FC2ブログ
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 20:26:03.99 ID:JDs6eG4g0
夜空「そうか」パッ

星奈「え?」

夜空「別にお前の他にも抱き枕はあるからな」

星奈「ちょ ちょっと待ちなさいよ!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 20:46:51.17 ID:JDs6eG4g0
星奈「そ それに他の抱き枕って誰よ!」

夜空「お前のように 鬱陶しくない 動かない抱き枕だ」

夜空「まぁ...感度はこちらが上だが...」ボソ

星奈「え?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 20:59:03.85 ID:JDs6eG4g0
夜空「お前が 何をされても騒がないと約束できるなら抱いてやろう」

星奈「な... 何よそれ! 」

夜空「できないなら この話はなしだ 私は
帰るぞ」プイ

星奈「わ...わかったわよ...」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:03:29.68 ID:JDs6eG4g0
夜空「(まずは上から...首を触ってみよう)」ツー
星奈「...(ん...)」

夜空「(耐えてる 耐えてる... )」フッ

星奈「ひゃぁ!?」ビク

夜空「声を出すなと...」

星奈「わ...わかってるわよ!(急に耳は反則よ!)」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:10:04.64 ID:JDs6eG4g0
夜空「(そろそろ 抱きつくか)」ギュ

星奈「...///」

夜空「(これだ これ弾力があって気持ちいい...)」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:23:15.99 ID:JDs6eG4g0
夜空「(やっぱり 本物の肉はいいな...」

星奈「なっ 」バッ

星奈「アンタの抱き枕って私のだったの!?」

夜空「そ、それは...(しまった つい本音が...)」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:41:20.72 ID:JDs6eG4g0
星奈「どうなのよ 答えなさいよ!」

夜空「...」

夜空「...そうだ お前の抱き枕だ」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:45:41.23 ID:JDs6eG4g0
星奈「へえ...まさか アンタがそんな変態だったとはね...」

星奈「この秘密を握った以上 アンタは 私に逆らえないわよね?」ガシ

夜空「な、何をする!」

星奈「今度は アンタが肉枕になる番よ」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:48:31.62 ID:JDs6eG4g0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





星奈「ってことになるかもしれないから
この抱き枕を夜空にあげるわ!」

夜空「いらぬ」


終わり
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 21:51:09.94 ID:JDs6eG4g0
ちょっと乗っとって逃げようと思ってたし
無理やりひっぱって終わらせた
後悔はしてない

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング