FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 11:48:05.31 ID:O5+jjetq0
なのは「それじゃ消すね・・・せーの、っと!」

 ぱちぱちぱち

アリサ「誕生日おめでとー!」

すずか「おめでとうなのはちゃん」

フェイト「おめでとう」

なのは「にゃはは♪みんなありがとう」

ユーノ『おめでとう、なのは』

アルフ『おめでとー!』

なのは『うん!ユーノくんとアルフさんもありがとね』
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 11:50:59.90 ID:O5+jjetq0
フェイト『クロノたちもなのはにおめでとうって伝えてほしいって』

なのは『うん! でもクロノくんも来れば良かったのに』

フェイト『でも今はアースラを離れるわけにはいかないみたいなんだ』

なのは『そっか・・・残念だなぁ』

フェイト『友人と水入らずで楽しむといい、って言ってたけど・・・』

アルフ『クロノは照れてるだけだと思うけどねー』

なのは『クロノくんらしいなぁ。じゃあ今度アースラのみんなに翠屋のケーキ差し入れしようかな』

フェイト『うん。きっとみんな喜ぶよ』
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 11:54:44.29 ID:O5+jjetq0
すずか「じゃあケーキ切ろうか」

フェイト「すずか、私も手伝うよ」

アリサ「ちゃんと同じ大きさにしなさいよ?」

フェイト「う、うん・・・!」

なのは「フェイトちゃん頑張って!」

フェイト(なのはの誕生日ケーキ・・・失敗したくないな。うまくやらないと・・・)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 11:58:36.05 ID:O5+jjetq0
アルフ『フェイト、いつもみたいにバッサリ切っちゃいなよ!』

フェイト『・・・! そうだね、ありがとうアルフ!』

すずか「フェイトちゃん・・・?」

フェイト(包丁も基本は刃物・・・サイズフォームのように扱えばきっと・・・!)

アリサ「なんかフェイトからすごい気合が・・・」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:04:36.04 ID:O5+jjetq0
なのは「どうかしたのフェイトちゃん? 大丈夫??」

フェイト「大丈夫だよなのは・・・」

なのは「そ、そう?」

フェイト『行くよ、バルディッシュ!』

包丁『Get set』
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:11:36.13 ID:O5+jjetq0
フェイト「ハァッ!!」

 ザンッ!

アリサ「キャアッ!」

すずか「すごい、綺麗に真っ二つ・・・」

なのは「フェ、フェイトちゃん・・・」

フェイト(よし、いい感じだ。やっぱりバルディッシュと同じで・・・)

なのは「綺麗だけど、ケーキを横に切るのはちょっと・・・」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:18:29.26 ID:O5+jjetq0
――――――



アリサ「もう!フェイトにはびっくりしたわよ」

フェイト「うぅ・・・ごめんねアリサ・・・」

アルフ『ごめんフェイト! あたしがあんなこと言ったから・・・』

フェイト『アルフは悪くないよ。私がいけなかったんだ』

アルフ『フェイト・・・』
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:25:26.64 ID:O5+jjetq0
すずか「アリサちゃん、もういいじゃない」

アリサ「ま、まぁ別にいいケド・・・」

フェイト「あ、あの・・・なのは」

なのは「大丈夫!このケーキすごくおいしいよ。心配ないない♪」

フェイト「なのは・・・」

なのは「アルフさんもユーノくんもおいしそうに食べてるし、フェイトちゃんが切ってくれたからとっても嬉しいよ!」

フェイト「うん、ありがとう」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:37:02.59 ID:O5+jjetq0
アリサ「そういえばさ、フェイトの誕生日っていつなの?」

フェイト「・・・え?」

すずか「知り合って結構たつもんね。フェイトちゃんの誕生日もそろそろかな?」

フェイト「私の・・・誕生日」

なのは(あ・・・)
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:43:11.65 ID:O5+jjetq0
フェイト(そっか・・・私の生まれた日はアリシアの記憶で・・・私は『精製された』ただのクローン・・・)

フェイト(私は、母さんから生まれてきたわけじゃ・・・ないんだ)

フェイト(私が生まれた日なんて・・・あるのかな)

アリサ「フェイト?」

フェイト「・・・私は」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:53:15.51 ID:O5+jjetq0
なのは「そっか! そういえばもうすぐだね!」

フェイト「え?」

なのは「フェイトちゃんの誕生日」

アリサ「そうなの!? 水臭いわね、早く言いなさいよー」

フェイト『な、なのは・・・どうしたの?? 私の誕生日はアリシアの・・・』

なのは『いいから聞いてて。ね?』

フェイト『・・・う、うん』
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 12:56:02.91 ID:O5+jjetq0
なのは「フェイトちゃん自分で私に言ってたじゃない。忘れちゃったの?」

フェイト「え・・・?」

なのは「私とフェイトちゃんが初めて友達になった日、だよ」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:09:38.29 ID:O5+jjetq0
――――――



なのは「今日は楽しかったねー♪」

フェイト「・・・」

なのは「アリサちゃんったらあんなにゲームに夢中になっちゃって・・・」

フェイト「なのは」

なのは「ん? どうしたのフェイトちゃ――」

フェイト「ありがとう」

なのは「・・・?」

フェイト「私・・・すごく嬉しかった」

なのは「にゃはは・・・。ごめんね? 勝手にあんなこと言っちゃって。私なりにどうにかしようと思ったんだけど・・・」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:18:47.16 ID:O5+jjetq0
フェイト「・・・私、決めたんだ」

なのは「・・・?」

フェイト「過去を捨てて、新しい自分を初めるって」

なのは「・・・うん」

フェイト「なのはと友達になったあの日、ホントはもうちょっとだけ前なんだけどね」

フェイト「新しい私に起きた初めての出来事・・・それがなのはと友達になったことなんだ」

なのは「フェイトちゃん・・・」

フェイト「だから、その日を私の誕生日って言ってくれて・・・すごく嬉しい」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:22:39.32 ID:O5+jjetq0
なのは「うん。でも、ちょっと無理あったかな?」

フェイト「アリサが、誕生日もこんなに近いなんて、アンタたちどれだけ仲良いのよ!って言ってたもんね」

なのは「すずかちゃんはもうやる気まんまんだったけどねー」

フェイト「はは・・・どうなっちゃうんだろう」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:27:38.72 ID:O5+jjetq0
――――――



なのは「じゃあまたね、フェイトちゃん」

フェイト「うん、また学校で」

なのは「バイバイ!」



フェイト『アルフ、聞こえる?』
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:33:43.18 ID:O5+jjetq0
フェイト『アルフ、聞こえる?』

アルフ『ほいほい、聞こえるよー。どしたフェイト?』

フェイト『なのはが言ってくれたことだけど』

アルフ『誕生日のことか・・・。あの子はホントいい子だよ。こっちが申し訳なくなるくらいに、さ』

フェイト『うん。私の今までの誕生日ってアリシアのものだったんだよね』

アルフ『フェイト・・・』
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:43:43.74 ID:O5+jjetq0
フェイト『でも楽しかったな・・・。母さんはいつもいなかったけど、アルフとリニスがいてくれて・・・』

アルフ『リニスか・・・。でもリニスはフェイトの誕生日を心から祝ってくれてたと思うよ』

フェイト『うん、そうだね。きっとリニスはアリシアのことを知ってたんだと思う』

フェイト『だからいっぱい愛情を注いでくれて・・・魔法がうまく出来た時も一緒に喜んでくれて・・・』

アルフ『誕生日も、だろ?』

フェイト『うん。だから私の誕生日ってホントはどっちがいいのかなって』

フェイト『なのはの言ってくれたことは嬉しいけど、リニスと居たことも私の思い出だから・・・』
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 13:51:05.52 ID:O5+jjetq0
アルフ『へ? そんなことで悩んでるの??』

フェイト『そんなことって・・・酷いよアルフ・・・これでも一生懸命考えてるんだよ?』

アルフ『あっははは! さすが私のご主人様だ!』

フェイト『もう・・・じゃあアルフならどうするの?』

アルフ『あたしだったら? そーだねぇ・・・どっちも誕生日にしちゃうかなー』

フェイト『え? どっちも・・・?』
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 14:04:00.58 ID:O5+jjetq0
アルフ『なのはが決めてくれた誕生日だって、リニスが祝ってくれた誕生日だってフェイトは嬉しいんだろ?』

アルフ『そりゃ誕生日が二つあるっていうのはそれだけで2倍めでたいことじゃん』

アルフ『フェイトがそれでいいって思えるならそれでいいのさ』

フェイト『い、いいのかなそれで』

アルフ『それにおいしいものも2回食べられるしー♪』

フェイト『・・・あはは。そっか、そうかもね。アルフらしいや』

アルフ『難しく考えなくていいんだよ。フェイトには祝ってくれる人がいっぱいいるってことでいいじゃないか』

フェイト『うん、そうだね。ありがとうアルフ』
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 14:11:56.88 ID:O5+jjetq0
――――――



リニス「は~い、出来ましたよ」

アルフ「うわぁ! コレすっごい気合入ってるね!」

リニス「はい。今日はフェイトの誕生日ですし、この前の魔法試験の結果も優秀でしたからね。リニス特製特大ケーキです」

フェイト「リニス、ありがとう。でも大変だったんじゃないの・・・?」

リニス「ふぅ、フェイトはすぐ心配しますねぇ」

リニス「今日はフェイトのお祝いなんですから、フェイトは気にしないで下さい。あなたの笑顔だけで私は満足ですから」

フェイト「うん・・・ありがとう」

アルフ「おいしそ~! ねぇ早く食べようよぉ~」

フェイト「もう、アルフったら」

リニス「ふふっ、ケーキだけじゃなくてチキンもありますからね。お腹いっぱい食べてくださいね」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 15:19:12.65 ID:HBw7AKDRO
フェイト「あの・・・リニス?」

リニス「なんですかフェイト?」

フェイト「母さんは・・・」

リニス「プレシアは仕事が忙しいそうで・・・せっかくの誕生日だから少しだけでも、って言ったんですが・・・」

フェイト「・・・そっか、母さん忙しいもんね」

リニス(フェイト・・・)

アルフ「あんなオニババいなくていいよ!」

フェイト「アルフ、母さんの悪口は言わないで・・・ね?」

アルフ「だってさ・・・」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 15:30:01.53 ID:HBw7AKDRO
リニス「はいはい二人とも! お祝いなんだから楽しくしましょう!」

フェイト「あ・・・ごめんリニス」

リニス「プレシアは来れないかもしれませんが、私が一緒にお祝いしますので我慢してくださいね」

リニス「私はフェイトが一人前になるまで、いつでもフェイトと一緒にいますから」

フェイト「うん。リニスと一緒で私、嬉しいよ」

アルフ「あたしも! フェイトはご主人様だもん」

フェイト「そうだね。ずっと一緒にいよう」

フェイト(母さんも・・・一緒に)
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 15:42:30.29 ID:HBw7AKDRO
リニス「そうだ、フェイトにプレゼントがあるんです」

フェイト「プレゼント?」

リニス「誕生日ですからね、これまたリニス特製です」

アルフ「いいなぁ~」

フェイト「ありがとう、リニス」

リニス「といっても、まだ未完成なんで今日はまだ渡せないんですけどね」

アルフ「えーなにそれ」

リニス「フェイトが一人前になったらプレゼントしますので、もうちょっとだけ楽しみにしてて下さい」

フェイト「うん、私がんばるね」

リニス(それまでには・・・)
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 15:47:54.01 ID:HBw7AKDRO
――――――



フェイト(その後、バルディッシュを渡してくれたんだっけ・・・)

フェイト「・・・バルディッシュ」

バルディッシュ『Get set』

フェイト「いつも私を守ってくれてありがとうね。バルディッシュがいて、私すごく助かってるんだよ?」

バルディッシュ『Thank you』

フェイト「うん」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 16:04:08.42 ID:HBw7AKDRO
フェイト(リニスが私を育ててくれて・・・バルディッシュにそれを託した)

フェイト(無口な子だけど、リニスの想いはすごく伝わってくる・・・)

フェイト「バルディッシュ・・・お前もリニスのこと覚えてる?」

バルディッシュ『Yes sir』

フェイト「そう・・・そうだよね」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 16:23:05.44 ID:HBw7AKDRO
フェイト「リニスの想い、願い。私たちはそれを無駄にしないで頑張っていこう」

フェイト「新しい自分を初めた私たちには、きっとそれが大切なコトだと思うんだ」

フェイト「私・・・またお前を傷つけてしまうかもしれない」

フェイト「でも、頑張って強くなるから・・・これからもよろしくね、バルディッシュ」

バルディッシュ『Yes sir』

フェイト(リニスが居てくれたらもっといい答えを教えてくれるかもしれない)

フェイト(リニスが居てくれたら私の道を示してくれるかもしれない)

フェイト(だけどね・・・)
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 16:50:29.59 ID:HBw7AKDRO
――――――



クロノ「まったく、なんでボクまで・・・」

エイミィ「ほーらクロノくん、スネてないでカーテン閉めて!」

クロノ「なっ! ス、スネてなんか!」

リンディ「じゃあローソクつけるわね」

アリサ「ユーノは危ないからこっちきなさい」

ユーノ「きゅ、きゅ~!」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/10(木) 17:25:34.23 ID:HBw7AKDRO
アルフ『さ、準備オッケーだよ!』

すずか「フェイトちゃん、どうぞ!」

なのは「全力全開で消しちゃえ!」

フェイト「うん、行くよー?」

フェイト「せー・・・のっ!」

 ぱちぱちぱち

一同『フェイト、誕生日おめでとう!!』


フェイト(今では、こんなに祝ってくれる友達が出来たんだよ? リニス――)



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング