FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 17:22:26.67 ID:RfaXI+kR0
安心院「相変わらず君の言うことはいつも突拍子もないね、当たり前じゃないか。僕はそういうものは小学校よりも先に卒業したぜ?」

球磨川「『……ふぅん(笑)』」

球磨川「『……ところでこれこそまるで何の関係もないけれど、この前目安箱に投書があってね』」

球磨川「『なんとなく見てみたんだけどこれが中々難しい依頼でね、ひょっとしたら……これはめだかちゃんにも解決出来ないかもしれない……』」

球磨川「『そこで是非とも安心院さんの意見を聞いてみたいんだ』」

安心院「おいおい、あのめだかちゃんでさえ不可能な依頼に意見だって? それはさすがに僕には荷が重すぎるぜ』」

球磨川「『まあまあ、話を聞くだけでもいいからさ(笑)それじゃあ匿名希望のHさんから』」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 17:26:45.86 ID:RfaXI+kR0
球磨川「安心院さんが何かに付けて週刊少年ジャンプを喩えに持ち出して来るのをやめさせてください。先日一ページ丸々分くらい歴代ジャンプの主人公の名前を挙げていって「こんな人間になりたくないか?」なんて言われた時はさすがに背中が粟立ちました……」

球磨川「お願いです、このむず痒さを抱えたままではとても好きな女の子を振り向かせる為の特訓にも身が入りません……『だってさ(笑)』」

安心院「」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 17:34:57.95 ID:RfaXI+kR0
安心院「……なるほど、この学園には僕の他にも安心院さんがいたんだね、まるで知らなかったぜ」

球磨川「『いやぁ僕もまさかなぁ(笑)安心院さんが、あの安心院さんがそんな現実と漫画の境界線も分からないような厨二病を未だに患ってるハズがないよなぁ(笑)っていう思いでこの学園の名簿を過去十年分に渡って調べてみたんだけどね?』」

球磨川「『この学園に今現在『安心院』って名前の生徒は『安心院なじみ』さん一人しかいないみたいなんだよね(笑)』」


安心院「……同姓同名か、なんだか仲良くなれそうな気がするぜ」

球磨川「『いや、もう諦めなよ』」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 17:57:29.97 ID:RfaXI+kR0
球磨川「『で、どうなの? 安心院さん』」

安心院「……それは誤解だぜ球磨川くん。あの時に挙げた漫画は言ってみれば少し古い超有名どころの作品ばかりだったんだ」

安心院「幾ら漫画に興味が無い僕と言ってもそういう漫画の話は他のメディアを通して入ってきてしまうものなのさ」

安心院「やっぱり人吉くんも球磨川くんと同じ男の子だからね。そういう喩えの方が彼にも分り易いだろうと思って一つの例として使わせてもらったまでのことなんだぜ?」


球磨川「『ところで話変わるけど今のジャンプで一番好きな漫画なに?』」

安心院「HUNTER×HUNTERだね! 今週の話も良かったじゃないか、初期もいいところに出てきたゴトーをヒソカが圧倒的な力の差を見せ一瞬にして殺したところなんて流石の僕も度肝を抜かれたぜ!」ペラペラ

安心院「最近のヒソカはなんだか初期の猟奇的なキャラクターが薄まってきてた気がするからね、ここらで読者に改めて「コイツはやっぱりクレイジーな殺人鬼だ」と思わせるーーやっぱり冨樫は天才だぜ……」

球磨川「『……』」ピロリン♪

安心院「……いや、違うんだぜ?」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 18:20:34.70 ID:RfaXI+kR0
財部「そういえば安心院さんってこの前朝四時くらいの誰もいないローソンで立ち読みしてたかも……」

安心院「!?」

財部「あの時は私、ワンちゃんとお散歩の途中だったんでそのまま行っちゃったんですけど……。よくよく思い出せば表紙がルフィーだったような……」



希望が丘「……そういえば私も機械的な情報ですが一つ思い出しました」

希望が丘「安心院さんはよく携帯端末で2ちゃんねるの週刊少年ジャンプ、ネタバレスレッドというものをよくご覧になっていたと思います」

安心院「なっ!?」

希望が丘「そのリロードの速度は機械の私にさえ見切れないほどの速度でしたね」

希望が丘「機械的な情報ですが、今安心院さんが所持しているiPhoneは七台目です」

安心院「……」

球磨川「『うわぁ……それはないわぁ……』」ふにゃ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 18:34:44.11 ID:RfaXI+kR0
球磨川「『そうだ安心院さん』」ポンッ

球磨川「『この前夢の中で散々嬲ってくれたあとに「ジャンプは小学校より先にナンタラ」って言ってたじゃない?』」


球磨川「『あれ、忘れちゃったからもう一回言ってみてよ』」



安心院「……」プルプル


球磨川「『あれれー? どうしたの? ねぇねぇ、早く教えてよ安心院さん。そんなに俯いちゃ何が言いたいのか分からないよ、ねぇねぇ』」タッタッタッ

球磨川「『これじゃ僕がいじめてるみたいじゃないか! 僕はただ質問に答えて欲しいだけなのに!』」タッタッタッ


財部「(やっぱり最低だこの人ー!)」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 18:45:42.22 ID:RfaXI+kR0

安心院「……悪いのかよ」ゴシッ

球磨川「『……ん?』」


安心院「好きな奴を理解する為に、好きな奴が好きな物を理解することの何が悪いっていうんだい? 球磨川くん」

球磨川「『そうだよ! 最初からそう素直に認めていれば……』」







球磨川「えっ?」

財部「えっ」


希望が丘「ひゅーひゅー」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 18:58:03.19 ID:RfaXI+kR0

安心院「まったく、我ながらワケが分からないぜ。なんでこんな最低のカスを好きになっちゃったのか」

財部「(褒めてるの!? それは!)」

安心院「ただ……なんだろう。中学の頃の君は、こんな僕の顔ではなく。ぼくの、ぼくを好きになってくれただろう?」

安心院「当時既に僕は悪平等としての顔を君に見せていたにも関わらず、だ」

安心院「まあ、その結果があれなわけだけれど、当時の僕はそれがすごく嬉しくてね」


安心院「気付けば、君のことを知りたいだの、君の好きなものを知りたいだの、まるで麗しき乙女(暗黒微笑)なことを考えずにはいられなかったわけだ」

安心院「笑ってくれてもいいよ。だけど、知りたかったんだ。君が昔から本当に楽しそうに読んでいた少年漫画っていうのが、どういうものなのかをね」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 19:02:57.32 ID:RfaXI+kR0
安心院「さて……ここまで僕に小っ恥ずかしいセリフをペラペラと喋らせたんだ。「しばらく考えさせて」なんて情けない返事は聞きたくないぜ? 球磨川くん」

安心院「今ここで、君の本心からの言葉を」

安心院「格好つけずに、括弧つけずに答えてくれないか?」


球磨川「安心院……さん……」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 19:15:41.88 ID:RfaXI+kR0
球磨川「……はっきり言って、ここ最近の僕は中学の頃の僕……いや、まためだかちゃんに会うまでの僕とは随分変わったんだと思う」

球磨川「近頃はみんなといる時はともかく、一人でいると不意に自分のしたことを後悔することもある」

球磨川「……僕のせいでその生き方を曲げることになってしまった人吉先生なんかがその最たる例だね」

球磨川「君のことだってそうだ。敵として相対しているのならともかく、そんなにしおらしくされるとさすがの僕でも罪悪感が芽生えてくる」

球磨川「そんな罪悪感を抱えたまま、昔みたいに仲良く出来るかと言われると……僕にはその自信がない。僕は元々後ろ向き(マイナス)だからね」

安心院「……いや、嬉しいよ球磨川くん。君は、中学の頃の君は、人を傷付けることに罪悪感を感じるような人間じゃあなかった。すべてをなかったことにできるなら尚更だ」

安心院「なるほど、めだかちゃんの言う通りだ。君はもう自分で思っているほど、弱くもなければマイナスでもないよ」

安心院「いやひょっとしたら、弱い奴の気持ちを誰よりも分かってやれる。その点については僕よりも、めだかちゃんよりも上だろうね」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 19:25:03.92 ID:RfaXI+kR0
安心院「少なくとも、僕のことについて気にすることはないよ。どの道僕は永遠を生きる身だ。夢の中に封印されてた間も、僕にとってはゴールデンウィークみたいなものさ」

安心院「あとは、君が君を許せるか。それだけさ」


球磨川「安心院さん……」


球磨川「……そうだね。もう、自分の気持ちに嘘は吐かないでおこうと思う。少なくとも、君の前ではね」

安心院「お、おぉ……」

球磨川「……やっぱり、ちょっと恥ずかしいけどね。こういうことには慣れてないし」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 19:28:34.01 ID:RfaXI+kR0





球磨川「僕も……ずっと前から大好きだったよ」

安心院「……!! うん……!」















球磨川「『HUNTER×HUNTER(笑)』」

~Fin~

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング