FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 08:46:05.81 ID:jgwDTuAY0
雪歩「……雪歩、ステージでそんなにすくんじゃだめなの」

P「おーい雪歩ー、仕事の打ち合わせを……ん?」

雪歩「……水面の白鳥は足下必死でも、いつか華麗に羽ばたくの」

P「ああ、またアレか……」

雪歩「ミスミスミスタードリドリラー!頑張れ自分、負けるな自分!」

P(この前は見てないフリして事なきを得たからな。今は退散してあとでまた声かけよう)

雪歩「譜面は友達、怖くない……」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 08:49:53.87 ID:jgwDTuAY0
数分後

雪歩「ふー、ちょっと元気でたかな……」

P「雪歩ー、仕事の打ち合わせをしたいんだが」

雪歩「あ、プロデューサー。今行きますぅ……あっ」

P「今度の新曲のことなんだけどな……」

雪歩「……プロデューサー」

P「ん、どうした?」

雪歩「ちょっと靴の裏を見せてください」

P「おいおいいったいどうしたんだよ」

雪歩「い、いいから見せてくださいお願いしますぅ!」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 08:56:17.40 ID:jgwDTuAY0
P「わ、わかったよ。ほら」

雪歩「……やっぱり」

P「いったいどうしたんだよ……。ん?なんか靴の裏に白いのついてるな。なんだこれ」

雪歩「う、うわああああああん!!」

P「!?」

雪歩「プロデューサーやっぱり私のおまじない見てたんですね!?はずかしいですー!」

P「え!?い、いやなんのことだかさっぱり……」

雪歩「嘘ですぅ!私コンクリの粉をドアの前にまいておいたんです!私以外の足跡ついてるし、プロデューサーの靴の裏にもコンクリがついてるじゃないですかぁ!」

P「い、いやたまたま前を歩いただけで雪歩がしゃべってたことなんか何も聞こえなかったぞ!?」

雪歩「何も聞こえなかったならしゃべってたこともわかるはずないですよう!」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:00:53.85 ID:jgwDTuAY0
雪歩「う、うう……こんなはずかしいことしたのがバレた以上、穴掘って埋まるしかありませ~ん!」

P「やめてくれ!黙って聞いてたのは謝るから!」

雪歩「いつからですか!?」

P「え?」

雪歩「いつから私がこういうことしてるの知ってたんですか!?」

P「は、半年前……」

雪歩「……いやあああああああ」

P「悪かったって!スコップをしまってくれ!」

雪歩「誰にも見せたことなかったのにぃ~!」ガシッガシッ

P「鉄筋で補強してるから事務所の床に穴は掘れないぞ雪歩!だからスコップを振り回さないでくれ!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:05:12.55 ID:jgwDTuAY0
P「忘れる!忘れるから!」

雪歩「半年も前から知ってたのに忘れてくれるわけありませ~ん!」

P(く、くそ!こうなったら!)

P「雪歩!!」

雪歩「!」ビクッ

P「本当に見られたくないものってのはなあ……こういうものを言うんだ!」

すぽぽんのぽん!

雪歩「プ、プロデューサー!?なんで服を脱いで……!?」

P「これが……俺の恥ずかしいものだ」

ボロンッ

雪歩(!?……アレって、プ、プロデューサーの……おちちちんちちんちん……!!)
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:11:58.46 ID:jgwDTuAY0
P「これに比べたらお前の秘密なんてちっぽけなもんだ。違うか、雪歩?」

雪歩「きゃあああああああ!!! ……きゅう」バタッ

P「ゆ、雪歩!?雪歩ー!!」


30分後


雪歩「……はっ」

P「気がついたか雪歩……」

雪歩「プロデューサー……あっ」

雪歩(そ、そうだ……私さっき見ちゃったんだ……プロデューサーの、おちん……///)

P「……すまなかったな、雪歩。俺も冷静になって考えてみたらあまりにひどいことをしてしまった」

雪歩「……」

P「今後も事務所にいようなんて虫の良いことは考えてないよ。今から社長に辞表を提出してくるよ」

雪歩「!?」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:16:49.66 ID:jgwDTuAY0
P「雪歩は通報するなりなんなりしてくれ。本当にすまなかった」

雪歩「だ、ダメです!」

P「え?」

雪歩「だって、プロデューサーは私のために見せてくれたんですよね?その、ア、アレを……。だったら私、死にたくなるくらい恥ずかしかったですけど、平気です!」

P「……雪歩は優しいな。でもな、女子高生の前でいきなり露出するような変態を許してくれるほど世の中優しくないんだよ」

雪歩「わ、私が良いって言ってるんだから良いんです!世の中なんか関係ありません……!」

P「雪歩……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:22:59.37 ID:jgwDTuAY0
雪歩「それに、私みたいなダメダメな子は、プロデューサーがいないとなんにもできないんですぅ……」

P「そんなこと……」

雪歩「そんなことあります!もう他の男の人がとってきたお仕事なんて怖くてできません!」

P「でも……」

雪歩「でもじゃありません!プロデューサー、私、このこと秘密にしますから、やめるなんて言わないでくださいぃ……」

P「……わかった。これからは雪歩に絶対服従するよ」

雪歩「服従なんてそんな……。あ、だったら、一つお願いがあります!」

P「ああ、せめてもの罪滅ぼしだ。なんでも言ってくれ」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:28:37.20 ID:jgwDTuAY0
雪歩「そ、その……私がまた失敗して、ダメダメなことをしたら、そのときは……」

P「そのときは?」

雪歩「プ、プロデューサーのお、おちんちんをその都度見せてくださいぃ!!」

P「はぁ!?」

雪歩「プロデューサーはその、見られるのが恥ずかしいんですよね!?だったら私が恥ずかしいところを見られたら、プロデューサーも私に恥ずかしいところを見せて、これでおあいこですぅ!」

P「いや、そんなバカな話があるか!」

雪歩「だ、ダメですかぁ……?なんでも聞くって言ったのに……ぐすっ」

P「う……わかった、わかったよ。それで雪歩が許してくれるなら」

雪歩「えへへ、ありがとうございます。プロデューサー」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:34:48.87 ID:jgwDTuAY0
翌日

雪歩「プロデューサー、おはようございますぅ」

P「あ、ああ。おはよう雪歩」

P(昨日あんなことがあってよく平気で挨拶できるな……)

雪歩「今日はオーディションですね。頑張ります!」

雪歩(えへへ……不思議だけど、恥ずかしいのを共有できるのって、なんか良いな……♪)

P「ああ。今日の審査員は割と辛口で有名だからあまりボロを出すなよ?」

雪歩「はいです!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:39:32.84 ID:jgwDTuAY0
オーディションにて

雪歩「……ふう。以上です。ど、どうでしたか?」

審査員「んーと、荻原さんだっけ?」

雪歩「は、萩原です……」

審査員「あーはいはい萩原さんね。あのさー、業界なめてない?」

雪歩「えっ……」

P(あの野郎うちのアイドルになんてことを……!)

審査員「まあ今日はー、小粒揃いだったしー?合格すっかもしんないけどさー、なんなのそのおどおどした態度は?え?」

雪歩「うう、すみません……」

P(それが雪歩の持ち味だろうが!こんシャバ憎が!)

審査員「ルックスだけじゃ上がってけないよ?まあいいわ。お疲れー」

P雪歩「ありがとうございました……」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:44:08.52 ID:jgwDTuAY0
雪歩「……」

P「……ひどい審査員だったな。大丈夫。雪歩は今のままで充分魅力的だよ」

雪歩「……プロデューサー。アレ見せてください」

P「元気だせよ……ってオイ!?」

雪歩「今日の私はダメダメですぅ。……約束、しましたよね?」

P「……ええい!」

ボロローン!
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:51:25.25 ID:jgwDTuAY0
雪歩「……///」

P「も、もういいだろ?しまうぞ?」

雪歩「だ、ダメですぅ!今日の私はもっと恥ずかしかったんですから!」

P「うう……」ピクピク

雪歩(プロデューサー……顔真っ赤にして、恥ずかしそう……。こんな姿、私にしか見せてくれないよね……)

雪歩「プロデューサー、あの、もうしまって大丈夫です……ありがとうございました……///」

雪歩(なんだかピクピクしてて怯えてるような感じでかわいそう……)

P「あ、ああ……お礼言われるのも変だけどな」カチャカチャ ジー

雪歩「プロデューサー、恥ずかしかったですか?」

P「そりゃ、な」

雪歩「私、この恥ずかしさ、忘れません」


P(それから雪歩はオーディションで気弱な素振りを見せることがなくなった)

P(心境の変化について尋ねたら、『恥ずかしいのは私だけじゃなくなりましたから』だそうだ)
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 09:56:29.41 ID:jgwDTuAY0
P(だが、しかし……)

雪歩「ごめんなさいプロデューサー……プロデューサー愛用の湯飲みを間違えて割っちゃいましたぁ……。だから、その……」

P「ああ、わかった。みなまで言うな」

ボロリ

雪歩「……えへへ///」

雪歩「今度一緒に新しいの買いに行きましょうね、プロデューサー♪」

P「ああ、いいぞ。もうしまっていいか?」

雪歩「ダメですぅ……」

P(だんだん露出のハードルが下がってきているような……)
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:04:09.99 ID:jgwDTuAY0
雪歩「きゃっ、い、犬が!」

P「ほら、俺の背中に隠れてろ。しかしまあ、いくらなんでもチワワに怯えなくても……」

雪歩「……小さなワンちゃんに怖がるなんて、私はダメな子ですぅ」

P「雪歩、ここは外だから事務所に行ってからな?」

雪歩「……はい///」

P「……なあ、もう見せなくてもいいんじゃないか?」

雪歩「え!じゃあもう私の面倒は見てくれないってことですかぁ!?」

P「いやいや、そうじゃない!わざわざこんなことしなくても、俺はもう事務所やめたりなんかしないよ。雪歩だって別に見たかないだろうこんなもの」

雪歩「だって……これは、プロデューサーの罰ですから……。私の秘密を隠し見てたのがいけないんですぅ……。私だけ恥ずかしいのは不公平ですぅ……。それに、別に見たくないわけじゃ……」

P「え、最後なんだって?(難聴)」

雪歩「な、なんでもないですぅ!」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:09:39.95 ID:jgwDTuAY0
P「じゃあ、雪歩がちゃんとした子になれば見せなくてもいいんだな?」

雪歩「はい!だから、私がしっかりするまで私のプロデューサーでいてください!」

P「わかったよ。じゃあ話してるうちに事務所にもついたし、さっきの分な」

ボンロローン

雪歩「きゃっ……なんだかいつもよりちいさいですぅ……」

P「最近冷えてきたからなあ……」

雪歩「冷えるとちっちゃくなるんですか!?あっためなきゃ!」

P「やめろ!もうしまうぞ!」

雪歩「あー!やめるからまだしまっちゃだめですぅ~!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:16:08.90 ID:jgwDTuAY0
P「そんなに見てて面白いのか?」

雪歩「い、いえ!そんな!ただ、ちゃんとしっかり見ないとプロデューサーが恥ずかしくないですから、しょうがなくです!」

P「そうか……」

P(あ、尿意が……)

P「雪歩、悪いがトイレに行かせてくれ」

雪歩「……嘘ですね?」

P「はい?」

雪歩「見られるのが嫌だから逃げるんですか……?」

P「ちがう!俺は本当に小便がしたいんだ!」

雪歩「じゃ、じゃあ、本当なら私に見せてください!」

P「み、見せるってまさか……」

雪歩「お、おしっこ……してるところを……///」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:19:43.89 ID:jgwDTuAY0
P「それはダメだ!約束が違う!」

雪歩「プロデューサー……絶対服従って言ってたのに……」

P「でもさすがに排泄は……!」

雪歩「そんなにかたくなに見せたくないってことはやっぱり嘘なんじゃ……」グスッ

P「わかった!わかったよ見せるよ!」

雪歩「それじゃあトイレに行きましょう♪」

P(クソウ……ちんこ出したままトイレに行くなんて自宅でもやったことないのに……。都合良く事務所に人もいないなんて……)
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:26:24.98 ID:jgwDTuAY0
P「じゃ、じゃあ出すぞ」

雪歩「あ、もっと便器から離れてください。見えないです……」

P「このくらいか?」タジタジ

雪歩「はい、大丈夫です。そ、それじゃあどうぞ……///」

P「うっ……」

ジョッバアァァーンニ

雪歩「うわあ……こんなふうに出るんだ……///」

P(こ、これは予想以上に恥ずかしい……!!)

雪歩「実は私、初めてプロデューサーのを見せてもらったときから『どんなふうに出てくるんだろう?』って気になってて……」

P「ふう……」ブルルッ

雪歩「あ、終わりですか?」

P「ああ……もうズボン履いていいか?」

雪歩「はい……♪」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:33:21.23 ID:jgwDTuAY0
P(我ながらよく勃起しないままいられたと思うよ。伊達にいつもアイドル相手に仕事してるわけじゃないってことかな)

P(でも雪歩は段々エスカレートしていったんだ……)

雪歩「プロデューサー♪」

P「どうした?」

雪歩「私、『つもり貯金』って貯金したつもりになることだと思ってて、恥かいちゃいましたぁ」

P「うん……」

雪歩「だから……」チラッ

P「……」

ポロッ

雪歩「~♪」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:42:18.57 ID:jgwDTuAY0
一ヶ月後

P「さすがに見られるのももう慣れたな。ほぼ毎日見せてりゃそうなるか」

P「さて、今日は事務所に一番乗りか。そういえば最近音無さん見てない気がするなあ」

ガチャッ

P「おはようございまーす、って誰もいねえっつうのタハハ……」

雪歩「……」

P「……」

P(半裸の雪歩がそこに立っていた)

雪歩「きゃあああああああ!!み、見ないでくださいぃ!」

P「なんでお前事務所のど真ん中で着替えてるんだよ!更衣室があるだろ!」

雪歩「きょ、今日はたまたま早起きして、誰も来ないと思ったんですよう!!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:47:25.36 ID:jgwDTuAY0
P「後ろむいてるから!早く服着てくれ!」

雪歩「うう……恥ずかしいですう……」イソイソ

P(雪歩ってきれいな肌だよなぁ。ほどよい肉付きだし、あれは男受けするわなあ……)

P(あっ)

ムクムクッ

P(やばい!進化知らずの俺のポケモンが!)

雪歩「初めて見られちゃいました……プロデューサーには秘密を知られてばっかりですう……」

ムクムクッ ビッキーン
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:51:36.63 ID:jgwDTuAY0
雪歩「着替えましたぁ」

P「お、おう。ジャージか」

雪歩「レッスンに行く予定だったので……ところで」

P「ひっ」

雪歩「こ、今回のはいっぱい見ないと割に合いません~」

P「いや、まあ、その、と、とりあえずレッスンに行ってきたらどうだ?それからでも良いじゃないかっ」

雪歩「まだ時間じゃありませんよう」

P「股間を見ながら話すのはやめてくれっ」

雪歩(なんで前屈みなんだろうプロデューサー……)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:00:12.81 ID:jgwDTuAY0
雪歩「は、早く出してくださいよう」

P「いや、その……今は……」

雪歩「……?」

P「実は今……こんなことになってて……」

モッコリーグ

雪歩「!!」

P「す、すまん。さっきのお前の姿を見て、その……」

雪歩「……あ、あの、おっきくなっちゃったんですよね……?」

P「ま、まあそういうことだ」

雪歩(こんなちんちくりんな私でも……興奮してくれるんだ……///)

P「だから見せるのはもう少し待ってほしいんだ……」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:06:30.39 ID:jgwDTuAY0
雪歩「……お、おっきくなったから見せないなんて、そんな約束してません!」

P「!?」

雪歩「前に縮んだのも見たんですから、おっきいのも見たっていいはずですう!」 

P「おま、なに言って」

ガチャッ

小鳥「おはようございまーす。あ、早いですねえプロデューサーさんに雪歩ちゃんも」

P雪歩「!!」

P「お、おおおはようございます音無さん!」

小鳥「どうしたんですか二人ともそんなにびっくりして」

P「いやいや急に来たもんですからびっくりしちゃって!アッ、雪歩のダンスレッスンがあるんだった!それじゃ行ってきまーす!行くぞ雪歩!」

雪歩「は、はい!」

ガチャッ バタン

小鳥「久しぶりに会ったと思ったのに……うう」グスッ
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:13:52.34 ID:jgwDTuAY0
P「あー、死ぬかと思った」

雪歩「プロデューサー、レッスン付き合ってくれるんですかぁ?」

P「そうだな、ちょっと事務所に戻りづらくなっちゃったし、久しぶりに見てやるよ」

雪歩「えへへ、じゃ、じゃあレッスンの間、ずっとズボンは脱いでてもらえますか……?」

P「はあ!?」

雪歩「鍵かけたら人は入ってこれないですし、ちょうどいいです……///」

P「いやいや、ダンスしてる間雪歩は見れないんだから意味ないだろ!?」

雪歩「レッスンスタジオの壁には鏡がついてるんですよ?」

P「まさか……」

雪歩「私は鏡越しに見れるから……プロデューサーも直に見られるよりマシ……ですよね?」

P「そう……なのか?」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:19:48.85 ID:jgwDTuAY0
inスタジオ

雪歩「1、2、3、4ー……」

P(結局、想像していたらより硬度が増しただけで勃起がおさまることはなかった……)

雪歩「ふぅ、準備運動終わりましたあ。そ、それじゃあ……」

P「ああ……」

ボロロロローン!!!!

雪歩「……///」

P「ほ、ほら、早く練習始めろよ」

雪歩「は、はいっ。あの……ちゃんと鏡のほうを見ててくださいね?」

P「ああ」

P(鏡に映る下半身を露出した俺の姿。雪歩は鏡越しにある一点を見つめながらダンスに勤しんでいる。顔が好調しているのは運動のせいか、はたまた……)
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:27:56.26 ID:jgwDTuAY0
雪歩(ぜ、全然ダンスに集中できないよお……。プロデューサー、すっごく恥ずかしそう……///)

P(汗ばむ雪歩の肉体を後ろから眺めている。ただそれだけなのに露出というスパイスが加わるだけで俺はもうキリキリマイだ)

♪コレゾ、プロデショ!

雪歩「ふう……とりあえず通しでやってみましたぁ」

P「あ、ああ。すまない。自分のことでいっぱいいっぱいで全然見てやれなかった」

雪歩「ごめんなさい!実は私も自分の動きよりそっちに目がいっちゃってて……」

P「なあ、もう、しまってもいいか……?」

雪歩「そうですね……プロデューサーだけ恥ずかしすぎですよね……」

雪歩(いつもと違うから本当はもっとじっくり見たいんだけど……///)
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:33:25.26 ID:jgwDTuAY0
雪歩(!)

P「じゃ、じゃあズボン履くよ……」

雪歩「ま、待ってくださいぃ!」

雪歩「やっぱり、プロデューサーだけ恥ずかしすぎて不公平なので、わ、私も脱ぎますぅ!」

P「!?」

雪歩「ちょっとお待ちを~……」ヌギヌギ

P「いや、おかしいだろ!もともと雪歩の着替え見たから俺だってこんなのさらけ出してるのに!」

雪歩「じゃあ、私が裸ならずっと見せてくれるってことですよね!?」

P「いや……お前……」

雪歩「うう~……だって……もっと見たいんだからしょうがないじゃないですかぁ~……」ヌギヌギ

パオーン!!!!
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:39:47.45 ID:jgwDTuAY0
雪歩「よいしょっ……と」

タプン

P「全裸はヤバいって!せめて下着はつけとけって!」

雪歩「じゃ、じゃあパンツと靴下だけ残します!」

性器の対決 精か子か!

雪歩「四条さんやあずささんにはかなわないですけど……プロデューサー、私でおっきくなってくれたんですよね?ちょっと自信ついちゃいました……♪」

P(耐えろ……!持ってくれ俺の理性……!いや、しかし……後悔チンポ立たず……!)

ビンビン
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:42:41.93 ID:dwwfSB1l0
色々ひでぇなwwww
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:50:19.82 ID:jgwDTuAY0
雪歩「じゃあ……今度は、ちゃんと見ててくださいね…?」

P「……ゴクリ」

♪ワタシダケガモッテイルボイス トドイテイルノカナー

雪歩(か、鏡に私とプロデューサーが全部うつっちゃってる……///)

P(エロすぎる……)

♪ハッキリグチヲイワセテモラウトゲイノウカツドウシンドイデス

P(しんどい……)ビンビン

雪歩(すごい動いてる……は、恥ずかしい……こんなことしなきゃよかった……///)

P(せめてオナニーがしたい。今なら右手が速シコリで世界を狙える気がするんだ)
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:01:27.86 ID:jgwDTuAY0
P(今せがれをいじることがかなわぬならせめて今夜のオカズに……)ジイノタメニジーッ

雪歩(プロデューサーに全部見られちゃってる!見られちゃってる!プロデューサーいつもこんな気持ちだったのかな……///)

♪ワタシダケノトッテオキポーズ ドーッキリー アン♪ セクシー?

P雪歩「!」

P雪歩(目が合った……)

雪歩「……プロデューサー」

P「ど、どうした?まだ曲の途中じゃないか」

雪歩「もう、こんなことしちゃったらこれ以上恥ずかしいことなんか、ないですよね……?」

P「な、何言ってるんだ?」

雪歩「でも、これより恥ずかしいこと一つだけ、まだやってないですよね……?」

P「まさか……」ビビクン
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:09:58.19 ID:jgwDTuAY0
雪歩「プロデューサー……」

P「ゆ、雪歩……ダメだぞ……俺たちはプロデューサーとアイドルで……」

雪歩「今更何言ってるんですかぁ……」

P「で、でも越えちゃいけないラインが……!」

雪歩「プロデューサー……ん……」

P(目を閉じるな!やっちゃうか!?やっちゃってもいいかな!?同意の上だし!いやそういう問題か!?和姦ない!)

とぅるるるるるるるるるる

P「あ!電話だ!もしもし!?」

小鳥『あ、プロデューサーさん!レッスンなんて今日の予定にないじやわないですか!今日までに企画書つくんなきゃいけないのに!』

P「え?あ、あああ!すみません音無さん、すぐ戻ります!」

P「すまん雪歩!俺事務所に戻んなきゃ!本当にすまん!」

P(すわ、逃げろ!)スタコラ

雪歩「……プロデューサー……ひどいですう……」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:19:10.96 ID:jgwDTuAY0
翌日

P(結局企画書は完成させたけど、音無さんには怒られるし、雪歩も……はあ)

P(それにしても昨日は充実した一人プレイだった……。修学旅行明け以来だぞあんなの)

ガチャッ

P「おはようございまーす」

小鳥「おはようございます」

P「あれ、音無さんだけですか?」

小鳥「いいえ、さっき雪歩ちゃんも来ましたよ。ほら、あそこのソファに」

P「あ、本当だ……」

雪歩「……」

P(気まずい……)

P「お、おはよう雪歩」

雪歩「……おはようございます」

小鳥「プロデューサーさん、昨日ケンカでもしたんですか?」ヒソヒソ

P「いや、まあちょっと……」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:26:44.15 ID:jgwDTuAY0
小鳥「今日もデスクワーク溜まってますから、ちゃんと予定通り仕事してくださいね?」

P「了解です」

P(雪歩……怒ってるのかな……)チラッ

雪歩「……」ピラ

P(スカートを持ち上げた……だと!?パンツが見え……そうで見えない!)

小鳥「プロデューサーさん、この資料なんですけど」

P「え!?ああ、これはですね……」

P(危ない!また俺のポコチンが復活するところだった!)チラッ

雪歩「……うふふ」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:34:19.05 ID:jgwDTuAY0
P(その後も雪歩は脚を組み替えたりスカートで風を扇いだり……。幾度かトイレで発電しようかと思ったがそのたびに音無さんが邪魔するのであった)

音無「ふー、一段落ですね。それじゃあ私、お昼食べてきますので、出るときは鍵お願いしますね」

P「はい、わかりました……」

音無「いってきまーす」

ガチャッ

P「……」

雪歩「……プロデューサー♪」

P「」ビクッ

雪歩「どうしたんですか?私のほうさっきからチラチラ見て」

P「ゆ、雪歩……お前、今日は仕事ないのか……?」

雪歩「今日はオフなんですけど、プロデューサーとお話したくてきちゃいましたぁ」

P「そうなのか……」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:45:43.68 ID:jgwDTuAY0
雪歩「プロデューサー、さっき私のどこを見てたんですかぁ?」

P「だって雪歩がわざと……!」

雪歩「なんのことだかわかりませんよ?」

P「そんなバカな……」

雪歩「きっとプロデューサーは私の体のことも気にかけてくれてるんですよね?だからいろんなところ見てくれてるんですよね」

P「……」

雪歩「私もプロデューサーの体、気になりますぅ……」

P(今日の雪歩は昨日の晩に女性ホルモンが過剰分泌したとしか思えない)

雪歩「私に服従するんですよね……?」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:55:27.70 ID:jgwDTuAY0
P「……雪歩、ダメだ。俺とお前はそういう関係にはなれない」

雪歩「……どうしても、ですか?」

P「……どうしてもだ」

雪歩「……男の人の誘惑の仕方、マンガで読んだとおりにやってみました。プロデューサーには効かないみたいで……」

P「……」

雪歩「私で興奮してくれるって思ったらうれしくって、そしたら私、勘違いしちゃったみたいですね……。男の人は女の人の裸なんてみたらああなっちゃうんですよね。私だからってわけじゃ……」グスッ

P「雪歩……」

雪歩「わ、私が勘違いしたのがいけなかったんですぅっ……。も、もう恥ずかしいところなんて見せなくてもいいですから、嫌いにならないでくださいぃ~……」ボロボロ
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:04:21.33 ID:jgwDTuAY0
P「違うんだよ雪歩、そうじゃない」

雪歩「ふえ?」グスッ

P「その、なんだ。すぐに体の関係っていうか、そういうのがだな、ダメなだけで……」

雪歩「うう、やっぱりこんなはしたない子はダメなんですね?」ポロポロ

P「そういうことでもなくて……。ええい、面倒だ!」

雪歩「ひぅっ、ごめんなさいプロデューサぁぁ……」

P「俺は結婚するまでセックスはしたくないんだ!わかれ!」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:09:26.39 ID:jgwDTuAY0
P「だから雪歩とそういう関係にはまだなれないんだよ!だいたいなあ、お前には貞操観念というものがだな……」

雪歩「い、いきなりおちんちん見せる人が何言ってるんですかぁ!」

P「だからな、あれは俺の求愛行動なんだよ!!」

雪歩「ふぇっ」

P「雪歩と結婚したいからチンコも見せるし勃起もするし今はセックスもできないんだ!」

P「立場上告白することもできないからあれが精一杯だったんだよ!!見ろ!!」

ボンンロロロローン!!!!

P「お前がエロいせいでこんなんなってるんだぞ!!」
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:14:42.01 ID:jgwDTuAY0
雪歩「えっ、えっ、あの、プロデューサー?」

P「なんだ」ビンビン

雪歩「なんだか色々と腑に落ちないけど……プロデューサーは私のことが好きなんですかぁ?」

P「そうだ」

雪歩「あの……なんでソレ出したんですか……?」

P「求愛行動だって言ってるだろう」

雪歩「えっと……求愛行動でそんなことするのに、結婚までその……ックスはダメなんですかぁ?」

P「当たり前だろう」

雪歩「わけがわかりませぇん!」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:14:58.25 ID:DZlbI48e0
これはひどい
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:17:44.45 ID:jgwDTuAY0
P(俺もわかりません)
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:18:42.00 ID:bp/RHNED0
>>102
お前がいうな
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:28:02.47 ID:jgwDTuAY0
雪歩「あ、あの……私もプロデューサーのこと好きですぅ」

P「……」

雪歩「えへへ、色々恥ずかしいところ見せ合っても、思ってたことを伝えるほうがやっぱり恥ずかしいです」

P「うん、まあ、その……暴走してすまなかった。俺、ちょっとおかしくなっちゃって。今死ぬほど恥ずかしいんだ」

雪歩「ミスミスミスタードリドリラー!頑張れ自分、負けるな自分!」

P「えっ?」

雪歩「……私も今、暴走しちゃってとっても恥ずかしいです! だから……」

雪歩「ずーっと、一生、お互い秘密は守りましょうね♪」
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:38:09.57 ID:jgwDTuAY0
P(それからは、何かあるとお互いの裸体を見せ合うという取り決めになった。やるたびに愛情が深まる気がするから不思議だ)

P(勃起していないと雪歩は泣き出してしまうのだが、泣き出した姿を見ると勃起してしまうのだから雪歩の涙はバイアグラかもしれない)

雪歩「結婚まではノータッチですよ♪」

P「ああ、もちろん!」

P(俺のちんこの秘密は包茎だ)



おわり
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:40:20.21 ID:gLNFdX9iO
>勃起していないと雪歩は泣き出してしまうのだが、泣き出した姿を見ると勃起してしまうのだから

とても素敵です
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 13:46:55.55 ID:Tdqi0anw0

泣いてる雪歩見て興奮するのは仕方ないね

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング