FC2ブログ
1: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:44:52.66 ID:Nmk5Mk330
当然のようにキャラ崩壊注意



CGプロ事務室――東京――



P「……」カタカタ

ちひろ「そろそろお昼ですね」

ちひろ「今日も愛妻弁当が届くんじゃないですか?」

P「茶化さないでくださいよ、ちひろさん」

ちひろ「仲が良いのは結構ですけど、それ以上の関係は厳禁ですからね?」

P「分かってますよ、破ったら現金なことになるってことぐらい」

2人「「HAHAHA」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471355092
2: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:46:17.28 ID:Nmk5Mk330
時計『正午やで』

まゆ「失礼しまぁす」ガチャリ

P「まゆ、おはよう」

まゆ「今日もお弁当を作ってきましたので、一緒に食べませんかぁ?」

P「いつも悪いな、俺なんかのために」

まゆ「気にしなくて良いんですよ。私をプロデュースする方が体を壊したら、心配ですから」

P「確かに、まゆのおかげで、体の調子がすこぶる良いよ」

まゆ「栄養バランスを考えてますからねぇ」ニッコリ
3: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:46:51.93 ID:Nmk5Mk330
Pまゆ「「きゃっきゃうふふ」」









ゴゴゴゴゴ

凛「」ギリィ...!!

ゴゴゴゴゴ
4: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:48:04.11 ID:Nmk5Mk330
【Part 1 白昼の陰謀】



某公園――東京――



凛「……」イライラ

凛「……」チラッ

時計『13時13分30秒やで』

凛「遅い! もう約束の時間だっていうのに!」

凛(『13時13分公園の13区画で待ち合わせ』――)

凛(指定のルートでそれを伝えたら、現地でその道のプロがやってくる……そういう話だったのに……)

凛「時間通りに動いてこそプロフェッショナルじゃないの?!」









「もう来てるんですけど」

凛「え?!」
5: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:48:57.43 ID:Nmk5Mk330
ボノノ「……」ス...

凛(す、すぐそばの木陰から……!)

凛「なるほど……私をチェックしていたってことだね?」

ボノノ「……」

凛「迂闊なことはしゃべらない……そう、噂どおりのプロフェッショナルなんだ」

ボノノ「私は依頼人とおしゃべりにきたわけではなくてですね……」

凛「あ、うん、そうだった……」
6: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:50:14.76 ID:Nmk5Mk330
凛(あらためて見ると、この子……只者じゃない)

凛(細く華奢でありながらステージで踊り続けられるだけの体力……!)

凛(透き通っていながら観客を魅了するだけの声帯……!)

凛(私と目をあわさないのは、それだけ周囲への警戒を怠っていない証……!)









凛(そして、なにより……)

凛(私がアニメ絵だとすると、まるで劇画というか……)

凛(とにかく、この世界とは異なる『空気』を放っている――!!)









ドドドドド

ボノノ(劇画調)「……」

ドドドドド
7: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:50:47.77 ID:Nmk5Mk330
凛「私が依頼したいのは――」ス...

ボノノ「動かないでくださいっ」

凛「えっ」

ボノノ「そっとですよ……ポケットの荷物は、そっと出してくださいね……」

凛「ご、ごめん……」

凛(私が襲うことまで警戒しての、この言動……)

鈴(さすがプロフェッショナルだね……!)
8: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:51:59.65 ID:Nmk5Mk330
凛「そこに写っているのは、私のプロデューサー」

凛「彼は毎日、お昼にお弁当を手渡されているの」

凛「私は彼のことが、その……す、好きだから……!」

凛「お弁当なんかに嫉妬することが見苦しいなんて、分かってるけど……」

凛「とにかく! そのお弁当を狙撃してほしいの!」

凛「その写真はどれも、お弁当を受け取るときのシーンを撮影したものだよ。これだけあれば、狙撃の参考になるはず」

凛「お金なら糸目をつけないから! この依頼を受けて……!」

ボノノ「……」ジッ









ボノノ(劇画調)「むーりぃー」

凛「なにっ!?」
9: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:55:12.29 ID:Nmk5Mk330
ボノノ「ただのお弁当が、あなたの動機とは考えにくいので……」

ボノノ「きっと、この裏にある思惑こそが、あなたの動機のはずかと……」

ボノノ「私は、隠し事をする依頼人の仕事を請けるつもりはないんですけど……」

凛「……ふっ」

凛「さすがはプロフェッショナル……お見事だよ」

凛「すごく言いづらいことなんだけど、全部話さなきゃいけないみたいだね」

凛「実は、このsh――」ス...

ボノノ(劇画調)「だからゆっくり出して欲しいんですけど(涙目)!?」

凛「ごめん……」シュン
10: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:56:21.89 ID:Nmk5Mk330
凛「その写真に写っているのが、私の最大のライバル、佐久間まゆ」

凛「その女こそが、プロデューサーに毎日お弁当を届けている張本人なの」

凛「あの女のお弁当のせいで、私はいつも彼とお昼を食べることができないでいるんだ……!」

凛「お願い! あの女がお弁当を取り出した瞬間に、それを破壊して欲しいの!」
11: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 22:57:06.32 ID:Nmk5Mk330
凛「目の前でお弁当が台無しになって落ち込むまゆ……あわてて何もできないプロデューサー……」

凛「そこへ私が華麗に登場、颯爽と事態を解決し、プロデューサーとお昼を食べ、これまでの差をすべて埋める――!」

凛「それこそが私の『シンデレラガール計画』!!」

凛「でも、この計画にはあなたの協力が必要不可欠……」

凛「お願いします!! あの女のこすい策略を粉砕してください!!」
12: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:10:47.62 ID:Nmk5Mk330
ボノノ「……」ジッ









ボノノ「分かりました、やってみましょう」

凛「おぉ、ボノノ13……!」

ボノノ「報酬は、明日以降、森久保乃々にあてられる仕事を2回引き受けることです」

凛「えっ? なんで乃々?」

ボノノ(劇画調)「いいから(おこ)」

凛「アッハイ」
13: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:11:39.63 ID:Nmk5Mk330
ボノノ「あなたのそのこすい計画……そもそも成り立てばいいですけれどね……」スゥ...

凛「なっ……それはどういう――!?」バッ









乃々「ひっ!? ……あ、凛さん……」ビクッ

凛「……あれ、乃々?!」キョロキョロ

凛「ねぇ、今誰かここを通らなかった?!」

乃々「いえ、ちょっと、気付きませんでしたけど……」

凛「そんな……!?」
14: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:13:10.09 ID:Nmk5Mk330
凛(出てきたときと同じ、そばの木の裏を歩いただけで、ここから消えてみせるなんて……)

凛(ボノノ13……なんて恐ろしくて、なんて頼れる子なんだろう……!)ゴクリ

乃々「あ、あの……?」

凛「……あ、ごめんね。なんでもないの、なんでも」

乃々「はぁ……」

乃々「……」









ボノノ「……」
15: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:13:52.70 ID:Nmk5Mk330
【Part 2 狙撃地点へ】



CGプロ事務室――東京――



ボノノ「……」キョロキョロ

ボノノ「……」ササッ

ボノノ「……」

ボノノ(あのプロデューサーがお弁当を受け取るのは、決まって自分の席の周辺)

ボノノ(彼の席か、その隣の席でなければ、狙撃は不可能……)
16: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:14:35.92 ID:Nmk5Mk330
ちひろ「……あら、乃々ちゃん?」

乃々「あ、はい……」

ちひろ「その手に持ってるのは……あぁ、小道具の猟銃ね」

乃々「これをもってると、勇気が湧いてくるんです……」

ちひろ「そう、お仕事頑張ってね」ニッコリ

乃々「がんばります……」

ちひろ「おっとっと、この書類を上に届けないと……」スタスタ

ボノノ(事務員がいなくなった……今のうちに)スタタ...
17: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:15:25.58 ID:Nmk5Mk330
ボノノ(……むっ)サッ

ボノノ(プロデューサーの隣の机の下に、住人が1人……)

ボノノ(ここは……さらに隣の机の下か)

輝子「フヒ……お隣さん?」

ボノノ「……」

輝子「どうも……ほ、星輝子、です……」

ボノノ「……どうも」アクシュ

輝子「す、すぐ握手してもらえた……フヒ、フヒヒ……」

ボノノ(ボッチか……)
18: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:16:58.76 ID:Nmk5Mk330
輝子「それにしても、急な入居、だな……」

ボノノ「実は、お仕事で入居することになったんですが……」

ボノノ「手違いで、1つ隣になってしまったんです」

ボノノ「本当は……あなたのところに行きたかったのですが……」

輝子「そ、そうだったのか……」

ボノノ「すみませんが、しばらくだけ、交換したいんですけど……」

輝子「でも、こっちには、と、トモダチがたくさんいるから……」

ボノノ(キノコのことですね……)
20: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:17:43.05 ID:Nmk5Mk330
ボノノ「では……あなたと親友以上の関係になれば、大丈夫ですか?」

輝子「え」

輝子「あー、その……い、一応、そうなりますけど……」

ボノノ「では……まず、こちらへお越しください」

ボノノ「交流をはかりたいと思いますので……」

輝子「い、いいぞ……フヒ」

輝子(交流……ボッチには眩しい言葉だ……)ウキウキ
21: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:18:57.23 ID:Nmk5Mk330









輝子「ウオォォ~!」

ボノノ「……」パンパン

輝子「知らにゃい! こんなの、知らないぃぃ~!」

ボノノ「……」パンパン

輝子「り、リア充! リア充してるぞヒャッハアアアアアア~!」

ボノノ「ぅっ」

輝子「あぁぁぁぁ~……ホット胞子ぃ~……」









22: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:19:45.76 ID:Nmk5Mk330
輝子「フヒヒ……リア充さいこぉ……」ピクピク









ボノノ(もうすぐお昼の時間……)

ボノノ(……)
23: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:20:30.98 ID:Nmk5Mk330
【Part 3 嵐の前の静けさ】



AM11:45――CGプロ事務室――



P「ただいま戻りました~」

P「午前中に仕事を片す俺、マジ有能だな」

P(……隣の机の下に人影……また輝子か)

P「輝子もたまには日の光を浴びろよー?」

ボノノ「……フヒ」

P「ふぅ~疲れた~」チャクセキ

P(もうすぐ正午……そろそろ来る頃かな)
24: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:21:23.44 ID:Nmk5Mk330
凛(ふぅ……なんとか間に合った……)

凛(なんとか仕事を全部終わらせて、12時直前に帰ってこられたよ)

凛(姿は見えないけれど、ボノノ13が待機しているはず)

凛(さよなら、まゆ……おまたせ、P)キリッ
25: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:22:16.55 ID:Nmk5Mk330
時計「AM11:57」チッ...チッ...

時計「AM11:58」チッ...チッ...

時計「AM11:59」チッ...チッ...
26: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:22:50.83 ID:Nmk5Mk330
【Part 4 正午の陣】



AM12:00――



まゆ「おはようございまぁす」ガチャリ

P「おはよう。時間ぴったりは流石だな、まゆ」

まゆ「アイドルだから、当然ですよ」ニッコリ

凛(白々しい……!)

凛(時間になるまでドアの前で立っているの、知っているんだから……!)

まゆ「Pさん、今日のお弁当を持ってきましたぁ」ガサゴソ

P「いつも悪いな」

まゆ「いえいえ」つお弁当

ボノノ(……!)
27: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:23:16.78 ID:Nmk5Mk330









ズキュウーン!!









28: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:23:49.26 ID:Nmk5Mk330
お弁当「がふdふぁいふぁsbffば!!」ガッシャァン!!

まゆ「きゃっ!?」

P「なっ!?」

凛(やった!)

凛(まゆのお弁当が、グッチャグチャのベッキョベキョに粉砕した!)

凛(あんなお弁当、もう誰も食べられないよ!)
29: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:24:38.58 ID:Nmk5Mk330
まゆ「うそ……」

P「大丈夫かまゆ!?」

まゆ「お、お弁当……」

P「弁当はいいから、ケガはないか!?」

まゆ「Pさんのために……」グスッ

P「おいおい、大丈夫か?」









凛「大丈夫、まゆ!?(迫真)」ダッ
30: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:25:30.38 ID:Nmk5Mk330
凛「これ……お弁当」

凛「そっか、ショックだよね、今フラフラだよ? しばらく安静になるべきだって」

凛「確か仮眠室があいてたから、私が連れて行くよ」

凛「Pはお昼が終わったらスタジオでずっとこもりきりの作業でしょ? 今日は食べておいたほうが良いよ」

P「しかし、まゆが……」

凛「まゆは私が寝かせておくから。その後、どこかのお店で合流して、お昼を食べながら報告するよ」

P「あぁ……」









凛(計画通り)(ゲス顔)
31: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:27:03.06 ID:Nmk5Mk330
凛(まゆを再起不能にし、それを餌にPとの食事の約束を取り付ける……!)

凛(この『頼れる私』という強力なイメージを武器に、まゆがちまちま稼いでいた好感度を根こそぎ奪いつくす……!)

凛(これが私の『シンデレラガール計画』!!)



凛(さぁP!! 今日のランチはどこに行く……!?)キリッ
32: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:27:36.80 ID:Nmk5Mk330
P「あー……」









P「悪いけど凛、まゆは俺が預かるよ」

凛「!?!?!?!?」
33: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:28:17.81 ID:Nmk5Mk330
P「まゆ、大丈夫か? 1人で立てるか?」

まゆ「はい、なんとか……」

P「それなら俺のランチに付き合ってくれ。食べられなくても、飲み物くらいなら飲めるだろ?」

まゆ「はい……」

凛「……あっ、わ、私も行くよ!」

凛「1人じゃまゆを支えるの大変だろうし! それに私も心配だから!」アセアセ

P「気遣いありがとうな、凛」

P「でも、ランチ中にまゆと仕事の話もしたいから、今日は遠慮してもらえるかな?」

凛(な、なんだって――!?)
34: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:28:59.29 ID:Nmk5Mk330
凛(今のPに、まゆとの仕事の話は無いはず……!)

凛(これはどう見ても、Pがまゆをかばっている……!)

凛(どうして……なぜ……いったいいつから……?)

P「ホラ、歩くぞ」ギュ

まゆ「はい……」フラフラ

凛(!?)

凛(ふらつくまゆの体を支えようと、Pが伸ばした手は……)

凛(まゆの……腰!)

凛(アイドルとの関係を頑なに深めなかったPが、どうしてこんな行動を……?!)
35: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:29:57.97 ID:Nmk5Mk330
凛(っ――)ハッ

凛(これはまさか……『夫婦の絆』!?)

凛(まゆのお弁当が……Pの親愛度をMAXにしたとでもいうの!?)

凛(私が恋人になろうともがいている間に、まゆはコツコツと、夫婦になるために動いていたなんて……!)

凛(そんな……私は……!!)ガクッ
36: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:31:02.23 ID:Nmk5Mk330
【Part 5 深まる親愛】



夕方――



美玲「……おい、こんなところで寝るなよ、輝子」ツンツン

輝子「んっ……あ、おはよう……」

美玲「またキノコいじりで根落ちしたのか? 体に悪いなぁ……」

美玲「キノコもいいけど、たまにはウチとおしゃべりするのも悪くないぞ?」

輝子「……」

輝子「……」ゾクゾク

輝子「な、なぁ……美玲は私の、し、親友……だよな?」

美玲「え? ウチが?」

美玲「……ま、オマエと親友するのも、悪くはない……かな?」プイッ

輝子「実は、簡単にリア充になれる方法……知ったんだ」

美玲「そうなのか? それはちょっと気になるな」

輝子「実践してあげるから……か、仮眠室へ、行こう……」テクテク

美玲「オマエからの誘いなんて……エヘヘ、ちょっと嬉しいじゃんか///」テクテク
37: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:32:20.72 ID:Nmk5Mk330
アイドルに存在するパラメータ・親愛度――

それはプロデューサーたちにも存在する

そしてお互いの親愛度がMAXになった2人は、

恋人という関係すら凌駕し、

夫婦以上の存在へと昇華するという





END
38: ◆ag9TZfREZs 2016/08/16(火) 23:33:30.33 ID:Nmk5Mk330
お詫び



参考資料として貼り付ける予定だった『猟銃を持った劇画調の森久保乃々』の画像がどこにもありませんでした

深くお詫び申し上げます

関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング