FC2ブログ

える「……んっ…おっ折木さんの大きいです」

  • カテゴリ:氷菓 
  • コメント : 0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:22:39.20 ID:8ZR5eYdIO
える「……んっ……あっ…んっ…」

える「…はあ、また折木さんを使ってこのような卑猥なことをしてしまいました…」

える「すみません、折木さん…」ウルウル
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:28:11.15 ID:8ZR5eYdIO
~翌日の部室~

奉太郎「どうした千反田?顔色が悪いぞ?寝不足か?」

える「はっ…はい、テストが近いですから…」

まやか「ちーちゃんはまじめねえ。福ちゃんにも見習って欲しいわ」

える(とっ…とても言えません。折木さんのHな想像をして寝るのが遅くなったなんて…)
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:35:59.58 ID:8ZR5eYdIO
える「折木さん…折木さん……んっ…」

える「また今日も折木さんでしてしまいました…」

える「折木さんはかわいすぎます…」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:54:09.69 ID:8ZR5eYdIO
~~翌日~~

奉太郎「今日は里志と井原は来てないのか?」

える「はい、福部さんは総務のお仕事、井原さんは漫研の方で今日はこれないそうです」

奉太郎「…じゃあ今日はオレとお前のふたりきりか」
える「えっ?」ポッ

奉太郎(…しまった)

える「私、気になります!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:07:22.38 ID:8ZR5eYdIO
える「さっきの発言の意図が私、気になります!」

奉太郎「いや、オレはただ事実を…」

える「折木さん?本当にそれだけですか?」

奉太郎「あっ…当たり前だ」

える「そうですか…」ウルウル
奉太郎「?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:10:06.35 ID:8ZR5eYdIO
奉太郎「おいっ千反田?」
える「すっ…すみません」ウルウル

奉太郎「どうしたんだ?最近のお前はどこかおかしいぞ?」

える「私…私、折木さんに謝らなくてはならないことがあるんです」

奉太郎「…」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:13:01.43 ID:8ZR5eYdIO
奉太郎「…なんだ?」

える「……その…私、あの…」

奉太郎「はっきり言え」

える「……私、折木さんを私の……その…ひっ…卑猥な妄想の世界に…登場させて…しまいました……」

奉太郎「!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:14:42.91 ID:0IwXWu8N0
よしきた支援
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:16:13.91 ID:8ZR5eYdIO
奉太郎「卑猥な妄想の世界というのは…所謂自慰行為のことか?」

える「……はい」

える「……あの…私…私…」ボロボロ

ガタッ

奉太郎 「…」ギュッ
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:18:48.48 ID:8ZR5eYdIO
える「!」

える「おっ…折木さん!?」

奉太郎「…」

奉太郎「すまん千反田、オレが結論を先延ばしにしたせいでお前を傷付けてしまった…」ギュッ

える「…」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:25:41.83 ID:8ZR5eYdIO
える「折木さん…?」

奉太郎(あのひな祭りのときにオレは…)

奉太郎「…千反田」

える「…はい」

奉太郎「オレはお前のことが好きだ」

える「…」

奉太郎「思えばオレはお前と始めて会ったときからお前に心を奪われていたのかもしれない…」

奉太郎「ただオレは省エネ主義という下らないプライドのためにこの感情を押し殺してきた」

奉太郎「でもあのひな祭りのとき確信に変わった!オレは千反田…いやオレはえるのことが好きだ!」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:29:41.59 ID:8ZR5eYdIO
える「…」

奉太郎「…」

える「ふふふ、折木さんに「える」って呼ばれるとなんだか不思議な感じです」
奉太郎「…」

える「私、折木さんのことが大好きです!」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:53:10.27 ID:8ZR5eYdIO
折木「うー、えるーオレはお前を」ムニャムニャ

里志「奉太郎がこんなに爆睡するのも珍しいね」

まどか「しかも夢の中でちーちゃんに告白までして…こらっ起きろ!」バンッ

折木「ふぁっ!?」

里志「奉太郎、夢の中では活発なんだね。「お前のことが好きだ」なんて」ニヤニヤ
える「…」

折木「ちょっ…える…じゃなくて千反田……今のはその…」

える「ふふふ、やっぱり折木さんはかわいいです」ニコッ

折木「へ?」



END
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 02:59:01.49 ID:8ZR5eYdIO
板汚し失礼しました
近いうちに今度は構想をちゃんと練ってから書きたいと思います
読んでくれた方ありがとうございました
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 03:01:28.76 ID:UuXEr/TE0
はえーよwww
まぁ乙

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング