FC2ブログ

クリスタ「ふえぇ…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 07:59:25.73 ID:1d3hW5xr0
ユミル「どうしたんだクリスタ」

クリスタ「ふえぇ…このおねぇちゃん顔怖いしそばかすだらけで汚いよぉ…」

ユミル「ク、クリスタ?なにをいって」

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372546765
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:12:36.47 ID:1d3hW5xr0
アルミン「クリスタ、ユミルどうしたの?」

クリスタ「ふえぇ…このガリ勉ネカマ野郎キモイよぉ…」

ユミル「ふえぇ…エレンとミカサの腰巾着がなんかゆってるよぉ…」

アルミン「ふ、2人ともひどいよ…」

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「ふえぇ…」

アルミン「…」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:13:16.42 ID:1d3hW5xr0
ライナー「どうしたんだ3人揃って」

クリスタ「ふえぇ…筋肉ダルマうるさいよぉ…この包茎野郎ぉ…」

ユミル「ふえぇ…このガチホモ野郎ぉ…ベルトルさんとしっぽりやってんじゃねぇよぉ…」

アルミン「ふえぇ…クリスタに近づくんじゃねぇよぉ…このストーカぁー…教官にいいつけるよぉ…」

ライナー「なに言ってるんだお前ら、俺はホモじゃないぞ!」

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「ふえぇ…」

アルミン「ふえぇ…」

ライナー「…」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:17:07.07 ID:1d3hW5xr0
ベルトル都「やあ、何してるんだいこんな所で」

クリスタ「ふえぇ…モブキャラBに喋ることを許可した覚えはないよぉ…」

ユミル「ふえぇ…お前はいつも通りライナーの後ろにでも居て「…」とか意味深な雰囲気醸し出しとけよぉ…」

アルミン「ふえぇ…君は図体はでかいのに特徴がないとか言われてて哀れすぎるよぉ…」

ライナー「ふえぇ…戦士とかもうどうでもいいよぉ…」

ベルトルト「ラ、ライナー!?君は戦士をやめるのか!…見損なったよ…!」

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「ふえぇ…」

アルミン「ふえぇ…」ガシッ

ライナー「ふえぇ…」ガシッ

ベルトルト「な、なにをするんだ!やめろはなせ!」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:28:35.30 ID:1d3hW5xr0
エレン「なー、アルミンどこにいるか知らないか?」

コニー「そういえばライナーとかも見てねーな」

ジャン「へっ、あいつら今頃2人でやってんじゃねーの」

エレン「やめろよ!アルミンを馬鹿にすると許さないぞ!」

ジャン「やんのかコラ」

マルコ「やめなよ2人とも!とにかく2人を探しに行こう」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:29:12.79 ID:1d3hW5xr0
サシャ「ミカサ、クリスタとユミルを見ませんでしたか?」

ミカサ「見てない」

ミーナ「そういえばアニも見てないなぁ」

サシャ「もうすぐ消灯時間なので心配ですね、探しに行きましょう!」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:30:15.11 ID:1d3hW5xr0
エレン「あれ?ミカサ」

ミカサ「エレン、なにしてるの」

エレン「アルミンとライナーとかがいなくなっちまったんだ」

ミーナ「実はクリスタとユミルとアニもいないの」

マルコ「なんか嫌な予感がするね」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:30:44.92 ID:1d3hW5xr0
アニ「…」スタスタ

アルミン「ふえぇ…」


アニ「…!」

アルミン「ふえぇ…」

アニ「…なんか用?」

アルミン「ふえぇ…」クイクイ

ゾロゾロ

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「ふえぇ…」

ライナー「ふえぇ…こいつ女型の巨人だよぉ…」

ベルトルト「ふえぇ…こいつは僕らと一緒に壁を壊そうとしたんだよぉ…」

アニ「!?!?!?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:46:46.81 ID:CUZr6yu+o
フエェ
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:51:04.66 ID:1d3hW5xr0
ライナー「ふえぇ…」バッ

アニ「っ」ズバンッ

ライナー「ふぇぇぇーーーーッ」ドサッ

アニ「ふう」

クリスタ「ふえぇ…裏切り者だよぉ…」ガシッ

アニ「!?は、はなせ!」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 08:51:34.88 ID:1d3hW5xr0
エレン「アルミン…どこいっちまったんだ」

ミーナ「もう消灯時間過ぎちゃうよぉ」

ジャン「やってらんねーな、俺は戻るぞ!」

エレン「てめえ、見捨てんのか!」

ジャン「もう戻ってるかもしんねーだろ、それにこんな事で減点くらって憲兵団にいけなくなるのは御免だからなぁ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:19:11.56 ID:1d3hW5xr0
マルコ「僕も…これ以上探してもいないってことは…もう寮に戻ってるんじゃないかな?」

コニー「えーお前らもどるのかよ、じゃあ俺も、いこうぜエレン」

エレン「いや、俺はまだ探す」

ジャン「けっ…勝手にしろ、後で飯抜きにされても知らねーぞ、行くぞマルコ、コニー」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:20:50.60 ID:1d3hW5xr0
ミーナ「…私は、まだ探すよ、アニが心配だし」

ミカサ「私はエレンが居ればどこでも」

サシャ「んー?よくわかんないですけど」

エレン「お前ら良いやつだな」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:21:31.34 ID:1d3hW5xr0
ジャン「早くしろ!教官に見つかっちまったら殺されるぞ!」

マルコ「ああ!」

コニー「…おいちょっとまて」

ジャン「あ!?馬鹿なこといってねーで早く…」

マルコ「…ライナー?」





ライナー「ふえぇ…」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:26:39.66 ID:1d3hW5xr0
マルコ「こんなところにいたのかライナー、早く戻ろう」ガシッ


ライナー「ふえぇ…」クルリ


マルコ「ライナー?」


ライナー「ふえぇ…」ガッ

マルコ「な、なにを…うわあああ!!!」

ジャン「!?なにやってんだお前!」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:27:31.77 ID:1d3hW5xr0
アルミン「ふえぇ…漫画に頭脳派っぽいキャラは二人もいらないんだよぉ…だから君は死んだんだよぉ…」

ジャン「…!?アルミン!お前まで何を」

コニー「うわああああ誰だこいつ!離せ!!!!!」

ジャン「コニー!」

ベルトルト「ふえぇ…小さ過ぎて同じ目線で物事を見据えることができないよぉ…」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:28:12.71 ID:1d3hW5xr0
ジャン「お前…マルコ…か?」

マルコ「ふえぇ…」

クリスタ「ふえぇ…」

ユミル「ふえぇ…」

アルミン「ふえぇ…」

ライナー「ふえぇ…」

ベルトルト「ふえぇ…」

アニー「ふえぇ…」

コニ「ふえぇ…」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:50:04.13 ID:1d3hW5xr0
ハァハァ


ジャン「くそっどうなってんだよ!!」ハァハァ

マルコ「ふえぇ…」

アルミン「ふえぇ…逃げても無駄だよぉ…」



エレン「いねーな、これじゃマジであいつら先に戻ったのかもな」

ミカサ「私はエレンが居ればどこでも」

サシャ「お腹空きました」

ミーナ「んーとりあえず一旦戻ろっか」

エレン「おう、そうしようぜ」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:50:50.67 ID:1d3hW5xr0
ジャン「ハァハァ…ここまでくれば大丈夫だろ」

ジャン「ただ…一つだけあいつらについて分かったことがある…早く皆に伝えねぇと…」ハァハァ

ジャン「ミカサ…」

クリスタ「ふえぇ…」

ジャン「!!!近くにいる…」

ユミル「ふえぇ…」

ライナー「ふえぇ…」

ベルトルト「ふえぇ…」

ジャン「早く…早くいなくなってくれ…!!」

ふえぇ…ふえぇ…
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:52:15.05 ID:1d3hW5xr0
ふぇぇ…ふぇぇ…

ふぇ…ふ…

ジャン「…いったか」




ポン

ジャン「…」

ジャン「あ…ああ…」

マルコ「ふえぇ…」ニタァ

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 09:59:53.02 ID:1d3hW5xr0
エレン「!?ジャンの声だ!」

ミカサ「私はエレンが居ればどこでも」

サシャ「お腹空きました」

ミーナ「まさかジャンの身に何か…」

エレン「くそっどうなってんだ、何が起こってんだよ…!」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:00:41.08 ID:1d3hW5xr0
トボトボ

サシャ「お腹が空きました…」

サシャ「!!!」

ミーナ「サシャ?」

サシャ「パァン!」ドドド

ミーナ「サシャ!?」

エレン「おいサシャどこ行くんだよ!」

ミーナ「もう見えなくなっちゃった…」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:01:29.99 ID:1d3hW5xr0
サシャ「パァン!」┣¨┣¨┣¨┣¨

サシャ「…ありました!」モグモグ

サシャ「おいひ~♪」モグモグ

ガシッ

サシャ「!?」

キース「ふえぇ…」

サシャ「あ、あのですね…これは…」バシッ

キース「ふえぇ…」

サシャ「ゆ、許してくださいぃぃぃ!!!」ダダダ

アルミン「ふえぇ…」ニヤリ
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:08:00.91 ID:1d3hW5xr0
サシャ「ハァハァ…危なかったですね…」ドン

サシャ「あっすいませ…」

ベルトルト「ふえぇ…」

サシャ「ぎゃああああああ!」

キース「」ガシッ

サシャ「!?いやあああああああ!!!!んぎぃぃいああああああ!!!!!!!」

ぎいぃぃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:08:31.24 ID:1d3hW5xr0
エレン「サシャの声だ!」

ミーナ「何かあったんだわ!」

ミカサ「私はエレンが居るならどこでも」


ハンネス「オーイお前ら!」ハァハァ
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:09:03.03 ID:1d3hW5xr0

エレン「ハンネスさん!」

ハンネス「ようエレン、ミカサ」

ミカサ「ご無沙汰してます」

ミーナ「誰?この人」

エレン「駐屯兵団のお偉いさんだ」

ハンネス「ハッよせよ…そんな事を喋りにきたんじゃねぇ、いいか、手短に話すからよく聞け」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:09:29.09 ID:1d3hW5xr0
ハンネス「今街では幼女になる疫病が蔓延してる」

エレン「ようじょってなんだ」

ミーナ「え?」

ハンネス「その病気に感染したものは口が悪くなる、ふえぇ…が口癖になる、回りの幼女でないものを自分達の仲間に引き込むなどの特徴が出てくる」

エレン「なんだそれ」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:11:29.96 ID:1d3hW5xr0
ハンネス「今幼女になってない民間人の避難をさせてる!お前達も訓練兵とはいえ兵士だ!手伝えよぉ」

ミーナ「訓練兵の私達が駆り出されるくらい深刻なの…」

エレン「じゃあライナー達もそれに行ってんのかもな」

ミカサ「私はエレンが居ればどこでも」

エレン「よし、俺らも行くぞ!」

ハンネス「まて!」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:13:01.16 ID:1d3hW5xr0
ハンネス「ふえぇ…感染源は不明だが…病原菌が蔓延してるかもしれない、一応マスクを付けていけよぉ…」

エレン「!?ハンネスさん…口調が…」

ハンネス「ふえぇ…どうやら俺はもうダメみたいだ…お前達を幼女にする前に…殺してくれよぉ…」

エレン「なにいってんだよ!できるわけねーだろ!」

ハンネス「ふえぇ…最後に…まだ仮説段階だが…この病気の治療法を教えておくよぉ…」

エレン「!?」

ハンネス「ふえぇ…それは…幼女を…大…」

ミーナ「しっかりしてください!ハンネスさん!」ユサユサ
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:16:25.50 ID:1d3hW5xr0
ミカサ「ミーナ、離れて」

エレン「!?何する気だよミカサ!命の恩人だぞ!」

ミカサ「だからこそ…彼が幼女になる前に、潔く死にたいという願いを叶えてあげるべき」

エレン「くっ」

ミーナ「だ、ダメだよミカサ!ハンネスさんは大丈夫なんだから!」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:16:57.77 ID:1d3hW5xr0
エレン「ミーナ…」

ミーナ「ハンネスさんは大丈夫!ホラ!」

ハンネス「ふ…ふぇ…」ブルブル

ミーナ「ハンネスさんっ!」


ハンネス「…」ユラリ
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:18:55.71 ID:1d3hW5xr0
ミーナ「ホラ!大丈夫だって言ったじゃない!」

ハンネス「…えぇ…」

ミーナ「ハン…ネスさん…?」

ミカサ「!!エレン!」グイッ

エレン「ミカサ!?」

ミカサ「一歩…遅かった…!」

ハンネス「ふえぇ…君の髪型男性器のアレみたいだよぉ…」

ミーナ「…そんな…嘘…幼女になるなんて…」

ハンネス「ふえぇ…!」ガシッ

ミーナ「いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:27:10.71 ID:1d3hW5xr0


ミカサ「ここは危険、早く移動しよう」

エレン「なんでなんだよ…ミーナまで…」

ミカサ「ハンネスさんの言葉の意味をよく考えて」

エレン「幼女を大…だっけ!?意味わかんねーよ!」

ミカサ「…」
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:30:44.75 ID:1d3hW5xr0
そのころ
ウォールローゼ

エルヴィン「民間人の避難を急げ!」

ハンジ「一体なんなんだろうね、この病気…このマスクだって着ける意味があるのか…」

ミケ「何もないよりはマシだ、とりあえずできる事は全てやろう」

リヴァイ「俺は向こうにいる奴らを避難させてくる」

エルヴィン「無茶はするなよ、リヴァイ」

リヴァイ「ハッ、心配されるほどでもねぇな」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:36:22.68 ID:1d3hW5xr0
早馬「報告!第一防衛戦、突破されました!直にここにも幼女がくるよぉ…」

エルヴィン「!?」

早馬「ふえぇ…5年前から生き残ってる兵士ツーブロック多過ぎだよぉ…」ガシッ

ミケ「ここもそろそろマズイ、エルヴィン、撤退しよう」ゲシッ

早馬「ふえぇぇぇ…」ドサッ

エルヴィン「あぁ…全軍撤退!ウォールシーナまで撤退だ!」

早馬「ふえぇ…進撃の巨人ツーブロック大杉だよぉ…」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:46:56.17 ID:1d3hW5xr0
エルヴィン「この病気、発生源を突き止めなければ恐らく人類は勝てないだろう」

ハンジ「今のところ巨人が攻めてこないと考えると…」

エルヴィン「ああ、これ壁の中の人間が起こしたと考えられる」




ウォールシーナ内
城内

エルヴィン「ピクシス指令」

ピクシス「おぉ、来たかエルヴィン」

ピクシス「今幼女の解剖結果が出たところじゃ」

エルヴィン「…それで結果は?」

ピクシス「ふえぇ…それは幼女は…せ…」

エルヴィン「?」

ピクシス「ふえぇ…」

エルヴィン「まさか指令まで…」



ミケ「ふえぇ…」

ハンジ「ふえぇ…」

リヴァイ「ふえぇ…この七三野郎ぉ…」


エルヴィン「ふえぇ…くそっ…万事休すだよぉ…」



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:49:16.75 ID:1d3hW5xr0
訓練兵舎


ハンナ「エレン!!」

エレン「!!!ハンナ!フランツまで!!!」

フランツ「君達は無事みたいだね」

ミカサ「どうやって生き延びたの?」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:50:44.54 ID:1d3hW5xr0

ハンナ「あれは私達がセックスしてた時だったの…」

フランツ「恥ずかしい話だけどねっ」ふふっ

エレン「それで!?」イラッ

ハンナ「ちょっとフランツの口調が幼女っぽくなったんだけど、すぐに収まったの」

フランツ「ハンナだって少しだけ幼女になってたじゃないか~」

ハンナ「も~フランツったら~」

イチャイチャ
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:51:50.29 ID:1d3hW5xr0

ミカサ「つまりセックスして大人になれば幼女化を抑えられるという事?」

ハンナ「多分ね」

フランツ「最初は僕たちの愛のおかげかと思ったけどね」

ハンナ「も、もう…フランツったら!」

イチャイチャ


エレン「え?セックス?え?」
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:53:00.15 ID:1d3hW5xr0
ミカサ「つまり、私とエレンがセックスすれば大丈夫」

エレン「え?え?」

ミカサ「大丈夫、上手くやって見せるから」

エレン「は?」

ミカサ「セックスしなければ死ぬ、セックスしなければ勝てない」

エレン「は?」

アッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:54:39.57 ID:1d3hW5xr0
その後、エレンがライナーのケツにオモチャの棒を突っ込んでライナーは大人になった
そして主にライナーが皆のケツに進撃の巨人をして事態は大体収まった

クリスタ「ふえぇ…」

ライナー「クリスタ…ハァハァ…今助けるからな…」

エレン「やめろよクリスタ怖がってるじゃねーか」

クリスタ「ふ、ふえぇ…」ギュッ
54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:55:47.20 ID:1d3hW5xr0
ライナー「こればかりはお前には譲れん」

エレン「クリスタ怖がってるからお前はダメ」

クリスタ「ふえぇ…」モジモジ

エレン「え?俺?いいけど」

ライナー「や、やめろおおおおおおおおお」

ギシギシふえぇ…ふえぇ…
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 10:56:15.15 ID:1d3hW5xr0
ライナー「あ、あああ…」

グイグイ

ライナー「ん?」

アルミン「ふえぇ…」ギュッ

ライナー「え…」キュン



アッーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 11:03:13.63 ID:1d3hW5xr0
幼女のクリスタを書きたかっただけなんですごめんなさい
58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 11:06:37.07 ID:ZHoHEbIP0

>>57その気持ちは良く分かる
59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 11:53:06.17 ID:egy18eWUo
ふえぇ…
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 13:00:36.34 ID:nsoySI/Bo
ふえぇ…

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年08月12日

    ふえぇ...

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング