FC2ブログ

佐天「ゲッター線を操る能力かぁ...」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:11:41 ID:ZoJv5M9s

初春「佐天さん!能力が開花したってホントですか!?」

佐天「そうなんだよ~、私もついに能力者!」

初春「で、レベルはいくつですか?」

佐天「レベル1だよ~」

初春「そうなんですかぁ~、努力しがいがありますね!」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:15:32 ID:ZoJv5M9s
初春「...あれ?でも確か風を操ってたような...」

佐天「ああ、あれ?ゲッター線の渦だったらしいよ」

初春「何ですかそれ?」

佐天「『ゲッターサイクロン』っていうらしいよ」

初春「ますます分かりませんよ...」

御坂「佐天さーん」ノシ

佐天「あっ!御坂さん!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:20:22 ID:ZoJv5M9s
黒子「私もいますのよ」

佐天「あっ、白井さんまで!」

御坂「能力開花おめでとう」

佐天「ありがとうございます!」

黒子「レベルはいくつですの?」

佐天「レベル1です!」

御坂「とりあえずここじゃなんだからファミレス行きましょ」

黒子「賛成ですの」

初春「やったー!!!」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:24:52 ID:ZoJv5M9s
ファミレス店内

御坂「で、そのゲッター線っていうのはなんなの?」

黒子「聞いたことがありませんの」

佐天「実は何故か知ってるんですよね~」

初春「どうふぃうこふぉでふか?」モグモグ

黒子「初春ェ...」

佐天「いやぁ、説明するの難しいなぁ...」

御坂「誰かに教えられたってことじゃ無いの?」

佐天「はい、そうなんですよ~」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:27:48 ID:wxc8k67o
れべる5になったらどうなんだ…
ゲッペラー召喚でもすんのか?
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:30:21 ID:ZoJv5M9s
黒子「むぅ...ますます気になりますの...」

御坂「そういえば佐天さん、風を操ってたよね」

佐天「はい」

御坂「他には何かできるの?」

佐天「レベルが上がれば出来ることが増えたりするそうです」

初春「今のも既に知っていたこと何ですか?」

佐天「そうだよ、なんか不思議だね」

御坂「まあ、何かあったら言ってね」

黒子「協力しますの」

佐天「ありがとうございます!」ペコ
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:36:47 ID:ZoJv5M9s
御坂「じゃあね~」

佐天「今日はありがとうございました~」ノシ



佐天「よし、ちょっと調べてみるかな~」

初春「ゲッター線ですか?」

佐天「うん、なんか気になるし」

初春「じゃあ、私は風紀委員があるので失礼します」

佐天「そっか、じゃあ明日学校でね~」



?「裏道は..っ....ない..」

佐天「へ?」

?「裏道は通ってはいけない」

佐天「な、なに?声?」

佐天「...」

佐天「...え?あれ?」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:44:51 ID:ZoJv5M9s
佐天「...聞こえなくなった...」

佐天「裏道?」

佐天「そっか!裏道を通れば早く家に着く!」

佐天「なんか便利な能力ぅ~」テクテク

?「まったく...」

佐天「え?」

スキルアウト「おっ!可愛い娘発見!」

スキルアウト「ねえねえ、俺たちと遊ばなぁい?」

佐天「うっ...や、ヤバイかも...」

スキルアウト「あぁ?なんだって?」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:49:52 ID:ZoJv5M9s
佐天「い、いえ、私用事があるんで...」

スキルアウト「いやぁ、そんなこと言わずにさぁ?」ガシッ

佐天「え、ちょっと...」

スキルアウト「へへっ、捕まえたぜ~」

佐天(そうだ、能力!)

佐天「えいっ!」ヒュウウウウウウ

スキルアウト「....はっ?」

佐天「え?」

スキルアウト「やべぇ、クッソ弱ぇぞこいつwww」

スキルアウト「チョロ過ぎフイタwww」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 00:58:36 ID:ZoJv5M9s
スキルアウト「さあさあこっち来いよ!」グイ

佐天(初春!!ピンチだよぉ!!!)

............ンジ

.........チェンジだ....

佐天「ひょ?」

.........その速さは....

........光を超える....

佐天(....なんだろう....この感覚....)

スキルアウト「おいテメェ!聞こえてんのか!」

佐天「......ンジ....」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 01:03:17 ID:ZoJv5M9s
スキルアウト「はぁ?」

佐天(なんか分からないけど...)

佐天(叫びたい!これを...お腹の底からっ!)

佐天「チェエエエエンジゲッタァアアアアアー」

スキルアウト「!?」

佐天「ツゥウウウウー!!!!」

スキルアウト「!?」

スキルアウト「なんだ...こいつ!」

スキルアウト「.....光ってやがる....」

カッ!!

........

スキルアウト「ううっ......何っ!?」

スキルアウト「いない...だとぉ?」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 01:07:13 ID:ZoJv5M9s
スキルアウト「クソっ!なんだあいつ!」

スキルアウト「ちっ!結構いけそうだったのによぉ!」



....

佐天「ハァハァ...」

佐天「す...すごい...」

佐天「あんなスピードで走れるなんて...」

佐天「これが...私の...」

佐天「.....力....ゲッター....」

佐天「...」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 01:11:17 ID:ZoJv5M9s
翌日

初春「佐天さぁああん!」タッタッタ

佐天「あっ!初春~」

初春「昨日は大丈夫だったんですか!?」

佐天「平気平気~」

初春「良かったです....運がいいですね、佐天さん」

佐天「いやいや初春、私の能力だよぉ~」

初春「え!?まさか戦ったんですか!?」

佐天「いやいやまさかぁ~」

初春「で、ですよね~」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 01:15:30 ID:ZoJv5M9s
初春「で、逃げてきたんですか?」

佐天「そうだよ」

初春「でもどんな能力の使い方したんですか?」

佐天「どんなって?」

初春「だってレベル1ですし...簡単には逃げられないような...」

佐天「あぁ、それだけど、私、レベル2になったから」

初春「」

初春「え?」

佐天「え?」

初春「....だって早すぎません?」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 08:49:20 ID:2H3j47qE
ゲッター線だからな
そりゃ早くもなるよな
速度だけじゃなく、色々と……
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:20:50 ID:ZoJv5M9s
佐天「いやぁ、自分でもびっくりしたからさ、測り直したんだ~」

初春「...それで、たった一日でレベルアップですか...」

佐天「えへへ...」

初春「ま、まあ能力の使い方には気をつけて下さいよ」

佐天「分かってるってば!....そ、れ、よ、り♪」

初春「え?」

佐天「てぇえええい!」ブワサッ

初春「ぬっふぇぇえええ!?」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:24:25 ID:ZoJv5M9s
佐天「へぇ~今日は真っ白なんだぁ~」

初春「佐天さぁああああああん!!!」ポカポカ

佐天「まあまあ初春落ち着いて」

初春「それをどの口が言いますか!」

佐天「あっ、授業始まるよ~」

初春「うぅ...」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:30:28 ID:ZoJv5M9s
..................



...鳴った...

...また鳴った...

...戦いの...

...ゴングがっ!!...

佐天「!?」ガタッ

教師「ど、どうした佐天?」

佐天「...へ?」

教師「...はぁ...じゃあ寝ぼけてた佐天、問4を解いてみろ」

佐天「え、あ、はい...ええっと...」

佐天(ふぅ...なんだろう今の...)

佐天「分かりません」ドワォ

教師「ハァ.....」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:39:08 ID:ZoJv5M9s
...

佐天「まったく...追加の宿題なんて先生は酷いな~」

初春「それ100%佐天さんが悪いですよね~」

佐天「なにおう!?」クワッ

初春「ひぇええ~..パ、パンツだけは~!」

佐天「悪い初春にはおしおきd...

...実験開始...

...時間が無..い...

...力に..溺れた...

...孤...高..の..

佐天「!?」

初春「ひょ?」

佐天「まただ...」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:44:17 ID:ZoJv5M9s
佐天「さっきからずっとこんな感じだ...」

佐天「意味不明な筈なのに私の使命のような...」

初春「さ、佐天さん...?」

佐天「さっきから異様なペースで声が聞こえるんだよ...」

初春「...いい耳鼻科知ってますよ?」

佐天「ドワォ」

初春「な、殴りましたね!?」ウルウル

佐天「...!」

初春「え?」

佐天「...こっちなの?」タッタッタ

初春「え、ちょ...佐天さぁん!!」タッタッタ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:50:33 ID:ZoJv5M9s
....

佐天「」

初春「ハァハァ...ちょっと佐天さん....?」

佐天「なに...これ...」

初春「え......血?」

佐天「うっ...」

初春「ちょ、佐天さん!?」

初春「お、応援呼びますね!」

佐天「ダメ!!」ガシッ

初春「な、何ですか!?」

佐天「い、いいから...」ブルブル

初春(さ....佐天さん?)
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:54:25 ID:ZoJv5M9s
初春「で、でも何かの事件っぽいですし...」

佐天「これは知っちゃいけない気がする...」

初春「な、何でですか!?」

佐天「...........ゲッター.......」

初春「!?」

佐天「....もっと....残酷な運命が....」

初春「しっかりしてください!!」ガシッ

佐天「!?」

初春「と、とにかく広いところへ...」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 20:57:03 ID:ZoJv5M9s
..........

御坂「....」

御坂「....」

御坂「こ、これで....」

御坂「終わったのね....」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 21:03:09 ID:ZoJv5M9s


佐天「...」

初春「佐天さん?大丈夫ですか?」

佐天「う、うん...」

初春「...一応一安心...ですね...」

佐天「初春、さっきの話...」

初春「言いませんよ」

佐天「え?」

初春「私は佐天さんの親友です、親友の頼みは聞きますよ♪」

佐天「う、初春....」

初春「佐天さん...」

佐天「あ、ありがとう...」

初春「えへへ...いいんですよ」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 21:08:20 ID:ZoJv5M9s
初春「そのかわりに...」

佐天「スカートめくり禁止は無しでね」

初春「もう!そんなんじゃないですよ!!」

佐天「あはは...冗談冗談...」

初春「...何かあったら、気にせず相談してくださいね?」

佐天「...」

佐天「...ありがとう...初春....」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 21:11:45 ID:ZoJv5M9s


佐天「じゃあね、初春~」

初春「また明日学校で!」

佐天「うん!」


.............
........
..


佐天「........」

佐天「.....声の方向は確か....」

佐天「......こっちか....」タッタッタ

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 21:47:08 ID:5wCLw7Kg
そうか、行くのか……
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 21:48:12 ID:wxc8k67o
佐天さんすげー濃い顔になってそうだな
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 13:01:22 ID:lXh5YplE


?「...」クチャクチャ

?「...」クチャクチャ

?「...」

?「...チッ」

?「...やっぱ不味いなァ...」

?「...あァ?」ピクッ

?「...」

?「...キヒッ」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:43:29 ID:lXh5YplE


佐天「ハァハァ...」タッタッタ

佐天「!」タッ

佐天「...」

佐天「...また...血だ...」

?「はぁ~あ~い~」

佐天「!?」バッ

?「何ですかァ?一般人ですかァ?」

佐天(な、なに...この人...)

?「...あァ?もしかして誰?...とか思っちゃってるんじゃないんですかァ?」キヒ

佐天「...!」

佐天「だ...第一位っ!?」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:14:44 ID:lXh5YplE
一方「...オマエ...」

佐天「...」

一方「面白ェなァ」キヒ

一方「考えてみれば、"ココ"を知ってたみてェだなァ?」

佐天「...っ!」

一方「"裏"の奴じゃァ無さそうだしなァ?」

佐天(第一位...顔も名前も知らない筈なのにっ..!)

佐天(なんで私には分かるの...!?)

佐天(この人が...この人が...)

一方「あァ?放心状態ですかァ?」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:20:07 ID:lXh5YplE
一方「あ~あァ~、おしゃべりがすぎたなァ...」

一方「"実験"を知ってる一般人は消さないとなァ...」

佐天「...え?」

一方「...残酷な運命ってヤツかァ?キヒッ..」

佐天(...殺される...殺されるっ!!)

一方「......んじゃ、そーゆーことォで」

佐天「!?」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:24:45 ID:lXh5YplE
一方「じゃあなァ」ギュィイイイン!!

佐天(コ、コンクリートが...)

ドワォォオオオオオオン!!!

一方「...やっぱ一般人じゃァ退屈しのぎになんねぇなァ...」

一方「...」

一方「...ケッ..」スタスタ



...
..
.
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:27:27 ID:lXh5YplE
佐天(.......)

佐天(.......)

佐天(.....うっ...)

佐天(....わ、私は....)

佐天(...ここは..?)

佐天(...私は...?)

佐天(...!)

佐天(...あなた...)

佐天(...誰?)


ドワッ!
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:32:11 ID:lXh5YplE
......ん...

.....さん...

.............

初春「佐天さんっ!!」

佐天「のわっ!?」

初春「よ、よかったぁ~!!」

佐天「...初春?」

初春「佐天さん!佐天さぁ~ん!!」

佐天「う、初春っ!」

初春「へっ?」

佐天「ど、どうしてここに!?」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:37:26 ID:lXh5YplE
初春「通報を受けて駆けつけたんですよ!」

佐天(...裏路地だったから気づかれないと思ったけど...運いいな...私...)

初春「"橋の上で倒れてる人がいる"って聞いたので、監視カメラを見たら...」

初春「佐天さんだったものですから...」

佐天「えっ....」

佐天「ここ....」

佐天「...橋?」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:41:35 ID:lXh5YplE
初春「いやぁ、でもよかったです...」グスン

佐天「...初春...」

初春「ん?何ですか?」グスッ

佐天「...私...」

初春「?」

佐天「...いや、やっぱなんでもない...」

初春「...」

初春「...佐天さん?」

佐天「...」

初春「佐天さん」

佐天「な、何?初春?」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:51:30 ID:lXh5YplE
初春「もう忘れたんですか?」

佐天「な、何を?」

初春「『何かあったら、気にせず相談してください』って...」

佐天「..!」

初春「佐天さんが悩むのはやっぱり放っておけません」

佐天「初春...」

初春「役に立てるかは分かりませんが...」

初春「じっとしているだけというのも、ダメだと思うんです...」

佐天「...」

初春「今すぐにとは言いませんが、いつか言って下さいね」

佐天「...」

佐天「...分かったよ...初春...」

初春「ふふ...絶対ですよ!」

佐天「...うん」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:55:25 ID:lXh5YplE


.....

佐天「...」

佐天(事情聴取は初春がなんとかしてくれたけど...)

佐天(...この真実はどうすれば...)

佐天(...御坂さん...)

佐天(...それにしても...)

佐天(...瞬間移動...?)

佐天(...白井さんの能力でもないのに...)

佐天(...もう考えたくない...)

佐天(頭がパンクしそう...)

佐天「....はぁ....」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:02:17 ID:lXh5YplE
...10017...

佐天「!」ビクッ

佐天「な、なに...」

佐天「...しかも...この感じ...」

佐天「また...御坂さん...?」

佐天「な...なんで...?」ガクガク

佐天「...こんな能力...」

佐天「...もう嫌だ...」

佐天「...知りたくない...見たくない...」

佐天「...おかしくなりそう...」

佐天「もう...いらない...」



.......友が悲しんでも?



佐天「え?」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:08:26 ID:lXh5YplE
急げ...時間が無い...

佐天「うわっ!?」ドワッ

佐天「えっ...浮いてる!?」

...ゲッターウイング...

...急げ...

佐天「これ...私の...力...?」

...ゲッターウイング...

佐天「...」

佐天「ええいっ!!」

佐天「ゲッタァアアアアアアアアア」

佐天「ウイングッ!!!!」ドワッ
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:16:09 ID:lXh5YplE


初春「...ハァハァ...」

スキルアウト「おぉい待てよ」ヘヘッ

初春「きゃあっ!」

スキルアウト「風紀委員狩りってのはやめられねぇなぁ...」

初春「やめて下さい!お、応援を...」

スキルアウト「あぁ?」ガッ

初春「うっ!....」ガクッ

スキルアウト「おいおいwやりすぎだっつーのw」

スキルアウト「いいんだよこれくらいで」

スキルアウト「あぁ~スッキリするわぁ~」

ダァンッ!!!!!!

一同「!?」

佐天「...」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:22:03 ID:lXh5YplE
佐天「...久しぶりですね...」

佐天「初春に手を出しましたね...」

佐天「今度こそ...」

佐天「引導を渡してあげますよ」

スキルアウト「お前あの時の!?」

スキルアウト「ちょうどいいぜ!おらっ!!」ダッ

佐天「...」ヒュン

スキルアウト「!?」

スキルアウト「クソっ!テレポーターかっ!」

佐天「オープンゲット...」

スキルアウト「あぁ!?」

佐天「チェンジ...」

スキルアウト「!」

スキルアウト「なんか来るぞ!!」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:30:05 ID:lXh5YplE
佐天「ゲッタァアアアアアアアアア」

佐天「ゥワン!!」ドワッ

スキルアウト「!?」

スキルアウト「なんかヤバそうだぞっ!」

佐天「ゲッタァーウイングッ!」バッ

スキルアウト「っ!?」

佐天「てぇえええい!!」ガッ

スキルアウト「うっ...」

スキルアウト「う、うわぁ!!!」ダッ

佐天「逃がさないよ...」

佐天「トマホォークッ!!」

スキルアウト「ひ、ひぃっ!!!」ダッ

佐天「ブゥーメラ...

ガシィッ!!

佐天「っ!?」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:36:13 ID:lXh5YplE
初春「佐天さん!!!!」

佐天「う、初春..」

初春「やめて下さい!!もう...もういいじゃないですか...」

佐天「っ...」

初春「最近おかしすぎますよ佐天さん!」

佐天「う、初春?」

初春「能力が開花してから、人が変わっちゃいましたよ!!」

佐天「初春...」

初春「私はそんな佐天さんより、前の佐天さんの方が良かったです!!」

佐天「っ!」

初春「レベル0でも、明るくて...純粋で...!」

初春「あの頃の佐天さんどこに行っちゃったんですか!!」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 06:55:47 ID:i0tJIki6
佐天「...」

初春「...」

佐天「...分かったよ...初春...」

佐天「...全部...全部、話すよ...」

初春「は、はい...」

初春「ど、どぉーんと来てくださいっ!」グッ

佐天「わ、私の能力は...」



............
........
....
.

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 07:08:15 ID:i0tJIki6
..
.....
.........

初春「...」

佐天「...というわけなの...」

初春「そ...そんな...み....御坂さんが.....」ガクッ

佐天(やっぱり重かったかな...)

初春「ご...ごめんなさい...」

佐天「いいんだよ...初春が謝らなくても...」

初春「いえ...相談して下さいなんて言っておいて、何にも力になれない挙句...」

初春「思考まで停止してしまって...」

初春「ははっ....風紀委員としても親友としてもダメですね...」

佐天「...!」

佐天(...そうか...これは私の問題...)

佐天(初春なんか巻き込んじゃダメだったんだ...)

佐天(...私は........逃げただけなのかな...)
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 07:14:07 ID:i0tJIki6
佐天「と、とりあえず戻ろう...」

初春「は、はい...」











佐天「あれから4日くらい経って...」

佐天「初春がメールをくれる...」

『危ない真似はしないでくださいね』

『何かあったらすぐ連絡下さい』

『今度また、5人でお買い物しましょうね』

佐天「初春にこんなに心配させちゃった...」
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 07:32:11 ID:i0tJIki6
佐天「私...能力持ってから変わっちゃったのかな...」

佐天「いや...能力のせいじゃない...」

佐天「私がダメなんだな...きっと...」

...友よ...我が名を呼べ

佐天「うっ...」ビクッ

佐天「き、来たっ!?」

...何をしている...我が名を...ゲッターを...

佐天「まって!!」

佐天「なぜ私だったの!!ゲッターってなんなの!?」

......

佐天「誰かは知らないけど答えてよ!!」

.....いずれ....わかる...
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 20:34:21 ID:i0tJIki6
佐天「...いずれって.....」

......名を呼べ......ゲッターを.....

......自分を......信じろ.....

佐天「......」

佐天「....分かったよ....」

佐天「....もう....」

佐天「....逃げない....逃げたりしない....」

佐天「来いっ!!!」

佐天「ゲッタァアアアアアアアアア!!」

ドワッ
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 20:38:44 ID:i0tJIki6
佐天(もう考えたくない...)

佐天(能力のことなんて忘れたい...)

佐天(聞こえてくるものなんて無視したい...)

佐天(...でも...)

佐天(そのせいで友達に迷惑をかけるなら...)

佐天(...やってやる...)

佐天(...親友として...)

佐天(...!)

佐天(...ゲッターとしてっ!)

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 20:47:59 ID:i0tJIki6


一方「...おいおい、さっさと始めよォぜ」

御坂妹「実験開始まであと1分と42秒05です、とミサカは残り時間を提示します」

一方「あ~あァ~、なんでそんなに律儀なンですかァ?」

妹「...実験の予定を狂わせないためです、とミサカは説明します」

一方「..はァ...たりィなァ...」

妹「...」

一方「おい、もういいだろうなァ?」

妹「あと15秒3..

ドワォォオオオオオオオン!!!!!

妹「!?」

一方「あァ?」

妹「予定にない状況です、とミサカは冷静に判断します...」

一方「....」

一方「...!」
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 20:54:23 ID:i0tJIki6
一方「...キヒッ...」

一方「退屈してる俺へのプレゼントですかァ?」

一方「なァ?」

一方「佐天さんよォ!!」

佐天「....」

佐天「調査済み...ですか...」

一方「そォだ...久々に面白ェ奴だと思ったからよォ...」

一方「そしたらなんだァ?」

一方「レベル2の分際でケンカふっかけてくるなンてよォ...」

一方「オマエ...最高なアホだなァ!!」キヒ
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:03:20 ID:i0tJIki6
一方「んなわけで殺すわ」ギュィイイイン

佐天「オープンゲット!」ドワッ

一方「チッ...前回で死ななかったのは、この回避能力のお陰ってかァ?」ギュィイイイン

佐天「チェンジゲッター2!!」

佐天「ドリルッハリケェーン!!」

一方「!?」

佐天「なっ!跳ね返ってっ...!」ドッ

佐天「くっ..!」ドサッ

一方「...オマエ...何者だァ?」

佐天「...?」

一方「多重能力者...いやバカな...」ボソッ

一方「.....まァでも...」

一方「最っ高に面白ェ奴だぜ!!」キヒ

妹「一方通行」

一方「あァ?」
67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:09:32 ID:i0tJIki6
妹「今更ですが計画に沿わない状況です、とミサカは注意します」

一方「ンなこたァ馬鹿でもわかるっつゥの」

一方「それよりなンだァ?そんなに早く殺されたいかァ?マゾですかァ?」

妹「...」

一方「あァ~あ、シラケちまうぜ...」

一方「...」スッ

シュルシュルシュル!!!!

ガッ!!!

佐天「!」サッ

ドォオオオオン!!
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:15:28 ID:i0tJIki6
一方「...ったくよォ...」

佐天「その子に手を出さないで...」

一方「オマエ...とことん面白ェ奴だぜ」

佐天「...」

一方「楽しみは最後までとっておけねェよなァ?」

妹(...分かりません...)

妹(なぜあのお方はそこまでして私を守ろうとするのでしょうか...)

妹(...とミサカは.......ミサカは.....)

一方「ンじゃ行くぜェ」ガッ
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:22:40 ID:i0tJIki6
佐天「!」サッ

ドォオオオオン!!

佐天「コ....コンテナが....」

一方「おいおい、コンテナ消したくらいで焦ンなよ」

一方「この方が見晴らしもいいしなァ」ガッ

佐天「くっ!オープンゲット!」シュン!

一方「...チッ...」

佐天「チェンジゲッター3!!」

一方「...!」

佐天「うぉおおおおお!!」ドワォオオン!!

一方「おいおい、オマエ本当にレベル2かァ?」

一方「コンテナ持ち上げるなんてよォ...」

一方「やっぱ最高だぜオマエ!!!」

佐天「うぉおおおおお!!!」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:26:53 ID:i0tJIki6
ドォオオオオン!!!!!!!!!!

佐天「ハァハァ...」

....

一方「休ンでる暇なンかねェぞ?サ、テ、ン、サ、ン?」

佐天「うっ!?」ゾク

一方「キヘッ...」ガッ

佐天「オープンゲット!」ドッ

一方「キヒッ」

佐天「!?」

一方「つかまえたァ」ニヤッ

ドガッ!

佐天「くはっ...!」ドッ
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:30:48 ID:i0tJIki6
佐天「ゲホッげほッ...」

一方「どうやら連続回避はできねェみてェだなァ?」ガッ

佐天「うっ!」ガッ

一方「なんだァ?終わりかァ?」

佐天「かはっ...」

一方「....チッ....」

一方「...期待し過ぎたかなァ?」

一方「...」

一方「...ンじゃ、そーゆーことでェ」スッ
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:36:52 ID:i0tJIki6
佐天「...あなたは...」

一方「あァ?」

佐天「そんなに"無敵"がいいの?」

一方「...あァ?」

佐天「..けほっ...あなたも逃げてるだけじゃない...」

一方「...なンだァ?説教かァ?」

佐天「...独り...ぼっちは...寂しかったでしょ?」

一方「俺のことを知ってたよォな言い草だなァ?」

佐天「唯一の理解者だと思った親に捨てられ...」

一方「...あァ...?」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:42:49 ID:i0tJIki6
佐天「考えることをやめたんでしょ?」

一方「オイ」

佐天「周りの人間が怖くなったんでしょ?」

一方「...」

一方「」ガン

佐天「うっ!」ガッ

一方「キヒッ...こんなに不愉快になったのは"その日"以来だなァ....あァ!?」

佐天「....」

一方「あァ~もういいわ、カタチが残ンねェほど粉々にしてやンよォ」

佐天「...勝機は....」

佐天「...勝機は....?」
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 21:45:28 ID:i0tJIki6
佐天「何か...」

一方「じゃァなァ」

佐天「物理攻撃は全くダメ...」

佐天「...」

佐天「...初春...」

佐天「...ごめんね...」

一方「...」スッ

グチャッ
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 18:29:51 ID:IBKek4LY
一方「...!」

佐天「...」

一方「なン...だとォ?」

佐天「...え?」

妹「うあ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!」

佐天「...御坂...さん...!?」

妹「い...いいえ...わ、私はお姉さまの...クローンです...と」

妹「ミサカは....懇切..丁寧に...ミサk....

佐天「...な...なんで...」

佐天「...なんで...」

佐天「...」

一方「...ケッ...」

一方「こんなクローンに涙しちゃってよォ...」

一方「自分の心配はしなくていいンですかァ?」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 18:35:39 ID:IBKek4LY
一方「しっかし驚いたなァ...」

一方「こいつらに感情が芽生えたってことかァ?」

一方「腹ァ抱えて笑いたくなっちまうぜ」キヒッ

佐天「...」

一方「ンじゃ次、オマエな...」

佐天「...なんかを...」

一方「あァ?」

佐天「...私なんかを...また逃げかけた私を...」

一方「...」

一方「言いたいことはそれだけかァ?」
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 18:41:15 ID:IBKek4LY
佐天「...」

...己の非力を悔いているのか?

...否

...お前はまだやりきっていない

...燃やし尽くしていない...

命を燃やせ...

怒りを燃やせ...

今が...



その時だ

佐天「」カッ!
78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 18:46:57 ID:IBKek4LY
一方「あばよ三s....!?」

佐天「」ゴォオオオオオオオ

一方「なんだァ?これは...」

一方「なんだァ?この光はっ!?」

佐天「うぉおおおおおお!!」ダンッ

一方「!」ギュイイイン

佐天「...」スタッ

一方「...キヒ...最後の悪あがきってかァ?」

一方「...面白ェ...」

一方「イイねイイねェ!最っ高だねェ!!」
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 18:53:02 ID:IBKek4LY
一方「殺りがいがあって楽しいぜェ!!」ギュイイイン

佐天「...」サッ!

一方「いオラオラ、逃げてばっかじゃつまンねェぞォ!!」

佐天「...ゲッター...」

...ああ、友よ...

...奴に物理は効かない...

佐天「...確かにそうだね...」

...ああ、奴は強い...

佐天「.....それなら.....」
80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 19:00:53 ID:IBKek4LY
一方「キヒッ」ガッ

佐天「...チェンジ」サッ

佐天「...ゲッター」

佐天「ゥワン...」

一方「かくぎくけこかきぐけこかきく...」

佐天「!?」

佐天「な、何っ!?」

一方「キヒッ...圧縮圧縮ゥ...空気を圧縮ゥ!!」

...今だ...

佐天「何っ!?無茶なッ!?」

...信じろ...

...己を....ゲッターをっ!!!

佐天「よしっ!やってやる!!」ダッ

一方「キヒッ...渦に向かって来るとはいい度胸だなァ?」

一方「跡形もなく消し飛ばしてやンよォ!」
81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 19:04:58 ID:IBKek4LY
佐天「うぉおおおおおお!!!」

一方「かくぎくけこかきぐけこかきく...」

佐天「くっ!」ザッ!

一方「どォしたァ?怖くなったかァ!?」

佐天「すぅ.....」

...行け...

...お前の全てを...

...命を...怒りを...

....粒子と化して!!



佐天「喰らえぇえええええええええええええええ!!!!」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/24(月) 19:07:31 ID:IBKek4LY
佐天「ゲッタァアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

佐天「ビィイイイイイイイイイイイイイイム!!!!!!!!」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:05:09 ID:i/RbJXSM
一方(なにィ!?)

一方(ビーム砲まで持ってやがったか...)

一方(だが...キヒッ...)

一方「おらァ!!」ゴォオオオオオオオ

佐天「圧縮された空気を...!?」

一方「キヒッ...残念だったな...」

...信じろ...お前なら出来る...

佐天「くっ...クソぉおおおおおおお!!!」ドワォオオオ

ゴォオオオオオオオオオ!!

一方「チッ...なんてェ馬鹿力だァ...」

佐天「うぁりゃああああああああ!!!」ドワォオオオ
87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:10:49 ID:i/RbJXSM
...ゲッター線...

...それはただのエネルギーではない...

...意志を持て...

...お前は何を望む...?

ゴォオオオオオオオオオ...

(.....物理は効かない.....)

一方「チッ...しぶてェなァ...」

佐天「...」

佐天「...見つけた...」

佐天「なんだ...」

佐天「簡単なほど難しいものもあるんだ...」

佐天「...友情みたいに...」
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:16:00 ID:i/RbJXSM
佐天「物理は効かない」

佐天「...なら...」

佐天「物理法則を消してしまおう...」

...戻れないが...いいのか?

佐天「私は逃げない...何があっても...」

.....

一方「チッ...埒があかねェぜ...」ゴォオオオオオオオ

一方「キッ...」

一方「ヴァアアアアアアアアアアアアア!!!」ギュイイイン

佐天「...」ゴォオオオオオオオ

一方「!?」ゴォオオオオオオオ

一方「え、演算は間違っちゃねェぞォ!?」

一方「なんだこれはァ!!」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:20:13 ID:i/RbJXSM
一方「確かに相殺されるように演算を組ンだはずだァ!?」

佐天「...」ゴォオオオオオオオ

一方「て、テメェ!?」

...トドメだ...

佐天「うぉおおおおおお!!!」カッ

佐天「最大出力だぁぁあああああああ!!!」ゴォオオオオオオオオオオ

一方「なにィ!?」カッ!
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:27:22 ID:i/RbJXSM
一方(クソっ...完全に崩しちまった...)

一方(演算が狂っちまったのかァ!?)

一方(クソっ...反射は...キヒッ...)

一方(反射は使えそうだなァ...)キヒヒ

一方「ったく...ハッタリかましてンじゃねェよ!!」

佐天「うぁああああああああ!!!!」カッ

一方「...!?」

一方「反....射......g..

ドワォオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

佐天「..くっ!!!」

佐天「うわぁああああああ!?」ドワォ!
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:33:19 ID:i/RbJXSM


............
..........



ドォオオオオオオン!!!!!

イマアッチカラ、スゴイオトシタジャン?

コンテナノホウカラデスネ

イッテミルジャン?

イ、イマカラデスカ!?

シゴトジャンヨ?

ハ、ハイ...




...
..
.
92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:36:16 ID:i/RbJXSM
...

ナニ!?

!?

ナンニモナイジャンヨ...

アトカタモナイデスネ...

トリアエズ、オウエンヲヨブジャン

ハ、ハイ!

...
..
.

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:42:44 ID:i/RbJXSM


佐天(....)

佐天(...ん...)

佐天(...ここは...?)

佐天(...そうか...私...)

...そうだ...

...ホントならあの衝撃で死んでいた...

...だが、物理法則を消してしまったからな...

...お前は一応生きている...

佐天(...一応...か...)

...だがもう戻れない...

佐天(...分かってる...)

佐天(浴び過ぎたんでしょ?ゲッター線を...)

佐天(なんか分かるんだ...)

佐天(なんでかな...)
95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 20:48:02 ID:i/RbJXSM
...お前のような無茶な奴はヤツ以来だな...

...もっともヤツよりよっぽどかわいいものだが...

佐天(...ふふ...そんな人居るんだ...)

佐天(........ねえ?)

佐天(あの時ゲッタービーム以外だったら、戻れたかな...)

...過程が問題では無い...

...言葉にはできないが...

...お前は悟ってしまう...

...その事実は変えられない...
96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:00:17 ID:i/RbJXSM
佐天(...そっか...)

佐天(...残酷ってこういうことか...)

...いずれ...分かる...

...お前はまだ若い...

佐天(...もう年とか関係ないけどね...)

...佐天涙子?

...また鳴ったぞ?

...闘いの...

...否...

...とらえ方は人それぞれか...

...さあ行け...

佐天(...)
97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:03:30 ID:i/RbJXSM
佐天(...これが運命なら...)

佐天(...それを創った馬鹿な神の顔を見てみたいな...)

佐天(...)

...次のゴングが鳴る前に...

佐天(...終わらせる...)

佐天「ゲッタァアアアアアアアアアアア!!!」


98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:09:09 ID:i/RbJXSM


佐天「ふぇ!?」

初春「え?」

黒子「...ど、どうしました?」

佐天「え?えっと...いやぁ...えへへ...」

初春「...変な佐天さん」

御坂「ちょろっと三人とも~!」

御坂「早くしないと売り切れちゃうよ~」

初春「...ゲコ太って売り切れたりするんですかね...?」

黒子「シッ!ですの!」
99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:14:43 ID:i/RbJXSM
佐天「...ふふっ...」

佐天「今行きますよ~!!」

黒子「初春、行きますよ」

初春「は、はい~って走るんですかぁ!?」

佐天「早くぅ~!!」

御坂「早くぅ~!!!」

佐天「...」

佐天「これも、ひとつの世界...かな?」





...これは一種の世界であって実在するかは誰も知らない
100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:21:47 ID:i/RbJXSM
一応終幕です

付き合ってくださったドワォ病の方、ありがとうございました
101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:44:11 ID:s26Ci.86
ドワ乙。
次回!サイボーグとして復活した一方通行が贈るバイオレンスアクション!
極道セロリ!!
一方通行「よくもスバラシイ体にしてくれたなァ!!最高だァ!!」
104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 23:19:37 ID:OVPmbXxc
おつおつ
出来たら偽書ssも書いてください> <
105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 23:23:07 ID:4.XUE7UY
乙!
俺達のゲッター佐天はこれからだ!

関連スレ:

佐天涙子 能力目覚めたシリーズ
(書き手はバラバラです)

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ