FC2ブログ

【彼岸島ss】 豚汁

関連スレ:

【彼岸島ss】 豚汁

【彼岸島ss】 ケーキ

【彼岸島ss】 臼


1: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:41:15.38 ID:PfUPR4xD0
ザッ ザッ

明「メシにする?」

岩田「はい」

明「なんだ急に」

岩田「いえ。今朝から戦い尽くしですし、そろそろ頃合いかと」

明「俺は平気だ。一刻も早く雅を殺しに...」

岩田「腹が減っては戦ができんと言うでしょう。それに...」チラッ

翔「......」

岩田「あの子は父親を亡くしたばかり...疲れもかなり溜まっているはずです」

明(新田...)

明「...そうだな。焦って隙をつけこまれるわけにもいかないからな」スッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478616075
2: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:41:37.83 ID:PfUPR4xD0


明「それで、飯はなににするんだ」

岩田「そうですね。この人数ですし、食材も限られていますから、出来るだけ簡素なモノがいいですね」

金山「豚汁なんてどうですか?」

明「!」

金山「ほら、あれならサッと作れて人数分も足りそうですし」

岩田「おお、いいな。よし、あそこのスーパーで足りない食材を探しに行くぞ」

3: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:42:04.49 ID:PfUPR4xD0

グツ グツ グツ

幸恵「できたよ!」

岩田「おお、では早速...」ズズッ

岩田「......」

幸恵「なんだい、その顔は」

岩田「...味が酷く薄いな。こんなのじゃ精がつかん」

幸恵「てめェ変態デブ!文句言うなら食うんじゃねえ!」

モブ「いや...でもこれは...」

金山「うん...勿体ねェから食うけどさ...」

幸恵「この腐れキ○タマども!」

明「...貸してくれ」

岩田「そんな!救世主様のお手を煩わせるわけには」

明「いいんだ」

4: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:43:00.34 ID:PfUPR4xD0

グツ グツ グツ

明「...よし。味見してみろ」

岩田「で、では...」

ズズッ

岩田「!う、美味い...!」

幸恵「えっ。じゃああたしも...」

ズズッ

幸恵「美味い...!」

明「まあ上出来ってところか。みんな、順に注ぐからお椀を持って並べ」
5: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:43:32.64 ID:PfUPR4xD0

ワー ワー

モブ「うめェ!こんな豚汁初めてだ!」

モブB「生きてるって感じがする...おかわりいいスか!」

明「全員ぶん配り終えたらな」

岩田「救世主様。注ぐのは私がやりますから、先に召し上がってください」

明「そうか。頼んだ」スッ

幸恵「どこ行くの?」

明「念のために見張りをしてくる。お前達はしっかり身体を休めておけ」

ガララ ピシャッ

6: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:44:00.73 ID:PfUPR4xD0

モブ「...すげェよな救世主様は」

モブB「ああ。強いのは勿論、料理もできる。おまけにこうして俺たちへの気遣いまでしてくれるんだぜ」

モブ「あの人だって、仲が良かったヨネさんや新田さんを喪ってキツイ筈なのにな」

金山「ホント、あの人には助けられてばかりだよ。...俺たちはあの人に遠く及ばないけど、せめてピンチを招くようなことは避けなきゃな」

モブB「ま、そういう事態にならないように祈ろうや」



翔「......」

幸恵「どうしたの?」

翔「トイレ」

幸恵「トイレならあっちにあったわよ」

翔「ありがとう」

7: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:44:49.29 ID:PfUPR4xD0


入口

明「......」ズズッ

明(美味い、か...)

明(俺にしては上出来だが、お前に比べたらまだまだだよな、西山)


8: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:45:23.37 ID:PfUPR4xD0

*******************************

回想

西山「美味い豚汁の作り方を教えてくれって?」

明「ああ。ちょっと気になってな」

西山「いいけど、明でも難しいと思うぞ?」

明「え?」

西山「俺の豚汁は材料自体はそこらのモノを使ってるんだ。けど、ちょっと火加減や手順を間違えただけでも味が落ちちまうんだ」

西山「やってみるか?」

明「ああ」
9: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:45:59.01 ID:PfUPR4xD0

グツ グツ グツ

西山「どうだ?」

明「駄目だ。やっぱりお前の味にはならない」

西山「だろうな」ホッ

明「どうした?」

西山「いや、俺の一番の長所が美味い豚汁だからさ。戦闘じゃあまり役に立てないし、これまであっさり明に作られたら流石にプライドが折れてたっていうか...」

明「西山、お前やお前の発明には色々と助けられてばかりなんだ。そうやって自分を卑下するな」
10: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:47:08.53 ID:PfUPR4xD0


明「お前やユキ、加藤達がいてくれるから俺は戦える。お前達がいるから、これから雅のヤロウを殺せるんだ」

明「今日の豚汁でわかったよ。俺はお前にはなれないし、お前がいてくれるからお前になる必要もないって」

西山「明...」

明「これからも頼りにしてるぞ、西山」

西山「ああ!」


回想終わり

*****************************
11: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:47:58.32 ID:PfUPR4xD0

――――――――――――――――――

通○閣

オ オ オ オ オ


西山「......」スー スー

吸血鬼A「雅様が寝たまま涙を流している...」

吸血鬼B「起こした方がいいか?」

吸血鬼A[バカ。機嫌を損ねたら殺されるだろ。放っておけばいい」



12: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:48:26.15 ID:PfUPR4xD0

西山「......」パチッ

ムクリ

西山(夢...)

西山(これからも頼りにしている、か)

西山「ふ、ふふっ...」

西山(こんな様になって、まだ未練があるのか)

西山(...未練くらいあってもいいだろ。もう、俺たちはあの頃には戻れないんだから)つ写真

西山「俺たちは生き残るしかないんだ...それが、ユキとの約束だから...もしも、明が俺を殺しに来たら、その時は...!」ポロッ

13: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:48:59.40 ID:PfUPR4xD0


――――――――――――――――――



明「......」

翔「救世主様」

明「ボウズか。どうした?」

翔「僕一人で聞きたいことがあったから勝手口で出てきた」

14: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:49:43.05 ID:PfUPR4xD0

翔「救世主様は、パパとヨネさんと仲がよかったよね」

明「...ああ」

翔「僕、パパが死んだ時すごく苦しくて辛かった。涙が止まらなくてどうしようもなかった」

翔「でも、救世主様はすごく苦しそうだったけど、涙は流さなかったよね」

明「......」

翔「救世主様は、もう悲しいのに慣れちゃったの?」

明「...そうかもしれないな」
15: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:50:09.63 ID:PfUPR4xD0


明「俺は雅に人生の全てを奪われた。兄貴や師匠、幼馴染達に共に戦ってきた仲間たち...」

明「失う度に辛い思いはするが、どこかで慣れてきている自分もいることは確かだ」

明(でも、もうたくさんなんだ。俺は、もう失う悲しみを味わいたくない...)

明「俺は雅を必ず殺す。命と引き換えにしても、奴をこの手で...!」

翔「...強いね、救世主様は」

明「...強くなんかないさ。こんな思い、慣れちゃいけないのに慣れちまってるんだからな」

翔「救世主様...」


16: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:50:56.08 ID:PfUPR4xD0


ザッ ザッ

翔「?」

吸血鬼C「う~、最近溜まりまくって仕方ねェぜ。前に眼鏡のカス吸血鬼が庇ってた女のマ○コが恋しくなってきた」

吸血鬼D「流石に男でヤるのは勘弁したいしな」

明「...どうやら、感傷に浸っている暇もないみたいだな」カチッ

吸血鬼C「あん?」

ザンッ

吸血鬼D「てめェ!!クソ人間!!」

翔「ひいいい!」

ズ サ ッ


17: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:51:46.36 ID:PfUPR4xD0

ガララ

モブ「なんだなんだ!」

岩田「あれは吸血鬼だ!武器をとれ!」

幸恵「ひいいいい!」

明「感染しないように返り血に気をつけろ!いくぞ!」

一同「おおおおおおおおおおお!!」

ワ ア ア ア ア ア
18: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:52:16.18 ID:PfUPR4xD0


明「」ハァ ハァ カチッ

幸恵「相変わらず滅茶苦茶な強さ...」

明「もう充分休憩はとれたな」

岩田「ええ。救世主様の豚汁のおかげで力が滾り、今回は死傷者も出ませんでした」

明「よし。みんな、もうひと踏ん張りだ。俺が雅を殺せば、あんた達が吸血鬼に怯える日々を耐える必要もなくなる」



オ オ オ オ オ

明(待ってろ雅。あと少しだ...!)




19: ◆do4ng07cO. 2016/11/08(火) 23:54:48.27 ID:PfUPR4xD0
終わりです。
ハゲこと鮫島さんが無事に生き残れるのを願います。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング