FC2ブログ
1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/25(日) 23:40:15.202 ID:y9voM9O30
一時間前

ガヴ「ったく、いつもいつも、ほんと参るよなあのアホ悪魔には」

ヴィーネ「……、ふーん、サターニャのはなしばっかり」

ガヴ「え?」

ヴィーネ「ガヴってさあ、ひょっとしてサターニャのこと好きなの?」

ガヴ「はあ!?ち、ち、違うし、べ、別に、あ、あんな奴のこと…わ、わたしは、べ、別にっ」

ヴィーネ「ふーん……」イライラ
2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/25(日) 23:41:03.510 ID:y9voM9O30
ヴィーネ「何その反応、なにそんな焦ってんのガヴ?顔を赤くなってるし」イライラ

ガヴ「べ、別っ、あ、焦ってなんか…、あ、あんな奴、ほ、ホントに、わ、わたしは……」

ヴィーネ「……、もういい」

ガヴ「え?ヴィーネ、今なん……んんっ」

ヴィーネ「」チュ…チュウウ…♡

ガヴ「ん……、んん……♡、

はあっ……、え……え…?ヴぃ、ヴィーネ…、きゅ、急におまえ…何してっ……きゃっ」どさっ

ヴィーネ「……、もういいから。ガヴは黙ってて」
6: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/25(日) 23:42:18.518 ID:y9voM9O30
ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ、な、何やってんだよ……、へ、変な冗談、やめ…、あんっ♡」

ヴィーネ「冗談?冗談って…何が…?ガヴのほうこそ変な冗談やめてよ…、
いつもいつもサターニャサターニャって……わたしのキモチ気づいてるくせに…、人の神経逆なでして…」

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネっ、ちょ、ど、どこ触って……あっ、あんっ♡」

ヴィーネ「サターニャなんかより私の方が何倍もガヴのこと好きだってこと、
わたしのほうが、ガヴのことキモチよくできるってこと、今教えてあげるね……ガヴ」チュウウ

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ、や、やめっ…んっ…♡ん…♡」

チュクチュク…♡
9: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/25(日) 23:44:54.933 ID:y9voM9O30
ガヴ「はあ、はあ…、ヴぃ、ヴィーネぇ……も。もうや、やめてよ…はあ…はあ…」

ヴィーネ「ぷはあ……、ふふっ、ガヴどうしちゃったの?そんな半ベソかいて……
もしかしてキス、初めてでびっくりしちゃった?」

ヴィーネ「ふふ、そうよね、サターニャはこんなことしてくるはずないもんね…それじゃ、当然、
この先のことも、はじめて、よね♡」サワサワ

ガヴ「あっ、ちょ……やあんっ♡」

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ……ふ、服脱がさないでぇ……♡」
13: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/25(日) 23:55:25.943 ID:y9voM9O30
……

ガヴ「あっ、あっ、あっ♡ヴぃ、ヴィーネ、だ、だめだって…ああんっ♡」

ヴィーネ「はあ、はあ…、だめって?何が?わたしにチクビ触られて、
こんなにピンピンに固くして興奮してるくせに、何言ってんの?ねえ?」

ガヴ「ち、違っ、違うってば、これはそんなじゃなくてっ、ああっ♡」

ヴィーネ「コッチのほうも、もうトロトロに濡らしてるくせに…?
ねえ、ガヴ?キモチいいんだよね?私とエッチなことするの良いわよね?ねえ?」

ヴィーネ「サターニャと一緒にいたって、こんなキモチいいことしてくれないでしょ?
ねえ…?私のほうが好きよね?ガヴ?」クチュクチュ

ガヴ「あっああっああんっ♡」

プルルルル…

ガヴ「!?」

ヴィーネ「なに?ガヴの携帯?いったい誰から…?……!」

ガヴ「あ、あのっ、ヴィーネっこれはちがっ」

ヴィーネ「…ふーん…出たら?ガヴ?…てか早く出なよ電話に」
17: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/26(月) 00:02:17.663 ID:omu+yDDP0
サターニャ「もしもし、ガヴリールぅ?あんた今何してんのよ?」

ガヴリール『な、なにしてって…んっ…、あっ…、べ、べつ…っんっ♡』

サターニャ「はあ?なに変な声あげてんのよ?まあいいわ、どーせ家にいるんでしょ?
だったら私の相手しなさいよ、遊びにいってあげるから」

ガヴリール『は、はああ!?やっ、だ、だめっ…、きょ、今日はきちゃ…やっ、ちょ、んああっ♡』

サターニャ「…?ガヴリール?どうしたの?なんか、アンタホントになんか様子が変よ?
なんか他にも物音聞こえるけど、ほかに誰かいるの?」

ヴィーネ『あ、もしもしサターニャ?』
19: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/26(月) 00:13:17.545 ID:omu+yDDP0
ヴィーネ「ええ…うん、そうなの、ちょっとガヴと遊んでて…うん、
サターニャも一緒に遊びましょうよ、見せたいものもあるし」パンパンパンパンパンパン

ガヴリール「……ちょっ、……っ♡、ヴぃ、やっ、あっ…っ♡うっ、あっ……っ♡」

ヴィーネ「うん、うん、わかったわ、20分後くらいね、うん、早く来てね、それじゃ…」

ヴィーネ「…あ、ところでサターニャ?いま、私とガヴが何してるかわかる?ねえ?…ねえ?」パンパンパンパンパンパン

ガヴリール「……っ!!?ちょ、なにいっ……、ヴぃ、…あっあっあっあっ♡」
22: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/26(月) 00:25:31.054 ID:omu+yDDP0
ヴィーネ「お子様のサターニャにはわかんないだろうから、教えてあげるね?
セックスしてるの、いま。私とガヴ♡私たち、愛し合ってるのよ、サターニャ」パンパンパン

ヴィーネ「えへへ、ガヴったら、よっぽどキモチいいみたいでもう何回もイキまくってるの♡
顔ももうドロドロに蕩けた顔になってて、普段のガヴとは大違いなの」パンパンパン

ヴィーネ「いまも後ろから突いてるんだけど、自分からも腰前後に振ってキモチいいポイント
を擦ろうとして必死になってて可愛いんだから?やっぱりガヴは私のことが一番好きみたい?」パンパンパン

ヴィーネ「サターニャにも私とガヴがドロドロに愛し合ってるところ、早く見せたいから
はやく来てね?それじゃ……ふふ、なーんて」パンパンパン

ヴィーネ「冗談よガヴ、とっくに電話切れてるから。けどサターニャ、ホントに
今からココに来るみたい?ふふ、それまでになんとか終わらせようね♡
大丈夫、まだあと20分もあるんだから♡まだまだいっぱいイケるね、ガヴ」パンパンパン

ガヴ「あっああ……っああっああああっあああんっ♡♡♡」

ヴィーネ「って、あーあ、ガヴったら、
感じすぎてそれどころじゃなくなっちゃってるんだ、ほんと可愛いなあ、ガヴさんは、
天使がそんなんじゃだめじゃない♡」
23: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/26(月) 00:30:35.426 ID:omu+yDDP0
………ガヴリールの家の前

サターニャ「ヴィネットのやつには、あと20分後くらいとか言っちゃったけど、
なんだかんだそれより早く家の前まで着いちゃったわね」

サターニャ「それにしてもガヴリールのやつ、電話でも様子がおかしかったけど
どうしたのかしら?」

サターニャ「それにさっきから、部屋の中から変な鳴き声とか音が聞こえて
騒がしいような……って、べ、別にアイツのこと心配してるわけじゃないけど…」

サターニャ「ま、ヴィネットも一緒にいるし、別に心配はいらないわよね」

サターニャ「それじゃ、……、おーい、入るわよ、ガヴリールぅ?」


ガチャ


おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング