シンジ「ただの水飲んだアスカに『媚薬入りだよ』って言ってみた」【微エロ】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 11:01:20 ID:r12cqUv+0
アスカ「く、ぅぅ……この卑怯者ぉ……」モジモジ

シンジ(面白い…)


注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 11:10:25 ID:r12cqUv+0
アスカ「ハァ、ハァ……こんなの飲ませて……わ、私になにする気よ……」

シンジ「なにも」

アスカ「え?」

シンジ「いや、別になにもしないけど」
40: 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:15) 2013/12/08 12:53:45 ID:q2SYfdD90
アスカ「・・・え?」

シンジ(テレビ見よ)ピッ

ダンシゴハン!

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・何してんのよ」

シンジ「以前録画したテレビ見てるんだけど」

アスカ「・・・あんた放置プレイの・・・趣味でもあんの?」

シンジ「別に・・・」

アスカ「・・・いい趣味してるわね・・・私をこんな目にあわせて・・・はぁはぁ・・・放置なんて」モジモジ

シンジ「・・・」テレビ見る



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 13:14:56 ID:q2SYfdD90
アスカ「・・・あんたのせいで・・・身体が火照って・・・はぁはぁ」モジモジ

シンジ(人間思い込みでなんでもなるもんだな・・・)

アスカ「・・・あんたがそんな奴だとは・・・思わなかったわ・・・流石は・・・無敵のシンジ様ね・・・」

シンジ「さっきの媚薬入りってのは嘘だからね」

アスカ「何言ってるのよ・・・こんなにせつなくさせといて・・・」

シンジ(完全に思い込んでる、どうしよう・・・)
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 13:22:13 ID:d+gvBx2M0
二人ともかわいい
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 13:43:35 ID:q2SYfdD90
アスカ「私を・・・こんな目に合わせておいて・・・言い訳するの?」モジモジ

シンジ「わかった、ごめん、媚薬入れたって事にするよ、つい魔が差しただけだから、何もしないから安心して」

アスカ「ここまでしておいて・・・何もしない・・・馬鹿にしてるの!?」

シンジ「え?」

アスカ「私に魅力ないとでも・・・言いたいの!?」

シンジ「・・・そういうなら」スーッ

アスカ「私に手を出す気!? 変態! 鬼畜! これでも同居人としてあんたを信用してたのよ! それがこんなんだったなんて失望したわ!」

シンジ「じゃあ何もせずテレビ見てるよ」

アスカ「それじゃあ私の気がすまないわよ! なんで私には手を出さずに男しか出てない番組を優先する訳!? 録画ならいつでも見れるでしょ!」

アスカ「ってかいつ録画したのよ、ケン○ロウ出てるって結構前のじゃない! 媚薬仕込む前にいくらでも見る機会あったでしょ! あらかじめ見ときなさいよ!」

シンジ「そこまで言うならアスカに手を出すよ」スーッ

アスカ「変態! 最低!」

シンジ「どうすればいいんだよ・・・」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 14:09:34 ID:q2SYfdD90
シンジ「仕方ないな」戸棚ガサゴソ

アスカ「・・・何・・・探してるのよ」モジモジ

シンジ「確かここらへんに・・・あったあった」

アスカ「・・・それで・・・何する気・・・」

シンジ「やだな、これ使ってする事と言えばひとつしかないだろ」

アスカ「・・・」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 14:21:34 ID:q2SYfdD90
シンジ「アスカもそういうの溜まってるよね」

アスカ「私は・・・別に・・・」

シンジ「多少マシにはなると思うよ」ガシッ

アスカ「!」ピクッ

シンジ「抵抗しないって事は受け入れるんだよね」ニッコリ

アスカ「シンジの癖に・・・これは媚薬のせいなんだから!」

シンジ「そうかな? 媚薬は関係ないと思うしアスカがそれを望んでるんじゃないの?」

アスカ「・・・」

シンジ「だから・・・おとなしくしてもらおうか」


ペンペン「・・・」シンジが録画した番組を見てる
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 14:56:02 ID:q2SYfdD90
アスカ「・・・ぁっ・・・」ビクッ

アスカ「あっ・・・んぁ・・・///」

アスカ「あぅ・・シンジなんかで・・・感じるわけ・・・んっんーー!!」ビクッ

アスカ「ぁがっ! ああ・・・あん! ・・・痛っ!」

シンジ「あっごめん」

アスカ「ハァハァ・・・いいから続けなさいよ、どうせこの程度のテクニックでしょ・・・」ビクビクッ

シンジ「はいはい」

アスカ「・・・あっ ・・・ぃやん・・・///」

シンジ「・・・」

アスカ「んっ!!」ビクッ

アスカ「!・・・あんっらめっそこらめっ!」ビクビクッ

アスカ「らめなのっ!! そこらめなの!!!///」

シンジ「おい! はげしく動くなよ!」

アスカ「らめなのぉぉぉぉ! そんな奥に入れられると///・・・・んぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ビクビクビクッ
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 15:18:56 ID:q2SYfdD90
シンジ「はい、おしまい」

アスカ「・・・散々私を弄びやがって・・・」

シンジ「そのわりには気持ちよさそうにしてたじゃないか」

アスカ「・・・感じたフリしてただけよ! バカシンジのためのリップサービスなんだから調子乗らないで!」

シンジ「本当に?」

アスカ「///」

シンジ「普通あそこまで感じて動くかな、すごくもだえてたよね、奥に入れられた時なんかとくに」

アスカ「・・・それは・・・」

シンジ「でもね・・・





     耳掃除なんだからあまり動かないでよね、下手すると耳が傷付くよ」

アスカ「・・・ごめん」


ペンペン「ギャギャッッ」子安キックの練習
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 15:43:51 ID:q2SYfdD90
シンジ「もう媚薬の効果は切れてるよね、少量しか入れてないし効き目もなくなってるはず」

シンジ(元々入れてすらないんだけどね・・・)

アスカ「・・・まだ・・・全然治らないじゃない!」モジモジ

シンジ「耳掻きでだいぶ気がまぎれたと思うんだけど」

アスカ「紛れる訳ないでしょ!」

シンジ「そうか、どうしようかな・・・」

アスカ「・・・」フッ

シンジ「・・・ん?」

アスカ「・・・」ダキツキッ

シンジ「ッッ!!?」


ペンペン「・・・」レスラーブリッジ
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 16:07:35 ID:q2SYfdD90
シンジ「・・・アスカ?」

アスカ「あんたのせいでこんなんなったんだから黙って私に抱かれてなさい、バカシンジ」ギュー

シンジ「・・・ごめんね、僕のせいでこんな事になって」

アスカ「別に・・・むしろこんなにしといてまともに手を出せないなんて相当なヘタレね、バカシンジ」

シンジ「手を出してほしかった?」

アスカ「何言ってるのバカ!」

シンジ「・・・いつも僕の事バカだのヘタレだの言うよね、アスカ」

アスカ「それがどうしたって言うのよ」

シンジ「僕だって男だ、何もできないヘタレと思われたくないんだよ・・・」ギュ

アスカ「・・・何する気よ、バカシンジ」

シンジ「・・・」頭ナデナデ

アスカ「・・・」


ペンペン「・・・」フェイント掌底からの羆ラッシュの練習
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 16:25:46 ID:q2SYfdD90
シンジ「・・・」ナデナデ

アスカ「・・・」

シンジ「はい、これでおしまい」バッ

アスカ「・・・え?」

シンジ「あれ、どうしたの?」

アスカ「これだけ?」

シンジ「うん」

アスカ「本当にヘタレね、バカシンジ、もう少し男らしいことできないの?」

シンジ「何想像してたんだよ、そういう事想像するアスカが変態じゃないだろ」

アスカ「へ?」

シンジ「ねぇ、アスカが思うその男らしい事聞かせてほしいなぁ」ニッコリ

アスカ「なっ何言ってんのよ、バカシンジのくせに///」


ペンペン「・・・?」ガサゴソッ
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 16:43:02 ID:q2SYfdD90
アスカ「媚薬の効果は切れたみたいね」

シンジ「よかった」

シンジ(元から媚薬なんてないけど)

シンジ「そろそろ夕食の仕度するね」

アスカ「今日は何作るの?」

シンジ「すっぽん鍋」

アスカ「・・・もしかしてそれで精力強壮してまた私に媚薬仕込んで盛る気?」

シンジ「そんなつもりはないよ、綾波からおすそ分けしてもらったんだよ、いっぱい獲れたからって」

アスカ「なんであいつがすっぽんをおすそ分けするほど獲ったのよ、そういう事する奴だっけ・・・」

シンジ「さぁ・・・」

ペンペン「ギャッギャッ」ガツガツ

シンジ「どうしたんだい、ペンペン・・・うっ」

アスカ「うえっ・・・」

ペンペン「・・・」モグモグ

すっぽんだったもの「」チーン
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 16:51:03 ID:q2SYfdD90
シンジ「獲物見て野生に目覚めたんだね・・・でもペンギンってすっぽん食べるっけ・・・」

アスカ「どうするの、夕食」

シンジ「大丈夫、あと2匹いるから」

アスカ「どんだけ獲ってきてたのよ、あいつは」

シンジ「すっぽんの処理に時間かかりそうだから野菜洗うのやってくれる?」

アスカ「しかたないわね、媚薬入れられないよう監視も兼ねてやってあげるわ」

シンジ「ありがとね」





カヲル「・・・」盗聴中
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 16:58:23 ID:q2SYfdD90
学校

カヲル「シンジくん、この水を飲んでみてくれ」

シンジ「断る」

カヲル「」


終わり
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 17:16:32 ID:6GI1G8wH0
カヲルくんの言うことなら、なんでもほいほい聞くシンジ君なら
飲みそうなもんだけどな

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

(⊃・ω・)⊃

とあるSSの訪問者

何気に面白い

とあるSSの訪問者

ワロス

とあるSSの訪問者

なにこれ、まじ最高なんだけど

とあるSSの訪問者

媚薬を飲んだシンジ君は見たくない、、、

シンジ「卑怯だよ、カオル君、、こんな薬を使わなくても、、、」

とかなりそうでw

とあるSSの訪問者

今度はぜひ、レイバージョンをお願いします

とあるSSの訪問者

困ってることがあってこちらに失礼しますm(_ _)m
こちらのブログのカテゴリにも有る鬼頭千春のブログに困っています。
アクセスアップのために様々な人のブログにコピペしまくっていて、私のブログはアクセス目的はやめてくれと言うとブログを荒らされてしまい、今閉鎖中です(;_;)
直接本人のブログに意義を申し立ててもコメントはちょくちょく削除しているらしく‥
ネット初心者な私は消えるだけなので、どうか二チャンネルやネットに詳しいみなさんのお知恵をお借りしたく書き込みさせていただきましたm(_ _)m
関係無いコメントすみません。

とあるSSの訪問者

それは、迷惑設定をすれば解決する、ホスト拒否も視野にいれて。
詳しくは、そのブログサービスのヘルプを読んでおく事をお勧めする

とあるSSの訪問者

すっぽんww

とあるSSの訪問者

上手い

とあるSSの訪問者

妙な質問と、親切な回答にびっくりした

とあるSSの訪問者

これなんのss

とあるSSの訪問者

いいよーー、こういうの好き


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。