FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:19:33.86 ID:oZb75ggD0
※時系列は戦車道大会前


みほ「試合で動揺を誘うためだけにキスをする?」

杏「そーそー」

みほ「な、なんでまたそんなことを」

杏「昨日読んだラノベでそんな作戦があってさあ。いやー、すんげぇなあって思って」

みほ「ま、まあ良いんじゃないですか(会長がやるなら)」

杏「マジ!?冗談半分だったけど言ってみるもんだね~」ヒュウ

みほ「……?」

杏「そんじゃ、よろしく~」

みほ「え、えっと、会長がやるんですよね……?」

杏「え?やるのは西住ちゃんだけど?」

みほ「え?」

杏「まさか、口約束だ~なんて逃げないよね?」ジロリ

みほ「え、あの、その」

杏「よく分からないけど、そーゆーのだけは許せないんだよね」

みほ「は、はい……。頑張ります……」

杏「さっすが~!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531581573
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:20:30.47 ID:oZb75ggD0
みほ「(ダージリンさんか……聖グロだから……)」

みほ「今日はよろしくお願いします」スッ

ダージリン「え、ええ(近いわね……)」

みほ「…………」チュッ

ダージリン「!?」

みほ「む、昔からファンでして……」ウワメヅカイ

ダージリン「あ、え?」

みほ「好きなんです!」チュッ

ダージリン「……!」///

ダージリン「だ、だからっていきなりキスは……」

みほ「『恋と戦争では手段を選ばない』」

ダージリン「え?」

みほ「私が好きな言葉です」ニコッ

ダージリン「~~~~っ!」

みほ「好きです」

ダージリン「っ///」


………………
………


みほ「(照れ隠しなのかダージリンさんには死ぬほどボコボコにされた)」

みほ「うぅ……」

ダージリン「…………///」フン
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:21:13.22 ID:oZb75ggD0


みほ「(ケイさんは美人だし、モテそうだから……敢えて純情系で行こうかな……)」


みほ「あ、ケ…ケイさんですよね?」ウワメヅカイ

ケイ「ん?そうだけど……あなたは?」

みほ「あ、あの私はケイさんのファンで……その……」スッ

ケイ「?」

みほ「…………」チュッ

ケイ「!?」

みほ「え、えへへ」テレテレ

ケイ「あ、あなた!///」

みほ「ずっと好きでした」

ケイ「~~~~っ///」

みほ「大好きです」ニコッ

ケイ「」パタリ

みほ「!?」

みほ「(た、倒れちゃった……。救急車呼んだ方が良いよね?)」


………………
………


アリサ「(隊長不在で勝てるはずもなく……)」

みほ「わーい!」

アリサ「(うぅ……。隊長、一体何があったんですか……?)」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:22:08.23 ID:oZb75ggD0


みほ「(アンツィオのアンチョビさんかあ……。恋愛小説が好きとか聞いた覚えはあるけど……)」


アンチョビ「今日は良い試合にしようじゃないか!」ニッ

みほ「はいっ!よろしくお願いします!」

みほ「(取りあえず昨日読んできた少女マンガのフルコースで行こう)」

みほ「アンチョビさんっ!」カベドン

アンチョビ「ふぇっ!?」ワタワタ

みほ「アンチョビさん可愛いです」ナデナデ

アンチョビ「え、えへへ///」

みほ「好きです」チュッ

アンチョビ「……はい///」

………………
………


カルパッチョ「(ま、まともな指示が一度も来なかった……)」

みほ「わーい!」

アンチョビ「……///」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:22:57.48 ID:oZb75ggD0


カチューシャ「あら、あなた西住流の」ニヤリ

みほ「…………」

カチューシャ「去年は――」
みほ「」チュッ

カチューシャ「っ!?」ジタバタ

みほ「んっ」ガシッ

カチューシャ「やめ……はなせっ……」ジタバタ

みほ「好き……好きです」

カチューシャ「へっ!?」

みほ「んー」チュッチュッ

カチューシャ「だ、だからって!待って!タンマ!休戦!きゅうせーん!」

みほ「あ、はい」スッ

カチューシャ「や、やけに素直ね……」ハアハア

みほ「大好きなあなたが、少し苦しそうでしたから」

カチューシャ「(や、優しい……)」ポッ

みほ「もう休憩はいいですか?」チュッ

カチューシャ「はうぅ……///」

みほ「好きです。傷つけたくないんです。だから、降伏してもらえますね?」チュゥー

カチューシャ「は、はい……。こうふくします」

みほ「わーい!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:26:31.53 ID:oZb75ggD0


みほ「(流石にお姉ちゃんには抵抗があるなあ……)」

みほ「お、お姉ちゃん?」

まほ「なんだ?」

みほ「す、好き」テレテレ

まほ「!?」

みほ「あ、あはは……」

みほ「(こ、これ以上はちょっとムリ……)」

まほ「う、うん」

………


まほ「…………」ホケー

エリカ「隊長!マウスが撃破されてしまいました!どう動けば!?」

まほ「まあ、適当に」ホケー

エリカ「え?あ、T機動…ですね?」

エリカ「数ヶ月前に使った、あの隊列ってことですよね?」

まほ「うん」ホケー

エリカ「ということは……。本当に良いんですね?あの曰くつきの作戦で?」

まほ「うん」ホケー

エリカ「了解しました」

まほ「うん」ホケー

………


「大洗女子学園の勝利!」

みほ「わーい!」

まほ「…………」ホケー

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:27:33.81 ID:oZb75ggD0


みほ「(大学選抜チーム……!大学生ともなればキスなんて……)」

愛里寿「よろしく」

みほ「よ、よろしくおねがいします」スッ

みほ「(舌を絡めるしかない……!)」レロレロチュッチュッ

愛里寿「あぅっ!?」

みほ「(次は歯茎を舐めて……)」チュクチュク

愛里寿「~~~~っ!?」

みほ「(あ、後は……思いっきり吸うぐらいしか……)」チュウー

愛里寿「あっ……///」

みほ「(私に出来るのはこれぐらい……)」チラッ

愛里寿「…………」

愛里寿「…………」チュッ

みほ「!?」

愛里寿「…………」チュクチュク

愛里寿「あなた、キス下手ね」クスクス

みほ「っ!」///

みほ「(焦らし方と、攻めとの緩急がハンパじゃない……!)」///

愛里寿「ふ~ん、上あごが感じるの?」ニヤー

みほ「あっ……ん///」


まほ「待ったぁぁああーーー!」


みほ「ほ、ほ姉ちゃ……」

まほ「黒森峰も参戦する!」チュゥ

愛里寿「っ!?」

みほ「お姉ちゃん!?なんで私の耳を舐めるの!?」

ダージリン「あら?」レロー

みほ「ひっ……///」

ダージリン「気持ち良さそうじゃない?」クスクス

みほ「そ、そうじゃなくって……!」

カチューシャ「首筋とかゾクゾクするでしょ?」チュッチュッ

みほ「ん、ん~///」

アンチョビ「私は指を舐めてやろう!」アーン

みほ「~~~~っ!」

西「私はおへそを」レロレロ

みほ「や、やめっ……」

ケイ「太ももとか感じるでしょう?」チュクチュク

みほ「あうっ……///」

ミカ「気持ちがいいって、良いことさ」チュウ

みほ「~~~~~~~っ!!!」ビクンビクン

愛里寿「好きよ」チュッ

みほ「あ、あ……」トローン
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:28:02.30 ID:oZb75ggD0


………


蝶野「失格です」

愛里寿「あ、え?」

蝶野「こ、これはレイプよ!?」バン

愛里寿「……いや、でも向こうから」

蝶野「そういう問題じゃないの!」

愛里寿「あ、はい」

蝶野「あなた達は失格です」

愛里寿「…………」


杏「わーい!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:29:08.40 ID:oZb75ggD0


後日


沙織「みぽりんってエロエロだったんだね」

華「エロエロだったんですねえ」

みほ「!?」

麻子「正直、興奮した」

優花里「ですねえ」

みほ「え?」

沙織「ね、ねえ?しょ、将来のためにさあ、キスの練習……させてよ」

みほ「はい?」

沙織「いいじゃん!みぽりんエロエロなんだから!」ガシッ

麻子「あ、ずるいぞ」

華「こ、こほん。私もですね……」

優花里「4人分、頑張ってくださいね西住殿!」

みほ「ちょ、まっ……」

………

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:29:41.38 ID:oZb75ggD0

さらに後日


愛里寿「来ちゃった」

ダージリン「来ちゃったわ」ニヤー

ケイ「き、来ちゃった」テレテレ

アンチョビ「来ちゃったぞ」ニッコリ

カチューシャ「き、来てあげたわよ」テレッ

まほ「みほが、家に帰ってこないから……」

みほ「…………」ヒクヒク

桃「西住ーーー!!!!ここは任せろ!!」

みほ「河嶋さん!?」

桃「西住ッ!!!」

桃「お前はっ、転校しろーーー!」

みほ「は、はいっ」ポロポロ

みほ「このご恩、忘れません……!」ダッ

桃「ふっ……達者でな」

みほ「(なんて格好良い人なんだろう。私はいつかああなりたい)」

桃「お礼してくれとは言わないが、できれば西住のコネで大学紹介してくれると助かる」

みほ「よろこんでっ!」


HAPPY END

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング