凸守「勝負デス!ニセサマー!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:53:30 ID:VobSaaGf0
森夏「ちょっと!教室には来るなって何回言ったらわかるのよ!」

凸守「逃げる気デースか?無様デスね!」

森夏「…」カチン

森夏「ちょっとこっち来なさい!」ガシッ

森夏「たっぷり可愛がってあげるわ…」ニヤッ
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:55:07 ID:VobSaaGf0
凸守「ひっ…!」

凸守「で、凸守は用事を思い出したのでそろそろ…」

森夏「そう言わないで…勝負するんでしょ?」ニコッ

凸守「ひ、引っ張るなデース!」ジタバタ

勇太「あの2人本当に仲いいな…」

一色「そうか…?」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:58:05 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「えいっ!」モニュ

凸守「お、お前//」アタフタ

凸守「どこ触ってるデスか!?」

森夏「どこって…あんたのまな板に決まってるじゃない!」クスクス

凸守「くぅ…許さないデス…」

凸守「てい!」ボヨン
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:59:06 ID:VobSaaGf0
森夏「きゃっ//」

凸守「なんて触り心地…凸守の完敗デース…」ガク

凸守「今日は撤退デス…」

森夏「ちょっと待ちなさーい!」

森夏「触り逃げなんて許さないわよ!」

一色「なあ勇太…丹生谷って何カップかな?」ワクワク

勇太「知らん。」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 19:59:46 ID:UMpIPlPV0
ほう、続けて
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:04:03 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「ちょうどよかった。」

森夏「ここの問題教えてくれない?」

凸守「それが人にものを頼む態度デスか?」ニヤッ

森夏「お願いします。教えて下さい。」ペコッ

凸守「んなっ!?」

一色「折れたな。」

勇太「ああ。」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:10:26 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「…アンタって髪長いわよね…」

凸守「髪の長さで勝負デスか?」

凸守「まあこの凸守のミョルニルハンマーに敵うはずないデース!」ブオンブオン

森夏「前々から言おうと思ってたんだけど…」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:11:53 ID:VobSaaGf0
森夏「その髪グルグル回すのやめたほうがいいわよ。」

森夏「あんたせっかくのキレイな髪の毛が台無しよ。」

森夏「あっ…」

凸守「なっ//」

凸守「そうやって凸守を褒めて誘惑してるデスか!?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:13:10 ID:VobSaaGf0
森夏「そ、そんなじゃないわよ!」

森夏「わ、私はただ、もったいないと思っただけであって…//」

一色「素直になればいいのにな。」

勇太「なあ。」

森夏「うるさーい!!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:19:27 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

つツイスターゲーム

凸守(フフフ…このゲームを行った者は羞恥のどん底に突き落とされるとネットで見たデース!)

森夏「はぁ…あんたそれがどんなゲームか知ってんの?」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:20:28 ID:VobSaaGf0
凸守「ルールはやりながら習得する!それが凸守流デース!」

勇太「まさかやるのか?丹生谷…」ボソ

森夏「バカ!やるわけないでしょ!」

凸守「…?」キョトン
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:23:13 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「はぁ…今日は何で勝負するの?」

凸守「情報によればお前は数学が苦手だそうデスね!」

森夏「どこから手に入れたのよ…そんな情報…」

凸守「ここで数学がかなり得意なわたしがお前に数学を…」

凸守「教えてやらないわけでもないわけでもないデース…//」

森夏「どっちなのよ…」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:28:40 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「あらっ?アンタ膝から血でてるわよ。」

凸守「ああ、これはさっき髪の毛…じゃないデス…ミョルニルハンマーにつまずいたのデース!」

森夏「アンタ今髪の毛って言ったわよね…?」

凸守「い、言ってないデス!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:30:48 ID:VobSaaGf0
森夏「まあいいわ。ちょっと待ってて。」

森夏「確かこのへんに…」ガサゴソ

森夏「あった!」

凸守「デース?」

森夏「じっとしてて、ばんそうこう貼ってあげるから。」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:31:25 ID:VobSaaGf0
凸守「お、お前の助けなど無用なのデース!」

森夏「こら!動かない!」

凸守「うっ…」

森夏「はい、これでばっちり!」

凸守「ありがとデス…//」ボソ

一色「姉妹だな…」

勇太「ああ…」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:35:31 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「中坊!これ私のカバンに入れたのアンタでしょ!?」

つ百合同人誌

凸守「ククク…それを読んで発情した猿のようになるがいいデース!」

森夏「わ、私にこんな趣味ないわよ//」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:36:46 ID:VobSaaGf0
森夏「だ、だいたいこんなの持ってるアンタはどうなのよ!?」

凸守「ど、どういうことデースか!?」

森夏「お、女の子同士でアリかナシかよ…//」

凸守「で、凸守は…//」

一色「なあ、勇太!あれが百合ってやつなのか!?」

勇太「いいな…」ボソ

六花「勇太…!?しっかりして!」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:42:34 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「凸ちゃーん!会いたかったよー!」ギュッ

凸守「くっ!なんのつもりデースか!」

森夏「いやー急に凸ちゃんに抱きつきたくなっちゃって!」

森夏(あはは!こうすれば嫌でも私の前から立ち去るはずよ!)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:43:54 ID:VobSaaGf0
~数分後

森夏「…」

凸守「…」ギュゥゥ

森夏「あの…そろそろ…//」

凸守「も、もうちょっとこのままがいいデース…//」

一色「大胆だな…」

勇太「ああ。大胆だ。」

森夏「ちょっとアンタたち!何とかしなさいよ!」

六花「凸守は本気…」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:52:01 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「はぁ…アンタも懲りないわね…」

森夏「まさか…私のこと好きなの?」

凸守「そ、そそそそんなわけないデース!」

凸守「凸守はお前のことなんか大嫌いデス!」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:52:59 ID:VobSaaGf0
森夏「そっ、じゃあ今すぐ帰りなさい。」

凸守「あっ…うぅ…//」

凸守「本当は…//」

森夏「本当は?」ニヤッ

凸守「ミョルニルハンマー!!」ドゴッ
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 20:54:13 ID:VobSaaGf0
森夏「うっ!」バタン

凸守「フフフ…油断したデスね!」

森夏「やったわねー!中坊!」

森夏(ばか…ちょっと期待しちゃったじゃない…)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:00:32 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「…」

凸守「聞こえなかったデスか!?」

凸守「勝負デース!」

森夏「…」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:01:29 ID:VobSaaGf0
凸守「ど、どうしたデースか?なんで無視するんデスか?」

森夏「…」

凸守「で、凸守が何か怒らせるようなことしたデスか?」オロオロ

森夏「…」

凸守「な、何か言わないと…わからないデス…」オロオロ

森夏(かわいい…)
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:03:25 ID:WExm5drp0
まさかのプチ百合スレ
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:10:34 ID:VobSaaGf0
凸守「勝負デス!ニセサマー!」

森夏「あっ、ちょうどよかったわ。お弁当食べきれなくて…」

森夏「アンタ食べない?」

凸守「まったく仕方のないやつデースね…」

森夏「ふふっ!ありがとね!」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:13:37 ID:VobSaaGf0
森夏「はい、アーンして…」

凸守「あーんデス…」

凸守「って!何やらせてるデースか!?」

森夏「ちっ!もうちょっとだったのに…」
41: ID変わりました。>>1です 2012/12/04 21:20:22 ID:YzAi1JcI0
凸守「勝負デス!お姉ちゃん!」

森夏「えっ?」

凸守「あっ…//」

凸守「て、撤退デス…//」

森夏「ち、ちょっと待ちなさいよ//」

一色「お姉ちゃん…」ニヤニヤ

勇太「お姉ちゃん…」ニヤニヤ

森夏「アンタたち…呪うわよ…」
42: ID変わりました。>>1です 2012/12/04 21:27:56 ID:WiIXJTeB0
凸守「ニセサマー!今日はお前に渡したい物があるデス…」

森夏「な、なによ!?」

凸守「私が丹精こめて作った毒入り三角パンです//」

森夏「ど、毒入り三角パン…?」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:28:49 ID:WiIXJTeB0
凸守「黙って受け取るデース!」

凸守「それでは凸守はこれで//」タタタッ

森夏「だ、誰がこんなもん…//」

勇太「食べないのか?」

一色「食べてやれよ!」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:29:40 ID:WiIXJTeB0
森夏「はいはい!わかったわよ!」

森夏「まったく…」カパッ

森夏「何が毒入り三角パンよ…」

森夏「ただのサンドイッチじゃない…」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:33:21 ID:WiIXJTeB0
勇太「ほぉーよくできてんな!」

六花「さすがはマイサーヴァント!」

森夏「んっ?なにこれ?」

森夏「手紙?」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:34:55 ID:WiIXJTeB0
ニセサマーへ
『これは呪いの手紙デース。
この手紙を読んだ愚かなお前は
この凸守と永遠にライバルとして
戦い続けなければいけない呪いに
かかったのデース!』

森夏「たく…あの中坊…ほんと素直じゃないんだから…//」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:35:37 ID:WiIXJTeB0
一色「なあ、丹生谷、俺にも一個…」

森夏「だめよ!私がもらったんだから!」

森夏「それじゃ、いただきます。」パク

森夏「…」モググ
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:36:46 ID:WiIXJTeB0
森夏「うっ?」モグモグ

森夏「か、辛っ!!」

勇太「ええ!?」

森夏「だ、誰か水!」

ガラガラ!

凸守「フフフ…引っかかたデスね!ニセサマー!」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:37:44 ID:WiIXJTeB0
凸守「そのサンドイッチはからしとわさびが大量に入ってるのデース!」

森夏「あ、あんた…騙したわね!」

凸守「さきに毒入りと言ったではないデースか。」ニヤニヤ

森夏「ちゅぅぅぼぉぉ!!」メラメラ

凸守「フフ…//」

凸守「勝負デス!ニセサマー!」

おしまい
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:38:49 ID:VrwTSw50i
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04 21:39:13 ID:LbJ+R6so0
面白かった乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク