FC2ブログ

インデックス「友達がほしいんだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 23:52:25.69 ID:GAqRDJ1/0
上条「友達ぃ?」

インデックス「うんっ! ひょうかとはあんまり会えないし、あいさは学校に行ってる時は会えないし……、とーまが学校に行ってる間遊んでくれる友達が欲しいんだよ」

上条「うぅん…」

上条「(とは言ってもですねインデックスさん? ここは天下の学園都市。昼間は皆様学業に励んでいるのでせうよ!)」

上条「(だけどインデックスが食べ物のこと以外でお願いしてくることなんて滅多にないしなぁ……。ここは叶えてあげたい)」

上条「(お! >>3なら昼間も暇じゃねーか!)」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 23:53:04.13 ID:qKOgEM+h0
小萌
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 23:57:08.14 ID:GAqRDJ1/0
上条「子萌先生と友達になれよ!」

インデックス「え? でもこもえは昼間はとーまたちの先生をしているんじゃないの?」

上条「う……」

上条「(いやいや、待てよ上条当麻。ここで子萌先生をインデックスに押し付ければ……すけすけみるみるやコロンブスの卵などという鬼畜プレイから脱出できるんじゃないでせうか!?)」

上条「いや、子萌先生は昨日から長期の有給休暇をとってるから数ヶ月は暇なんだってよ」

インデックス「ほんとーっ!?」キラキラ

上条「あ、ああ(多少心が痛いが、インデックスには俺たちの幸せのために頑張ってもらおう)」

インデックス「わぁぁーっい!! こもえーーっ♪」タタッ ガチャッ トタタタ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:01:01.13 ID:V2XDYtdO0
~子萌宅~

ピーンポーン

インデックス「」ソワソワ

ピーンポーン

インデックス「」ソワソワ

ピーンp ガチャ

子萌「はいはぁーい。誰でs……、シスターちゃんじゃないですか! どうしたんです? また上条ちゃんがどっかに行ってしまったんですかぁ?」

インデックス「ううん、とうまはちゃんとお家にいるよ」

子萌「そうです? ならいいんですよ。何かご用ですか?」

インデックス「あのねあのね、私と友達になってほしいんだよ!」キラキラーッ

子萌「ふぇ?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:07:59.78 ID:V2XDYtdO0
インデックス「とうまにこもえは数ヶ月は暇だって聞いたんだよ。だから私と友達になっていっぱいいっぱい遊んで欲しいかも!」キラキラ

小萌「え、ええ?」

インデックス「……い、イヤ、かな?」

小萌「い、いえ。全然嫌ではないですよ? シスターちゃんがコミュニケーションを広げようとしていることはとてもいいことですし、先生とっても嬉しいです。……けど、先生は結構忙しいのでいっぱい遊ぶのは少し難しいんですよ」

インデックス「え? とうまはこもえ、長期の有給休暇を取るから暇だって言ってたんだよ?」

小萌「(上条ちゃん……、こんな純粋なシスターちゃんに嘘をついて……。補修10倍の刑なのですよ)」

小萌「えーっとですねシスターちゃん。先生、長期の有給休暇なんてとっていないのですよ。というか、基本学園都市の先生は長期休暇は取れません」

インデックス「……じゃ、じゃあとうまは嘘をついたの?」

小萌「……そうなりますね」

インデックス「むぅぅぅ……。後でいっぱい噛み付いちゃうかも」

小萌「先生もちゃんとお仕置きしておきます」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:11:23.61 ID:V2XDYtdO0
小萌「で、ですね、シスターちゃん」

インデックス「?」

小萌「先生、いっぱい遊んであげるのは難しいですが、友達をつくるお手伝いとかはできるです」

インデックス「ほんとーっ!?」キラキラ

小萌「はいっ、先生は嘘つきませんです」

インデックス「わぁーい! いっぱいいっぱい遊んでくれる人と友達になりたいんだよ!!」

小萌「いっぱいいっぱいですねー。

小萌「(となると…………、平日暇な子じゃないとだめですね……。…………うー………………)」

小萌「(あ! >>17ちゃんならきっとシスターちゃんといっぱい遊んでくれるです!)」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:13:03.45 ID:W2KwWNiH0
一方通行
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:17:21.06 ID:V2XDYtdO0
小萌「一方通行ちゃんならいっぱい遊んでくれるですよ!」

インデックス「あくせら……れーた?」

小萌「はい。黄泉川先生の話だと、あの子は学校も行っていないみたいです」

インデックス「そうなの? ならいっぱい遊べるねーっ。えへへっ」

小萌「ですです! 本当なら一緒に行ってあげたいところなのですが、先生もうすぐ大事な会議があるのですよ。……地図をあげるので、シスターちゃん一人でいけますか?」

インデックス「うんっ、私だってやればできる子なんだよ!」フンス

小萌「ふふ、そうですね。……っと、これが地図です。気をつけて行ってくださいね?」

インデックス「はーい!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:19:12.15 ID:BDPXmxVz0
悪くない選択だ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:22:02.33 ID:V2XDYtdO0
~黄泉川のマンション~

一方通行「」ゴクゴク プハーッ

一方通行「(黄泉川は学校、芳川はダイジナカイギ、クソガキは調整……)」

一方通行「一人で家にいるのは久しぶりだな」

一方通行「くァァ……眠ィ……。クソガキもいねェことだし、もう一眠りするかァ……」カツカツ


<ピーンポーン

一方通行「あァ?」

<ピーンポーン

一方通行「チッ……。ンだよ、人がせっかく気持ちよく寝ようとしてたのによォ……」

<ピーンポーン

一方通行「どォせ宅配便かそこらだろ。シカトだシカト」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:25:09.07 ID:V2XDYtdO0
 
<ピーンポーン

一方通行「しつけェな……」

<ピンポンピンポンピンポーーーン

一方通行「……」イライラ

<ピピピピピピピーーーンポーーーン

一方通行「ぐっ……」イライライライライライラ

<ピッピピッピッピピピピピーンポーン

一方通行「あ゛ァ゛ァ゛ァ゛!!!!! うぜェェェ!!!!!!!!! 何インターホンをリズミカルプッシュしやがってンですかァ!?」ダァン!

インデックス「ひゃわっ!?」ビクゥッ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:28:51.30 ID:V2XDYtdO0
一方通行「……あァ?」

インデックス「ふぇ、え、えと、こ、こもえの紹介できたんだけど……、って、あの時のしろいひと!?」

一方通行「誰が白い人だ誰がァ!! 何でオマエがこンなとこに来てンだよ!!!大食らいシスター!!」

インデックス「お、大食らいは酷いかも!」

一方通行「はっ、事実だろォが」

インデックス「ぐぅぅぅ……、否定できないんだよ」

一方通行「ふン。……で、なンの用だ(多方クソガキらへんへの用事だろ)」

インデックス「えっと、あくせられーたって人は誰かな?」

一方通行「俺だが」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:32:08.69 ID:V2XDYtdO0
インデックス「あ、あなたなの!?」

一方通行「悪ィかよ」

インデックス「う、ううん」

インデックス「(こもえとこの人が知り合いだったなんて……、学園都市は広いようで狭いかも)」

一方通行「……俺に用なンか?」

インデックス「そ、そう! そうなの!」

一方通行「(このシスターが俺に用事……? 思いつかねェ……何だ?)」

インデックス「……あっ、あのね、……わ…………私と、お友達になって欲しいんだよっっっ!!!!」

一方通行「…………はァァァァあああ!??!?!?」

インデックス「そしていっぱいいっぱい遊んでほしいかもっ!!!!」ズズイッ
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:35:54.43 ID:V2XDYtdO0
一方通行「と、友っ……遊っ…………、っっふっざけてンのかアホシスター!!」

インデックス「私は本気なんだよ! 本当の本気でお友達が……欲しいんだよ!」

一方通行「何でよりによって俺なンだよ!?」

インデックス「あなただって知らなかったもん! 私はこもえに言われて来ただけなんだよ」

一方通行「コモエ?」

インデックス「うん」

一方通行「誰だァ、そりゃ」

インデックス「えっと、ピンクの髪の毛で、ちっちゃくて、先生なの」

一方通行「……………………あァ、アイツか」

インデックス「だから、私とお友達になって!」

一方通行「悪ィが他当たれ」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:42:33.85 ID:V2XDYtdO0
インデックス「むっ……、道に迷いながら変な人に追われたりいっぱいいっぱい大変な思いをしてここまで来た私をそんな無下にして追い返すのは流石に酷すぎると思うんだよ!」

一方通行「ンなの知るか。俺がオマエと友達? 遊ぶ? バッカじゃねェの。さっさと帰れ」

インデックス「バカじゃないもん! 本気だもん!」

一方通行「あァーあァーあァー聞ィーこォーえェーまァーせェーーン」

インデックス「ぐぬぬぬ……」

インデックス「(ここで折れたら当分友達はできない気がするんだよ。あくせられーたは紹介してくれないだろうし)」

インデックス「(なんとしてでもあくせられーたと友達にっ! 十万三千冊の魔道書から友達になる方法をっ……)」

インデックス「……」ブツブツ

一方通行「(……諦めたか?)」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:45:28.68 ID:V2XDYtdO0
インデックス「」ピコーン!

インデックス「……わ、私はお腹がすいてもううごけないんだよー」ペタン

一方通行「はァ?」

インデックス「今すぐごはんがたべたいんだよー。ごはんたべさせてくれたらかえるんだよー」

一方通行「ふざけンな帰れ」

インデックス「おなかすいたよーー」

一方通行「(チッ……、コイツのことだからほっときゃずっとここにいる可能性もある……)」

一方通行「……来い、クソシスター」カツッ

インデックス「……うんっ!(作戦大成功なんだよ♪)」タタッ
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:49:05.94 ID:V2XDYtdO0
~ファミレス~

一方通行「腹いっぱいになったらさっさと俺の前から消えろよ」ギロリ

インデックス「モ、モチロンー」

一方通行「チッ」

インデックス「(ふふふ……。この流れでいっぱい遊んで友達になってもらうんだよ)」

インデックス「」グゥー

インデックス「え、えっと、とりあえずメニュー全部いいかな?」

一方通行「好きにしろ」

インデックス「すみませーん!」





39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:52:57.67 ID:V2XDYtdO0
インデックス「とゆーか、あくせられーたは学校にいかなくていいの?」モグモグ

一方通行「はァ?」

インデックス「こもえにあくせられーたは学校にいってないって聞いたの」

一方通行「……今更行ったって学ぶことなンてねェよ」

インデックス「勉学でなく、得るものはあると思う」

一方通行「そォいうオマエは学校行ってンかよ」

インデックス「……行ってない」

一方通行「説得力がねェな」

インデックス「……うぅ」モグ
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 00:58:44.58 ID:V2XDYtdO0
インデックス「でも、学校に行ってるとうまを見てると学校っていいなーって思うんだよ!」

インデックス「帰ってきたとうまは疲れてて、「ふこうだー」とか言ってるけど……なんだかとってもうれしそうで、笑ってて…………。そんなとうまが、私は羨ましい」

一方通行「ならオマエも行けばいいじゃねェか」

インデックス「私は正式には学園都市の住民じゃないからね。行きたくてもいけないんだよ」

一方通行「だったら帰ればいいじゃねェか」

インデックス「……それは嫌だ」モグモグ

一方通行「クソガキのただの我儘じゃねェか」

インデックス「だって……、学校にもいきたいけど、それ以上にとうまのそばにいたいんだもん」モグ

一方通行「随分とそのトウマって奴にお熱なンだな」クカカッ

インデックス「わ、私はそんなんじゃっっ」カァァ…
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:05:10.32 ID:V2XDYtdO0
インデックス「とっ、とにかく! わたしは学園都市にいたいの。けど学校にもいきたい! けどそれはかなわないからせめて友達が欲しいんだよ」

一方通行「へェへェ、わかりましたァ」

インデックス「その適当にあしらう態度がどうも馬鹿にされてる感が拭えないんだよ」ムー

一方通行「気のせいだ気にすンな。だからさっさと食ってそのトウマって奴ンとこに帰れ」

インデックス「わひゃひゃはかひゃへないひょあくしゃられーたとともひゃひににゃりひゃいかひゃ」モグモグ ングング

一方通行「口に物入れて喋られてもわっかンねェっつーの」

インデックス「んぐっ。とにかくそういうわけだからよろしくね」

一方通行「そういうわけってどういうわけだよ」

インデックス「ふぅー、お腹いっぱい。あ、でもこのままじゃふとっちゃうかもー。あくせられーた、しょくごのうんどうにつきあってほしいんだよーー」

一方通行「知らン」

インデックス「もしつきあってくれないならわたしはわたしはあくせられーたのせなかにへばりついてはなれなくなっちゃうかもーー」

一方通行「勝手にしろ」

インデックス「……本気だよ?」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:08:22.08 ID:V2XDYtdO0
一方通行「あっそォ」

インデックス「……」ピョーン

ガシッ

一方通行「がはァっ!??!」ガクンッ

インデックス「ふっふっふっーー。いくら私といえど食後で抱きつかれたらそれなりにこたえるでしょー」

一方通行「おり……ろッ」

インデックス「なら一緒にお散歩いこっ」ニコッ

一方通行「けっ」

インデックス「行こう!」ユッサユッサ

一方通行「ぐふゥっっ!! わ、かったァ!!!」グラングラン

インデックス「ありがとう! あくせられーたっ」ニパッ
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:11:55.99 ID:V2XDYtdO0









~外~

インデックス「食後の運動はきもちいね、あくせられーた」ガッチリ

一方通行「ああそォですねシスターさン。だからそのガッチリ組んだ腕を離せやゴラ」

インデックス「だってこうしてないとあくせられーた逃げるんだもん」

一方通行「ニゲマセンー」

インデックス「絶対嘘。それとシスターって呼ぶのやめてほしいかも。ともだちは名前で呼び合うって前にとうまが言ってたんだよ」

一方通行「なンで俺とオマエが友達ってこと前提に話してンだよ」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:17:47.53 ID:V2XDYtdO0
インデックス「だって、一緒にお食事してお散歩してお話して……、これはもう友達としか言いようがないんだよ!」キラキラーッ

一方通行「どれもこれもオマエが無理矢理やらせてるだけだろォが」

インデックス「とにかくもう決まったことなの。だからシスターじゃなくてインデックスって呼んで欲しいな」

一方通行「めンどくせェ」

インデックス「呼び方を変えるくらいそんな手間じゃないと思うのだけど」

一方通行「超手間だわァー。どンくらいかってと自転パンチの100倍ぐらい」

インデックス「それ絶対嘘だよね」ムー

一方通行「……チッ。っつーか名前なンざ人を呼び分けする記号みてェなモンだろォが。本名だとかンなのどうだっていいだろ」

インデックス「よくないの!」

一方通行「めンどくせェな」

インデックス「めんどくさいことも楽しいのが友達ってものなんだよ。多分」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:22:28.88 ID:V2XDYtdO0
<~~ダカラ、~デ、~~~~ナノ!!

一方通行「(しつけェ……。ああもォめンどくせェから適当に名前呼ンであしらってその隙に帰ろォ)」

インデックス「ねえ聞いてるの!? あくせられーた!」

一方通行「インデックス」

インデックス「ひゃいっ!?」

一方通行「(よし逃げよォ)」カチッ ダッッ

インデックス「も、もうi……っていない!?」キョロキョロ

インデックス「なんて逃げ足の速さ……。驚きなんだよ」

インデックス「……けど、楽しかったな」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:26:25.23 ID:V2XDYtdO0
インデックス「無理矢理つきあわせちゃったあくせられーたにはちょっと悪いことしちゃった気はするけど……」

インデックス「それでも、楽しかったな」

インデックス「とうまはいっつもこんな楽しいことしてるのかな? だったら全然不幸じゃないかも」

インデックス「……また、遊んでくれるかな? あくせられーた」

インデックス「ううん、遊んでもらうかも!」


<カンゼンゲコウジコクデス カンゼンゲコウジコクデス

インデックス「わ、もうこんな時間! とうまに怒られちゃう!」タタタッ

タタタッ

ピタッ




インデックス「またね、あくせられーた!」ニコッ
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:27:50.59 ID:V2XDYtdO0
はい、無理矢理終わらせました。明日バイトと学校なんですわ
またゆっくり書きたいです。インデックスマジ天使

んじゃ風呂入って寝ます。おやすみ
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/24(月) 01:31:19.13 ID:Rs4o5cz+0
久しぶりに綺麗なインデックスを見た気がする


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング