FC2ブログ

娘「貴方に注ぐ私の愛」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/04(木) 01:53:49 ID:oThqqQwY
娘「パパ起きてー!」

父「あと3分……」

娘「それさっきも聞いたよ!」

父「気のせぃ……」

娘「もうっ! 早く起きてご飯食べてよね。パパも私も遅刻しちゃうよ!」

父「おっけぃ」ムクッ

娘「よし、そのまま洗面台行って顔を洗って歯を磨いてね」

父「まかせろぉ」

娘「ほんと朝弱いんだから……」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/04(木) 01:54:34 ID:oThqqQwY
父・娘「「いただきます」」

父「はむ」

娘「どう?」

父「美味しい」

娘「よかった」

父「いつも朝ごはんと弁当作ってくれてありがとな」

娘「料理はパパに任せられないし、私も楽しいから別にいいよ」

父「パパだって料理くらいはできるんだけどなぁ」

娘「パパの料理は炒飯のイメージしかないけど」

父「うっ……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/04(木) 01:56:09 ID:oThqqQwY
娘「それにパパは朝起きれないんだし、私が作らないと朝ごはん抜いて仕事行くでしょ?」

父「娘が小学校の頃は頑張って朝ごはん作ったと思う」

娘「味噌汁の代わりにうどんか袋麺食べてたね。今じゃ考えられないよ」

父「ばあちゃんの所に料理を教わりに行ってたのは本当に驚いた」

娘「ウトウトしながら包丁持つパパが危なっかしかったのと、おばあちゃんが料理上手だからちょうどいいと思ってね」

父「お陰で美人な娘に色んな料理を作ってもらえるようになって……俺は幸せだよ」

娘「言い過ぎ……」

父「いくらでも言える自信があるぞ」

娘「……///」パクッ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/04(木) 01:56:52 ID:oThqqQwY
父「忘れ物はない?」

娘「大丈夫」

父「そうか」

娘「ママ、今日も元気に行ってきます」

父「……行ってきます」

娘「よしっ」

父「気を付けて学校に行くんだぞ」

娘「うん」

父・娘「「行ってきます」」

父・娘「「行ってらっしゃい」」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:23:20 ID:8sdJ8SGw
娘「あっ、昨日のドラマ録画するの忘れてた」

父「それなら録画しといたぞ」

娘「え、本当!? ありがと! でもなんで観たいドラマが分かったの?」

父「昨日『面白そう……録画しなきゃ!』って言いながら自分の部屋に行って戻ってこなかったのにはビックリした」

娘「あー……友達と喋ってそのまま寝ちゃったんだ。 パパありがと!」

父「どういたしまして」

娘「夜一緒に観ようね」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:24:52 ID:8sdJ8SGw
父「あっ、昨日の映画録画するの忘れてた」

娘「それなら録画しといたよ」

父「おぉ」

娘「昨日『これ面白そうだな。録画しよう』って言いながらお風呂入るまでパソコンカタカタしてたじゃん? なんか忘れてそうだなーと思って録画しといた」

父「あー、ありがとうな」

娘「いいよ、お仕事忙しい時期?」

父「少しだけね」

娘「そっか、じゃあ元気になるご飯をいっぱい作ってあげるね」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:26:02 ID:8sdJ8SGw
父「うーん……」

娘「パパ何やってるの?」

父「クロスワードパズル」

娘「ふーん」

父「うーん」

娘「何処で悩んでるの?」

父「全部」

娘「ここに入るの『こ』じゃない? あとここは『ふ』」

父「……なるほど」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:26:41 ID:8sdJ8SGw
娘「ふふん」

父「凄いな」

娘「もっと褒めてもいいよ」

父「自慢の娘だ」

娘「んふっ、嬉しい」

父「それはよかった」

娘「あっ、ここに入る言葉も解っちゃった! 答え言っていい?」

父「ま、待ってくれ! 考える、考えるぞ!」

娘「パパに分かるかなぁ?」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:27:58 ID:8sdJ8SGw
娘「うーん」

父「大丈夫か?」

娘「宿題の問題が解けなくて……あれぇー?」

父「パパ天才だから解けるかもよ? ちょっと見せて」

娘「はい」

父「……」

娘「どう?」

父「昔は解けた」

娘「今は?」

父「さっぱり」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:29:27 ID:8sdJ8SGw
「娘ちゃんって何型?」

娘「O型だよー」

「あーそれっぽい」

娘「それっぽいって何よ」

「なんかこう、ね?」

娘「ふふっ、意味分かんない」



「父さんってAかO型っぽいですよね」

「確かに……それと今日のお弁当も美味しそうですね」

父「いつも美味しくて泣きそうだよ。あと血液型はどっちも合ってないぞ」

「じゃあ何型ですか? ABとか?」

父「クワガタ」

「「……」」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:30:40 ID:8sdJ8SGw
父「あそこでお昼食べていくか」

娘「久々の外食だ」

父「いつも娘が美味しいご飯を作ってくれるからな」

娘「んへへ、何を食べようかな」

父「パパはステーキ食べる」

娘「お店に入る前から決めるの? 私は……えーっと」

父「外で考えなくてもいいんだぞ? さぁ行こう」

娘「それもそっか。分け合いっこしようね」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:31:49 ID:8sdJ8SGw
娘「カート押してー」

父「うん」

娘「今日の夜は何食べる?」

父「お肉、魚」

娘「うーん……魚かな」

父「刺身、焼き魚」

娘「うーん……ムニエルとかどう?」

父「美味しそう。じゃあいつも通り野菜コーナーからぐるっと見るか」

娘「うん!」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:34:04 ID:8sdJ8SGw
娘「……」

娘友「おーい!」

娘「娘友、おはよう」

娘友「おはよう!」

娘「今日はちゃんと宿題やってきた?」

娘友「……てへっ」

娘「イラッときたから見せてあげない」

娘友「そんなぁ……お、お願い見せて下さい」

娘「学校着いたら教えてあげるから頑張って解こうね」

娘友「ぐぬぬ、教えてくれる優しさと、丸写しはさせないぞという鬼畜さが感じ取れる」

娘「当たり前じゃん。ちゃんと自力で解かなきゃ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:34:57 ID:8sdJ8SGw
娘友「はぁーい。後さ、今日だっけ?」

娘「何が?」

娘友「新しい先生が来るらしいじゃん? 社会やってた先生の代わりに別の人が来るって話あったじゃん!」

娘「あー」

娘友「どんな人かなぁ」

娘「さぁ?」

娘友「もっと興味もってよ」

娘「興味ないもん」

娘友「イケメンな先生とかだったら嬉しいでしょ!」

娘「えー……正直なんでもいいよ」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:37:23 ID:8sdJ8SGw
娘友「出会いの無い女子高生活……もっと華やかにしたいじゃん!」

娘「そう……」

娘友「他校の男子からも告白されるからって余裕が生まれておるな……その胸よこせ!」

娘「ちょ、ちょっと」

娘友「相変わらずのボリュームとこの感触」

娘「わ、私は、いま好きな人とか作る気ないし!」

娘友「お父さんのお世話するからでしょ?」

娘「なっ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:38:40 ID:8sdJ8SGw
娘友「お父さんのこと大好きだもんねぇー」

娘「パ……父さんの事を好きで悪い?」

娘友「いや、いいと思うよ。中学から娘の育った環境は知ってるし、私から見ても素敵なお父さんだと思う」

娘「……ありがと」

娘「お母さんの事は悲しいけど、私はパ……父さんがいればそれでいいの」

娘「頑張って育ててくれたパ……父さんが居たからこそ今の私がいるんだもの。嫌いになんかなれないよ」

娘「あとパ……父さんは私が居ないとダメダメだしね」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/05(金) 00:39:19 ID:8sdJ8SGw
娘友「いい加減パパって呼んでもいいんだよ」

娘「い、家でも父さんって呼んでるし」

娘友「ふーん」

娘「ニヤニヤしないでよ!」

娘友「おっ、校門着いたし教室まで競争」

娘「ちょ、ちょっと待ってよ!」



??「……」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:02:54 ID:MEGzcgeE
教師「えー、今日から社会の担当をさせてもらいます。よろしく」


キャーキャー カッコイイー ワカーイ ミエナーイ


娘「おーイケメンじゃん。よかったね娘友」

娘友「……」

娘「おーい」

娘友「あっ、い、イケメン過ぎて意識が飛びかけてた」

娘「あはは」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:03:59 ID:MEGzcgeE
教師「来たばかりなので名前と顔を覚えるまで時間かかるけど許してね。 えーっと席順書いた紙は……」

女生徒「センセー、彼女はいるんですかー?」

教師「35歳独身です。じゃあ授業を始めます。どこまでやってたのか教えてくれる?」

女生徒「57ページで終わってます」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:05:19 ID:MEGzcgeE
娘「普通の先生だったね」

娘友「イケメンだけど結構落ち着いた感じ、クールなイケメンだった」

娘「パパ……父さんと年近いけどすごく若かったなぁ」

娘友「そこは人それぞれだけどイケメンはいつまでも若いよねー」

娘「テレビに出てる人とかずっと若いもんねー」

女生徒「ねーねー娘ちゃん」

娘「なに?」

女生徒「新しい社会の先生と娘ちゃんってちょっと似てるよね」

娘「似てるー? そんな事ないよー」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:06:15 ID:MEGzcgeE
女生徒「でも目元とか似てるよ! 知り合いだったりするの? そうだったら紹介して欲しいなぁー」

娘「知らない人だから何も出来ないよー。 あと似てないでしょ? 」

女生徒「親戚とかに居そうなくらいには似てるんだけどなぁ……。 あ、そうだ! 宿題見せてー!」

娘「しょうがないなぁ」

女生徒「ありがとー!」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:06:52 ID:MEGzcgeE
娘友「……」

娘「娘友は宿題いいの?」

娘友「へっ? あっ、やってない……」

娘「ほら、家帰ってたらちゃんと解くんだよ?」

娘友「心の友よー! ありがとー!」ダキッ

娘「ちょっと……ふふっ、早く写しちゃって」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:08:15 ID:MEGzcgeE
娘「……ねぇ」トコトコ

娘友「なに?」スタスタ

娘「私ってさ、そんなに新しい先生と似てるの?」

娘友「少しだけね」

娘「世の中、部位だけでも似てる人が近くに居るんだなぁ。パパに似てると思ってた部分がねー? イケメン先生に似てるって言われるとなんかむず痒いよ」


娘「パパって実はイケメンの部類なのかな?」

娘友「私の父親と比べるとイケメン……かな? 禿げてないし、若いし」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:08:54 ID:MEGzcgeE
娘「あははは、そっか、そんな風に思ったこと無いからちょっとなんか……」

娘友「?」

娘「なんか……嬉しいな」

娘友「あはは、ファザコンめ」

娘「あと胸がムズムズする」

娘友「まだ成長するというのか……くそう!」

娘「ちょ、危ないでしょ! あはは、くすぐったいよ」

娘友「ぐぬぬ、私だって大きいんだからなー! また明日ー!」

娘「あっ、バイバーイ……よし、買い物して帰ろうっと」


??「……」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:09:35 ID:MEGzcgeE
父「ただいま」

娘「おかえりーパパ」

父「美味しそうな匂いだな」

娘「肉じゃが作ってたんだ。 さっきお風呂沸かしたんだけど入る? まだ肉じゃが出来ないしどう?」

父「そうだな、今日は少し汗かいたからサッパリしてくる」

娘「そんなに汗臭くないけどなぁ」スンスン

父「恥ずかしいからあんまり嗅がないでくれ」

娘「私はあんまり嫌いじゃないよ。 でも清潔なのは大切だしお風呂行ってらっしゃい」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:10:14 ID:MEGzcgeE
父「学校で誰かの匂い嗅いだりするなよ?」

娘「流石にしないよー、するにしてもパパだけ」

父「それもどうかと思うが……じゃあお風呂入ってくる」

娘「のぼせないようにね」

父「大丈夫、のぼせないよ」

娘「うん」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:11:22 ID:MEGzcgeE
父・娘「「いただきます」」

父「……」

娘「おいしい?」

父「美味しい」

娘「んへへ、よかった」

父「今日は学校どうだった?」

娘「学校!そう言えば学校に新しい先生がやって来たの!」

父「おぉ」

娘「すごくイケメンな先生だったんだけど、クラスの友達が私に似てるって言ってくるの!」

父「世の中には自分に似てる人が3人くらい居るんだっけか? 」

娘「私は基本ママ似だけど目元とかはパパ似だと思ってたんだよねー。そこがイケメン先生にそっくりなんだって!」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:12:04 ID:MEGzcgeE
父「ほぉー」

娘「だからパパの目元もイケメンって事になるのかなーって」

父「そ、そう言われるとなんだか嬉しいな」

娘「照れてるの?」

父「少しな……パパがイケメンだと知れて良かったな」

娘「うん」

父「そうか……パパはイケメンだったのか。モテモテなアラフォーでも目指そうかな」

娘「モテモテ……?」

父「美女に声をかけてもらえたりしないかな」

娘「……女性苦手なのに調子乗んないの」

父「痛いっ、ごめんなさい」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:13:08 ID:MEGzcgeE
娘「あっ、明日おばあちゃん家行ってもいい?」

父「ばあちゃんの所か? 何かあるのか?」

娘「うん!」

父「そっか、遅くなるようだったら迎えに行くぞ」

娘「はーい、おばあちゃん家着いたら連絡するね」

父「行くときは気を付けるんだぞ」

娘「大丈夫、そんなに離れてないし、バスに乗ればすぐだし」

父「そうか……お金渡しとくか?」

娘「大丈夫だよー」

父「まぁ、何かあるかもしれないから貰っとけ」

娘「あ、ありがと」

父「おう」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:13:56 ID:MEGzcgeE
父「あっちに着いたら連絡してな。会社から真っ直ぐ迎えにいくから」

娘「うん」

父「よし」

娘「それじゃあ」

父・娘「「行ってきます」」

父・娘「「行ってらっしゃい」」



??「……」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:15:20 ID:MEGzcgeE
娘「どっちの缶詰がいいんだろう? 安いのよりは高い方……でも、うーん」

痩せた女性「なにか困ってるの?」

娘「えっ? あ、はい。 父の好きな料理に使う缶詰なのですがどっちを使えばいいか分からなくて……」

痩せた女性「その料理を作ったことはあるの?」

娘「実は今から教わるんです」

痩せた女性「そう……そういう時はコレとコレを買うといいですよ」

娘「そうなんですか?」

痩せた女性「これは安くて美味しいの。 お父さんの為に頑張って美味しい料理を作ってね」

娘「あっ、ありがとうございます」

娘(いい人だったな♪)
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:16:08 ID:MEGzcgeE
娘「おばあーちゃーん!」

祖母「よく来たねー!」

娘「うん! あっ、材料買ってきたからアレの作り方教えて!」

祖母「ありゃ、言ってくれれば材料くらい用意したのに」

娘「材料はこれで合ってるよね? 足りないものとかある?」

祖母「どれどれ……パッと見た感じ大丈夫そう……」

娘「どうかした?」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:17:57 ID:MEGzcgeE
祖母「使う缶詰まで一緒でビックリしちゃった」

娘「買いすぎちゃったりとかは無い?」

祖母「大丈夫だよ。 むしろばあちゃんがいつも買ってる量が同じでビックリしてんのさ」

娘「よかったぁー。 実はどれを何個買えばいいか悩んでる時に女の人が声を掛けて来たんだけど、その人がこれ買うといいですよって教えてくれたんだ!」

娘「 痩せこけてて最初は怖かったけど普通にいい人だった!」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:18:54 ID:MEGzcgeE
祖母「それはよかたねぇ……」

娘「おばあちゃん?」

祖母「ばあちゃん、孫が大きくなったと感動してボーッとしてんだわ」

娘「ふふっ、じゃあ作り方教えて! これでパパを喜ばせるの!」

祖母「そうね、頑張って作り方を覚えよう」

娘「うん!」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:20:30 ID:MEGzcgeE
祖母「……うん、美味しい!完璧だ!」

娘「ほんと!? パパ喜んでくれるかな?」

祖母「喜ぶよー!」

娘「ふへへ、楽しみー」

祖母「じゃあ、父が迎えに来るまでのんびりしてなさい」

娘「うん! あっ、おじいちゃん何してるの?」

祖父「料理のつまみ食いをしにきた」

娘「あははっ、美味しく出来たから食べて食べてー」

祖母「私はちょっとトイレに行くわね」

祖父「おう」

娘「行ってらっしゃい」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:21:13 ID:MEGzcgeE
祖母「……」

祖母「もしもし、父? ちょっと聞きたいことがあるんだけど──」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:22:27 ID:MEGzcgeE
娘「パパ?」

父「ん? あぁ、お風呂か……」

娘「なんか元気ないね」

父「そう見えるか? 疲れてるのかもな……」

娘「お風呂で背中流してあげよっか? 娘から父へ元気を注入とかどうよ!」

父「その気持ちだけで元気が湧いてきた」

娘「えへへ、暗い顔してると幸せが逃げちゃうし私も悲しいから元気だしてね」

父「あぁ、そうだな。 よしっ、お風呂で歌ってくる」

娘「家中に響かせてね!」

父「任せとけ」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/07(日) 00:24:11 ID:MEGzcgeE
娘「……」

娘(背中を流して元気注入とか言っちゃったー///)

娘「でもちょっとだけ……や、やっぱり恥ずかしいっ」



父「娘に心配されるとか……駄目だなぁ」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:06:18 ID:uZH74H9k
「ち、違うの! これは、これは……」

「勝手に調べてごめん……けど」

「──っ!」

「どこに行くんだ! 待ってくれ、おい!」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:07:29 ID:uZH74H9k
「お義父さん! 女は!?」

「私達も分からないんだ。男くん、本当にスマン! 話は聞いたが子供はどうした?」

「娘を……家に置いたまま家を出て行きました」

「携帯とかはどうした」

「鞄に入っていたようで、それを持って外へ……」

「ここへ来るかもしれないから一度入りなさい。話も詳しく聞かせてくれ」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:08:42 ID:uZH74H9k
「もう10日も帰ってこないわ……」

「キャッキャッ」

「……父さん、母さん、お義父さん、お義母さん。俺はこの子を育て続けようと思う」

「何を言ってるか、理解しているのか?」

「私は反対です! こんな形で出来た子供なんて……父親も分からないんですよ!」

「母さん……けど」

「男、お前はそれでいいのか? お前は現実を受け入れられるのか?」

「娘が産まれてもうすぐ一年経つ。この子へ掛けてきた愛情は今も変わらない……俺は娘を心から愛してるよ」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:10:37 ID:uZH74H9k
「男、いくら愛情を描けてきたと言っても血の繋がりは無いと分かってしまったのよ? 一度頭を冷やしなさい!」

「そうよ男君、きっといつか男君の心に限界が来るかもしれないわ」

「そうかもしれません」

「……本当にいいのか? 我が娘の不貞で出来た子供、女は帰ってこない、証拠を探したが決定的な物は無く相手も未だに分からない。君への負担があまりにも大きすぎる」

「いえ、不定行為と確定した訳ではありません」

「でも、女が襲われたとか! そう言った行為をされた素振りは見せなかったのでしょう!? なら──っ! ……ごめんなさい」

「どちらか分からないのなら、俺の愛する女性を信じます。誰かに脅迫されていた可能性だって、それら含めて女の異変を見抜けなかった俺の責任です」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:12:40 ID:uZH74H9k
「そこまで女を……」

「本当に君が育てるのか?」

「嫁が姿を消してからしてから 考える時間は十分に貰いました。俺はこの子を娘として愛しています」

「施設や私達に預けるといった選択肢は無いのか? 無理に虚勢を張って──」

─────
───




父「っ! はぁ、はぁ」

父「……またこれか」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:13:16 ID:uZH74H9k
娘「パパー? 起きてご飯たべ……起きてる!」

父「お、おはよう」

娘「どうしたの!? えーっと、今日は雨降っちゃうかも……」

父「……ちょっとトイレ行きたくなって目が覚めたんだ」

娘「なるほど。お漏らしする前に起きて偉い!」

父「まだまだ若いやい……トイレ行ってくる」

娘「ふふ、行ってらっしゃい」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:15:21 ID:uZH74H9k
父「はっくしゅ! ……ぅあ」

娘「風邪?」

父「いや、誰かが噂してるな」

娘「誰だろう……ママが天国で噂してたり!」

父「……そうかもな」

娘「じゃあ、風邪を引く前に私が作ったご飯を食べて元気になって!」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:17:59 ID:uZH74H9k
娘「ックシュ」

父「風邪か? 熱は?」

娘「大袈裟だよー」

父「大切な娘の体調が悪いかもしれないんだ。ちょっと待っててな」

娘「もう……ありがと」

父「コレと、コレと、コレ、あとコレも飲んでな」

娘「流石に多くない?」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:20:24 ID:uZH74H9k
娘「パパー」

父「どうした?」

娘「呼んだだけー」

父「楽しい?」

娘「楽しい」

父「それは良かった」

娘「んへへ」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:21:50 ID:uZH74H9k
娘「パパー、手握っていい?」

父「ほい」

娘「……」

父「……」

娘「いつもぎゅってすると握り返してくれるね」

父「ぎゅってされたからな」

娘「んふふ、私これすきー」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:22:54 ID:uZH74H9k
娘友「聞いたよー? また告白されたんだってね」

娘「校門前でビックリしちゃった」

娘友「私が寝坊しなきゃ追っ払ってやったのに……ごめんね?」

娘「大丈夫だよ」

娘友「どんな人だった? 格好よかった?」

娘「うーん、格好いいんじゃない?」

娘友「いいな!いいな! 告白羨ましいな!」

娘「娘友……好きだ」

娘友「嬉しいけど嬉しくない!」
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:24:27 ID:uZH74H9k
娘「この服とかどう?」

父「似合う」

娘「じゃあこっちは?」

父「そっちも似合う」

娘「悩むなぁ……どっちかで言えば?」

父「うーん、こっちの服」

娘「そっか……じゃあこっちにする」

父「うん」

娘「じゃあパパの服見に行こう!」

父「パパは別にいいよ」

娘「見に行こー!」

父「……見に行くか」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:25:18 ID:uZH74H9k
女店員「これとかお似合いですよー」

父「は、はぃ」

女店員「着てみますか? ではこちらを……」

父「じ、自分で着ます」

娘「私がパパに着せてあげる! 私がやっても大丈夫ですか?」

女店員「大丈夫ですよー。仲がいいですねー」

娘「んへへ、はい、腕を通して」

父「ありがと」

娘「大丈夫……大丈夫だよ」

父「あぁ」

娘「うん、よく似合う!」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:27:35 ID:uZH74H9k
娘「今日は何を作ろうかな」

娘「パパが元気になる料理がいいなぁ……あっ」

痩せた女性「あら」

娘「こんばんは、こっちでも買い物をするんですね!」

痩せた女性「えぇ、貴女もこっちで買い物するの?」

娘「はい! 私はこっちに住んでいるので!」
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:28:11 ID:uZH74H9k
痩せた女性「そうなのね、今日も何かに悩んでたりするの?」

娘「実はそうなんです! 元気が出る料理とかありますか?」

痩せた女性「元気になる料理ねぇ……しょうが焼きとかはどう?」

娘「なるほど! 今日の夜ご飯はしょうが焼きにします!」

痩せた女性「ふふっ、頑張ってね」

娘「はいっ、ありがとうございます」

痩せた女性「バイバイ」

娘「さようなら! ……やっぱりいい人だなぁ。よし、しょうが焼きの具材と卵と牛乳を買って帰ろー!」
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:28:59 ID:uZH74H9k
娘「パパ何してるの?」

父「背中を、伸ばしてる……ぐっ」

娘「背中痛いの?」

父「あぁ、最近姿勢が悪くてな」

娘「私がマッサージしてあげる! 横になって!」

父「いいのか? じゃあお願いしようかな……娘にマッサージしてもらうなんてパパは幸せだぁ」

娘「よいしょっと」

父「……別に乗んなくてもいいんだぞ?」

娘「こっちの方がやり易いでしょー! 痛いところは何処ですかー? ここですかー?」

父「イデデデデ!」
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:31:26 ID:uZH74H9k
「申し訳ございませんでした!」


「……は?」

「私の無責任な行動で、こんな、こんな事態になっているとは知らず……。本当に、本当に反省しています」

「ですから、あなたは……」

「私はの女さんの──」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:32:39 ID:uZH74H9k
「だ、大丈夫ですか!?」

「……来ないでくれ」

「!!」

「それ以上家に入らないでくれ。もう私に、娘に関わらないでくれ……頼む」

「……私の連絡先を書いた紙を置いて行きます。後日、話し合いをさせてください」

「頼むから……早く帰ってくれ」

「っ!日を改めます」
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 22:39:21 ID:uZH74H9k
「くそっ、くそっ、くそっ……」

「娘、情けない父親でごめんな」


─────
───



父「っ! はぁ、はぁ、またか」

父「外はまだ暗いな」

父(あの日、女が娘に接触した可能性は0じゃない……)

父「少し、調べるか」



父「父親として、娘を護るんだ」
67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 05:45:32 ID:fglO3VIA
父「ただいまー」

父「返事がない、反抗期か……さらば素晴らしき日々」

娘「んっ……」

父「って、寝てたのか。お疲れか?」

娘「パパ……おて……ふふ」

父「可愛い夢だな」

娘「んふっ……んふふ……」
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 05:47:56 ID:fglO3VIA
娘「なに読んでるの?」

父「昔買った小説」

娘「面白い?」

父「面白い、読むか?」

娘「じゃあ少しだけ」
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 05:48:47 ID:fglO3VIA
娘「はい」

父「おっ、どうだった? 素敵な作品だったろ」

娘「……うっ、うぅ」

父「あ゛っ」

娘「感動し゛た゛ー!」

父「泣くな泣くな」

娘「うわぁぁぁん! 素敵な作品だったー」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 05:50:34 ID:fglO3VIA
娘友「新しい漫画を大人買いしたんだー」

娘「どんなやつ?」

娘友「○○○ドロップっていうやつ」

娘「面白い?」

娘友「今度貸してあげる!」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 05:52:31 ID:fglO3VIA
娘友「どう、面白かった?」

娘「うん」

娘友「……」

娘「ニヤニヤしてどうしたの?」

娘友「なんか羨ましそう」

娘「なっ!? バカ! そんな事あるわけないでしょ!」

娘友「ひゃー!」

娘「でも、もう少し借りててもいい?」

娘友「んふっ……痛いっ、ごめんて」
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:12:01 ID:fglO3VIA
父「ポップコーン食べる?」

娘「食べる!」

父「ポテト食べる?」

娘「食べる!」

父「太る?」

娘「ふと……は?」

父「コレとコレと、コレを2つ下さい」

娘「パパ? ねぇ、こっち向いて、ねぇ」

父「映画楽しみだな」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:12:45 ID:fglO3VIA
娘友「じゃーねー」

娘「ばいばーい……よし、買い物して帰ろう」


娘「ん?」

痩せた女性「こんばんは」

娘「こんばんは、ここで会うなんて奇遇ですね!」

痩せた女性「えぇ、そうね……」

娘「?」
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:14:13 ID:fglO3VIA
痩せた女性「えっと、その……」

娘「どうかしたんですか?」

痩せた女性「あなたにどうしても伝えたい事があって」

娘「はぁ……伝えたい事?」

痩せた女性「……15年で、すごく大きくなったわね」

娘「えっ、は?」

痩せた女性「成長したあなたに、どうしても言いたくて……」

娘「……ごめんなさい、失礼します」

痩せた女性「ま、待って!」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:15:38 ID:fglO3VIA
父「ただいまー」

父「返事がない、反抗期か……グッバイ幸せなパパライフ」

娘「……」

父「ただいま、アルバム広げながらボーッとしてどうした?」

娘「今日ね、この人に会ったんだ」

父「この人? 誰に……っ! どういう事だ……」

娘「痩せこけて、皮膚が骨に張り付いた様な外見だったから全然分からなかったの」

父「な、何か渡されたり、変なことをされたりはしなかったか!?」

娘「大丈夫。でね、私、怖くなって……逃げちゃった」

娘「ねぇ、パパ」



娘「ママって生きてるの?」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:19:43 ID:fglO3VIA
娘「ねぇ、何があったの? 私が聞いちゃ駄目なこと? 」

父「……」

娘「私は大丈夫だから……教えて欲しい」

父「っ……分かった」


─────
───



父「──という事があった。女はそれ以来姿を消したまま、失踪という形で終わった。隠していたのは娘が傷つくかもしれないと怖くなった俺の我が儘だ」
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:21:54 ID:fglO3VIA
娘「つまりそれって、私は、パパの子供じゃ……ない? た、他人ってこと?」

父「違う! 血の繋がりは無くとも家族だ、自慢の娘だ!」

娘「血の繋がりが無い私を育てて、他人の私を、他人の……私」

娘「他人の私に多くのお金を使ってくれて……育ててくれて」

娘「でも、私はあの人の子供でっ……私が居るからパパが苦しんでっ」

娘「じゃあ産まれて来ない方がよかった存在で──っ!?」
78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:23:34 ID:fglO3VIA
娘「ぱ、パパ?」

父「パパは娘の事が大好きだ」

父「娘を育ててきて後悔した事や、血の繋がりが無いから憎んだりした事は一度もない」

父「こうやって抱き締めている今も、この気持ちは変わらない」

娘「うんっ……」

父「一緒に暮らしてきて、パパ幸せでいっぱいだったよ。どんなに辛い事があっても娘が居たから乗り越えられた」

娘「うんっ……うんっ」
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:24:58 ID:fglO3VIA
父「駄目で頼りない父親かもしれないけど、心から愛してるんだ」

娘「駄目なんかじゃ、なぃ、ないよっ。パパのこと、 頼りにしてるっ、し、格好いいし、私も……私も──」

父「あぁ」

娘「私も、パパのこと、大好き……大好きだよ」

父「あぁ、パパも大好きだ……愛してる。だから、他人とか言わないでくれ、俺達は『家族』なんだから」

娘「パパぁ……」
80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:25:37 ID:fglO3VIA
父「落ち着いた?」

娘「うん」

父「ごめんな、黙ってて」

娘「私の為にやったんでしょ? いいよ」

父「それは言い訳でしかない……全部、パパが逃げた結果だ、ごめん」

娘「謝らないでよ。落ち込んでないで、いつものパパに戻って」

父「……あぁ」
81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:26:21 ID:fglO3VIA
娘「で、どうするの?」

父「切り替え早くない?」

娘「泣いてスッキリした」

父「……会って話をするのが一番だとは思う。実はパパの方で少し調べててな、住んでいる場所ぐらいは分かるかも」

娘「えっ、そんな事してたの!? えー、いつから?」

父「最近だよ、最近」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:26:55 ID:fglO3VIA
娘「住んでる場所が分かったらそこに突入する感じ?」

父「いや、少し準備をしてから行こうと思ってる。けど早めに行動するべきだよな……また接触されたら困るし、うん」

娘「……」

父「ボーッとしてどうした……って、なんか顔赤いな、風邪か?」

娘「え、いやっ、大丈夫……///」

父「更に赤くなったな……薬持ってくる」
83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:27:33 ID:fglO3VIA
娘「あっ……行っちゃった」


『パパも大好きだ……愛してる』


娘「大好き……愛して、る」

娘(何これ……何で、こんなにドキドキしちゃうの? いつものパパなのに、いつもより何百倍も格好よく見える……///)

娘「ち、違う、家族なの! 私とパパは家族で……」
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:28:19 ID:fglO3VIA
娘「パパはパパで、私とパパは家族……私はパパの事を家族として好き」


父「薬持ってきたぞ」


娘「……」

娘(駄目っ、駄目なのに、こんなのいけない事なのに……)

父「本当に大丈夫か?」

娘(なんで今、こんな気持ちになっちゃうの)
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:29:44 ID:fglO3VIA
父「やばそうだな、無理もないか……飲むのはコレと、コレと」

娘「……」

娘「ねぇ、パパ」

父「どうした? 辛いようだったらこの薬も飲んでから寝て」



「愛してるって言ったら怒る?」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:30:37 ID:fglO3VIA
父「怒んないぞ? パパも愛してるからな」

娘「っ……そうじゃなくて、私がパパの事を、一人の男性として愛してるって言ったら、怒る?」

父「なっ」

娘「ごめんなさい……」

父「……いいか、それは多分違う感情だ。自分で言うのもアレだけど、パパは娘に愛されていると思ってる。しかし、それは家族としての愛だ」

娘「でもっ!」

父「自分の気持ちを間違った方向に捉えちゃ駄目だ。やっぱり、疲れてるんだろう……薬を飲んだら寝て、頭の中をスッキリさせなさい」

娘「……うん」
87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 21:31:14 ID:fglO3VIA
娘「パパぁ……」



父「はぁ……どうしよう」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:48:14 ID:s7NxwMPY
娘「パパ、朝だよ」

父「……」

娘「起きないと遅刻するよ」

父「……」

娘「パパ……」

父「んっ……うわっ! ビックリした、顔近付けてどうした」

娘「……寝顔見てた」

父「心臓に悪いから普通に起こしてくれ」

娘「朝ごはん出来てるよ、一緒に食べよ」
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:49:10 ID:s7NxwMPY
父「無理してないか? 体調とか悪かったら言うんだぞ」

娘「無理なんてしてないから安心して」

父「そっか」

娘「うん」


父「行ってきます」

娘「……行ってきます」

父「行ってらっしゃい」

娘「……行ってらっしゃい」



父「……」
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:50:05 ID:s7NxwMPY
娘「……」

娘友「おーはーよー!」

娘「あっ、おはよう」

娘友「あれ、今日元気ないね?」

娘「少しね」

娘友「まさか、お父さんと喧嘩でもしちゃった!? あんな仲良かったのに負のオーラを醸し出す程の喧嘩をしちゃったんだね!?」

娘「違うよ、そんなんじゃ」
92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:51:42 ID:s7NxwMPY
娘友「そして『昨日、言い過ぎちゃったなぁ。嫌われたらどうしよう……』とか思ってるんでしょ!」

娘「……」

娘友「大丈夫だって、お父さんと相思相愛なのは私が保証してあげるから安心しなさい! 素直に謝れば許してくれるよ!」

娘「……ふふっ」

娘友「よしっ、いい笑顔。で、何か辛い事でもあったの? 言いにくかったら無理には聞かないけど……」

娘「……少し言いにくい、かな」

娘友「そっか、分かった。辛くなったらいつでも私を頼るんだよ!」

娘「うんっ、ありがとう」
93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:53:18 ID:s7NxwMPY
娘「ねぇ、娘友……私とパ、パパってどう見える?」

娘友「どうって傍から見たらってこと?」

娘「うん」

娘友「何も知らない人から見たら○交……痛いっ」

娘「次はグーで叩く」

娘友「ごめんて、ええっと、私から見ると『仲の良すぎる家族』かな? 私が居てもお父さんとイチャイチャしてるし、常にくっついてるし、お父さん第一思考だし」

娘「そんなイチャイチャしてない……よね?」

娘友「してるから」
94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 00:54:53 ID:s7NxwMPY
娘友「で、何よ、恋心でも抱いちゃったとか?」

娘「なっ!? そ、そんな事……」

娘友「家族だよ、実の父親だよ?」

娘「パパはパパだけど……その、えっと」

娘友「……気のせいかと思ってたけど、マジか」

娘「なにそれ、どういう事?」

娘友「いや、その、昔から思ってたんだけどね? 娘って外見でお父さんに似てる所ないなーって……思ってて」

娘「え、そんなに……?」

娘友「似ている所を探してみても内面とかかな。 知らない人から見たら本当に家族って感じはしないと思う」

娘「え、えぇ? 私は似てると思ってたんだけどなぁ……」
95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:00:53 ID:s7NxwMPY
娘友「落ち込んでいた理由はそれ?」

娘「……うん」

娘友「お父さんの事は好き?」

娘「好き。でもどっちの好きか、よく分かんなくて……」

娘友「どっちでもいいんじゃない?」

娘「えっ?」

娘友「好きなのは変わらないし、どっちでもいいんじゃないって」

娘「そんな簡単な事じゃ」

娘友「娘は難しく考えすぎなのよ。もっと素直に、自分に正直になるべきだよ」

娘「正直に……?」

娘友「そうそう、好きな気持ちは抑えちゃうのは身体に毒だよー?」
96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:06:16 ID:s7NxwMPY
娘「そんな事言われても何すればいいか分かんないよ」

娘友「いつも通りでいいのよ。 そして、そのいつもの行動にちょっとした愛情と意識を加えればもっと良くなるわ」

娘「そんな……急に言われても」

娘友「取り敢えず頑張ってね」

娘「言うだけ言ってバイバイなんて酷くない?」

娘友「これでも応援してるのよ? 何を言っても決めるのは娘だし、親友の私でも娘を見守ることしか出来ないのよ」

娘「……」
97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:06:48 ID:s7NxwMPY
娘「……」



娘「パパ、ネクタイ曲がってるよ」

父「そうか?」

娘「私がやってあげる……よしっ」

父「ありがとな」

娘「いいよ……///」
98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:07:29 ID:s7NxwMPY
父「ふぅ……よいしょ」

娘「お疲れ?」

父「少し」

娘「また……マッサージしてあげようか?」

父「大丈夫、お風呂に浸かれば疲れも吹き飛ぶよ」

娘「……ちょっとそこで横になって」

父「え?」

娘「早くそこで横になってよ、前みたいにマッサージしてあげるから。それともマッサージは……イヤ?」

父「……分かった。痛くしないでくれよ」

娘「うんっ」
100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:02:34 ID:y0vocstQ
娘「パパ、手握っていい?」

父「いいぞ」

娘「……」

父「……いつもより強く握るんだな」

娘「なんかぎゅーっとしたくて、駄目?」

父「いや、別にいいよ。ニギニギされて気持ちいいし」

娘「ぎゅー……ふふっ」
101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:03:56 ID:y0vocstQ
娘「美味しい?」

父「美味しいよ」

娘「んへへ」

父「毎日ありがたい」

娘「この先もずっと、パパに美味しいご飯を作ってあげるね」

父「いや、娘もいつかお嫁に行っちゃうし、ずっとは無理だろう……パパも料理作れるようにならなきゃな」

娘「わ、私は別に、ずっと作ってあげてもいいけど」

父「あぁ、娘が誰かのお嫁さんのなっちゃうの想像したら、今にも泣きそうだ」

娘「……」
102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:04:35 ID:y0vocstQ
父「あれから何日か経ったけど大丈夫か? 無理してないか?」

娘「ううん、平気だよ」

父「そっか……」

娘「それじゃあ」


父・娘「「行ってきます」」

父・娘「「行ってらっしゃい」」
103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:05:28 ID:y0vocstQ
娘友「かーえーろー!」

娘「うん」


─────
───



娘友「宿題多いよー、そして面倒だよ……ん? 急に止まってどうしたの?」

痩せた女性「……」

娘友「こんにちはー、娘のお知り合い?」

痩せた女性「えぇ、どうしても、話をしたくて」

娘「娘友、帰ろう」

娘友「え? でも、え?」

痩せた女性「お願い待って! 話だけでも!」
104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:06:04 ID:y0vocstQ
痩せた女性「娘にも父にも関係する事なのよ! お願い、どうか、行かないで……」

娘(パパに関係する事……)

娘「……」

娘友「えっと、えっと」

娘「わかりました。娘友、今日はここで別れよう」

娘友「う、うん、また明日……ね」

娘「うん、また明日」
105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:08:41 ID:y0vocstQ
娘「それで、私にも、父にも関係する話って何ですか?」

痩せた女性「敬語なのね」

娘「関係ないです。早く用件を話して下さい」

痩せた女性「……分かったわ」

痩せた女性「私と一緒に暮らす気はない? もちろん娘だけじゃないわ、父も一緒に」

痩せた女性「私ね、いま沢山のお金を持っているの。夜遅くまで頑張って働いている人達よりも、たぶん今の父よりも、継続的に多くのお金を稼いでいるわ」
106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:09:29 ID:y0vocstQ
痩せた女性「受け入れてくれれば、きっと父も楽になると思うの。経済的にも、心境的にも」

娘「パパが、楽に?」

痩せた女性「そう、こんな私だけど父や娘の力になりたいの」

娘「パパが、楽に……楽になる」

痩せた女性「きっとまだやり直せると思うの……」

娘「……」
107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/15(月) 01:10:18 ID:y0vocstQ
痩せた女性「娘の協力があればきっといい方向へ進むと思う。だから、お願い、私に協力して──」


「娘」


娘「!」

痩せた女性「!?」



父「帰るぞ」
110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:02:15 ID:mJi8p.VQ
娘「パパ!」

父「こっちにおいで」

娘「うんっ」

痩せた女性「男……」

父「久しぶりだな、女」

痩せた女性「仕事はどうしたの?」

父「色々あって午後は休みなんだ」

痩せた女性「……さっき、娘に相談した事があるのよ」

父「そうなのか?」

娘「う、うん、一緒に暮らさないかって、言われたの……」

父「女、それ本気で言っているのか?」

痩せた女性「当然あなたも一緒によ」
111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:04:09 ID:mJi8p.VQ
父「はぁ……」

痩せた女性「……何を呆れたのかは知らないけど、私はあなた達の事を思って言ったのよ?」

痩せた女性「経済的にも余裕が出来るし、今よりもいい生活を送れるのよ? 私は何か間違えた事を言ってるかしら?」

父「沢山の事を間違えてる」

痩せた女性「……」

父「まず、俺って結構稼いでるんだぞ? 援助を求めるほど貧乏じゃない、生活の質が悪い訳でもない」

父「平均的な世帯ではあるけどゆとりはあるし満足してる」
112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:05:18 ID:mJi8p.VQ
痩せた女性「……私は、娘の事を、娘のし、幸せを考えて」

父「さっき言ったことが娘の幸せに繋がると?」

痩せた女性「そうよ、きっと繋がるはずだわ」

娘「……それって、あなたが幸せになりたいだけなんじゃ」

痩せた女性「そんな事……」

娘「パパの為に、パパが楽に、その言葉で私を利用しようとしてたんですか?」

痩せた女性「違うわ、私は……私はまた、あなた達と家族になりたくて」

父「娘と俺を捨てたのは女、お前だ。なのに、なんで会いに来たんだ?」

痩せた女性「……っ、それは」
113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:07:06 ID:mJi8p.VQ
父「ん? あぁ、以外と早かったな」

娘「誰か来たの……? あっ!」

痩せた女性「なっ、なんでここに」


「なんでって」


義父「お前を家に連れていく為だ」
114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:08:33 ID:mJi8p.VQ
娘「おじいちゃん!」

義父「久しぶりだなー、更に美人になったみたいで爺ちゃん嬉しいぞ」

娘「えへへ、おばあちゃんは?」

義父「家でパッチワークしてるよ」

父「呼び戻したりしてすいません」

義父「いや、気にしないでくれ。私も妻もこの馬鹿娘にはだいぶ頭にきてるからな、なんて事無い」

痩せた女性「馬鹿娘って……それは、わ、私の事かしら」

義父「帰るぞ、話は家で聞く。お前に会わせるべき人も車で待っている」
115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:09:21 ID:mJi8p.VQ
痩せた女性「イヤ、痛いっ、掴まないで!」

義父「今日はこのまま馬鹿娘を連れて帰る。詳しい話は後で私の方から連絡しよう」

父「お願いします」

痩せた女性「男、娘、私を助けて、やっ、お願い待って」

父「女、それは無理だ」

痩せた女性「娘、あなたなら分かるでしょ!? 男の為にもなるのよ!」

義父「いい加減にしろ! さっさと車に乗るんだ!」
116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:10:32 ID:mJi8p.VQ
娘「……お母さん」

痩せた女性「!」

娘「もう、私とパパに関わらないで下さい」

痩せた女性「なっ、あ、え?」

娘「お願いします」

義父「……行くぞ」

痩せた女性「そんな……イヤっ! 待って、何かの間違いよ! イヤ、イヤっ!」

義父「ドアを開けてくれ」

??「はい」

痩せた女性「な、なんであなたがここに」

??「責任を果たす為です」

義父「早く乗れ」

痩せた女性「そんな……そんな、嘘よ」
117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:11:10 ID:mJi8p.VQ
娘「おじいちゃん帰っちゃったね」

父「そうだな」

娘「おじいちゃんの他に誰か乗ってたみたいだけど誰なんだろう?」

父「……誰だろうな」

娘「……」

父「……」

娘「パパ」

父「ん?」

娘「大好き」

父「あぁ、パパもだよ」

娘「んへへ、夜は何を食べようか」

父「肉、魚」

娘「今日は……お肉かな」
118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:12:10 ID:mJi8p.VQ
父「えー、お義父さんの話によると……」

娘「うん」

父「なぁ……手を繋ぐ必要ある?」

娘「ある」

父「結構、重要な話なんだが」

娘「おじいちゃん達の話によるとどうなったの?」

父「……お義父さん達の話によるとだな」
119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:14:37 ID:mJi8p.VQ
父「女はどうやってか知らないけど結構なお金を稼いでいて、そのお金を使って俺達の家を家を突き止めたと」

父「家を見つけてからはストーカーのようにずっと家の前で俺達を観察してたらしい、そして娘に近付く機会を待っていたと……」

父「近付いてきた理由は『お金と娘の信用を得れば男とやり直せると思った』、『今の男と娘のように、私も幸せに暮らしたかった』だって」

娘「ふーん」

父「今は何を聞いても同じ事を繰り返すだけでどうしようもないらしい、現状はこれが限界か」

父「失踪していた15年間の事はどうも話したがらないとのこと……お金の事もあるし、こっちはあんまり首を突っ込みたくはないな」

娘「関わんなくていいよ」

父「最後に『娘には酷い言葉を言わせてしまって申し訳ない気持ちで一杯だ……次に会える時は美味しい物を沢山食べに行こう』だって」

娘「ふふっ、おじいちゃんらしいね」
120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:16:19 ID:mJi8p.VQ
父「引き続きお義父さん達に任せよう。娘は疲れたりしてないか?」

娘「大丈夫だよ」

父「心強い」

父「これでやっと、いつも通り娘の美味しいご飯を食べて、娘と一緒にテレビを見て、娘と一緒に買い物行って」

父「いつもの日常に戻れるんだな」

娘「私はもっと、こう、違う日常になってもいいかなーって」

娘「その、もっと近付きたいというか、今まで通りじゃイヤというか、触れていたいというか」

父「……娘、前にも言ったがそれは」
121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:16:52 ID:mJi8p.VQ
娘「そうだ!」

父「どうかしたか?」

娘「パパ、じゃんけんしよう」

父「え? い、いいけど」

娘「じゃん、けん」

「「ぽん」」

父「パパの勝ちだな。で、さっきの続きだが」

娘「そろそろ眠いから寝るね!おやすみなさい」

父「え、おやすみ……えぇ?」
122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:17:27 ID:mJi8p.VQ
娘「パパ起きてー!」

父「あと5分……」

娘「起きないとちゅーするよ!」

父「ちゅ……ぅ?」

娘「ほら、起きてー」

父「おっけぃ」

娘「よしっ、そのまま洗面台に向かってジョリジョリのお髭剃ってきてね!」

父「まかせろぉ?」

娘「……ふふっ」
123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:18:00 ID:mJi8p.VQ
娘「ご飯美味しい?」

父「随分とご機嫌だな。いつも通り美味しいよ」

娘「んへへ、嬉しい」

父「食べないのか?」

娘「パパが食べてるところ見るので忙しいかな」

父「……遅刻するぞ」

娘「それもそうだね、いただきます!」
124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:18:44 ID:mJi8p.VQ
娘「全然気にしてなかったけどあの人の写真はもう仕舞ってもいいよね?」

父「あぁ」

娘「本当は捨てたいけど……パパが悲しんじゃいそうだし、残しとこうか?」

父「別に悲しまないし、捨ててもいいよ」

娘「パパはあの人の事、まだ好き?」

父「……好きじゃないよ」

娘「そっか、ならいいよね?」

父「何が?」
125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:20:22 ID:mJi8p.VQ
娘「パパ……」

父「どうした──っ!」


娘「んっ……ふふっ、キスの責任はとんないとね」

父「なっ、お、おいっ」

娘「あとね、やっぱこの写真は捨てときます。パパとあの人の思い出を見るたび嫉妬しちゃって私の身体が持たないかも」

父「嫉妬って……」

娘「私の気持ちは嘘じゃないよ!だからパパも覚悟してよね!」

父「覚悟……?」
126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:21:05 ID:mJi8p.VQ
娘「行ってきまーす」

父「あっ、待て!」

娘「ほらパパも早く!」

父「はぁ……夜に家族会議だ」

娘「んへへ、それじゃあ」



「「行ってきます」」

「「行ってらっしゃい」」
127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:21:39 ID:mJi8p.VQ
おしり
128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/16(火) 00:32:21 ID:mJi8p.VQ
酷い作品でしたが読んでいただき有り難うございました
最後も急ぎ足だったりで申し訳ないです
娘、父、女、娘友、教師の過去や現在の話を他にも沢山書いていたんですが蛇足になりそうだったので削りました

またどこかで

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング