FC2ブログ
1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:29:13.222 ID:ZHOHC6fV0
顧問「いいか、お前たち! 絶対水を飲むなよ!」

部長「はぁ、はぁ、はぁ……」

女生徒「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ……」

生徒「ひぃ、ひぃ、ひぃ……」

生徒「あの……少しぐらいなら……飲んでもいいんじゃないでしょうか」

顧問「ダメだ!」

生徒「お願いします……!」

顧問「いかん! 絶対水を飲むな! 飲むなァァァァァ!!!」
5: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:32:51.585 ID:ZHOHC6fV0
生徒「一口だけ……」

顧問「ダメだといったらダメだ! 水を飲んではいかん!」

生徒「ちょっとだけ……」グビッ

顧問「やめんかーッ!!!」

生徒「……」ゴクン

部長「あ……」

女生徒「飲んじゃった……」

顧問「くうっ……!」
9: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:35:27.998 ID:ZHOHC6fV0
生徒「ゲボォォォォォォォォッ!!!」

部長「うわ!」

女生徒「きゃああっ!」

生徒「せ、せんせ……助け……」

顧問「しっかりしろ!」

生徒「我慢できなくて……ごめん、なさ……」ガクッ

顧問「くっ……!」

顧問「くそォォォォォォォォォォ!!!」
11: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:38:25.076 ID:ZHOHC6fV0
20XX年――

ある異星人によって、地球中に恐ろしいウイルスがばら撒かれた。



それは感染すると体が水を受け付けなくなり、もし飲めば即死してしまうという恐ろしいウイルスであった。

しかも始末の悪いことに、このウイルスに感染すると、まるで依存症のように水を欲するようになるのだ。



異星人は地球から水以外の飲み物を全て没収し、そのかわり至る所に水の入った容器を設置した。

当然、水を欲する地球人は毒と分かっていながらも水を飲み、次々に死んでいったのである……。
15: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:40:34.863 ID:XjQe+zwP0
侵略方法陰湿過ぎて草
16: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:41:16.500 ID:ZHOHC6fV0
顧問「異星人どもは水以外の飲み物は全て没収したと聞いているが」

顧問「きっとどこかにお茶やジュースが残っているはずだ!」

部長「は、はい……」

女生徒「頑張ります……」

顧問(とはいえ、そんなものが残ってるなんて話は聞いたことがないし)

顧問(お茶やジュースなら飲んでも大丈夫という保証も全くない……)

顧問(なにより、大量に置いてある“水の誘惑”に耐えられるかどうか……!)

顧問(か細い道だな……)
21: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:44:04.868 ID:ZHOHC6fV0
女生徒「はぁ、はぁ、はぁ……」フラフラ…

顧問「!」

顧問「おい大丈夫か!?」

部長「しっかりするんだ!」

女生徒「私は……もうダメです……」

女生徒「水を……」

顧問「いかん! 水を飲んだら……! 飲むなァッ!」
22: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:47:01.726 ID:ZHOHC6fV0
女生徒「二人とも……さよなら」グビッ

顧問「ダメだ! 吐き出すんだ!」

部長「くっ……!」

女生徒「ゴボッ……!」

ドサッ…

顧問「……!」

顧問「これで……我々古代エジプト研究部は、私と君だけになってしまったか……」

部長「先生……」

顧問「この子はここに埋めて……先に進もう」
25: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:50:26.283 ID:ZHOHC6fV0
顧問「はぁ、はぁ、はぁ……」

部長「ふぅ、ふぅ、ふぅ……」

顧問(まずいな……二人とも喉の渇きが極限に達している)

顧問(このままでは水に手を出してしまうのも時間の問題だ)

顧問(励ましてやらねば……)

顧問「隣町にはたしか飲料メーカーの工場があったんだ」

顧問「あそこまで行けば、きっと安全な飲み物がある! 頑張るんだ!」

部長「はい……」

顧問(気休めだ……。もちろん、この子も分かっているだろう。賢い子だから……)
26: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:53:23.015 ID:ZHOHC6fV0
顧問「なぁ……」

部長「はい……」

顧問「こんなことをした異星人を絶対許すわけにはいかん!」

顧問「奴らはきっとどこかでこの惨状を見てるはずだ!」

顧問「必ず私と君で見つけ出し、復讐してやるんだ!」

部長「そう、ですね……」

部長「と……いいたいところです、が……」
27: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:56:01.348 ID:ZHOHC6fV0
部長「どうやら僕も……限界のようです……」

顧問「!」

部長「水が飲みたくてたまらない……」

顧問「いかん! いかんぞ! 水を飲んだらダメだ!」

部長「先生……今までありがとう……」グビッ

顧問「ああっ!」
28: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 01:58:28.102 ID:ZHOHC6fV0
部長「ガハッ!」

部長「……」ガクッ

顧問「くそっ……」





顧問「くそォォォォォォォォォォォ!!!!!」
30: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:01:13.051 ID:ZHOHC6fV0
顧問「……うう、私もダメだ……」

顧問「喉が渇いて、水を飲みたくてたまらん……!」

顧問「どうせ、このままでいたって干からびて死ぬんだから……」

顧問(いや、待てよ……?)



――――

――
31: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:04:27.324 ID:ZHOHC6fV0
異星人A「ウイルスは除去したか?」

異星人B「ああ、バッチリだ」

異星人A「どうやら終わったようだな」

異星人B「へっ、どいつもこいつも水飲んでくたばりやがったぜ」

異星人B「地球人は全滅だ!」

異星人A「水を飲んではいけないと分かっていながら水を飲んでバタバタ死んでいく姿は実に滑稽だった」

異星人B「惑星は手に入るし、娯楽にもなったし、最高だったな!」
32: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:06:26.185 ID:ZHOHC6fV0
異星人A「……む」

異星人B「どうした?」

異星人A「こいつだけ……干からびて死んでいるぞ」

異星人B「本当だ! よくもまあ、水の誘惑に負けなかったもんだな」

異星人B「しっかし、結局死んでるんだから世話ねえがな! ギャハハハハハハ!」

異星人A「フッ……」
34: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:09:49.148 ID:ZHOHC6fV0
異星人B「あ、そうだ!」

異星人B「せっかく水を飲まずにくたばったんだ」

異星人B「せめて死体に水をぶっかけてやろうぜ。慈悲ってやつだ!」

異星人A「フッ、悪趣味なやつだ」

異星人B「ほれほれ、たんと飲めや」ドボドボドボ

異星人B「なーんて飲めるわけねーけどな!」

異星人A「最後の仕上げだ。今度は死体を分解するウイルスをバラまいて――」
36: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:12:31.287 ID:ZHOHC6fV0
ムクムク…

顧問「ふぅ~」

異星人A「うわっ!?」

異星人B「うおっ!?」

顧問「もう少しで本当に死ぬところだった」

異星人A「なぜ……!?」

異星人B「なんで生き返ってんだよ!?」

顧問「古代エジプトには死体をミイラにする風習があってな……」

顧問「中には後から水をかけると復活できるようにする秘術もあるのだ」

異星人AB「な、なんだって!?」
37: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:15:59.744 ID:ZHOHC6fV0
異星人A「くそっ……!」バッ

異星人B「撃ち殺してやる!」バッ

顧問「ファラオパワー全開!!!」ボウッ!

異星人A「うわっ!」

異星人B「な、なんだ!?」

顧問「どうやら一度古代エジプトの秘術でミイラになったことで、ファラオパワーが宿ったようだ」ゴゴゴゴゴ…

異星人A「ファラオパワー!? なんだそれは!?」

異星人B「光線銃が効かねえ!」バシュッバシュッ
39: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:18:48.795 ID:ZHOHC6fV0
顧問「侵略者たちよ……お前たちには“裁き”を与えてやる」

顧問「成敗!」

ザシュッ! ズバッ!

異星人A「ぐぎゃあっ!!!」

異星人B「ぐわああっ!!!」

顧問「終わった……」
43: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:21:50.163 ID:ZHOHC6fV0
顧問「後は……」

顧問「飲めるだけ水を飲み、蓄えられるだけ水を蓄える!」グビグビ…

顧問「うぇっぷ」

顧問(ファラオパワーと私の全生命力を使って、この水を“生命の水”にする!)パァァァァァ…

顧問(蘇れ……)

顧問(みんな!!!)ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ…

顧問が口から噴き出した水は、全世界の生命体に注がれた。
44: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:24:17.479 ID:ZHOHC6fV0
部長「う……」ムクッ

部長「あれ、ここは……?」

部長「たしか僕は死んだはずじゃ……」

部長「!」

部長「あっ、先生!」

部長「先生がミイラに……! 先生っ! 先生ーッ!」

部長(なんとなく分かる……先生が全人類を助けてくれたんだ……!)


――――

――
45: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/06(日) 02:27:29.427 ID:ZHOHC6fV0
西暦30XX年――



子「ねえ、ママー」

母「どうしたの?」

子「あの水の流れるピラミッドはなんなのー?」

母「ああ、あれはね……」

母「かつて、この地球を救って下さった英雄が眠るピラミッドよ」









関連記事

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年11月07日

    沸かしてお湯にしたらいいんじゃね?

  2. とあるSSの訪問者 2019年11月07日

    その発想はなかった気、天才か

  3. とあるSSの訪問者 2019年11月08日

    お茶とかでいいならそこらの草すりつぶして溶かせば行ける気もする

  4. とあるSSの訪問者 2019年11月09日

    なぜ、おしっこを飲まないのだろう

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング