんに似てるエロビデオがあるって話、知ってるか?」ボソッ

P「!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:41:46.19 ID:6XHNZ68o0
P「し、知りませんよ!! 何言ってるんですかっ!?」

凛P「声が大きいって!」シーッ!

P「凛Pさんのせいじゃないですかっ!!」

凛P「怒るな怒るな」ハハハ

P「仕事の邪魔しないでください」カタカタカタ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:42:16.84 ID:6XHNZ68o0
凛P「・・・気にならない?」

P「な、なりません! ぼくそういうの好きじゃないんで」

凛P「え、もしかして・・・」ソッチ?

P「ちがいます!」

凛P「じゃあ気になるだろ、普通」

P「表立ってそういうのを借りたくないんです!・・・誰かに見られるかもしれないし、楓さんに罪悪感が・・・」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:42:43.11 ID:6XHNZ68o0
凛P「・・・そんな時に使える魔法のコトバを教えてやるよ」

P「魔法のコトバ?」

凛P「『検品』・・・これを言えば、完璧さ」

P「いや、無理ですって・・・」

凛P「大丈夫! 誰かに見られても『検品なんで!』って言えばなんとかなるから!」

P「そう言う問題じゃ・・・あ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:43:11.42 ID:6XHNZ68o0
凛P「ちひろさんにバレたら怒られそうってことか?」

凛P「大丈夫! 『検品なんで』って言えば、あの鬼は何も言えないから!」アッハッハ!

P「」カタカタ

凛P「おいおい~、無視すんなよ~」

「私が続きを聞きましょうか?」

凛P「」ゾクッ

凛P「・・・!」

凛P「・・・あ、お帰りなさい」エヘヘ・・・

ちひろ「・・・続き、ぜひ聞かせてください」ニコッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:43:47.24 ID:6XHNZ68o0
凛P「さ、仕事仕事」カタカタカタ・・・

バン!!

凛P「ヒッ!」

凛P「ち、ちひろさん・・・そんなに強く机叩いたら、机さんイタイイタイですよ?」アハハ・・アハ

ちひろ「続きを」ニコッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:44:25.10 ID:6XHNZ68o0
凛P「・・・ひ、一人では観てないんですよ!? ちゃんと凛と一緒に観ましたから健全な検品です!」

P(凛Pさん、それ逆効果ですよ・・・)カタカタカタ

ちひろ「うん?」

ちひろ「えーと・・・一緒に観たんですか?」

凛P「あっ・・・いや、あの~・・・あははっ! ちひろさん真顔こわーい」

ちひろ「」スッ・・・

凛P「検品! 検品! 検品! けんp・・・ゴシャッ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:44:59.46 ID:6XHNZ68o0
――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――

P「まったく・・・凛Pさんには参ったよ」ハァ・・・

店員A「ッシャ~セ~!」

― レンタルショップ ―

P「・・・」

P「来てしまった・・・」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:45:29.30 ID:6XHNZ68o0
P(わざわざ事務所から少し離れたレンタルショップまで・・・)

P(俺は何をしてるんだ・・・)ズーン

P(やっぱ帰ろう・・・)

客「返却お願いします」

店員A「いらっしゃせー! あ、お客さん! このシリーズイイっすよね~!!」

客「お、おい・・・」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:46:00.65 ID:6XHNZ68o0
店員A「この【いけないアイドル】シリーズ・・・」

P(凛Pさんが言ってたやつ!?)ピタッ!

店員A「でも最後まで観れてラッキーっすよ~・・・ここだけの話、このシリーズ回収されちゃうらしいんです」

客「え、そうなの!?」

店員A「はい・・・まぁ、実際観たら分かると思うんですが・・・・ヤバいくらい似てるでしょ?」

客「確かに・・・」

P(そんなに似てるのか!?)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:46:30.67 ID:6XHNZ68o0
店員A「それで突然の制作中止からの回収・・・まぁ、圧力でしょうね」

客「最後まで観れて良かった~」

店員A「これを観ないなんて、人生の半分は損してますよね~」

アハハハハハ!

P「・・・」

P「・・・」クルッ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:47:02.77 ID:6XHNZ68o0
~数分後~

P「・・・」つ【いけないアイドルvol.3 ~高垣楓編~ 『あなたのステッキ(棒)とってもすてっき♪』】

P(くっ・・・ダメだ!)

P(頭ではそう思っているのに・・・身体がレジに引き寄せられる!)

凛P『魔法のコトバがあるだろ?』

P(悪魔がささやいてくるっ!)

楓『プロデューサーさん』

P(か、楓さん!)
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:47:37.62 ID:6XHNZ68o0
楓『なにをなさってるんですか?』

P「な、なにって・・・本能と闘って・・・」

楓「?」

P「・・・あれ?」

楓「本能と闘い・・・ですか?」

P「か、かか楓さん!? どうしてここに!?」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:48:17.96 ID:6XHNZ68o0
楓「DVDを借りにきたんですよ」

P「いや、それは知ってますが・・・あれから結構時間も経ってますし、ここって楓さんの自宅から正反対じゃないですか」

楓「観たかった新作のDVDが見つからなくて、色々なお店を転々としてたんですよ」

楓「ここでようやく見つけました」つ【ダジャレ親父が行く! 秘湯温泉ツアー vol.2】

P(需要あるのか、これ?)

楓「新しいのがあったらしー・・・フフッ♪」

P「あはは・・・良かったですね、見つかって」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:48:53.69 ID:6XHNZ68o0
楓「あら? プロデューサーさんも何か借りられるんですね」

P「!」

P「え、えぇ!」ササッ!

楓「なにを借りられるんですか?」

P「え~と・・・」

P「・・・心霊映像特集です」

楓「そういうのが好きなんですか?・・・意外ですね」

P「そ、そうですか?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:49:22.22 ID:6XHNZ68o0
楓「プロデューサーさんはどちらかというと、ジブリとかディズニーみたいなアニメが好きなのかと思っていました」

P「そう見えますかね?」アハハ・・・

楓「プロデューサーさんのデスクにジブリのコップとか、ディズニーのフィギュアとか色々とあったので、てっきり・・・」

楓「あ、そう言えば最近もディズニーの新作を観てきたっておっしゃってたじゃないですか」

P「まぁ、そういうのも好きですけどね!」アハ、アハハ・・・
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:49:59.36 ID:6XHNZ68o0
楓「・・・」スッ

P(!? 近っ!)

P「な、なんでしょうか・・・?」

楓「今度、映画を観に行く時はぜひ私も連れて行ってください・・・あ、怖いのは無理ですけどね♪」フフフ

P「あ、あはは・・・じょーずなジョークってやつですかね!」

楓「フフッ・・・下手な洒落を言うのはよしなしゃれ、ですよ?」

P「楓さんには敵わないなぁ」アハハ・・・
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:50:28.28 ID:6XHNZ68o0
楓「じゃあ、行きましょうか」

P「え?」

楓「え?」

楓「借りるんじゃないんですか?」

P「か、借りますよ?」

楓「?・・・じゃあ、レジに行きましょうか」

P「は、はい・・・」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:50:57.54 ID:6XHNZ68o0
店員A「っしゃ~せ~」

P(うわ、この店員かよ・・・)

店員B「いらっしゃいませー」

楓「お願いします」

店員A「・・・お客さん、お目が高いっすね」

P(言うな言うな言うな!)
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:51:25.44 ID:6XHNZ68o0
店員A「この【いけない・・・P「ここのポイントカードってこれで良いんでしたっけ!?」

店員A「あ、はい。そうっす」

P「じゃあ、これ」

店員A「おあずかりしゃーっす」

P(よしっ!)

ピッ、ピッ、ピッ・・・・

店員A「お客さん、高垣楓がタイプなんすか?」

P(おい!)
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:51:56.68 ID:6XHNZ68o0
楓「?」チラッ

P「・・・はい、ファンですけど?」

店員A「ファンがこんなの借りちゃダメじゃないですか~」ニヤニヤ

P(ま、まずい!)

P「あ! そう言えば、ここの営業時間って何時までy・・・店員A「この【いけないアイドルvol.3 ~高垣楓編~ 『あなたのステッキ(棒)とってもすてっき♪』】なんて借りてることを高垣楓が知ったら幻滅されちゃいますよ!?」

楓「!?」

P(終わった・・・)
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:52:53.86 ID:6XHNZ68o0
店員A「でも、お気持ちわかります・・・俺も【しぶりん親衛隊】として、こういう物に極力手を付けたくないです・・・とは言っても俺達は男だからそういう気持ちには勝てませんよねっ!?」

店員B「」ウンウン

店員A「このDVDは近々回収されます・・・きっと、あなたが最後の人になるでしょう」

店員A「高垣楓を存分に楽しんでくださいっ!」ガシッ!

店員B「」(^-^)b

P(この店やべーよ・・・)

楓「・・・」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:53:41.40 ID:6XHNZ68o0
アリガトゴザッシッターーー!!

P「・・・」

楓「・・・」

P「あ、あの・・・検品なんです!」

P(あれ、なに言ってんだ!?)

楓「検品?」

P「そうですっ! このDVDは会社の方でも問題になっておりまして、楓さんの担当プロデューサーとしてですね!・・・あのですね・・・」アタフタ! アタフタ!

P(言葉が勝手に・・・)
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:54:19.63 ID:6XHNZ68o0
楓「・・・そ、そうですか」

P(ダメだ、見苦しすぎる・・・)

P(もういいや・・・正直に言おう。そしてプロデューサーも)

P「楓さん・・・すみませんでした」ペコリ

P「検品なんて嘘です。ただ自分が見たかっただけなんです・・・」

楓「・・・」

P「・・・俺、楓さんのp・・楓「検品なら・・・」

P「え?」

楓「け、検品なら・・・しょうがないですよね」

P「いえ、検品ではないんd・・・楓「私の担当プロデューサーとして・・・しっかりと一緒に検品しましょう」ズイッ

P「ちょ、近い・・・え、一緒に?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:55:17.11 ID:6XHNZ68o0
――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――

― 楓宅 ―

P「どうしてこうなった・・・」ソワソワ

楓「プロデューサーさん」

P「は、はいっ!?」

楓「・・・」

楓「ふふっ、そんなかしこまらなくても良いんですよ?」コレ、ビールデス

P「この状況では無理ですよ・・・」アリガトウゴザイマス
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:56:00.15 ID:6XHNZ68o0
楓「お酒を飲んだら自然と緊張も解れるかもしれませんね。どんどん飲んでいきましょう」

P「それ、ただ楓さんが飲みたいだけじゃ・・・」

楓「かんぱーい♪」 P「か、乾杯・・・」

~一時間後~

P「うぅ~・・・もう無理」

楓「プロデューサーさん、お酒苦手でしたか?」

P「いえ、そういうわけではないんですが・・・最近飲んでなかったんで」

楓「そうでしたか・・・お酒を避けてたんですね」

P「・・・楓さんは平常運転ですね」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:56:39.37 ID:6XHNZ68o0
楓「私も結構酔ってきましたよ? それに、酔ってる方がその・・・検品もしやすいかな? なんて・・・」

P「!」

P(忘れてた・・・そうだよ、これからAV観るんだった)

P(楓さんも本当なら観たくないんだろうなぁ)

楓「そろそろ・・・観ますか?」

P「・・・楓さん、本当にいいんですか? 俺のために無理しなくても・・・」

楓「いいえ、無理なんかしていません・・・それに私、もう大人ですよ? それくらい大丈夫ですよ」フフッ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:57:15.15 ID:6XHNZ68o0
P「・・・そうですか」

楓「では・・・再生しますね?」

ピッ


【いけないアイドルvol.3 ~高垣楓編~ 『あなたのステッキ(棒)とってもすてっき♪』】~♪

俺は高垣楓のプロデューサーだ。仕事柄、多忙であるため最近は処理する時間もない。そのせいか、担当アイドルの楓さんを見ていると襲いたい願望に駆られることがある。そして、とうとう自分を抑えられなくなってしまった・・・


P「ぶっ!」

楓「お、襲っ・・・」

P(男役はプロデューサーかよ・・・)
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:57:52.62 ID:6XHNZ68o0

~居酒屋~
偽P『楓さん、もう一杯どうぞ』

偽楓『ありがとうございます♪』


P(うわ~、確かに似てるな・・・)

楓「泣きボクロ、オッドアイまで・・・すごいそっくりさんですね」

P「え、え!? そ、そうですかぁ!? 楓さんの方が何倍も綺麗だと思いますけどね!」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:58:28.84 ID:6XHNZ68o0
楓「ふふっ、ありがとうございます♪」

P「・・・」

P(全く動揺してない・・・楓さんは大人だなぁ)

P(それに比べて俺は・・・はぁ~、情けない)


偽楓『プロデューサーさんも、どうぞ』

偽P『いえいえ、俺はもう結構です』

偽楓『一杯しか飲んでないじゃないですか・・・いっぱい飲みましょう』

偽P『じゃあ、もう一杯だけ』

偽楓『どうぞ・・・♪』トクトク・・・
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:59:38.73 ID:6XHNZ68o0
―――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――
――――――――――――――

偽楓『・・・ちょっとお化粧直してきますね』

偽P『はい』

偽P『・・・』ポチャン・・・


楓「目薬、でしょうか?」

P「目薬を入れると酔いやすくなるみたいですよ・・・まぁ、噂ですけどね」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:00:14.17 ID:6XHNZ68o0


偽楓『戻りました』

偽P『お帰りなさい』

偽楓『・・・』コクコク・・・

~数時間後~
― ホテル ―

偽楓『う~ん』フラフラ

偽P『楓さん、降ろしますよ』

偽楓『zzz・・・』

偽P『・・・ゴクっ』

偽P『・・・』ハァ・・ハァ・・・

スルスル・・・パサッ

偽P『楓さん! 楓さんっ!!』モミモミ

偽楓『・・・んっ///』

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:00:52.66 ID:6XHNZ68o0
P「・・・///」

楓「・・・」

楓「この女性、胸にもホクロがあるんですね」

P「そ、そうですね・・・そこも同じだったり・・とか」

P「な~んて・・・」アハハ・・・
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:01:21.33 ID:6XHNZ68o0
楓「・・・確認してみますか?」

P「へぇ!?」

楓「私の胸にホクロがあるかどうか・・・」

P「だ、大丈夫ですっ!///」

楓「ふふふっ♪」

P(くそ~っ、完全に楓さんの掌の上だ)
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:01:51.33 ID:6XHNZ68o0
P(完全に子ども扱い・・・なんだか悔しくなってきた・・・俺だって男なんだぞ)

P「・・・」

P「・・・じゃあ見せてください」

楓「え・・・?」

P「これは検品ですから、本人ではないということをしっかりと確認しなければいけません・・・というわけで脱いでもらえますか?」

楓「あ、あの・・・」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:02:17.34 ID:6XHNZ68o0
P「・・・」

楓「・・・」

P「あははっ! 冗談d・・・楓「わかりました」

P「え?」

楓「しっかりと確認してくださいね?」ヌギヌギ

P「う、うそうそ! 冗談ですから!!」

シュルルル・・・パサッ

P「!」サッ
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:02:48.00 ID:6XHNZ68o0
楓「プロデューサーさん、ちゃんとこっちを向いて確認してください」

P「・・・無理です!」

楓「私じゃないということを証明したいんです。お願いします」

P「・・・」

P「・・・」チラッ

P「!?」

楓「どう・・・ですか?///」

P「き、きき・・綺麗ですっ!///」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:03:15.83 ID:6XHNZ68o0
楓「ふふっ・・・そうじゃなくて、ホクロを見てください」

P「えっと・・・な、ないですね!///」

楓「これで私じゃないって信じてくれますよね?」ズイッ

P「か、楓さん! 近いですって!!」

楓「プロデューサーさんにはしっかりと見てもらいたかったんです」

P「へぇ!?・・・あ、あの・・・」

P「!」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:03:46.70 ID:6XHNZ68o0
楓「」フルフル・・・

P「楓さん、震えてますよ・・・」ガシッ

楓「! ・・・いえ、ちょっと寒いだけです」

P「嘘ですよね・・・なんでそんな無理をするんですか?」

楓「・・・」

楓「プロデューサーさんが・・・」

P「俺?」

楓「プロデューサーさん、お仕事辞める気でしたよね・・・?」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:04:38.06 ID:6XHNZ68o0
P「な、なんで・・・それを」

楓「わかりますよ・・・長いお付き合いですし・・・」

楓「・・・私、あのDVDを知った時どうすればいいのか分かりませんでした。このまま無かったことにしてしまおうとも考えていました」

楓「・・・でも、プロデューサーさんが私に謝った時の表情・・・何かを決意した時の表情でした」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:05:07.71 ID:6XHNZ68o0
楓「そしたら私、急に怖くなって・・・プロデューサーさんがどこかに行ってしまうんじゃないかって・・・」ポロポロ・・・

楓「そう思ったと同時に・・・言葉が出てきて」

P「楓さん・・・」ギュッ

P「担当アイドルに心配を掛けさせるなんて・・・本当にすみませんでした」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:05:33.89 ID:6XHNZ68o0
楓「こんな気持ち初めてです・・・プロデューサーさん」

楓「ずっと一緒にいたいんです・・・ずっと・・・」

P「俺も・・・俺も楓さんとずっと一緒に・・・」


偽P『あぁ! 楓さん!! 楓さーん!!』


P「!?」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:06:02.25 ID:6XHNZ68o0


偽楓『プロデューサーさんのステッキとってもすてきです!!』ジュッポ!ジュッポ!

偽P『か、楓さん! 俺もう・・・!!』


P(うっわ! エロっ!!)

P「・・・///」ウヘー・・・

楓「・・・」ムスッ

楓「プロデューサーさん!」グイッ

P「か、楓ふぁん!?・・・」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:06:34.13 ID:6XHNZ68o0
P(両手で両頬を挟まれたから喋りづらい・・・)

P「な、なんれひょうか・・・?」

楓「プロデューサーさん・・・よそ見しちゃダメです! 今は本物の私だけを見てください!」

P「楓さ・・・」

楓「」チュッ

P「んんっ!?」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:07:20.12 ID:6XHNZ68o0
P(やば・・・)

P(楓さんの唇柔らかすぎ・・・)

楓「・・・っぷは///」

P「あ・・・あの・・・///」ポカーン・・・


偽楓『あぁ~~ん!///』


P「!?」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:08:05.98 ID:6XHNZ68o0

偽P『どうですかっ!? 俺のステッキは!!』

偽楓『あっ、あんっ! プロデューサーさんのステッキ、素敵ですぅ~~!!』


楓「・・・」

P「も、もう検品は大丈夫ですね。消しましょうか・・・」アハハ・・・


偽P『楓さん、これが良いんですか!? どうですかっ!?』

偽楓『良いです!! それキモチいいです!!』


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:08:58.23 ID:6XHNZ68o0
P「えっと、リモコンは・・・」

楓「プロデューサーさん・・・」ズイッ

P「な、なんですか?」

楓「・・・もう検品は終わりなんですか?」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:09:58.96 ID:6XHNZ68o0
P「え、えぇ・・もう十分かと」

楓「もう一つ・・・確かめること、ありませんか?」

P「え?」


偽楓『あんっ/// あんっ/// あ~んっ///』


P「・・・」

楓「・・・///」ジーッ

P「か、楓さん!」ガバッ

楓「きゃっ///」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:10:29.75 ID:6XHNZ68o0
~翌日~
― 事務所 ―

P「おはようございまーす」

凛P「おはよう!」

P「凛Pさん!?・・・どこも目立った傷はないみたいですけど、昨日は大丈夫だったんですか?」

凛P「・・・大丈夫じゃないんだな、コレが」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:11:00.48 ID:6XHNZ68o0
P「え?」

凛P「営業に支障が出ないように、見えるところには何もしてこないんだが・・・」ヒソヒソ

凛P「全身筋肉痛になる秘孔を突かれてな・・・」イタタタ・・・

P「何者なんですか、あの人は・・・」

凛P「さぁな、ただ怒らせない方がいいってことだけは確かだよ!」アハハ!
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:11:32.61 ID:6XHNZ68o0
P「笑えないんですけど・・・」

ちひろ「おはようございます♪」

P「うわぁ!? お、おはようございますっ!」

凛P「」ビクッ!

凛P「おはようございますっ!」

ちひろ「はい、おはようございます♪」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:12:45.30 ID:6XHNZ68o0
凛P「何もなかったかのような顔して・・・はぁ、仕事するか」

P「そうですね」

プルルルルルル・・・

ちひろ「はいは~い」トテテテテ・・・

ちひろ「おまたせしました、346プロダクションです・・・・はい・・・はい?」

ちひろ「え~っと・・・それはPでお間違いないでしょうか?」

ちひろ「はい、はい・・・それでは確認後、またお電話いたします」カチャン
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:13:17.32 ID:6XHNZ68o0
凛P「いま、お前の名前が出てきたぞ」

P「え、俺ですか?」

ちひろ「Pさん」

P「は、はいっ!?」

ちひろ「・・・Pさん、昨日レンタルショップに行きましたか?」

P「・・・」

ちひろ「どうなんですか?」

凛P「・・・あ」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:13:48.74 ID:6XHNZ68o0
P「行きました・・ね」

凛P「ふ~ん」ニヤニヤ

P「なんですか!?」

凛P「いやぁ、べつに~」

ちひろ「まぁ、もう何のことだかお分かりだとは思いますが、昨日Pさんが借りたDVD・・・全店舗で回収されるんですが、それが今日なんですよね」

P「え!?」

ちひろ「今、レンタルショップから電話が来たんです。回収してバックヤードに置いておいたDVDを、間違えてアルバイト店員が店頭に並べてしまった・・・と」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:14:33.50 ID:6XHNZ68o0
ちひろ「それで急いで回収しようと先ほどPさんの携帯にお電話したようなのですが・・・」

P「携帯・・・あれ!?」

P(楓さん家に忘れた!)

P「私用の携帯は自宅に忘れてしまったみたいです・・・」アハハ・・・

ちひろ「えぇ、呂律の回らない女性が電話に出てきたそうですが・・・」

P(なんで出ちゃうの!?)
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:15:07.31 ID:6XHNZ68o0
ちひろ「話にならないので保険証のコピーからコチラに電話をかけたんだそうです」

凛P「へぇー、お前彼女いたんだ?」

ちひろ「・・・とにかく今日中に返却してくださいね」

P「わ、わかりました」

プルルルルルル・・・

ちひろ「はい、こちら346プロダクションでございます・・・あぁ、楓さんですか?」

P「」ガタッ
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:23:59.29 ID:6XHNZ68o0
ちひろ「昨日のDVD?・・・エッチなやつ・・・はい・・・私Pさんじゃありませんよ?・・・
はい、これ事務所の電話です」チラッ・・・

P「」ガクガク

凛P「お、おい・・・お前まさか」

ちひろ「楓さん、なぜ慌ててるんですか?・・・あと、この電話番号って楓さんの自宅のですよね?・・・なんでPさんが借りたDVDとPさんの携帯が楓さんの自宅に?・・・楓さん、呂律が回ってなくてよく聞き取れないんですが・・・」ジーッ・・・

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:26:55.71 ID:6XHNZ68o0
凛P「おい、ちひろさんがメッチャこっち見てるぞ・・・」

P「た、たた助けてくださいっ!」ガシッ

凛P「・・・無理だね、諦めな」

P「そ、そんな・・・」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:27:41.67 ID:6XHNZ68o0
ちひろ「Pさん・・・?」

P「はいっ!」ビクッ!

ちひろ「・・・楓さんも呼びましたので、どういうことか色々とお聞かせください」

P「ひぃ!? いや・・・その・・・『検品』なんですっ!」

終り
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:28:36.69 ID:6XHNZ68o0
以上になります!
ありがとうございました!!
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:33:16.42 ID:dyYwGIBt0
絶対検品主張しますっ!
乙でございました

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング