FC2ブログ
1: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:38:33.60 ID:hGMfkfBvo
勇太「七宮!?急に何叫んでるんだ?それにレズって…?」

七宮「んー?なんでもないよ!勇者には関係ないから!」

勇太「そ、そうか…」

七宮「あ!関係あるかも!!」

勇太「どっちだよっ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420717113
2: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:39:28.77 ID:hGMfkfBvo
七宮「今から勇者の家に行ってもいい?」

六花「な、勇太の家で何をするつもりだ!魔法魔王少女!」

七宮「あ、いたんだ邪王真眼」

六花「私が勇太から離れるわけないだろう!」
3: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:39:55.62 ID:hGMfkfBvo
勇太(何だか六花のその言い方照れるな…)

六花「はぁぁぁぁぁ!!!」スッ

七宮「に~っはははー!私と闘うつもり!?」ジャキ

勇太「って落ち着けお前たち!」
4: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:40:22.70 ID:hGMfkfBvo
勇太「七宮は俺の家に何の用なんだ?」

六花「そうだ、わけを言え!魔法魔王少女!特別な理由無きものを我らが拠点に入れさせはしない!」

七宮「に~っはははー!特別な理由なんて無いよ!でも、勇者と邪王神眼の契約の邪魔はしないよー?」

勇太「じゃ、邪魔ってどういう意味だよ!?」

七宮「私なんてかまわずにいつも通りイチャイチャしてていいんだよー?」

六花「い、イチャイチャってそ、そそそんな」アタフタ

勇太「い、いつもイチャイチャしてるわけないだろ!!」

七宮(まったく………、わかりやすいなぁ……)ハァ
5: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:40:50.28 ID:hGMfkfBvo
七宮「さぁ!早く勇者の家に行こう?」

勇太「お、おう、行くぞ六花」

六花「勇太とイチャイチャ……うぅぅ」
6: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:41:17.86 ID:hGMfkfBvo
勇太の家

樟葉「お帰りなさい!お兄ちゃんと六花さん……と智音ちゃん?」

七宮「ただいま~樟葉ちゃん!」タタタタ

樟葉「へ?」

ギュー

勇太「お、おい七宮!どうしたんだ突然!」

六花「魔法魔王少女が樟葉に抱きついた!」
7: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:41:44.81 ID:hGMfkfBvo
七宮「に~っはははー!かわいいなぁ樟葉ちゃんは!」ギュー

樟葉「ちょ、ちょっとどうしたんですか?」

勇太「俺の家で用事って……これ?」

七宮「勇者とコンビを組んでた頃からかわいいと思ってたんだよ!」

樟葉「そ、そんな…照れます」カァァ
8: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:42:11.25 ID:hGMfkfBvo
七宮「私、樟葉ちゃんのこと好きだよ」

樟葉「ええっ!?」

勇太「お、おい!何言ってるんだ七宮!?」

樟葉「わ、私たち女の子同士ですよ?」

勇太「え!?樟葉もまんざらでもない様子なのか!?」
9: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:42:38.01 ID:hGMfkfBvo
七宮「恋に性別なんて関係ないんだよ」

七宮「ほら、この間も偽物のモリサマーが凸ちゃんを自分のものにしようとしてたでしょ?」

六花「なるほど、女の子同士は普通なのか」

勇太「なるほどじゃなーい!!」
10: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:43:04.80 ID:hGMfkfBvo
勇太「六花、お前は簡単に信じすぎだ」ハァ

六花「なに!?騙したのか!?魔法魔王少女!」

六花「やはりここで倒すしかないようだな……」スッ

勇太「そういうことでもない!!あーもうややこしいなあ!」
11: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:43:32.05 ID:hGMfkfBvo
樟葉「そ、そろそろご飯にしません?」

勇太「ん?そうだな、そろそろお腹空いたし」

七宮「私も食べていっていい?」

樟葉「いいですよ、いっぱい作ったので」

七宮「樟葉ちゃんありがとー!」ギュー

樟葉「さ、智音ちゃんご飯入れられませんよ」カァァ
12: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:43:58.75 ID:hGMfkfBvo
七宮「に~っはははー!樟葉ちゃんのご飯はおいしいなぁ!」

樟葉「ありがとうございます」

勇太「なぁ樟葉」

樟葉「何?お兄ちゃん?」

勇太「樟葉はいいのか……?その……女の子同士?とか」
13: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:44:26.29 ID:hGMfkfBvo
七宮「……」

樟葉「わ、私は……」

樟葉「今は好きな人とかいないし、そ、それに智音ちゃんなら……」

七宮「!」パァァ

七宮「ありがとー!樟葉ちゃん!」ギュー

樟葉「さ、智音ちゃん!ご飯こぼれちゃう!」

勇太「樟葉がいいならいいんだけど……」
14: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:44:53.50 ID:hGMfkfBvo
六花「ごちそうさま」

七宮「いやー!樟葉ちゃんのご飯おいしかったからおかわりしちゃったよー!」

樟葉「て……照れます」カァァ

六花「魔法魔王少女、お前はいつまでここにいるつもりだ?」

七宮「今日は泊まっちゃおうかなー?」

六花「な、何!?」

七宮「いいでしょ?樟葉ちゃん?」

樟葉「いいですよ」

七宮「じゃあ決まり!」

勇太「俺の意見は!?」
15: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:45:20.27 ID:hGMfkfBvo
樟葉「じゃあ、お兄ちゃん達、智音ちゃん泊まるから買い出し行ってきて」

勇太「俺が?」

樟葉「うん、六花さんと近くのコンビニまで」

六花「私も行くのか!?」

樟葉「うん、お菓子買っていいよ」

六花「行こう!勇太!」

勇太「お菓子につられるって子供か!!」
16: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:45:46.78 ID:hGMfkfBvo


勇太「ふぅー、夜に外歩くのもなかなかいいな」

六花「うん、まだ寒いけど」ブルブル

勇太「……て、手、繋ぐか?」

六花「……う、うん」

ギュッ

六花「勇太の手あったかい」

勇太(て、照れるな)カァァ

六花「はっ!これも闇焔竜が目覚める兆候なのか!?」

勇太「なんでだよっ!」
17: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:46:14.41 ID:hGMfkfBvo
六花「……」

勇太「……」

六花「勇太、考え事?」

勇太「え?うん、そうだな」

六花「また魔法魔王少女のこと考えてるの?」

勇太「そうだな、七宮と樟葉のことだ」

六花「お互い認めてるしいいのでは?」

勇太「うーん、俺には樟葉も七宮もどこか少し無理をしてるように見えてな……」

六花「あっ、勇太、コンビニ!」

勇太「聞いてないのかよっ!」
18: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:46:43.56 ID:hGMfkfBvo
勇太の家

七宮「に~っはははー!やっと2人きりになったね!」

樟葉「うん、そうだね智音ちゃん」

七宮(えーっと、どうしよう)

樟葉「……」

七宮「にはっ?あ、あれ?」

樟葉「……」スッ

七宮「な、何?」

樟葉「わざと2人きりになったんだよ智音ちゃん」

七宮「え?樟葉ちゃん?」
19: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:47:36.47 ID:hGMfkfBvo
樟葉「……」

七宮「へ?え、えーっと」

樟葉「智音ちゃん」

七宮「な、何?」

樟葉「無理……してるよね?」
20: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:48:04.03 ID:hGMfkfBvo
七宮「に、に~っはははー!無理なんてしてないよ!」

七宮「私は樟葉ちゃんが好きだよ!」

樟葉「嘘ついちゃダメだよ智音ちゃん」

樟葉「私は昔から智音ちゃんがお兄ちゃんのことみてるの知ってるから」

七宮「!?や、ふ、ふぇ!?」
21: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:48:30.46 ID:hGMfkfBvo
樟葉「六花さんも智音ちゃんもとってもわかりやすいんだもん」

七宮「う、うぅ」

七宮「前まではそうだったかもしれない!でも!でも今は…」

樟葉「私と一緒ならお兄ちゃんの近くにいられるもんね」

七宮「ち、違うってば!」
22: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:49:21.25 ID:hGMfkfBvo
樟葉「私は智音ちゃんのこと嫌じゃないよ」

樟葉「女の子同士でもいいって言うのは本音だよ」

樟葉「でも、お兄ちゃんの近くにいるためにつきあわされるのは嫌だよ…」

七宮「!!」

七宮「……ごめん、私、まだ勇者に未練があったかもしれない」

七宮「樟葉ちゃんのこと何も考えてなかったね……」

樟葉「智音ちゃん……」
23: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:49:47.30 ID:hGMfkfBvo
七宮「でもね」

七宮「……」スッ

チョンッ

樟葉「んっ、智音ちゃん」カァァ

七宮「……昔、勇者とやってた鼻合わせだよ」

七宮「もう……樟葉ちゃんしか見ないから」

樟葉「さ、智音ちゃん…」ギュッ
24: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:50:15.85 ID:hGMfkfBvo
ガチャッ

六花「ただいま深淵萬之店(夜中のコンビニ)より帰投した!」

勇太「普通に言えっ!」

勇太「ん?樟葉?」

七宮「!!!」

樟葉「!!!」カァァ

勇太「お、お前たち!何してるんだー!?」カァァ

六花「!?」カァァ

樟葉「ち、違うのお兄ちゃん!」

七宮「何が違うの樟葉ちゃん?」チュッ

樟葉「んっ…智音ちゃん」

勇太「お、おいおい」

六花「…」ぷしゅぅ~

25: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:50:47.04 ID:hGMfkfBvo
勇太(こうして、俺の家にまた同居人が増えたのだった……
賑やかになったのはいいんだが色々問題が……)

勇太「七宮、お前は家近いんだから同居する意味ないだろっ!」

七宮「に~っはははー!誰も私と樟葉ちゃんの契約を破ることはできないのだ!」ビシッ

樟葉「智音ちゃん、私の部屋行こう?」

七宮「そうだね!じゃあ、勇者も邪王真眼と頑張ってね!」

バタン

勇太「が、がんばるって何をだよ……」

六花「勇太……私、最近眠れてない…」ゥゥ

勇太「俺もだ……」

勇太(そして……もっとも大きな問題が……)
26: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:51:24.00 ID:hGMfkfBvo
十花「で?久しぶりに様子を見にきたら」

十花「うちの妹以外の女も同居してよろしくやってるみたいだな?」

勇太「ち、違うんです十花さん!これにはワケがあって……」

十花「最後の言葉として聞いておこうか」スッ

勇太「い、妹の!うちの妹の!樟葉の彼女なんです!」

十花「それが最後の言葉か?」

勇太「嘘じゃないんです!!!!信じてください!!!!」

十花「もっとマシな嘘をつけ!!」バシッ

勇太「うわぁぁあああああ!!!!!!」

終わり
27: ◆uV.RxsCe9RGB 2015/01/08(木) 20:53:03.85 ID:hGMfkfBvo
読んでくれてありがとうございました


中二病でも恋がしたいの2期がやってたころに書きためしてたものを見つけたので供養も兼ねて投下しました
オチがやりたかっただけです
どうもありがとうございました
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 21:28:30.22 ID:Zmf04JiHO

そりゃ信じられないだろうなw

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング