FC2ブログ
697: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:00:39.35 ID:HgDs+jhjo
未央「うん。だから、ちょっと静かにしててね」

卯月「とっても大事な事ですから……すみません」

凛「卯月は謝ることないよ」

美嘉「だね。そんな疑惑が立つアイツが悪いんだしさ★」


武内P「……」

武内P「あの、ここで検討するのでしょうか?」
698: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:02:46.37 ID:HgDs+jhjo
未央「ごめんね、プロデューサー。仕事の邪魔かな」

卯月「でも……他に、こんな話を出来る場所が」

凛「うん。担当プロデューサーがホモかなんて、話しにくい」

美嘉「アタシは担当じゃないけどさ、長い付き合いだしね★」


武内P「……」

武内P「いや……おかしいとは、思いませんか?」
699: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:04:25.61 ID:HgDs+jhjo
未央「おかしい、か……確かにおかしいよね」

卯月「はい。プロデューサーさんって、その……」

凛「私達の事、異性として全く意識してないよね」

美嘉「それ、わかる! いくら相手がアイドルだからって、変だよね!」


武内P「……」

武内P「あの、皆さん?」
700: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:06:20.80 ID:HgDs+jhjo
未央「うんうん。確かに、プロデューサーとアイドルって問題があるよ?」

卯月「はい……でも、プロデューサーさんも男の人ですし……」

凛「少しくらいは、意識するはずだよね」

美嘉「……やっぱり、ホモなのかなぁ」

未央・卯月・凛・美嘉「うーん……」


武内P「皆さーん!?」
701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:08:57.05 ID:HgDs+jhjo
未央「あっ、でもそうだ。聞いて」

卯月「はい、何ですか未央ちゃん?」

未央「私が辞めるって言った時、プロデューサー来てくれたじゃん?」

凛「その時、何かあったの?」

未央「私、すっごい部屋着でさ」

美嘉「へー、それで?」

未央「プロデューサー、おっぱい見てた気がする」


武内P「!? 誤解です!」
702: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:11:08.72 ID:HgDs+jhjo
卯月「あっ、そういえば……私も」

未央「おっ、しまむーも何かあるの?」

卯月「はい。あの、私が風邪を引いて御見舞に来てくれた時……」

凛「ああ、髪がボサボサで大変だったって言ってたよね」

卯月「あの……その時、パジャマで会ったんですけど」

美嘉「パジャマで? えっ、それってどうなの?」

卯月「プロデューサーさん、お尻見てた気がするんです」


武内P「!? 誤解です!」
703: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:14:39.05 ID:HgDs+jhjo
凛「そういうのなら、私もあるかな」

未央「ねえ、美嘉ねぇは何か無いの?」

凛「卯月と一緒に、スカウトに来てくれた時」

卯月「あっ、そうです。美嘉ちゃん、プロデューサーさんと仲良いですし」

凛「私、店番してて……エプロンしてたんだよね」

美嘉「アタシ? うーん……ちょっと待ってね」

凛「プロデューサー、店の花をすっごい見てた」


武内P「あの……はい、すみません」
704: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:19:03.10 ID:HgDs+jhjo
美嘉「あっ、そういえばあったあった!」

未央「おおっ、なんだか期待出来そう!」

美嘉「前に、髪型とか変えて遊んでみようってなってさ」

卯月「美嘉ちゃんのを……ですか?」

美嘉「違うよー、アイツの髪型を★」

凛「ふーん。ちょっと気になるかも」

美嘉「一回前髪を上げてみたんだけどさ、かなりエロかった!」


武内P「……」

武内P「話の趣旨が違っていると、そう、思います」
705: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:21:39.57 ID:HgDs+jhjo
未央「でもさ、男の人の恋愛感情と性欲は別らしいじゃん?」

卯月「ホモでも、生物学的には男性ですからね」

凛「うん。女性に反応するように、体と本能がそうなってる」

美嘉「って事は……話は結局振り出しかぁ」

未央・卯月・凛・美嘉「……はぁ」


武内P「……」

武内P「あの……皆さん、詳しいですね!?」
706: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:25:06.73 ID:HgDs+jhjo
未央「もうさ、プロデューサーがホモでも良いような気がしてきた」

卯月「恋愛は自由ですし……プロデューサーさん、良い人ですしね」

凛「アイツが私達を応援してくれるように、私達も応援しようか」

美嘉「凛、それすっごくいい考えだよ★ アタシも応援するっ★」

未央・凛・卯月・美嘉「おー!」


武内P「諦めないでー! 諦めないでくださーい!」
707: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:28:59.18 ID:HgDs+jhjo
未央「あれ? でもさ……ホモなら、SideMに行くんじゃない?」

卯月「未央ちゃんのそういう所、凄いです!」

凛「でも、確かにそうかも」

美嘉「うん。この事務所、男性アイドル部門は無いしね―」


武内P「……」

武内P「危険な方向でしたが、危険は回避されましたね」
708: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:32:22.18 ID:HgDs+jhjo
未央「でも……どうなんだろうなぁ、わかんないや」

卯月「……こうなったら、直接確かめるしか無いと思います」

凛「待って。デリケートな問題だから、いくらアイツでも、その……」

美嘉「傷つくカモ、って? へー、優しい所あるじゃん★」

凛「もう、からかわないで!」


武内P「……」

武内P「この状況は間接的ですが、最早直接と言って差し支えないと思います」
709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:37:27.31 ID:HgDs+jhjo
武内P「皆さん、お話中の所申し訳ありませんが……」

武内P「私は、ノーマルです」

武内P「皆さんの疑惑は、完全な誤解です」


未央「……って、言ってるけど」

卯月「嘘を付いてる……感じはしないですよ、ね」

凛「待って。上の口は素直じゃないだけかも」

美嘉「あー、素直になれない感じ、わかるなー」


武内P「……」
710: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:42:43.21 ID:HgDs+jhjo
未央「――くくくっ、プロデューサー、下の口は正直だなぁ!」

卯月「! 凄いです……思わず引き込まれちゃう演技でした……!」

凛「うん……私、ちょっと感動した」

美嘉「ヤバーイ★ それからそれから!?」

未央「嫌だと言いながら……もうスタドリを10本も咥えこんでるぞ!」

卯月・凛・美嘉「わー!?///」


武内P「わー、ではないです! あの、やめていただけますか!?」
711: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:46:35.95 ID:HgDs+jhjo
未央「っ!? おい、なんだ……逆らう気か!?」

卯月「! プロデューサーさんの逆襲が始まりました!」

凛「ふーん。まあ、悪くないかな」

美嘉「アイツが反撃かぁ……まぁ、無くはない、のかな?」

未央「や、やめろっ! や、やめ……ああっ!」

卯月・凛・美嘉「ああーっ!?///」


武内P「皆さん、一回! 一回、落ち着きましょう!」
712: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:50:11.26 ID:HgDs+jhjo
未央「……と、未央ちゃんショーでしたー! いえーい!」

卯月「いえーい!……どっちもアリですね!」

凛「私は、攻められてるプロデューサーが良いかなぁ」

美嘉「アタシは、攻めてる方が好み、かな★」

未央「ねえ、プロデューサーはどっちが良い?」


武内P「助けてください千川さーん!」
713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:53:26.83 ID:HgDs+jhjo
  ・  ・  ・

武内P「落ち着いて……いただけましたか」

未央・卯月・凛・美嘉「……はい、すみませんでした」

ちひろ「もう、あんまりプロデューサーさんを困らせちゃ駄目ですよ」

未央・卯月・凛・美嘉「……はーい」

武内P「しかし、何故私にホモ疑惑が……」

ちひろ「それは、プロデューサーさんのせいですよ」

武内P「……」

武内P「えっ?」
714: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 21:56:59.54 ID:HgDs+jhjo
武内P「私のせい……ですか?」

ちひろ「はい」

武内P「待ってください! あの、理由を聞かせてください!」

ちひろ「プロデューサーさんが、女性に興味がなさすぎるからです」

武内P「いえ、私は……」

ちひろ「私も、もしかしたら……って思いますし」

武内P「!? 千川さんも、ですか!?」

ちひろ「……はい」

武内P「……」
715: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 22:02:34.95 ID:HgDs+jhjo
武内P「……確かに、私は貴女達を異性と意識した事はありません」

未央・卯月・凛・美嘉「! やっぱり!」

武内P「ですが、それは貴女達がアイドルであるから」

武内P「そして、それ以前にまだ年若い、十代の少女だからです」

武内P「……申し訳ありません」

武内P「守備範囲外、と、そう考えます」

未央・卯月・凛・美嘉「……なるほど」

ちひろ「待ってください。それじゃあ、私は?」

武内P「千川さん……?」

ちひろ「私も意識された事は無いです! 疑惑は晴れませんよ!」


武内P「それは、単にタイプでは無いからです」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング