FC2ブログ

手品先輩「ハァハァ」 助手「ハァ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 16:56:09.985 ID:KghPJFA1d.net
先輩「み、みなさ~ん、こんにっちわ~♪」

先輩「お姉さんは奇術の国からやってきたスーパー奇術師《マジシャン》! そしてこのお兄さんは私のお手伝いをしてくれる――」

先輩「ってあれあれ~? 助手のお兄さんがいないぞ~? どこに行ったのかなぁ?」

先輩「よーしみんな! 元気な声で助手のお兄さんを呼んでみよう! せーのっ」

先輩「じょ゛しゅ゛の゛お゛に゛い゛さ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:01:39.508 ID:KghPJFA1d.net
ガチャリ

助手「やめてください校庭まで響いてましたよなんですかお兄さんって」

先輩「! さ、さすが、助手っ、ナイスッ、タイミンッ」ハァハァ

助手「とりあえず息が整うまで喋らなくていいです」

数分後

先輩「助手! 助手助手!」

助手「なんですか」

先輩「見て! どう?」プルン

助手「え? 見ていいんですか?」ゴクリ
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:03:23.713 ID:KghPJFA1d.net
先輩「息、整ったでしょ? 喋るよ!」

助手「ああ・・・息・・・ドウゾ」

先輩「ハァ・・・フゥ・・・ハァ・・・ファフッ・・・ゲホゴホ」

助手(また息が・・・)

数分後

先輩「な、なんと! とうとう我々奇術部の初公演が決まりました! 拍手~」

助手「おー」パチパチパチ

先輩「これがその依頼書です」フンス

助手「こ、これは・・・!」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:05:05.471 ID:KghPJFA1d.net
『やさしいおにいさんとおねえさんとあそぼう! 種無幼稚園』

先輩「お姉ちゃんがくれたの、私にしかできない大仕事だって」ニヘラ

助手「へー」

先輩「あ、ちゃんと依頼料ももらったよ、はいコレ助手の分」チャラ

助手「マジすか!」チャラ

先輩「なんでもジャスコって国の通貨らしいよ」

助手「・・・」ジ-

先輩「貴重な古い銀貨だから大切にしなさいって」

助手「・・・そっスか」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:06:04.305 ID:KghPJFA1d.net
先輩「助手はまだ助手だから三割の2枚ね」フフン

助手「・・・(つーか持って帰っちゃダメだろ先生)」

先輩「あっ、でも、今回の公演次第では取り分アップするから、その」アタフタ

助手(ジャスコ懐かしいなぁあの頃は何時間居ても飽きなかったよなぁ)

先輩「や、やっぱり私は優しくて公平な先輩だから仲良く半分こ・・・あ、でも奇数だしどーしたら・・・」グルグル

助手(ボーリングや釣りのミニゲームで稼いでからアヒルレースで勝負が鉄板だったなぁ)

先輩「(そ、そうだこんな時は・・・!)じ、助手!」

助手「え?」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:07:50.548 ID:KghPJFA1d.net
先輩「このコップを見てください、まずここに依頼料のコインを入れます」チャラャラ

助手(急に手品が始まった・・・1234・・・よし5枚入れたな)ジ-

先輩「そして~この布を被せて~こ、こうやると~」グググ

助手(あ、いまあからさまに1枚抜いた)

先輩「ジャジャ~ン! なんとコインが6枚に――」

助手(6枚! マジか!)

先輩「ってあれ!? 4枚しかない!? なんで!?」

助手(・・・一瞬でも期待してしまった自分が恥ずかしい)
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:09:17.235 ID:KghPJFA1d.net
先輩「あわわわわわ、きちゅっ、貴重なコインなのにっ、どこに・・・この下かな・・・」ペロ-ン

助手「(今日はウサギさんか・・・じゃないっ)先輩、落ち着いてください」

先輩「だ、だって~」ウルウル

助手「こういう時は冷静に最初から思い出しましょう、メダ・・・コインは何枚あったんですか?」

先輩「え、えっと・・・7枚かな」

助手「なるほど、じゃあそのテーブルにある4枚と俺の2枚を足して6枚なので、1枚足りないんですね」

先輩「え、んん?・・・ふむ、なるほど・・・イ、イッタイドコニイッタノカナー」

助手「なら手分けして探しましょう、部室のどこかに必ずあるはずです」

先輩「オ、オウ!」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:10:53.804 ID:KghPJFA1d.net
1時間後

助手「ぜ、絶望的にない」ハァハァ

先輩「探すついでに目についたホコリ掃除してたらいつの間にか部室がピカピカに・・・」ハァハァ

助手「途中から掃除がメインになってましたね」

先輩「ま、まあコイン1枚で部室がピカピカになったと思えば!」

助手「お買い得ですね」

先輩「いや~、綺麗な部室だと奇術にも一段と輝きがでるよっ」ヨッホッ

助手(とにかく先輩の機嫌が治って良かった)
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:11:42.768 ID:KghPJFA1d.net
先輩「助手~今から我が右腕バハムートを召喚するよ~」

助手「へーい」

バハムート「クルッポ-」パタパタ

先輩「あ、待ってまだ出ちゃ・・・」

助手「(なんでスカートの下から・・・)ん? なんか咥えて・・・」

バハムート「クルッポ-」キラ-ン

先輩「あ(しまったー!」」

助手「あ(そうだったー!)」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:12:48.054 ID:KghPJFA1d.net
先輩「そ、そういう奇術でした~」パチパチパチ

助手「・・・」

先輩「そう、バハムートも私たちの大切な相棒、取り分を得る権利はあるのです」

助手「・・・」

先輩「え、え~と・・・そ、そうだ! はいコレ助手の取り分」チャラン

助手「・・・え、4枚も?」

先輩「せ、先輩は寛大な先輩なので助手の取り分が先輩の取り分を上回ることも場合によっては無きにしも非ずで~」アタフタ

助手「・・・ハァ」

先輩「!?」ビクッ
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:13:50.375 ID:KghPJFA1d.net
助手「流石に先輩よりは貰えませんよ、せめて半分こにしましょう」

先輩「じょ・・・」ウルウル

助手「初公演、頑張りましょうね」ニコ

先輩「助手ぅ~!」ダキッ

助手「ちょ、先輩っ」ア-

バハムート「クルッポ-」キラ-ン

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/17(金) 17:18:57.527 ID:VEAikT8q0.net
終わっちゃった(´・ω・`) 乙
なんていうかNHKっぽいw面白かった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング