FC2ブログ
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:43:25 ID:X9gDVj/6
『エッチしなければこの部屋から脱出することはできない』


ダイヤ「なななな……何ですかこれは!!」

ダイヤ「破廉恥ですわ!!」

ダイヤ「何とかして他の方法を探さなければいけませんわね」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:44:52 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「お待ちくださいまし……ということは、私以外にもこの部屋に閉じ込められている方がいるはずですわ」

ダイヤ「その方にも脱出の協力をしていただきましょう」


ダイヤ「それにしても一体どなたなのでしょうか……」

ダイヤ「知らない方でも困りますし、知り合いでも困りますわね……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:45:26 ID:X9gDVj/6
??「う、うーん……ここはどこかしら??」


ダイヤ「あの方がおそらくそうですわね」

ダイヤ「あの……失礼ですが」


絵里「あら?」


|c||^.- ^||「んまぁぁぁぁああああああーーーーーーッッ!!!!」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:46:00 ID:X9gDVj/6
絵里「あなたは誰? ……ここはどこなのかしら?」

|c||^.- ^||

絵里「……気絶してる」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:46:34 ID:X9gDVj/6
絵里「ちょっと? 大丈夫??」

|c||^.- ^||「ハッ!! え、え、ええ、えエリーチカですわぁぁ!!」

|c||^.- ^||「おほぉぉーーーーっ!!」

絵里「あなた……私を知っているの?」

|c||^.- ^||「もちろんですわ!!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:47:13 ID:X9gDVj/6
絵里「ごめんなさい、私はあなたのことをよく知らなくて……」

|c||^.- ^||

絵里「また気絶してる……」


|c||^.3 ^||←なぜかキス待ち
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:47:46 ID:X9gDVj/6
絵里「ところでここはどこなのか分かるかしら?」

|c||^.- ^||「ここはエッチしなければ出られない部屋らしいですわ」

絵里「えっ/// それは困ったわね///」


|c||^.- ^||「私は全然困っていませんわ!! さあ早く脱出致しましょう!!」

|c||^.- ^||「というより『いたし』ましょう!!」

|c||^.- ^||「はよ! はよ!!」

絵里「え、何この子怖い……」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:48:18 ID:X9gDVj/6
|c||^.- ^||「あくあくAqoursですわぁ!!」

絵里「チカァァァァァァァァーーーーーーーッッッッ!!!!」


※えっちなシーンは割愛しますわね|c||^.- ^||
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:48:48 ID:X9gDVj/6
『脱出成功。おめでとうございます。』


|c||^.- ^||「は?? まだ終わりませんわよ??」

絵里「えっ//////」


『え?? あの……帰ってください』


|c||^.- ^||「 だ が 断 る 」


~おわり~
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:49:21 ID:X9gDVj/6
おまけ1

海未「感度25倍でババ抜き……??」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:49:55 ID:X9gDVj/6
海未「あっ……♡ んんっ……//////」

ことり「ンミチャ♡ 頑張って♡」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:50:25 ID:X9gDVj/6
海未「あっ♡ ハアハア♡」

ことり「ことりがンミチャのカード取るね♡」

ことり「えいっ♡」シュッ

海未「あ゛あ゛あ゛あ゛っ゛♡♡♡♡」ビクンビクン

ことり「やんやんっ♪ ンミチャかわいい♡」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:50:55 ID:X9gDVj/6
海未「ことり……やめてくださいぃ……♡」

ことり「ンミチャ……おねがぁい♡」

海未「あぁ♡♡ はいぃぃ♡♡」

ことり「やったぁ♡♡ 海未ちゃん大好き♡♡」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:51:33 ID:X9gDVj/6
真姫「……実験成功ね♡ 今度にこちゃんとババ抜きしようかしら♡♡」


~おわり~
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:52:07 ID:X9gDVj/6
おまけ2

見参ッ!!よしまルビィ!!
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:52:40 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「はあ……慣れているとはいえ、さすがに生徒会の仕事が続くと疲れますわね」

ダイヤ「あぁ……ルビィ成分が欲しいですわ……妹成分が……」


<バリィィィィィィイイイインンンンンンッッッッ!!!!


ダイヤ「何の音ですの!?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:53:22 ID:X9gDVj/6
善子「我は漆黒の堕天使……迷えるリトルデーモンの声を聞きつk」

花丸「善子ちゃんうるせえずら」

ルビィ「ぅゅおねいちゃぁ! がんばるびぃ!!」

ダイヤ「あ、あなたたち……」


よしまルビィ……見参ッ!!
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:54:00 ID:X9gDVj/6
善子「疲れ果てた我がリトルデーモンのt」

花丸「ダイヤさんが疲れてたみたいだから心配してきたずら」

善子「私のセリフを翻訳しないで!」


ダイヤ「あなたたち怪我はありませんか!? 思いっきりガラス突き破ってましたけど!!」

ルビィ「善子ちゃん以外は大丈夫だょ」

善子「私も大丈夫よ!」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:54:41 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「あなたたちに怪我がなくてよかったですわ」

ルビィ「ぅゆ」

善子「ふっ……この堕天使ヨハネを心配しようなど100年はや」

ルビィ「善子ちゃん黙るびぃ」

善子「鬼畜がもう一人!?」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:55:14 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「それで3人はどうしてここへ?」

ルビィ「おねいちゃあが疲れてるみたいだから癒しに来てあげたよ」

ダイヤ「んまー! ありがとうルビィ」

ルビィ「うゆ、存分に感謝するびぃ」

善子「なんでそんなに偉そうなの……」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:55:47 ID:X9gDVj/6
花丸「……」

ダイヤ「あぁルビィいい子でちゅね~」ナデナデ

ルビィ「がんばるびぃ!」


花丸「うゆ、おねいちゃあ」

ダイヤ「あらルビィ?」

善子「どういうこと!?」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:56:23 ID:X9gDVj/6
ルビィ「うゆ、おねいちゃあ」

ダイヤ「あらルビィ? いつの間に移動したの?」

花丸「うゆ、おねいちゃあ」

ダイヤ「あら? こっちにもルビィ?」

善子「これは相当疲れてるわね……」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:56:59 ID:X9gDVj/6
ルビィ「おねいちゃあ」

花丸「おねいちゃあ」

ダイヤ「おほー!! ルビィがいっぱいいますわ!」


ダイヤ「いい子でちゅね~ルビィ」なでなで

花丸「~~//////」

善子「……」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:58:04 ID:X9gDVj/6
善子「……」

善子(……私もやってみようかしら?)


善子「……う、うゆ、おねいちゃあ」

ダイヤ「あらサファイア?」

善子「なんで私だけ呼び方が違うのよ!!」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:58:35 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「あぁ^~妹たちに囲まれて私とっても癒されましたわ^~」

善子「いつ妹になったのよ……」


花丸「ズラン!」

善子「ヴェェェマネしないで!」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:59:08 ID:X9gDVj/6
花丸「この堕天使マルエルには必殺技があるずら」

善子「マルエルって何!?」

ダイヤ「トパーズ……立派になったのね」

善子「いつのまにか名前変わってるじゃないのよ!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:00:10 ID:X9gDVj/6
花丸「リトルデーモン・水ゴリラを召喚するずら」

花丸「いでよ水ゴリラ!!」


……


花丸「……」

善子「何も起きないじゃない!」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:00:47 ID:X9gDVj/6
<ドアガララララ

果南「ねえマル……私のこと水ゴリラって呼んだ??」

花丸「あっ、やっべぇずら」

ルビィ「あ、みじゅゴリラしゃん!」

善子「ルビィまで!?」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:01:23 ID:X9gDVj/6
果南「マルぅぅ今日もハグしちゃおうかな~ん」

花丸「オラは呼んでないずら!! 善子ちゃんずら!!」

善子「私のせいにするんじゃないわよ!!」


果南「二人とも覚悟するなーん」ダッ

花丸「水ゴリラこっち来たずら!!」ダッ

善子「なんで私まで巻き込まれてるのよ!!」ダッ

ルビィ「善子ちゃあ、へなめるちゃあ、待ってよぉぉ」ダッ
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:01:57 ID:X9gDVj/6
<ハナマル ニゲアシ ハヤイワネ アッ!!

<ぅゅヨシコチャンガ コロンダびぃ

<ヨシコチャン 哀れずらね

<チョットマチナサイヨ!!

<なーーーーーーーーーん

<い゛や゛あ゛あ゛ああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…………

 

よしまルビィ……逃走ッ!!
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:02:36 ID:X9gDVj/6
ダイヤ「……」


ダイヤ「一体なんだったのかしら……」

ダイヤ「でも、妹たちのおかげで疲れが吹き飛んだ気がしますわ」


ダイヤ「さあ、生徒会の仕事を終わらせますわよ」


<ハグゥゥゥゥゥゥ

<ヨハァァァァァァァァ!!!!

<ぎいぃいいぃいやぁ~~!!

 

~見参よしまルビィ・おわり~
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:03:16 ID:X9gDVj/6
おまけ3

A-RISEのとある日常
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:03:52 ID:X9gDVj/6
ツバサ「……」キリッ

ツバサ(コーヒーが飲めるようになりたい)
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:04:25 ID:X9gDVj/6
ツバサ「穂乃果さんの前でかっこよくコーヒーが飲めるようになりたいわ」キリッ

英玲奈「何を決め顔で言ってるんだ」

ツバサ「練習に付き合って」

あんじゅ「分かったわツバサちゃん//////」ぱさっ

英玲奈「おもむろに服を脱ぐな」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:04:56 ID:X9gDVj/6
英玲奈「コーヒー準備したぞ」

ツバサ「ありがとう」

ツバサ(コーヒーを優雅に飲んで……穂乃果さんに大人っぽいところを見せたいわ)

あんじゅ「あぁ……コーヒーを飲むツバサ……かっこいい//////」

ツバサ「……」ゴクッ


ツバサ「あっつ!!!!」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:05:38 ID:X9gDVj/6
ツバサ「あちゅい!! あちゅいわ!!!!」

あんじゅ「あぁツバサちゃん可愛いわぁ♡♡」

英玲奈「いや、心配してやれよ」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:06:08 ID:X9gDVj/6
ツバサ「はあ……はあ……」

英玲奈「どうだ? コーヒーは飲めそうか??」

ツバサ「……にがい」

英玲奈「は?」

ツバサ「ふぇぇぇ…………コーヒー苦いよぉぉぉ…………」グスン

あんじゅ「あぁ泣いてるツバサちゃん……最ッ高!!」

英玲奈「ダメだこいつ早くなんとかしないと」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:06:41 ID:X9gDVj/6
ツバサ「うぅ……にがい……」

英玲奈「コーヒーだからな」

ツバサ「うう……」

英玲奈「練習が必要だな」

ツバサ「むり……」

英玲奈「高坂穂乃果に見せるんだろ?」

ツバサ「うん……がんばる……」うるうる

あんじゅ「っっ♡♡」きゅんっ

英玲奈「もうこいつは放っておこう」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:07:14 ID:X9gDVj/6
こうして練習したツバサは穂乃果の前でコーヒーを飲むことができるというところを見せることに成功したのであった


ツバサ「んんっ……熱い……」

 

~おわり~
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 16:09:45 ID:X9gDVj/6
以上、ラブライブ!のSSでした。

ありがとうございました。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング