FC2ブログ

杏子「心の温度」

1: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:38:38.52 ID:BtyMZ3Vno
『ねぇ、佐倉さん。あなたは私のようにはならないで』

 ざっくりと魔女を片付けたアタシは、ぼんやりとそんな言葉を思い出した。

 ったく、くだらない。ほんっとにくだらないね。

 何が、『私のようにはならないで』だよ。
 アタシがいつだってあんたみたいに気丈で優しくて格好良いあんたみたいになりたかったってのにさ。

 ほんとに笑わせてくれるよね。全くさ。

 まぁ、そんなことはもう昔の話だ。関係ないさ。

 アタシはあんたを否定して、アタシのためだけに生きるのさ。

 そうすれば、全部が自業自得だ。もう誰もあたしの、アタシなんかのために。



 全く、ほんとにあたしってやつはほんとに馬鹿だね。

 あんな風に決別して、それでもまだ、未だにこんなに引きずっちまってるなんてさ。

 憂さ晴らしに少しいい物でも、盗ってくることにすっかねぇ。

「っち」

 あほくさっ。

 アタシは自分に対して随分とイラついてるみたいだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376980718
2: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:39:33.27 ID:BtyMZ3Vno
 全く、キュゥべえの奴や何を考えているのかねぇ。

 なんで、寄りにもよって、今、このタイミングでマミの奴の近況なんかをアタシに話したりするのさ。

 くそっ、気になるじゃねーか。

 誰だよ、美樹さやかって。

 誰だよ、暁美ほむらって。

 イレギュラーだとか、新米だとか、むかつく単語を並べ立てやがる。

 まぁ、でもアイツが生きてんなら、アタシはそれでいいさ。

 気にはなるけど、会いに行くほどのことじゃねーよな。

 だって、アイツとアタシは、もう他人だ。



 一人で散々強がったアタシは、結局のところ気になってまた、見滝原の地に足を踏み入れちまった。ほんと、情けねぇな。

 それで、マミの奴に肩入れしてるっていう新米ちゃんに『ご挨拶』を噛ましてきたわけだけども、ああいうタイプはダメだ。

 絶対に潰れる。

 まず、自分の願いすら正しく理解しちゃいないんだろうな。

 それで、マミの奴に憧れて、焦がれて、追い付きたくて、理想のマミの姿を追いかける。
3: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:40:03.15 ID:BtyMZ3Vno
 なんだ、昔のあたしと同じじゃないか。

 マミみたいに完璧な正義の味方になんてなれやしないってのにさ。

 無知は罪たりえるってのはどうやらホントみたいだね、こりゃあ。

 現実ってのを一度しっかり見せつけてやらないと駄目だな。

 それから、得体のしれないイレギュラー。暁美ほむら。

 アイツと正面から向かい合って、アタシはマミの言葉を理解した。

 いや、しちまった。なんだよ、そういう意味かよ。

 確かに、そういう意味なら今のあたしとあんたは同じなんだろうな。

 それに、暁美ほむらも。違うのは新米ちゃんだけだろうさ。

 けど、遅かれ早かれアイツもアタシ達と同じになる。きっとだ。

 多分それが、魔法少女の運命なんだ。
4: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:40:34.07 ID:BtyMZ3Vno
 遅かれ早かれ、とは言ったもののこれはあまりにも、早すぎるんじゃねーか?

 いや、むしろ今のアイツはアタシよりも、マミよりも酷い。

 下手するともう希望を信じられなくなってるかもな。

 その姿が、昔のアタシ自身とピタリと重なった。少なくともアタシはそう感じちまった。

 ったく、メンドーだけど少しばかし世話を焼いてやろうか。

 新米の奴、いやさやかの奴にアタシの身の上話を聞かせてやった。

 アタシらは同じ間違いから始まってるって、そう教えてやったのに、アイツはまだ間違えつづけようとしてる。

 それも自分からワザと間違った方へと足を踏み入れちまってる。

 そんなんじゃ、いつか憧れのマミの奴のことも否定するハメになるんだぞ。
5: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:41:02.55 ID:BtyMZ3Vno
 イレギュラー、暁美ほむら。あいつがたった一人でアタシの前に現れた。

 二つの頼みごとを押し付けられた。

 一つはワルプルギスの夜の討伐。

 もう一つは美樹さやかの捜索と説得。

 どっちもアタシには関係がない、そう突っぱねることも出来たはずなのに、アタシは二つともに頷いちまった。

 我ながら呆れるよ。
6: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:41:31.11 ID:BtyMZ3Vno
 ほむらの奴と手を結んで、やっと見つけ出したさやかの奴は、

 アタシの目の前で『魔女化』した。

 その魔女は暁美ほむらが事もなげに、打ち倒した。それはもうあっさりと。

「テメェ!何考えてやがる!!」

 アタシがそう怒鳴りつけようとした瞬間、今も昔も聞きなれた発砲音が響いた。

 マミの奴のマスケット銃の発砲音だ。

 ギョッとして、アタシがマミの方へと振り向くと、マミとアタシの間を遮るようにほむらの奴が立っていた。

 凛として、マミと向かい合うほむらは体のど真ん中から血を流している様子だった。

 アタシは庇われたのか。

 アタシを撃ち抜こうとした奴はどんな気持ちを抱えているのだろう。

 ほむらの背に隠れてしまって、表情も所作も良く見えなかった。

 ただ、ほむらが何かを言って、マミが泣きながらそれに答えた。

 アタシは、あんな巴マミを知らない。

 そうか、あんなに『心の温度』が低いやつが正義の味方を続けていたことの方が驚くべきことなのか。
7: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:41:59.78 ID:BtyMZ3Vno
 空を覆う雲に風穴が開いてら。

 灰群青の空の一角だけが妙に清々しく青い。

 横たわったアタシはボロボロと崩れて空気に溶けるワルプルギスを眺めていた。

 左足と、それから左肘から先が、吹き飛んでしまって立ち上がることも出来やしない。

 ったく、せっかく大物魔女を狩ったってのにこれじゃあ勝ったとは言えないかね。

「杏子、生きてる?」

 体中あちこちから血を流したほむらがアタシに近づいてきた。

「まぁ、なんとか、ね。けど、ジェムも限界さ。一人で立てもしないからマミの奴のところまで引きずってってくれよ」

 アタシがそう言うと、ほむらの奴は「構わないわ」と言って泣きながら微笑んだ。

 擦れた声で咳き込みながらマミの奴がアタシらを呼んでるよ。

 きっとアタシを見たらびっくりするだろうな。
8: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:42:48.86 ID:BtyMZ3Vno
 そう思いながらほむらに担ぎ上げられてマミのもとに辿り着いたアタシらが見たのは酷い光景だった。


「私、もう限界みたい。だから最後はあなた達で砕いてくれないかしら」


 アタシはその光景を見た瞬間に後戻りできない領域に足を突っ込んじまったらしい。

 ソウルジェムにひびが入った。

「わりぃほむら、あんたの銃貸してくれ」

 マミの頬に手を当てて涙を流すほむらに向かってアタシはそう告げた。

 何も言わず差し出された手のひらに余る大きさの拳銃。その銃口をマミのソウルジェムへと突き付けて、

 引き金を引いた。


「なぁ、ほむら。アタシはさ、マミに会えて、あんたに会えて、さやかに会えてよかったよ。だからさ、頼む」

 ひびが入ってボロボロになったアタシのソウルジェムと、ほむらの泣き笑いがアタシの最期だ。

 さやかを救えなかったのは痛かったけど、悪くないね。こういうのもさ。
9: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:43:23.39 ID:BtyMZ3Vno
終わり

マミ「心の温度」を別角度から

依頼出してきます

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング