FC2ブログ
前スレ:

まどか「さやかちゃんって絶対ほむらちゃんの事大好きだよね?」



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 21:02:40.70 ID:9loAH48d0
まどか「じゃあ、早速今日ほむらちゃんの家にお泊りに……」

杏子「あ、じゃあみんなでほむらん家にいけばいいんじゃね?」

さやか「お、それいいね。よーしほむら、今度こそ決着だ!」

マミ「今日のお夕食は暁美さんの手料理ね」

ほむら「え、み、みんなで来るの? 私は嬉しいけど……」

まどか「じゃ私m「まどかは帰った方がいいんじゃないかな」」

QB「両親も心配するだろうし」

まどか「首と胴切り離すぞ」



的な感じで全員お泊り編を……
226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 21:27:35.96 ID:9loAH48d0
さやか「ここがほむらの家だよ」

まどか「なんでさやかちゃんが案内してるのかな?」

さやか「嫌いだからね」グッ

まどか「意味がわからないよ」

杏子「帰ってきたぞ我が家ー」

まどか「杏子ちゃん家じゃないよね? 杏子ちゃんの家は河川敷のダンボールだよね」

QB「まだいたのかい? さっさと帰りなよ」

まどか「私もお泊りするんだよ」ギュウウウ

QB「ボクは雑巾じゃな……あー、毛皮が痛む毛皮が痛む!」



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 21:36:15.79 ID:9loAH48d0
まどか「わー、ほむらちゃんの家、ほんとに畳部屋になってる……」

ほむら「ええ、少し前に模様替えをしたんだけど」

杏子「昨日来た時と変わってないけどな」

さやか「昨日とおんなじだけどね」

マミ「先週末と同じよ?」

まどか「」イラッ

QB「一人だけ違う時間軸を生きてるみたいだね」キュップイ

まどか「煮込まれるか丸焼きか迅速に選べ」
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 21:48:36.47 ID:9loAH48d0
さやか「早速勝負だー! なにやる? ほむらの好きなの選んでいいよ」

まどか「もう喧嘩の決着とかじゃなくて楽しんでるよね!?」

ほむら「いつもどおり、協力プレイのならなんでもいいわ」

さやか「んー、ここにあるのはあらかたクリアしちゃってるしなー」

杏子「私もここにあるのはほどんどやったなー」

マミ「私が暁美さんとクリアしたのはこの二本くらいかしら」

まどか「さっき遊んだことは無いって言ってませんでした?」

QB「ちなみにキミは」

まどか「うるさい黙れ」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:01:20.80 ID:9loAH48d0
杏子「ゲームは後にして先に飯にしようぜー」ハラヘッタ

ほむら「そうね。じゃあ私とマミで夕食作るから……お願いできる?」

マミ「ええ、もちろん。私のエプロンはあるかしら?」

ほむら「いつも置きっぱなしじゃないですか」

マミ「そうだったわね。いつもここで料理してるんですものね」

まどか「なにそのあざといアピール」

ほむら「じゃあ少しだけ待っててね」

まどか「ほむらちゃんの手料理楽しみー。私おなかペコペコだよ」

QB「そんなにお腹が空いてるならそこのどん兵衛でも作ったらどうかな。ほむらもいいよね?」

ほむら「ええ、別に買い置きはたくさんあるけど……」

QB「許可が得られたよ。良かったね、まどか」

まどか「え? なに? 怒りで聞こえない」
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:12:03.63 ID:9loAH48d0
さやか「じゃあほむらが料理してる間はいたストで勝負だー!」

杏子「メモリーカードどれだっけ?」

さやか「一枚ずつチェックしてこうか」

杏子「あ、このセーブデータ全部私だ。いたスト無いけど」

さやか「これは全部私のだ――これもか。一緒にやったの多いからなー」

まどか「……」

QB「ねぇねぇ、今どんな気持ち? ねぇ、今どんな気持ち? 感情の研究のために教えてよ♪」

まどか「包丁借りてくるからそこ動くなよ」
255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:21:31.06 ID:9loAH48d0

まどか「ほむらちゃーん、包丁貸し――」

ほむら「まどか、どうしたの?」

まどか(ほむらちゃんのエプロン姿! 眩し過ぎる! 眩し過ぎるよ!)

ほむら「待たせてゴメンね? もうちょっとでできるから」

まどか「うん……って、そうじゃなくて……」

ほむら「?」

まどか「え、えっと……そのエプロン似合「ティロッ☆」」

マミ「ごめんなさい、コショウが鼻に……」

まどか(首もげろ)
260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:36:46.71 ID:9loAH48d0
マミ「できたわよー♪」

杏子「お、美味そうじゃん」

さやか「おおー! 修行の成果が出てますなー!」

ほむら「私はマミの手伝いばっかりだったから、そんな……///」

マミ「あら、暁美さんだってがんばって作ったじゃない。胸を張っていいのよ」

まどか「美味しそうだよほむらちゃん」

QB「キミは煩悩のカタマリなのかい? 食事時にそんな下ネ――」ムグッ

まどか「キュゥべえは私の拳でも食べてればいいよ」
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:47:42.92 ID:9loAH48d0
杏子「うめー!」

さやか「あんた何食べても美味しいんでしょ」

杏子「いやいや、本当に美味いものはわかるぞ」

さやか「ほむらはどれ作ったの?」

ほむら「えーっと――」

まどか(ここでほむらちゃんが作った料理を当てる――!)

QB「まどか、キミにオススメの料理はあれとあれとあれだよ」

まどか「(QBが選んだの以外が正解だよね)これすっごく美味しいよ!」モグモグ

ほむら「あ、ありがとう……///」

まどか「えへへ///」

QB「……ボクにも感情が芽生えそうだよ」チッ
269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 22:56:09.80 ID:9loAH48d0

「「「「「「ごちそうさま」」」」」」

ほむマミ「お粗末さまでした」

さやか「ほむらもかなり上達したよねー。食べるたびに美味しくなってるよ」

杏子「そうだよなー。最初の頃から格段に美味くなってるよ」

まどか「え? 二人ともそんなにほむらちゃんの手料理を?」

ほむら「それは、先生が良いから……///」

マミ「あら? 弟子が良いのよ。私も教えがいがあるわ」

まどか「わ、私またほむらちゃんの手料理食べ「キューップ」」

QB「失礼。少し食べ過ぎたよ」

まどか「表出ろや」
274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:03:41.67 ID:9loAH48d0

ほむら「洗い物してくるから、くつろいでてね」

まどか「あ、私手伝――」

さやか「あ、じゃあ私が手伝おうか」

まどか「さやかちゃんはほむらちゃんのこと嫌いじゃなかったの?」

さやか「嫌いだから借りは作らないのさ」

杏子「ああ、同感だ」

マミ「その通りね」

まどか「意味がわからないよ」

QB「まあまあ、ここは一つじゃんけんで決めようじゃないか」

誰が手伝う? >>276
276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:04:47.00 ID:/IijjDjS0
さやさや
283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:09:22.92 ID:9loAH48d0
「「「「「じゃんけん!」」」」」

さやか「やったー、さやかちゃん大勝利ー!」

まどか「ねえ、借りを作らないだけだよね? 喜び方おかしいよね?」

杏子「くっそー……グーは最強じゃなかったのかよ……」

マミ「作ったんだから片付けも、と何で言えなかったの私……」

QB「わけがわからないよ」

まどか「なんでキュゥべえまで参加してるかな」

さやか「はっはっはー、ではさらばだ、負け犬諸君!」

まどか「」イラッ
287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:17:25.49 ID:9loAH48d0
~しばしさやほむタイムをお楽しみください~


さやか「手伝うよー、ほむら」

ほむら「あら、ありがとう」

さやか「美味しいもの食べさせてくれたお礼だよ☆」

ほむら「そう言ってもらえると作った甲斐があるわ」フフッ

さやか「お世辞じゃないよー? ホントに美味しかったんだから」

ほむら「練習中なのに……あんまり言うと本気にするわよ」

さやか「しちゃって全然OK! もういつでもお嫁にいけるレベルだよ」

ほむら「そこまで言われると恥ずかしいわね……///」

さやか「ふふふー、真っ赤だぞーほむらー」

ほむら「あ、あんまり見ないでよぉ……///」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:23:04.89 ID:9loAH48d0
まどか「え? 洗い物だよね? 何この空気」

QB「まるで新婚夫婦のよ」キュップイ

まどか「こんなの絶対おかしいよ」

QB「どう見ても姑の立ち位置です。本当にあり」キュップイ

まどか「まだだ……まだ終わらんよ」



まどか「次の安価は……言わなくてもわかってるよね?」
296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:27:54.43 ID:9loAH48d0
ほむら「ほら、早く洗い物終わらせないと」

さやか「ほむらは私といるのがそんなに嫌かー?」

ほむら「そういうわけじゃなくて……みんな待たせてるし……」

さやか「いーのいーの、じゃんけんで勝った正当な報酬なんだから」

ほむら「そ、そうなの? 良くわからないけど」

さやか「さやかちゃんの言うことは正しいのだー」

ほむら「もう……調子に乗って食器落とさないでよ」

さやか「大丈夫大丈夫。割ったら弁償するからさ」

ほむら「そんなのは別にいいのよ。怪我したら大変でしょう?」

さやか「私、魔法少女だよ?」

ほむら「それでも、怪我したら心配だから……ね」

さやか「うん……///」
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:30:42.59 ID:9loAH48d0
まどか「え? なんで洗い物で2レス目に突入してるの?」

QB「これが今のキミとさやかの戦力差ってやつさ」

まどか「認めない。断じて認めない」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:39:27.45 ID:9loAH48d0
さやか「これで最後かな?」

ほむら「お疲れさま」ジャー

さやか「水、冷たくないの?」

ほむら「いつも水だから気にしてないわ」

さやか「ちょっと手貸して――ほらー、冷たくなってんじゃん」ギュッ

ほむら「さ、さやかの手だって冷えてるじゃない……」

さやか「でも私のが体温高いからあったかいでしょ?」

ほむら「……あったかい、けど///」

さやか「……けど?」

ほむら「ちょっと恥ずかしいわ……///」

さやか「言われると私も恥ずかしいから///」

ほむら「///」

さやか「身体中あったかくなってきちゃったね///」
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 23:40:34.31 ID:9loAH48d0
まどか「は? 意味わかんないんですけど」

QB(感情のないボクが……恐怖を?)ガタガタ
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:13:46.10 ID:RSKL0/a40
QB「支援感謝するよ。ラストは書きながら考えるとするよ」

杏子「うはwヨーヨーつえーw」

マミ「ヨーヨーは邪道。通はプラズマよ」



QB「大丈夫。ボクがいればまどかの一人勝ちは防いでみせる」

杏子「カッターやべぇw面白すぎるw」

マミ「なんでニンジャの良さがわからないのかしら……」


QB「だから続きが読みたかったらボクと契約を――」

杏子「ストーン最強」

マミ「ジェットこそ至高」



QB「わけがわからないよ」
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:22:38.28 ID:RSKL0/a40
まどか「キュゥべえ、お願い! あの洗い物のレスを消して」

QB「契約は成立だ。キミの祈りはエントロピーを(ry」



ほむら「お待たせ」

さやか「洗い物終わったよー♪」

QB「まあ嘘だったんだけどね」

まどか「皮剥いで塩漬けにしてやる」
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:29:28.53 ID:RSKL0/a40
杏子「やっと戻ってきたか。ずいぶん時間かかったじゃんかよー」

さやか「へへへー、別に何もなかったよね。ねー、ほむらー」

マミ「あら? 洗い物だけじゃなかったのかしら?」

ほむら「な、なにもなかったわよ。さやかも変な言い方しないで///」

さやか「洗い物だけだもんねー」

ほむら「だから///」

まどか「……」グリグリ

QB「前足の先端だけ器用に踏み潰すのはやめてほしいな。表情変わらないけど泣きたいくらい痛いよ」
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:42:14.64 ID:RSKL0/a40
杏子「それよりカービィやろうぜ。このマミみたいのが食い物拾いまくるやつで勝負だ!」

マミ「……」

さやか(杏子、後ろー!)

ほむら「あ、私お風呂入れてくるわね」パタパタ

まどさやあんマミQB「!!」

まどか(ここで、ここで逆転するしかない! QBを●してでも!)

さやか(ふっふっふ、今はもうさやかちゃんの時代! 負ける気がしない!)

杏子(ここまでなんか影薄かったしな……ここを譲るわけにはいかねぇ!)

マミ(お風呂イベントで私が負ける要素がないわ。暁美さん、待っててね!)

QB(ほむほむとお風呂でキュップキュップでボクのエントロピーが凌駕しそうです! 感情はないんだけども!)



マミ「その前に佐倉さんにはちょっとお話があります」ゴゴゴゴ

杏子「」ガタガタ
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:49:20.51 ID:RSKL0/a40
ほむら「お湯を張るだけだからすぐに入れると思うけど」

さやか「さて、どういう順番で入りますかねー」

まどか「ほむらちゃん、一緒に「キュップシ ティロ☆ ハラヘッター サヤカチャンイエー」」

QB「失礼。クシャミががまんできなかったよ」

マミ「ごめんなさいね」

杏子「悪い悪い」

さやか「誰かがうわさしてるのかなー?」

まどか「おい。特に後ろ二人」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 00:57:40.37 ID:RSKL0/a40
まどか「お風呂ってどれくらいの広さなの?」

ほむら「普通……って言えばいいのかしら」

さやか「二人同時で限界だよね、ってことでさやかちゃんと入ろうよ!」

杏子「おいおい、お前は昨日一緒に入ったんだろ。今日は私の番だろ」

まどか「え? なにそのスルーできないイベント」

マミ「それじゃ普段一緒に入ってない――」チラッ

まどか(! 黄色GJ!)

マミ「キュゥべえとでいいんじゃないかしら(私も一緒に)」

まどか(ドリルもげろ)
371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:05:18.94 ID:RSKL0/a40
ほむら「私は誰とでもいいんだけど……」チラッ

まどか(え? 今目が合った?)ドキドキ

まどか「ほ「公平に決めるべきだと思うよ」」

QB「厳正かつ平等な方法が好ましいね」

まどか「……」イラッ

さやか「そうなるとまたじゃんけん?」

杏子「いや、待て。公平ってことならさやかは抜けるべきじゃないか?」

さやか「な!?」

マミ「! そうね、美樹さんはさっき一緒に洗い物をしたんだし」

まどか「そうだよ、キュゥべえもきっとそういうつもりで――」

QB「いや、違うけど?」

まどか「……」イライラ

QB「そんなに耳を引っ張らないでほしいな。取れたら良くわからない生き物になっちゃうじゃないか」
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:12:46.28 ID:RSKL0/a40
まどか「じゃあ今から100レス以内に出てくる『ど』のつく人でいいんじゃないかな」

QB「wwwww」

まどか「……」

QB「いじめイクナイ」
383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:17:49.59 ID:RSKL0/a40
まどか「やった! 私だー!」

さやか「いやいやいやいや、おかしいでしょ! どこも公平じゃないじゃん!」

QB「そうだよ、ドドリアさんだってドン小西さんだっているじゃないか」

杏子(仮にそいつらが選ばれたらどうすんだよ……)

マミ「こんな不正認められないわ」

まどか「」チッ



以下10レス内で一番名前が多かった人がほむほむと入浴ターイム
384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:17:58.03 ID:tFgMD1nU0
残念! さやかちゃんでした!
389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:18:46.56 ID:xJ4+ASzh0
さやか
400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:21:07.07 ID:RSKL0/a40
QB「20レスだったらまどかの勝ちだったのにね。残念ながらさやかの勝ちだ」

QB「ちなみにボクはスポンジ代わりに使うといいよ! ほむほむのほむほむをほむほむしてあげるよ!」

まどか「ぶちころすぞ孵卵器」
403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:24:42.36 ID:RSKL0/a40
さやか「いえーい! さやかちゃん大勝利ー!」

さやか「これは来ちゃったかな、あたしの時代が」

まどか「……」

QB「ボクは何も悪くないよ? だからその鈍器は素直に床に置くべ」キュップイ

杏子「あーあ、またさやかかよー。今日のさやかに勝てる気がしないぜ」

マミ(一票分……首だけでも一緒に入れないかしら)
407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:26:47.81 ID:RSKL0/a40
さやか「念願のほむほむとのお風呂タイムを手に入れた!」

まどか「ニア ○してでも奪い取る」
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:31:57.44 ID:RSKL0/a40
~しばしさやほむタイムをお楽しみください~

さやか「ほむらー、脱がせてやるー。うへへへへー」

ほむら「その笑い方と手つきはやめて。変態っぽいわよ」

さやか「ちぇー」

ほむら「ほら、貴女も早く脱ぎなさいよ。先に入るわよ」

さやか「えぇ!? 待って! 詳細な脱衣の記述が足りてないから!」

ほむら「『さやかは真っ裸になった』」

さやか「ちょ」
413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:36:29.47 ID:RSKL0/a40
さやか「お風呂といえばもちろん洗いっこだよね?」

ほむら「……髪と背中だけだけどね」

さやか「じゃあ髪の毛からだ。ほむらの髪は長いから洗い甲斐があるね」

ほむら「洗うのが結構めんどくさいのよね。いっそ切っちゃおうかしら」

さやか「いや、せっかくのきれいな髪を……いやでもお揃いのショートも捨てがたい」

ほむら「お揃いの髪型……私、ショートが致命的に似合わない気がするわ」

さやか「そうかなあ?」
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:41:11.35 ID:RSKL0/a40
さやか「はい終わり」

ほむら「早いわね」

さやか「誰も髪いじりなんて望んでないからね!」

ほむら「え?」

さやか「ここからさやかちゃんのスキンシップタイムの始まりだー」フォオオオオ

ほむら「え? え?」

さやか「もちろんスポンジなんて無粋なものは使いませんぜ。うっへっへ」テノヒラヌルヌル

ほむら「ま、待って――こら、背中だけって///」

さやか「残念ながら背中から脇から胸からすべての道はつながっているのだよ!」コウソクイドウ!

ほむら「意味がわからな――あ///」
425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:48:17.17 ID:RSKL0/a40
さやか「ほむらは敏感だねえ」ツー

ほむら「んゃっ!」

さやか「うなじも脇も背中も◎、と」

ほむら「なんのデータよぉ……///」

さやか「もちろん例のアレもやっちゃいますぜ」ワキワキ

ほむら「そ、それ以上やったら///」

さやか「どれどれ、成長の証は見られるかなー」

ほむら「だ、だめッ――だってばぁ……///」



さやか「……」

ほむら「……何でそこで黙るのよ」
434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:53:14.13 ID:RSKL0/a40
さやか「ふぅ。余は満足じゃ」テカテカ

ほむら「もう……触り甲斐のない身体触って何が楽しいのよ///」

さやか「そんなことないよー。ほむらの肌は綺麗だし、反応かわいいし」

ほむら「良くそういう台詞がスラスラ出てくるわね///」

さやか「素直な感想さー。考えるの苦手だしねー」

ほむら「……ありがとう」

さやか「反撃はどうする?」

ほむら「……今日はやめとく」

さやか「ん」
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 01:56:26.14 ID:RSKL0/a40
さやか「今ここにいるのは私たち二人だけだよね」アタマゴシゴシ

ほむら「? そうね」ユブネデユラユラ

さやか「みんなに聞かれたくない相談事なら乗るぞー」

ほむら「……」

さやか「あるんでしょー? 今日のさやかちゃんはまさに女神だからね」ザバー

ほむら「ぷっ……自分でそこまで言うの?」

さやか「なんか今日はひときわ輝いてる気がするからね!」
439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:00:03.26 ID:RSKL0/a40
さやか「当ててあげよっか」ユブネランニュウ

ほむら「……いいわ。自分で言うから」チョットセマイワ

さやか「では、さやかちゃんに何でも言ってみるが良い!」

ほむら「……仲良く、したかった……んだけど……」

さやか「誰と?」

ほむら「……わかってるくせに」

さやか「自分で言うって言ったじゃん?」
440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:02:32.14 ID:RSKL0/a40
QB「ここはボクの出番だって気配を感じたんだけどね」

QB「出て行ったら本気でシャレにならないような気がしなくもないんだ」

QB「自重すべきかどうか、>>442 はどう思う?」
442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:03:16.33 ID:HAX2/CIb0
しなくていいよ
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:07:57.14 ID:RSKL0/a40
ほむら「その……まど「お邪魔するよ」」

QB「待ちきれなくて乱入しちゃったよ」

ほむら「は?」

さやか「お前何しに来たー!」

QB「さあ、ほむら! ボクをスポンジ代わりにキュップイ!?」ターン

ほむら「死になさい、淫獣」

さやか「え? 何で湯船の中に水中銃が……?」

ほむら「乙女の護身用よ」

さやか「護身用でなんか磔ができてるんだけど……」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:10:47.31 ID:RSKL0/a40
ほむら(結局相談できなかったわ……)キガエキガエ

さやか「ほむら着替え遅いよー」パジャマソウチャク!

ほむら「……なんか貴女の着替え方かっこいいわね」

さやか「私はかっこいい女を目指してるからね!」

ほむら(方向性は違うと思うけど)
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:14:54.93 ID:RSKL0/a40

さやか「あがったよー……うわっ」

杏子「おう、遅かったな」

マミ「お、遅かったわね」

まどか「」ドヨーン

さやか(一人だけ半端じゃない負のオーラが滲み出てる……)

ほむら「お待たせ。次は?」

杏子「私とマミだな。じゃ、行って来る」

マミ『あとよろしくね』テレパシー

さやか(任されてしまった)
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:26:18.19 ID:RSKL0/a40
まどほむさや「……」

さやか(まあこうなるよね……)

ほむら『さやか』テレパシー

さやか『ん? なに? ほむら』テレパシー

ほむら『その……お願いがあるんだけど……』テレパシー

さやか『言ってみ。今日のさやかちゃんはさや神様レベルだからね』

ほむら『……まどかと二人っきりにしてもらえる、かな?』

さやか『それはいいけどさ。……大丈夫なの?』

ほむら『なんとか、する』

さやか『私がフォローしなくても平気?』

ほむら『……私だって、かっこいい女を目指してるもの』

さやか『OK! がんばれよほむら!』

さやか「あ、私飲み物取りにちょっと……いや、かなり行って来る」

ほむら(なんでそこでボケるのよ)
468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:30:52.77 ID:RSKL0/a40
まどか「……」

ほむら「……ま、まどか……」

まどか「え!? な、なにかな!?」

ほむら「え、えっと……その……」

まどか「あ、あのね、今日のことなら気にしてないから。大丈夫……だよ?」

ほむら「……」

まどか「ちょっとキュゥべえに八つ当たりとかしてたけど、そんなに気にしてなくて……」

ほむら「……」

まどか「だから……ほむらちゃん?」

ほむら「……」
469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:35:40.08 ID:RSKL0/a40
ほむら「……」ギュッ

まどか「え!? え!? え!?」

ほむら「今日、来てくれて嬉しかった」

ほむら「料理を美味しいって言ってくれて嬉しかった」

ほむら「手伝ってくれようとして、嬉しかった」

ほむら「とにかく嬉しかった」

ほむら「……ごめんね、口下手だからうまく言葉にできなくて……」

まどか「ほむらちゃん……」ジワ…
474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:41:43.90 ID:RSKL0/a40
ほむら「仲良くなりたかったのに……全然言葉にできなくって……」ウルウル

まどか「うぅ……ひっく……」

ほむら「ちゃんと言えればよかったのに……勇気がなくてゴメンね」

まどか「私、ほむらちゃんに嫌われてるのかと思ってた……」グスグス

ほむら「そんなことないよぉ……」

まどか「だって、さやかちゃんたちとは遊んでて、私だけ呼ばれてなくて……」

ほむら「ごめんね……まどか。どうしても言い出せなくて」

ほむら「家に来て、って言葉が恥ずかしくて」

ほむら「何度も誘おうとしたのに、できなくて」
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:46:05.52 ID:RSKL0/a40
まどか「私だって……言えばよかったの」

まどか「でも自分から言いに行く勇気がなくて」

まどか「ほむらちゃんに誘われるのをずっと待ってた」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「だから……私も……ゴメンね」

ほむら「ありがとう……まどか……」

まどか「うぅ……ほむらちゃん……」





ほむら「泣いて、すっきりしたわ」

まどか「えへへ、私もだよ」
479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:48:41.10 ID:RSKL0/a40
QB「どう考えてもボクの出番なんだけd」ザシュ

さやか「6匹目ー」

QB「いやいや、キミ今までの流れ覚えt」ザシュ

さやか「7匹目ー」

QB「わかがわかr」ザシュ

さやか「8匹目ー」



さやか「他人の恋路はこのさやかちゃんが守る!」

さやか「だから誰か私の恋路を守ってください! マジでお願いします!」
482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:54:42.76 ID:RSKL0/a40
杏子「あがった……ぞ……」ゲッソリ

マミ「遅くなってごめんなさいね」ツヤツヤ

ほむら「いえ、かまわないわ」

まどか(何があったのかすっごく気になる……)

マミ「あれ? 美樹さんは?」

まどか「そういえば飲み物取りに行ったまま……」

ほむら「あ」

ほむら『さやか、聞こえる?』テレパシー

さやか『お、プロポーズは終わったかい?』テレパシー

ほむら『そ、そんなんじゃないわよ。わかって言ってるでしょ///』

さやか『テレパシーで赤面するほむほむかわいい』

ほむら『何言ってるの/// もう戻ってきて大丈夫だから。ありがとう』

さやか『12匹目、と』ザシュ

ほむら『え?』

さやか『ああ、気にしない気にしない』
485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 02:59:24.62 ID:RSKL0/a40
さやか「さーて、お泊りイベントのメインディッシュですよー!」

杏子「布団は二組、ほむらは一人」

マミ「二、三で分かれるのね」

さやか「さやかちゃんがんばっちゃいますよー」

杏子「お前、そろそろ遠慮したらどうだ?」

さやか「調子のいい時に調子に乗っておくのがさやかちゃんの主義。さやかイズムだ!」

マミ「そろそろ運気が落ちてもおかしくない頃よね」

まどか「……」ドキドキ

さやか「公平にじゃんけんでいいかな? ねえ、ほむら?」

ほむら「!」
489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:06:36.04 ID:RSKL0/a40
ほむら(……さやか、ありがとう)

ほむら「ごめんなさい」

ほむら「私は、今日はまどかと寝たい」

まどか「!」

杏子「えー、ご指名かよー」

マミ「でも、それは……」チラッ

さやか「しょうがないなあ、ほむらがそう言うんだし!」

さやか「さやかちゃんはマミさんと杏子を抱き枕にして我慢しますかねー」

杏子「おい、我慢って何だ。大体、ほむらの方を三にしても……」

マミ「そうよ、美樹さん! って何で問答無用なの!?」

さやか「じゃあほむらー、まどかー、おやすみー」
491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:11:51.00 ID:RSKL0/a40
ほむら「……えっと、じゃあ寝ましょうか」

まどか「……う、うん、そう「ほむほむー!」」

QB「ボクを抱き枕にして一緒にエントロピーを凌駕しようよ!」

まどか「」ガシッ

QB「キミの握力じゃボクの頭蓋骨を握り潰すのは無理だよ。だからその手を離し」キュップイ

まどか「……寝よっか」ポイッ

ほむら「……ええ」ワタシハナニモミテナイ
493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:20:47.57 ID:RSKL0/a40
ほむら「……まどか、まだ起きてる?」

まどか「……うん」

ほむら「今日ね、じゃんけんの時にまどかに勝って欲しいなって思ってたの」

まどか「……負けちゃったけどね」エヘヘ

ほむら「うん。待ってるんじゃダメだった」

ほむら「でも、勇気を出したらこんなに簡単にまどかと一緒にいられた」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「私、がんばるね。もっと、もっと、強くなるから」

まどか「うん、私も。もっと、もっと、強くなるから」

ほむら「まどかを守れる私になるから」

まどか「ほむらちゃんを守れる私になるから」
494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:21:42.12 ID:RSKL0/a40
ほむら「一緒ね」フフ

まどか「一緒だね」アハハ



ほむら「……手をつないでもいいかな?」

まどか「うん」

ほむら「おやすみ、まどか」

まどか「おやすみ、ほむらちゃん」



チュッ



おしまい
497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:24:12.40 ID:RSKL0/a40
時間なくて最後駆け足だった。
ホントはもうちょっとべぇさんにがんばって欲しかったなあ。

途中からの乗っ取りだったのに支援ありがとうございます。
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21(火) 03:24:14.06 ID:VlYrv0FF0
乙!
まどっち本当に良かったね……

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング