FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:37:42.26 ID:ZFbCW7Bm0
脱衣所

マミ「勝負の時よ…」

体重計<ギシッ

マミ「…」

杏子「へぇ、4○㌔か」

マミ「ちょ、ちょっとどこから入ってきたの!?」

杏子「窓からだけど」

マミ「…暑いからって開けとくんじゃなかった」

杏子「いいなー、3○㌔しかないからちょっと分けて欲しいくらいだ」

マミ「は?」

杏子「戦うときにウェイト乗せたいんだけど筋肉も贅肉もつかなくてなー」

マミ「…」

マミ(調子こいてんじゃねえぞこの野郎)
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:40:52.30 ID:ZFbCW7Bm0
マミ「はぁ…着替えるからあっち向いてて」

杏子「分かった」

マミ「それで、なんの用なの?」

杏子「飯をたかりに」

マミ「…」

マミ(ああ、そうだ)
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:43:51.19 ID:ZFbCW7Bm0
食卓


マミ「はい、チーズフォンデュよ」

杏子「おお・・・美味そう!」

マミ「たんと食べてね」

杏子「うん、うん」

マミ「パンには厚切りのバターをのせてあるからね」

杏子「サンキュー!」

マミ「飲み物は甘い甘いお砂糖たっぷりの紅茶を用意してあるから」

杏子「マミはいい嫁さんになれるな!うん!」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:46:47.25 ID:ZFbCW7Bm0
食後


杏子「はぁー食った食った…もうパン1切れも入らない」

マミ「お粗末さまでした」

杏子「それじゃ帰っかなー」

マミ「あら、泊まっていかないの?」

杏子「へっ?いいのか?」

マミ「もちろんよ、すぐ寝ちゃっていいからね」

杏子「今日のマミは女神に見えるな!」

マミ「ふふっ」

マミ(肥えろ!)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:51:28.70 ID:ZFbCW7Bm0
翌朝


マミ「ローストビーフを挟んだホットサンドよ」

杏子「すげー…こんな朝飯初めてだ」

マミ「たくさんあるからね、余ったらお弁当に詰めるからね」

杏子「おう!」

マミ「ふふっ」

杏子「バクバク…美味い!」

マミ「水筒に冷えたポカリ入れておくから持って行ってね」

杏子「なんか母親みたいだなー」

マミ(カロリー計算もせずに幸せそうな顔しちゃって…クックックッ)
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 14:58:36.53 ID:ZFbCW7Bm0
学校


マミ(夕飯は何にしようかしら)

マミ(似たような味ばかりじゃ飽きちゃうだろうし…)

マミ(効率的に食べさせる為には…)

マミ(う~ん)

まどか「マミさーん!」

マミ「あら、鹿目さん」

まどか「テェヒヒ、どうしたんですか?ずいぶんと楽しそうですけど!」

マミ「ちょっとやることができちゃったから張り切っちゃってる…かな」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:02:06.97 ID:ZFbCW7Bm0
路地裏


杏子「へへっ、今日は調子いいなー」

杏子「グリーフシードも手に入ったし・・・」

杏子「特製弁当ご開帳っと!」パカ

杏子「おおっ…ホットサンド、ミニトマト、レタス、ピクルス…」

杏子「すげー、いただきます」

杏子「はぐはぐ…はぁー飯の心配しなくていいとすげー気分が楽だ」

杏子「美味いし、今日も泊めてくれるみたいだし」

杏子「ポカリも冷えててうめー」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:05:39.78 ID:ZFbCW7Bm0
マミの家


杏子「マミーいるかー」

マミ「あら、おかえりなさい」

杏子「弁当美味かったぜ!」

マミ「はいはい」

杏子「なんかすることないか?」

マミ「ずいぶん汗描いてるじゃない、もうすぐご飯だからシャワー浴びてきてね」

杏子「分かった!」

マミ(カロリー消費なんてさせないわ)
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:08:46.55 ID:ZFbCW7Bm0
マミ(ふふっ、お弁当箱も水筒も空っぽ)

鍋<グツグツ

マミ「お野菜もそろそろ柔らかくなってきたかしら」

マミ「うん、このくらいかな」

マミ「ルーを投入して…弱火にして」

マミ「サラダにはハーフじゃないマヨネーズを…ふふっ」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:12:53.56 ID:ZFbCW7Bm0
杏子「はぁーさっぱりした」

杏子「・・・おっ、この匂いは」

マミ「カレーつくってみたんだけど、嫌いじゃなかった?」

杏子「うんうん、すげー美味そう」

マミ「ふふっ、良かった、座ってね」

杏子「分かった!」




85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:18:26.49 ID:ZFbCW7Bm0
杏子「もぐもぐ」

マミ「美味しい?」

杏子「ああ、マミは料理うめーな」

マミ「一人暮らししてたら普通よ」

杏子「このトロッとした肉は?」

マミ「スペアリブを少し焼いてから煮こんでみたいの」

杏子「じゃがいももごろっとしててうめー」

マミ「うちはごろごろ野菜カレーが多かったからかな」

杏子「…そういやうちも結構大きかったな」

マミ「ほら、元気だして。はいお茶」
93: みたいの→みたの 2011/07/01(金) 15:21:33.61 ID:ZFbCW7Bm0
杏子「ごちそうさん!」

マミ「はいお粗末さまでした」

杏子「洗い物やっとくよ」

マミ「そんなのいいわ、お客様なんだから」

杏子「世話になりっぱなしだからこのくらいは」

マミ(まぁこのくらいなら大したカロリー消費にもならないかな)

マミ「分かった、お願いね」

杏子「任された!」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:24:31.64 ID:ZFbCW7Bm0
2ヵ月後 脱衣所

マミ「ふふ、乗ってみて」

杏子「おー、分かった」

体重計<キシッ

マミ「えっ」

杏子「変わらずかー、マミはどうだ?」

マミ「わっ、私はいいわ!」

杏子「そういうなってほらっ!」

体重計<ギシッ

マミ「…!?」

杏子「おー、プラス1キロか、いいなぁ」

マミ(どういうことなの…)
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:27:42.02 ID:ZFbCW7Bm0
ソファー

マミ「……」ドンヨリ

杏子「お、おいマミどうしたんだよ」

マミ「放っておいて…」

杏子「…分かったよ」

マミ「…」

杏子「そうだ、その箱開けてみて」

マミ「…」 パカ

マミ「グリーフシード?」

杏子「マミのお陰でそっちに専念できたしな、お礼…っていうか」ポリポリ

マミ「…」

杏子「泊めてくれてありがとな、嬉しかった」

マミ「はぁ…佐倉さん」



マミ「今晩の夕飯は何がいいかしら」
                         おわり
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 15:29:08.99 ID:ZFbCW7Bm0
山も落ちも意味もないけど、なんとなく杏子ちゃんは太らなさそうだなと思ったら無闇に書きたくなった。
マミさんはふっくらでいいと思います。

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2019年07月03日

    マミさんが40kg台のわけないだろキモヲタDTが

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング