FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:00:09.42 ID:bYG/ZS61O
QB「彼女だけでは荷が重すぎたんだ」

まどか「そんな…あんまりだよ…」

QB「まどか、運命を変えたいかい?」

ほむら「そいつの言葉に耳を貸しちゃ駄目!!」

QB「この世界の何もかも君が覆してしまえばいい」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:03:05.18 ID:bYG/ZS61O
ほむら「騙されないで!」

ほむら「そいつの…!?」

QB「それを可能にする力が君にはあるんだ」

まどか「本当に…?」

ほむら「あ…」

QB「もちろんだよ、だから」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」

ほむら「駄目ぇええええええっ!!!」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:06:03.18 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…!」パチッ

ほむら「…また…救えなかった…」

ほむら「まどか…私はどうすればあなたを…」

ほむら「…」

ほむら「キュウべえ…インキュベーターと会わせなければ…」

ほむら「…よし、決めたわ」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:09:07.72 ID:bYG/ZS61O
ほむら「今回は絶対にまどかをインキュベーターと接触させない…!」

ほむら「いつ如何なる時も…!」

ほむら「全力で阻止してみせる!」

ほむら「絶対に契約させない…絶対に!」

ほむら「今度こそ…!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:12:26.18 ID:bYG/ZS61O
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

ほむら(あなたを絶対に救ってみせる…)

ほむら(まどか!)

ほむら「…!」ジロッ

まどか「!?」

さやか「ね、ねえ…あの子、こっちにガン飛ばしてこなかった?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:15:08.64 ID:bYG/ZS61O
まどか「えっ!?」

まどか「そ、そうかな?」

まどか(あの子…どこかで会ったような…)

まどか(夢…?)

まどか(まさか、ね…)

ほむら「…」

ほむら(何があっても絶対にあなたから目を離さない…!)

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:18:09.11 ID:bYG/ZS61O
まどか「暁美さん…かぁ」

まどか(あの子、やっぱり夢で…?)

ほむら「…」スタスタ

まどか「?」

さやか「ん?」

ほむら「鹿目まどかさん…よね?」

まどか「えっ…?」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:21:08.37 ID:bYG/ZS61O
まどか(なんで名前を…?)

ほむら「あなた、保健委員よね、連れてってもらえる?」

まどか「え…あ、うんっ」

さやか「…?」

さやか「あの転校生…なんでまどかが保健委員だって知ってたんだろ?」

さやか「てか名前まで知ってたし…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:24:14.87 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…」スタスタ

まどか「あぅぅ…」

まどか(どうして保健委員だって分かったのかな?)

まどか(名前も知ってたし…)

ほむら「こっちよね?」

まどか「う、うん」

まどか(なんだか私が案内なれてるみたい…)
17: 酉はつけないかな 2011/11/27(日) 22:27:12.34 ID:bYG/ZS61O
まどか「あ、あの…暁美さん…?」

ほむら「ほむらでいいわ」

まどか「!」

ほむら「何?」ジッ…

まどか「うっ」

まどか(なんで知ってるの?なんて…)

まどか(やっぱり怖くてきけない…)
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:30:11.39 ID:bYG/ZS61O
まどか「あ…え、えっと…あのねっ」

ほむら「…」

まどか「ほ、ほむらちゃんと私って前にどこかで会った…かな?」

ほむら「!?」

まどか「あ…なんちゃって…」

まどか「そんなわけないよね…?」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:36:08.46 ID:bYG/ZS61O
まどか(どうしよう…余計変なこと言っちゃった!)

まどか「え…えと…」

ほむら「鹿目まどか」

まどか「は、はいっ!」

ほむら「あなた、家族や友達こと大切だと思ってる?」

まどか「え…?」

ほむら「どうなの?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:39:07.13 ID:bYG/ZS61O
まどか「…もちろん大切だと思ってるよ?」

まどか「家族も友達も、みんな大好きだもん!」

ほむら「…そう、なら忠告しておくわ」

まどか「え?」

ほむら「その気持ちが本当ならこれだけは守って」

まどか「…」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:42:27.35 ID:bYG/ZS61O
ほむら「この先何が起ころうとも『自分を変えよう』」

ほむら「だなんて決して思っては駄目」

まどか「…え?」

ほむら「…でなければ」

ほむら「あなたの大切なもの」

ほむら「すべて失うことになるわ」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:45:06.86 ID:bYG/ZS61O
まどか「…ほむら…ちゃん…?」

まどか「…?」

まどか(どういうこと?)

まどか(わけわかんないよ…?)

まどか(…変なほむらちゃん)

まどか(それにしても…私とほむらちゃんって…)

まどか(相談してみようかな…?)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:49:09.39 ID:bYG/ZS61O
放課後

さやか「あっははは!」

さやか「ちょ…っまどか!」

さやか「なにそれマジで?」

まどか「言うんじゃなかった…」

仁美「笑いすぎですわ、さやかさん」

さやか「やー悪い悪い…」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:52:10.00 ID:bYG/ZS61O
さやか「まどかの前に突如現れた文武両道才色兼備」

さやか「ミステリアス転校生暁美ほむら!」

さやか「実は夢の中で会っていた…ってか?」

まどか「うぅ…」

さやか「しかも向こうも面識あるかのような素振りだったと!」

まどか「それは私の気のせいかもしれないし…」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:55:16.58 ID:bYG/ZS61O
さやか「二人はアレだ!」

さやか「前世か何かで結ばれた仲だったんだ…」

さやか「これぞ宇宙の神秘!」

まどか「ううっ…からかわないでよさやかちゃん!」

まどか「なに言ってるの?」

さやか「照れない照れない」

まどか「照れてなんかないよ!」

まどか「もう…言わなきゃよかった…」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 22:57:07.74 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…」

ほむら(まどかは今美樹さやかと志筑仁美の2人と一緒にいる)

ほむら(この後CDを買いに行くはず…)

ほむら(その後にインキュベーターと会うなら…そうはさせない…!)

ほむら「…」ジロッ…

まどか「?」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:00:09.12 ID:bYG/ZS61O
さやか「どうかした?」

まどか「いや…何か視線を感じたような…」

さやか「さては運命の転校生さんが見守ってるとか?」

まどか「もう…そんなわけないでしょ?」

さやか「わからんぞー?」

まどか「からかわないでよぉ」

さやか「あははっ」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:05:14.51 ID:bYG/ZS61O
まどか「もう!」

さやか「ね、CD買ってもいい?」

まどか「だーめ」

さやか「えっ?」

まどか「うそ、さっきのお返し」

さやか「まどかー!」

まどか「きゃはは!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:10:12.25 ID:bYG/ZS61O
仁美「ふふ、相変わらずですわね」

まどか「てぃひひ!」

仁美「…では、私は先に失礼しますね」

さやか「うん、習い事頑張ってね」

仁美「ええ」

まどか「ばいばい」

仁美「さようなら」

さやか「ばいばーい!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:15:14.82 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…」

ほむら(さて…私も…)

マミ「…」

マミ「あの子、何をこそこそしているのかしら…?」

マミ「悪いことしなければいいのだけど…」

マミ「!」

マミ「…使い魔が近くにいるわね」

マミ「一仕事しなくちゃ!」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:20:10.00 ID:bYG/ZS61O
さやか「今日は何を買おっかなー」

まどか「上条君にプレゼントするんだよね?」

さやか「うん、そろそろ退院できるみたいだけど、暇だろうしさ」

さやか「優しい優しいさやかちゃんはそんな恭介のために…」

まどか「はいはい」

さやか「何よその目はー?」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:25:12.26 ID:bYG/ZS61O
まどか「なんでもないよ?」

さやか「…ま、いっか」

さやか「んでさ、まどかは何か買わないの?」

まどか「んー、探してくるね?」

さやか「はいよー」

まどか「何かないかなー?」

まどか「!」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:30:06.53 ID:bYG/ZS61O
ほむら「!」

まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら「鹿目まどか…」

ほむら(しまった…見つかった…)

まどか「!」

ほむら(こうなったら…)

まどか「ほむらちゃんもCD買いに来たんだね?」

ほむら「…ええ、そうよ」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:35:10.10 ID:bYG/ZS61O
まどか「私はさやかちゃんと来たんだよ」

ほむら「そう…」

ほむら(こうなったら…家まで側に…!)

ほむら「…鹿目まどか」

まどか「…なに?」

ほむら「実は私、あんまり音楽に詳しくなくて…」

まどか「…うん」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:40:13.99 ID:bYG/ZS61O
ほむら「だから、あなたのお薦めのCD教えて貰えないかしら?」

まどか「うん、いいよ!」

ほむら「ありがとう」

まどか「…でもその前に」

ほむら「?」

まどか「まどかって呼んで?」

ほむら「!」

まどか「鹿目まどかじゃ他人みたいだよ?」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:45:04.62 ID:bYG/ZS61O
まどか「クラスメイトなんだし、まどかって呼んで欲しいなぁ!」

ほむら「…そうね、わかったわ」

ほむら「まどか、あなたのお薦めのCDを教えて?」

まどか「うんっ!」

ほむら(よし…ここで時間稼ぎをしていれば…)

ほむら(なんとか、まどか達をインキュベーターと会わせずにすみそうだわ)
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:50:07.37 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…」

まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「これなんてどうかな?」

まどか「私はこの歌好きなんだ」

ほむら「…聞いてみるわ」

まどか「うん!」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 23:55:11.09 ID:bYG/ZS61O
ほむら「…」カワシタヤークソクー

まどか「…」

まどか(学校じゃちょっと変わった子かなって思ったけど)

まどか(そんなことないよね…?)

まどか(…うん、私が気にしすぎただけなんだよ)

まどか(せっかくだし、仲良くなれると良いなぁ)
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:00:16.78 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」ヨロコービモーカナシーミーモー

ほむら(この歌詞は…)

ほむら(まどかも…私のこと忘れないでいてくれたら良いのに…)

ほむら(…でもそんなことはあり得ないのよね)

ほむら(まどかは…私を忘れるしかないんだから…)

ほむら(仕方ないことよ…)
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:05:07.56 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」カワシタヤークソクーワスレーナイヨー

ほむら(でも、私は…)

ほむら(忘れないよ…!)

ほむら(まどか…あなたのことを…!)

ほむら「…」モーナーニガアッテモー

ほむら「うっ…」クージーケーナーイ

ほむら「うぅっ…うぅ…」ズットアシタマッテー
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:10:13.15 ID:vPAjMAd8O
まどか「ほむらちゃん…?」

まどか(あれ…泣いちゃった…?)

まどか(感動したのかな?)

まどか(私もあの歌詞好きだし…!)

まどか(ほむらちゃんとは気があうのかも!)

ほむら「…っ」ゴシゴシ

ほむら(なんで歌を聞いただけで涙が…)
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:15:12.24 ID:vPAjMAd8O
ほむら(…もう泣かないって決めたのに…!)

まどか「…どうかな?」

まどか「私は良い歌だと思うなぁ!」

ほむら「…そうね、私も…良い歌だと思うわ」

まどか「てへへ!そうだよね!」

ほむら「ええ…!」

ほむら「…これ買ってくるわ」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:20:09.03 ID:vPAjMAd8O
まどか「うん!」

まどか(ほむらちゃん…!)

さやか「何かいいのあった?」

まどか「さやかちゃん」

さやか「ん…あそこにいるの転校生じゃない?」

まどか「そうだよ、たまたま会ったの」

さやか「へぇ…」

まどか「それでね、私のおすすめのCD買ってるんだよ!」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:25:15.68 ID:vPAjMAd8O
さやか「そっかそっか」

さやか「うんうん!」

まどか「?」

さやか「前世で結ばれた仲だもんねぇ!」

さやか「そりゃ好きな歌も一緒ってか!」

まどか「も、もう!」

さやか「あれれー?ムキになるあたり逆に怪しいですなぁ」

まどか「さやかちゃんっ!」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:30:07.79 ID:vPAjMAd8O
さやか「あはは!冗談だって!」

まどか「むぅ…」

さやか「おっ!」

ほむら「…」スタスタ

さやか「やっほー!」

まどか「ほむらちゃん、本当に買ってきたんだね」

ほむら「ええ」

さやか「って私は無視かよ!」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:35:06.35 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

さやか「いい?私は美樹さやか!」

さやか「まどかと友達になったんなら私もならなきゃね!」

さやか「転校生さん!よろしくね!」

ほむら「…よろしく」

さやか「うんうん!」

ほむら(美樹さやか…彼女も契約されると面倒なのだけど…)
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:40:12.92 ID:vPAjMAd8O
さやか「あー、転校生じゃアレだし…」

さやか「ほむらでいい?」

ほむら「いいわよ」

さやか「よっし!んじゃほむら、今日からよろしくー!」

ほむら「…ええ」

ほむら(美樹さやかも契約しないに越したことはないわね…)

ほむら(ついでに彼女も契約しないように注意しておくわ)
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:45:12.64 ID:vPAjMAd8O
さやか「私のことはさやかちゃんと呼んでくれたまえ!」

ほむら「…さやかで」

さやか「んー…うん、いいよ」

さやか「んじゃ私もCD買ってくるから待っててよ!」

まどか「うん」

ほむら「…ええ」

まどか「てぃひひ、さやかちゃん、ちょっとうるさいかもしれないけど」

まどか「良い子だから!」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:50:07.26 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…そう」

まどか「だから仲良くしてあげてね?」

ほむら「…」

まどか「あっ、私とも仲良くしてくれると嬉しいなぁ!」

ほむら「…わかったわ」

まどか「てへへ!ありがとう!」

ほむら(でも…仲良くしようが、しまいが…結局まどかは私を忘れるのよ)
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 00:55:13.18 ID:vPAjMAd8O
さやか「おまたせー」

さやか「それじゃ、帰りますか!」

まどか「そうだね」

ほむら(よし…とりあえずは、なんとか凌げたわね)

ほむら(…でもいつインキュベーターが現れるか分からないわ)

ほむら(今回は徹底してまどかを…!)

ほむら(まどかを守る!)
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:00:11.48 ID:vPAjMAd8O
まどか「私たちは帰るけど…」

まどか「ほむらちゃんも一緒に帰らない?」

ほむら「ええ、私も買えるわ」

さやか「ほむらの家はどっち側?」

ほむら「…こっちよ」

まどか「なら私たちと同じだね!」

ほむら(…本当は違うけどね)
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:05:11.12 ID:vPAjMAd8O
さやか「んじゃ3人で帰ろっか」

まどか「うん!」

ほむら「…ええ」

さやか「それにしてもさー」

さやか「ほむらって不思議ちゃん?」

まどか「!」

ほむら「えっ?」

さやか「まどかから聞いたよ?」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:10:04.99 ID:vPAjMAd8O
まどか「さ、さやかちゃん!」

ほむら「…」

さやか「まどかに変なこと言ったんだって?」

さやか「自分を変えないとかどうとか…」

さやか「それでさ、まどか困ってたみたいよ?」

ほむら「…そう」

まどか「あ…えと、それはね?」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:15:10.97 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…」

さやか「でさー!その後のまどかの発言も不思議ちゃんなんだよね!」

まどか「あっ…!」

ほむら「…まどかが不思議ちゃん?」

さやか「何て言ったと思う?」

ほむら「…?」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:20:09.71 ID:vPAjMAd8O
さやか「前にほむらと会ったことがあるってさ!」

ほむら「!?」

まどか「いや!それはね?」

ほむら「まどか…?」

ほむら(まさか…忘れてないの…?)

ほむら(私のことを…!)

さやか「まあ、夢の中でらしいけどね」

ほむら「…!」
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:25:12.45 ID:vPAjMAd8O
ほむら(なんだ…夢か…)

ほむら(…でも、夢でも私のことを…?)

ほむら「まどか…!」

まどか「てぃひひ…へ、変だよね?」

ほむら「…そんなことないわ」

さやか「お?」

まどか「そ、そうかな?」

ほむら「ええ…!」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:30:12.79 ID:vPAjMAd8O
まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「まどか…!」

さやか「ふふーん」ニヤニヤ

さやか「やっぱあんたら前世で結ばれた仲なんだわ!」

ほむら「えっ…」

まどか「さ、さやかちゃんっ!」

さやか「江戸時代とかそこら辺でまどかとほむらの前世は結ばれていた!」

ほむら「…!」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:35:04.76 ID:vPAjMAd8O
まどか「あぅぅ…」

さやか「うーん…こんな感じかな?」

さやか「時は幕末!江戸に住むまどかは禁断の恋をした!」

さやか「相手はほむら!同じ女の子!」

さやか「相思相愛の2人だったが世間の目は厳しく…」

さやか「2人は離ればなれになってしまう…!」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:40:08.16 ID:vPAjMAd8O
さやか「ほむらちゃん!今は離ればなれになっちゃうけど…」

さやか「またいつか絶対に会えるから!」

さやか「まどか…うん、私も信じてる!」

さやか「いつか必ずまどか…あなたとまた…!」

さやか「ほむらちゃん!」

さやか「まどか!」

さやか「こうして2人は離ればなれになってしまった…」

さやか「再開の約束をしてね!」
108: >>107続きじゃないよ、ただのセルフパロ 2011/11/28(月) 01:45:07.64 ID:vPAjMAd8O
さやか「そして今この時代で2人は再開を果たした!」

さやか「ほむらちゃん…やっと会えたね…!」

さやか「まどか…私はあの時の約束を忘れないわ…!」

さやか「ほむらちゃん!」

さやか「まどか!」

さやか「ダキッ!」

さやか「きゃーっ!」
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:50:06.58 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…!」

まどか「さ、さやかちゃん!もうやめてよ!」

まどか「聞いてるこっちが恥ずかしくなっちゃうよ…」

さやか「いやーごめんごめん!」

まどか「もぅ…!」

さやか「ごめんってばー」

まどか「美樹さんなんて知らないもん」
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 01:55:09.54 ID:vPAjMAd8O
さやか「えっ…」

まどか「…」プイッ

さやか「ま、まどか?」

まどか「…」

さやか「あー…えっと…まどか…さん」

まどか「…」

さやか「えぇと…じ、実はさ!私昔からまどかに憧れてたんだ!」

さやか「まどかさんは才色兼備の美少女で…!」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:00:07.46 ID:vPAjMAd8O
まどか「だからそう言うのやめてってばぁ!」

さやか「だってこうでもしないと、まどかが無視するし」

まどか「うぅ…」

さやか「ふふん!」

ほむら「…ふふっ」

ほむら(そうよ…2人とも中学生なんだもの)

ほむら(本来ならこうあるべきなのよ)
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:05:08.64 ID:vPAjMAd8O
ほむら(魔法少女にさえならなければ…)

ほむら(いつまでもこうして2人は仲良くしていられる)

ほむら(…まどかが笑顔を向けるのは私ではないけれど)

ほむら(それでも私は…まどかを救うことができれば)

ほむら(…それでいいのよ、それだけで…)

ほむら(だから…絶対に、何があってもまどかを契約させるわけにはいかないわ)
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:10:18.79 ID:vPAjMAd8O
ほむら(今までは私が目を離した隙にインキュベーターが…)

ほむら(なら目を離さなければいいのよ!)

ほむら(出来る限りまどかから目を離さない…!)

ほむら(インキュベーターを仕留めても無駄なのはわかったし)

ほむら(巴マミに誤解されても困るわ)

ほむら(だから、今回は徹底してまどかを見守るのよ!)
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:15:08.53 ID:vPAjMAd8O
さやか「…と、んじゃ私はこっちだから」

まどか「うん、またね!」

さやか「ばいばーい!」

まどか「ばいばい!」

ほむら「…さようなら」

まどか「ほむらちゃんはまだ大丈夫なの?」

ほむら「ええ、私の家もこっちだから」
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:20:09.39 ID:vPAjMAd8O
まどか「そっか、ならまだ一緒にいられるね!」

ほむら「…ええ!」

まどか「…ほむらちゃん、実は謝らないといけないことがあるんだ」

ほむら「なに?」

まどか「…今朝、ほむらちゃんが私にお話してくれたよね?」

ほむら「保健室の前の話?」

まどか「うん」
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:25:18.17 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

まどか「…あの時ね、ほむらちゃんの言いたいことがよくわかんなくって…」

ほむら(まあ…そうかもしれないわね)

ほむら(私ももっと良い言い方ができればいいのだけど…)

ほむら(そういうのが苦手なのは昔から変わってないのね)

まどか「だから…あの時、ほむらちゃんのこと…」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:30:04.48 ID:vPAjMAd8O
まどか「その…ちょっと変な子だなって思っちゃって…」

ほむら「!」

ほむら(変な子、か…たしかに私は変な子かもしれないわね)

ほむら(でも、それでまどかを守れるなら)

ほむら(私は…それでいいのよ)

まどか「で、でもね!今はそうは思ってないよ!」

ほむら「まどか…」
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:35:09.83 ID:vPAjMAd8O
まどか「ちゃんとお話したら、やっぱりほむらちゃんは変な子なんかじゃない」

まどか「普通の女の子なんだなって!」

ほむら「…!」

ほむら(私は…普通の女の子じゃないわ)

ほむら(魔法少女…人間じゃないのよ)

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん、私がおすすめしたCDを買ってくれたよね」
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:40:16.37 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…ええ」

まどか「その歌を聞いてほむらちゃんが泣いてるのを見て…私思ったんだ」

ほむら「何を…?」

まどか「こんなこと、さやかちゃんの前で言ったら馬鹿にされるかもしれないけど…」

まどか「あの歌詞を見るとね…不思議な気持ちになるんだ」

ほむら「…」
130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:45:05.14 ID:vPAjMAd8O
まどか「初めて聴いたとき…私も泣いちゃって…」

まどか「何でかは分かんないんだけどね?」

まどか「…私も何か大切な約束をした気がするんだ」

ほむら「!」

まどか「誰といつ…どんなことを約束したのかは分かんないけど…」

まどか「大切な約束を…したような気がするの」
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:50:08.43 ID:vPAjMAd8O
ほむら「まどか…」

ほむら(まさか…もしかしてそれって…?)

まどか「てぃひひ…こんなこと言っちゃう私が変な子だね」

ほむら「まどか…」

まどか「…もしかしたら…ほむらちゃんもその歌を聴いて」

まどか「不思議な気持ちになったんじゃないのかなって」

ほむら「!」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 02:55:09.27 ID:vPAjMAd8O
ほむら「私は…」

まどか「あっ!ごめんね?変なこと言っちゃって!」

ほむら「まどか…」

まどか「…あれ?もうついちゃった」

まどか「ここが私の家なんだよ!」

ほむら「そう…」

まどか「そうだ!いつか遊びに来てよ!」
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:00:21.80 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…ええ、いつか、ね」

まどか「うん!」

まどか「…ほむらちゃんの家はまだ先なの?」

ほむら「そうよ」

まどか「んー…せっかくだから、ほむらちゃんの家までついていこうかな…?」

ほむら「いえ、遠いから止めておいた方がいいわ」

まどか「…そっか」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:05:11.95 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…私はこれで」

まどか「うん、また明日学校でね!」

ほむら「ええ」

まどか「ばいばい!」

ほむら「…さようなら」

ほむら「…」

ほむら(まどかは家に入ったわね)

ほむら(…ここからインキュベーターがこないように見張らなきゃ)
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:10:09.54 ID:vPAjMAd8O
ほむら「さて…今のうちにコンビニで夕食でも買っておこうかしら」


「いらっしゃいませー」

ほむら「…」

ほむら(何を買おうかしら?)

ほむら(そういえば…ドラマだと張り込みの時はアンパンと牛乳を食べていたわね)

ほむら(なら私も…)

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:15:14.46 ID:vPAjMAd8O
ドンッ

ほむら「きゃっ?」

マミ「いたた…」

ほむら「あ…ごめんなさい、考え事をしていて…」

ほむら「!」

ほむら(巴マミ…!)

マミ「ううん、こちらこそよそ見してたから」

マミ(あら…この子はさっきコソコソしてた…?)
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:20:08.88 ID:vPAjMAd8O
マミ「その制服は…あなたも見滝原の生徒なのね?」

ほむら「…ええ」

マミ「…これも何かの縁かもね」

ほむら「えっ?」

マミ「私は巴マミ、あなたは?」

ほむら「…暁美ほむら」

マミ「暁美さんね、また学校で会うかもしれないわ」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 03:25:13.02 ID:vPAjMAd8O
マミ「その時はよろしくね?」

ほむら「ええ…」

マミ「ふふ、それじゃあね!」

ほむら「…」

マミ(暁美さんか…3年にはそんな名字の生徒はいなかったから)

マミ(後輩なのかしら?)

マミ(後輩かぁ…私にも魔法少女の後輩がいたらな…)

マミ(なんてね)
170: 保守ありがとう 2011/11/28(月) 08:10:12.14 ID:vPAjMAd8O
ほむら「巴マミ…」

ほむら「…」

ほむら(ここで巴マミと会うとは思わなかったけど…)

ほむら(まどか達が巴マミと会ったわけではないし、問題はないわよね)

ほむら(…こんな所で時間を潰してる場合じゃないわ)

ほむら(はやく、まどかの家に行かなきゃ…!)
172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:13:05.66 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…さて、まどかの家についたわ」

ほむら「でもここからだと、まどかの様子が見れないわね…」

ほむら「どこか良い場所はないかしら…?」

ほむら「!」

ほむら「ベランダ…あそこなら!」

ほむら「近すぎるかもしれないけど、いざとなれば時間を止めればいいわよね」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:16:43.12 ID:vPAjMAd8O
ほむら「そうと決まれば…!」

ほむら「変身して…」

ほむら「とうっ!」ピョン

ほむら「…なんてね」スタッ

ほむら「よし、ここからならよく見えるわ」

まどか「~♪」

ほむら「まどか…!」

ほむら「あなたは必ず私が守ってみせる…!」
175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:21:22.20 ID:vPAjMAd8O
まどか「…」カキカキ


ほむら「…」

ほむら(何かを書いてるようね…)

ほむら(宿題かしら?)


まどか「…これでいいかな?」

まどか「えへへ、今日の日記はほむらちゃんの事しか書いてないや」

まどか「だってほむらちゃんと友達になれて嬉しいんだもん」
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:25:05.15 ID:vPAjMAd8O
ほむら「まどか…」

ほむら(日記を書いていたのね)

ほむら(私と友達になれて嬉しい…か)

ほむら(私は…まどかが望むのなら何だって…)


知久「まどか、夕食できたよ」

まどか「はーい!」

まどか「…」タタッ
177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:27:36.41 ID:vPAjMAd8O
ほむら「まどかは今から夕食みたいね」

ほむら「今のうちに私も食べておこうかしら」

ほむら「…」ゴソゴソ

ほむら「いただきます」

ほむら「ほむっ…」

ほむら(まどかの家のベランダでアンパンを食べる私…)

ほむら(ちょっとシュールかしら…?)
178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:30:43.47 ID:vPAjMAd8O
ほむら「ほむほむ…」

ほむら(…シュールだったとしても、それで少しでもまどかを守れるなら)

ほむら(私はそれでいい…)

ほむら(…)

ほむら(早く食べて、まどかの様子を見に行かなくちゃね)

ほむら(いつ、インキュベーターが現れるかわからないわ)

ほむら(油断は禁物よ)
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:33:07.51 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…ごちそうさまでした」

ほむら「さて…」ピョン

ほむら「…っ」スタッ

ほむら「まどかは…」


知久「今何か音しなかった?」

タツヤ「したしたー」

まどか「そうかな?」
180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:36:39.11 ID:vPAjMAd8O
まどか「気のせいじゃないかな?」

知久「…だといいけど」

まどか「大丈夫だよ」

タツヤ「だいじょーぶ」

知久「はは、そうだね」

まどか「うん」


ほむら「まどか…」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:39:29.45 ID:vPAjMAd8O
ほむら(家族揃って食事…)

ほむら(母親はまだいないみたいだけど…)

ほむら(…ちょっと羨ましいわね)

ほむら(私はもう…随分と一人で食べてるから…)

ほむら(お母さんとお父さん…元気にしてるかな…?)

ほむら(…)

ほむら(…今さらホームシックになっても仕方がないわよね)
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:43:36.49 ID:vPAjMAd8O
知久「まどか、おかわりは?」

まどか「ううん、大丈夫」

知久「そっか」

タツヤ「おかわりー」

まどか「てぃひひ!タツヤはおかわり欲しいって」

知久「はい、タツヤ」

知久「まどかは食べ終わったらお風呂に入っておいで」

まどか「うん」
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 08:47:47.69 ID:vPAjMAd8O
まどか「ごちそうさまでした」

まどか「それじゃお風呂に入ってくるね」

知久「うん」

タツヤ「おふろ、おふろ」

まどか「タツヤも一緒に入る?」

タツヤ「はーい」

知久「タツヤはまだご飯食べてるから駄目だよ」
184: 投下遅くなります 2011/11/28(月) 09:04:05.50 ID:vPAjMAd8O
まどか「そっか、じゃあ私、入ってくるね」

知久「うん」

タツヤ「いってらっしゃーい」

まどか「てぃひひ、行ってきます」


ほむら「まどか…今からお風呂に入るのね」

ほむら「流石にお風呂を覗き見するわけには…」

ほむら(どうしよう…)
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 09:31:28.36 ID:vPAjMAd8O
ほむら「ほむ…」

ほむら「今のうちに私もシャワー浴びてこようかしら」

ほむら「うん…今夜は長くなるわ」

ほむら「今入らなかったら、そのまま学校に行かなくちゃいけないかもしれないしね」

ほむら「よし、そうと決まったら…」

ほむら(時間停止!)

ほむら「早く家に帰らなきゃね」
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 09:54:08.06 ID:vPAjMAd8O
ほむホーム

ほむら「早く洗わないと…」

ほむら「…髪が長いと時間がかかるのよね」

ほむら「急がなきゃ」

ほむら「っ!」

ほむら「目に入った…!」

ほむら「うぅ、痛い…」

ほむら「し、シャワーを…」
201: 他のスレには書き込んでないが 2011/11/28(月) 10:32:12.68 ID:vPAjMAd8O
ほむら「ふぅ…」

ほむら「さて、シャワーはこれくらいにしとかないとね」

ほむら「早く髪を乾かして、まどかの家に行かなきゃ」


ほむら「よし、これで大丈夫ね」

ほむら(時間停止!)

ほむら「まどかに家に行くわよ」
202: ×まどかに家に○まどかの家に 2011/11/28(月) 10:35:28.35 ID:vPAjMAd8O
まどホーム

ほむら「…ついたわ」

ほむら「まどかは…まだお風呂に入っているみたいね」

ほむら「今のうちにベランダで待機よ」

ほむら「…っと」スタッ

ほむら「今夜は徹夜ね…今が冬じゃなくてよかったわ」

ほむら「まどかが眠っても暫くは見守らないといけないし…」
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:37:51.21 ID:vPAjMAd8O
まどか「…」ガチャッ

ほむら「!」

ほむら(まどかが帰ってきたわ)

ほむら(髪を下ろしてる…!)

ほむら(そういえば、髪を下ろしたまどかを見る機会はあまりないわね)

ほむら(今から何をするのかしら?)

ほむら「…」ジィー
205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:41:17.42 ID:vPAjMAd8O
まどか「宿題しなきゃ」

まどか「今日は…えと…」

まどか「うわぁ…英語だ…」

まどか「んーと…」

まどか「?」


ほむら「…」

ほむら(英語の宿題を始めたみたいだけど…)

ほむら(苦戦しているわね)
209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:06:49.49 ID:vPAjMAd8O
ほむら(できれば教えてあげたいけど…)

ほむら(ここで出ていくわけにもいかないし…)

まどか「んっと…」

まどか「こうかな?」

まどか「あれ?違う…?」

ほむら(まどか!がんばって!)

まどか「…?」
210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:17:32.32 ID:vPAjMAd8O
まどか「…」

まどか(何か…視線を感じるような…)

まどか(気のせいかな…?)

まどか「…」クルッ

ほむら「!」サッ

まどか「あれ?」

まどか「今…誰かいた…?」

まどか「…」ゴシゴシ
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:29:51.93 ID:vPAjMAd8O
まどか「み、見間違い…だよね?」

まどか「で、でも…」

まどか「…」ドキドキ

まどか「も、もしかして…おばけ?」

まどか「うぅ…」

ほむら「…!」

ほむら(危なかった…)

ほむら(姿を見られたら終わりだわ)
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:32:31.33 ID:vPAjMAd8O
ほむら(まどかは…?)

ほむら「…」ソー

まどか「…うん、見間違いだよ」

まどか「よーし…」

ほむら「!」

まどか「…!」ガラッ

ほむら(時間停止!)

まどか「」

ほむら「不味いわね…これ以上は危険だわ」
215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:34:36.96 ID:vPAjMAd8O
ほむら「とりあえず、この場を離れないと…」

ほむら「…」スタッ

ほむら「ごめんね、まどか…」

ほむら「これもあなたを守る為なの…!」

ほむら「しばらくはここで様子見ね」

ほむら「見つかるわけにはいかないもの」

ほむら(解除)
216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:36:00.39 ID:vPAjMAd8O
まどか「…」

まどか「だ、誰もいないよね…」

まどか「ほっ…」

まどか「私、疲れてるのかな?」

まどか「宿題終わったら眠らなきゃ」

まどか「…?」

まどか「あれ?」
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:39:17.80 ID:vPAjMAd8O
まどか「これって…」

まどか「アンパンの袋と牛乳…?」

まどか「なんでこんな所に?」

まどか「捨てた覚えはないよ…」

まどか「…誰かがここにいた?」

まどか「ま、まさか…そんなわけないよね…」

まどか「そんなわけ…」
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:45:41.51 ID:vPAjMAd8O
まどか「…」ゾワッ

まどか「こ、怖いよ…」

まどか「なんで…?」

まどか「…タツヤがここで捨てたのかな?」

まどか「…うん、きっとそうだよ!」

まどか「てぃひひ…」

まどか「は、早く宿題しなきゃ!」
220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:47:49.05 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「そろそろ戻ってもいいかしら?」

ほむら「念のため…!」

ほむら(時間停止!)

ほむら「…」スタッ

ほむら「まどかは…?」

まどか「」

ほむら「宿題をしているみたいね」
228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 12:22:45.24 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…さて、まだ時間はあるわ」

ほむら「引き続きまどかを見守らないと」

ほむら(解除)

まどか「…ん」

まどか「うぅ…分かんないよ…」

ほむら(まどか…英語が苦手なのね)

ほむら(教えたい!)
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 12:30:33.00 ID:vPAjMAd8O
まどか「できた…かな?」

まどか「うーん…さやかちゃんはあんまりあてにならないし…」

まどか「仁美ちゃんに教えて貰おうかな?」

ほむら(私に言ってくれれば教えるのに…)

ほむら(でも、仕方ないわね)

ほむら(まだ会って1日も経ってないんだもの)
241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 12:49:26.16 ID:vPAjMAd8O
まどか「…もう寝よう」

まどか「その前にカーテン閉めなきゃ」

まどか「だ、誰もいないよね…!」

ほむら「…」サッ

まどか「うん、誰もいない…!」シャッ

まどか「ん…」モゾモゾ

まどか「おやすみなさい」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 12:54:46.08 ID:vPAjMAd8O
ほむら「ほむ…」

ほむら「カーテンを閉められたわ」

ほむら「でも私の役目はまだ終わってない」

ほむら「インキュベーターは何処からともなく現れるわ」

ほむら「見張り続けないと…!」

ほむら「一ヶ月の辛抱よ…頑張らなきゃね」
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 12:56:47.43 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「暇ね…」

ほむら「あっ…宿題してなかった」

ほむら「…どうせならここでやろうかな」

ほむら「よし」

ほむら(時間停止)

ほむら「取りに帰らなきゃね」
244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 13:03:09.88 ID:vPAjMAd8O
ほむホーム

ほむら「どうせ魔法少女に変身するのだから」

ほむら「もう制服に着替えておいていいわよね」

ほむら「明日の準備もして…!」

ほむら「よし、準備完了」

ほむら「後はまどかの家で見張りをすればいいんだわ」
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 13:09:00.25 ID:vPAjMAd8O
まどホーム

ほむら「ん…」

ほむら「宿題をしないといけないのだけど…」

ほむら「…暗くて見えないわ」

ほむら「明かりをつけるわけにもいかないし…」

ほむら「仕方ないわ、朝やるしかなさそうね」

ほむら「ふぅ…」

ほむら「何もすることがないわ…」
255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 14:03:15.95 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「ん…」ウトウト

ほむら「すぅ…」コクンッ

ほむら「はっ…!」

ほむら「いけない…眠るわけには…!」

ほむら「いつインキュベーターが現れるかわからないのよ」

ほむら「ここで私が眠ったら意味がないじゃない…!」
257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 14:07:12.20 ID:vPAjMAd8O
ほむら「今は…まだ11時?」

ほむら「…まどかの起床時間を7時としたら」

ほむら「後8時間…!」

ほむら「少しは私も寝なきゃいけないけど…」

ほむら「まだまだこれからよ…!」

ほむら「初日で失敗するわけにはいかない…」

ほむら「これをワルプルギスが現れるまでしないといけないんだから…」
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 14:09:36.71 ID:vPAjMAd8O
ほむら「それにしても暇ね…」

ほむら「何かすることはないのかしら?」

ほむら「うーん…」

ほむら「…勉強はする必要ないし」

ほむら「読書するにもこの暗さじゃ…」

ほむら「はぁ…」

ほむら「…とにかく堪えるのよ」
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 15:13:38.81 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「暇…」

ほむら「…まどかは夢の中よね」

ほむら「まどか…どんな夢を見ているのかしら」

ほむら「私の夢だといいな…」

ほむら「…まどか、夢の中で私と会ったって言ってたわよね」

ほむら「えへへ…」
283: 保守ありがとう 2011/11/28(月) 16:02:37.21 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…たとえ夢でも、私に会ったことがあるのなら」

ほむら「きっと、どこかで私のことを覚えていてくれるんだわ」

まどか『…私も何か大切な約束をした気がするんだ』

まどか『誰といつ…どんなことを約束したのかは分かんないけど…』

まどか『大切な約束を…したような気がするの』
284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:06:16.49 ID:vPAjMAd8O
ほむら「あれはきっと私の…!」

ほむら「…ほんの少しでも忘れないでいてくれるのなら」

ほむら「それだけでこれからも私は頑張れるわ」

ほむら「いつ終わるか分からないこの私の戦い…」

ほむら「まどか、あなたの笑顔を守ることができれば」

ほむら「たとえ死んだって構わない…!」
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:09:26.41 ID:vPAjMAd8O
ほむら「死んだって…」

ほむら「…」

ほむら「今は…3時ね」

ほむら「私も少しだけ仮眠を取らないとね」

ほむら「日が上ったら宿題をして、ここを離れる」

ほむら「そして登校中のまどか達と合流すればいいわ」

ほむら「だから少しだけ…」

ほむら「おやすみなさい…」
286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:12:59.03 ID:vPAjMAd8O
まどか「ほ…ら…ちゃ…」

ピピピピピ

まどか「ん…」ポチッ

まどか「ふわっ…」

まどか「…てへへ、今日もほむらちゃんの夢を見ちゃった」

まどか「やっぱり…夢の中のあの子はほむらちゃんだったんだね」

まどか「でも…なんでほむらちゃんと…」
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:21:59.59 ID:vPAjMAd8O
まどか「たぶん初めて会ったのは昨日なのに…」

まどか「んー…」

まどか「さやかちゃんが言ってた通り…なのかな?」

まどか「…まさか、ね」

まどか「でも、ほむらちゃんと私は…どこかで…?」

まどか「ほむらちゃんも同じなのかな?」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:33:09.56 ID:vPAjMAd8O
まどか「もし、同じだったら…?」

まどか「…ううん」

まどか「そんなことないよね?」

まどか「だってそうだったら…」

まどか「う、運命…なのかな…?」

まどか「てぃひひ!」

まどか「ちょっと素敵かも」
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:40:11.17 ID:vPAjMAd8O
まどか「今日、ほむらちゃんに聞いてみようかな?」

まどか「…変な子だって思われないよね?」

まどか「…大丈夫だよ、きっと」

まどか「でも、さやかちゃんの前で言ったらまた笑われちゃうよ」

まどか「2人になった時に聞いてみよう!」

まどか「…ママを起こさなきゃ」
293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:45:06.17 ID:vPAjMAd8O
ほむら「すぅ…すぅ…」

ほむら「ん…」


まどか「おーきろー!」


ほむら「!?」バッ

ほむら「ま、まどか…?」

ほむら「…」キョロキョロ

ほむら「よ、よかった…バレたのかと思ったわ」
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:50:13.34 ID:vPAjMAd8O
ほむら「他の誰かを起こしたのかしら?」

ほむら「…」

ほむら「えっ?」

ほむら「い、いけない…寝過ごしちゃった…!」

ほむら「えぇと…宿題をする時間はないわね…」

ほむら「…まあ、あの宿題は何回もしたし」

ほむら「いざとなれば時間を止めて…」
296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 16:55:15.91 ID:vPAjMAd8O
ほむら「さて…ひとまずこから離れて…」

ほむら(時間停止)

ほむら「…っと」スタッ

ほむら「そうね…いきなりまどかと会うのは流石に怪しいから…」

ほむら「美樹さやか達とまどかが合流してから私が出ていくのが自然かしら?」

ほむら「…とりあえず、ここでまどかが出てくるのを待つわ」

ほむら(解除)
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:00:08.40 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「まだかしら…?」

ほむら「ちょっと様子を…」

詢子「ん?」

ほむら「あっ…」

ほむら(まどかのお母さん…いつの間に…?)

詢子「…」ジィー

ほむら「あ…その…」
302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:05:06.66 ID:vPAjMAd8O
ほむら(ここで時間を止めて逃げるのはかえって危険よね…?)

ほむら「…」

詢子「…見かけない顔だけど、まどかの新しい友達?」

ほむら「あ…は、はい!」

詢子「そっか、まどか…友達を待たせて」

詢子「ちょっと待ってて」

ほむら「…はい」

ほむら(どうしよう…)
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:10:15.30 ID:vPAjMAd8O
詢子「まどかー!友達が来てるぞー!」

まどか「えっ?」

詢子「早く行ってやりなよ」

まどか「う、うんっ!」

まどか(あれ?さやかちゃん達が来たのかな?)

詢子「まどか、もう少しで出てくるから」

ほむら「…はい」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:15:09.16 ID:vPAjMAd8O
詢子「ごめんね、待たせちゃってさ」

ほむら「あ…いえ」

詢子「あんな娘だけどさ、良かったら仲良くしてあげてよ」

ほむら「…はい!」

詢子「ふふ、じゃあ私は行ってくるから」

ほむら「い、いってらっしゃい…!」

ほむら(…何故かしら…緊張したわ)
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:20:09.46 ID:vPAjMAd8O
まどか「いってきまーす!」

まどか(誰なのかな?)

ほむら「!」

まどか「あっ!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「…おはよう」

まどか「う、うん!おはよう!」

ほむら「…」

まどか「…もしかして、迎えに来てくれたの?」
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:25:06.05 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…そうよ」

まどか「!」

ほむら(そうするしかなさそうね)

まどか「えへへ、嬉しいなぁ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん!」

ほむら「…礼には及ばないわ」

まどか「でも嬉しかったから!」

ほむら「まどか…」
310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:30:10.62 ID:vPAjMAd8O
まどか「それじゃ、一緒に行こっ!」

ほむら「…ええ!」

ほむら(予定より早く合流してしまったけど…)

ほむら(まどかも喜んでくれてるし、かえって正解だったのかしら?)

まどか「ねえ、良かったら明日からも一緒に行かない?」

ほむら「えっ?」
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:35:06.41 ID:vPAjMAd8O
まどか「さっかく友達になれたんだし、明日からも一緒に登校したいの」

ほむら「まどか…」

まどか「あっ…もしかしてほむらちゃんの家って遠いのかな?」

まどか「遠回りになるなら…」

ほむら「…いいえ、大丈夫よ」

まどか「!」

ほむら「わかったわ、明日からも一緒に登校するわ」
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:40:07.39 ID:vPAjMAd8O
ほむら(案外、これが一番手っ取り早いのかもしれないわね)

ほむら(登下校中にインキュベーターが現れても)

ほむら(何かをされる前に始末できれば…!)

ほむら(…でも変身するところを見られると不味いわね)

ほむら(…やっぱり隠れてついていったほうが…)

まどか「てぃひひ!やったぁ!」

ほむら「!」

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:45:05.86 ID:vPAjMAd8O
ほむら(まどか…嬉しそう)

ほむら(まどかが喜んでくれるのなら私は…)

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん、ありがとう!」

ほむら「…うん!」

ほむら(まどかが喜んでくれるのならそれで良いわ)

ほむら(もしインキュベーターが現れても…何とかしてみせる)
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:50:06.39 ID:vPAjMAd8O
まどか「…ね、ねえ…ほむらちゃん…」

ほむら「なに?」

まどか「その…えっとね?」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃんは…前に私と会ったことってある…?」

ほむら「!」

まどか「…私はどこかでほむらちゃんと会ったことがある気がするの…」
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 17:55:06.40 ID:vPAjMAd8O
ほむら「夢で…よね?」

まどか「う、うん!」

ほむら「…私は」

ほむら(まどかの事を忘れるわけないじゃない)

ほむら(あなたとの思い出は私の宝物なんだから…!)

ほむら(でも、本当の事は話せないわ)

ほむら(なら…)
320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:00:09.03 ID:vPAjMAd8O
ほむら「実は私も…あなたを夢で見たことがあるわ」

まどか「!」

まどか「ほ、ほんと?」

ほむら「…ええ」

まどか「わぁ…!」

まどか「凄いよ!まさかとは思ったけど…!」

まどか「私とほむらちゃんはもしかしたら!」

ほむら「…」
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:05:13.03 ID:vPAjMAd8O
まどか「てぃひひ!」

まどか(凄いなぁ…こんなことって本当にあるんだ…!)

まどか(もしかしたら、本当にさやかちゃんが言ったようなことが…?)

ほむら「…まどか」

ほむら(…嘘ではないわ)

ほむら(あなたを夢で見たことは何度もある…)

ほむら(あなたと遊ぶ夢…私もまどかも笑ってる夢…)
323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:10:13.36 ID:vPAjMAd8O
ほむら(でもそれは結局夢…)

ほむら(現実は…)

ほむら「…」

まどか「…どうしたの?」

ほむら「ちょっと…寝不足で」

まどか「そうなんだ…今日はゆっくり寝なきゃね」

ほむら「ええ…」

ほむら(そうする訳にはいかないけどね)
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:15:41.16 ID:vPAjMAd8O
さやか「さっそく揃って登校とはお熱いねー!」

ほむら「!」

さやか「さっすが前世で結ばれた2人!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「おはよ!まどか、ほむら!」

まどか「うん、おはよう!」

ほむら「…おはよう」
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:20:08.41 ID:vPAjMAd8O
仁美「おはようございます」

まどか「仁美ちゃんも、おはよう!」

仁美「暁美さん、私は志筑仁美と申します」

仁美「これからよろしくお願いしますわ」

ほむら「…こちらこそ、よろしく」

仁美「ふふっ」

ほむら(志筑仁美…彼女は素質がないようだし、大丈夫ね)
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:25:08.16 ID:vPAjMAd8O
さやか「それにしても、あんたらもうそんなに仲良くなったわけ?」

ほむら「…」

さやか「見てたよ?まどか、朝からご機嫌だし」

まどか「てへへ!」

さやか「私も負けてらんないね!」

仁美「私もですわ」
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:30:32.82 ID:vPAjMAd8O
さやか「よっし!そうと決まったら早速…!」

ほむら「?」

さやか「こうだぁー!」

ほむら「えっ?」

さやか「うりうり!」コチョコチョ

ほむら「きゃっ!ば、馬鹿…」

さやか「あー!馬鹿って言ったな?」

さやか「追加ー!」コチョコチョ
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:35:16.36 ID:vPAjMAd8O
ほむら「きゃっ!やめっ…!」

ほむら「きゃはははっ!」

さやか「もういっちょ!」

仁美「…こほん」

仁美「そろそろ始業時間ですのよ?ほどほどにしないと」

さやか「うん、そうだね」

ほむら「美樹さやか…!」

さやか「ごめんごめんー」

まどか「てぃひひ!」
332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:40:08.79 ID:vPAjMAd8O
放課後

ほむら「…」

さやか「いやー、ほむらは弄りがいがあっていいわー」

まどか「あんまりしちゃ駄目だよ?」

さやか「はいはい」

ほむら(…疲れたわ)

ほむら(ただでさえ、寝不足なのに…美樹さやかの相手をしないといけないなんて)
334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:45:10.12 ID:vPAjMAd8O
ほむら(でも、今日も特に異常はなかったわ)

ほむら(魔女は巴マミに任せるとして、私はまどかを見守ることに専念しなきゃ)

さやか「それにしても、ほむらは本当にまどかがお気に入りなんだね」

ほむら「えっ?」

さやか「一日中まどかの側から離れなかったし」

まどか「えへへ…」
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:50:10.30 ID:vPAjMAd8O
ほむら「それは…」

さやか「ま、ほどほどにしときなよ?」

ほむら「?」

さやか「いやさぁ、あんまり一緒にいるの周りに勘違いされるといけないからね」

ほむら「勘違い…?」

さやか「ほむらがまどかの事好きだってみんなに勘違いされるよ?」

ほむら「えっ…!」

まどか「す、好きだなんてそんな!」
336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 18:55:06.74 ID:vPAjMAd8O
さやか「まどかも慌てない慌てない」

まどか「あぅぅ…」

ほむら「…」

さやか「別に私は良いと思うけど、みんながみんなそうじゃないからね」

さやか「変な噂流されたら嫌でしょ?」

さやか「だからさ、ほむらはまどかばっかり見てないで…」

ほむら「…!」
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:00:15.87 ID:vPAjMAd8O
さやか「さやかちゃんだけを見なさい!」

ほむら「えっ?」

さやか「なんてね、冗談だよ冗談!」

ほむら「…」

さやか「んじゃ私は帰るわ!」

まどか「一緒に帰らないの?」

さやか「今日は恭介に会いに行くから!」

まどか「そっか、がんばってね!」
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:05:18.51 ID:vPAjMAd8O
さやか「がんばるって…何を?」

まどか「上条君に告白するんでしょ?」

さやか「な…え…ば、馬鹿!」

さやか「な、なんでそうなるのよ!」

まどか「違うの?」

さやか「ま、まだ心の整理が…って」

さやか「何言わせるなよ!」
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:10:06.55 ID:vPAjMAd8O
まどか「てぃひひ!」

さやか「まどかぁー!」

まどか「きゃーっ!」

さやか「逃がさんぞー!」

ほむら「…」

ほむら(誤解…かぁ…)

ほむら(私は…まどかの事をどう思っているのかしら…)

ほむら(大切な友達…唯一の友達…親友…?)

ほむら(それとも…)
347: >>343気が向いたら 2011/11/28(月) 19:15:14.39 ID:vPAjMAd8O
ほむら(私は…まどかの事を…?)

ほむら(…ううん、違うわよ)

ほむら(まどかは…私のたった一人の友達…)

ほむら(好きってわけじゃ…ないわ…)

ほむら(…)

さやか「そんじゃ、私帰るね」

まどか「うん、ばいばい!」
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:25:08.45 ID:vPAjMAd8O
さやか「ほむらも、ばいばい!」

ほむら「…さようなら」

さやか「まどかに手を出すのは2人っきりの時にしなよー?」

ほむら「…!」

まどか「さっ、さやかちゃんっ!」

さやか「あははっ!」

まどか「もう…さやかちゃんったら!」
353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:35:05.58 ID:vPAjMAd8O
まどか「…私たちも帰ろっか?」

ほむら「ええ」

まどか「…さやかちゃんはあんな事言ってたけど」

まどか「わ、私は気にしてないから…!」

ほむら「まどか…」

ほむら(気を使ってくれてるのかしら…?)

ほむら(まどか…あなたはいつも優しいのね)
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:40:05.42 ID:vPAjMAd8O
ほむら(でも、その優しさが悲劇を生むのよ)

ほむら(…でも次こそはそうはさせない!)

ほむら(まどかの優しさを無駄にはしないわ…!)

ほむら(あなたには最期まで優しいまどかで…いて欲しいの)

まどか「今日は寄り道する?」

ほむら「…いえ、まっすぐ帰るわ」
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:45:05.28 ID:vPAjMAd8O
まどホーム

まどか「ついちゃったね」

ほむら「そうね」

まどか「…ねえ、まだ時間あるし」

まどか「良かったら私の部屋に来ない?」

ほむら「!」

まどか「もう少しほむらちゃんとお話したいし!」
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:50:04.00 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら(どの道、今日も見守るつもりだったし)

ほむら(それなら直接部屋の中にいたほうがいいわね)

ほむら「わかったわ、少しだけお邪魔させてもらうわね」

まどか「うんっ!」

まどか「じゃあ入って?」

ほむら「お邪魔します」
361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 19:55:04.87 ID:vPAjMAd8O
まどルーム

まどか「何か飲み物持ってくるね?」

ほむら「わかったわ」

ほむら「…」

ほむら「まどかの部屋…!」

ほむら「私、昨夜はずっとそこにいたのね」

ほむら「すぐ近くにいるのに…すごく遠い所にまどかがいるような気がしたわ」
362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:00:13.93 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…今日も、いえ…これからもずっと私はそこでまどかを…」

ほむら「もっと…武器の調達をしておかなければいけないけど」

ほむら「まどかを守るのが最優先よ」

ほむら「今はインキュベーターを倒せる分で十分よね」

ほむら「グリーフシードもまだ残っているし」

ほむら「魔女は巴マミが倒してくれるはずよ」
364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:05:08.24 ID:vPAjMAd8O
ガチャッ

ほむら「!」

まどか「おまたせー」

まどか「はい、ココア」

まどか「パパが作ってくれたんだよ!」

ほむら「ありがとう」

まどか「ううん、これくらいしか出せるものもなかったし…」

ほむら「…凄く美味しいわ」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:10:15.12 ID:vPAjMAd8O
まどか「…ありがとう!」

まどか「あっ、そうだ…!」

まどか「ほむらちゃん、この…」

ほむら「!」

ほむら(あそこに捨ててあるのって…)

ほむら(昨夜、私が食べたアンパンの…!)

ほむら(…そういえば、私…捨ててなかった…?)
372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:15:05.22 ID:vPAjMAd8O
まどか「あれ?どうしたの?」

ほむら「いえ…」

まどか「…ん?」

まどか「あっ…それは…」

ほむら「…!」

ほむら(しまった…まどかに見つかってたなんて…)

まどか「…昨日の夜ね、ちょっと怖いことがあったんだ」

ほむら「怖い…」
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:20:05.06 ID:vPAjMAd8O
まどか「うん…たぶん私の見間違いだと思うんだけどね?」

ほむら「…」

まどか「…そこのベランダから誰かに見られてるような気がして…」

ほむら「…っ!」

まどか「でもね、確かめてもやっぱり誰もいなくて…」

まどか「だからおばけなのかなって…」

ほむら「まどか…」
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:25:04.70 ID:vPAjMAd8O
まどか「それで…後から見つけたんだけど、ベランダにそれが落ちてて…」

ほむら「…!」

まどか「タツヤの…弟のいたずらかなって思ったんだけど」

まどか「それも違うみたいで…」

ほむら(まずい…なんてミスを…!)

まどか「…きっと、風で飛ばされてきたのか」

まどか「鳥さんのいたずらだよね?」
387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:30:12.76 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…そうね」

まどか「うん!ほむらちゃんもそう思うよね?」

ほむら「ええ…」

まどか「てぃひひ!やっぱりそうだよね…!」

まどか「昨日はちょっと怖くて中々眠れなかったんだ…」

ほむら「まどか…」

ほむら(まどかを見守るつもりが…まどかを怖がらせていたなんて…)
391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:35:12.23 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

まどか「でもね?その後夢の中でほむらちゃんと会ったんだ!」

ほむら「えっ…?」

まどか「おばけから私を助けてくれたの!」

ほむら「私が…?」

まどか「うんっ!」

ほむら「…」

まどか「だからね、朝起きた時はもう怖くなかったんだ」

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:40:08.15 ID:vPAjMAd8O
まどか「ほむらちゃんが私を守ってくれたから!」

ほむら「まどか…」

ほむら(私は…っ)

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…ごめんなさい」

まどか「えっ?」

ほむら「用事を思い出したから…帰るわ」

まどか「…う、うん」
396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:45:07.35 ID:vPAjMAd8O
まどか「あっ…えっと…」

ほむら「…ごめんね?せっかく呼んでくれたのに」

まどか「ううん、そんな…」

まどか「…また、今度遊びに来てよ!」

ほむら「…ええ」

まどか「約束だよ!」

ほむら「…約束するわ」

まどか「てへへ」
398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:50:11.20 ID:vPAjMAd8O
ほむら「じゃあ…私は帰るから…」

まどか「うん…またね!」

ほむら「…お邪魔しました」

まどか「ばいばい!ほむらちゃんっ!」

ほむら「…ばいばい」

ガチャッ

まどか「…ほむらちゃん、どうしたのかな」

まどか「私が変な事言ったから…?」
401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 20:55:09.10 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…っ!」タタッ

ほむら「私は…何をしているのよ…!」

ほむら「まどかを怖がらせていたなんて…」

ほむら「馬鹿じゃない…!」

ほむら「でも、インキュベーターが現れたら…」

ほむら「私は…どうすれば…」

ほむら「うぅっ…」
403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:00:04.81 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…いえ」

ほむら「駄目よ、ここで諦めちゃ…」

ほむら「絶対にまどかから目を離さないって決めたんだから…!」

ほむら「今日は…昨日のようなミスは絶対にしないわ」

ほむら「しばらくしたら、またベランダに…」

ほむら「…」ウロウロ
405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:05:08.85 ID:vPAjMAd8O
「でさ、その時に~」

「あはは!マジで?」

「うん、笑えるよねー!」

「…あれ?」

「ん?どうしたの?」

「あそこにいるのって、暁美さんじゃない?」

「え…?」

「ほら、あそこ」
408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:10:10.34 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」ウロウロ

「あっ、ほんとだ」

「何してるのかな?」

「うろうろしてるけど…何か探してるとか?」

「…あっ、わかった!」

「なに?」

「ほら、ここって鹿目さんの家の近くでしょ?」

「鹿目さんの家を探してるんだよ、きっと」
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:15:12.17 ID:vPAjMAd8O
「そうだね、教えてあげよっか」

「うん」

ほむら「…」

「暁美さーん!」

ほむら「?」

「やっほー!」

ほむら「あなた達は…クラスメイトの…」

「うん、覚えててくれたんだ!」
416: >>413落ちさえしなければ絶対にこのスレで終わらせる 2011/11/28(月) 21:20:08.97 ID:vPAjMAd8O
「鹿目さんの家を探してるんでしょ?」

ほむら「えっ?」

「教えてあげるよ、ついてきて!」

ほむら「…」

「あれ?違うの」

ほむら(…断ると逆に怪しまれるかもしれないわね)

ほむら「いいえ、ありがとう」
418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:25:14.18 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…お願いするわ」

「うん、こっちだよ!」

「まだ引っ越してきたばかりだから、分かりにくいでしょ?」

ほむら「…ええ」

ほむら(適当にやり過ごすしかなさそうね…)


「ここだよ!」

ほむら「ありがとう」
421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:30:08.62 ID:vPAjMAd8O
「それじゃ、鹿目さんによろしくね!」

「ばいばい!」

ほむら「…さようなら」

ほむら「ふぅ…」

ほむら「やり過ごせたわね」

ほむら「…この明るさじゃベランダはまだ危険かしら」

ほむら「今のうちに夕食とシャワーを済ませておくべきね」
425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:35:08.41 ID:vPAjMAd8O
ほむら「さて…夕食もシャワーもすませたわ」

ほむら「一応時間も止めながらしたから、時間はあまり経っていないはずよ」

ほむら「まどかの家の近くで日が暮れるのを待つしかないわね」

ほむら「…」

ほむら「やっぱり…ここからじゃ部屋の様子は見れないわ」

ほむら「せいぜいベランダの様子くらいしか…」

ほむら「インキュベーターは何処から現れるか分からない…」
428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 21:40:13.63 ID:vPAjMAd8O
ほむら「部屋の様子もきちんと見ないと不安ね」

ほむら「…とにかく今は日が暮れるのを待つのよ」


ほむら「…そろそろ大丈夫ね」

ほむら(時間停止)

ほむら「早くベランダに…」

ほむら「…!」スタッ

ほむら「インキュベーターはいないわよね…?」チラッ

ほむら「!?」
455: 保守ありがとう 2011/11/28(月) 22:15:07.46 ID:vPAjMAd8O
ほむら「っ!」バッ

ほむら「わ、私は何も見てないわ!」

ほむら「まどかの着替えてるところなんて…!」

ほむら「な、なんでこのタイミングで着替えてるのよ…」

ほむら「…落ち着きなさい、私」

ほむら「ふぅ…」

ほむら「インキュベーターがいなくて良かった…」
458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:20:06.36 ID:vPAjMAd8O
ほむら「もういいわね…」

ほむら(解除)

ほむら「…今は部屋を除けないわ」

ほむら「インキュベーターが向こうからこないか見張っとこう…」

ほむら「…」

ほむら「本当に…これで良かったのかしら…」

ほむら「まどかに隠れてこそこそなんて…」
459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:25:12.24 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…でも、私が目を離した隙にインキュベーターが現れて」

ほむら「契約されたら…私は…」

ほむら「だから、私はまどかから目を離すわけにはいかない…!」

ほむら「もちろん…時と場合にもよるけど」

ほむら「…とにかく、まどかにインキュベーターを会わせるわけにはいかない」
463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:30:20.49 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…もうそろそろ良いかしら」

ほむら「…」ソーッ

まどか「んー…」

ほむら(パソコン…?)

ほむら(何かを調べてるみたいね)

まどか「たしか…」

まどか「んっと…!」
465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:35:13.03 ID:vPAjMAd8O
まどか「名前占いで検索して…」

まどか「…あった、相性占い!」

まどか「これで…」

まどか「私の名前にかなめまどか…っと」

まどか「そして、相手の名前に…」

まどか「…あ、あけみほむら…!」

まどか「…えいっ!」
470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:40:07.99 ID:vPAjMAd8O
まどか「…えーと」

まどか「私もほむらちゃんも同じタイプだ…!」

まどか「波長が合う…と言うことは気が合うってことだよね!」

まどか「やっぱり私とほむらちゃんは気が合うのかも!」

まどか「他には…なるべく理解してあげる努力、かぁ」

まどか「…うん、そうだね…もっとほむらちゃんの事理解しなくっちゃ!」
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:45:53.01 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…よくわからないけど、喜んでるみたいね」

まどか「私とさやかちゃんはどうなのかな?」

まどか「かなめまどか…みきさやか…っと」

まどか「えっと…」

まどか「うーん…合ってるかも」

まどか「ならやっぱり…私とほむらちゃんは…」

まどか「えへへ」
479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 22:55:10.36 ID:vPAjMAd8O
まどか「今日はすぐに帰っちゃったけど、今度はもっといてくれるといいなぁ」

まどか「きっと…今よりもずっと仲良くなれるよ!」

まどか「明日も一緒に登校してくれるんだよね」

まどか「嬉しいなぁ」

まどか「えへへ…」ゴロン

まどか「早く明日にならないかなー」
486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:00:20.42 ID:vPAjMAd8O
ほむら「まどか…もう眠るのかしら?」

ほむら「まだ寝るには早い気がするけど…」

ほむら「…まあ、インキュベーターも眠ってる時には来ないかもしれないし」

ほむら「まどかが眠りたいのならそれでいいわね」

ほむら「…私は引き続き見張らなきゃ」

ほむら「…少し眠いけど」
488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:05:08.88 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…」

ほむら「ふわっ…」

ほむら「昨日はあんまり眠れなかったから…少しキツいわね」

ほむら「まどかはもう寝たのかしら?」

まどか「すぅ…すぅ…」

ほむら「ふふっ、ぬいぐるみを抱いて眠ってるわ」

ほむら「あっ…でもお布団が…風邪をひいちゃうわよ?」
490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:10:07.63 ID:vPAjMAd8O
ほむら「かけてあげたい…電気もつけっぱなしだし…」

ほむら「でも部屋に入るわけにはいかないわ…」

ほむら「うーん…」

ほむら「風邪をひかないことを祈るしかないわね」

ほむら「…はぁ」

ほむら「こんなに近くに、まどかがいるのに…」

ほむら「私は…」
494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:15:43.76 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…まどかを救う、これが私の役目なんだから」

ほむら「こんなところで、くよくよしてられないわ…!」

ほむら「1ヵ月…そんなに長くはないもの」



ほむら「ぅ…」

ほむら「…」ウトウト

ほむら「ん…」コクンッ

ほむら「…すぅ…すぅ…」

498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:20:13.50 ID:vPAjMAd8O
まどか「…ん」パチッ

まどか「あれ…眠っちゃってたんだ」

まどか「今は…ち、ちょうど2時…」

まどか「前にさやかちゃんが2時はおばけがでる時間だって言ってたよね…」

まどか「だ…大丈夫だよね?」

まどか「そこの窓から除いたりなんて…」

まどか「うぅ…」
507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:25:06.52 ID:vPAjMAd8O
まどか「想像したら怖くなっちゃった…」

まどか「さやかちゃんのばかぁ…」

まどか「…早くカーテン閉めなきゃ」

まどか「…だ、大丈夫…おばけなんていないから…」

まどか「…」ソーッ

まどか「あれ…」

まどか「!?」
511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:30:06.47 ID:vPAjMAd8O
まどか「え…え…?」

まどか「だ、誰…?」

まどか「あ…あわわ…」

まどか(ど、どうしよう…)

まどか(べ、ベランダに誰かがいるよ…)

まどか(こ、怖くて声も出せない…)

ほむら「ん…」

まどか「!」
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:35:14.35 ID:vPAjMAd8O
まどか「え…」

まどか「うそ…?」

ほむら「!」

ほむら「あっ!」

ほむら(まどか…!?)

まどか「ほむら…ちゃん…?」

ほむら「っ!」

ほむら(時間停止!)

まどか「」
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:40:09.22 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…!」

ほむら「…時間を止めても…これは…」

ほむら「み、見られた…!」

ほむら「…逃げられない」

ほむら「どうしよう…」

ほむら「言い訳を考えないと…」

ほむら「私は…どうすれば…」

ほむら「うぅっ…」
525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:45:06.41 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…そうだわ」

ほむら「窓の鍵はあいてる…よし!」

ほむら「まどか…ごめんね…」

ほむら「…っ」オヒメサマダッコ

ほむら「ベッドに寝せて…」

ほむら「電気も消して…」

ほむら「これで…!」

ほむら「…ごめんなさい…まどか…!」
528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:50:08.00 ID:vPAjMAd8O
ほむら「…っ!」スタッ

ほむら「私は何をしているのよ…」

ほむら「でも…」

ほむら「こうするしか思い付かなかった…」

ほむら「…もっと頭が良ければ…」

ほむら「私…やっぱり昔から…」

ほむら「…」

ほむら(解除)
532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 23:55:09.02 ID:vPAjMAd8O
まどか「ほむらちゃん…?」

まどか「…」

まどか「えっ?」

まどか「あ、あれ…私…」

まどか「夢…だったの…?」

まどか「でも…私…」

まどか「…時間は2時…さっきと一緒だよ」

まどか「…ほむらちゃん」
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:00:09.59 ID:2vOboCv/O
まどか「私、電気消してないよね…」

まどか「…でも消えてる」

まどか「…」

まどか「…パパかママが消してくれたんだよね?」

まどか「そうだよ…それにさっきのは夢…」

まどか「夢に決まってるよね…!」

まどか「…もう寝なきゃ」
543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:05:06.61 ID:2vOboCv/O
チュンチュン

ほむら「…」

ほむら(一睡もできなかった…)

ほむら(でも、まどかを迎えに行かなきゃ…)

ほむら(行かなかったら不自然だわ…)

ほむら(あくまで自然に…いつも通りにしなきゃ…)

ほむら「…」

ピンポーン
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:10:07.81 ID:2vOboCv/O
まどか「…」

ガチャッ

ほむら「…おはよう、まどか!」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「お、おはよう…」

ほむら(やっぱり元気ないわね…)

ほむら(…夢にはできなかった…)

ほむら「…」
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:15:04.74 ID:2vOboCv/O
まどか「…あ、ごめんね!」

まどか「ちょっと寝不足で…」

ほむら「そ、そう…」

まどか「うん…」

ほむら「…」

まどか「…」

まどか「い、行こっか!」

ほむら「…そうね!」

まどか「行ってきまーす!」
553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:20:09.31 ID:2vOboCv/O
まどか「…」

ほむら「…」

ほむら(気まずい…何か話題をふらないと…)

ほむら「まど」

まどか「ほむ」

ほむら「あっ…」

まどか「あっ…」

ほむら「…まどかから話して」

まどか「…ほむらちゃんから話してよ」
556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:25:11.04 ID:2vOboCv/O
ほむら「…ふふっ!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ごめんなさい…まさかこんなに…」

まどか「ううん、私も!」

まどか「やっぱり私とほむらちゃんは気が合うんだね!」

ほむら「そうね…!」

ほむら「あっ…まどかから話して?私はたいしたことじゃないから」
559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:30:10.09 ID:2vOboCv/O
まどか「…うん、わかったよ」

まどか「あの…ね?ほむらちゃんに聞きたいことがあるんだけど…」

ほむら「ええ…」

ほむら(まさか…)

まどか「ほむらちゃん…私の家のベランダにいたりなんかしないよね?」

ほむら「…っ!」

まどか「…ほむらちゃん?」
566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:35:06.29 ID:2vOboCv/O
ほむら「私は…」

まどか「…昨日またほむらちゃんの夢を見たんだけど」

まどか「ほむらちゃんが…その…ベランダにいる夢で…」

ほむら「…!」

まどか「最初は夢じゃないっておもったんだけど…」

まどか「いつの間にかベッドの中にいて…」

まどか「私…」
573: >>567そこは気にしないでもらうと助かる 2011/11/29(火) 00:40:05.63 ID:2vOboCv/O
まどか「夢…なんだよね?」

まどか「ほむらちゃんがそんなことするわけないよね?」

まどか「そうだよね?」

ほむら「ま、まどか…」

まどか「私…なんだか怖くなっちゃって…」

まどか「ほむらちゃんのこと信じたいのに…」

まどか「そんなことするなんて思いたくないのに…」
580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:45:08.42 ID:2vOboCv/O
ほむら「…私…私は…」

まどか「ほむらちゃん…?」

さやか「おっはよー!」

さやか「今日も2人なかよく登校ですか!」

さやか「羨ましいねぇー!」

仁美「ふふっ」

ほむら「あっ…」

まどか「さやかちゃん…仁美ちゃん…」

583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:50:04.80 ID:2vOboCv/O
仁美「おはようございます」

まどか「おはよう…」

ほむら「おはよう…」

さやか「あれ?もしかして元気ない?」

まどか「うん…」

さやか「あー、寝不足?」

まどか「そうかな…」

さやか「ほむらも?」

ほむら「ええ…」
586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 00:55:04.98 ID:2vOboCv/O
さやか「ってことは…!」

さやか「もう2人で一緒に寝た…?」

まどか「えっ?」

ほむら「えっ?」

さやか「もう前世の記憶が戻ったりしたとか?」

さやか「このままじゃ親友のまどかをほむらに取られちゃうよー」

さやか「でもね、寝不足はいけませんな!」
591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:00:09.27 ID:2vOboCv/O
さやか「眠いときにこそ元気にしなきゃね!」

さやか「ほーら!2人とも元気だして!」

ほむら「さやか…」

まどか「…そうだね」

さやか「…あっ!私まどかに言わなきゃいけないことがあるんだった!」

まどか「えっ?」

さやか「仁美とほむらは先に行ってて?」

595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:05:08.07 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

仁美「ほむらさん、お先に行きましょうか」

ほむら「え、ええ…」

さやか「すぐ追い付くからー!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「…で、どうしたの?」

まどか「えっ?」

さやか「さっきの様子じゃ何かあったみたいだけど…」

さやか「まどからしくないよ?」
601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:10:04.41 ID:2vOboCv/O
まどか「それは…」

さやか「ほむらと何かあったんでしょ?」

まどか「…」

さやか「私にも言えない?」

まどか「…私の勘違いだから、大丈夫だよ」

さやか「本当に?」

まどか「…」

さやか「悩みがあるなら言った方が楽になるよ?」

まどか「さやかちゃん…」
605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:15:05.83 ID:2vOboCv/O
さやか「大丈夫、誰にも言わないし」

さやか「笑ったりしないからさ」

まどか「…わかったよ」

まどか「話すね…?」

さやか「…ありがとう」

まどか「…その…夢のことだって思うんだけど…」

さやか「…」

まどか「実は…」
609: 正直配分ミスった 2011/11/29(火) 01:20:13.61 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

仁美「…ほむらさん、何か悩みごとがありますの?」

ほむら「えっ?」

仁美「先程のやり取りをさやかさんと見てしまって…」

ほむら「…」

仁美「まどかさんの様子が普段とは違うし、ほむらさんも元気なそうだったから…」

ほむら「私は…」

仁美「私でよければ、相談に乗りますわ」
614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:25:18.26 ID:2vOboCv/O
ほむら「志…」

ほむら「仁美…」

仁美「何もできないかもしれないけれど…」

仁美「話を聞くくらいは私にもできますわ」

ほむら「…」

仁美「それで、ほむらさんの気が少しでも楽になるのなら…」

ほむら「…ありがとう」

617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:30:08.95 ID:2vOboCv/O
仁美「ほむらさん…!」

ほむら「気持ちだけ…受け取っておくわ」

仁美「えっ?」

ほむら「私は大丈夫、心配はいらないわ」

仁美「でも…」

ほむら「…そう言ってくれただけで十分嬉しいの」

ほむら「仁美、ありがとう…!」

仁美「そう…ですか…」
619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:40:06.85 ID:2vOboCv/O
さやか「ほむらがベランダにねぇ…」

さやか「それにその前に視線も感じたし…食べ残りも置いてあった、と」

まどか「うん…」

さやか「うーん…これは予想外な悩みだったなぁ」

さやか「普通に考えたらあり得ないと思うんだけど…」

さやか「ほむらがそんな事するとは思えないし…」
620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:45:04.26 ID:2vOboCv/O
まどか「そうだよね…!」

まどか「ありえないよね!」

まどか「やっぱり…私の夢だったんだよ…!」

さやか「うん…だってマジだったらさ?」

さやか「…ストーカーじゃん」

まどか「ストーカー…?」

さやか「私はそう思うよ?」

さやか「ま、ほむらがストーカーだとは思わないけどさ」

まどか「…うん」
623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:50:10.33 ID:2vOboCv/O
学校

ほむら「…」ウトウト

まどか「…」ウトウト

さやか「…2人ともほんとに寝不足なんだね」

さやか「まあ…まどかの場合は仕方ないけど…」

さやか「あれ?…なんでほむらも寝不足なんだろ?」

さやか「まさか…?」

さやか「…いや、友達を疑ったら駄目でしょ」

さやか「私はほむらを信じるよ…!」
625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 01:55:04.14 ID:2vOboCv/O
まどか「ん…」ゴシゴシ

ほむら「すぅ…すぅ…」

まどか「ほむらちゃん…眠っちゃた…」

まどか「…」

「鹿目さん、昨日は暁美さんと遊んだんだよね」

まどか「えっ?」

「昨日、暁美さんが鹿目さんの家を探してたから案内したんだ」

まどか「…ほむらちゃんが私の家を探してた…?」

「うん、そうだよ」
629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:00:06.37 ID:2vOboCv/O
まどか「なんで…?」

「えっ?」

まどか「昨日はほむらちゃんと一緒に私の家に帰って…そのまま…」

「…でも、暁美さん夕方ごろに鹿目さんの家の近くをうろうろしてたから」

まどか「…!」

「私たちは鹿目さんの家を探してるのかなって…ね?」

「うん、暁美さんもそうだって言ってたし」

まどか「どういうこと…?」
632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:05:06.49 ID:2vOboCv/O
「…もしかして不味いこと言っちゃったかも」

「ご、ごめんね?今のは気にしないで!」

まどか「…」

まどか「ほむらちゃん…何をしてたの…?」

まどか「ほむらちゃんを信じてもいいんだよね…?」

まどか「ストーカーなんかじゃないんだよね…?」

ほむら「すぅ…すぅ…」

まどか「ほむらちゃん…!」
634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:10:05.53 ID:2vOboCv/O
放課後

ほむら「ん…」

ほむら(今日は授業に全く集中できなかったわ…)

ほむら(でも…まだ三日目よ、私の目的は変わらないわ)

ほむら(今日は場所を変えてまどかを…)

さやか「ほむら、帰ろうよ!」

ほむら「ええ」

さやか「んじゃ、私らは2人で帰るから!」

まどか「ばいばい」
635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:15:04.85 ID:2vOboCv/O
ほむら「えっ?まどかは?」

さやか「まどかは少し用事があるんだって」

さやか「だから今日はさやかちゃんと2人きりだよ!」

ほむら「なら…私も残るわ」

さやか「…なんで?」

ほむら「それは…」

さやか「…!」

さやか「いいじゃんいいじゃん、昨日はまどかと2人で帰ったんだしさ」

さやか「今日は私と帰るの!わかった?」

ほむら「…わかったわ」
639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:20:05.59 ID:2vOboCv/O
さやか「…てことで、まどか…またね!」

まどか「うん…!」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃん、ばいばい」

ほむら「…ばいばい」

さやか「それじゃ、帰りますか」
ほむら「ええ…」

さやか「テンション低いなぁ、もっと元気に行こうよ!」

ほむら「…」

さやか「ほむら…」
640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:25:13.76 ID:2vOboCv/O
さやか「…ね?ほむら」

ほむら「…」

さやか「正直まどかの事どう思う?」

ほむら「えっ?」

さやか「まだ会って三日目だけどさ、あんた達は色々あったみたいだし…」

さやか「今のところどう思ってるのかなって」

ほむら「私は…」

さやか「…好き?」

ほむら「!」

さやか「…」
646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:30:06.99 ID:2vOboCv/O
ほむら「私は…まどかのことが…」

さやか「…」

ほむら「…まどかは私にとってかけがえのない友達よ」

さやか「へぇ…!」

ほむら「だから…ラブの方の好きじゃないわ…」

さやか「…そっか、わかったよ」

さやか「ごめんね?変な質問しちゃってさ」

ほむら「いえ…」

さやか「かけがえのない友達かぁ…まどかはしあわせものだね」

647: >>950までには終わらせるつもり 2011/11/29(火) 02:35:09.32 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

さやか「…と、私はこっちだから!」

さやか「じゃあね!」

ほむら「…さようなら」

ほむら「はぁ…」

ほむら「…もうベランダは無理ね…何か別の場所を探さないと…」

ほむら「まどかの部屋の様子が見れる場所はないかしら…?」

ほむら「…」ウロウロ


さやか「…」
649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:40:08.05 ID:2vOboCv/O
さやか「ほむら…何をやってんのよ」

さやか「まどかの家の周りをうろちょろしてさ…!」

さやか「後をつけて悪いとは思うけど…」

さやか「それじゃ疑われても仕方ないよ」

さやか「ほむら…あんた一体何がしたいの…?」

さやか「まさか本当にまどかの…?」

さやか「そんなわけあるはず…ないよね…?」

さやか「そうだよね?ほむら…」
652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:45:16.33 ID:2vOboCv/O
まどホーム

まどか「…」

まどか「はぁ…」

まどか「なんでこんなことになったんだろう…」

まどか「昨日までは…ほむらちゃんと早く会いたかったのに…」

まどか「今はほむらちゃんと会うのが怖いよ…」

まどか「ほむらちゃんを信じたい…信じたいのに…」

まどか「不思議なことがいっぱいあるから…」

まどか「うぅっ…嫌だよ…」
654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:50:07.54 ID:2vOboCv/O
ほむら「…結局いい場所が見つからなかったわ」

ほむら「あまりここの辺りをうろうろするのは不審よね…?」

ほむら「…やっぱりベランダに行くしかないの?」

ほむら「でも…見つかったら次はないわ…」

ほむら「…昨日は私が寝てしまったから見つかったのよね」

ほむら「なら…眠らなければいいんだわ」

ほむら「そもそも寝てしまってはインキュベーターが来たときに対応できないじゃない」

ほむら「…今日は絶対に眠らない…!」
656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 02:55:07.26 ID:2vOboCv/O
ほむら「…そうと決まれば」

ほむら(時間停止)

ほむら「…」スタッ

ほむら「まどか…」

ほむら「…眠ってるのかしら?」

ほむら「昨日は私のせいで寝不足だったのよね…」

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「でも、こうするしか思い付かなかったの…」

ほむら「私が馬鹿だからいけないの…」

ほむら「…」

ほむら(解除)
657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:00:03.70 ID:2vOboCv/O
さやか「あれ?ほむらが消えた…?」

さやか「おかしいな…ここにいるはずなんだけど…」

さやか「うーん…」

さやか「帰ったのかな?」

さやか「…どこにも見当たらないし」

さやか「なら、私も帰ろっかな」

さやか「結局、ほむらは何もしてないし…」

さやか「疑ってごめ…」

さやか「!?」
659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:05:06.42 ID:2vOboCv/O
さやか「え…うそ…?」

さやか「ほむら…なんでまどかの…」

さやか「っ…!」

さやか「…信じてたのに」

さやか「何考えてんのよあの馬鹿!」

さやか「まどかに何をするつもりか知らないけど…」

さやか「まどかは私が助ける!」

さやか「まどか、待っててね!」
663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:11:37.62 ID:2vOboCv/O
ほむら「うぅ…」

ほむら「だ、駄目よ…絶対に眠らないってついさっき決めたじゃない」

ほむら「時間を止めて眠るのは…止めておくべきよね」

ほむら「そうだ…ソウルジェムを刺激して…」

ほむら「痛っ…!」

ほむら「でも…これなら睡魔からは逃れられるわ」

ほむら「くっ…」
665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:15:12.21 ID:2vOboCv/O
ガチャッ

さやか「…」

まどか「えっ…さ、さやかちゃん…?」

さやか「まどか…」

まどか「ど、どうしてここに…まさか、さやかちゃんも…?」

さやか「まどかのパパに許可は貰ったわ」

さやか「まどか…そんなに怯えなくても大丈夫よ」

さやか「まどかは私が守るから!」

まどか「守る…?」

さやか「うん!」
666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:20:05.00 ID:2vOboCv/O
さやか「…こいつからね!」

ガラッ

ほむら「えっ?」

まどか「えっ?」

ほむら「ま、まどか…さやか…?」

まどか「ほむら…ちゃん…」

ほむら「っ!」

ほむら(いつバレたかわからないけど…とりあうず時間を…!)

さやか「ほむら!」バッ

ほむら「は、離して!」
669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:25:10.73 ID:2vOboCv/O
まどか「あ…ぁ…」

さやか「やだ!絶対に離さない!」

ほむら「くっ…!」

さやか「まどかに何をするつもりだったのよ!」

まどか「そんな…」

ほむら「私はっ!」

さやか「なに?ストーカーでもやってたってわけ?」

ほむら「違うっ!」

まどか「うそだよね…?」

まどか「うそ…」
673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:30:05.89 ID:2vOboCv/O
ほむら「私はストーカーなんかじゃないっ!」

さやか「じゃあ何をしてたって言うのさ!」

まどか「うぅっ…ぐすっ…」

ほむら「私はまどかを見守って…!」

さやか「見守る?馬鹿言わないでよ!」

まどか「うっ…うぅっ…」

さやか「あんたがしてることはまどかを見守ってるんじゃない!」

さやか「まどかを悲しませてるだけよ!」

ほむら「!?」

まどか「うわぁぁぁぁん」
679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:35:51.88 ID:2vOboCv/O
ほむら「違う…違うっ!」

さやか「違わないよ!まどかを見なよ!」

まどか「うぅぅっ…ぐすっ…」

ほむら「まどか…」

さやか「まどかは泣いてるの!他の誰でもない、ほむら!」

さやか「あんたのせいで!」

ほむら「…!」

さやか「まどかは今泣いてるんだよ!」

さやか「あんたがまどかを泣かせてるんだよ!」

ほむら「…違う…私は…まさかを…」

さやか「ほむら!あんた馬鹿じゃないの!?」

ほむら「…っ」
683: ×まさかを○まどかを 2011/11/29(火) 03:40:05.32 ID:2vOboCv/O
さやか「まだ分からないの?」

さやか「なら私は…あんたを!」

ほむら「…」

まどか「さやかちゃん…もういいよ…」

さやか「まどか…」

まどか「…昨夜ここにいたのはあなたなの…?」

ほむら「…!」

さやか「…答えなよ」

ほむら「…ええ」

まどか「…一昨日も?」

ほむら「…そうよ」
686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 03:45:06.72 ID:2vOboCv/O
まどか「そっか…そうだったんだね…」

さやか「まどか…」

ほむら「…まどか!私はあなたを…!」

さやか「ほむら!」

まどか「…もういい、もういいんだよ」

ほむら「えっ…」

まどか「私…よくわかんなくなっちゃった」

まどか「疲れちゃったよ…」

まどか「あなたはずっと私をそうやって…」

ほむら「まどか…」

まどか「暁美さんなんて知らないもん」

ほむら「!?」

まどか「いい加減付きまとうの止めてくれないかな?」
725: 保守ありがとう 2011/11/29(火) 08:05:39.28 ID:2vOboCv/O
さやか「まどか…」

まどか「…」

ほむら「…ま、まどか!私は…っ!」

まどか「…帰って」

ほむら「っ!」

まどか「帰ってよ」

ほむら「うっ…うぅっ…」

ほむら「…」タタッ

さやか「…あの馬鹿…」

まどか「…さやかちゃんも帰ってくれないかな?」

さやか「えっ?」

まどか「一人でいたいの…」

さやか「…わかった」

727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:10:27.13 ID:2vOboCv/O
まどか「…」

さやか「…無理、しないでよね」

まどか「…うん」

さやか「…ばいばい」

まどか「…」

まどか「うっ…うぅぅっ…」

まどか「うあぁぁぁぁん」

まどか「なんで…なんでぇ…」

まどか「ほむらちゃんのばかぁ…!」

まどか「ぐすっ…」

まどか「仲良くなれたと思ったのにぃ…」
730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:15:08.78 ID:2vOboCv/O
さやか「まどか…大丈夫かな…」

さやか「まさか…まどかがあんな事言うなんて…」

さやか「…ほむらの馬鹿」

さやか「ほんと…何考えてんのよ…!」

さやか「コスプレでストーカーとか…最悪じゃん」

さやか「…」

さやか「まどかを見守るって…本気で言ってたの?」

さやか「だとすれば…あいつの頭がおかしいのか…」

さやか「それとも…」

さやか「…明日学校で問い詰めなきゃ」
731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:20:05.54 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」フラフラ

ほむら「…ふふっ」

ほむら「ふふふっ…あははは…」

ほむら「あははははっ」

ほむら「私…何してるんだろ…」

ほむら「まどかを見守って助けるつもりだったのに…」

ほむら「その…まどかを泣かせるなんて…」

ほむら「明美さんなんて知らないもん…かぁ」

ほむら「付きまとうの止めて…」

ほむら「ほんと…馬鹿じゃない…」

ほむら「…ふふっ」

ほむら「私のソウルジェム…ほとんど真っ黒だわ」
733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:25:06.02 ID:2vOboCv/O
ほむら「このままじゃ私は魔女になっちゃうわね…」

ほむら「でも…どうせ私は…」

ほむら「…」

まどか『嘘、一個だけ取っておいたんだ』

まどか『ほむらちゃん…過去に戻れるって…言ってたよね』

まどか『こんな終わり方にならないように…』

まどか『歴史を変えられるって…』

まどか『だからね…お願いがあるの…』

まどか『キュウべえに騙される前の…馬鹿な私を…』

まどか『助けてあげて…くれないかな…』
736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:30:18.37 ID:2vOboCv/O
ほむら「まどかが」

ほむら「…駄目よ、ここで立ち止まっちゃ」

ほむら「まどかとの約束を果たさないと…!」

ほむら「グリーフシードで…」シュウゥゥ

ほむら「…私は…まどか、あなたを助ける…」

ほむら「あなたを助けたい…なのに…」

ほむら「助けたいだけなのに…なんで…」

ほむら「私…昔から変わってない…」

ほむら「人に…まどかに迷惑かけて…泣かせて…」

ほむら「私はずっとこのままなの…?」

『だったらいっそ死んだ方がいいよね』
739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:35:44.07 ID:2vOboCv/O
ほむら「そうかな…」

『死んじゃえばいいんだよ…』

ほむら「…」

ほむら「はっ…」

ほむら「こ…これは…っ」

ほむら(初めて私が襲われた魔女…!)

ほむら「くっ…!」

ほむら「戦わないと…」

『死んじゃえば楽になれるよ』

ほむら「…!」

『だから死んじゃえばいいんだよ』

ほむら「私は…」
741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:40:22.29 ID:2vOboCv/O
ほむら(あの時はまどかが私を助けてくれた…)

ほむら(でも、そのまどかが…)

まどか『いい加減付きまとうの止めてくれないかな?』

ほむら(私のしてきたことは…ただまどかに付きまとってただけって言うの…?)

ほむら(まどかからしたら…ただの迷惑だったの…?)

ほむら(じゃあ…私のしてきたことなんて…)

『死んじゃおうよ』

ほむら(…死ねば楽になれる)

ほむら(こんな思いをしなくていいのなら…)

ほむら(私を助けてくれる…まどかはもういない…)

ほむら(なら…私は…)
743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:45:04.60 ID:2vOboCv/O
ほむら「死…」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ほむら「…はっ」

マミ「間一髪ってところね」

マミ「でも、もう大丈夫!」

ほむら「巴…マミ…」

マミ「!」

マミ「あなたは…この前の…」

ほむら「…」

マミ「…危なかったわね、でも大丈夫よ」

マミ「魔女は私が倒したわ」

ほむら「私は…」

マミ「少し…悪い夢を見ていたのよ」

747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 08:55:17.65 ID:2vOboCv/O
マミ「はい、どうぞ」

ほむら「…」

マミ「遠慮しないで食べて?」

ほむら「…ありがとう」

マミ「うん」

ほむら「…」

マミ「…気にするなと言うのは無理よね」

マミ「さっきのは魔女と言って、私たち魔法少女が…」

ほむら「…知ってるわ」

マミ「えっ?」

ほむら「私も…魔法少女だから…」

マミ「!」

ほむら「…」

マミ「…そうだったの」
748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 09:01:06.66 ID:2vOboCv/O
マミ「でもあの時は変身してなかったから…」

ほむら「…」

マミ「…何か理由があるのね?」

ほむら「…」

マミ「…同じ魔法少女にしか分からないこともあるわ!」

マミ「こうして出会えたのもきっと何かの縁があったのよ」

マミ「私でよければ何にでも相談に乗るわ!」

ほむら「巴マミ…」

マミ「大丈夫、私はあなたの味方よ?遠慮はいらないわ」

マミ「言いたくないのなら無理はさせないけど…」

マミ「…きっと、話した方があなたも楽になると思うの」
750: 午前中はあまり投下できません 2011/11/29(火) 09:07:13.77 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

ほむら(全てを話した方が楽になるのかしら…)

ほむら(もう…一人で悩むのは疲れたわ…)

ほむら(巴マミ…あなたは私を助けてくれるの…?)

マミ「…大丈夫、何も心配はいらないわ」

マミ「あなた、凄く疲れた顔をしてる…」

マミ「自分に無理をしているのね?」

ほむら「私は…」
757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 09:35:59.29 ID:2vOboCv/O
ほむら「…私の話、信じてくれる…?」

マミ「もちろん!」

ほむら「…私が未来から来たと言っても?」

マミ「!」

マミ「…」

ほむら(やっぱり…信じるわけないわよね…)

マミ「…信じるわ!」

ほむら「!」

ほむら「ほ、本当に…?」

マミ「ええ、私はあなたを信じるわ」

ほむら「巴マミ…」

マミ「…暁美さん、あなたの話…詳しく話してくれないかしら?」
766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:15:56.35 ID:2vOboCv/O
ほむら「巴マミ…!」

マミ「私はあなたを信じるから!」

マミ(この子…今にも泣き出しそうな顔をして…)

マミ(とても嘘をつくだなんて思えないわ)

マミ(…よほど辛いことがあったんでしょうね)

マミ(私が力になってあげないとね!)

マミ「…暁美さん」

ほむら「…全てを話すわ」

ほむら「だからお願い…信じて!」

ほむら(もう巴マミ以外に頼れる相手はいない…)

ほむら(お願い…私を助けて…!)
769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:21:27.23 ID:2vOboCv/O
ほむら「これで…私の知る全てを話したわ」

マミ「そう…だったのね…」

マミ(暁美さんが、鹿目まどかさんを助ける為に何度も時間を繰り返して…)

マミ(その鹿目さんに…暁美さんは…)

マミ「…辛かったわね」

ほむら「…私がいけないの」

マミ「私はそうは思わないわ」

ほむら「えっ…?」

マミ「あなたは鹿目さんを助けたい一心でそうしたのでしょ?」

ほむら「そう…だけど…」

マミ「ならそれは、いけないことじゃないわ」

ほむら「巴マミ…」
771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:26:09.35 ID:2vOboCv/O
マミ「たしかに…方法を少し間違えたのかもしれない」

ほむら「…」

マミ「でもね、鹿目さんを助けたいと言う気持ちに偽りはないのでしょう?」

ほむら「…うん」

ほむら「だけど…そのせいで私はまどかを泣かせてしまって…」

ほむら「私が馬鹿だから…駄目な子だから…」

マミ「…暁美さん、あなたは決して馬鹿なんかじゃない」

マミ「駄目な子じゃないわ!」

ほむら「…!」
773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:30:20.18 ID:2vOboCv/O
マミ「あなたは鹿目さんを魔法少女にさせたくなかった」

マミ「前の時間軸で鹿目さんと交わした約束を守ろうとした…」

マミ「そうでしょ?」

ほむら「うん…」

マミ「だからあなたは決して駄目な子なんかじゃない」

マミ「大切な友達を守る…優しい女の子よ」

ほむら「巴マミ…」

マミ「…とても辛い思いをしたのね」

ほむら「…」

マミ「…ここには私たちしかいないわ」

マミ「暁美さん、辛いのなら…泣きたいのなら私がそれを受け止めてあげる」
776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:38:46.99 ID:2vOboCv/O
ほむら「私は…っ」

ほむら「私はまどかを…!」

マミ「無理をしないで…自分を責めないで…!」

マミ「あなたは一人じゃないわ」

ほむら「…!」

マミ「私がいるから…!」

ほむら「巴…マミ…」

ほむら「私は…私は…っ!」

マミ「…堪えないで?」
778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:42:04.84 ID:2vOboCv/O
ほむら「…私は…もう泣かないって決めたから…」

マミ「暁美さん、泣いても…いいのよ?」

ほむら「えっ…」

マミ「人は泣けるんだから…!」

ほむら「!」

マミ「あなたは魔法少女…それは変わらない事実よ」

マミ「でも、魔法少女である前に…あなたは女の子よ」

マミ「人間なの…!」

ほむら「…巴…マミ…」

マミ「暁美さん…!」
780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:47:11.76 ID:2vOboCv/O
ほむら「私…私っ…!」

マミ「辛かったね…」

ほむら「うっ…うぅ…」

マミ「でも、あなたは頑張ったわ」

マミ「たった一人で…!」

ほむら「うぅっ…ぐすっ…」

マミ「これからは私も手伝うわ!」

マミ「2人で頑張りましょう?」

ほむら「巴さん…っ!」
781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 10:51:10.78 ID:2vOboCv/O
マミ「だから…今は楽になって?」

ほむら「巴さん…巴さんっ…!」
マミ「暁美さん…がんばったね」

ほむら「うぅっ…うぁぁぁっ…」

ほむら「うわぁぁぁぁぁぁん」

マミ「…」ナデナデ

ほむら「ぐすっ…うぅぅ…」

マミ「暁美さん…」
785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:00:01.52 ID:2vOboCv/O
マミ(私もひとりで辛かったけど…)

マミ(暁美さんは…何度も何度もひとりで…)

マミ(それに…ソウルジェムが魔女を生むなんて…)

マミ(私はキュウべえに騙されてたの…?)

マミ(でも…ソウルジェムが魔女を生むのが本当だとしても…)

マミ(私は魔女である前に魔法少女よ…)

マミ(魔女として死ぬのではなく…魔法少女として今を生きる…!)

マミ(それに…私だけの話じゃないわ…)
786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:03:43.49 ID:2vOboCv/O
マミ(それに…それは暁美さんも同じなのよ)

マミ(その事実を知っても暁美さんは諦めないで…)

マミ(何度も鹿目さんを助けようとしているのよ)

マミ(暁美さんは希望を捨てないで頑張っているのに…)

マミ(先輩の私がくよくよなんてしていられないわ!)

マミ(私が暁美さんをしっかりサポートしなきゃね!)
788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:06:42.17 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

マミ「…少しは楽になれた?」

ほむら「はい…」

マミ「そう、よかった」

ほむら「…ありがとうございます」

マミ「…最近は眠れなかったんでしょ?」

ほむら「…」

マミ「今日はここでゆっくりしていって?」

ほむら「でも…まどかを…」

マミ「…キュウべえは私がなんとかするわ」

791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:17:31.94 ID:2vOboCv/O
マミ「それに大事なことを黙っていたなんて…」

マミ「とっちめてやるわ!」

ほむら「あ…」

ほむら「そ、ソウルジェムのことは…」

ほむら「その…っ」

マミ「…私は大丈夫よ」

ほむら「…」

マミ「正直…ショックだったけど」

マミ「それはみんな同じことだから」

マミ「それに、後輩にカッコ悪いところ見せられないわよね!」
792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:23:21.61 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

マミ「…鹿目さんに契約をさせなければいいのよね?」

ほむら「そうだけど…でも…」

マミ「…私に話してくれたことを鹿目さんにも言えない?」

ほむら「…もう…まどかに会わせる顔がないわ」

マミ「大丈夫よ…きっと分かってくれるわ」

ほむら「だって…まどかは私に…!」

マミ「誤解だって分かってくれれば絶対に信じてくれるわ」

ほむら「…」
793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:29:00.19 ID:2vOboCv/O
まどか「ぐすっ…ひっく…」

知久「まどか、ご飯できたよ」

まどか「いらない…」

知久「…食べたくなったら何時でも言ってよ」

まどか「…」


知久「まどか…」

詢子「…後で私が話しておくからさ、今は3人で食べよっか」

詢子「久々に4人で食べられるかと思ったけど、今はそっとしていてやるべきだよ」

797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 11:45:39.98 ID:2vOboCv/O
まどか「…ぐすん」

まどか「もうこんな時間になっちゃった…」

まどか「ほむらちゃんのばかぁ…」

まどか「うぅっ…」

詢子「まどか、入るよ」

まどか「ママ…」

詢子「…何があったかしらないけどさ」

まどか「…」

詢子「いつまでも一人で抱え込んでたら解決するもんも解決しないよ」
804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 12:13:17.04 ID:2vOboCv/O
まどか「…」

詢子「友達と喧嘩したんだって?」

まどか「…喧嘩じゃないもん」

詢子「…じゃあ何があった?」

まどか「ほむらちゃん…信じてたのに…」

詢子「朝の子か…悪い子には見えなかったけどね」

まどか「…」

詢子「何があったか私は知らないけど、さ」

詢子「まどか…ほんとに信じてるの?」

まどか「えっ…」
810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 12:33:23.10 ID:2vOboCv/O
詢子「そのほむらって子の話はちゃんと聞いた?」

まどか「えっ…?」

詢子「その子に叩かれたとか虐められたとかじゃないんでしょ?」

まどか「そうだけど…」

詢子「まどかはその子に何された?」

まどか「…」

詢子「陰口言われた?仲間はずれにされた?」

まどか「違うけど…」

詢子「その子は本当にまどかに悪い事をした?」
817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 12:53:57.54 ID:2vOboCv/O
詢子「…まあ、もう一度よく考えてみな」

まどか「…」

詢子「そのまま仲の悪いままでいい?」

まどか「それは…」

詢子「仲直りしたいだろ?」

まどか「…」

詢子「ならさ、落ち着いてからでいいから」

詢子「よーく考えてみなよ」

まどか「うん…」
819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 13:06:47.52 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

マミ「…今日はもうゆっくりしていって?」

ほむら「私は…」

マミ「…鹿目さんのお家を教えてくれない?」

ほむら「えっ?」

マミ「今日は私が変わりに鹿目さんに会いに行くわ」

ほむら「で、でも…」

マミ「大丈夫、私を信じて?」

ほむら「…わかったわ」

マミ「暁美さん、ありがとう」
826: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 13:18:39.21 ID:2vOboCv/O
マミ「それじゃあ言ってくるわね?」

ほむら「…」

マミ「鹿目さんの誤解を解いてみせるから」

ほむら「…ありがとう」

マミ「ふふっ」

マミ「いってきます」

ほむら「…いってらっしゃい」

ほむら「まどか…」
829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 13:32:31.15 ID:2vOboCv/O
マミ「…」

マミ「あんな事言っちゃったけど…」

マミ「…大丈夫…よね?」

マミ「もし…私のせいで悪化したらどうしよう…」

マミ「でも…私が暁美さんの力にならなきゃ」

マミ「私は先輩なんだから…!」

マミ「…やっとできた仲間…友達なんだもの!」
833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 13:52:40.25 ID:2vOboCv/O
まどか「私は…」

まどか「ほむらちゃんはベランダで何をしてたのかな…」

まどか「私をずっと見てたの…?」

まどか「昨日は…着替えたり…占いしたりしたよね…?」

まどか「それを見てたのかな…」

まどか「…ベランダでパンを食べて」

まどか「眠って…」

まどか「ほむらちゃんは何でそんなことをしたの…?」

まどか「やっぱり…ストーカー…なの?」
837: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 14:09:53.47 ID:2vOboCv/O
ほむら「まどかぁ…」

ほむら「私は…どうすれば良いの…」

ほむら「あなたに会わせる顔がないわ…」

ほむら「…」

QB「なるほど、良い事を聞かせてもらったよ」

ほむら「…っ!」

QB「鹿目まどか、凄い素質を持っているみたいだね」

ほむら「インキュベーター!?」
844: 電池がもうなくなる 2011/11/29(火) 14:46:44.27 ID:2vOboCv/O
マミ「…だ、大丈夫…ちゃんとやってみせるわ」

マミ「し、深呼吸をして…」スーハー

マミ「…よし!」

ピンポーン

知久「はーい」

マミ「こ、こんばんは!」

知久「君は…?」

マミ「や…夜分にすみません…」

マミ「…まどかさんはいらっしゃいますか?」

知久「…うん、わかった」

知久「まどかは部屋にいるよ」
866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:07:29.02 ID:2vOboCv/O
知久「…上がってく?」

マミ「は、はい…!」

知久「それじゃ、どうぞ」

マミ「お邪魔します…!」

知久「まどかの部屋はこの先だから」

マミ「…わかりました」

詢子「まどかの友達だね?」

マミ「…はい、お邪魔してます」
詢子「…」
868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:12:24.01 ID:2vOboCv/O
詢子「…ごめんね、うちの娘が迷惑かけてさ」

マミ「い、いえっ…そんな…」

詢子「まどか…こういうのには慣れてなくてさ」

詢子「親の私らがしっかりしなきゃいけないんだけど」

詢子「今のまどかに必要なのは親の助けじゃなくて」

詢子「友達の助けなのかもしれないんだ」

マミ「友達の…」

869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:17:07.62 ID:2vOboCv/O
詢子「あんな娘だけどさ、大切な娘なんだ」

詢子「まどかのこと、よろしく頼むよ」

マミ「はい…!」

詢子「…名前は?」

マミ「と、巴マミです!よ…よろしくお願いします!」

詢子「うん、マミちゃん…まどかをよろしくね」

マミ「はい!」

詢子「ありがとう」
874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:30:40.47 ID:2vOboCv/O
マミ「…」

マミ「ここが鹿目さんの部屋、ね…」

マミ(…私と鹿目さんは初対面)

マミ(初対面の人がいきなり部屋に入ってきたら驚くわよね…)

マミ(それに、ここで私が失敗したら暁美さんは…)

マミ(だから、絶対に失敗できないわ)

マミ(暁美さんも鹿目さんも、私が助けてみせる…!)

マミ(頑張るのよ、巴マミ!)

マミ「すー…はー」

マミ「よし!」
875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:37:57.66 ID:2vOboCv/O
まどか「ほむらちゃん…」

コンコン

まどか「?」

まどか「パパ?ママ?」

まどか「どうしたの…?」

ガチャッ

まどか「私は大丈夫…」

マミ「…こんばんは」

まどか「えっ…?」

まどか「あなたは…」

まどか「巴先輩…?」
877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:45:04.37 ID:2vOboCv/O
マミ「えっ?」

まどか「あ、あれっ…違いますか?」

マミ「そうだけど…なんで私の名前を…?」

まどか「あっ…そ、その…」

まどか「…学校で何度か見かけたことがあるので」

まどか(巴先輩はうちの学校じゃ結構…有名なんだよね)

マミ「…そうだったのね」
881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:50:12.69 ID:2vOboCv/O
まどか(でも…なんで巴先輩が私の部屋に…?)

まどか(直接お話したこともないし…)

まどか(私が一方的に知ってるだけ…だよね…?)

まどか(私に用事があるんだよね…)

まどか(なんで…?)

まどか「あ…えっと…あの…」

マミ「…」

マミ(鹿目さんは私を知っていたみたいだし…)

マミ(少しは話しやすくなったのかしら…?)
887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 16:55:09.22 ID:2vOboCv/O
マミ「…ごめんね?急にお邪魔しちゃって」

まどか「い、いえ…」

マミ「今日はあなたに大切なお話があるの」

まどか「大切なお話?」

マミ「ええ…!」

まどか(な、なんなのかな?)

まどか(私…何もしてないよね…?)

まどか(…ほむらちゃんのことは…)

まどか「うぅっ…」
888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:00:09.70 ID:2vOboCv/O
マミ「…一応、自己紹介しておくわね」

マミ「私は巴マミ、あなたと同じ見滝原の生徒よ」

マミ「学年は3年生、あなたの1つ上になるわね」

まどか「はい…」

まどか「それで…なんで巴先輩が?」

マミ「…」

マミ(巴先輩…ね、先輩って言われるのは嬉しいけれど)

マミ(しっくりこないわね…)

マミ(ってそんなこと考えてる場合じゃないわ!)
890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:05:07.29 ID:2vOboCv/O
まどか「巴先輩…?」

マミ「ま、マミでいいわ!」

まどか「えっ…で、でも…」

マミ「あっ…」

まどか「…じゃあ、マミさんでいいですか?」

マミ「!」

マミ「ええ、ありがとう」

まどか「…その、なんでマミさんが私に…?」

マミ「…今から話すわ」
895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:10:06.84 ID:2vOboCv/O
ほむら「インキュベーター…!あなたいつから…?」

キュウべえ「君が過去の話をしている時からだよ」

ほむら「…!」

キュウべえ「たまたまマミにグリーフシードを貰おうと思ってここに来たんだけど」

キュウべえ「思わぬ収穫だったよ、暁美ほむら」

ほむら「くっ…!」

キュウべえ「君の話を聞かなければ、僕は君が魔法少女であることと」

キュウべえ「鹿目まどかの存在に気づかなかったんだけどね」
897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:15:09.55 ID:2vOboCv/O
キュウべえ「礼を言うよ、ありがとう」

ほむら「インキュベーター!」

キュウべえ「おかげで膨大なエネルギーを得られそうだ」

ほむら「…!」

キュウべえ「鹿目まどか、彼女には是非魔法少女になってもらいたいね」

ほむら「絶対にそうはさせないわ!」

キュウべえ「それが君にできるかな?」
898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:20:10.76 ID:2vOboCv/O
ほむら「やってみせる!」チャキッ

キュウべえ「やれやれ力ずくでも止めるつもりのようだね」

ほむら「…」

キュウべえ「でも気づいているんだろう?」

ほむら「!」

キュウべえ「いくら僕を殺したところで意味がないってことをね」

ほむら「くっ!」
903: >>899今まで全く気づかなかった、ありがとう 2011/11/29(火) 17:25:23.84 ID:2vOboCv/O
「君のしたきたことは無意味だ」

ほむら「黙りなさい!」

ほむら(時間停止!)

キュゥべえ「」

ほむら「…部屋の中で発砲するわけにはいかないわ」

ほむら「場所を変えて…!」

ほむら「ここなら…!」

ほむら「…!」バンバン

ほむら(解除)
906: >>904間違えてQBじゃなくてキュゥべえ表記にしたから、このスレでは統一する 2011/11/29(火) 17:30:20.39 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「」

ほむら「…」

キュゥべえ「だから無意味だって言ってるじゃないか」

ほむら「…!」

キュゥべえ「勿体ないからやめてほしいな」

ほむら「…うるさいっ!」

ほむら(時間停止!)

ほむら「この…!」バンバン

ほむら(解除)

キュゥべえ「」

ほむら「はぁ…はぁ…」

キュゥべえ「わけがわからないよ」
907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:35:10.52 ID:2vOboCv/O
ほむら「…っ!」

キュゥべえ「やめておいた方がいいよ」

キュゥべえ「時間と弾と魔力の無駄だからね」

ほむら「…!」

キュゥべえ「僕を殺しても何の解決にもならないよ」

キュゥべえ「暁美ほむら、君の行動は本当に無意味だ」

ほむら「インキュベーター!」
912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:40:07.82 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「認めたくないのかい?」

ほむら「…うるさい」

キュゥべえ「やれやれ」

ほむら「私は…絶対にまどかを守ってみせる!」

キュゥべえ「そうかい」

ほむら「絶対に契約はさせない!」

キュゥべえ「ならがんばってよ」

ほむら「な…!」
914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:45:10.05 ID:2vOboCv/O
ほむら「バカにしているの?」

キュゥべえ「違うよ、そういう意味じゃない」

ほむら「なら…っ!」

キュゥべえ「君は根本的に勘違いしているようだね」

ほむら「勘違い…?」

キュゥべえ「まどかの契約をすることへの決定権を持っているのは」

キュゥべえ「僕でも君でもない、まどか自信だ」

ほむら「…!」
918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:50:07.66 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「僕は勧誘もするし、契約をするよ」

キュゥべえ「でも実際に契約を決めるのはまどかだ、僕じゃない」

キュゥべえ「それに無理矢理契約をするのはルール違反だしね」

ほむら「そんな…屁理屈を!」

キュゥべえ「だって事実じゃないか」

キュゥべえ「僕は嘘をつかないよ?」

ほむら「…っ!」
921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 17:55:13.43 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「僕たちはあくまでお願いをしているだけだ」

キュゥべえ「魔法少女に強制的にはさせようとはしないし」

キュゥべえ「願い事も叶えてあげてるんだよ?」

キュゥべえ「それだけでも良心的だと思うよ」

ほむら「ふざけないで!」

キュゥべえ「君だって願い事と引き換えに契約したんだろう?」

キュゥべえ「僕は君に強制したかい?」
922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:00:06.84 ID:2vOboCv/O
ほむら「それは…」

キュゥべえ「していないだろう?」

ほむら「…」

キュゥべえ「君は…いや、最終的にはみんな自分の意思で契約しているんだ」

キュゥべえ「君だってそうじゃないか」

ほむら「くっ…」

キュゥべえ「…」
923: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:05:07.44 ID:2vOboCv/O
ほむら「でもあなたは…みんなを騙して!」

キュゥべえ「騙してなんかいないよ」

キュゥべえ「ただ知らせなかっただけだからね」

キュゥべえ「それに、訊かれれば教えるよ?」

ほむら「そういうのを…騙すって言うのよ!」

キュゥべえ「わけがわからないよ」
926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:10:07.27 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

キュゥべえ「とにかく、君の行動は無意味なんだ」

キュゥべえ「やめておいたほうがいいよ」

ほむら「…」

キュゥべえ「じゃあ僕は失礼するね」

ほむら「…!」

ほむら「あなた…まさか…!」

キュゥべえ「鹿目まどかのところに行かせて貰うよ」
929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:15:08.87 ID:2vOboCv/O
ほむら「させない!」

ほむら(時間停止!)

キュゥべえ「」

ほむら「こうなったら…!」ガシッ

キュゥべえ「」

ほむら「絶対に離さない!」

ほむら(解除)

キュゥべえ「僕を抱き締めてどうするつもり?」

ほむら「まどかの所には行かせない!」
932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:20:13.97 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「やれやれ」ススス

ほむら「あっ…!」

キュゥべえ「僕にそんなことをしても無駄だよ」

ほむら「…っ!」

ほむら(こうなったら…先回りして…)

キュゥべえ「先回りしても無駄だと思うよ?」

ほむら「な…」
936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:25:09.07 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「鹿目まどかが君の話を信じるとは思えないね」

ほむら「…!」

キュゥべえ「今の君たちの仲は悪いんだよね」

キュゥべえ「そんな相手の言葉なんて信じないと思うよ」

ほむら「…っ!」

まどか『暁美さんなんて知らないもん』

まどか『いい加減付きまとうの止めてくれないかな?』

まどか『帰ってよ』
941: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:30:05.82 ID:2vOboCv/O
ほむら「…」

キュゥべえ「お別れだね」

ほむら「…」

キュゥべえ「…」

ほむら「…まどか」

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「私…何にもできなかった…」

ほむら「私って…ほんとバカ…」
945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:35:08.66 ID:2vOboCv/O
マミ「…いい?落ち着いて話を聞いて欲しいの」

まどか「…はい」

マミ「あなたが落ち着くまで待ってるから」

まどか「…大丈夫、です」

マミ「本当に?」

まどか「はい…!」

マミ「そう、わかったわ」

まどか「…」

マミ「その大切なお話はね?」

マミ「…暁美ほむらさんのことなの」

まどか「…え?」
947: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:40:12.89 ID:2vOboCv/O
まどか「ほ、ほむらちゃんの…?」

マミ「…ええ」

まどか「…」

まどか(まさかとは思ったけど…)

まどか(やっぱり…ほむらちゃんの…)

まどか(…マミさんはほむらちゃんの味方…なんだよね?)

まどか(どうしよう…私…何かされるのかな…?)
951: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:45:18.60 ID:2vOboCv/O
まどか(も、もしかして…また、ほむらちゃんがベランダにいて…)

まどか(マミさんが私を…)

まどか「い…いや…」

マミ「?」

まどか「うぅっ…」

マミ「か、鹿目さん?」

まどか「た…助けて…」

マミ「えっ?」

キュゥべえ「助けが欲しいかい?」
958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:50:14.86 ID:2vOboCv/O
まどか「えっ…」

キュゥべえ「僕の名前はキュゥべえ!」

マミ「キュゥべえ…!」

まどか「キュゥ…べえ…?」

キュゥべえ「まどか、君が願えばなんだって願いを叶えてあげるよ!」

まどか「!?」

マミ「キュゥべえ!まって!」

キュゥべえ「…」

まどか「それ…本当に…?」
963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 18:55:56.46 ID:2vOboCv/O
キュゥべえ「そうだよ!」

まどか「…!」

マミ「キュゥべえ!やめて!」

まどか(でも…この子は…)

まどか(夢…見てるのかな…?)

まどか(ほむらちゃんのことも…全部夢で…)

まどか(目が覚めたら…いつも通りの朝で…)

まどか(そうだったらいいな…)
970: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:00:18.68 ID:2vOboCv/O
まどか(もし…この子が夢の中の妖精さんで…)

まどか(この嫌な夢を覚まさせてくれるんなら…)

まどか「どんな願い事も…叶えてくれるんだね…?」

キュゥべえ「もちろん!」

まどか「…」

マミ「鹿目さん!駄目よ!」

まどか「私…」

まどか(どんな願い事も叶うなら…)

まどか(私…ほむらちゃんを…)

キュゥべえ「だからね、お願いがあるんだ!」

キュゥべえ「僕と契約して、魔法少女になってよ!」


つづく
978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:05:09.89 ID:2vOboCv/O
次スレは今日中か、少なくとも明日の夜までには立てます

スレタイは

まどか「ずっと側にいてほしいな」

の予定です

次スレ:

まどか「ずっと側にいてほしいな」


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング