FC2ブログ

シンジ「負けはしない!」(キッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:33:21.71 ID:USJGglT/0
シンジ「ちょっ!いきなりなんなんだよアスカ!」

アスカ「うっさいバカシンジ!こちとら14年!14年もおあずけ食らってたのよ!」ハアハア

アスカ「人間やめちゃったせいで!言い寄ってくる男なんてほとんどいないし!」ハアハア

アスカ「いたとしても、アンタ以外の男になんて興味ないし!」ハアハア

アスカ「ムラッときた夜は、アンタのことを考えながら、自分を慰めベッドを濡らす日々!」ハアハア

アスカ「そんな時に差し込んだ一筋の光!シンジ復活!これはもう、手を出さずにはいられない!」ハアハア

アスカ「アタシのバージンあげるから、アンタの童貞よこしなさい!」ヌギヌギ
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:37:18.53 ID:USJGglT/0
シンジ「待って!落ち着いて!落ち着こうアsんんっ!?」ムチュー

アスカ「ん・・・ん、はぁっ・・・ちゅ・・・」

ちゅる・・・ちゅ、ちゅぷ・・・ちゅる・・・

シンジ(こ、れ・・・アスカの舌っ・・・!?)

アスカ「ちゅ・・・ん、ふぅ・・・何よバカシンジ、しっかり反応してるじゃない」サワサワ

シンジ「し、仕方ないだろ!?こんなことされたら普通こうなるよ!」

シンジ「というかいきなり触らないでよ・・・って、なに脱がせようとしてるの!?」

アスカ「うるさいっちゅーの!バカシンジのガキシンジを見せなさい!」スポーン!

シンジ「キャーーー!!!???」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:40:50.69 ID:USJGglT/0
ガキシンジ「やあ」

アスカ「・・・ごくり」サスサス

シンジ「うあ・・・っ、無言で触らないでよっ・・・」

アスカ「・・・ダメね。抑えきれない。ずうっとガマンしてたし」サスサス

シンジ「・・・一応聞くけど、何を?」

アスカ「性欲と愛情の累積」サスサス

シンジ「うん落ち着こう。今ならお互い忘れることが出来るから・・・ね?」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:44:21.25 ID:USJGglT/0
アスカ「・・・何よ。アタシじゃダメなの?」サスサス

アスカ「そんなに、あのエコヒイキのことが大事なの?」サスサス

シンジ「いやそういうわけじゃないというか、物事には順序や過程があるというか・・・」

シンジ「将来を誓い合ったわけでもない男女が、こういうことをするのはどうかと・・・」

シンジ「あといい加減触るのやめてほしいんだけど」

アスカ「ああーっ!もう!めんどくさいわね!!」

シンジ「!?」ビクッ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:48:00.04 ID:USJGglT/0
アスカ「所詮アンタも男・・・女の味を知ったら、そんな堅苦しいこと言えなくなる・・・!」

アスカ「まずは体を犯して・・・その後心を犯してあげるわ・・・!」クチッ

アスカ「身も心も、アタシに染まって、アタシなしじゃ生きていけなくしてあげる」ズ・・・

シンジ「ア、アスカ・・・ダメだよ、アスカ・・・あっ・・・」ズプ・・・

アスカ「ほら見える?バカシンジ。このまま一気に挿入るわよっ・・・!」

アスカ「アタシの体に溺れなさい・・・アタシだけのものになりなさい・・・!」

シンジ(ま、負けない・・・オマ○コなんかに、負けはしない・・・!)ズプゥ・・・!
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:52:30.82 ID:USJGglT/0
アスカ「!!!んあああああああああああああああーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
    きもちいいぃぃぃぃーーーーー!!!!きもちいいよぅ!!シンジ!シンジ!シンジ!
    すき!だいしゅきなの!!おなかのなかも、あたまのなかも、シンジでいっぱいなの!
    ああああああああああああ!!!!!!!イクっ!イクっ!!とんじゃうっ!!!!!
    だめっ!イクっ!ふあああああっ!!!!あああああああああああああ!!!!!!!」ビクンビクン!

シンジ「・・・どうしよう、勝ってしまった」ドピュドピュ!



アスカ「んぅ・・・えへへ。シンジぃ・・・だぁーいすきっ」スリスリ
シンジ(なにこの可愛い生き物)ナデナデ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:57:38.17 ID:USJGglT/0
~翌日~

マリ「やっほーワンコくん!遊びにきたよーっ」

シンジ「あ、えっ・・・と、真希波さん・・・でしたっけ?」

マリ「マリでいいよ?いやちょーっと事情聴取しようかにゃーと」

シンジ「事情聴取・・・ですか」

マリ「まあまあ気楽にしちゃってていいよ。ちょっと確認したいだけだから」

シンジ「はい・・・それで、聞きたいことってなんですか?」

マリ「姫が昨日からずーっとニヤニヤしっぱなしで、すげー不気味なんだけど」

マリ「なーんかやっちゃったりしたのかにゃー?」ニヤニヤ
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:02:32.49 ID:USJGglT/0
シンジ「えっと、姫って、ひょっとしてアスカのことですか?」

マリ「そうそう。で、なにやった?」ニヤニヤ

シンジ「やったっていうか・・・やられたというか・・・」

マリ「へぇー?まあなんとなーく察しはつくけど・・・ね」ダキツキ

シンジ「ふえっ!?ちょっ、なんですかいきなり!?」

マリ「んー♪やーっぱいい匂いだにゃー♪」スリスリクンカクンカ

シンジ「答えになってませんよ!?」

マリ「大方姫と一発ヤって、骨抜きにしちゃったってところでしょー?」

マリ「いつもの姫の匂いに、男の濃ーい匂いが交じっちゃってたし」

シンジ「」

マリ「だから私もご相伴というか、つまみ食いしちゃおっかなーと・・・」ペロッ

シンジ「うあっ!?」ゾクッ
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:06:58.56 ID:USJGglT/0
マリ「ほらほら見たまえワンコくん!姫よりおっきいぞー?」ヌギヌギ

シンジ「だ、駄目ですって!やめてください!」

マリ「いいじゃんいいじゃん。おっぱい触りたくないの?」

マリ「触ったり、揉んだり、舐めたり、吸ってみたり・・・なんでもしていいんだよ?」タユン

シンジ「う・・・あ・・・」

マリ「素直になりなよ。自分に嘘つく人生なんて楽しくないよ?」

シンジ「・・・っ、いやでもやっぱり」

マリ「ハァーっもう!じれったいやつだにゃあ!」ガバァ!

シンジ「むぐぅ!?」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:10:57.31 ID:USJGglT/0
むにゅむにゅ

マリ「ほらほらほらぁ!顔をおっぱいに挟まれるのはどんな気分かにゃ~?」

シンジ「んん!んんん!!」

マリ「あんっ♪そんなに息かけられたらこそばゆいよ・・・♪」

シンジ「んー!んー!んんーーー!!!」ムニュムニュ!!

マリ「あ・・・っ激しいのは嫌いじゃないけど、もうちょっと優しく揉んでくれると・・・」

シンジ「んー!んー!」ムニュムニュ!!

マリ「あれ・・・?えーっと、ひょっとして苦しかったり・・・?」バッ

シンジ「ぷはー!はーっ・・・はーっ・・・」

マリ「あはは・・・ごめんねー?ワンコくん」

マリ「お詫びと言ってはなんだけど、ワンコくんのコレ、おっぱいで挟んであげるにゃ」

シンジ「えっ?・・・いつの間に僕のパンツ脱がせたの!?」

マリ「まあまあ気にしない!さっきの窒息未遂で萎えちゃったみたいだし、万全の状態にしなきゃ・・・っと」ポヨン

シンジ「!?!?」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:15:13.19 ID:USJGglT/0
むぎゅっ・・・むぎゅっ・・・むぎゅっ・・・

マリ「あはっ、どんどんおっきくなってきてる♪そんなに気持ちいいのかにゃ?私のパイズリ」

シンジ「あっ・・・ああ、うあっ・・・!」

マリ「うわー・・・カワイイ顔して中々に立派・・・というか凶悪なものをお持ちで・・・」

マリ「これで姫のATフィールド破っちゃった・・・と。いろんな意味で」ペロッ

シンジ「ひゃうっ!?」ゾクゾクッ

マリ「可愛い反応してくれるねぇ・・・さっきから、私ももうゾクゾクしっぱなしだよ・・・♪」

マリ「正直もう我慢できないから、そろそろ挿入ちゃおうかにゃ・・・?」クチッ

シンジ「・・・マリさんの、好きなようにしちゃって下さい・・・」

シンジ(説得無理っぽいし、僕自身治まりつかないし、もう負けでいいや・・・)

マリ「ではではワンコくんの許可も下りたことだし、姫と竿姉妹になっちゃおうか・・・にゃ!」ズプズプゥ!
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:19:49.66 ID:USJGglT/0
マリ「!!!にゃあああああああああああああーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
   しゅごいいいいい!!!!!にゃにこれっ!!!!!いい!!すごくいい!!!!!
   もってかれるぅぅぅぅ!!!!いしきぜんぶもってかれちゃうぅぅぅぅぅ!!!!!
   いい!!!いい!!!わんこくんすごくいいよ!!!!!もっと!もっと!もっと!
   もっとおくまでっ!!!あああぁぁぁっ!!!!!!イクっ!!!イクぅっ!!!!」ビクンビクン!

シンジ「うわあエロい・・・おっぱいぷるんぷるーん」ドピュドピュ!



マリ「はあっ、はあっ・・・気持ち、よかったぁ・・・姫が骨抜きにされるわけだ・・・」

マリ「とりあえず今日のことは姫には内緒ってことで・・・でも、またヤろうねっ」チュッ

シンジ(巨乳眼鏡痴女・・・いいかもしれない・・・)チュッチュッ
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:24:33.64 ID:USJGglT/0
~あれこれあってネルフに拉致られました~

・・・ちゅぱっ・・・ちゅぱっ・・・れろ・・・

シンジ「う・・・うん・・・」

ちゅる・・・ちゅぱっ、ちゅる・・・

シンジ「あれ・・・ここ、は・・・ん?」

シンジ(なんか股間のあたりにぬるぬるしたものが・・・)

黒レイ「ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ」

シンジ「ちょ、えっ!?あっ、綾波!?なにしてるのっ!?」

黒レイ「・・・命令、だから」レロレロ

シンジ「あうっ・・・め、命令・・・?」

黒レイ「あなたを籠絡しろっていう、命令」ヌギヌギ
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:29:00.76 ID:USJGglT/0
シンジ「籠絡って、そんな、なんで」

黒レイ「あなたを、ここに繋ぎ止めるため。だから」ピトッ

シンジ「命令で、こんなことしちゃ駄目だろっ・・・!」

黒レイ「・・・?わからない。けど」ズプ・・・

黒レイ「碇司令の、命令だから」ズプ・・・ズプ・・・

シンジ(父さんの・・・!?くそ、負けてたまるかっ・・・!)ズプズプゥ!
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:34:06.61 ID:USJGglT/0
黒レイ「!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」

ずぷっ、ずぷっ、ずぷっ、ずぷっ

黒レイ「あっ・・・・・・・・!?んっ・・・・・・・・・・・!あぁ・・・・・・・・!?」

ずぷっずぷっずぷっずぷっずぷっ

黒レイ「んっ・・・・・!んんっ・・・・・・!あっ・・・・・・!は、あっ・・・・・・!」

ずぷっ!ずぷっ!ずぷっ!ずぷっ!・・・ずぷぅ!

黒レイ「・・・・・!!!!あぅ、あっ・・・・!んっ・・・!あっ、あ、ああっ・・・!?」ビクンビクン!

シンジ「未知の快感に戸惑う綾波すっごく萌える!」ドピュドピュ!



黒レイ「はぁっ・・・はぁっ・・・んんっ・・・!」ビクビクッ

シンジ(・・・エロいな)ゴクリ

ゲンドウ(ああ)

シンジ(父さん・・・!?直接脳内にっ・・・!)
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:40:53.97 ID:USJGglT/0
~みんなこれを期待してるんだろ?そうなんだろ?~

・・・ロン・・・ポロロン・・

シンジ「・・・?なんだろう、何かの音がする・・・」

ポロロン・・・ポロロン・・・

カヲル「・・・♪」

シンジ「ピアノ・・・あの人が弾いてるのか・・・」

ポロr・・・

カヲル「!」

シンジ「あっ・・・」

カヲル「ねぇ、降りてきなよ。話がしたいんだ。君と」

シンジ「えっ、あ・・・」

カヲル「・・・やらないか」

シンジ「えっ」

シンジ(これはアレだよね?「君もピアノを弾いてみないか」って、そういう意味だよね。)

シンジ(いやむしろそれ以外の意味なんてあるわけないよねうん)スタスタ
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:44:27.53 ID:USJGglT/0
カヲル「やあ、僕はカヲル。渚カヲル。君と同じ、仕組まれた子供だ」

シンジ「えっと、碇シンジです。よろしく、渚君」

カヲル「カヲルでいいよ。碇シンジ君」

シンジ「あ・・・じゃあ、僕もシンジでいいよ」

カヲル「うん。よろしく。シンジ君」ニッコリ

シンジ(よかった・・・すごくいい人そうだ)ニッコリ
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:50:13.13 ID:USJGglT/0
シンジ「このピアノ、カヲル君の物なの?」

カヲル「そうだね・・・弾く者が僕しかいないから、そういう意味では僕の物っていえるかもね」

シンジ「へえ・・・ごめんね」

カヲル「うん?なんのことだい?」

シンジ「ピアノ、気持ちよさそうに弾いてたのに、邪魔しちゃったみたいで・・・」

カヲル「ああ、別にかまわないよ。君と話してみたいから、声をかけたんだ」

カヲル「そう思ったのは僕の意思だ。君が気にすることなんてないよ」

シンジ「うん・・・あっ、なんだったら、カヲル君の演奏、一曲聞いてみたいんだけど・・・ダメかな?」

カヲル「ああ、別にかまわないよ。けど・・・」

シンジ「けど?」

カヲル「―――今はピアノよりも、君を奏でてみたいんだ」

シンジ「えっ」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 23:55:42.22 ID:USJGglT/0
シンジ「・・・ねえ、カヲル君」

カヲル「なんだい?シンジ君」ナデナデ

シンジ「どうして僕のお尻を撫でまわしているのかな?」

カヲル「愛しい人に触れてみたいと思うのは、当然のことだろう?」ナデナデナデ

シンジ「・・・ねえ、カヲル君」

カヲル「なんだい?シンジ君」カチャカチャ

シンジ「どうして僕のズボンを下ろそうとしているのかな?」

カヲル「愛しい人の全てを見たいと思うのは、当然のことだろう?」ズルズル

シンジ「・・・ねえ、カヲル君」

カヲル「なんだい?シンジ君」カチャカチャ

シンジ「どうして自分のズボンを下ろそうとしているのかな?」

カヲル「君の穢れたリリスの断片を、僕のアダムが千年求めているからだよ」ズルッ・・・ボロン

シンジ「わからない!君が何を言ってるのか、わからないよカヲル君!?」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:00:49.86 ID:6gXK81Ec0
カヲル「わかってもらえなくてもかまわない」

カヲル「ただ、僕の気持ちを受け止めてほしいだけなんだ」

シンジ「いや無理です。ホント無理ですごめんなさい」

カヲル「先っぽだけ、先っぽだけだから」

シンジ「そのセリフを言って、本当に先っぽだけで済ませた例を僕は知らないよ!」

カヲル「大丈夫。痛みは一瞬だ」

カヲル「歪みねぇ僕のテクで、君を幸せにしてみせるよ」ピトッ

シンジ(落ち着け・・・落ち着くんだ碇シンジ・・・)

シンジ(今まで多くのオマ○コに、僕は勝ってきたじゃないか・・・!)

シンジ(これまでと立場は逆だけど・・・大丈夫、負けたりしない)

シンジ(絶対に、オチ○ポなんかに負けはしない!)ズッ・・・ズポォ!
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:04:20.70 ID:6gXK81Ec0
シンジ「!!!アッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」ビクビクドピュ!

カヲル「いい!いいよ君の嬌声(おと)!!二人っていいね!!!」ズコバコドピュ!



シンジ「あ・・・アヘ・・・アヘェ・・・」ビクンビクン

カヲル「ふう・・・僕は、君に会うために生まれてきたんだね」キリッ
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:09:58.32 ID:6gXK81Ec0
その後、ヤケになったシンジがエヴァ13号機に乗ってドグマへと降り、

シンジを拉致られイライラMAXのアスカin2号機と死闘を繰り広げ、

なんやかんやあって、リリスに刺さってた槍2本抜いちゃって、

最高にハイな気分で天に昇って行ったら、エヴァ越しにヴンダーでケツを掘られ、

カヲル君が汚ねぇ花火になったおかげで、フォースインパクト止まって、

呆然としているところをアスカに保護されて、黒レイを含めた肉欲まみれの3人旅が始まるのだが、

それはまた、別のお話・・・



終劇





・・・おまけ2つほどあるけど、いる?
74: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:15) 2012/12/01(土) 00:10:49.75 ID:eeWA+WhV0
おまけも頼む
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:14:35.89 ID:6gXK81Ec0
~おまけその①~
サクラ「!!!ふああああああああああぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
    ああっ!!!!アカンっ!!!!これはアカンっ!!!!!きもちいいっ!!!!!
    いかり、さんっ!!!んっ!!!んっ!!!もっと、もっとはげしくっ・・・!!!
    あっ!あっ!!こ、こわれる・・・っ!!!こわされちゃ・・・!!あうっ!!!!
    アカンっ・・・!!!もう、イクっ・・・!!!あっ!あっ!!ああっーーー!!!」ビクンビクン!

シンジ「友人の妹とまぐわう背徳感・・・!プライスレス!」ドピュドピュ!



サクラ「ん・・・碇さん、エヴァに乗るのはアカンけど、私にだったらいつでも乗っていいですからね?」ウットリ

シンジ(あっ・・・ちょっとキュンときた)キュン
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:17:21.68 ID:6gXK81Ec0
~おまけその②~

ミサト「!!!んふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
    ショタチ○ポいいーーーーーーーーっ!!!!!!!!さいっこうっ・・・!!!!
    いいっ・・・!!いいわシンジくん・・・っ!!!かじくんよりいいっ・・・!!!
    ほらもっとついて!もっともっと!!!もっとっ!!オマ○コかきまわしてっ!!!
    ああっ!イクっ!!イクところみてっ!!あっ!あっ!ああっーーーーー!!!!!」ビクンビクン!

シンジ「これで3回目の絶頂・・・僕まだ一度もイって無いのに・・・」ヘコヘコ

シンジ「とりあえず僕ももうイキたいので、このユルマンもうちょっと締めてください」ケツパシーン!

ミサト「ひぎぃ!!」ビクビクプシャー!

今度こそ本当に終劇
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:21:46.19 ID:6gXK81Ec0
ありがとう。初めて書いたSSがこれってどうなんだろうね俺・・・
一応書きだめしてあったけど、みんなの反応が怖いから、様子見ながら投下してたよ。
全然需要無いようなら、正直マリ編で打ち切ろうかと思ってた。
とりあえずここまで付き合ってくれて感謝。お目汚し失礼いたしました。
次書く機会あったら、もうちょっと健全なの書きたい。
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:48:21.84 ID:BFm4b/Pj0
第壱話    痴女、襲来
第弐話    数の子、天井
第参話    勃たない、シンジ
第四話    部屋、逃げ出した後
第伍話    レイ、シンジのむすこに
第六話    決戦、第三回目の夜
第七話    子供を造りしもの
第八話    アスカ、妊娠
第九話    瞬間、体、重ねて
第拾話    バイブレーター
第拾壱話   精を出した君の中で
第拾弐話   避妊の価値は
第拾参話   つわり、入院
第拾四話   シンジ、結納の座
第拾伍話   親と沈黙
第拾六話   死に至る病、そして
第拾七話   四人目の適格者(ドナー)
第拾八話   命の選択を
第拾九話   医者の戰い
第弐拾話   医療のかたち、人のかたち
第弐拾壱話 ミライ、誕生
第弐拾弐話 せめて、父親らしく
第弐拾参話 涙
第弐拾四話 最後の愛妻
第弐拾伍話 終わる法要
第弐拾六話 霊園の中心でアイを叫んだけもの
劇場版   イノチ新生
劇場版   アスカ/まごころを、君に

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング