FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:06:16.50 ID:bULBEewG0
凛「藍子って、○んぽが好きなんだよね」

藍子「はい! お○んぽ大好きです」

美波「……!?」

凛「どうしたの、美波」

美波「ごめんなさい。よく聞き取れなくて……もう一度言ってくれる?」

凛「○んぽ」

藍子「○んぽの話です」

美波「………」

美波「(なぜか雑音が入って一部が聞き取れないせいで、なんだか変な意味に聞こえてきちゃう……)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450616776
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:12:57.40 ID:bULBEewG0
藍子「凛ちゃんはお○んぽ好きですか?」

凛「うーん、それなりにかな。犬の○んぽは好きだよ」

藍子「ハナコちゃんがいますもんね」

凛「ひとりだと退屈かもしれないけど、ハナコと一緒にいけば楽しいし」

藍子「なるほど~。でも、たまには気分を変えて、ひとりでゆっくりというのもオススメです」

凛「そうだね。今度試してみようかな」


美波「あの、ちょっといい?」

藍子「はい?」

美波「あ、あれよね。いろんなところをのんびり歩くアレの話をしてるのよね」

藍子「はあ……そうですけど」

凛「なんでそんな遠まわしな言い方……?」

美波「う、ううん! なんでもないのよ、なんでも」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:16:13.36 ID:bULBEewG0
美波「………」

美波「○クロス……うそ、これも!?」

凛「○クロス?」

藍子「美波さんは大学で○クロスやってるんですよね」

凛「好きなんだね。○クロス」

美波「べ、べつに好きってわけじゃ!」

凛「? 違うの?」

美波「あ、えと、その……ううん。なんでもない……」

藍子「……大丈夫ですか? なんだか、顔色が悪いような」

美波「そうかな? ちょ、ちょっと休んでくるね……」

凛「大丈夫? 肩、貸そうか」

美波「そこまでじゃないから、うん。平気、平気」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:17:40.23 ID:pb91UjMIo
美波の持病が深刻な状態に…wwwwww
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:22:20.91 ID:bULBEewG0
美波「(二人の様子はいつも通り……私だけ耳がおかしくなっちゃったの……?)」



凛「生○んぽの番組とか、興味あるの?」

藍子「いいですねー。いつかは出られたらなって思っていて」



美波「………疲れてるのかな、私」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:28:16.57 ID:bULBEewG0
1時間後


美波「少し仮眠をとってみたけど……耳、治ったかな」



幸子「やっぱり漬物はたくあんに限りますね」

友紀「あたしもたくあん好き! 小さい頃に大根からできてるって知った時は驚いたなあ」

友紀「あ、そういえば。うちのおばあちゃん、漬物のこと『香の物』って言うんだよね」

幸子「いろんな呼び方があるんですよね。漬物には」

友紀「ねえねえ、紗枝ちゃんの家ではなんて呼んでた?」

紗枝「うちどすか?」

紗枝「うちでは……お○んこ、って呼んではりました」


どんがらがっしゃーん!


幸子「わわっ! どうしたんですか美波さん!?」

友紀「大丈夫?」

美波「だ、大丈夫です……私のことは気にしないでください」トボトボ

紗枝「………? どうかしはったんやろうか」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:36:23.73 ID:bULBEewG0
友紀「うーん……ところで話戻すけど、紗枝ちゃん京都出身だからお○んこに詳しかったりするの?」

紗枝「ええ。お○んこの味にはちょっとうるさいかもしれまへん」

幸子「お○んこの味がわかる人なんですね」



美波「……どうしよう。全然治ってない」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:48:32.85 ID:bULBEewG0
みりあ「この前ね、学校の運動会で旗を上げるお仕事したんだ!」

莉嘉「旗?」

みりあ「うん! 日の丸の……あれ? 国の旗って、なんて言うんだったっけ」

莉嘉「みりあちゃん知らないの?」

みりあ「えへへ、ど忘れしちゃった」

莉嘉「しょうがないなあ、ここはお姉ちゃんが教えてあげよう☆」

莉嘉「ズバリ、○ッキっていうんだよ☆」

みりあ「あ、それそれ! 思い出した!」

みりあ「○ッキだよね、○ッキ! みりあ○ッキしたの!」

莉嘉「思い出せてよかったね♪」



美波「……おかしいわ。いくら雑音で聞き取れなくても、いちいち卑猥な単語に頭の中で置き換わるなんて……」

美波「(わ、私、そんなにエッチな子じゃないわよね?)」
24: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 03:54:59.00 ID:MloLM/Wf0
瑞樹「最近体力が落ちてきてる気がするのよね……何か運動した方がいいのかしら」

愛梨「でしたら、○ニスなんてどうですか?」

瑞樹「○ニス?」

愛梨「はいっ。私、大学では○ニスサークルに入ってるんですけど~、楽しいですよ?」

愛梨「適度に○ニスで汗を流すと、気持ちいいんですっ」

瑞樹「なるほどね。それなら、今度教えてもらおうかしら」


美波「………」トボトボ

瑞樹「あら、美波ちゃん。ねえ、美波ちゃんも○ニスしない?」

愛梨「美波ちゃんは○クロスやってましたよね。同じ球技だし、どうですか?」

美波「○ニス……○クロス……ああ、確かにどっちも同じようなもの……」ブツブツ

瑞樹「……美波ちゃん?」

美波「……はっ!? す、すみません、ちょっとぼーっとしちゃってて」

美波「か、考えておきますねっ」タタタッ

愛梨「あ、美波ちゃーん……行っちゃった」

瑞樹「様子が変だったわね……何かあったのかしら」
25: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 04:10:56.18 ID:MloLM/Wf0
美波「まずいわ……だんだん頭の中がエッチなことでいっぱいになってる」

美波「今日はもう家に帰ったほうが……でも、まだ午後からお仕事残ってるし……」


アーニャ「ミナミ?」

美波「あ、アーニャちゃん。おはよう」

アーニャ「ドーブラエ ウートラ……ミナミ、どうかしました? 具合、悪そうです」

美波「う、ううん。たいしたことないの。ちょっと……」

アーニャ「ちょっと?」

美波「……なんでもない。アーニャちゃんは心配しなくて大丈夫だから」

アーニャ「……ダメ、です。ミナミ、無理する人ですから……具合が悪いなら、休まないと」

美波「アーニャちゃん……」

アーニャ「私、カン○ョウしますから、ね?」

美波「えっと、お尻はちょっと……」

アーニャ「?」

美波「! な、なんでもないよ。とにかく、大丈夫だから」

アーニャ「……ダー。わかりました……?」キョトン
26: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 04:38:28.33 ID:MloLM/Wf0
美波「もう口を開かないほうがいいかもしれない……」ズーン

美波「……あら? あそこにいるのは」


文香「………」トボトボ


美波「文香ちゃん……だけど、なんだか様子が変」

美波「どうかしたの、文香ちゃん」

文香「あ……美波さん。な、なんでもないんです……はい」

美波「そう……でも」



みく「李衣菜チャン! さっきみくがのあにゃんにいじられてる時、どうして助けてくれなかったにゃ!」

みく「あまつさえ一緒になっていじってくるとは何事!」

李衣菜「ええー? だってあそこはノるところでしょ、ロック的思考で」

みく「わけわかんない! まったく、○クビをかかれた気分だにゃ」



美波「(ああ、また卑猥な単語に……)」

文香「っ!?」カアァ

美波「……文香ちゃん?」
27: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 04:39:43.82 ID:MloLM/Wf0
美波「顔、赤いよ?」

文香「い、いえ……! そんなことは……ない、です」

美波「……まさか」

美波「○クロス」

文香「!?」ビクッ

美波「やっぱり……ねえ文香ちゃん。もしかして、あなたも耳が変なの?」

文香「……『も』? ということは、美波さんも……」
51: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:17:06.69 ID:MloLM/Wf0
早苗「それってさ……クン○的なものがもう上から出てるみたいな?」ヒソヒソ

楓「ええ……せい○きに決まっているようです」ヒソヒソ



美波「………」

文香「………」

美波「私だけじゃなくて、文香ちゃんまで同じ症状が出ている……何か原因があるはずよね」

文香「……少しだけ、安心しました。先ほどまで、自分ひとり異常な状況に置かれて、心細くて……」

美波「文香ちゃん……」

文香「美波さん……」



千佳「もうおなか大丈夫?」

仁奈「おトイレ行ったら治ったでごぜーますよ!」

仁奈「おなかの具合、よくなったですよ」

千佳「そっかー、よかった!」



美波「………」

美波「ふう、久しぶりに安心して聞ける会話だった――」

文香「………」カアァ

美波「……文香ちゃん? 顔、赤いけど」

文香「……美波さんは、問題なく聞こえたのですか」

美波「え、ええ……でもその様子だと、そっちは」

美波「(もしかして……私より文香ちゃんのほうが発想がエッチなんじゃ)」

文香「帰ります……」ショボーン

美波「わわっ、ちょ、ちょっと待って! 味方だから! 私あなたの味方だから!」
52: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:20:07.35 ID:MloLM/Wf0
??「お二方、ここにおりましたかー」

美波「え?」

文香「あなたは……」



芳乃「お困りごとでしょうー? わたくしとともに来てほしいのでしてー」
56: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:29:00.88 ID:MloLM/Wf0
バタン


芳乃「ここの部屋なら誰にも聞かれないのでしてー」

美波「芳乃ちゃん。それで、何か知っているの?」

文香「私達に起きている奇怪な現象……いったい、原因は」

芳乃「……まずは謝らなければならないのでしてー」


芳乃「そなたらの災難……全部わたくしの責任なのですー」

美波「……え?」





昨日


沙理奈「芳乃ちゃんもかわいい見た目して16歳なんだから、そろそろオトナの常識も勉強しないとー、なんてね」

芳乃「大人の常識、でしてー?」キョトン

沙理奈「そうそう。たとえば――」

芳乃「ほー」

沙理奈「他には――」

芳乃「ほーほー」

沙理奈「さらに――」

芳乃「ほーほーほー……」ポッ






芳乃「………」←ネットサーフィン中

芳乃「ほー……ほー……なんとも破廉恥な……」カアァ
57: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:31:57.28 ID:MloLM/Wf0
芳乃「そういうわけでしてー、今のわたくしは……そ、そちら方面の知識で頭がいっぱいですゆえー」

芳乃「そんなわたくしの不安定な状態がー、近くにいた美波殿と文香殿に悪影響を与えてしまったのかとー。もじもじ」

文香「なるほど……そういうことでしたか」

美波「ちょっと待って。芳乃ちゃんの思考がどうして私達の脳や耳にまで影響を与えるのか、さっぱりわからないんだけど」

文香「……そこは、さほど重要ではないかと」

芳乃「起きていることをあるがまま受け入れるのでしてー」

美波「えぇ……?」
62: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:38:06.03 ID:MloLM/Wf0
美波「……とりあえず、わかったわ。受け入れる」

美波「芳乃ちゃんが刺激の強い情報を頭に入れすぎたせいで、ちょっとした言葉でもすぐエッチな方向に考えてしまうようになった――そういうことよね」

芳乃「面目ないのでしてー」モジモジ

文香「そうなると……芳乃さんがそういったことを意識しすぎないようになれば、今の状況は解決される、と」

美波「うーん……『慣れ』しかないのかしら」

芳乃「慣れー……?」

美波「確かにエッチな単語はエッチだけど、そこまで意識しすぎるほどのものでもないって。そう思えるように、ちょっと私達と話してみようか」

文香「……お役に立てるよう、頑張ります」

芳乃「感謝、感謝なのでしてー」
63: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:42:20.65 ID:MloLM/Wf0
そして――


美波「今年のクリスマスはどうなるかな」

芳乃「クリスマス……クリ○マス……クリ○○ス……はわわ、でしてー」

文香「今朝は、茜さんがいつも以上に元気で……絶好調だと」

芳乃「ぜっこうちょう……ぜっちょう……はわわわ」キャーデシテー


美波「………」

文香「……ひどく、なっているような」

芳乃「申し訳ないのでしてー……どうにも、調子がおかしいゆえー」カアァ

美波「こんな顔の芳乃ちゃん、初めて見るわ……そのうち、全部の単語が雑音に置き換わる勢いかも」


芳乃「………」ショボン

美波「元気出そう? 芳乃ちゃん」

芳乃「美波殿……」

美波「誰だって、調子の悪い時とか、そういうことはあるから。だから、助け合いだよ?」ナデナデ

芳乃「……ありがとうございますー。美波殿は優しい方なのでしてー」

文香「めげずに、やっていきましょう――」
64: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 19:54:14.09 ID:MloLM/Wf0
ガチャリ

美波「?」


??「聞こえる 聞こえる 愛に悩む人々の叫びが」

??「悪に苦しむ人々の嘆きが」

??「だってウサギの耳は長いんだもん」

??「愛と正義の使者、ウサミミ仮面、さーんじょうっ」


文香「………」

芳乃「……ほー?」

美波「なにしてるの? 智絵里ちゃん」

ウサミミ仮面「智絵里ではありません、ウサミミ仮面ですぴょん」

美波「いや、だって怪盗みたいなお面つけてるだけでどう見ても智絵里ちゃんだし」

ウサミミ仮面「……こ、これにはいろいろとわけがあるんです」ヒョイッ

智絵里「あまり人間界の出来事に、天界の住民が手を出してはいけないというか……だから便宜上、智絵里ではなくてウサミミ仮面がやったということにしたくて」

芳乃「ほー」

文香「なるほど」

美波「ごめん、どこに納得する要素があったのかわからない。智絵里ちゃんって天界の住民なの?」

67: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:00:41.31 ID:MloLM/Wf0
文香「それで……私達はどうすれば」

智絵里「芳乃ちゃんの調子がおかしいのは、その潜在能力に器が耐え切れなくなりつつあるからなんです」

智絵里「だから、精神と身体のバランスがとれなくなって、ささいなことで感情がぶれぶれになっちゃうんです」

芳乃「そういえばー、以前ばばさまにも似たようなことを言われていた気がするのでしてー」

美波「ツッコミを諦めたほうがいいのかしら……いや、でもここで私がツッコむことをやめたら……」ブツブツ

70: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:07:23.25 ID:MloLM/Wf0
智絵里「これを解決する方法はただひとつ。器を大きくするしかありません」

文香「器を……?」

芳乃「それはつまりー」

智絵里「つまり、ランクアップです!」

美波「ランクアップってなに? どうしたらできるの?」

智絵里「オーバーレイネットワークを再構築すればいいです」

美波「おーばーれいねっとわーくはどうやって再構築するの?」

智絵里「ランクアップマジックを使います」

美波「らんくあっぷまじっくってどうやって使うの?」

智絵里「ここに用意した太鼓を叩くことで発動します」

美波「そっかー太鼓かー。なるほどーすごいわねー」

文香「美波さんの目が死んでいます……」

芳乃「感情を失った者の瞳でしてー」
74: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:12:01.04 ID:MloLM/Wf0
智絵里「わたしが太鼓を叩きます。その間、美波さんはほら貝を吹いていてください。文香さんは全体のチェックをお願いします」

智絵里「芳乃ちゃんは、真ん中でじっとしていてね」

芳乃「了解でしてー」

智絵里「では……皆さん、かっとビングですっ!」


文香「芳乃さん一人で、オーバーレイネットワークを再構築――」

智絵里「ドンドコンドコンドコンドコン」

美波「ぶおおー」

芳乃「身体が熱いのでしてー」
75: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:16:54.05 ID:MloLM/Wf0
太鼓のBGM 魂のデュエル(遊戯王ゼアルより)


文香「人がSR(きぼう)を越えSSR(ゆめ)を抱く時、遥かなる彼方に、新たなガシャが現れる――」


文香「(クレカの)限界を超え、その手に掴め――」


文香「希望皇ビヨンド・ザ・ヨシノ――!」



芳乃「ほ、ほ、ほー……!」

文香「ぷ」
77: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:21:09.62 ID:MloLM/Wf0
数日後



凛「藍子に言われた通り、昨日はひとりで散歩してみたよ」

藍子「どうでした?」

凛「普段とは違う発見があって、結構新鮮だった。たまには誰も連れない散歩もいいかもね」



美波「……本当、なんとかなってよかったね」

文香「そうですね……」

芳乃「今日も日本茶がおいしいのでしてー」ズズズ
78: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:28:07.96 ID:MloLM/Wf0
美波「もうあんなことは起きてほしく」


茜「○ーメン食べに行きませんか!!」

未央「お、いいねー。今日は○ーメンの日だ!」


美波「………!?」


未央「どうしようかなあ。今日は味噌ラーメンか、あるいは塩ラーメンか」

茜「私はとんこつラーメンにします!」


美波「あれ……?」

芳乃「ちょっとイタズラしてみたのでしてー」

美波「もう、芳乃ちゃん? いきなりやられたらびっくりするんだから」

芳乃「てへへー」ニコニコ

文香「……懐いてる?」

79: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:31:44.19 ID:MloLM/Wf0
美波「ところで芳乃ちゃん。この前からぷかぷか浮かんでるその光の球は……」

芳乃「これはおーばーれいゆにっとというものでしてー。むやみにあっても困るので、あとで処理しておくと智絵里殿が言っていたのですがー」

智絵里「どうやらオーバーレイユニットを吸収してくれる銀河眼の業者さんが、身内の用事で遅れてるみたいで……わたし、ちょっと様子を見てきますね」


ガラッ
ぱたぱたぱた……


美波「……ねえ、文香ちゃん」

文香「はい」

美波「ここ、事務所の5階よね。今智絵里ちゃん、窓から出ていったんだけど」

文香「そうですね」

美波「しかも、背中から羽を生やしてぱたぱた飛んでいったように見えたんだけど」

文香「……美波さん」

美波「なに?」
80: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:34:13.03 ID:MloLM/Wf0
文香「もう、考えるのはやめました」キリッ

美波「……私もそうしようかな」

芳乃「ガシャはサイフで受けるのでしてー」



おしまい
82: ◆C2VTzcV58A 2015/12/21(月) 20:42:00.32 ID:MloLM/Wf0
おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
オチの付け方に困ったので智絵里に頼りました。チエリ・エクス・マキナは優秀

以下過去作宣伝
智絵里が太鼓叩くやつ:棟棟方愛海「今日もみんなのお山に登ろーっと♪」
いつも書いてるシリーズのやつ:橘ありす「サンタさんって、いったい何人いるんでしょう」 的場梨沙「うん?」
次に書きたいと思っているシリーズのやつ:a href="http://ss-navi.com/blog-entry-5700.html" target="_blank">渋谷凛「長女」大石泉「次女」佐城雪美「三女」橘ありす「四……って逆です!」


では僕はメダルの底に沈んだ梨沙を拾い上げてきます

関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング