FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:31:09.29 ID:/TSwenYN0
一方通行「ンー・・・」腕ノバーシ

打ち止め「……」

一方通行「はァー…」ストレッチ的ナニカー

打ち止め「…………」

一方通行「なーンかいってェなァ・・・」肩グルグル
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:37:30.48 ID:/TSwenYN0
打ち止め「……ねぇ」

一方通行「あン?」

打ち止め「もしかして、肩凝り?ってミサカはミサカは訪ねてみたり」

一方通行「……あァ、よくわかんねェが、肩が重いんだよなァ」

打ち止め「ふーむ…」

一方通行「こういうのを肩凝りっつゥのか…」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:41:26.07 ID:/TSwenYN0
打ち止め「今までは能力を使ってたからあんまり筋肉は使わなかったんだよね?」

一方通行「言われてみりゃァそうだなァ…」腕ノバーシ

打ち止め「能力が制限されちゃったから筋肉を使わざるを得なくなって、普段使ってない分 筋肉が疲労しちゃったのかも!ってミサカはミサカは推理してみたり!」

一方通行「疲労から来る肩凝りっつゥーと…血行が悪くなってンだな」

打ち止め「そういうこと!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:44:17.97 ID:/TSwenYN0
一方通行「なら話は早ェ、ちょいっと血流を操りゃァいいンだな」

打ち止め「ちょっ、ちょっと待って!ってミサカはミサカはあわててみたり!」

一方通行「なンだァ?」

打ち止め「せっかくの機会だから、マッサージっていうのを体験してみたら?ってミサカはミサカは訪ねてみたり」

一方通行「マッサージだァ?」

打ち止め「いい経験になるかもよ?」

一方通行「なんねェだろ…」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:47:32.05 ID:/TSwenYN0
一方通行「まァいいか、ほれ、試しにやってみな」ウツブセ

打ち止め「わーいっ!ってミサカはミサカは喜びながらすぐさま背中に乗ってみたり!」

一方通行「うおっ!…悪ィがてめェもそこそこの体重になってきたしよォ、飛び乗られたら重いンだよ…」

打ち止め「むー、レディーに体重の事を言うのは失礼極まりないんだから、ってミサカはミサカは注意してみる」

一方通行「わァーったわァーった、はやくやってくれ」

打ち止め「はーい!」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:50:31.83 ID:/TSwenYN0
打ち止め「じゃあまず肩甲骨の周りをほぐすように…」グッ、グッ

一方通行「ほォー…」

打ち止め「そしてほぐれてきたところで…えいっ!」ググッ!

一方通行「うォォっ!?」

打ち止め「ぷっ……あははははは!面白い声~!ってミサカはミサカは爆笑してみたり!あはははは!」

一方通行「こンのクソガキィ・・・」

打ち止め「はいストーップ!」グイーッ

一方通行「ぬおォッ」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:54:08.18 ID:/TSwenYN0
打ち止め(確か電気も血行を良くする効果があった気がするってミサカはミサカは自分の知識を頼りにしてみたり)

打ち止め「・・・えいっ」グイッ パリィッ

一方通行「ふォァっ!?」ビクゥ

打ち止め「ええいっ!」ググイッ パリィッ

一方通行「おご…ふァ…」ビクッ

打ち止め「えーいっ」グイーッ パリパリッ

一方通行「……」ビクンビクン
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:55:10.51 ID:bkeLRsQH0
この2人かわいい
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:57:29.18 ID:/TSwenYN0
一方通行「がァ…な、なンだ今の・・・」ヨダレダラー

打ち止め「よだれよだれ!」

一方通行「!」フキフキ

打ち止め「えーっと、ちょびっと電気を流しながらやってみました!ってミサカはミサカは種明かしをしてみる!」

一方通行「あァ…そういう事か…」

打ち止め「で!どうだった!?気持ちよかった!?ってミサカはミサカは期待しながら質問してみる!」

一方通行「……あー、うン、よかったんじゃねェの……」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 00:59:47.91 ID:/TSwenYN0
打ち止め「やったー!」ピョンピョン

一方通行(思いのほか気持ちよかったンだよなァ・・・)

打ち止め「あっそうだ!」ピコーン

一方通行「あン?」

打ち止め「私は電気で間接的に血行を良くするだけだけど、あなたは直接血流操作ができるから…」

一方通行「そォだな、俺が最初に言ったが」

打ち止め「マッサージ師になってみたら?ってミサカはミサカは推薦してみたり」

一方通行「マッサージ師?」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:04:37.60 ID:/TSwenYN0
打ち止め「うん、あなたの能力を使えば数秒でお客さんの凝りが治っちゃうと思う!」

一方通行「そォだなァ…」

打ち止め「そうときまれば早速ヨミカワに連絡しなくっちゃ!」

一方通行「…なんで黄泉川なんだァ?」

打ち止め「だって、そんなひょいっとお店を建てられる訳ないでしょ?だから、ヨミカワの学校のどこかに、あなたのお店をちょこんと置かせてもらえばいいと思ったの、ってミサカはミサカは説明してみる!」 

一方通行「なるほどなァ」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:07:38.84 ID:/TSwenYN0
Prrrr...

打ち止め「あ、もしもしヨミカワ?実はかくかくしかじかで…」

一方通行(元学園都市最強、第一位の一方通行がマッサージとはなァ…落ちるとこまで落ちたもンだ)

打ち止め「うん、わかった!ありがとう!ばいばーい!」

一方通行(……ま、悪くねェ)

打ち止め「オッケーだって!じゃあ早速ヨミカワの学校にしゅっぱーつ!」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:09:49.51 ID:/TSwenYN0
~学校~

打ち止め「えーっと、確かこのへんにいるって…… あ!いたいた、おーい!」

黄泉川「お、来たじゃん」

一方通行「よォ」

黄泉川「お前が仕事、しかもマッサージなんて意外じゃん」

一方通行「まァな」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:14:01.37 ID:/TSwenYN0
黄泉川「……で、店の場所なんだが、この辺ならOKって校長も言ってたじゃん」

一方通行「校門のチョイ横か……ま、悪くはねェな」

黄泉川「あと、利益の一部は学校に寄付するじゃん」

一方通行「そンなことだろうと思ったがな…」

打ち止め「じゃあとりあえず、マッサージに必要なものを買いそろえちゃおう!」

一方通行「……」ポチポチ

打ち止め「…何してるの?ってミサカはミサカは訪ねてみたり」

一方通行「マッサージに必要な道具ってやつをネットで購入してンだよ」

打ち止め「成金ってこわい・・・」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:17:35.69 ID:/TSwenYN0
一方通行「30分で来ねェと会社を素敵なオブジェにしてやるって言っといたからすぐ来ると思うンだが…」

打ち止め「だめだこの人早くなんとかしないと」

黄泉川「相変わらずあんたは極端じゃん・・・」

一方通行「お、あれじゃねェか?」

打ち止め(早っ)

黄泉川(まー会社をオブジェにされちゃたまんないじゃん)

配達員「お、おおお待たせしました、ごごごごごご注文のおおおお荷物です……」ガクガク

一方通行「ン、その辺に置いといてくれ」

配達員「かっ、かしこまりました!」

打ち止め「かわいそうに、怖がっちゃってるじゃない、ってミサカはミサカは同情してみたり」

黄泉川「まー第一位だし当たり前っちゃあ当たり前じゃん」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:21:19.95 ID:/TSwenYN0
一方通行「従業員は俺しかいねェし・・・大体こンくれェか」

打ち止め「?」

一方通行「えーっと木材は・・・これか」

黄泉川「じゃん?」

一方通行「アクセラレータの素敵なマジックショー、開始ィ」スイッチオン

一方通行「ここに大量の木材があります、こいつをちょいっと触るだけで…」チョイッ

バキバキバキバキメシメシメシメシバキン

一方通行「あァーら不思議、あっという間にパーツに早変わりィ」スイッチオフ

打ち止め「確実に能力の使い方を間違えてると思う…」

黄泉川「すげーじゃん」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:24:40.39 ID:/TSwenYN0
一方通行「とりあえずこれを組み立て……」

一方通行「…あー、お前ら頼むわ…」

黄泉川「肝心な時に役に立たないモヤシじゃん」

一方通行「うっせェ!」

数十分後

黄泉川「完成じゃん!」

打ち止め「木造だけどそれっぽい感じになってる!ってミサカはミサカはあの人のセンスに感心してみたり!」

一方通行「…zzz」

打ち止め「寝てるし」

打ち止め「おーい、起きてー!」

一方通行「……ン…おォ、完成したか」

一方通行「じゃあ今日は家帰って寝るわ…」

黄泉川「あ、明日は朝早く来るじゃんよー」

一方通行「…マジかよ…」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:27:41.52 ID:/TSwenYN0
つぎのひ

一方通行「ふわァーァ……ねみィな……」コシコシ

黄泉川「おはようじゃんアクセラレータ!」

一方通行「じゃあ俺は店ン中で寝るわ…」

黄泉川「客が来たらどうするじゃん」

一方通行「安心しろ、ベルが置いてある」

黄泉川「よく考えてるじゃん、じゃあ頑張れよーモヤシ君」

一方通行「黙っとけ」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:30:54.09 ID:/TSwenYN0
一方通行「…zzz」

学生A「…ん?なんだあれ?マッサージ屋?」

学生B「そういや先生がなんか言ってたな、校内に店が建つとかなんとか」

学生A「どうせ売店かなんかだと思ってたけど、ありゃあ助かるな」

学生B「安いし行ってみるか!」

~店の前~

学生A「・・・ってあれ、誰もいない」

学生B「お、ベルが置いてある、これか」チリーン

一方通行「…お、客かァ」

一方通行「はいよォ」

学生AB(目つき悪っ!)
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:34:24.28 ID:/TSwenYN0
一方通行「マッサージか、どっちだ」

学生A「じゃ、じゃあ俺から・・・」

一方通行「ン、じゃあそこに寝っ転がりなァ」

学生A「あ、えっと、最近腰がちょっと……」

一方通行「アーアー、そういうのいいから、黙って寝てろ」スイッチオン

学生A「?」

一方通行「いくぜェ…」



学生A「「「ぬおおおおおぉぉぉぉぉぉぉッ!!??」」」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:36:17.45 ID:/TSwenYN0
一方通行「はい終ゥー了ォー」スイッチオフ

学生B「お、おい、大丈夫か…?」

学生A「……やべぇ……」

学生B「どうした?どっか痛むのか!?」

学生A「体超軽い!!!」

学生B「えっ」

一方通行(ここまで効果あるンだなァ)

学生B「じゃ、じゃあ俺も・・・」

一方通行「はいよォ」スイッチオン



学生B「「「ふっひょおおぉぉぉぉぉぉ!?」」」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:37:50.23 ID:/TSwenYN0
一方通行「じゃあ代金、上に書いてある通りだ」

学生A「この効果でこの値段!?」

学生B「ありえねえ…あざーっす!」

一方通行「まいどォ」


一方通行「さて」

一方通行「寝るか」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:40:04.11 ID:/TSwenYN0
チリーン

一方通行「………お?」

チリンチリーン

一方通行「また客か?」

一方通行「はいよォ」

学生C「あの…A君に聞いてきたんですけど…すごいマッサージ屋だって…」

一方通行「A?…あー、アイツか」

学生C「ぼ、僕もお願いします!」

一方通行「ン、そこに寝なァ」

一方通行「ほいっとォ」スイッチオン



学生C「「「ぬわはあああああぁぁぁ!!」」」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:42:42.07 ID:/TSwenYN0
学生C「ありがとうございました!また来ますね!」

一方通行「まいどありィ」

一方通行「なンだかンだで好評だなァ」

黄泉川「よっ、モヤシ君」

一方通行「よォ」

黄泉川「例の学生が話を広めているらしいじゃん」

一方通行「ほォ…」

黄泉川「まあ、明日は人がいっぱい来ると思うし、頑張るじゃんー」

一方通行「めんどくせェ…」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:45:35.02 ID:/TSwenYN0
翌日

チリーン

一方通行「よっとォ」オン

チリーン

一方通行「ハイハイ」オン

チリリーン

一方通行「2回鳴らすンじゃねェ」オン




一方通行「大行列じゃねェかよ……寝れやしねェ」

チリーン

一方通行「あァもううぜェな!!並ンでる奴ら背中こっち向けてまっすぐ並べ!!」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:48:20.84 ID:/TSwenYN0
客's「?」トリアエズナラブ

一方通行「いくぜェ……」

一方通行「ステキでクールなショータイムだァ!」スイッチオン

一方通行「はァッ!」ダッ

一方通行(走りながら客の背中に触り、血行を良くしていく……)

一方通行(名案だなこりゃァ)

一方通行「……っとォ、これで終いか」

客's「体軽っ!」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:50:36.19 ID:/TSwenYN0
次の日

一方通行「あの客どもは全員スッキリさせちまったし、途端に客が減ったな」

一方通行「まァ、寝れるし悪くはねェんだがな」

チリーン

一方通行「ハイハイィ」

一方通行「いらっしゃァーい…」

上条「あ、マッサージお願いしま……」

一方通行「て、テメェは!!」

上条「アクセラレータ!」

一方通行「三下ァ!!」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:53:26.62 ID:/TSwenYN0
上条「まさかお前がマッサージ屋だったとはな……」

一方通行「そォだ」

上条「まあ、何人もお前に凝りを治してもらってるんだし、大丈夫なんだろーけど…」

一方通行「いいから寝ろ」

上条「はいはい」

一方通行「いくぜェ」



上条「「「おっほおおおおおおお!?」」」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 01:55:26.73 ID:/TSwenYN0
上条「な、なんか右手首だけ微妙に痛いんだけど…」

一方通行「あー、テメェの幻想殺しのせいでその辺だけ血流操作ができねェんだわ」

上条「ふ、不幸だー…」トボトボ

一方通行「あいつがこの学校の生徒だってすっかり忘れてたなァ」

一方通行「さーて、寝るか」

一方通行「………zzz」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:01:04.27 ID:/TSwenYN0
─────………実験開始時間です、とミサカは────

─────………血流の流れを逆流させると、どうなっちまうでしょうかァ?────

─────………終わりにしてやンよ────

─────………俺の最弱(さいきょう)は、ちっとばっか響くぞ────



──────────何やってンだ、俺──────────



チリーン

一方通行「……ハッ!」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:03:25.96 ID:/TSwenYN0
一方通行「夢か……」

一方通行「思い出したくもねェもン思い出しちまったなァ…」

一方通行「はいよォ」オン




一方通行「……本当は、能力なんてこんな事に使う程度でいいのかもしんねェなァ」

一方通行「何が最強だ……」


一方通行「こっちの方が、よっぽど楽しいじゃねェか」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:06:32.53 ID:/TSwenYN0
黄泉川「よーアクセラレータ、仕事はどうじゃん?」

一方通行「ン、まあ悪くはねェな」

黄泉川「そーかそーか、そりゃあよかったじゃん」

黄泉川(悪くない、か……まったく、わかりやすいやつじゃん)

黄泉川(見ててもわかる、今のお前は、楽しそうじゃん)

一方通行「なァーにニヤけてンだ、気持ち悪ィ」

黄泉川「いやいや、お前もそういうところがあったんだなーと思ってな」

一方通行「意味がわかンねェ」

黄泉川「こっちの話じゃん、ふふふ」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:11:52.84 ID:/TSwenYN0
数日後

一方通行「黄泉川」

黄泉川「ん?」

一方通行「俺、あの店やめるわ」

黄泉川「! な、なんでじゃん!?」

一方通行「土地が手に入った。そこでちゃンとした店を建てて、ちゃンとしたマッサージ屋になろうと思う」

黄泉川「……お前…」

一方通行「じゃ、俺は片付けでもしてくるわ」スタスタ

黄泉川「……本当、変わったじゃん」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:14:59.45 ID:/TSwenYN0
数時間後

一方通行「じゃ、世話ンなったな黄泉川」

黄泉川「お疲れじゃん、新しい店でも頑張るじゃんよ」

一方通行「おう」

一方通行「なあ、黄泉川」

黄泉川「ん?」

一方通行「俺は、あの仕事をやってて──ちょっと楽しかったぜ」

一方通行「そンだけだ、じゃァな」スタスタ

黄泉川「……そんなの、前から知ってたじゃん」

黄泉川「素直になりやがって…」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:22:40.47 ID:/TSwenYN0
────数日後、その土地に俺の店が建った

一方通行「なンでテメェもいンだァ?」

打ち止め「いやぁ、看板娘、みたいな?って、ミサカはミサカは自信満々に言ってみたり!」

一方通行「そォかい、精々頑張れよ」

────客も、日に日に数を増していってる。

一方通行「さァって、そろそろ開店だなァ」

打ち止め「お仕事頑張るぞーっ!って、ミサカはミサカは張り切ってみたり!」

────楽しい。
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 02:23:20.59 ID:/TSwenYN0
一方通行「じゃァ看板娘ちゃンは店の前にでも突っ立ってて下さいねェー」

打ち止め「はーい!」

────ここらで、この話は終わる。

────新しい店での、変わった客たち。しかし、それはまた別の話だ。



チリーン



一方通行「はいよォ」



おわり
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 03:37:19.26 ID:egKM827Y0
来たら終わってた
読みやすくて面白かった乙

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング