FC2ブログ

【真夏の夜の鎮守府】野獣先輩提督説

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:13:27.02 ID:Hft7OKUOO
初投稿です。
淫夢要素はありません。百合要素はありません。レズはホモ。



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1418476407
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:14:27.14 ID:Hft7OKUOO
野獣「ぬああああんもぉおおお疲れたああああ」

MUR「会議すげぇキツかったゾ~」

野獣「こんな堂々巡りだとやめたくなりますよ~かっい↓議ィ~」

MUR「どーすっかなー俺もなぁ~」

野獣「MUR夜中腹へんないっすか?コノヘンニィうまい居酒屋、あるらしいんすよ」

遠野「先輩何言ってんですか!まずいですよ!」

野獣「だーいじょうぶだって!ヘーキヘーキ!別法だと思ってパパッと!飲んで終わり!」

MUR「そうだよ(便乗)」

KMR「馬鹿言ってないで帰りますよ」

MUR「ファッ!?」

KMR「今日は遠征部隊が帰ってくるんですから、報告書に目を通してもらわないと」

MUR「ポッチャマ…」

遠野「先輩も書類溜まってんですから帰りますよ」

野獣「しょうがねぇなぁ(悟空)」

MUR「おうKMRお前書類整理終わったら酒保に付き合え」

KMR「なんで断る必要があるんですかね…」

MUR「当たり前だよなぁ?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:15:54.16 ID:Hft7OKUOO
下北沢鎮守府

ガララ…
野獣「Foo!↑ビールビール!」

龍驤「なん帰ってきた早々ふざけた事言ってんねん」

野獣「クゥーン…(子犬)」

遠野「鳳翔さんの所でバッチェ冷えてますから、先に仕事終わらせてください」

龍驤「そうそう、遠征に出してた第二艦隊が帰ってきてるんやけど、直接報告きく?」

野獣「入って、どうぞ」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 22:16:57.02 ID:cZs6VdRY0
>淫夢要素はありません。

なんで一行目から大嘘つくんですかね・・・
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:20:11.56 ID:Hft7OKUOO
遠 征 成 功

野獣「やりますねぇ!道理でねぇ!」

遠野「資材とバケツまでおまけで手に入れてくる遠征部隊の鏡だ」

野獣「たまげたなぁ…」

ガチャ

龍驤「第二艦隊呼んできたで」

島風「やっと報告ー?おっそ~い!」

天龍「こっちは早々に遠征成功して帰ってきたってのに待たせやがって」

野獣「すいません許してください!何でもしますから!」

島風「ん?」

暁「今なんでもするって」

龍驤「いいよったな?」

野獣「ウーン(心停止)」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:25:07.93 ID:Hft7OKUOO
天龍「じゃ、俺ギャラ(間宮無料券)貰って帰るから」

野獣「お、ちょっまてぃ(江戸っ子)肝心なもう一枚持っていき忘れてるぞ」

天龍「な、なんのこったよ(すっとぼけ)」

野獣「その券、龍田の分にするってハッキリ分かんだね…自分の分ももっていって、どうぞ」

天龍「なっな!」

野獣「多分天龍に我慢させて自分だけ食べても龍田喜ばないと思うんですけど(名推理)」

遠野「あーんするって方法もありますねぇ(食い気味)」

野獣「あ、そっかぁー(純粋)最初からそれが狙いか!」

天龍「ちがっ!あぁ!もうわかったよ!ありがとな!」

野獣「かしこまり!」

島風「あ、ずるーい!私も天津風の分もらうー!」

野獣「ま、多少はね?」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:39:22.61 ID:Hft7OKUOO
島風「やったわ。」

暁「わ、私は一人前のレディだから我慢できるわ!」

野獣「一人前のレディは相手に気を使わせてはいけない(戒め)」

暁「うぅ、ありがとう…」

大井「提督、私は帝國ホテルのディナー券でいいですよ」

野獣「おねーさんゆるしてぇ↑お財布こわれぇ↑るぅ^~う」

大井「冗談です」

野獣「キツいジョークだ(将軍並の感想)」

雷「提督!私達がいるじゃない!」

電「!すでのな」

野獣「お、そうだな。雷電は一枚ずつでいいんだ上等だろ(財布に優しい世界)」

電「はわわ、バレバレなのは恥ずかしいのです」

雷「カスが効かねぇのよ(職場恋愛の鏡の精神力)」

野獣「はい!報告終わり!解散!」

第二艦隊「帰ります!」(海軍特有の退室文句)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:48:22.60 ID:Hft7OKUOO
龍驤「遠征のたびに食事券渡すなんてキミも変わっとるな~」

遠野「わざわざポケットマネーから出す先輩の鏡だ」

野獣「これがホントの汚職事件(王者の風格)」

龍驤「そいでこっちが今日中に目を通して欲しいやつ、こっちが…」

野獣「ツッコめ、ツッコめって言ってんの!わかる?ツッコメ!」

遠野「顔が汚い-1145141919810点」

野獣「ヌッ!(絶命)」

龍驤「なぁにやってんやこいつら」

野獣「まずうちさ、鳳翔亭で新作料理あるんだけど。書類片付けて食べてかない?」

遠野「あ^~いいっすね」

龍驤「(あかんもうこんな時間や…鳳翔さんとの約束完全に遅刻や)」チラチラ
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:52:43.72 ID:Hft7OKUOO
野獣「あ、そうだ(唐突)RUJOお前さっき鳳翔亭の話ししてたときチラチラ時計見てたろ」

龍驤「な!なんで見る必要があんねん!」

遠野「そういえば昼間、鳳翔さんに会いに行くって話ししてましたよね」

龍驤「そ、そんなことは…」

野獣「(鳳翔さんとデートに)行きたけりゃ行かせてやるよ(震え声)」

龍驤「せやかてまだ仕事があるやん…」

野獣「仕事仕事って言うんじゃねぇよ!(書類を既決箱に)ほらぶち込んでやるよ!」

遠野「課業時間終わってるんですから、後は本職の僕達に任せてください」

龍驤「う~(上官に仕事任せて行くのは忍びないねんけど…これ以上鳳翔さん待たせんのも…)」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 22:58:52.36 ID:Hft7OKUOO
野獣「あ゛あ゛あ゛あ゛!!もう士官以外は出ていけぇ!(レ)」

遠野「大胆な残務処理は士官の特権。じゃけんゆっくり休んできてくださいねぇ」

龍驤「そこまで言うんやったら…ほんま、おおきに!」タタタッ

野獣「やっと素直になったんやな…」

遠野「嬉しそうでしたね、よっぽど鳳翔さんところいくの楽しみにしてたんでしょうね」

野獣「大胆な待ち合わせは恋する乙女の特権。それ一番言われてるから」

遠野「あれ?でも鳳翔さんが龍驤さんとデートってことは、今日鳳翔亭休みなんじゃないですか?」

野獣「あっ(ベッキー)しょうがねぇな(悟空)俺が酒保からビール買ってきてやるか」

遠野「その前に終わらせましょうね、急げ3分の1」

野獣「3分の1急げばいいのぉ?(素直)」

遠野「ウッソだろお前(大草原)」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:04:49.48 ID:Hft7OKUOO
野獣「喉乾いたな…喉乾かない?」

遠野「乾きましたね」

野獣「それじゃ何かもっ
遠野「なにか取ってきますね」

野獣「え、なに。それは」

遠野「その為の、副官。後その為の階級…?」

野獣「悲しいなぁ…(悲しい階級社会)」


遠野「お ま た せ !アイスティーしかなかったですけどいいですかね?(金剛物品)」


2人は幸せなキスをして就寝。
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:07:06.87 ID:Hft7OKUOO
それじゃぁ俺火の元点検して就寝消灯するから。
はいじゃ!続き、ヨロシクゥ!(ホモは無責任)
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:06:30.68 ID:SgHcPHCQ0
野獣先輩淫夢厨説
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 22:56:03.22 ID:7Zlmw5tkO
パーパーパパーパーパーパパーパ、パー
「巡検」

野獣「お、もうそんな時間かーコノヘンニィ(高音)うまい酒、あるらしいんすよ」

遠野「先輩何してんすか!机にお酒隠すとか隊内風紀壊れるぅ^~う」

野獣「大丈夫大丈夫!ヘーキヘーキ!酒は紳士の嗜みだから。ま、多少はね?(英国海軍並みの感想)」

遠野「あ、そうっすね。僕も1からお酒を調教するのも久しぶりですから楽しみですよ」

野獣「遠野も順応能力うまいじゃん」

遠野「ありがとナス!」

野獣「呑みますよぉ…飲む飲む…ヌッ!」

「「うん、おいしい!(CV:津田美波)」」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 22:58:30.24 ID:7Zlmw5tkO
遠野「結構良い味してますけど、なにかスポーツとかしてたんですか?」

野獣「ありますねぇ、ありますあります(食い気味)これ買うの30分で5万!」

遠野「はぇ^~おっきい…」

野獣「じゃけん大切に飲みましょうね^~」

遠野「バレたらあっという間天使なる(レ)」

隼鷹「巡検だ!(副直士官)」

野獣「ファッ!?」

隼鷹「もぉ隠しても無駄だぞ!」

遠野「やめろぉ(本音)やめろぉ(本音)」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:02:34.23 ID:7Zlmw5tkO
野獣「すみません許してください!何でもしますから!」

隼鷹「ん?今なんでもするって言ったよね」(コップを懐から取り出す)

野獣「え、それは(困惑)」

隼鷹「それじゃぁ親方(AKYS下北沢地方総監)に報告させて貰うから…」

遠野「まずいよまずいよ…AKYS総監にバレたらあっという間に飲まれちゃいますよ…」

野獣「しょうがねぇなぁ、俺が飲ませてやるか(二本目)」

隼鷹「ひゃっはー!いいねぇ、わかりやすいねぇ」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:04:24.73 ID:7Zlmw5tkO
赤城「巡検だ!(当直士官)」

那智「3人に勝てるわけないだろ!(当直海曹)」

加賀「さすがに気分が高翌揚します(赤加賀)」

足柄「出撃よ!飲み会が、鍋が私を呼んでいるわ!(飢えた狼(意味深))」

遠野「あぁ、もうめちゃくちゃだよ…」

野獣「飲みたけりゃ飲ませてやるよ(震え声)」(3本目)

遠野「ターミナルさん!?」

野獣「溜まっちゃってさぁ~(指揮官並の財力)」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:17:54.56 ID:7Zlmw5tkO
赤城「では、加賀さんアレを」

加賀「えぇ、準備は万全です」

足柄「この足柄がいるんだもの当然よね」

那智「(具材を)買って兜のなんとやら、だ。ただ今夜ばかり(すっとぼけ)は飲ませてもらうがな!」

野獣「いい準備してるねぇ!どうりでねぇ!」

6人は騒がしい鍋パーティをして延灯。


【当直室】

不知火「…巡検から帰ってこない。ハッキリ分かる。不知火に落ち度でも?(当番)」

陽炎「ねーぬいぬいー日誌なんて適当にメイキングしてH、しよ!(隠語)」

不知火「当番兵の屑がこの野郎…」

陽炎「赤くなってるのがセクシー、エロい!」

不知火「ポッチャマ…」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 21:30:14.40 ID:xiq4ZVZwO
那珂「ホッホナニーですかぁ!?」

野獣「え、何それは(ドン引き)」

那珂「あ、間違えちゃった。ファミリーコンサートですか?」

野獣「そうだよ(肯定)この前の会議で決定したんだよなぁ」

龍驤「また上もおもろいこと考えんな~」

野獣「やっぱり僕は王道を征く、国民に愛される組織。ですかね」

那珂「それで具体的にどんなことするんですかー?」

野獣「聞きたけりゃ教えてやるよ(震え声)遠野なんとかしろ(丸投げ)」

遠野「まず下北沢音楽隊の支援を受けることは決定されました、後は各部隊から作業員の派出と…」

那珂「え?2人ともこっちみてどうしたの?」

野獣「余興の1つとして那珂のくんに歌ってもらいたいんだよなぁ」

那珂「ファッ!?」

野獣「大丈夫大丈夫!ヘーキヘーキ!簡単だから!30分で五万人!」

那珂「えー!そんなー那珂ちゃんそんな安いアイドルじゃないからどうしようかな~」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 21:32:40.26 ID:xiq4ZVZwO
野獣「しょうがねぇなぁ、じゃぁMYK3曹に依頼するか」

遠野「あぁ~いいっすね、やっぱ歌姫の歌声を…楽しみやな!」

龍驤「それじゃぁ総監部に連絡させてもらうで」

那珂「ちょっとぉ!もっと引っ張ってよ!なんでそんなすぐ代案だすのぉ!?」

野獣「嫌なのを無理やりさせてはいけない(戒め)」

那珂「う…ごめんなさい嘘つきました…本当はやりたいです…」

野獣「やったぜ。」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 21:37:16.95 ID:xiq4ZVZwO
遠野「じゃっこれ、般命でてるから(小声)」

那珂「え、何それは(困惑)それって多分最初から決定事項だったってことだと思うんですが…」

野獣「当たり前だよなぁ?」

那珂「うぁぁぁぁん!パワハラで訴えてやるぅ!懲戒処分を神妙に待て!」

野獣「ファッ!?ウーン(心停止)」

龍驤(鳳翔さんと一緒に聞きに行けたらええなぁ…)
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 21:51:15.29 ID:xiq4ZVZwO
食堂

神通「そういえば…那珂ちゃん今度のファッ!?ミコンで歌うって本当?」

那珂「えぇーもうそんな噂になっちゃってるのー?」

川内「もう今その話で持ちきりだよ!」

那珂「えへへぇやっぱ人気者は辛いなぁ!」

神通「那珂ちゃんならきっと大成功間違いないよ、いつもあんなに練習してるんだもん」

那珂「あ、おい待てぃ。それは恥ずかしいからあんまり言わないで…」

川内「赤くなってんゾ、はっきり分かんだね」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 20:31:05.33 ID:LZNCF9oYO
メーシメーシフーロフーロアトハネルダケー

那珂「…よし!(適当)」

天龍「体育服装なんてしてどうしたんだ?」

那珂「え!?えーと…体力錬成…かな?(すっとぼけ)」

天龍「俺に聞かれても困るわ」

龍田「ほら~天龍ちゃん?乙女の秘密を暴くのは野暮よ~?」

天龍「なんだそりゃ」

那珂「ぇあ、あはは~なんだろね~それじゃ!私ギャラもらって帰るから!」

龍田「怪我しないようにねぇ~」

天龍「んー?なぁ~龍田~どういうことなんだ?」

龍田「うふふ~鈍感な天龍ちゃんも好きよ~」

天龍「な!?なんだそりゃ!ば、馬鹿なこと言ってないで帰るぞ!!」

龍田「天龍ちゃんか~わい~」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 20:33:57.13 ID:LZNCF9oYO
1900iプール前
野獣「今日タイム伸びた?伸びない?」

遠野「水則いやぁキツいっす」

野獣「1級持ってんだからさ、維持しなきゃ(義務感)」

遠野「おかのした」

野獣「ん?なんだぁ?体育館光ってんぞ~」

遠野「本当ですね、まだ誰か残っているか!(コ)」

野獣「(見に)行きますよぉイクイク!」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 20:40:03.52 ID:LZNCF9oYO
体育館
野獣「おっ!開いてんじゃーん」

遠野「あれ?那珂のくんですね…何やってんだあいつら…(近眼)」

野獣「…はっきり分かんだね…今度のコンサートへ向けての練習って(倒置法)」

遠野「プロの鏡だ」

野獣「じゃけん冷やかしに行きましょうね^~」

遠野「ターミナルさん!?まずいですよ!ほんともぉ!」


野獣「 じ ゅ ん け ー ん !! (お約束)」

那珂「ひぃゃぁぁ!?」

遠野「人間の屑がこの野郎…」

野獣「ちょっと熱いんじゃないのぉ?こんな時間までぇ」

那珂「な、なんのこったよ(震え声)」

野獣「毎日こんな遅くまで練習するアイドルの鏡だ」

那珂「や、やめてくれよ(絶望)」

遠野「え、知っていたの?」

野獣「ま、多少はね?」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 20:58:49.81 ID:LZNCF9oYO
那珂「うぅ~こんな泥臭いところアイドルらしくないから、あんまり見られたくないんだけどなぁ」

野獣「いいじゃんいいじゃんアゼルバイジャン」

野獣「でもな、あんまり根詰めすぎて無理したら伸びるものも伸びない、それ一番言われてるから」

那珂「そうなんだけど…こんな大規模なコンサート初めてだから…失敗したらどうしようとか…」

野獣「心配してる娘だっているんですよ!」

那珂「え、なにそれは」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 21:06:53.59 ID:LZNCF9oYO
野獣「あのへん、気をつけてくださいね…川内型でますから…」

神通、川内「ファッ!?」

那珂「なんだこのねえさん!」

川内「やはりヤバイ!」

神通「うぅ、ごめんなさい…でも、那珂ちゃん毎日遅くまで練習してて…身体壊さないか心配で…」

川内「夜戦するなら私も一緒に誘ってくれなきゃ!じゃなかった、夜戦も楽しいけどさ、毎日毎日やってたら疲労溜まって…その…演習なんかで怪我したり…」ゴニョゴニョ

野獣「照れんなよ照れんなよ…つまり2人はお前のことが心配で仕方なかったんだよ!」

遠野「最近疲労が目に見えてましたからね」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 21:32:15.42 ID:LZNCF9oYO
那珂「うぅ、那珂ちゃんとしたことが…アイドルは笑顔にさせる仕事なのに、それが一番大切な2人をこんな悲しい顔にさせちゃってたなんて…2人ともごめんね」

神通「ううん、何も手伝ってあげれなくてこっちこそごめんなさい…」

川内「あたしも歌がうまけりゃなー」

野獣「だーいじょうぶだって安心しろよ、那珂のくんの実力を見込んでの依頼なんだから、肩肘張らず普段通りやればヘーキヘーキ!」

那珂「みんなありがとナス!少しだけ重荷が降りた気がするよ!」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 21:37:43.47 ID:LZNCF9oYO
川内「やっぱぁ那珂↑の↓くんの笑顔を…最高やな!」

神通「当たり前ですよなぁ?」

那珂「やっめろ↑バカ、ポイテーロ」(照れ)

川内「オッス、大丈夫か?大丈夫か?」

野獣「問題解決でFoo~気持ちいい」

遠野「ビームビーム!」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 21:53:00.08 ID:LZNCF9oYO
野獣「お、そうだ(唐突)コノヘンニィ間宮さんの食事券三枚あるんすよ。じゃけん食いに行ってどうぞ」

遠野「やりますねぇ!どうりでねぇ!」

那珂「貰っていいの!?」

野獣「その為の右手…後無料券?」

那珂「いよぉし!2人とも今日はパーッと気晴らししちゃうよ!」

川内「あぁ^~もう待ちきれないよ!早く出してくれ!」

神通「あ、あんまりはしゃぎ過ぎちゃ…わっ!ひ、引っ張らないで~」


川内型3人は幸せなキスをして終了。
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:19:16.20 ID:cc8n2WGAO
ファ!?ミリーコンサート当日
公民館

電「はわわ…お客さん一杯なのです」

雷「何だかんだで各部隊でやってるコンサートって意外と人気なのよね」

電「な、なんだか緊張してきたのです…」

雷「もう!本当だらしないんだから!」

電「はう…はわっ!?」

雷「ほら!手繋いであげるから、これなら安心でしょ?」

電「はいなのです!」パァァ

雷「私がいるじゃない!もっと頼りなさいよね!」テレ

電「かしこまり!」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:20:55.73 ID:cc8n2WGAO
長門「やったぜ。」

陸奥「あらあら、長門姉だらしない顔になってるわよ?」

長門「なんのこったよ(すっとぼけ)」

陸奥「さぁ~?本当長門姉はロリコンさんなんだから」

長門「失礼な、私はただ…」

陸奥「はいはい、ただ可愛いものに目がないだけでしょ。はぁ…私にももうちょっと可愛げがあればなぁ」ボソッ

長門「ん?何を言っている。陸奥、お前だって十分可愛いだろう?」

陸奥「なっ…」ジトー

長門「な、なんだ?」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:22:03.89 ID:cc8n2WGAO
陸奥「長門姉の女たらし…」ボソッ

長門「???すまんよく聞こえなかった、もっと明瞭に…」

陸奥「ほら!お客さん入ってくるわよ!」

長門「む、そうだな。続きは後だ」

陸奥「はいはい(もう、ああいう恥ずかしい台詞さらっと言うんだから…)」

長門「(さ、流石に不味かったか?…私としたことが柄にもないこと言うんじゃなかった…いかんいかん、今は目の前の業務に集中しろ!)」
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:30:21.28 ID:cc8n2WGAO
野獣「あらいらっしゃい!ご無沙汰じゃないの!」

MUR「お、そうだな114514日ぶりくらいかゾ」

KMR「え、なにそれは…」

MUR「今日は那珂のくんの唄声が聴けるって聞いてすげぇ楽しみだゾ~」

野獣「なんだKMRも嬉しそうじゃんかよ」

KMR「当たり前だよなぁ?(盗作)」

MUR「ポッチャマ…(目の前で盗られたゾ)」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:32:08.59 ID:cc8n2WGAO
遠野「先輩何してんすか!MURさんも!」

龍驤「総監もう来るで!キミらが出迎えんでどうすんねん!」

野獣「しょうがねぇなぁ(悟空)」

MUR「どうすっかなぁ俺もなぁ」

AKYS「人間の屑がこの野郎…」

野獣「ファッ!?」

MUR「もう始まってる!!」

AKYS「今日はお前らの根性叩き直してやっから、俺が直々に演奏会を教える」

野獣「オッス、おなしゃ~す」

AKYS「お、そういえば那珂のくんは大丈夫か?あがりやすいんだろ」

野獣「あ、大丈夫っすよ。何せ那珂のくんにはあの娘が一番信頼してる2人がついてますから」

AKYS「そうか。よし、なら楽しみにしてるぞ。エンジン全開!」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:33:59.47 ID:cc8n2WGAO
司会「以上、下北沢迫真太鼓部による演奏会でした。続きまして、下北沢中学校吹奏楽部と下北沢音楽隊の演奏を…」

那珂「クゥーン(仔犬)…」

神通「大丈夫…?」

那珂「な、な、な、なんともないよ?ほほほほんとう」

神通「ダメみたいですね…」

川内「次いよいよ出番だよ!ってありゃぁ大分緊張してる?」

那珂「カスが効かねぇんだよ(声だけ迫真)」

川内「青くなってんぞ~?」
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:35:40.45 ID:cc8n2WGAO
那珂「ひ、人を食べれば緊張とけるんだよね!(錯乱)」

神通「お、落ち着いて!人を食べるんじゃなくて、人って書いて…わ、私を食べないで!」

那珂「ウーン(心停止)」

川内「(神通、神通)」

神通「?(どうしたの?)」

川内「(これはやっぱり昨日話したアレ、やるしかないんじゃないかな?)」

神通「(う…やっぱりやるの?)」

川内「(今更照れないの!)」

神通「(わ、わかったわ…)」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:36:21.40 ID:cc8n2WGAO
神通「那珂、ちょっといいかしら?」

那珂「ふぇ?」

川内「お姉ちゃんたちが緊張を解すおまじないをしてあげよう」

那珂「おまじない…?」

神通「えぇ、少し目を瞑ってて?」

那珂「おかのした」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:38:10.89 ID:cc8n2WGAO
神通「那珂、大丈夫私達がついてるわ」
川内「絶対成功するから!私達の最高の妹だもん!」

「「チュッ」」

那珂「!!!!??」

那珂「えっ!?い、今な、なに」

一般通行作業員くん「那珂2曹!用意お願いします!」

那珂「え!?は、はい!!」

神通「ふふっ、いってらっしゃい」

川内「ブイ!」

那珂「もぅ!」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:40:45.01 ID:cc8n2WGAO
2人とも何したのよぉ!
緊張を解すって言ってたけど…そりゃ確かに緊張はどっか行っちゃったけどさ…
これじゃ逆に気になるじゃない!
でも…なんだろう、さっき触れられた所がすごく暖かくて、2人が側にいてくれる、そんな感じがして。

那珂「いよぉし!なっかちゃぁん!ファイトぉ!」



2人がついていてくれるなら那珂ちゃんは最強だよね!
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 17:41:52.78 ID:cc8n2WGAO
コンサートは大成功のうちにお決まりの軍艦行進曲で終了。

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年10月19日

    別のまとめサイトで見たときはもっと続きがあったんですがそれは...

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング