FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:05:56.15 ID:xO85NB25O
本作品は博多弁と関西弁の練習用に書いた作品です。
なので言い回しに間違いが多々あると思いますので、その旨をご了承の上、お読みください。

それでは以下、本編です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1567879556
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:07:50.03 ID:xO85NB25O
「あのな、うちな」
「どうしたの?」
「さっきからめっちゃうんちしたいやんかぁ」

いや、知らないし。

「でもな、この辺トイレないやんかぁ」
「そうだね」
「せやからな、覚悟決めよう思うてな」

勝手に覚悟を決められても困る。

「もう少し我慢して」
「そんなん言われても無理やんかぁ」
「無理じゃない。頑張って」
「言うのは簡単やけどなぁ、もう限界なんよ」
「大丈夫。あんたならまだ耐えられる」
「またそんなこと言って焦らすんやから……」

焦らしているつもりは全くない。

「そや!」
「どうしたの?」
「とりあえずパンツ脱いどこう思うてなぁ」

スルリと脱いだパンツをこちらに手渡す。

「いや、要らないんだけど」
「ええやんかぁ、せっかくうちが貰って欲しくてあげたんやから、とっときぃや。な?」
「そこまで言うなら……」

いそいそとパンツを仕舞ったら、おもむろに。

「やっぱりもう無理やぁ!」

いきなりその場にしゃがみ込んだので慌てて。

「ちょっと! なんばしよっと!?」
「何って、うんちやけど?」
「こげんなとこで糞するやつがおるか!」
「せやけどうち、もう限界で……ふぇ~ん」
「泣きたいのはこっちばい!」

あまりのわがままについ方言が出てしまった。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:10:19.27 ID:xO85NB25O
「なあ、ちょっと聞きたいんやけど構わん?」
「よかよ」
「その喋り方、おかしない?」
「あんたにだけは言われたくなかとよ!」

指摘されて言い返すとヘラヘラ笑って。

「あはは。うちらふたりともおかしいなぁ」
「何がそげんおかしかと?」
「だってなぁ、ふたりともうんちしたいやんかぁ。それがなんだかおかしくてなぁ」

こちらの便意を見抜かれていた。

「いつから知っとったと?」
「ん~だいぶ前からやなぁ」
「くっ……一生の不覚ばい」
「せやからうちも付き合おう思うてなぁ」

その優しさに思わずジンと来たが強がって。

「ばってん、うちはまだまだ余裕たい!」
「もお、強がりはやめとき?」
「強がりやなかばい!」
「せやけど、お尻ムズムズするやろ?」
「ちょっ!? ひとのお尻触らんで!」

お尻を撫でられたので距離を取ったのだが。

「なあ、仲ようしよ?」
「そげんなこと言われても……」
「そんな心配せんでも大丈夫やから、な?」
「うぅ……ばってんばり恥ずかしいかけん」

羞恥に悶えているとこちらに目線を合わせて。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:12:11.36 ID:xO85NB25O
「あのな、うちな」
「何ね?」
「あんたが好きや」
「……!」

真剣な眼差しで告白されて、胸が高鳴った。

「やから、うちと一緒にうんちせぇへん?」
「がっかりばい」

胸の高鳴りを返せ、ばかやろー。

「そんならうち独りでするけどええの?」
「よかわけなか」
「せやったら、一緒にしようやぁ」
「絶対に嫌ったい」
「もお、わがままなんやから」
「あんたにだけは言われとうなか!」

憤慨すると、ちょいちょいと手招きされて。

「耳貸してーな」
「何ね?」
「好き」
「ぶっ!?」

耳元で好きと囁かれて盛大に噴き出したら。

「あはは~ほんとかわいいなぁ」
「か、からかわりなしゃんな!?」

ケラケラ笑われて揶揄うなと憤慨すると。

「揶揄うつもりはなかったんやけどなぁ」
「すらごとつかんで」
「ううん。うち、本気やから」
「……そ、それなら、よかばい」

何が良いのかさっぱりわからないけど許した。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:13:43.39 ID:xO85NB25O
「あんたはうちのこと好き?」
「別に……どうでもよか」
「どうでもいいわけないやんかぁ」

じっと目を見つめられてしまい、仕方なく。

「……好いとっとよ」
「えっ? 全然聞こえんかったなぁ」
「やけん、好いとーってば!!」

とぼけられたので大声で好意を伝えたところ。

「えへへ……めっちゃ嬉しいなぁ」

すごく可愛くはにかむのは、ずるいと思った。

「……あんたは愛らしゅうて羨ましかばい」
「そっちだってごっつ可愛いやんかぁ!」
「うちはちっとも可愛くなかと!」
「そやったらうちだって可愛ない!」

分からず屋と睨み合っていると、不意に。

「キス、せーへん?」
「ふぇっ!?」

距離を取る。危ない。こういう奴だった。

「そんな拒否せんでも……傷つくわぁ」
「いきなりやったけん……ごめん」
「うちとキスするのそんなに嫌なん?」

しょんぼりした表情で聞くのは本当にずるい。

「……嫌じゃなかとよ?」
「……その喋り方、ほんまずるいなぁ」
「それはお互いさまばい」

その日、初めてキスをした。幸せだった。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:15:57.36 ID:xO85NB25O
「あっれー? おかしいなぁ」
「なんしょっと?」
「キスしたらうんち出るかと思うたんやけど」

キスの最中に出てたまるか。

「そや!」
「何ね?」
「お尻の穴にキスしよ思うてなぁ」
「そげんこと許さんばい!」

魔の手から逃れ、徹底抗戦の構えを見せると。

「そんならまずはうちにお尻にキスしてーな」
「は? なんば言いよっと?」
「やから、うちのお尻の穴にキスしてーな」

完全に頭がおかしい。断固拒否する。

「絶対に嫌たい!」
「まあまあ、とりあえず見てみぃや」

ペロンとお尻を晒して穴を見せつけられた。

「どや!」
「……愛らしゅう尻穴ばい」
「ふふん! せやろー? キスしたいやろ~?」

ゴクリと生唾を飲んで、先制攻撃を仕掛けた。

「ちゅっ」
「んにゃああああっ!?」

ちっ。キスしたのに漏らさない。苛々する。
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:18:00.88 ID:xO85NB25O
「何でうんち漏らさなかったと?」
「だってなぁ……」

問いただすと気まずそうに目を逸らしながら。

「顔にかかったら可哀想やんかぁ」
「そげんな気遣い要らんとよ!」
「せやけど、うちのうんちくっさいからなぁ」

誰だってうんちは臭い。そんなの当たり前だ。

「本当にうちのこと好いとっと?」
「ほんまに好きや! 嘘やない!」
「だったら遠慮のうかけて欲しかたい!」

そう真摯に訴えると、少し逡巡して。

「……うちのこと、嫌わん?」
「嫌うわけなかとよ」
「ほんま?」
「当たり前ばい!」

すると安心したように微笑んで、頷いた。

「ありがとうな」
「……気にしぇんでよか」
「ほな、かけるで?」
「うん……きんしゃい」

脱糞の瞬間を今か今かと待ち望んでいると。

「やっぱり無理やぁ!」
「てれーっとせんと、しゃきっとせんね!」
「そんな見られたら出るものも出ぇへんて!」

ここぞという時にヘタレられて苛立ちが募る。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:20:32.44 ID:xO85NB25O
「そや!」
「今度は何ね?」
「同時に脱糞すれば解決やん!」

それはそれで難易度高いし、そもそも。

「やっぱりうちも脱糞せんといかんと?」
「当たり前やん!」
「ばってん、うちのうんち臭いけん……」
「誰だってそうやろ! アホか!」

そっちだってついさっき同じこと言った癖に。

「……わかった。やるだけやってみるたい」
「よっしゃ! そんなら今度はうちの番やな!」
「へ? あ、ちょっ、待っ……」
「ちゅっ」

素早く回り込まれてお尻の穴にキスされた。

「い、いきなりなんばしよっと!?」
「さっきのお返しやけど? ちゅっちゅっ」
「ひゃああああんっ!?」
「そろそろやなぁ。出そうなら言ってな?」
「で、出るけん! もううんち出るけん!?」
「ほんならうちも出すでー!」

ぶりゅっ!

「ああっ!?」
「フハッ!」

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ~っ!

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」
「わ、嗤いなしゃんなああああああ!?!!」

高らかな哄笑と愉悦が排泄音と入り混じった。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/08(日) 03:22:23.69 ID:xO85NB25O
「いやぁ~おもろかったなぁ」
「ちっとも面白くなかとよ!」

涙目で抗議すると、ポンポン頭を撫でられて。

「めっちゃ可愛くて惚れ直したわぁ」

そう言われるともう何も言えず、苦し紛れに。

「あんたの方が100倍愛らしゅうけん!」
「ならそっちは1000倍可愛いことになるなぁ」
「ぐぬぬ……ばりむかつく!」

なんて軽く返され、憤っているとキスされた。

「んっ……落ち着いた?」
「……キスで誤魔化すのは卑怯っちゃ」
「せやけどこれが一番手っ取り早いからなぁ」

その言い方は酷い。まるで面倒な女みたいだ。

「どうせうちは面倒臭い女やけん」
「うちはうんち臭い女やからなぁ」
「うちのうんちの方が臭いけん!」
「うんちの臭さなら負けへんで!」

そんなこんなで上手く丸め込まれてしまって。

「本当にあんたはせからしか女たいね」
「そんなうちのことが好きなんやろ~?」
「うん……ちかっぱい好いとうよ」
「えへへ……うちもめっちゃ大好きぃ~」

それでも両想いになれて幸せだとそう思った。


【関西便女と博多便女】


FIN

関連記事

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年09月10日

    博多弁は世界で一番可愛いのに、いまいち使いこなせてない感じ

  2. とあるSSの訪問者 2019年09月11日

    福岡に博多弁つかう女とかおらん

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング