FC2ブログ
1: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:05:42.47 ID:xGW22CYa0
とある夕方 事務所からの帰り道


P「あー、今日も一日疲れたなあ」

P「家に帰ってゆっくり休もう」

P「狭いアパートの一室でも、心安らぐ俺の城だからな」


P「ふう、到着……あれ?」

P「部屋に明かりがついてる……朝に消し忘れたか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434384332
3: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:11:15.63 ID:xGW22CYa0
ガチャ


??「おかえりなさい。兄さん」

P「……ああ。なんだ、お前が来てたのか」

??「様子を見に来たらいないようだったので、合鍵で入らせていただきました」

P「そっか」

??「………」

P「ん、どうした」

??「『おかえりなさい』の返事がまだだな~と思いまして」

P「ああ、悪い悪い。ひとり暮らしだとそういう習慣を忘れそうになるんだ」

P「ただいま、ゆかり」

ゆかり「はい。お仕事お疲れ様でした、兄さん」ニコッ
4: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:16:50.55 ID:xGW22CYa0
芸能事務所で働き始めて2年目となる俺には、15歳の妹がいる。

水本ゆかり。フルートを吹くのが趣味で、自慢じゃないがかわいい女の子だ。

うちの家は裕福で、俺もゆかりも大事に育てられた。その甲斐あってか、わが妹は振る舞いからして上品な雰囲気が漂っている。

……俺? 俺はまあ、男だから……正直、気品はそんなにないと思っている。
6: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:22:18.82 ID:xGW22CYa0
ゆかり「最近、食生活が偏っていませんか?」

P「どうしてそう思う」

ゆかり「台所に、カップラーメンなどの空き容器が多かったので」

P「めざといな」

ゆかり「ふふ、妹ですから」

P「妹関係あるのか?」


大学を出た俺がひとり暮らしを始めて以降、ゆかりは学校帰りなどにちょくちょく俺のアパートを訪ねるようになった。

もともと両親に合鍵は渡していたので、俺が不在の時はそれを使って中で待っていることも多い。
7: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:27:49.09 ID:xGW22CYa0
ゆかり「一応、お母さんには報告しておきます」

P「えー。またお小言言われるなあ……見逃してくれないか?」

ゆかり「私にも、兄さんの生活の様子を観察するという役目があるので」

P「うへえ」

ゆかり「お金の問題があるなら、いつでも頼っていいんですよ? お父さんもそう言っていましたし……」

P「いや。別に金がないからカップラーメン食べてるわけじゃないんだ。単純に、家に帰った後は疲れて、料理とかいろいろ面倒くさがるだけで」

P「だいたい、社会人になったのに親に金をせびるのって相当カッコ悪いだろう」

P「大学までは好き勝手させてもらえたんだし、これからはできるだけ自分の力で頑張らないとな」

ゆかり「そうですか……なんだか、兄さんが頼もしく見えます」

P「いつかは父さんくらい背中がでかい男になりたいもんだ」

ゆかり「ふふっ。頑張ってくださいね。応援しています」
8: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 01:31:30.12 ID:xGW22CYa0
ゆかり「最近、お仕事のほうは順調ですか?」

P「まあまあかな。あんまり大きくない事務所だけど、みんなで頑張ってるよ」

ゆかり「アイドルの方達のお世話、ちゃんとできていますか」

ゆかり「兄さん、たまにデリカシーに欠けているところがあるので、少し心配です」

P「………大丈夫だよ」

ゆかり「少し気になる間ですね」

P「うっ……努力します」

13: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 09:08:34.26 ID:xGW22CYa0
P「ゆかり。晩御飯はまだだよな」

ゆかり「ええ」

P「なら、今日はどっか食べに行くか。といっても、そんなに高いとこは無理だが」

ゆかり「無理をして高級なお店を選ぶ必要はありません。兄さんが普段利用するような場所でいい……というより、むしろそちらのほうが気になりますから」

P「なら、事務所の近くのファミレスにでも行ってみるか。デザートのプリンがおいしいんだ」

ゆかり「プリンですか。楽しみですね」
14: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 09:12:11.18 ID:xGW22CYa0
ところかわってファミレス


P「今日は俺のおごりだから、好きなもの頼んでくれ」

ゆかり「いいんですか?」

P「ファミレスでくらい、全額支払って兄貴の風格みたいなものを漂わせたいんだよ」

ゆかり「ふふ、兄さんは見栄っ張りですね」

ゆかり「どれにしましょうか……たくさんメニューがあって悩みます」



みく「あれ、Pチャンだにゃ」

卯月「こんにちは、プロデューサーさん!」

P「やあ、奇遇だな。君達もここで夕食?」

ゆかり「……兄さん。ひょっとしてこの方達が」

P「ああ。俺が今担当しているアイドルの子達だ」
15: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:09:19.53 ID:xGW22CYa0
P「紹介するよ。俺の妹のゆかりだ」

ゆかり「はじめまして。水本ゆかりと申します。いつも兄がお世話になっております」

卯月「い、妹さんですか! これはこれはご丁寧に……島村卯月です。こちらこそ、プロデューサーさんにはいつもお世話になっています!」

みく「前川みくだよ、よろしくね。Pチャンにこんなかわいい妹がいるなんて知らなかったにゃ」

卯月「私、はじめは新しいアイドルの子かと思っちゃいました」

ゆかり「アイドル、ですか」

P「よかったな、ゆかり。容姿を褒められてるぞ」

ゆかり「アイドルの方にそう言っていただけるのは、光栄ですね」
16: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:17:10.01 ID:xGW22CYa0
みく「……なんだか上品な子だにゃ。本当にPチャンの妹?」

P「どういう意味だそれは」

みく「べっつに~。ね、卯月チャン」

卯月「ええっ!? な、なんで私に振るんですかー!」

P「そうかそうか。卯月も俺には品がないと思っているのか」

卯月「そ、そんなこと思っていませんっ」

ゆかり「くすっ……元気な人達ですね」

ゆかり「兄さんも、楽しそうでなによりです」
17: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:26:04.03 ID:xGW22CYa0
帰り道


ゆかり「さすがはアイドル、という感じでした」

P「あの二人のことか?」

ゆかり「はい。どういえばいいのかわかりませんけど……おーら? のようなものがあったと思います」

P「ま、あの子達はデビューしてからそれなりに経ってるし、その前も養成所で下積みしてるからな」

ゆかり「ずっと前から、夢に向かって頑張っているんですね」

ゆかり「私とそう年は変わらないはずなのに、すごいです」

P「ゆかりくらいの年頃の子は、まだ目標も決まってないのが普通だよ。俺だってそうだったし」

ゆかり「そうでしょうか」

P「学生のうちは、いろんなことに手を出して、いろんなことを知るっていうのも大事だからな」

ゆかり「………」
18: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:34:27.56 ID:xGW22CYa0
ゆかり「兄さんは、もう夢や目標は決まりましたか?」

P「俺か? 俺はもう大人だからな、一応決まってる」

P「卯月やみく達が、一人前のアイドルになる手伝いをしてやりたい。今は、これかな」

ゆかり「なるほど」

P「なんならお前もアイドルになるか?」

ゆかり「えっ?」

P「なんてな。冗談だよ」

ゆかり「もう……驚かさないでください」

P「でも、ゆかりに資質がありそうっていうのは事実だけどな。見た目はいいし、音感もあるだろ」

P「ちょっと運動に不安があるのが難点か。ははっ」

ゆかり「………」
19: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:44:56.23 ID:xGW22CYa0
別の日


ゆかり「兄さんの家に来てみたけど……まだ帰って来ていないみたい」

ゆかり「……先に入って、少し片付けでもしてあげましょうか。あまり掃除には自信がありませんが」


パタパタ、ガサガサ


ゆかり「本棚に本を並べるくらいなら、私にもできます」フンス

ゆかり「あとは――」


ピンポーン


ゆかり「……誰でしょうか」

ゆかり「はい」インターホンポチー

卯月『あれ? 女の人の声?』

卯月『ここってプロデューサーさんの部屋じゃ……』

ゆかり「……ええと。島村卯月さん、ですか?」

卯月『あ……もしかして、ゆかりちゃん?』
20: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 12:55:21.43 ID:xGW22CYa0
ややあって


ゆかり「紅茶です。どうぞ」

卯月「ありがとうございます! わあ、いい香り……」

ゆかり「家からお気に入りの茶葉を持ってきたんです。味は保証しますよ」

ゆかり「それで、兄に何か用がおありで?」

卯月「あ、そうでした。これ、お菓子の包みをもらったんですけど、プロデューサーさんにもおすそ分けしようと」

卯月「事務所にはいなかったので、もう帰ったのかなと思ってここに来たんですけど……」

ゆかり「どこかを散歩しているのかもしれません。兄さん、そういうことが結構好きですから」

卯月「へえ、そうなんですか」
21: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:05:04.70 ID:xGW22CYa0
ゆかり「あの、島村さん」

卯月「卯月でいいですよ」

ゆかり「あ、はい。では卯月さん。ひとつ、お聞きしたいことがあるのですが」

卯月「なんでしょう」

ゆかり「卯月さんは……どうして、アイドルを志されたのでしょう」

卯月「アイドルを目指した理由、ですか?」

卯月「うーん、そうですねー……いろいろありすぎて、なかなか説明しづらいんですけど」

卯月「一言で言うなら、キラキラ輝いていたから、でしょうか」

ゆかり「輝いていた……?」
22: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:15:36.98 ID:xGW22CYa0
卯月「小さい頃に見た、アイドルのステージがすっごく綺麗に見えて、私もあの場所に立ちたいなって思って。そんな単純な思いから始まって、今では本物のアイドルになれました。まだ駆け出しの新人ですけど」

卯月「だから、プロデューサーさんには感謝してるんです」

卯月「養成所にいた私を見つけて、夢を叶えてくれたんですから」

卯月「今も一生懸命プロデュースしてくれていますし、私もそれに応えられるよう頑張らなきゃって」

卯月「あと、私のファンの人達にも……って、すみません。なんか勝手に熱くなって語り過ぎちゃいました」

ゆかり「いいえ。……それを聞いたら、兄も喜ぶと思います」

ゆかり「よいお話を、聞かせてもらいました」
23: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:27:09.31 ID:xGW22CYa0
P「ふう、ちょっとぶらぶらしすぎたかな……って、また部屋に明かりがついてる」

P「ゆかりが来てるのか。結構待たせちゃったかな」

P「ただいまー」ガチャ

P「……あれ」



ゆかり「……すう」

P「俺のベッドで寝てる……待ちくたびれたのか」

P「悪いことしたな」
24: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:36:07.04 ID:xGW22CYa0
ゆかり「……んぅ……にいさん?」

P「起きたか。ごめんな、ちょっとその辺ぶらぶらしてて――おわっ」

ゆかり「にいさんも、一緒に眠りますか……?」ポワポワ

P「お、おい。ベッドに引きずりこむな」

P「(こいつ、寝ぼけてるといろいろ突拍子のないことしだすんだよなあ)」

ゆかり「覚えていますかあ、にいさん……?」ポワポワ

ゆかり「昔はこうして、よく一緒に寝ていましたよね」

P「……そうだったな」

P「お前、寝つきの悪い日はいつも俺の布団にもぐりこんできてさ」

ゆかり「夜が、怖かったんです……だから、誰かのそばにいたくて」

ゆかり「にいさんの隣には、あたたかくて、おちつきました」

ゆかり「今も、あまり変わりませんね……」ギュッ

P「うおう、大胆だな」
25: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:38:47.04 ID:xGW22CYa0
ゆかり「先ほど、卯月さんがいらしてました」

P「卯月が?」

ゆかり「にいさん、卯月さんに感謝されてるんですね……」

ゆかり「もう、私だけのにいさんではないみたいで……ちょっとだけ、寂しいです」

P「……そういえば、昔のゆかりはお兄ちゃんっ子だったなあ」

P「いっつも俺の後ろをついて回ってた」

ゆかり「ふふ……でも、寂しいだけじゃないんです。うれしいような気もして」

ゆかり「私のにいさんは、ちょっと頼りないところもあるけれど、いい人ですよって。そう自慢できるから」

P「お前の期待に応えられるような兄ちゃんにならないとな」

ゆかり「がんばってください……私も……」
26: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:40:37.17 ID:xGW22CYa0
P「(ゆかりの意識がきちんと覚醒した後、俺はびっくりするような話を聞かされた)」

P「アイドルになりたいだって?」

ゆかり「はい」

ゆかり「兄さんも言っていましたよね。私には、資質があると」

P「それはそうだけど……急にどうした」

ゆかり「ただ学生生活を送るだけではなく、新しいことに挑戦したくなったんです」

ゆかり「私にも、きらびやかな舞台に憧れる想いはありますから」

P「大変だぞ。学校との両立もあるし」

ゆかり「わかっています。お父さんやお母さんに迷惑をかけるだろうことも……でも、私は」

P「……わかった」

ゆかり「許してくれるんですか」

P「お前、意外と気が強いもんな。それがあれば、なんとかなるかもしれない」

P「というか、ゆかりがアイドルやるかどうかはゆかりの自由だ。父さんや母さんはともかく、俺の許可は必要ない」

ゆかり「……ありがとうございます。お父さんとお母さんに許してもらえたら、オーディションなどを調べてみます」

P「あー、待て待て。実はうちの事務所、そろそろ新人をスカウトしようかという話になっていたんだ」

P「うまくいけば、うちで面倒見られることになるかも」

ゆかり「本当ですか? そうなったら、とてもうれしいですっ」
27: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:43:27.97 ID:xGW22CYa0
後日。両親の許可も得られたゆかりは、晴れてうちの事務所の一員となっていた。

ゆかり「兄さん……いえ、プロデューサーさんとお呼びした方が?」

P「好きな方でいいよ。どうせ一部の人間はもう俺達の関係を知ってるわけだし」

ゆかり「わかりました」

P「まずは、同じ新人ふたりと一緒に、レッスンに励んでくれ」

有香「ゆかりちゃーん、早く行きましょう!」

法子「限定ドーナツが売りきれちゃいますよー!」

P「ほら、呼んでるぞ」

ゆかり「はい」
28: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:44:35.26 ID:xGW22CYa0
ゆかり「あの、兄さん」

P「なんだ?」


ゆかり「これからも、よろしくお願いしますね」

ゆかり「私、今でもお兄ちゃんっ子ですから」


おしまい
29: ◆C2VTzcV58A 2015/06/16(火) 13:49:36.40 ID:xGW22CYa0
アイチャレでゆかり嬢の魅力に気づいたのですが、最近特にSSが増えている様子もなかったので自分で書きました
お付き合いいただきありがとうございます
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 13:50:51.77 ID:hIQqLYR40
乙、ゆかり嬢に甘えられたい
このシリーズ:

モバP「俺の妹がこんなに邪気眼なわけがない」


モバP「俺の妹がこんなにファザコンなわけがない」


モバP「俺の妹がこんなに25歳児なわけがない」


モバP「俺の妹がこんなに清純令嬢なわけがない」



関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング