FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:07:50.89 ID:ECXPfw6i0
事務所

亜美「…」

伊織「あずさ?」

あずさ「あら?どうかしたの伊織ちゃん?」

伊織「いや、次のライブの衣装の話なんだけどね…」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1572793670
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:09:00.60 ID:ECXPfw6i0
レッスンルーム

亜美「…」

あずさ「あら?ここのステップって…」

伊織「それは…ほら、こうやって…」

あずさ「流石伊織ちゃんね♪」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:10:37.88 ID:ECXPfw6i0
楽屋

亜美「…」

伊織「…あずさ、次の収録なんだけどね…」

あずさ「え、えぇ…」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:11:55.77 ID:ECXPfw6i0
収録後

亜美「…」

伊織「いや、もう何なのよ!」

亜美「え?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:12:43.62 ID:ECXPfw6i0
伊織「『え?』じゃないわよ!いつも喧しいくらいにうるさいんあんたが黙りこくって…何があったのよ!」

亜美「…べ、別に…」

伊織「別にって顔してないじゃない」

あずさ「元気もないし…どうしたの?亜美ちゃんらしくないわ…」

亜美「いおりん…あずさお姉ちゃん…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:13:50.72 ID:ECXPfw6i0
伊織「私たち仲間でしょ?そりゃあ、結果的に力になれるかどうかはわからないけど、相談くらいしてくれてもいいんじゃない?」

亜美「…もしも、今から亜美が変なこと言っても…友達でいてくれる?」

伊織「そこまでのことなの…?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:14:42.72 ID:ECXPfw6i0
あずさ「えぇ、約束するわ。何があっても、私たちは亜美ちゃんの味方よ」

伊織「…私も約束するわ」

亜美「そっか…えへへ…嬉しいな…」

伊織「じゃあもっと嬉しそうな顔しなさいよ…」

あずさ「よっぽどのことなのね…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:15:37.23 ID:ECXPfw6i0
亜美「あ、あのね…亜美…もしかしたら…変態さんなのかも…」

伊織「は?」

あずさ「それはどういう意味?」

亜美「…昨日から真美が風邪ひいてるっしょ?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:17:35.71 ID:ECXPfw6i0
昨日、双海家

真美「ごほっ!ごほっ!」

亜美「大丈夫?ママ呼んでこよっか?」

真美「ごほっ…うぅん…大丈夫…はぁ…はぁ…」

亜美 ドキッ

亜美(え?何?ドキッって?)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:18:44.72 ID:ECXPfw6i0
亜美「そ、そーなんだ、無理せずに何でも言ってね!」

真美「う、うん…はぁ…はぁ…」

亜美(真美…辛そう…)

真美「はぁ…はぁ…んっ…」

亜美(顔赤らめてて、苦しそうな顔してる…)

亜美 ドキッドキッ

亜美「!?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:20:52.05 ID:ECXPfw6i0
真美「ん?どうかした…?」

亜美「な、なんでもないっぽいよ!」

亜美(な、なんで!?なんでこんなにドキドキすんの!?)

真美「そっか…良かった…」ニコッ

亜美「はぅ!?」ズキュゥンッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:22:01.89 ID:ECXPfw6i0
真美「ん?」

亜美「だ、大丈夫!大丈夫だから!」

亜美(え、笑顔が…)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:25:43.29 ID:ECXPfw6i0
真美「はぁ…はぁ…」

亜美(で、でもこうして見ると真美って美人さんだよね…)

真美「はぁ…はぁ…んっ…」

亜美(うわぁ…首ほっそ!顔ちっちゃ!)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:28:48.52 ID:ECXPfw6i0
真美「うぅん…あ、暑いよぉ…」

亜美「ひ、冷やしてあげるね!」ペタッ

真美「うぅ…冷えピタありがと…」

亜美「うん…」ムラッ

亜美(ムラッ?)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:29:54.03 ID:ECXPfw6i0
真美「はぁ…気持ちぃよぉ…」

亜美(汗だく…赤く染まったほっぺた…汗ではりつく髪の毛…)

真美「すー…すー…」

亜美「あ、寝ちゃった…」

亜美(こんな…無防備な姿で…って亜美ったら何考えてんの!?)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:30:45.27 ID:ECXPfw6i0
真美「うぅぅん…」

亜美「あっ…うなされてる…」

真美「亜美ぃ…」ギュッ

亜美「あっ…手を…」

真美「寂ちいよぉ…」

亜美 キュンッ

亜美「う、う、う、うわぁぁぁぁぁぁあ!?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:31:40.40 ID:ECXPfw6i0
亜美「ってことがあったんだYO!」

伊織「そ、それって…嘘でしょ!?あんた!真美を…」

あずさ「あ、あらあら~…」

亜美「亜美だっておかしいってわかってるよ!女の子同士ってだけでもおかしいのに…双子のお姉ちゃんにこんな…」

伊織「でもあんたは…」

亜美「しょーがないじゃん!そうなっちゃったんだから!」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:32:37.72 ID:ECXPfw6i0
あずさ「い、今まではそんなことなかったの?」

亜美「うん…こんな気持ち…真美が初めて…」

伊織「おぉふ…初恋が自分の姉…」

あずさ「それで今日一日元気がなかったのね…」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:34:00.11 ID:ECXPfw6i0
伊織「あずさ…こういう時どうするべきなの?」ヒソヒソ

あずさ「さ、流石にこれは…ちょっと…」ヒソヒソ

伊織「安易に否定して投げやりになってもダメだし…そもそも真美の気持ちもあるわよね?」ヒソヒソ

亜美「うぅぅ…」ジワッ

伊織あずさ「「!?」」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:35:09.63 ID:ECXPfw6i0
亜美「やっぱり…亜美…おかしいよね?変だよね?…あはは…亜美、変態さんになっ…」

伊織 ギュッ

あずさ ガバッ

亜美「へ?い、いおりん?あずさお姉ちゃん?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:36:05.77 ID:ECXPfw6i0
あずさ「大丈夫よ、亜美ちゃんは変態さんじゃないわ」

伊織「そうよ、女同士だっていいじゃない!何も変なことなんてないわ」

亜美「で、でも…」

あずさ「言ったでしょう?何があっても私たちは亜美ちゃんの味方だって…」

伊織「あんたが真美のことが好きなら協力するわよ、それが仲間でしょ!?友達でしょ!?」

亜美「…えへへ…ありがと…」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:37:14.13 ID:ECXPfw6i0
あずさ「今は少し混乱してるのよね?だから少し落ち着きましょう?」

亜美「…うん」

伊織「あんたが真美への気持ちに気づいたのはいつ?」

亜美「昨日が初めてだよ」

伊織「なるほど、今は本当に直後ってわけね…」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:38:45.95 ID:ECXPfw6i0
あずさ「真美ちゃんを見てるとどんな風になるの?」

亜美「な、なんだか…こう…胸をかき乱されるというか…ドキドキするし…息も苦しくなるし…」

伊織「重症ね…」

亜美「なんだか今日も真美のことばっかり考えてボーッとするし…」

あずさ「頭もボーッとする…と」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:40:06.00 ID:ECXPfw6i0
亜美「うぅ…」カァッ

あずさ「あらあら、顔が真っ赤よ?」

亜美「うあうあー!?真美の話してたらなんだか身体が熱くなってきたYO!」

伊織「ん?」

亜美「え?」

あずさ「どうしたの?伊織ちゃん?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:41:13.93 ID:ECXPfw6i0
伊織「亜美、あんた今日一日元気なかったわよね?」

亜美「う、うん…なんだか真美のことを思うと身体がダルくって…」

伊織「『元気がない』『胸が苦しい』『呼吸がしにくい』『身体が熱い』『身体がダルい』…」

亜美「恋ってこんなに苦しいんだね…亜美、初めて知ったよ…」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:42:16.11 ID:ECXPfw6i0
伊織「…ちょっとおデコ触るわよ?」

亜美「え?大丈夫だよ、いおりん、そう簡単にはハゲないから…」

伊織「誰が私のおデコっつったのよ!?あんたのおデコに触るのよ!…っていうかハゲないわよ!」

あずさ「い、伊織ちゃん、落ち着いて…」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:43:29.81 ID:ECXPfw6i0
伊織 ピトッ

亜美「えへへ、いおりんの手、冷たくってきもちいー」

伊織「あんた!熱あるじゃない!」

亜美「へ?」

あずさ「え?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:44:31.39 ID:ECXPfw6i0
伊織「『元気がない』『胸が苦しい』『呼吸がしにくい』『身体が熱い』『身体がダルい』…おまけにその赤い顔…これ全部風邪の症状よ!」

あずさ「じゃあ亜美ちゃんは…真美ちゃんに恋しちゃったわけじゃなくて…」

伊織「真美から風邪がうつっただけよ!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:45:28.55 ID:ECXPfw6i0
亜美「え?そんなうつるようなことしてないっぽいよ?」

伊織「本当に?」

亜美「うん、昨日は看病した後すぐに同じベッドで寝たから何もしてないもん」

伊織「それじゃない!?風邪ひいてるやつと同じ布団で寝るとかバカじゃないの!?」

亜美「バカは風邪ひかないんだよ?」

伊織「うっさい!さっさと帰るわよ!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:46:23.54 ID:ECXPfw6i0
その日の夜、双海家

亜美「なんてことがあってさー…」

真美「あひゃひゃひゃひゃひゃ!」

亜美「もう!笑いすぎっしょ!」

真美「あははは、ごみんごみん…ぷっ!」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:47:19.08 ID:ECXPfw6i0
亜美「うあうあー!真美がイジワ…!?ごほっ!?ごほっ!?」

真美「ありゃりゃ、しょーがないなー」サスサス

亜美「んっ…ありがと…」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:48:56.50 ID:ECXPfw6i0
真美「しかし、真美の次は亜美かぁ」

亜美「真美は治ったの?」

真美「うん!完全復活っぽいよ!」

亜美「へぇ、よかった…同じ部屋で寝ちゃダメだよ?」

真美「うーん、でも、真美は風邪治ったばっかりだから、そんなすぐにはかからないっしょ!」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/04(月) 00:50:18.49 ID:ECXPfw6i0
亜美「うーん、そーかな?」

真美「そーだYO!だから、今日は昨日のお礼も兼ねて真美が看病したげるね!」

亜美「えへへ、ありがと」ニコッ

真美 ドキッ

真美(あれ?)

終わり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング