FC2ブログ

一方通行「おちンちン」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 15:48:54.05 ID:O3xmUgT7O
一方通行「な、なンだよコイツは……」

朝一方通行が目を覚ましトイレに行くとそれはそこにあった

一方通行「ど、どうしたらいいンだよ……?」

打ち止め「なになに~?何かあったの?と、ミサカはミサカは覗きにきたり」

一方通行「何にもねェよ!ガキはまだ寝てろ!」

打ち止め「うぅ~、ミサカは子供扱いされた事にショックを隠しきれなかったり……」

一方通行「チッ……」

一方通行(先ずは股にぶら下がったコイツを何とかしねェとな……)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 15:58:04.39 ID:O3xmUgT7O
一方通行「すみませェん!誰かここに住ンでませンかねェ!」ガンガンガンガン

上条「こらー!休日の朝から呼び鈴使わないでドアを蹴るバカはどこのどなたさ……」

ドアを開けた上条当麻は一方通行と目を合わせた瞬間にドアを閉めた

一方通行「テメェ、何閉じてやがる!?」

上条「上条さんはただいま留守にしております」

一方通行「今顔合わせたってのに居留守使える訳無ェだろォが!!」

しばし押し問答を続けた果てに一方通行は上条の家に上がり込んだ

上条「うぅ……、休日の朝からドアを破壊されて家に侵入されるなんて不幸だ……」

一方通行「クケケ、後でドアだけ一級品発注しといてやるぜ三下ァ」

愉快そうに一方通行は笑った
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 18:18:30.00 ID:O41Y8rZj0
上条「で、突然なんの用だよ」

一方通行「これを見て欲しい」ヌギヌギ

上条「なっ、なにいきなり脱いでるんですかぁぁ!!」

一方通行「これ、どう思うよ?」

上条「………すごく、小さいです」

一方通行「サイズじゃねェよ!! 朝起きたらこうなってたンだ!」

上条「短小包茎になってた、と?」

一方通行「だァかァらァ!!朝起きたらこンなもン股にぶら下がってたンだよ!!」


上条「え? …お前…女だったの?」

一方通行「見て解ンねェのかよ」

上条「え、えぇぇぇえええええ!!!!??」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 19:58:40.20 ID:O41Y8rZj0
上条「つーか、これ…ホンモノなのか…?」サワサワ

一方通行「ばっ、くすぐってェっつゥの!!」ビクッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 23:12:36.57 ID:O41Y8rZj0
一方通行「つーか、お前の右手に頼って来たのに消えねェのかよ…」

上条「まぁ、右手で収めることは出来るけどなぁ」

一方通行「収める?」

上条「まぁ、その前に身体にどれくらい異変が起きてるか確認しないとな」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 23:32:20.41 ID:O41Y8rZj0
一方通行「…全部脱げってか?」

上条「さっき突然脱いだ人が何をおっしゃる。いつぞやの突然脱ぐ研究者を思い出したぞ」

一方通行「いや、あれは俺も気が動転してハイになってたっつーか…」

上条「あぁぁじれったい!上条さんに任せなさいッ!!」ガバッ←ベッドに押し倒す

一方通行「ぎゃああああああああああ!死ね!発情してンじゃねェよ!
     溜まってンのかよ!ギャハハ!残念だったな!俺は今男だぜ!?
     だから離せェェェェ!!!!!!!!!!」←必死

上条「大丈夫だ、問題ない。今の俺なら男でも掘れる!上条さんやれば出来る子だもん!」

一方通行「はァァ!?頭のネジどころが脳ミソ蒸発しちまったンじゃねェの!?つーかやめろ!服捲ンじゃねェ!
     つっ、土御門ォォォォ!お前隣だろ!?助けろォォォォ!」ドンドンドンドン
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:26:26.26 ID:qSMiWQfu0
一方通行「あンのシスコンメイドキチガイ…!次の仕事ン時銃口向けてやンよォォォォ!!」バタバタ

上条「お前、胸ないけど…マジで元女なのか?」ペッタンペッタンツルペッタン

一方通行「あァ?ンなもン今も昔もねェよ…。つーかその気持ち悪ィ触り方なンとかなンねェのかよ!!」

上条「いまだに元女なのが信じられないんだけど…。……あれか?俺にアピールしたくて男になっちゃったなんて嘘をついてこうやってギシアンな展開に…」

一方通行「三下てめェガチで脳ミソ腐って耳からデロデロ流れちまったンじゃねェのォォォ!!?気持ち悪ッ!鳥肌立ったッ」ゾゾゾゾゾ

上条「とりあえず胸の変化は解らずじまいってか。ほらほら、お次は下半身の触診ですよぉ~」

一方通行「もう遠慮しますゥ!てめェの右手が効かなくても次の当てがあンだよ!」

上条「あー…冥土帰しのとこか?やめといた方がいいぞ?」

一方通行「ハッ、素人のてめェにあれこれ触られるくらいなら真っ当な医者ンとこ行くっつゥの!」

上条「だから、あの先生…真っ当じゃないぞ?」

一方通行「…………マジ?」

上条「マジマジ。………掘られるぞ?」ボソッ

一方通行「………、う、うそだァ…」ヒクッ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:27:27.36 ID:qSMiWQfu0
あ、やべ今の一番上に

上条「今日は舞夏とデートだって前日から張り切ってたからいないんじゃね?」

って入れといて
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:31:41.96 ID:qSMiWQfu0
上条「経験者の言葉は信じた方がいいって…。お前は今まで女だから狙われなかったんだろうけど…、それがどうだ?男になったから治してなんてホイホイ行ってみろ?
   まず、治療と称して地下の怪しい手術室に連れて行かれる。そこで一度意識を失う。次、目覚めたら四肢は拘束されナース服を着てる自分がモニタに映ってる。
   なんとか首を動かして周囲の様子を探ると、手術台には執刀具ではなく…エグいおもちゃが並べてある…。「ヤバい!犯される!」そう本能的に悟って
   必死に拘束を解こうと身体を動かして体力は消耗されてくるんだ…。それで、いい感じに疲れ、俺はこのおもちゃたちで掘られるんだ…そう、蹂躙される
   自分を諦め半分に受け入れたころに…キィィ…と重く開く扉から…」

一方通行「も、もういい解った…」

上条「(まぁ、嘘だけどな)」

一方通行「お前も…大変だったな…。悪ィな…思い出させちまって」

上条「(意外といい子だなぁ)」

一方通行「そ、それにしても…あの医者…そンな性癖が…」ビクビク

上条「ま、二人で知恵絞ってそれでも治らない場合の最終手段としてカードは残しておこうぜ」

上条「というわけで上条さんの触診再開!」ガバッ

一方通行「なンか納得行かねェェ!!」

上条「…はぁぁ…、どっからどう見ても男だな。ふたなりでもなく…。ん?」

一方通行「な、なンだよ」

上条「この脱ぎ散らかした服の下にある…なんだか輝いて見える白い布は…」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:47:49.96 ID:qSMiWQfu0
一方通行「人のパンツに手ェかけンじゃねェよ」

上条「えぇぇえええ!?お前普段こんな純白な布で白のレースが適度にあしらわれた超お嬢様とかが履いてそうなパンツ履いてんの!?」

一方通行「わ、悪ィかよ!!!人の下着にまで口出ししてンじゃねェよ変態!返せッ!!」バッ

上条「あ~…」

一方通行「もォいい。帰る。お前には頼ンねェ。一人で解決して後日てめェの身体から骨抜き取ってひとしきり笑った後、殺す」イソイソ

上条「なにそれこわい」

一方通行「どけ、ズボン取れねェだろォが」

上条「…なんか、男の娘ってこういう感じなんかね?女物の可愛い下着なのにあそこは絶妙な膨らみが…」サワサワ

一方通行「だァァ!!その触り方やめッ…、なンでてめェはさっきから…ンっ、そォいう触りっ、…やめ…」ブルブル

上条「おー感じちゃいましたかー?ズボンはこちらですよ~?」ヒラヒラ

一方通行「ふっざけ…!この手離せッ!ぶっ殺すぞ三下っ…ひっ、あゥ!」モゾモゾ

上条「離して欲しいならもっと強く俺の手を掴まないとなぁ?そんな力の入ってない手じゃ離れないですよ~?」サワサワ

一方通行「ひっ、…んァ…はァ…はァ…!…マジで…、離…、ヤバ…から…!」ビクビク

上条「へ?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:50:43.02 ID:qSMiWQfu0
一方通行「~~~ッ!!」ビュルビュル

上条「え、えぇ~…もうイったんですか…?」グチョ

一方通行「ふっ、…はァ…、…す」ボソッ

上条「え、なに?」

一方通行「殺すッ!!殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺すッ!!!!人をこンな目に遭わせといてのうのう生きてるなンて絶対許さねェ!!!!
     ぎゃ、ぎゃはははは!!地球ぶっ壊してでもてめェは殺―――」

上条「えいっ」プニュ

一方通行「ンァっ…!」ビクンッ

上条「えいっ、えいっ」ツンツン サワサワ

一方通行「ひゃ、あっ、…ばっ、…触ン…やっ!やめっ」ビクンビクン

上条「イったばっかで触られると辛いだろぉ?ほーれほれー♪」ヌチュヌチュ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:51:23.88 ID:qSMiWQfu0
一方通行「やめェ、ばっ…ひン!」ガクブル

上条「ぐっちょぐちょで滑りもいいからさっきよりいいんじゃないか?ほら、布越しだけでこんなに震えてるんだし…直に触ったら…」グイッ

一方通行「ンァァ!!?」ビックン ビュク

上条「おぉ、いい跳ねっぷり」ヌチュ

一方通行「はっ、はァ…あ…」グッタリ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 01:06:51.70 ID:qSMiWQfu0
上条「さすがにこんだけイけばお前でも大人しくなるわな」

一方通行「はァ…はァ…ンっ」ブルブル

上条「折角の下着も汚れちまったし、ますます帰れませんねー?とりあえず洗濯しましょーねー。はーいぬぎぬぎ」

一方通行「ひっ…擦れ…」ビクッ

上条「ついでにお前が脱ぎ散らかした服も一緒に…」イソイソ

一方通行「やめ…持ってく、なァ…」

上条「そう思うンならこっちまで取り来いよ~?ほーら、スイッチオーン」ピッ

ゴウンゴウン

一方通行「…死ね…、洗濯機に、回されて…乾燥機で…乾燥されて、干乾びて死ね…ッ」

上条「はいはいそげぶそげぶ」

一方通行「…生きろ」

上条「はいはいそげぶそげぶ…したら俺死ぬじゃん!」

上条「とは言え、こういう話で定番のイったら元に戻る…というのはナシってことか…、となると次は…」スッ
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 01:24:07.80 ID:qSMiWQfu0
おう。

一方通行「っ!?」ビクッ

上条「………」ニヤーッ

一方通行「うっせェ!見ンな!反射的に体がビクついただけだァ!!///」カァァ

上条「まぁまぁ。結局暴れなかったとこを見るとお前もそこまで嫌がってないんだろ~?」ノソッ

一方通行「言いたくねェし認めたくねェが、てめェより力ねェンだよ!!だからのっかかってくンなァァ!!!しかもその常套句はレイプ魔用じゃねェか!」

上条「いやいや、さっき同意したから和姦だって」

一方通行「和姦じゃねェよ!強姦!訴えたら絶対俺が勝てるからな!!」

上条「「レベル5第一位の能力者、レベル0相手になすすべなく純潔を散らす!」っていう見出しが見える…」

一方通行「あァァァァそれも嫌だァァァ!!」グヌヌ

上条「とりあえず定番は全部試しておこうぜ?」クチュクチュ

一方通行「ンァ!?…まっ、…て、定番って…まさか…」サァァ

上条「合☆体」

一方通行「風紀委員でもいいから助けてェェェ!!!!」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 01:35:42.40 ID:qSMiWQfu0
ヒュンッ

黒子「ジャッジメントですの!!」スタッ

一方通行・上条「…………」

黒子「パトロール中にここから悲鳴が聞こえたので…馳せ参じた次第ですが…」ジッ

一方通行・上条「…………」

黒子「まぁまぁ、…うふふふふふふ。お姉様の意中の殿方は男色であの第一位と組んず解れつ身体を弄り合う仲…と」ニヤニヤ

一方通行「…あ、あの…」

黒子「あぁ、解ってますの!もちろん、口外は致しませんの!風紀委員の守秘義務くらい心得ておりますの!まぁ、ちょろ~っと口が滑ってお姉様に喋ってしまうかもしれませんが…」

一方通行「」

黒子「それでは、お幸せに♪ あ、こちらは黒子からのプレゼントですの、どーぞお使いくださいまし」スススッ

上条「あ、ご丁寧にどうも…」

黒子「くひひ、これでお姉様はわたくしのものに…うふふふふふふふ」ヒュンッ
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 01:47:59.18 ID:qSMiWQfu0
上条「………」

一方通行「………」

上条「………」

一方通行「………」


上条「はははっ、悲鳴を上げたって無駄だぞ?それに、あんまり声出して人が集まってきてもいいのかな?」キリッ

一方通行「なかったことにしてンじゃねェよ!!!」

上条「ま、起きたことを悔やんでもしょーがないです。上条さんはこれくらいでへこたれない。っていうか白井は常盤台のカバンにこんなもの入れて歩いてるのか?」

一方通行「何受け取ったンだよ」

上条「簡易手錠、ローション、媚薬、ローター複数、電マ…あとは…」

一方通行「解った、もう何も言うな…」

上条「そうだな…、じゃ…」チュプ

一方通行「ひィィ!?」ビックン
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 02:02:26.44 ID:qSMiWQfu0
上条「さすがにいきなり俺のを突っ込むにはきつくて俺も痛そうだしな」ツプツプ

一方通行「やめろ!マジでそれは勘弁してくれ!」

上条「例えばの話、また打ち止めがロシアん時みたいになるとするじゃん?」ツプツプ

一方通行「急に辛気臭ェ話し…ながら指動かすンじゃねェ!」ビクッ

上条「で、今度は助けるためにお前は掘られなきゃいけない。そうなったらどうするつもりだ…」

一方通行「そ、…れは…」

上条「そうなった時の予行練習だと思えば」グチュ

一方通行「ァう!…なっ、なるかァァ!ンな状況なるかっての!だからっ、やめ…指…抜け…っ」ビクビク

上条「もしかして、こっちも気持ちいいとか?」グチュグチュ

一方通行「ンな、ワケ、なっ、…い!」ビックン

上条「よく、この辺気持ちいいとかいうけど、どうなんだろうな?」グニグニ
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 02:16:00.31 ID:qSMiWQfu0
一方通行「~~~~っゥゥ!!」ビクッビクッ

上条「お、やっぱ気持ちいいのか」ヌチュポン

一方通行「はっ、は…はァ…」ゼーハーゼーハー

上条「だいぶ、表情蕩けてきたな? またイくんじゃね?」キュポン トロトロ

一方通行「もォ、イかねェ、よ…っ。これ、以上…醜態晒して…たまるかっての…」ゼーハー

上条「まぁ、俺はどっちでもいいけどな」ヌチュ

一方通行「ひっ、またっ…!」ビクッ

上条「さっきより滑りいいんじゃないか?」ヌチュヌチュ

一方通行「まさ、か…さっき貰った…ローション…っ、あっ、…あっ…」ビクビク

上条「なんか、中は割と生温かくて包まれてる感じが気持ちいいかもなー」グチュグチュ

一方通行「うァ、あっ…はっ!」クネクネ
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 02:35:19.42 ID:qSMiWQfu0
上条「あはははwよがってるよがってるwww」グニュグーニュ

一方通行「ぜってェ…殺すゥ…!」ビクビク

上条「そういや、スイッチ入れないのか?抵抗するなら入れればいいのに…」

一方通行「入れても…こンな、集中出来、ねっ…ンァ!…ならァ…無駄、だろォが…!」ビックン

上条「あー、なるほど…と、言ってるうちにだいぶ拡がってるんだけど…これはそろそろ…いや、やっぱもう少し…」グリグリ

一方通行「うァァー!?それっ、やめっ!アッ、アッン…あァ…!」ビクッ

上条「そりゃ、さっきよりいいだろ? さっき使ったのローションじゃなくて媚薬だし」グリッ

一方通行「びやッ…!? さっき、ローションだって…ひゃァッ!?」ガクガク

上条「俺なーんも言ってませんし。一方通行が勝手にローションだって決めつけたんだろ?」グチュグチュ

一方通行「まっ、待っ!!…やば、って…ェ!さっき、よりッ…あっ、あっあァ!」ガクガクガク
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 02:43:13.98 ID:qSMiWQfu0
上条「すっげェな?初めてなのにケツを指で捏ね回されただけでまたイくのか?」グチュグチュ

一方通行「イ、かな…! ぜった…イかなィ!」ガクブルガクブル

上条「つーか、元々女なのにチンコ撫でられてイくし、ケツだけでこんな感じまくってるし…」グニュグニュ

一方通行「イかな、あっ、イか、な…うァン…ふ、ふゥ!…うゥー…」ギュゥゥ

上条「あんま毛布握りしめないでくれよー、皺よっちゃうだろ」グリグリ

一方通行「ひっ、い…ぐ…ぐゥゥ!…はっ、あァっ」ビクッビクン

上条「強情だー…。別にイってもいいんじゃないか?俺しか見てるヤツいないんだしさー」グリグリ

一方通行「てめ、ェに…、見ら、れっ…屈辱っ、なン、らよォ!」ギリギリ

上条「…ほぉぉ」ニヤァ

一方通行「んァ…?」ハァハァ

上条「解った。上条さん完全に火が付きましたよ…。こうなったら、意地でもイかせまくって天使様を天までイかせてやろぉじゃんかぁぁ!!」

一方通行「(俺、もう戻れねェかも…)」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 02:49:29.81 ID:qSMiWQfu0
上条「ひひひひ~、さぁてこのアルビノ子兎ちゃんをどぉ喘がせてやりましょうかね~?」ニタニタ

一方通行「さ、三下…、あ、あの…俺が、悪かったから…っ」ハァハァ

上条「今更聞かねぇってな!!この上条さんがたぁーっぷり鳴かせてやるよぉぉぉ!」グイッ

一方通行「ぎゃあああああああああああああ」

上条「さーって最強様はどんな声で喘いでくれるんでしょうねー?」グリッ

一方通行「ひっ、い!?…それ、さっきの…ロー、たァ!?」

上条「これを、お前が一番よがる場所まで押し込んで、だ」グニュッ

一方通行「ンァァ!?」ビクッ

上条「スイッチはこれ、これを右手に持って、俺はお前に覆いかぶさる」ガバッ

一方通行「ち、近ッ、い!やめ、バカッ」

上条「これで、手足を押さえた状態でスイッチ入れたらどうなるんだろーな?」キリッ

一方通行「や…め…」ガクブル
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 03:08:13.63 ID:qSMiWQfu0
上条「やめたほうがいいか?お前が本当に嫌なら俺はやめるぜ?」

一方通行「…三、下…」ガクガク

上条「まぁ、嘘だけどな☆」カチッ

一方通行「ひぎっ、あ、あ…」ブルッ

上条「はいはい、いってらっしゃい」

一方通行「うァァァああああああああッ!あっ、が…!とめッ、も、ああああああッ!!」ビュルルルッ

上条「おー…、すっげーイってんのな?俺の股間にぶっかかってるぜ?」ニシシ

一方通行「止め、止めェェ!ンァァァァっ、あっ、あァ、あァァー!!」ビックンビクン

上条「ん、可愛いじゃねーかお前。好きになりそーかも?」ニッコニコ

一方通行「ンァっ、ああああああ!死ぬゥゥ!たす、たすけ…、あっ、あは…!あァァ!」ガクガクガク

上条「なぁ、もう一つ実験な?この状態で挿れたらお前はどうなる?」カチャカチャ

一方通行「あ、あゥ…うゥ!?」ブンブンブン
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 03:25:35.78 ID:qSMiWQfu0
上条「さっきから俺も我慢してたんだ、そろそろ解放、してくれ…よっ」ズン

一方通行「~~~~~~~ッ!!!!!」ビクーッ

上条「うっ、…まだキツかったかもな…、あ…でも先端のローターはなかなか…って、一方通行?おーい?」

一方通行「あっ……あァ…」ガクガク

上条「まだ落ちるには早いぞ?」ズンズン

一方通行「イッ、ぎ!?」ビックン

上条「うぉ、キツ…。…でもこの締め付けもいいかも、な!」パンパン

一方通行「ぐァァァーッ!!!あっ、ォ!ンァァあああッ、死ぬ…ひ、ぬゥゥ!!かはっ、はァァん!」ガクッビクッ

上条「は、はは…、もー精液出てねェのに…尿道パクパク開いて反り返ってんじゃんか…っ」パンパン

一方通行「ひぐっ、…も、…許し…、無理ッ、あァァ!!」

上条「ぐっ、…やば、俺も…イくっ…うッ」ビュクッ

一方通行「ンあああああああああ」ガクッビクッビクン



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 03:41:38.39 ID:qSMiWQfu0
10分後

一方通行「…………」グテーッ

上条「おーい、ふて寝イクナイ、起きろー」

一方通行「戻らねェし…」グテー

上条「おりゃー、電マアターック」ブブブブブブブ

一方通行「ひっ、いン!?」ビックン

上条「よくAV女優がこれで潮吹くけどお前も吹ける?」ブブブブブ

一方通行「無理無理無理無理無理ッ」ブンブンブン

上条「つーか、ここまでやって戻らないってどういうことなんだ?次は何すればいいんだ?」

一方通行「もォ、ほっといてくれ…」グスン

上条「掘っといて?」

一方通行「てめェのケツにその電マぶちこんでやろォか?」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 03:50:56.65 ID:qSMiWQfu0
上条「おぉこわいこわい」

一方通行「…シャワー借りる。ンで帰る…。もう今日は一日寝て全てリセットする…」

上条「>>4の時間から考えると実はまだ正午過ぎなんだぜ?」

一方通行「もう、無かったことにしようぜ…お互い…あははは…」乾いた笑い

上条「まぁ、俺も一発抜いて賢者モード中だからいいけどさ…、あ。風呂はそこの奥な?」

一方通行「ン…」トボトボ


カチャ

パタム


一方通行「……………」

一方通行「あは、あはははははははははははは」

一方通行「死にてェ…」orz
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 03:51:48.75 ID:qSMiWQfu0
あれ?俺今どっかに誤爆しなかった?あれ?

上条「おぉこわいこわい」

一方通行「…シャワー借りる。ンで帰る…。もう今日は一日寝て全てリセットする…」

上条「>>4の時間から考えると実はまだ正午過ぎなんだぜ?」

一方通行「もう、無かったことにしようぜ…お互い…あははは…」乾いた笑い

上条「まぁ、俺も一発抜いて賢者モード中だからいいけどさ…、あ。風呂はそこの奥な?」

一方通行「ン…」トボトボ


カチャ

パタム


一方通行「……………」

一方通行「あは、あはははははははははははは」

一方通行「死にてェ…」orz
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 04:01:05.75 ID:qSMiWQfu0
一方通行「そもそもの原因は解決法が全く見つかンねェし…」

一方通行「コイツのせいで三下に…、三下に…」

一方通行「くっ、くそっ!何赤くなってンだよ俺ェ!!!」←鏡に映った自分が目に入った

一方通行「あれは…無しだ!あンなの絶対認めねェ!あンなン俺じゃねェ!」

一方通行「ひゃはは!そォだよ!これは全部孔明の罠とかアレイスターの罠とか魔術師の罠とかそンなンなンだよ!!!」

上条「いや、それだとたぶん、俺の右手で消えるし」

一方通行「じゃァなンだってンだよ!」

上条「お前やっぱもともと男なんじゃね?」

一方通行「そンなワケ……って、お前なンでここにいンだよ…」

上条「いや、お詫びも兼ねて不自由な一方通行さんの世話でもしようかと」ワキワキ

一方通行「ノーセンキュー!」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 04:22:11.92 ID:qSMiWQfu0
上条「しかし、お風呂の椅子に座る一方通行はなんか新鮮で可愛いな?」

一方通行「あァ、そォかよ。死ね」

上条「ほれほれ、前洗ってさしあげますよ?」グッ

一方通行「きめェから近寄ンな。後ろから覆いかぶさるな。死ね」

上条「ほらほら、この短小包茎さん綺麗にしないと男ってのは大変なんですよ?」ニギニギ

一方通行「フザけンなァァ!!!このド変態野郎ォ!!まっ、…頼む!これ以上は俺…!」

上条「俺?」

一方通行「俺…///」カァァ

上条「「ダメになっちゃうゥゥ」とか「も、もォ三下なしじゃ生きられない身体になっちゃうゥゥ」とか?」

一方通行「~~ッ///」カァァァァ

上条「あれ?」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 04:32:45.42 ID:qSMiWQfu0
一方通行「俺がンなセリフ言うワケねェだろォがァァ!!!」ギュゥゥゥゥ

上条「痛い痛い痛い痛い手の甲摘ままないで!」タップタップ

一方通行「てめェは一度ならず二度までも俺の人生変える気かっつの…」

上条「ってことは一度変えてたのか?」

一方通行「もォいいだろ…」プイッ

上条「じゃぁ、掃除するか」ニギッ

一方通行「ンェ!?」ビックン

上条「女も手入れ大変だろうけど男だってそれなりに大変なんだからな?」クニュクニュ

一方通行「ふァ!」ヒクン

上条「しっかしちっこいな。まぁ、女だってんだからいきなりビッグマグナーム!みたいなもん付いててもアレだけど」クニュニュ

一方通行「も、…やめ…」ビクッ
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 04:43:30.59 ID:qSMiWQfu0
上条「感じるの早くね?さっきの余韻のせいか?つーか、あんだけイってもまだ感じられるってすげーな、あ、女はそうなのか」

一方通行「知、るか…!ふっ、…だから、その触り方、やめっ…」ブルブル

上条「愛撫ってゆーの。…もしかしてこーいう優しい触れ方は慣れてないとかそぉいうことですか?」ニシシ

一方通行「フザ、け…!それじゃァ俺はひと肌寂しいヤツみてェじゃねェかよ!…ンはァ…っ」ピクン

上条「違わないだろ?…お、ちっちゃいお顔がこんにちはしたぞ?」ツルン

一方通行「死ね…」ハァハァ

上条「まぁまぁそう言わず、ほらぬるま湯で掃除だ」シャワー

一方通行「んンっ」クネッ

上条「なんだよ、これくらいでよがっちまうのか?」

一方通行「も、いい…止め…ろ!」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 04:47:12.22 ID:qSMiWQfu0
上条「………………漏れそう、とか?」

一方通行「」ビクッ

上条「………」

一方通行「………」

上条「じゃぁ重点的に尿道撫でてやりましょうかねー!」ニヤーッ

一方通行「だから嫌だったンだァァァァァ!!!!」

上条「ほら、くるくる~」指で撫でる

一方通行「~~ッ」ガクガク

上条「これ効くだろ?」クルクルナデナデ

一方通行「くっ、うゥ…!」ビクビク

上条「おいおい、椅子からズリ落ちるぞ?…まぁ、そのチンコ突き出した恰好もそそるっちゃーそそるか」
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 05:17:12.33 ID:qSMiWQfu0
一方通行「ほざいてン…暇がァ…、あンなら…ンッ、止め…!」ゾゾゾ

上条「ほーれほれ、出しちゃえー出しちゃえー」クルクル

一方通行「ふ、ゥ!…マジ、で、やめ…ねェと…ぶっ殺…すゥ…!」

上条「そのツンギレキャラもあんま役に立ってないなぁ」クルクル

一方通行「~~ッ、ま、…やめ!…変っ、なンだよッ!!うっ、あ…あ…!」ビクッ

プシャッ

上条「へ?なにこれ」

一方通行「あっあっあっ…!」ガクガクガクッ シャバシャバ

上条「…尿でもねぇし…ザーメンでもねぇし…」ポカン

一方通行「ひゥゥ…」ヒクッヒク プシュー

上条「…あー…なんか男でも潮吹くって聞いたことあるなぁ…」

一方通行「三下、止め…」ブルブル ショボショボ

上条「っても俺もう触ってないし…出し切ればいいんじゃね?」ヨシヨシ
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 05:18:03.65 ID:qSMiWQfu0
一方通行「これっ、死ぬほど…恥ずィ…」カァァァ

上条「見てる分には面白いけどな。潮吹き」

一方通行「ちく、しょォォ!」

上条「あ、その体勢なら尻ン中も綺麗に出来そうだな」シャワー

一方通行「!?」ビクッ

上条「さっき俺が出したし媚薬もまだ落ちてないだろ?優しい上条さんの気遣いですよー」ヌププ

一方通行「気遣いとか…、あンなことしまくって…良く、言えンなァ…!」ビックン

上条「同意の上じゃないかよ」グニグニ

一方通行「同意、して…なァ!」ビックン

上条「お、やっぱ掻き出せばまだ出てくんじゃん」ドロォ

一方通行「ふ、…ンんんーッ!」ヒックン
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 05:19:33.37 ID:qSMiWQfu0
上条「お?イきそうか?…細い割に絶倫?」グチュグチュ

一方通行「三、下ァ…!」ビクビク

上条「ん、イくかイきたいですかイかせませう!ほれ、こっちもしごいでやる」シュコシュコ

一方通行「ひっ、あ、あァァァァン!」ビクッビクッ ビュクン 

ガクンッ

上条「おっ、とと…結局椅子から滑り降りちまったな」

一方通行「ふ、ふァ…あ…」ガクガク  プシャァァ

上条「んで、漏らしてるし」クスクス

一方通行「…ふ、ゥ…っ、ちく、しょォ…」ポロポロ

上条「…泣くなよ。なんか罪悪感感じる」ナデナデ

一方通行「どの口が言うンだよ…」ハァハァ

上条「そりゃ、この口ですね」

一方通行「お前なンか嫌いだ。死ねばいい」プイッ

上条「俺は、お前のこと好きだけどな?」ナデナデ
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 05:20:32.12 ID:qSMiWQfu0
一方通行「そうかよ。それで俺も好きだって言うンならそりゃ漫画の見過ぎだぜ」

上条「えー…、そういう展開と雰囲気じゃね?」

一方通行「今のこの構図を見てみろ!!!寝言言ってンじゃねェよ!!」

上条「俺はお前を抱えてお前は椅子から滑り落ちた体勢で放尿とな」

一方通行「言うなァァァァァァァ!!!!!!!!!」

上条「とりあえずシャワーで流してやるから昼飯にしようぜ?」

一方通行「もォ挿れねェの?」

上条「生憎、上条さんそこまで復活早くない。さっき壮絶に達したんで」

一方通行「ほっ…」

上条「とりあえず飯食いながら次やるプレイ考えようぜ」

一方通行「」
189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 00:10:16.48 ID:FX2o4lcm0
上条「へいお待ち」ドン

一方通行「肉入ってないとか無理。作り直し」

上条「我がまま言わないの!おっきくなれないわよ!」

一方通行「つーか、その前にもう少しマシな服用意しやがれよ…」彼シャツ

上条「お約束じゃないかよ。ま、前に間違って買ったサイズ違いのシャツがこんなとこで有効活用出来るなんて上条さんびっくりだ」

一方通行「サイズ違いってレベルじゃねェよ。袖から手が出ねェとかどこをどう間違えて買ったンだよ」ダボダボ

上条「まぁ、日常茶飯事ってことで。はい、いただきます」

一方通行「チッ」

上条「で、次は何プレイしたい?」

一方通行「ブバッ」

上条「えっ、嘔吐系!?」

一方通行「折角の至福の飯タイムだってのにンな馬鹿げた話すンじゃねェよ!!」
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 00:17:54.09 ID:FX2o4lcm0
上条「そういや食ザーの話題も出てたな」

一方通行「それ、もう俺の身体戻す云々関係ねェじゃねェかよ。つーか、俺は食ザーなンて嫌だ。食事は至福の時間だ。
     食事という行為そのものへの冒涜だ。認めねェ。なンで飯を嫌々食わなきゃいけねェンだよ。
     テレビの全部食わなきゃ帰れないとか、飯を罰ゲームにすンじゃねェよ。なンで嫌々飯食ってる様子を見せられなきゃいけねェンだよ」ムカムカ

上条「落ち着けって。つまり、お前が喜んで食ザーすれば問題ないわけだろ?」

一方通行「するわけねェだろォが!!!!」

上条「まぁ、上条さんもさすがにその辺は趣味じゃないかな…」

一方通行「却下だ却下」モグモグ

上条「つーかお前がそうなった原因すら解らないからなぁ…。一応、お約束ネタで試してるけど…」

一方通行「お約束?」

上条「エロいことしてりゃ戻る。そしてその頃には二人は恋人同士に…。最後のコマは「は、はぁ…もっと…ください…」だな」

一方通行「そォかそォかぶっ殺す」

上条「それか、戻らないで「も、もぉ…このままでいいー…」っていうパターンも」

一方通行「…戻らない、ねェ」

上条「正直、俺にはお前が女だって方が信じられないぞ?」
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 00:32:55.08 ID:FX2o4lcm0
一方通行「髪短いからか?」

上条「それ以前の問題かと…」

一方通行「あァ?」

上条「イエ、ナンデモ。ハイ、ゴチソウサマ」パン

一方通行「はいはいごちそーさま」

上条「さーってじゃぁ次はどうしましょうかねー」

一方通行「ハッ、そォ何度も醜態晒すかってェの!もっとこう、薬飲んだらはい治りましたァ!とか寝て起きたら治りましたァ!って、オチかもしンねェだろ…」

上条「なにそれつまんない。…お前、そんなオチで満足なのかよ…!」ゴゴゴゴゴゴ

一方通行「!?」

上条「見てみろよ!この保守と支援の数を!こいつらみんなお前のエロ展開に期待して昼夜を問わずわざわざこんなSSのために労力使ってくれてんだぞ!!
   それなのに、お前はその気持ちをことごとく裏切るのかよ!!」

一方通行「さ、三下…!?」ドキッ

上条「見損なったぜ一方通行!お前も物語の主人公だろ!!読者を楽しませるのが一流のエンターテイナーってもんじゃねぇのかよ!!
   あぁ、確かにこのスレは元々腹筋誘導スレだった…。けど、>>4はそのたったあれだけのスレタイに物語を作ったんだ!
   そして気まぐれで俺たちはそれを引き継いで息抜きで物語を試行錯誤に作っていった!!気付いたらたくさんの保守と支援と雑談に囲まれてだ!!
   それなのに、お前は今更手抜きで終わらせようってのかよ!!!あぁ、確かにそうだ!俺たちがプロの作家でもなんでもない!!ただの二次創作だ!いや、それ以下かもしれねぇ!
   けどな、そんな理由でこの話を手ぇ抜いて終わらせていい言い訳にはならないんだよ!!!」

一方通行「…っ」ドキドキ
201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 00:55:54.49 ID:FX2o4lcm0
上条「それでも、お前がそんなくだらねぇオチを作るってんなら…」

一方通行「さん、した…」ハァハァ

上条「まずはそのふざけたオチをぶち殺す!」グイッ

一方通行「うォ!?」

ドサッ

上条「息上がってるけど、俺の説教で感じたのか?」

一方通行「はっ、はァ…?ンなわけ…」ハァハァ

上条「」ニヤニヤ

一方通行「……………、盛った…か?」ハァハァ

上条「うん☆」カチャカチャ

一方通行「くっそォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!」バタバタバタ

上条「ここでさっき使わなかった手錠が出番なワケだよ」カチャン

一方通行「嫌だ!もォイきたくねェ!!あンな屈辱もうたくさンだ!!」バタバタ
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 01:22:41.87 ID:FX2o4lcm0
上条「またまたー、たまたまー。ほら、電マ」ブブブブブブブブ

一方通行「ひぐっ」ビクン

上条「その内自分から「イかせてください」っておねだりするようにしてやるって」ブブブブブ

一方通行「誰が、ンなトチ狂った寝言、言う…か…!」ビクビク

上条「だからそんな強情になると上条さんは調子に乗っちゃうワケですよ。ほーら、裏筋気持ちいいかな~?」ブブブブブ

一方通行「ンぎぎぎッ!!」ガクガクガク

上条「こう、触れるか触れないかの位置で焦らすとかね」ソワソワ

一方通行「ひっ、やめ…!」ブルブルブル

上条「おいおい触れてないのに何腰動かしちゃってるんですかぁ?欲しいんですかー?」

一方通行「欲しくなンか…!ンァ!」ビクッ

上条「そういえば、乳首あんま弄ってなかったな。薄いピンク色だし、真っ赤にしてやるぞ!」フーッ

一方通行「~ッ!」ピクン

上条「おー、ぷっくりしてきた。どれどれ固さは…」ツンツン
205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 01:42:32.51 ID:FX2o4lcm0
一方通行「ンっ、ン!」ピクン ピクン

上条「ダブルクリック!」ツンツカツンツン

一方通行「ンァ、やっ…!あっ、は…ン!」クネッ

上条「…………銜えるとどうなるんだ?」ハムッ

一方通行「うあァァ!!」ビックン

上条「あっはは、すげー反応だな。よーし、上条さん頑張って舐めまわしちゃうぞー」ペロペロ ハムハム カミカミ

一方通行「ひゃ、あ!…ンぐ…ひゥ…!」ブルブル

上条「だいぶ赤くなってきたな。ここで電マさんの出番ですよ」ピトッ ブブブブブブブ

一方通行「あゥゥ!!」ビクビクビクン

上条「乳首がピクピク動いてるぞ?気持ちいいか?」

一方通行「良、ぐ…ないィ!!」ガクガク ブンブン

上条「なんという天邪鬼…、お前絶対その性格で人生損してるぞ?」ブブブブブブブ

一方通行「うううゥーッ」ブルブル

上条「こっちもガチガチに勃ってんのにな。プルプル震えてて子犬みたいで可愛いぞ?」ニヤニヤ
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 02:00:48.22 ID:FX2o4lcm0
一方通行「見ン、なァ…!」フルフル

上条「まぁ見るけどまだ触らない。今は乳首バラ色計画中なんで」クニュクニュ

一方通行「摘ま、ン…なァ!!…ゥぐ、…ンっふ!」

上条「摘まんでーこりこりしてーねじってー摘まんでー」クニクニコリコリネジネジ

一方通行「フザ、けンなっ…そこ、ばっか…!!」ブルルッ

上条「あぁ、チンコも弄って欲しいと」

一方通行「そっ、そォいう意味じゃ!」ビクッ

上条「開発もしてないから乳首だけじゃイけないもんな。辛いんだろ?言えばイかせてやるぞ?」

一方通行「ぜってェイいかねェし!!だっ、誰がてめェなンかに媚びるもンか!!!」

上条「そーかそーか。じゃぁ、イかないようにじれったくチンコ責めてやるよ」ブブブブブブ

一方通行「ンゃあああああああ!!?」ガクガク

上条「玉に電マの刺激とかすごいんじゃね?頑張って耐えろよ一方通行ー」ブブブブブブ

一方通行「あぐ!?…イっ、ひ…あっあっあッ!!あァ!止め、…らっ、め…!イ、ぐ…ッ」ガクガクガク

上条「イかないんだろ?」パッ
209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 02:22:19.33 ID:FX2o4lcm0
一方通行「はっ、はひゅ…ッ!?」ブルブルブルブル

上条「なんで「えっ?なんでやめるの?」みたいな顔するんだよ。イきたくないんだろ?」

一方通行「そ、そォだよ!わ、悪ィかよっ!!」ハァハァ

上条「よし、それじゃー電マ再開」ピトッ

一方通行「ンぎっ」ビクッ

上条「………」パッ

一方通行「イ、イかねェし!!!」ハァハァ

上条「解った、解りました。上条さんは紳士です。強情な一方通行を助けてあげましょう」

一方通行「や、め…てくれン…だなァ…?」ハァハァ

上条「チンコの根本を縛ってあげましょう!」キュッ

一方通行「ば、バカァァァァ!!!!」ガタガタッ

上条「さっきは、イきまくりの快楽地獄で今度はイきたくてもイけない快楽地獄ってことで」ツンツン

一方通行「ンァァァっ…!!」ガクガクッ

上条「イきたかったら「イかせてくださいお願いします」ってちゃんと言えよ~?そしたらはずしてあげませう」ツンツンツン
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 02:42:10.98 ID:FX2o4lcm0
一方通行「言う、もンか…!言うもンかァァ!!!」ブルブルブル

上条「頑張れ頑張れ~」シュコシュコ

一方通行「~~~ッ!!」ビクッビクン

上条「何もそこまで意固地にならなくていいんじゃないか?」グリグリ

一方通行「う、る…せェっ…あっ、やめっ…ンァァ!触ン、なァァ…!!」ガクッガクブル

上条「しかし、こんなちっこいチンコなせいか紐結ぶとプレゼント包装みたいだなw…よし、ちょうちょ結びにしてみよう」キュキュッ

一方通行「ふゥ、ンっ!!…もぞもぞ、するゥ!」クネクネ

上条「なんだこれ、可愛いぞ!」ニヤニヤ

一方通行「あそ、遊ぶンじゃねェェ!早くはずせェェ!!!」ガタガタ

上条「はずしたらイっちゃうだろー、えーっとケータイケータイ…」ゴソゴソ

一方通行「ばっ!?まさ、か…てめェ…!!?」ブルブル

上条「はいはい、ピース!……って、手は縛ったままだったな」ジーッ

一方通行「やめ、やめろォォォ!と、撮るなァァ!!」ガタガタン
218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 03:20:10.21 ID:FX2o4lcm0
上条「大丈夫だいじょーぶ、俺以外には見せないって」ジーッ

一方通行「フザけ、ンなァァ!!」

上条「はいはい、ツンツン」ツンツン

一方通行「ンはっ、あゥン!…やめ、…ろォ…!!あっ、ン…ンんンーッ!!」ビクッビクッ

上条「…さっきより反応良くないか?撮られて感じてるのか?」モミモミ

一方通行「違ァ…!…はゥ、んィ…、アァ…あっ、やめ…やめ…ッ」ブルッブルブル

上条「これはその内、貯金叩いてビデオカメラを買うフラグ…!」ジーッ ツンツン

一方通行「ふァ、あっ…あーッ…、やだ…ゃ、だァァ…!」ガクガク

上条「しかし、それをすると貧乏学生レベル0の上条さんは生活できなくなる…!」ジーッ シュコシュコ

一方通行「あ、あ、あッ、あ…!…も、…やめ…」ビクッビクン

上条「はっ、そうか!ここにおわすは超金持ち集団レベル5の第一位!ってことは超大金持ち!」ジーッ グリグリ

一方通行「あっ、はァ!?それっ、先、端…!指でェ…ッ」ガクッビクッ

上条「一方通行さんが陥落すれば、その辺の道具は合意の上で揃えられるよな!」ジーッ グリグリ
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 03:36:12.57 ID:FX2o4lcm0
一方通行「あっ、あぁぁ!!ン、っぐゥゥ!!」ブルブルブル

上条「落ちろー!一方通行!頑張れ!二人の楽しい今後の性生活のためにもッ!!」ジーッ

一方通行「さっ、き…から!…何、言って…やが…アッ、んン!?」ビックン

上条「あ、やべ…もう容量ないや…」ピッ

一方通行「は、はァ…あ…、あと、で…ケータイ…粉砕…すっから、なァ…」ゼハーゼハー

上条「えー…勘弁してくれよ。今までケータイいくつ壊れて買い換えたと思ってるんだよー…」ピッピピッ

一方通行「し、るか…!…あと、早く…ほど、け…!」ハァハァ

上条「ほーら、ヤってる最中のお前こんな可愛い顔してるんだぞー?」再生

ヤメ、ヤメロォォォトルナァァ・・・
ダイジョーブダイジョーブ・・・

一方通行「ひっ、馬鹿じゃねェの!!?見せ、見せンじゃねェよ!!」プイッ

アッアァンァー!

一方通行「(あンな声、出してたのかよォォ!違ッ、あれは俺じゃねェェ!!)」ブルブル

ヤメ、ヤメ・・・アッ、アァアー

上条「あれれー?一方通行さん?ラッピングされたあそこがプルプル震えてますよー?」ニマニマ

一方通行「(違うッ、俺は…あンな頭の悪そうな痴女みてェな声出さねェ…!)」ビクッビク
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 03:48:15.83 ID:FX2o4lcm0
上条「イきたい?イきたい?」

一方通行「イ、かねェ…!!」ギリッ

上条「そんな蕩けそうな顔してあんまり説得力ないぞー淫乱レベル5さーん?」グリグリ

一方通行「いっ、いん、ら…!?」ビックン

上条「だから、自分の姿良く見てみろって…ほら」ピッ

一方通行「ゥ、そ…、だァ……はっ、ははは…!」ハァハァ

上条「こんな腰突き出して物欲しそうにクネクネ身体振ってるんだぞ?どっからどう見ても淫乱だって」

一方通行「(嘘だ、嘘だ!こンなの俺じゃ…!)」ブルブル

上条「お、またチンコ震えだした」ツンツン

一方通行「はァン!」ビクッ

上条「んー…そろそろまた電マ使ってみるかぁ」ブブブブブブ

一方通行「ン、ああああああああああ!!」ビクビクッビクン!

上条「イく?」

一方通行「ふっ、ふゥゥー!…ン!」ブンブンブン
227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 04:07:48.60 ID:FX2o4lcm0
上条「…んー、俺もそろそろ我慢出来ないんだよなー…」ブブブブブ

一方通行「あっ、あァ…!あァァ!」ガクッガク

一方通行「(やばいやばいやばいやばい…ッ、もォ、何度か意識吹っ飛ンでンだよ!)」ブルブルブル

上条「結構お預けもつらいんですよー」ブブブブブ

一方通行「はっ、ひ!…あ、うァァ!あっン!」ビクッ

一方通行「(早、く…イ、きてェ…!もォ…頭…溶けちまう…!!…で、も…!!)」ブルブル

上条「もー挿れるぞー…、やっぱ我慢は良くないな」カチャカチャ

一方通行「あっ、いや…だ…イ、かな…から…な!」フーッフーッ

一方通行「(イ、きたィ…!!どォなっても…いい…から!…気持ち…いいのが…欲しいッ)」ガクガクガク

上条「こっちは…やっぱついさっきまで銜えてたし、すぐ拡がるな。ほら、お前はどこまで我慢するんだー?」ズプププ

一方通行「挿れ、ン…なァァ!!…あっ、抜い、ッ!!…やめっ、やめ…!」ブルッブルル

上条「うぉ、なんかさっきよりすっげー締まって…!」ズンズン

一方通行「ンァァァァァー!!!はっ、はひ!…ォ、あ…!や、やっだァァ!」ガクガクガク

一方通行「(イ、ぐ!イくイくッ!!!…だ、メだ、俺…ッ!もう淫乱でもなンでもいいから…!!)」ガクガク
230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 04:14:26.52 ID:FX2o4lcm0
上条「ほ、ら!お休みになってたチンコに、電マ当ててやるから…!」ブブブブブブブ

一方通行「あ、イぎィィィッ!!!!!」ビクーッビクッガクッ

一方通行「(気、持…いいィィ!!!あァァァ!!飛ぶッ、あァァ!もォ、俺…淫乱でいい!変態でいいッ!こンな、気持ち、いいならァァ!!)」ビクッビックン

上条「っぐ、こっちも、お前の好きなとこ!抉ってやるから…!イくだろ!?」パンパンパン

一方通行「イ、か…なァ…!」ビクッビクッ

上条「えー…、その意思の強さ…なんか、尊敬するんだけど…!っく、俺は、イく…ぞ?」パンパン ブブブブブブ

一方通行「(言え、よォ!もォ…イくって…!!イきたい…イきたいィィ!!!)」

一方通行「イ、…イ…き…あッ…~~~ッ!!あっ、あァ!!」ビクッブルブル

一方通行「(声、出せ、ねェ…!!)」ブルッ

上条「ぐっ、締め、…っくぅ…!!」ビュルル

一方通行「あァァァ、熱ゥ!…や、イ…ぐゥ…!」ゾクッゾク

上条「…は、ふぅー……で、まだイかないのか?…そろそろはずした方がいい時間なんだけど…」ズルッ

一方通行「は、…はひ…」ブルブルブル
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 04:40:51.10 ID:FX2o4lcm0
上条「んー…?…とりあえずちゃんとイかせてやっから「イかせてください」っておねだりしましょうよ?ほーら、また電マで尿道責めるぞー」ブブブブブブ

一方通行「アッ、ンァァ!!イ、く…からァ!!」ビクビクーッ

上条「お♪よーやくその気になってくれましたか!!ほーらちゃんとおねだりの言葉聞かせてくれよ~?」ブブブブブ

一方通行「ひっ、あ…!…も、…もォ…!」ブルブルブル

上条「ほらほら、この紐もう握ってるからあとは引っ張るだけだぞー?」ブブブブ

一方通行「あっあっあっ、それ…はずし…イか…せ…」ボロボロ

上条「うんうん」コクコク

一方通行「イ、かせてェェ!!もォ、淫乱でもいィ、からァァ!!気持ち、いいの…欲し、いィィ!!!なン、でも…するからァァァァ!!早くっ、早くゥゥ!!」

上条「うぉ、予想外にぶっ壊れた発言を…」ブブブブブ

一方通行「はや、早くゥゥ!ほど…ってェ!イ、か…せ…ろォォォ!!…もっ、無理っ、我慢…出来、…あっあっあっ!!」ガクンガクッ

上条「「お願いします」は?」ギュッ

一方通行「おっ、ォ、…お、おね、お願ィ…し、ますゥゥ!!!!」ブルブルブルブル

上条「よっし!約束だ!思いっきりイって飛んじまえ!」シュルッ
235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 04:42:03.85 ID:FX2o4lcm0
一方通行「うァァ…!クるっ…はっ、あ、あッ」ビクッビクッ

一方通行「あ、あ…!!!」ブルルッ

一方通行「イ、っぐゥゥゥゥゥーーーーーーーッ!!!!!!!!」ビュルッビュクッビューッ

上条「はっはは…すっげぇイき方…これで俺しばらく抜けそうだ…」ジーッ

一方通行「あ、あァァァァァーー…!あっ、き…もち…い……はひ…ンァァー…」トローン ビュッビュッ

上条「もうお前、男のままでいいんじゃないか?チンコ大好きだろ?」ジーッ

一方通行「す、き…これ…好き…!あっ…あァー…」ビュッ

上条「じゃぁ、俺のことは好きか?俺と一緒にいたら毎日こうやって気持ちよくしてやるぞ?」ジーッ

一方通行「い…る…、お前と…いるゥ…、好き…だから…、気持ち、よく…ッ」ピュルッ・・・ピュ・・・

上条「まぁ、女に戻ってもちゃんと一緒にいてやるよ」ナデナデ

一方通行「…は、…はゥ…ン…」コクン




237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 04:55:21.59 ID:FX2o4lcm0
20分後

上条「…上条さんの…、ケータイが…」orz

一方通行「てめェの腐った脳ミソとチンコ爆発されなかっただけマシだろォがァァ!!!!」彼シャツ装備

上条「20分前のあの大人しくてピュアな一方通行さんはどこへ消えてしまったのですかぁぁー!!!」

一方通行「あンなンてめェの脳内の幻想なンだよォォォォ!!!!やめろ思い出させるなァァァァ!!!!」ボフッ バタバタ(布団にうつ伏せ足バタバタ)

上条「まぁ、動画は俺の別のアドレスに送信済みだからそっちはいいんだけど…」ハァ

一方通行「は、はァァァ!?っ、ぐ!吐け!!そのメアド吐けェェェ!!!」ガバッ

上条「いーやーでーすー!!折角ゲットした上条さんの極上のおかずネタなのに!!」

一方通行「ぐっ、ぎぎぎ…!ぶ、ぶ…ぶっ殺―――」

ブブブブブブ

一方通行「っ」ビックン

上条「おー、ついに電マの音を聞いただけで感じてしまうように…」ニヤーッ

一方通行「ち、ちがっ…!こ、これは…!」

上条「ローター」スッ つθ

一方通行「っく…!」ビクッ
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:06:35.53 ID:FX2o4lcm0
上条「ほーれほれー両方ともスイッチ入れちゃうぞー」ブブブブブ ウィィィィィ-ン

一方通行「やめっ、やめ…!」ビクビク

上条「ほーら耳元で鳴らしちゃうぞー」ブブブブブ ウィィィ-ン

一方通行「ひっ、…うゥ…!」ゾクゾク

上条「今度は乳首にローター貼り付けて、電マで尿道押さえて前立腺ガンガン突いてやろうかー?」ブブブブブ ウィィィィィ-

一方通行「あっ…あァ…ンっ…!」ドキドキ

一方通行「(だ、めだ…身体が…勝手に反応しちまうし…、想像しちまうゥゥ!!)」ゾクゾク 前屈み

上条「おー、すっかり男の子が板についたなぁ。前屈みポーズ似合ってますよww」ニヤニヤ

一方通行「う、うっせェ!!」カァァ

上条「でも、やっぱもう戻らないのかねー」

一方通行「まァ…、今まで女だってことに執着してたワケでもねェし…性別なンて飾りでしかねェ生き方してたし…」

上条「天使に性別はないって言いますし…、一方通行さんマジ天使」

一方通行「………まさか天使化で性別のボーダーラインがあやふやになったってオチじゃねェだろォな…」
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:15:53.74 ID:FX2o4lcm0
上条「……え、それって日によって性別が変わるって展開?それなんてエロゲ?どこに売ってんの?」

一方通行「死ね」

上条「これで明日女に戻ってて、明後日男になったらプレイの幅拡がるぞ?」

一方通行「……ちなみに女に戻ったら何するンだよ…」

上条「………乳首はむはむ、綿棒でクリ掃除…した後にクリにローターくっ付けたまま膣に俺のぶち込んで尻にアナルビーズ入れて尿道に綿棒入れてクリの根本から責める…とか?」

一方通行「~~~ッ///」ゾクッ

一方通行「(…それァ…、やっべ…マジ良さそうじゃね…?)」ゾクゾク

上条「……お前、もしかして超が付くほどのMなんじゃね?…さすがにその提案してすぐに恍惚とした表情するのはやばいっすよ?」

一方通行「ハッ、べ、別に気持ちよさそうだとか思ってねェし!?て、てめェの変態嗜好に呆れ返ってただけだしィ!?俺は別にそンな…」

ブブブブブブブブ

一方通行「ひゥンっ」ビクッ

上条「音だけで感じちゃうのも十分変態ですよー」ブブブブブ

一方通行「うっせェェェ!!てめェがさんっざん焦らして俺をぶっ壊したせいだッ!!責任取りやがれ三下ァァ!!」
244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:18:03.02 ID:FX2o4lcm0
上条「だから取るって。ちゃーんとお前と一緒にいてやる」(キリッ

一方通行「っ…」ドキン

上条「お前なら男でも女でも好きでいてやるよ」ナデナデ

一方通行「絶対…捨てンじゃねェぞ」

上条「捨てません…ほら」


チュッ


一方通行「!?///」ボンッ

上条「これから俺が、時間をかけて俺好みに開発してやるからなぁ~♪」ナデナデ

一方通行「し、死ねェェェ!!!!!」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:19:09.87 ID:FX2o4lcm0
翌日

上条「今、なんとおっしゃいましたか…?」

一方通行「…女に、戻った…」

上条「まさかの天使化原因説…」

一方通行「そ、それで…お前が…昨日…言ってた…ほら…あの…プレイ…を…その、よォ…///」モゴモゴ

上条「……………」

一方通行「………///」モジモジ




上条「………ワォ」ニヤッ
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:21:28.17 ID:FX2o4lcm0
はいはいおしまいです。さらに翌日は男になってのループスタートですよ。

女の子に戻った一方さんはお前らの好きな方法で犯してやってください。
そいじゃーおやすみー!あと>>1は腹筋100回やれよ

じゃーなー!今週の禁書の一方さんの風呂シーンはチンコしごきながら見ろよお前らノ
248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:27:07.81 ID:2RxsFJ4t0
読んだ、オチうめえ
俺が望んでたのはこれだよ!!すげえありがとう!!
また時間があったらお願いもうす
まじ乙でした
250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 05:52:04.92 ID:Q+trZPorO
乙!素晴らしいエロSSでした
日替わり性転換とかなんと美味しい設定、さすがマジ天使

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング